毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

認定プラクティショナーになった理由(RYOさんの場合)
『ソマティック・エナジェティクスの認定プラクティショナーになった理由』、3人目の体験談です。


RYOさんの場合
私は現在、岡山を拠点にキネシオロジー(筋肉反射)とソマティック・エナジェティクスのセッションをさせていただいています。ソマティックに出会う前は、キネシオロジーをメインに行うセラピストをしていました。

キネシオロジーでは、クライアントさんが抱えている健康や人生上の問題解決の方法を、クライアントさんの身体に聴きながらセッションを行います。最終的にどのような調整をしたらいいかも身体に聴いて行うのですが、ところがある時からその調整法を聴いても身体からは回答が返ってこない、自分が持っている調整法のリストでは間に合わないケースが出るようになりました。クライアントさんが抱える問題の糸口と調整法は遠くに見えている・・・。でもいま私が使えるテクニックでは、クライアントさんの魂の奥底にある何かに到達できない限界がある。そんなジレンマに陥っている時、自分の内側で「エネルギーを使え」という声が沸き上がることが何度かありました。

「エネルギー」が鍵になるようだけど、それが何か分からない・・・。そんなある日のこと。

実は私はテンプルビューティフルさんのご縁でキネシオロジーを学ぶことになったのですが、あるとき、ふと、半年ぶりにテンプルさんのブログを読みたくなりました。そして開いたページにはマイケルさんの来日記事が! しかもソマティックのトレーニングは残席1。速攻で申しこんだのはいうまでもありません。

それまでソマティックのセッションは受けたこともなく、それがどんなものか想像もつきませんでした。が、トレーニングの前日、運良くグループセッションにキャンセルがあり、パートナーと受けることができました。

セッション後、マイケルさんから「自分の中心からズレていたよ。君は自分の中心にいなかった。中心にいたのは彼だ。」と云われました。でもその時にはマイケルさんが云われている意味がピンと来ませんでした。セッション中は目を瞑っていますし、どんな調整をされたのか全く分かりません。・・・翌朝、目が醒めたとき、自分の中心に自分が戻っているのが分かりました。そして彼とかつてないほどの大げんか。それまでずっと彼に合わせていた自分が、その日、初めて自分に合わせたのです。結局、あまりの喧嘩に彼はそのまま岡山に帰り、私はトレーニングに向かいました。

トレーニングの4日間はカオスでした。私はキネシを学ぶ課程である程度、身体の仕組みについては学んでいましたが、それでもマイケルさんが云われている意味が全く分からず、セッションを受けに来られたテンプルの光田さんに泣きついたくらいです。実にマイケルさんが云われている意味が理解できるようになったのは、ようやく3回目のトレーニングの時。1回目、2回目は、ただただ言葉を聞き取るだけでそれが何を意味しているのか、全く分かりませんでした。

でも、ソマティックへの絶対の信頼と「これだ!」という確信は最初からありました。求めていたものだということに揺るぎはありませんでした。ですから意味は分からなくても、少しでも多くマイケルさんから吸収したいとくらいつきました。もしトレーニングを受けて「自分には無理」と1回で諦めてしまった方がいたら、また気持ち新たに学んでいただきたいです。今は、より理解できるような教材も用意されているので、私が学んだ時より遙かに内容が理解しやすくなっています。

ソマティックのセッションを岡山でするようになって数年。今ではキネシオロジーより、ソマティックのセッションをする方が多くなりました。キネシでは届かなかったところにもソマティックの慈愛のエネルギーが触れることで、クライアントさんの心や魂の深いレベルでの解放が生まれるようになりました。私が特に何かしなくても、準備が出来ているクライアントさんは自分で解放のボタンを押し、変容していくのです。ソマティックは数名のグループでセッションを行うので、参加者同士で変容の渦が発生しているのかもしれません。

ソマティックのセッションを受けられた方は、自分にかけていた制限を外しどんどん自由になられています。人間関係がガラリと変わった、仕事を辞めた、という声もよくいただきます。その方が本来持っていたTrue Color(本来の自分の色)が発色することで、自由なハート、自由な魂を取り戻し、輝いていかれます。

私自身も、ソマティックに関わるようになって、自分に起きること、やってくる流れに乗ることに絶対の信頼が生まれたので、将来への不安がなくなりました。何があっても大丈夫な私がいます。

私は岡山を拠点にソマティックのセッションを行っています。地方は都心よりも伝統や家族、社会に対する拘束が強い場所です。ですから、人、特に女性は無意識に自分を縛って生きています。本当の自分が誰か分からず一生を終える人も多いと思います。

でも、ソマティックの波動に触れることで、本当の自分に触れたり、自分の魂が求めていることに出逢えたりします。生きづらさを感じている人も多い日本。私のように地方在住のプラクティショナーさんが増え、ソマティックの慈愛の波動に触れられる方が増えることを願ってやみません。
c0125114_01394782.jpg
RYOさんは、ソマティックのセッションを受けたこともなく、マイケルさんのこともよく知らないまま、直観でトレーニングの参加を決めた方です。

RYOさんがトレーニングに参加されていたとき、私は会場でRYOさんと会ったんですが、「ナオコさーん、泣きたくなるくらい全然分かりませんー」と涙目になっていたのを今でも覚えています。だから、まさかRYOさんが3回トレーニングを受講し、認定プラクティショナーになっているとはユメユメ思わず・・・。それを知ったときには、心の底から驚きました!

「泣きそうにわからないと言っていたのに、なぜ、トレーニング、2回目も受けようと思ったの?」とあとで聞いたら「あまりにわからなかったので悔しかったのと、施術は信頼できたのでモノにしたいと決意はしていたんです」と。

キネシオロジーを学んだ時にも、上級のクラスを受けて施術者になるために、すぐに岡山に講師を呼んで講座を開催。あっという間にキネシをモノにしてしまいました。RYOさんの学ぶときの集中力には感嘆です。
すごいなぁー。

マイケルさんから「生まれながらのシャーマン」と呼ばれているRYOさんのセッションは、1月12日(金)です。この日は、SHIHOさんとのシャーマンコンビの日です!


# by hiroshimapop | 2018-01-09 01:43 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)
認定プラクティショナーになった理由(SHIHOさんの場合)
昨日に引き続き、ソマティックの認定プラクティショナーになられた方の体験談をご紹介します。

SHIHOさんの場合
トレーニングを受けるきっかけは、最初、マイケルさんを日本に招へいされていたTya-Tyaさんから勧めていただいたからでした。

私はソマティックのセッションを初めて受けたときから、身体が自然に動きだす自動運動が起こり、時には、ベッドから起き上がってマイケルさんの近くで一緒にソマティックのセッションを半ばトランス状態で手伝う、ということもありました。 あとでマイケルさんから『君は僕と同じ星から来たよね』と云われてしまったのですが、私自身も過去世でマイケルさんの元で弟子として学んだり、サポートしていた時の記憶がよみがえり、映像で視えたこともありました。

こう書くとビックリされるかもしれませんが、実は私は子供のころから、皆さんが視えないものが視えたりする子どもで、そのため、現実よりもこの世とあの世の間の『あわい』の世界で生きているようなところがありました。友人とは仲良くしていましたが、知らない世界に独りで放り出されてしまったような寂しさと孤独感が絶えずあり、親からも目を離すとどこかに消えてしまうんじゃないかと心配されるほど、この現実世界に馴染めずにいました。 いつも想うのは『故郷に帰りたい、この肉体の制限から早く解き放たれて生まれた星に帰りたい』ということ。結婚して子供も生まれ、仕事も楽しく充実している反面、この絶対的な孤独感はどうにもぬぐい切れなかったのです。

東北の震災の後、生きたくても生きられなかった多くの方々のことを思い、地球に生まれたならちゃんと生きようとあらためて心に誓ったときがありました。でも子どもの成長や仕事のことなどで悩みも多く、どうしたら生きやすくなるのだろうという葛藤もあり、とても苦しい時期を過ごしていました。

マイケルさんと出逢わせていただいたのは、そのような時期でした。 でもソマティックのセッションの場に初めて行ったときに感じた『ようやくここに自分のことをわかってくれる人がいる、自分の場所がある』という感覚。それはマイケルさんだけではなく、Tya-Tyaさんをはじめとしたスタッフさんとの交流でもそうでした。

何度かグループセッションに通った後、マイケルさんの仕事ぶりを拝見したい、ちゃんとソマを学んで一緒に仕事をしたいと、トレーニングにも参加するようになりました。 トレーニングの4日間の場は素晴らしく、またそこで学ぶことが嬉しく、トレーニング中は毎日手から金粉が噴き出していたくらいです。 40代にして、この地球で生きていたいと魂が喜ぶ場所がようやく見つかりました。 そして、学べば学ぶほど、マイケルさんのように皆さんに、この溢れる光を届けたいという思いが強くなりました。

ソマティックは、言葉では伝わらないものをエネルギーにして皆さんの身体に届けている感じがあります。実際、マイケルさんはクライアントさんの身体と言葉ではない言葉でコミュニケーションしながら、セッションをされていらっしゃる気がします。

おかげ様で認定プラクティショナーとなり、多くの方々にセッションをさせていただくようになりました。 マイケルさんの来日時に開催されたリトリートやグループセッションでサポートに入った時には、クライアントさんの身体の上を流れる美しいエネルギーの波を追いながら、そのウエーブの美しさと感動をマイケルさんと目と目で伝えあったことも幾度となくありました。

クライアントさんは目をつむって横になっているだけですが、美しい癒しのエネルギーの波が皆さんの間を流れています。その高波動のエネルギーに包まれた肉体は、細胞レベルで癒されていると思います。 ソマティックが日本に紹介されてまだ数年。ほとんど知られていないセッションですが、この慈愛の波動が日本中に届くよう私も精一杯サポートさせていただきます。

一人でも多くの方が、ソマティックと出逢い、またプラクティショナーとなって、周りの方にその波動を伝える側になっていただけることを切に希望しています。
c0125114_08483791.jpg

SHIHOさんは、普段から妖精や天使がみえたり、ソマティックのセッション中に流れるエネルギーの波が視覚として確認できる人。ちょっと不思議ちゃんですが、愛いっぱいの人です。

今回、SHIHOさんには、1月12日(金)の認定プラクティショナーDAY、17日のKidsセッション、後半のトレーニングのチューターを担当していただきます。マイケルさんのグループセッションのサポートにも時々入られます。

SHIHOさんのセッションを直接受けたい大人の方は、1月12日(金)に、Kidsは17日(水)にいらして下さい。

グループセッションの日程はこちら

★マイケルさんが書かれた『ソマティックエナジェティクス』の本、テンプルでも扱っています。送料込みで3000円(代引き、時間指定はできません)でお送りできます。

# by hiroshimapop | 2018-01-07 08:08 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)
認定プラクティショナーになった理由(Tya-Tyaさんの場合)
まだまだだと思っていたDr.マイケルの来日もいよいよ来週木曜日。ソマティックの一連のイベントが始まります。

今回は、日本人の認定プラクティショナーさんのセッションからスタートします。
認定プラクティショナーさんのご紹介を兼ね、ソマティックのトレーニングを受け、認定プラクティショナーになった経緯などを書いていただきました。

ソマティックのトレーニングを受けようかどうしようか迷っている方がいらしたら、参考になさって下さい。

Tya-Tya さんの場合
私は2012年にマウイでマイケルさんに出会い、15分ほどの短いセッションですぅーっと頭痛がひくという経験をしました。体のあちこちで扉が開き、「慈愛の波動が私に触れて、愛でないものが体から出ていく」という体験をしました。3.11後のことで、私はこの施術を日本に伝えてほしいとマイケルさんを日本に招へいするようになりました。

最初はセッションだけのはずでしたが、なんとマイケルさんは、日本でトレーニングセミナーもできると連絡をくれました。英語のテキストも書いたと。

その内容は素晴らしい写真入りの、知識と経験に満ちたものでした。
最初は翻訳家に依頼したのですが「英語はわかるけど、ここに書いてあることがよくわからない」というのです。マイケルさんのテキストに書かれていたのは、セッションを体験しないと実感できないこと、気功や体、心理学の知識が必要な内容でした。

マイケルさんの初来日とトレーニングセミナー。
トレーニングのテキスト翻訳に奮闘していた私には、わかりやすく体系づけられた4日間のプログラムでした。ただ、やはりマイケルさんの伝える新しい概念とツール、未知の世界を、いかに抵抗なく試せるかが必要です。

初期のトレーニングセミナーでは、マイケルさんが参加者に応じてチャネリングするように情報が伝えられたため、現在マイケルさんの来日イベントを主催されている光田菜央子さんが参加された2回目のトレーニングセミナーは、トレーニングのテキストにない情報ばかりの特殊な内容で、私には質問の言葉も浮かばないほどチンプンカンプンでした。

なにしろトレーニングセミナーは、理論や実践の他に、マイケルさんのセッションをディープに4日間続けて受けます。心身のデトックスや人間関係を含めた変化も起きてきます。気づかなければやり過ごせるものがやり過ごせなくなり、向き合わざるを得なくなる・・・。また、鉄が磁気を帯びるように、慈愛の波動を身体が帯びていくのです。これはマイケルさんが言うように、本当に宇宙に存在する波動の恩恵だと思います。

トレーニングセミナーもこの2018年1月で11回目となるでしょうか。テキストや学習ツールが整備され、再受講生が増えた今は初期のトレーニングセミナーと比べると、驚くほどみなさん、習得が早くなっています。

ここ数年はSEを学ぶ生徒仲間が増えたことから、マイケルさんの年に2回の来日の合間に、練習会も行われ、交流と実践の良い場となっています。ソマティック・エナジェティクスのセッションを受け取り、与えること。その癒しと愛に満ちた時間の喜びを分かち合っています。

ここまでは主催者としての経験を書きましたが、私の個人的な体験を書くのはさらに至難の業です。

セッション中にクジラになりました。宇宙空間を泳ぎました。過去生でしょうか、脳障害がある人のように、うまく動かない体も体験しました。ティラノサウルスにもなりました。大きな頭としっぽをくねらせて前に進む爬虫類。動くことは喜びそのものでした。私はあこや貝であり、尺取虫であり、蝶であり、ジュゴンでした。海の動物たちの力強さといったらありませんでした。私は、人間がとても力強い生命力と生命の種とつながる叡智をもって生まれてきたのだということを体感しました。

そして、私はトレーニングを通してたくさんの涙に触れましたし、私自身も涙が溢れました。今振り返って思えば、なんて多くの涙を隠して生きてきたんだろうと思うのです。湖を通り越して、ダムができていました。立ち泳ぎでアップアップしながら生きていることに、気が付いていなかったんです。

4日間のトレーニングセミナーを終えると、世界がきらきらと光って見えるようになって、日常に違和感を感じました。もっと優しくて、愛にあふれた自分、光り輝く場所を知りました。前よりも片づけができるようになったり、両親の前でいい子ではいられなくなったり。自分を大切にすることが、少しずつできるようになって、シンクロが起こりやすくなって、、、、。

霊的な体験もたくさんしました。
人間は人間だけで生きているのではないと知りました。生き物たちの種を超えた光のネットワークがあることを知りました。地球を包む光や祈りの力を知りました。

2017年10月にはマウイでアドバンストレーニングが行われました。アドバンスのトレーニングに降り注ぐ光を、ぜひ感じてほしいと思います。ベーシックのトレーニングで終わらせてしまうのは、もったいないように思います。個人の力ではたどり着けない場所があります。自分を運ぶもの、流れ・・・。

SEの変容の波に乗れば乗るほど、自分の知らない自分が現れてきます。それが私をどこに連れて行くかわかりません。

ただ、自分の選択として、今年もSEの慈愛の波動と共にいたいと思います。柔軟性と忍耐強さをもって、新しい自分に出会っていきたいと思います。

最後になりましたが、簡単なことではないにもかかわらず、世界各地で慈愛の波動を伝え続けてくれているマイケルさんに、心からの友情と感謝を込めて。
c0125114_17321442.jpg

Tya-Tyaさんが書かれているように、ソマティックの2回目のトレーニングは宇宙的な壮大な話が4日間続きました。初参加は私1人。そして再受講のTya-Tyaさんと麻奈美さんの合計3名のために開催されたトレーニングで贅沢な4日間ではあったのですが、何せ、マイケルさんの話が分からないー。

形而上学的な話をずっと聴いたあと「じゃぁ、セッションの実習をしようか」と、脚の長さチェックから始まるので、何故その話と脚の長さが関連するのか、その繋がりが4日目になってもさっぱり理解できず・・・。

もともと、ソマティックについては何も知らず、何故自分がトレーニングに申しこんだのか自分でもよく分からないくらいでしたから、その後、トレーニングを再受講することはなかったんですが、この時、トレーニングを受講したことがきっかけで、今、マイケルさんのイベントを主催するようになっているわけですから、世の中は分かりません-。あのチンプンカンプンの4日間は、こうして実になっておりますー。


TYA-TYAさんは、今回、1月17日(水)のお話し会とKidsセッションを担当していただきます。子ども達に何故、ソマティックのセッションが有効なのか、ぜひお話しを聴いてみてください。


Dr.マイケルの来日にあわせ、下記の日程でソマティックのトレーニングを行います。
【A】2018年1月13日(土)~16日(火)
【B】2018年1月23日(火)~26日(金)

まだ【B】の平日コースは余裕があります。
4日間連続で参加するというコミットメントをするのはハードルが高いかと思いますが、特にいま何か施術をされている方、人の心や身体に関係する仕事をされている方には是非体験していただきたいエネルギーワークです。

興味が沸いた方はこちらから詳細をご確認下さい。


# by hiroshimapop | 2018-01-06 17:45 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)
立春へそ道受付スタート!
気学でいえば、いわば大晦日と新年にあたる2月3日の節分、4日の立春の2日間、ご自身の人生、再構築してみませんか?

三枝龍生先生も今年大病をされましたが、講師である入江富美子さんも、今年、怪我で緊急入院されました。一時は命に関わる深刻な状態だったそうです。

でも逆境は人を強くします。
命にタイムリミットがあることを実感できたからこその深い気づきや、人に伝えたいこと、言い残しておきたいことがクリアになってきます。

「入江さんは、入院中から変化し、大きく次元上昇していた」とは、長年『へそ道』に参加し続けている共通の知り合いの弁。退院後、治らないと言われていた症状が、へその実践によりみごとに無くなり、復活後の12月に開催された『へそ道』は、まさに『Newへそ道』と言えるほどの大変革。

へその力の確信が強くなった分、軽やかにこれまで以上に分かりやすく、初めて参加された方の体験も、それまでにない深いものとなり、肚に落ちると同時に、自分の変化を実感できると驚きの声が続出…。

なので以前『へそ道』を受けられたことがある方もぜひ、また再受講をおすすめします!(再受講は受講費の半額でお受けいただけます)

さて、今年、テンプルでは何度か先祖供養をテーマとした講演会を開催しました。
予定の座席はすぐに満席。キャンセル待ちの長いリストが出来上がり、定員をぎりぎりまで増やしても、まだお受けいただけない方が…。ここまで多くの方が先祖供養を気にかけていらっしゃるとは、主催者である私もびっくりでした。

…実は…この『へそ道』、先祖供養を目的としたものではありませんが、強力な先祖供養になります。

10代前(およそ江戸時代中期)まで先祖を溯ると、私たち1人ひとりが合計2046名のご先祖様と繋がっているそうです。(20代溯ると合計は200万人を超えるそうです~!ビックリ!)

言い方を変えると、10代前までだけでも2046名のご先祖様を後ろに従え、その先頭に立っているのが、今生きている私たち。『へそ道』の「へ」は舳先の「へ」。先っちょのこと。『へそ道』の「そ」は素=魂の根源。すべての大元の「素」。その「そ」からつながった先頭を生きているのが私たち。

大元の舳先である私たちが、その「そ」に繋がり直すことが出来れば、自分がこの地球に生まれてくる前、神様と交わした約束や、自分の魂が求めているものにも繋がり直すことができる…。そして、ご先祖様たちの先頭に立っている私たちが「そ」に繋がりながら、自分の人生を生ききる。常識や思い込み、制限を外し、自由闊達に生きながらも宇宙の大元の「そ」の願いからは外れない。

自分のやりたいことが、神様が私たちにさせたいこと。そう実感できる生き方にシフトしていったなら、私たちの後ろで応援しているご先祖様の魂が大喜びされるのは間違いありませんねー。 


話は横に逸れますが、実は私、首に鉄骨でも入っているの?と云われるほどのコリが首と肩にあります。肩こりの人はみんなこんな首肩だと思っていたら、これはコリというより鉄骨ですと。

「なんでこんな頑固に首のコリが取れないんでしょう?」と、とあるサイキックの人に聴いたところ「あなたは生まれる前にご先祖様たちがやり残したこと、後悔、生前のこだわりの解消を引き受けて生まれてきましたねー。それが生まれてからずっと肩に重く乗っているんですよ」と。

マジですかー!?ええー、そんなぁと思って、別の視える系の人にも聞いてみたら「自分の先祖だけではなく、過去生の先祖のも引き受けてきましたねー」との回答に、肩に乗っている重量感が減るどころか増えてしまったという…(涙)。

これがホントなのかどうか私には分かりませんが、今、自分が持っている思いクセやこだわりは、実は、先祖から引き継いでいるものもあるそうなのです。なので、今生きている私たちが、それに気づいて解消し、外していくと、自分と繋がっているご先祖様の魂のこだわりや後悔も瞬時に消え、軽やかな魂になって上に帰っていかれることがあるそうですよー(不思議です!)。


『へそ道』を以前学ばれたことがある方はご存じの『たま』と『しい』の話。
普段の私たちは、サムシング・グレートでもある御霊(みたま)の『たま』ではなく、三次元的な嬉しい、悲しい、欲しいといった『しい』を中心に生きています。

『しい』とは人生を味わうために天から頂いているもので、『たま』で感じたことを『しい』で表現、行動していくのです。しかし、この『しい』である感情を思いすぎて、「寂しすぎる」「怒りすぎる」「うらやましすぎる」など、すぎたもの、思いすぎたものは苦しみを伴います。『過ぎたしい』を自分だと思うと、人生が生きにくく、見えにくくなります。

だから、自分の本体は『たま』だということに気づき、『たま』を曇らせている余分な『しい』を取っていけば、自分の『たま』が軽く、どんどん輝いていきます。ご先祖様が喜ばれるのは、先頭にいる私たちが輝きながら喜んで生きていること。

ご先祖様はもう肉体がないので行動が出来ませんが、先頭の私たちがどんどん余分な『しい』を落とし、『たま』を光り輝かせれば、繋がっているご先祖様の『たま』も連動して光輝いていきます。これってイメージできますよね。そうすることで天界で格があがったご先祖様は、私たちの力強い応援団になってくれるでしょうから、ますます私たちも生きやすくなるという、なんとも良い流れが生まれてきます。

ホントかどうか、信じる信じないは皆さん次第。でも、そういうことって、あるかもしれないですよねー。


『へそ道』は自分の人生を輝かせて喜んで生きている秘訣をお教えする講座です。
でも、それは同時に先祖に喜んで頂け意識せずとも供養にもなっている、ということを中心に今回はご紹介させていただきました。

そして、それとは別に、テンプルのお客様にはきっと興味をもたれるであろう『へそ道』の副作用が1つ。

『へそ道』は実践すればするほど、シックスセンスを超えた9センスも磨かれると入江さんは実感しているそうです!
下記の「参加者さんからの声」にあるように、生きにくさを感じていた方は生きやすさを。家族との関係に問題を抱えていた方は、家族との新しい関係が。新しい自分に生まれ変わり、新しい自分に引き寄せられて素敵なパートナーができる、どんどん幸せになっていく…。そんな人生が参加者さんに始まっています。

入江さんからは2月の『立春へそ道』に向け、こんなメッセージが届きました!  
↓ ↓
『新くなったへそ道は、自分の中にある完全なものを湧き上がらせていくこと、一点集中ワークというものを通してやっていきます。

これまで開催していただいたもとの違いとしては・さらに感じる能力・潜在能力の感度UP・能力開発ができるところでしょうか。人生の安定感は間違いなく増します。楽しさ、喜びも増します。自分の人生は自分で開く!というところに重点をおいてやっていきます。直感や感性を磨いて、自分の人生をより面白いものにする!というコミットが強くなったのが新へそ道といえます』

皆さん、魂のことを学びに来ていらっしゃる方ばかりですから、普段の生活では出逢えない魂同士の出逢い、体験できない心の深みを感じる2日間になると思います。

へそ道は、受講中だけではなく、受講後に大きく人生が変わられる方がたくさんおられます。
それは、自分の変化だけではなく、自分に関わる大きな力が働きはじめるからでもあります。

2018年以降の人生をシフトさせるきっかけ作りに是非ご参加下さい

★9センスについては、こちらの動画(約20分)をご参照下さい。
『9センスで生きるへそ道(YouTube)』



立春『へそ道 基礎コース』

日 時:2018年2月3日(土)10:00-18:30 (開場9:30)    
    2018年2月4日(日)10:00-18:30 (開場9:30)    
    *2日間通しでのご参加が必要です。
場 所:東京 千代田区 永田町駅周辺 会議室(お申込み者に追って詳細ご連絡) 
講 師:入江富美子さん
定 員:70名
参加費:初受講 39,880円(税込)    
再受講 19,940円(税込)    
 クレジットカード(VISA、MASTER)払いも可能です
お申込はこちらから

*へそ道基礎コースでは、こんな内容のワークを行います。


【過去、テンプル主催の『へそ道』を受講された方の声】

★へその繋がりから生き方まで感じ、考えた2日間。入江さんの熱量がハンパなく、濃い時間でした。「たま」と「しい」の話が分かりやすく、いかに「しい」をつけまくってきたのか私は!と感じました。これから魂が震える瞬間、「しい」を払っていく過程がとても楽しみです。

★人はどうして生きているのか、何のために生きるのか、何が一番大切なのか。そういう根源的な大きな問題の答えを教えていただいたような気がします。入江さんのお話しはとても分かりやすく、親しみやすく、とても楽しい2日間でした。★深い深い内容を、かみ砕いて面白く分かりやすく伝えていただいて感謝です。魂が喜んでいます。今後の人生で魂を磨いていきます!

★物事を難しく考えてしまう私にとって、笑って、踊って(先生が)学べる2日間で感性がぐるぐる~、頭もぐるぐる~ でした。自分をもっと表現したい~!!と溢れだしています。

★へそ道、ホントに最高最高最高です! これまで一生懸命進もうとしてもブレーキがかかって重くて進めなかった理由が分かりました。父との関係も変えていけそうです。父が生きている間に気づけて幸せです。自分がどう「もと」からズレているのか分かって本当に良かったです。すごーく苦しんでいたので・・・。へそ道は世界を救う!

★グループやペアを組んでのシェアやワークも、自分とは違った感性を知ることができたのは大収穫でした。へそを磨くか磨かないかは自分次第・・・。セッセと磨いてみようと思います。

★入江さんのお話しがとても面白く、もっと聴きたいと思いました。特に旦那さんの話はビックリ! いつかNHKの朝ドラでやってくれたらいいなぁと思いました。日本中のみんなが元気になれそうです。

# by hiroshimapop | 2017-12-27 12:30 | テンプル最新情報 | Comments(0)
1月12日(金)シャーマンコンビによるソマティックセッション
1月開催のソマティックのセッション。

Dr.マイケルのセッションは順調に予約が入っていますが、日本人プラクティショナー担当の日のご予約がまだスローなので、ここであらためて紹介させていただきます。

1月12日(金)は午前、午後の2回、日本人プラクティショナーによるソマティックのセッションを予定しています。

担当するのは、Dr.マイケルに生まれながらのシャーマンと呼ばれているRYOさん。今年の10月ハワイのマウイ島滞在中には、古い古いハワイのエネルギーと出会ったそうです。いつもは岡山を拠点にセッションをしています。

もう一人は、天使や妖精が見えてしまう不思議のSHIHOさん(ナイショですが、自宅には小さな宇宙人が住み着いてるそうです・・・)。マイケルさんとのセッションでは、二人でエネルギーの虹を飛ばし合ったり統合したりして楽しんでます・・・。

そんな二人のシャーマンコンビが行うソマティックのセッション。
いったいどんなセッションになるのか想像も出来ませんが、きっとワクワクな出来事が待っていると思います-。セッション費用もDr.マイケルのセッションが一枠18,000円のところ10,000円でお受けいただけます。
午前、午後と2枠(合計4回のセッション)受けて、一人リトリート状態というのもアリかと…。

Dr.マイケルの時とはまた趣きの違うゆったり静かなセッションで、心の深いところで目覚めを待ってる自分自身と出会って下さい。

ソマティックのグループセッションのお申込はこちら
ソマティックのスケジュールはこちらから

c0125114_18130744.jpg

# by hiroshimapop | 2017-12-13 18:08 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)
ケイシーの述べたイエスの姿(賛美歌312番)
先週末に開催した『キリストの秘密と理想の設定』のセミナー。
ケイシーがリーディングで述べたイエスは、まさにこの賛美歌の歌詞に書かれているような存在です・・・と、この賛美歌312番をランチタイムに数回流し、そして講座の最後に参加者の皆さんと唄いました(オリジナルの英語の歌詞よりも日本語の歌詞の方が、イエスの姿に近いのです)。

ランチの時には「賛美歌なんて~」と斜に構えていた男性も、最後一緒に唄ったときに「何故か涙が溢れてきた」と感想文に書いて下さいました。

イエス・キリストについて、あまり先入観なく、ケイシーを通じて初めて知ることができた私たちはラッキーです-!


クリスマスまであと2週間。味わってみて下さいー。

讃美歌312番  いつくしみ深き

いつくしみ深き 友なるイェスは
罪科(つみとが)憂いを 取り去り給う
心の嘆きを 包まず述べて
などかは下ろさぬ 負える重荷を

いつくしみ深き 友なるイェスは
我らの弱きを 知りて憐れむ
悩み悲しみに 沈めるときも
祈りに応えて慰め給わん

いつくしみ深き 友なるイェスは
変わらぬ愛もて 導き給う
世の友我らを 捨て去るときも
祈りに応えて 労(いたわ)り給わん





# by hiroshimapop | 2017-12-09 17:34 | 日記 | Comments(0)
2018.1月ソマティックセッション受付開始
テンプルで昨年からご紹介を始めたソマティック・エナジェティクスのエネルギーワーク。そのソマティックの提唱者であるDr.マイケルが来年1月に来日。

東京でのセッションとトレーニングセミナーを行います。

→ソマティックはどのようなセッションか、Dr.マイケルのインタビューはこちら


今回は初の試みとして、Kidsセッションだけの日(1月17日水曜日)を設定しました(Kidsセッションは0歳から中学生までのセッションです)。
平日ではありますが、心や身体の成長に心配のある子供さんには、1度お試しいただければと思います。

また、当日は、子供さんへのセッションを熱心に取り組んでいるプラクティショナー
さんのお話し会も開催します。過去、子供さんへのセッションで、どのような変化が
あったか、お話しいただく予定です。


過去の実例から4件だけご紹介させていただくと・・・(1回から数回受けた後の変化です)。

*普段から多動で、突然走り出すため1人で道を歩かせることができず、特別支援学校を勧められていた男の子。1回目のセッション後、行動が落ち着くようになり、セッションを重ねるたびにコミュニケーションがよりスムーズにできるようになった。

*自閉症の男の子。セッション後、語彙が増え、単語ではなく、繋がった文章で会話ができるようになった。

*授業中、椅子にじっと座ることができず問題児とされていた小学1年の男の子。背骨に問題があることが分かり、1回目のセッション後で普通に椅子に座れるようになった。その後この子供さんは、成績優秀となり私立学校に転校するほどになった。

*ひどい生理痛で生理になるたび鎮痛剤を飲んでいた小学6年の女の子。仙骨部と骨盤の開閉に問題があることがわかり、セッション後、生理中に薬を飲まなくてもよくなった。


前回、私が受付をしていたときに来ていた男の子は「頭がすごく軽くなったー」と言いながら帰っていってました。

日本人プラクティショナーによるKidsデイは平日のため、小学、中学のご参加は難しい日ですが、0歳からセッション可能です。未就学の子供さんなど、身体が出来上がってしまう前の調整がお勧めなので、ぜひお試し下さい。

日本人プラクティショナーによるKidsセッション 4,500円/最大50分
1月17日(水)10:30~11:20
1月17日(水)15:30~16:20
1月17日(水)17:00~17:50

Dr.マイケルによるKidsセッション  7,000円/最大50分
1月20日(土)14:00~14:50 満席
1月27日(土)12:10~13:00

*赤ちゃんや子供は反応が早いので、10分くらいでも、もうこれ以上の働きかけが必要ないということがあります。時間は短くても慈愛の波動はしっかり受け取っていますので、どうぞご安心下さい。

*どうしても日程的に大人のセッションの日程でなければ参加しにくい、という子供さんは、1枠2名まで大人のセッション枠でお受けいただけます。ただし、大人のセッションの雰囲気を壊すおそれのない子供さんに限らせていただきます。


お話し会は 2018年1月17日(水)13:00~14:30 です。
『問題を抱えた子供さんにソマティックのセッションが勧められる理由』
こちらもあわせ、ご参加下さい。
  →ご案内はこちら

Kidsセッション&1月17日(水)のお話し会の申込はこちら

Kidsセッションについて
Kidsセッションの体験談


★もちろん、大人のグループセッションも開催します!
前回は、耳鳴りで悩んでいる方がいらしていたんですが、セッションを受けるたびに
耳の中で鳴っている音が小さくなっていったそうです。

ソマティックのセッション中は、不思議な体験をされる方も多く、ブログでも何度か
ご紹介しています(例えばこちら)。
お時間のある方はブログをのぞいて見て下さい。


グループセッションは、大きく以下の3つの選択肢があります。
・Dr.マイケルからセッションを受ける日
・認定日本人プラクティショナーから受ける日
・現在トレーニング中のトレーニング生から受ける日

選択肢が増えた分、ちょっとややこしくなってしまいましたが、日程、価格等で
ご検討下さい。

大人のセッションのお申込はこちら(日程もご確認いただけます)
スケジュールはこちら


★ソマティックのセッションは何故あんな不思議なことが起こるの?その謎を知りたい、Dr.マイケルからその施術法を学びたい、という方にはトレーニングセミナーも開催します(4日間ソマティックの慈愛の波動に浸って体調を整えたいというご参加も大丈夫です。でも講義もしっかりありますので、頭も使いますー)。

トレーニングセミナー
今回は、週末を含むコースと、平日のみのコースの2つの日程からお選び頂けます。
【A】2018年1月13日(土)~16日(火)週末含むコース
【B】2018年1月23日(火)~26日(金)平日のみコース

学びながらセッションも毎日受けますので、深い癒しと変容の4日間になりますよ。

トレーニングセミナーのお申込はこちら
トレーニングセミナーの概要


皆様のご参加を心よりお待ちしております。

c0125114_17071971.jpg

# by hiroshimapop | 2017-12-05 17:08 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)
三位一体で生きる秘訣を学ぶ2日間
2017年11月18日(土)、19日(日)のケイシー講座をブログにあげるのを忘れていました。

来週末の講座ですが、参加者募集中です。
ぜひご参加下さい。


内容は、2日間で、ケイシーリーディングに基づく、肉体へのアプローチ、心へのアプローチ、魂へのアプローチを学び、2日間かけて心と身体と魂の統合へと向かう道を探します。


肉体への働きかけが心や魂にも影響を及ぼしますし、その反対も起こってきます。
肉体、心、魂の3つのトータルな調和を目指していく2日間です。


ケイシーリーディングに、このような内容のものがあります。

下記は、秘書のガートルードが眠れるケイシーに、この記述は合っているか、正しいかを確認しているガートルードの質問なので、ケイシー自身の言葉ではありませんが、ケイシーは「正しい」と返答しています。少しご紹介します。
(Q)『すべての個が実体として宇宙の縮小版であり、肉体、精神体、霊体を所有している。これらは大変密接に関わり合い、1つの波動は他の2つに必ず影響する 』262-10
肉体、精神体、霊体、つまり、身体、心、魂は互いに深く繋がっており、切り離せない。1つが変われば、残りの2つにも影響を与えていきます。
このようなリーディングもあります。
『身体には物質的身体と精神的身体と霊的身体とがある。これらは三位一体のごとく「1つ」のものである』281-24

『身体は3つの部分、つまり体と心と魂から出来ているが――それらは1つである』601-11

だったら、私たちは、特に何もしなくても、生きている限り、この3つは繋がっているのだからいいじゃないかと思いも湧いてきますが、どうやらそうでも、なさそうです。この3つが繋がっていても調和が取れていない。

『身体、心、魂がたびたび対立している』3066-1

そんな状態に陥ってしまうのが、私たちではないでしょうか?

では、心と身体と魂の3つがちゃんとうまく調和が取れている人はどのような状態でいるか・・・。想像ができるでしょうか?


なんと、この三位一体モデルが、実はケイシー自身だったのです。


こんなリーディングを見つけました。
Q) 現時点で、エドガー・ケイシーならびに彼が「リーディング」を与える能力をもっとも良く表す言葉を与えて下さい。

A)『調和した三位一体の応用。(中略) これは、誰かを助けよう、支援しようという目的に向かって、心と体と魂が三位一体の調和にある状態である』
254-108
つまり、ケイシーの類い希なリーディング能力は、心と魂と身体の3つが調和した状態であったからこそ生まれたギフトだったんですね。

また、ケイシーは、突出したリーディング能力があるというだけではなく、日頃から謙虚で穏やかで、ケイシーに会った人なら、誰もがケイシーを好きになってしまう、そんな人物だったそうです。


はてさて、私たちは、ケイシーのように、自分が持つ内なる霊的能力を発揮できたり、日頃から穏やかな心で過ごすことが出来ているでしょうか・・・?



最近、兄のフェイスブックにこんな投稿がありました。

これは、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の方へのリーディングで、ケイシーが旧約聖書の一文をよく読み、それを生きるように勧めたことに対する解説です。
(ALSの発症には内分泌腺が深く関わっているので)
『もともと分泌腺はわれわれの心の状態に敏感に応答しますが、神経の再生賦活に必要な材料を作る分泌腺は特に、人の(神に向かおうとする)崇高な意識に反応するようになっています。そのため、ケイシーは聖書の特定の箇所を充分に自分の意識に取り入れることを主張しました』

肉体の治療として、聖書をよく読み、その聖書のことばを自分のこととして生きる・・・。それが身体が治癒に向かうための重要な柱の1つ、というのは、ケイシーならではのアドバイスではないでしょうか?

ということで、1日目では、心と身体と魂のそれぞれの特質と、相互関係を理解し、2日目では、心と身体と魂の働きを統合させるためのさまざまなアプローチ(霊的理想、夢分析、オイルマッサージ、瞑想と祈りなど)をお伝えします。


内分泌腺は、肉体、心、魂を繋ぐキーワードになりますので、2日間かけて、理解を深めていきましょう。

特に、一般的なチャクラや現代医学の解剖学では決して登場しない「ライディッヒ腺」という腺がケイシーのリーディングでは登場します。

この秘された「ライディッヒ」とはどのような役割を持つ腺なのか、こちらも興味が尽きないですね。

(参照)http://caycegoods.exblog.jp/14812110/



2018年を向かえる前に、心と身体と魂の相互の関係を解きほぐしつつ、この3つを調和させていきませんか?

テンプルでも、このような3つを統合するような内容のセミナーは初めての企画となりこれから、内容は熟成させていきます!


皆様のご参加を心よりお待ちしております。


【三位一体で生きる秘訣を学ぶ2日間】

日 時:2017年11月18日(土)10:00-16:30 (開場9:30)    
    2017年11月19日(日)10:00-16:30 (開場9:30)    
場 所:東京 千代田区 永田町駅周辺
    (お申込み者に追って詳細ご連絡) 
講 師:光田秀さん(日本エドガー・ケイシーセンター会長)
定 員:55名参加費:16,000円(2日間通し・税込)    
    8,800円(1日のみ・税込)    
    日本エドガーケイシーセンター会員の方は特割 
     15,000円(2日間通し・税込) 7,800円(1日のみ・税込)

お申込はこちらから




# by hiroshimapop | 2017-11-11 18:54 | テンプル最新情報 | Comments(0)
講座『キリストの秘密』と『理想の設定』
今回もまた講座のご案内です。

次回12月3日(日)は、12月であるということ、2017年も終わり、2018年に向けて・・・ということもあり、テーマは『キリストの秘密』と『理想の設定』にいたしました。

一見無関係に思える2つのテーマですが、エドガー・ケイシーの世界では、これが美しく統一されていきます。そして、この絶妙を捉えられた時、私たちはこの世にありながらこの世から自由になります。

そのような心境を目指します。

エドガー・ケイシーは人生に迷い、人生に躓いている人々に、あるいは、いま以上に人生を充実させ、自分の才能を最大限に発揮したいと願う人々に、次のアファメーションを唱え、この意識を人生に徹底して生きることを勧めました。

~わたしの意志ではなく、おぉ主よ、あなたの御心が、わたしの内に、わたしを通して行われますように。
わたしがあらゆる形で接するすべての人々に対して、わたしを今日、今、祝福の水路として下さい~

このアファメーションはエドガー・ケイシー霊学のエッセンスであり、もしリーディングが言うように、このアファメーションの意識を人生に徹底することが出来たならば、私たちの人生は変容し、人生の新しい扉が次々と開かれ始めることを経験するでしょう。


イエスは、聖書の奥義は『心を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして主なる汝の神を
愛しなさい。そして、汝の隣人を汝のごとく愛しなさい』であると語られました。

この聖書の奥義と、ケイシーの勧める上記のアファメーションは同じ心境を作り出します。

ところが、聖書の奥義にしろ、ケイシーのアファメーションにしろ、概念では理解でき、頭ではわかったつもりになっても、実際にこの意識を日々の生活の中で自分に徹底しようとすると、途端に私たちは困難に遭遇します。

これがいかにハードルが高い意識なのか、まざまざと日々体験していくことになります。

よく私たちはこう言います。
『自分なりに』『自分のできる範囲で…』

でも、これって、考えたらずいぶん傲慢な言い訳です。

第一に、ほとんどの人にとって『主』は見知らぬ存在です。当然ながら『主の御心』など見当も付きません。

主イエスを知らず、御心を知らず、自分のできる範囲で実践しています、というのは
可笑しな話です。

ですから、まずは、イエスを知りましょう。

何もわからなくても心配無用。講師である光田も最初『主イエス』を知りませんでした。もちろん『主の御心』も皆目わかりませんでした。

しかし、リーディングに従って聖書に親しむうちに、主イエスが今もなお、私たちの人生に介入し、私たちの人生に豊かな恵みを注いで下さっているという事実を知らされ、今度はそれをありありと体験するようになりました。

その時から『あなたの御心が』というアファメーションにある言葉の心境が自然に内側から出てくるようになったそうです。

 *このあたりのことは、講演録CD『神との邂逅』をご参考にどうぞ。
  


そして、さらにこの時、はっきり分かったことがあったそうです。

それは、イエスに対する適切な理解なしには『わたしの意志ではなく、あなたの御心が』という心境には決して入れないということに。

とりわけ、イエスが今の私たちの人生に介入して下さること、私たちの人生は、実は主の配慮の内にあったことを強烈な実感を伴って体験することが不可欠となります。

まさに、ここが分岐点であり、ここを越えるか、越えないかで心境が全く違ったものになっていきます。


うちは仏教徒だし、神社好きだし、キリスト教の教会なんて行ったことも聖書も読んだこともないし・・・。あるいは、私は無宗教で特定の神なんて信じたくないし、宗教を押し付けられるなんて…!

もしかしたら、そう思われた方もいらっしゃるかもしれません。


それに対してケイシーのリーディングにはこのようなものがあります。

『(主は)、あなたの長兄、救い主、キリストにして、あなた方が望みさえすれば、招きいれさえすれば、主が入って来られるように心を開きさえすれば、主はあなた方すべての心の中に住み給う・・・』5749-6

『あなたにとって、神はどれほど個人的な存在であろうか? あなたが望むだけ、神はあなたにとって個人的な存在になるのだ。イエスとして肉体に現れたキリストとどれほど親密な関係であろう? あなたが望むだけ、キリストは近く、大切なものになるのだ。

あなたに愛する子どもがいるとしよう。求める子どもと求めない子どものどちらにあなたは応じるのか? それはあなたが、一方の子どもにより大きな愛情をかけているというわけではない。これは相互的な反応である』1158-9

ケイシーが言っているのは、キリスト教を信じなさい、教会に行って洗礼を受けなさいという宗教の話では全くなく、ただ単に、私という人間がイエスと個人的に親しい関係を築こうとするか、知ろうとするか、人生に招き入れるか、というだけのこと。
教会も宗教も全く関係ありません。

現に、講師である兄光田も私もキリスト教徒ではありませんし。


まずは講座の前半では、自分の人生に注がれている主イエスのまなざしと恵みを理解することを目指します。

イエスに対する敬慕の念が培われたならば、自然に『あなたの御心』に従って生き始めることができるようになるでしょう。


また、それを具体的な言葉で表わしたものが「霊的理想」「精神的理想」「肉体的理想」という理想の設定であると考えるとよいでしょう。

神は私たちにどのような人生、どのような生き方を望まれるのか、どうすれば、自分の日常生活を『主の御心』に一致させることができるか…。
自分の願望、特質、才能、長所を、神の御心にそって発揮しようとすると、それが『霊的理想』『精神的理想』『肉体的理想』の実現となります。

講座の後半では、日々の生活に『主の御心』を落とし込む、その方法をお伝えします。

人生をこれらの理想に従って生きようとしたなら、私たち一人ひとりが最良の『祝福の水路』となっていきます。


キリスト・イエスを知ることと、理想を定めることが、実は不可分であることを理解するとその時初めて、理想は完全なものになります。

エドガー・ケイシー霊学の核心を人生に取り入れて下さい。
『キリストの秘密』と『理想の設定』は、ケイシーの霊的世界観の神髄でもあります。

なんちゃってスピも楽しいですが、そろそろそれは卒業。
何かに満たされるのではなく、内側から満たされた人生を生きましょう。

身体にも栄養が必要なように、魂にも栄養が必要です。
12月3日は魂の高揚感を感じる、魂の栄養となる1日となるでしょう。
2018年をいかに生きるべきか。この講義を聴いたあとで、じっくり魂の声を聴いてみてください。

【キリストの秘密と理想の設定】
日 時:2017年12月3日(日)10:00-16:30 (開場9:30)
場 所:東京 千代田区 御茶ノ水駅周辺 会議室(お申込み者に追って詳細ご連絡)  
講 師:光田秀さん(日本エドガー・ケイシーセンター会長)
定 員:60名
参加費:8,800円(税込)
    日本エドガーケイシーセンター会員の方は特割 7,800円(税込)

お申込はこちらから



◎講座には行けないけど、『理想の設定』は実践したいという方にはこちらが参考に
なります。
難易度の低い順にオススメします!

DVD『揺るがない自分をつくる』4,320円
書籍『眠れる予言者エドガー・ケイシー』1,728円

*ご参考に
書籍『キリストの秘密』1,620円
CD『神との邂逅』3,456円
DVD『ケイシー流黙示録講座』9,800円



以前『理想の設定』について書いたメルマガのバックナンバー
理想の設定セミナーのお知らせ(2012年のメルマガ423号)
黙示録と理想の設定(2012年のメルマガ424号)
最高の守護は『理想の設定』(2013年のメルマガ478号)
理想を設定すれば、全てが霊的成長の機会(2013年のメルマガ479号)



11月中は、こちらも是非! 

【三位一体で生きる秘訣を学ぶ2日間】
日 時:2017年11月18日(土)10:00-16:30 (開場9:30)
    2017年11月19日(日)10:00-16:30 (開場9:30)
    *本講座は、基本的に2日間通しのご参加をオススメします。
場 所:東京 千代田区 永田町駅周辺(お申込み者に追って詳細ご連絡) 
講 師:光田秀さん(日本エドガー・ケイシーセンター会長)
定 員:55名
参加費:16,000円(2日間通し・税込)
     8,800円(1日のみ・税込)
    日本エドガーケイシーセンター会員の方は特割
     15,000円(2日間通し・税込)  7,800円(1日のみ・税込)
お申込はこちらから


# by hiroshimapop | 2017-11-07 18:21 | テンプル最新情報 | Comments(1)
タリカさんの女神の集いのワークショップ
テンプルの長年のお客さまで、ひょんなことから仲良しになったタオイストのタリカさんが、東京、大阪で『女神の集い』というワークショップを開催されます。

パート1で身体に取り組み、
パート2で心に取り組み、
パート3でセクシャリティに取り組む
という構成になっています。

参加者1人ひとりに固有の人生のドラマがありますから、皆さんのご感想、体験は違いますが、下部のチャクラが活性化するので、
*生命エネルギーが湧く *創造性が高まる *全感覚(ホールネス)が生まれ、世界が鮮やかでそれまでとは全く違った色彩に見える
といったことがあるそうですよ。


パート2,パート3は女性を対象としたワークショップとなり、女性性にフォーカスした内容になっていきます。手術で子宮や卵巣を切除してしまった方にもオススメのワークだそうです。

私自身は、なかなかタイミングがあわず参加したことはないんですが、タリカさんの周りの女性は皆さん、女性としての自分の性を謳歌している素敵な女性ばかり。タリカさんのワークは、内なる『野生の声』に耳をすます時間になるそうですが、私が出会った皆さんも、内なる野生を飼い慣らしているのかも。

心を開くには、身体が開いている必要があるし、身体がひらくには心も開いている必要がある・・・。柔軟でオープンな心を身体を持っているって、これからの時代を生きるためにますます重要な要素になってくると思いますー。

来年1年間はこのワークショップはお休みするかもしれないっていうことなので、日程が合う方は是非チェックしてみてください。


パート1:Part.1 観音ーCompassionー (男性も参加可能です)
最初に、身体の制限を外します。筋肉や関節に溜め込んできたトラウマや不要な感情のために、身体が自由な表現を制限されているからです。(中略) 身体の中で特定の回路をつなぐと、ある種の強さがやってきます。

観音の“慈愛~compassion~”の力で、不要になった古いパターンや固まった視点を変容へと導きます。


  東京:2017年11月11日(土)10:00〜16:45
  大阪:2017年12月2日(土)10:00〜17:00

パート2:内なる女神
内なる女神では、ギリシャ神話の女神たちの助けを借りて、ずっと昔に心の奥にしまったままの「宝物」を探す旅に出ます。そこに眠っているのは、人生で繰り返されるパターの原因、忘れてしまった憧れ、純粋な輝き、そして大いなる可能性です!

  東京:2017年11月12日(日)10:00〜16:45
  大阪:2017年12月3日(日)10:00〜17:00


パート3:青いシャクティ

「青いシャクティ」では、創造の源、女たちの魂の実家、卵巣のエネルギーにアクセスし、眠れる生殖器の記憶を呼び起こします。そこは「陰・女性性」の、暗くてあたたかな究極で永遠の安らぎの場所。涙は女の薬で、笑いは心の滋養です。

エッグエクスサイズもありますので、ダイレクトに自分のセクシャリティと向き合う時間になります。


  山梨県:2017年12月15日(金)13:00 〜17日(日)14:00 2泊3日宿泊型ワークショップ
  滋賀県:2018年2月9日(金)13:00 〜12日(月・祝)14:00 3泊4日宿泊型ワークショップ

お申込はこちらから

c0125114_16412680.jpg


# by hiroshimapop | 2017-11-06 16:43 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)