毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

『「ありがとう」100万回の奇跡』
先日、お客さまのご紹介で、熊本在住の工藤房美さんという女性とお会いしました。

工藤さんは、以前、見つかったガンが広がりすぎて手術不能だと言われながら、たまたま読んだ村上和夫先生の『生命の暗号』に書かれてあった「人間の遺伝子の95%は眠っている。5%しか働いていない」「自分という人間が生まれるのは70兆分の1の確率である」という言葉に感動し、自分の細胞と遺伝子に感謝の言葉を言いたいと、昼夜構わず言い続けていたところ、原発のガンが消える、という経験をされました。


~『「ありがとう」100万回の奇跡』から抜粋、引用~
私は思いました。私という存在を、生まれてからこれまで支え続けてくれた自分の体の細胞と遺伝子1つ1つにお礼を言ってから死のうと。(中略) そう思いつき、体中の細胞と遺伝子に「ありがとう」と言いはじめました。私には時間がありません。翌日ラルスという辛い治療が始まり、痛みをこらえるようにと口にタオルが詰め込まれるまで、「ありがとう。ありがとう」と唱え続けました。

不思議なことが起こりました。あれほど辛く耐え難かった治療がその日はまったく痛みを感じなかったのです。いったい何が起こったのでしょう。私の感謝の気持ちが眠っている95%の遺伝子に届いたのでしょうか?

「ありがとう」という言葉には何か特別な力がある。それは眠っている遺伝子を目さめさせるキーワードなのでしょうか。そうに違いない。そう直感していました。何より「ありがとう」と云うととても気分が良くなるのです。私は自分の体の細胞と遺伝子1つ1つに「ありがとう」を言い続けました。それから1ヶ月半後。私の子宮からガン細胞はすっかり消えてなくなったと告げられたのです。
 ~引用おわり~
ところが、喜びもつかの間、ガンが再発し、しかも余命は1ヶ月もない、という厳しい診断が下されます。その時、工藤さんは、もう自分には時間がない。ならば、自分の細胞1つ1つに感謝を伝えてから死のうと決意します。


 ~ 引用つづき ~
私は自分の細胞と遺伝子1つ1つにお礼を言ってから死のうと決意していました。それからというもの、夜も昼もなく自分の遺伝子に「ありがとう」と唱えてきました。けれども残り数週間で60兆個すべての遺伝子に「ありがとう」を伝えるには、あまりにも時間がありません。数週間後には、私という人間はもうこの世にいなくなるかもしれません。(中略)

これまでねぎらいの言葉の1つもかけてあげることもなかった手。私の意思に従って何でも云うことを聞いてくれた手。愛しい子どもたちつないだその手の温かい感触さえも、水蒸気のように消えてなくなるのでしょうか。

それならばどうしても、これまで私という人間を形作っていてくれたこの体ーー髪、まつげ、目、耳、鼻、口、心臓、肝臓、腎臓、足、足の指ーーすべての細胞と遺伝子に感謝の言葉を伝えたい。「今まで本当にありがとう」と言ってから死にたい。改めて強く、そう思ったのです。(中略)

私に明日はないかもしれません。夜、眠りについたら最後、二度と目覚めることはないかもしれない。寝る間を惜しんで、ありがとうと言い続けました。

抗ガン剤の影響で髪の毛がごっそり抜け落ちていきます。その1本1本に「ありがとう」とお礼を言ってから捨てました。朝目覚めると、再び朝を迎えることができたことが嬉しく、感謝の気持ちがあふれ、お礼を言わずにはいられませんでした。(中略)

だから命ある限り自分の体にお礼を言おうと思ったのです。ガンが治ることを祈って「ありがとう」と唱えていたのではありません。この世界にあるものは全部サムシンググレートが用意してくれたもので、1つとして欠けることなく私たちに必要なものなのだ。つまり人も物も関係なく、サムシンググレートの創造物であり、全体で1つなんだ。そう思うとますます感謝の気持ちが湧いてきました。

(中略)

気がつくといつの間にか体が軽くなり、とても気分が良くなっています。余命1ヶ月と告げられてからおよそ半年が経とうとしていました。
私のガン細胞は1つ残らず正常な細胞に生まれ変わっていたのです。手の施しようもない子宮頸ガンと告げられてから10ヶ月が過ぎていました。私の体はサムシンググレートからいただいた、そのまんまの健康な体に戻っていたのです。
~ 引用おわり ~
工藤さんのもとには、数ヶ月、半年「ありがとう」を言い続けているけど、ガンは消えない、何も変わらない、という連絡が来るそうです。

工藤さんは、ガンを治すために「ありがとう」を言い続けたのではなく、自分の細胞に感謝を伝えたくて「ありがとう」を言い続けました。自分には時間が無かったから・・・と、本当に朝から晩まで「ありがとう」と言い続けたそうです。

「ありがとう」に「ありがとう」の魔法がかかるか、単に「あ」と「り」と「が」と「と」と「う」の言葉の組合せになってしまうか、それは本人次第、ということでしょうか。

・・・そして、工藤さんとお話しして興味深かったのは、私が以前、ヴィパッサナー瞑想の合宿に参加したとき、最初の数日間は自分のアタマの中で繰り返される下らないお喋りにうんざりした、とお話ししたところ「私は、自分がガンになってから、そのアタマのお喋りが止んだ」んだとか。そして、アタマのお喋りが止み、アタマが真空状態になったことで、ある意味、宇宙や内在神と繋がり、様々な情報を受け取れるようになったそうです。


工藤さん、お話しを聴いてみると、子どもの頃からUFOを見たり、不思議体験をされていた方でした。現在、ご自身の体験を伝えるために講演活動やワークショップも開催されています。

タイミングがあえば、テンプルでも主催させていただく予定です。

楽しみにお待ち下さい。




# by hiroshimapop | 2018-03-13 16:24 | おススメBOOKS | Comments(0)
『ラストバリア スーフィーの教え』
昨年からしばらくブログを書くこと、誰かのブログを読むこと、SNSの類いから少し距離を置いていました。

全く読んだり書いたりしなかったわけではないんですが、日々流れて消える情報やインスタントに発せられる言葉ではなく、出来るだけ熟考され推敲された文章に触れたいと、その間、せっせと本を読んでいました。

・・・ということで、しばらく本の紹介が増えるかもしれません。

『ラストバリア スーフィーの教え』は1976年にイギリスで出版され、日本でも10年以上前に出版されています。すでに絶版のようなので中古か図書館で見つけるしかありませんが、海外では古典として高く評価されている1冊のようです。

~スーフィーの師が主人公にいう台詞(88ページ)~

「すべては、常に準備だ」と彼は言った。「だから、それは答えではない。我々は今、来たるべき世界のために準備している。しかし、それがいつ来るかは、我々の手にあるのではなく、神の手の中にある。我々は常に準備のできた状態にいなければならない。準備とは、目覚めている技のことだ。

もし君が目覚めていれば、いつの日か、真の世界を見るかもしれない。夢遊病者のように歩きまわっているならば、その世界に出会うことはできない。ほとんど世界中の人々は眠っているが、彼らはそれを知らない。

お前は眠っている、と書いてある本を読んでも、目覚めることはできない。教師にお前は眠っている、と言われても、目覚めることはできない。自分で目覚めたいと思った時にしか、目覚めることはできないのだ。

だから君自身の本質に出会うために、あらゆる下らないがらくたを切り捨てて、自分自身と向き合い始めなさい。

また、目覚めとは、何かの超常的体験の問題ではない。自らを霊能者あるいは超能力者と言っていながら、こうしたことを何1つ知らない人々よりも、ずっと深く眠りこんでいる連中に何人も会ったことがある。こうした勘違いしている人々は、何かの”ガイド”に出会いさえすれば、自分自身をみがくことを免除されると思っている。

彼らはもう1組の余計な錯覚によって、自らの痛みをおおい隠しているにすぎない。

唯一、なすべきことは、神の全体性を知ることだ。そうすれば、すべてが与えられる。しかし、神の1部、唯一の真実の1つひとつの側面を追求しようとすると、その部分に捕らわれてしまい、全体性を見失ってしまう。

旅の途中で、花をめでるために足を止めると、探求の目的を忘れてしまって、そのかわりに、花と一緒にそこにとどまるかもしれない。確かに花は美しい。しかし、君は何を望んでいるのかね? 自分の目標や動機を十分に注意して見守りなさい。自分が何をしているか、また、なぜそうしているか、よく見なさい。自分の自我ではなく、自分の真の本質を絶えず探し求めるのだ。わかったかね?」



~師が主人公に教えた演習(131ページ)~

そして彼は私に「空間を逆にする」演習を教えてくれた。

これは、じっと静かにすわって、胸の中心にすべての意識を集中し、少しずつ、次のことに身をゆだね、気づいてゆくという練習だった。

見るかわりに、見られているということ、聞くかわりに聞かれているということ、触れるかわりに、触れられているということ、味わうかわりに、自分は神のための食物であり、味わわれていること。

「だから、自分をおいしくしなさい」と彼は言った。「最後に自分が呼吸されることを許しなさい。信頼と、神、すなわちすべての源の前では、じぶんは無力であるという悟りに、完全に自分自身をゆだねなさい」
~以上、抜き書き終わり~

自分は神の食物として美味しい存在か、目覚めのための探求にどれくらい時間と意識を使っているか・・・。何度も自分に問いなおしたい質問です。



# by hiroshimapop | 2018-03-07 13:02 | おススメBOOKS | Comments(0)
『デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり』
映画『デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり』を観てきました。

デイヴィッドは子どもの頃、家具もないような貧しい家庭で育ちました。そんな経済状況の中で父親がデイヴィッドにピアノを与え、ピアニストにするための英才教育が始まります・・・。ピアノの練習しかなかった10代、父親との確執、などで次第に彼は精神を病み、11年間を精神病棟で過ごすという悲しい時期がありました。退院後はワインバーでピアノを弾いていたそうですが、妻となるギリアンと出会ったことで、またピアニストとして世界で活躍するようになります。。。

彼の人生は『シャイン』という映画になっていますので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

2007年に私は彼のピアノを聞きに2度コンサートに行ったことがあります。
その時、あまりに感動したので、私は書く予定だった内容を変更して、まるまるデイヴィッドについて書いてました。

~以下、メルマガ本文から~
・・・ピョンピョン跳ねながら舞台に登場するし、演奏中も客席まで聞こえるくらいの声で一緒に歌っているし、演奏中、客席に話しかけるし、フツーではありえない行動が見られますが、彼のピアノは、弾く喜びに溢れ、これほど聞いていて、思わず笑みがこぼれ、幸せを感じた演奏会はかつてなかったほどです。

彼の演奏は1時間足らずですが、その1時間の演奏を聴くために、私は思わず、もう1回、演奏会のチケットを買ってしまいました。

デヴィッド・ヘルフゴットは、実は長く精神を病んでいます。だから舞台上で彼がどんな奇行をするか予測ができない部分があります。でも、感じるのは、彼はいつでも、100%デヴィッドであるっていうこと。

自分を取り繕ったり、別の自分を演じる必要もなく、瞬間、瞬間、すべてがデヴィッドだということ。舞台の上でピョンピョン跳びはねたいのは、そうしたい彼の気持ちがそのまんま身体に現れてしまったから。
(中略)
残念ながら、社会の枠組みの中で生きている私たちは、毎瞬、毎瞬を自分の心のままに生きていることはできないですよね。いま天気がいいから仕事を止めて遊びに行きたいっていうのは無理ですし、ムッとくることを言われても多少のほほえみを浮かべて、大人としての受け答えをしなければならない。社会の中で3歳児のような行動はとってはいけない。それが常識です。

でも昨日のデヴィッドではありませんが、圧倒的に100%その人である人を前にすると、時には3歳児になってみるのも悪くないって思ってしまいました。
メルマガ202号「100%の私であること」

デイヴィッドは、道で会う人会う人、みんなに話しかけ、ハグをします。空港の荷物検査の担当者にも名前や出身地を聞き、ハグをして廻ってました。

ドイツという、どちらかというと固い国が映画の舞台になってましたから、デイヴィッドに挨拶され握手されてしまった人は苦笑いをするだけでしたが、それでも構わず、名前を聞いて握手をしてハグをして・・・。デイヴィッドは、世界で一番、人とハグを交わしている人かもしれません!

デイヴィッドがギリアンと出会ったこと、ピアノがあったこと、そして私たちがデイヴィッドが弾くピアノを聞けることに心から感謝した映画でした。

名古屋では3月17日から、大阪、兵庫は5月から上映のようです。
映画の詳細についてはこちらをご確認下さい。


# by hiroshimapop | 2018-03-06 07:38 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)
『神様が教えてくれた金運のはなし』
テンプル社内には、桜井識子さんの本が出たら必ず買って読む、というファンがおりまして、この『神様が教えてくれた金運のはなし』も、早速スタッフが購入。今はテンプル社内を巡っております…。

今回の本は金運に関連したお話。
第1章:金運がよくなるちょっとしたコツ、第2章:成功運のつかみ方 など興味深い内容で、私は早速友人二人に、お財布は紺色の長財布が良いらしい~とLINEにメッセージ。二人とも金運に最近敏感になっているので「本も買う!」と云っておりました。すでに二人のお財布は紺色になっているかも(笑)。


とはいえ、今日、ここでご紹介するのは、第3章:開運を妨げる「魔」を寄せ付けない から。何かに憑かれた感じや送られてる感じがあったときの対処方法を。

私も時々、念を送られたり、自分のではないエネルギー体に乗っかられたり、霊がついて来たりと色々あり、苦労してます(苦笑)。先日、ちょっと具合が悪いときに龍生先生に会ったら「ちょっと背中見せて」と少し触られたあと、ダダダーと洗面所に駆け込んでゲッっと何かを吐かれてました(マジ)。「ミツダさんは仕事柄、たくさんの人と関わっているからこれは職業病だねー」と。詳しく聞かなかったですが、何かが私の身体にいたらしいです・・・(涙)。

1度は、第2次世界大戦で亡くなられた方の霊が、日本のために働くにはあなたはまだ力不足だからお助けしますと入っていたらしく、しかも本人は善意な分、離れる気がないうえに、ある程度力のある霊だったようで、霊山に登っても離れてくれず・・・(今は離れてます)。

先日は、知り合いの生き霊に悩まされているという方から「呪術を使えるお坊さんを知りませんか」というメールが届いてましたが(残念ながら、私はそういう方を存知あげません)、霊的なことで秘かに悩まれていらっしゃる方がいらしたら、この本が参考になるかも。

まず識子さんが書かれていたのは「中途半端な霊能者が一番怖い」ということ。よほどの力があることが信頼できないのであれば、お寺にお願いした方が良いそうです。
~ここから引用文~
知っておかれたほうがいい事実は、霊能者という看板を掲げている人が全員正しい能力を持っているわけではない、ということです。中途半端な能力の人もいますし、能力がほんのわずかしかない人、中にはまったくないのに堂々と霊能者だと自称する人もいます。

そのような人のところに行って、施術(術を施されるという意味で使っています)を受けるのは非常に恐ろしいことである、という認識は持っておいたほうがいいです。訳のわからない施術を受けてから、体調が悪くなって元に戻らないという人が現実にいるからです。それも1人や2人ではありません。 
~引用おわり~
何か霊的な障りがあるなと思った場合、識子さんが勧めているのが、日頃からお不動さんとご縁を結んでおき、何かあったら、不動明王の真言(youtubeで検索すると出てきます)を唱えて、そのお不動さんに助けていただく、という方法。識子さんの本に詳しくその方法が書かれていますので、霊的に憑かれやすい方は参考になさって下さい。
~ここから引用文~
霊関係はお不動さんが頼りになります。お不動さんなら生き霊もはがせるそうです。幽霊も生き霊も、お不動さんの力を借りれば大丈夫、というわけです。
(中略)
私は吉野山のお不動さんと出会うまで、かなりの時間を要しました。あちこちのお寺の不動明王像にせっせと会いに行き、自分と合うお不動さんを探しました。いくつかの不動明王像を見てまわると、必ず「このお不動さんだ!」とわかる仏像に出会えます。
自分と合う仏像は、行った瞬間や仏像を見た瞬間に「大好き!」という感情が湧いたり、なぜか無性に惹きつけられるという気持ちになりますから、すぐにわかります。そのような仏像に出会ったら、それが自分と合う仏像=仏様の窓口です。
(中略)
神仏を心から信頼している、深く信仰している、そのような気持ちが丸わかり状態の方が好まれます。さらにそこで「何かあった時にここに来ることをお許し下さい。その時はどうかお助け下さい」(ご縁をもらうことが前提ではなく、ご縁がないことが前提で、あくまで自分からお寺に来ます、という言い方です)と真心をこめて、一生懸命にお話しすれば、ほとんどの場合、ご縁はいただけるのではないかと思います。

ご縁は参拝初日で下さる神仏もいますが、何回か通って下さる神仏もいます。このお不動さんが好きだな~と思ったら、何回か参拝に行くといいです。行けば行くほど、ますます厚いご加護がいただけますし、ご縁もいただけると思います。

ご縁がいただけたら、緊急時に呼ぶとお不動さんが来てくれます。
(中略)
このようにお不動さんは、来てくれて、その場で悪いものを祓ったり、霊から助けてくれるので、ご縁をいただくのは本当にありがたいことです。
~引用おわり~
何度も通う、ということを考えると、近県で力のある不動明王像があるお寺をいくつか廻ってみるといいかもしれません。…そして、私は知らなかったのですが、神社にも「憑きものを落とす専門」と云えるような神社があるんですねー。三峯神社はあまりに遠くて一度もお参りしたことはないんですが、これを読んで、一度、お参りに行こうと思ってしまいました・・・。
~ここから引用文~
仏様ではなく、神様にお願いをするという方法もあります。神様で手っ取り早いのは、憑きものを落とす専門のところに行くことです。関東でいえば、三峯神社や武蔵御嶽神社などです。この2社には、憑きものを祓う専門の眷属がいますから、祈祷をお願いして、祈祷の最中に自分でも心の中でお願いをするといいです。

関西だったら伏見稲荷大社に行けば、膨大な眷属の中に、憑きものを落とす専門がいると思われます。
(中略)
霊山(山岳系神様がいる山のことです)に登るのも効果があります。霊は波動の高い山について登ることができませんから、ふもとで離れます。霊山に登れば、自分の波動もしばらく上がっていますので、山を下りた時に再度つかれる心配はありません。
~引用おわり~

私たちは、目には見えないけど、実に様々なエネルギーの影響を受けあって生きています。白鳥哲監督のインタビューの中で、監督が断食中に開いた繊細な感覚が、動物性の脂や精製された油を摂ったとたんに無くなってしまった、というエピソードがありました。

意識の使い方、食生活や生活環境、生活習慣等で、私たちは自分たちがもともと備えている繊細な感覚を閉じて生きています。繊細さが過ぎると今度は生きにくくなるので、今の暮らしを続けるためにはその方が都合のよいこともありますが、気がつかないからといって、影響を受けていない、ということではありません。

私たちがより魂に近い本質で生きれるよう、自分を弱めてしまう低いレベルのエネルギーは遮断し、そのかわり高次元、高周波に波長を合わせられるようになれば、日々の生活は、これまでとは次元の違う深遠さが目覚めてくることでしょうねぇ。

いずれにしても、こういう分野でお困りの方は参考にどうぞ。もちろん、金運アップに興味がある方も。


# by hiroshimapop | 2018-03-05 07:55 | おススメBOOKS
龍生講座 in 大阪・仙台《外経雲と化の医療が明日の健康を礎となる》
1月末に東京で開催した三枝龍生先生の復活祈念講座。
参加者さんにも喜んでいただき、講師だった龍生先生ご自身もとても楽しかったようで、「毎月テンプルで講座をやりたい、全国行脚したいくらいだ」とメールを頂戴しておりました(笑)。

「毎月はちょっと難しいですー」とお返事はしたものの、せっかくなので、この勢いのまま、季節も暖かさを増す4月、大阪と仙台に龍生先生をお連れします!

仙台は会場が大きいこともあり、東京開催よりもリーズナブルな参加費に設定しました(龍生先生は、いつも2時間の講座を2万円でされています)。 

仙台にお連れするのは今回が最初で最後かもしれません。仙台エリアの方はもちろん、近県の皆様。お友達、ご家族にお声かけいただき、ぜひいらして下さい。

ちなみに仙台は、東京からも1時間ちょっと。日帰りも可能です!


昨年のご案内にも書きましたが、龍生先生は、昨年初めに大病が分かり、4月には完全に整体も講座も止め、この1年間はご自身の治療に専念されていました。特に、それまでの生活習慣を改め、中年以上の身体に勧められる生活に改めたら、現在60代なのに40代の体に戻った!とおっしゃっています。

もともと、大きな業を抱えている患者さんの場合、その業をいったん龍生先生が引き受け、後で昇華される、ということがあったそう。ところが都心のマンションに引っ越したら、そこがシックハウス。昇華しきれなかった業が先生の身体を直撃してしまったんですね。

一時は、臨死体験もされたほどかなり深刻な状況に陥られたのですが、今は完全回復。人生で一番元気!とさえ申されています。整体指導も実技講座も再開。1年間の辛い時間を魂の糧に変え、さらに飛躍されています。


さて、龍生先生は、ご自身を「疑い深い気の達人」だと称していらっしゃいます。

疑い深いというのは探求心、研究心のたまものだと思いますが、龍生先生の気の達人ぶりをご紹介すると・・・

例えば、
カフェで注文を取りにこられたウエイターさんに「君は**に注意した方がいいよ」と、出逢って数秒の男性にアドバイスをしたり、和歌山の温泉施設、ゆの里にお連れしたときには、ゆの里のはるか手前でお水のエネルギーを感じられるなど、私たちには見えない、感じられないものを感じられる力は計り知れず。
(一緒にいると色々分かってしまうので、普段は不特定多数の人に会ったり、人混みに出るということはほとんどなく、電車も乗らないそうです)

それほど気のエネルギーに繊細な龍生先生が、40年にわたる整体で気づいた身体の神秘や健康法則、知っておくとよい納得の健康法は、必聴の価値あり。

昨年大病をされた時にも、「これが?」と思うほど簡単な方法(アーシング)で、大きな危機を乗り越えられました。


ということで、大阪、仙台では3時間弱の時間となりますが、龍生先生の約40年にわたる野口整体の整体師としての経験の中から、今の私たちに伝えたいこと、そしてご自身が大病したことで実感した「生還できた理由」、長寿の秘訣などをお話いただきます。

人生はいつでもやり直し可能。50歳過ぎても、そこから生きなおせば豊かな人生を送れると言われています。おそらく他では聞けない龍生先生ならではのお話もたくさん。

大阪会場の方は4月8日(日)、仙台会場の方は4月22日(日)。
ぜひ、足をお運び下さい。


当日のキーワードになりそうなテーマ(講演会は「生もの」のため、当日の流れで内容が変わることもあります)
*体内時計は「化の医療」。これからは「時」を意識して生きてみる
*人の人生は外経絡とともに外経雲にも左右されている
*3.11から7年目の今年。自分と家族を守るための生活習慣
*小周天が安眠を誘う
*カタカムナは宇宙の叡智

外経絡についてはこちらをご参照下さい

三枝龍生先生はこんな方です。


皆様のご参加を心よりお待ちしております!

龍生講座 in 大阪・仙台《外経雲と化の医療が明日の健康を礎となる》
【大阪】
日 時:2018年4月8日(日)13:30-16:30 (開場13:00)
場 所:大阪 キタ 梅田(大阪)駅周辺 会議室
    (お申込みの方に追ってご連絡) 
講 師:三枝龍生先生
定 員:75名
参加費:6,800円(税込)
    ペア割引:12,000円(税込)
    3名以上グループ割:お一人5,600円(税込)

★大阪のお申込はこちら

【仙台】

日 時:2018年4月22日(日)13:30-16:30 (開場13:10)
場 所:宮城県 仙台駅近隣 会場
    (お申込みの方に追ってご連絡)
講 師:三枝龍生先生
定 員:120名
参加費:6,000円(税込)
ペア割引:10,800円(税込)
     3名以上グループ割:お一人5,000円(税込)

★仙台のお申込はこちらから

最近の龍生先生のフェイスブックの書き込みを少し抜き書きしました。こちらもご参照下さい。
体内には気の道筋、(内)経絡があるように、体外にはその人と世間を繋ぐ外経絡があるが、外経絡線上に母船のような大きなステーション、外経雲という雲クラウドが存在し、その外経雲上に乗る人を雲上人(うんじょうびと)と呼ぶ。同じ時代の運を共有する人達である。会場も道場も外経雲に成り得る。


外経雲は、親睦と生活習慣を大切にする。
親睦といえば、外食だが、これは店をかなり限定しないとならない。原則はチン、即ち、電子レンジのある店は原則的に撃沈!チンは便利だが、一瞬で酵素を殺す調理器具でなく兵器である。
*自宅に電子レンジを置いている平和主義者は疑え!間違い無く、偽物である。チンの後は、ゴミを食べているに等しい。


やり手のサラリーマン、あるいは、自営業、零細企業は指導者の健康に全てが委ねられています。その際の健康指数ですが、健康にも武道同様、段級が御座います。
レベル0:死
レベル1:病院でもわかる病気の段階
レベル2:漢方の未病という自分しかわからない病気の段階
レベル3:マアマアの段階
レベル4:飛び抜けた健康
レベル5:生まれたばかりの健康
この『飛び抜けた健康』のみが、人に人と運と金を運びます。

レベル4の健康を、外経雲療法で伝えたい。単なる栄養学、単なる刺激療法では、レベル4は不可能だからです。人と運と金までが、喜んで巻き込まれる健康を。
*人の健康は、雲に乗った時だけ、弾けます。


サエグサ健康放送局
具体的には合気道、野口整体、日本式食育、カタカムナを大切に御指導します。不老美顔!! 感性抜群のカラダ創り!人に迷惑をかけないために、不老!人を元気づけるために、美顔! 感に敏なるカラダ! この世で元気に!!!!


追い詰められた不幸こそが、飛躍への友。「何でこんな目に会うんだ!」という時がその時。いい人仮面を脱げ!獣になれ!本能は間違わない!偽の教養が、すべての不幸の始まり。


イヌ、ネコも病気をすると食べません!消化中、体は治療をしないことを知っているからです。できる、できないは別にして、帰るべき生命サイクルをお教えします。
朝4時起床 13時までに食事終了。17時までに飲料終了。19時消灯。少なくとも、午前1時から3時の間は寝ましょう。病気をして、神様が休めと言ったら、実行してみてね。


最近、日本の糠床がヨーロッパでも流行っている。そうだね。糠床は、酵素の宝庫だね。逆に言えば、腸内を糠床にするのが一番いいのよ。その為には、もちろん、酵素の入った食品もそうだけど、温度管理。冷やすのは良くないね。お腹を触ってごらん!手より温かければ、君の腸は生きている。


パートナーとは、なんだ!
サルが毛づくろいをするというが、あれは漢方でいう背中の督脈という気を整えているのである。サルでもできる仲間ができない人間!?さて儂が問題にしているのは、己の背中を任せられる人が近くに居ないという奇形環境に対する警告である。サルでもできる毛づくろいができない環境になったのは、いつからなんだ!


出逢いって、運命
奇跡的な出会い、途中に破局。しかし、また、出逢う。芸人も出逢い、恋人も出逢い、親子も出逢い。出逢いの少ない時代。何から何まで違う!出逢いを信じる力が!


六甲山系の金鳥山はUFOが頻繁に見れる所でも有名であり、UFOに乗せてもらった人が円盤内はカタカムナの文字が書かれておりカタカムナ文字は宇宙文字だと言っていますが、その説を取るまでもなく、どうにも霊性の進んでいた古代でもカタカムナ文字は宇宙人との関係を拒否しては解けないかもしれません。


カタカナは、カタカムナ文字の略称。そのカタカナは、外国の言葉を表現するときに使われる。なぜ?それはカタカムナ文字が、外から来た人に習った遠い記憶だからでしょう。1万年以上前の、外からの人って?うーむ、やはり、宇宙人かもしれませんね。カタカムナ文字、宇宙が残していった文字?


《1月の東京での講座にご参加された方々の声》
世間の常識と思われていることとは違うお話しを聞けて、本当に来て良かったです。目からウロコが落ちることばかりでした。

話がどこに飛んで、どこに戻ってくるのか、ついていくのに精一杯でしたが、深く濃い内容のお話しに、お腹いっぱい、頭いっぱいになりました。いただいた「種」を大切に、これからゆっくりと育てていきます。顧客満足度120%、コスパも最高の講座でした。

「輪をかけてムスビ」とする、痛みと空腹が身体を修復する、内臓の修復時間を意識して生活する食事・・・が記憶に残りましたが、本当に面白かったことは書けません!また直接お話しを聴きに参ります!

もっともっとお話しを伺いたかったです。すごい宝物「種」をいただきました。またお会いしたいです。

家内に誘われて、うさんくさい話かなと半信半疑で来ましたが、大変興味深く最後まで面白く聞かせていただきました。普段漠然と感じていたことを整理できるきっかけを教えて頂きました。

c0125114_10551669.jpg
c0125114_10570333.jpg

# by hiroshimapop | 2018-03-04 06:30 | テンプル最新情報 | Comments(0)
聖母マリアのメッセージとムー大陸
3月11日に開催する『聖母マリアの秘密と千年王国』のお話し会。
講師の菊谷さんから、こんなメッセージが届きました。

「聖母マリアの秘密と千年王国」でお話しする大切な内容の一つに、マリア様のご出現やメッセージなどが、「レムリア」や「ムー」、「アトランティス」などの古代歴史とも密接な関係があるということが挙げられます。

現代における「聖母マリアのご出現とお導き」は、約2000年前のイエス・キリストによる人類救済の物語の延長線上にあるのですが、それと同時に、「レムリア」や「ムー」、「アトランティス」といった古代からの長きに渡る地球の歴史とも無関係ではないということです。そして、そのような歴史の流れの先に「千年王国」の世界があると示されているように思われます。

そのことを、私は「琉球」に行くことによって、はっきりと理解することができるようになったのでした。そして、そのプロセスにおいては、いつものように嘘のような本当のドラマがありました。3月11日には、その出来事についてお話ししますが、皆さんも「えー!」と驚かれることでしょう。

この実際に起きた一連のドラマを振り返る時、マリア様(神様)はそこまでの物語をつくりながら、私たちを教え、導こうとして下さっているのだ、と驚きの気持ちが湧いてきます。

ですから、「聖母マリアの秘密」の世界は、それほどまでに重要であると言うことができるように思われるのです。

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

私はこれまで、「聖母マリアのご出現」という出来事や「メッセージ」などをお伝えするという役割を果たしながら、「私たちが存在している世界とは何か?」、「今、起きていることの意味は何か?」などと考えてきましたが、昨年から、私の身に起きたいろいろな出来事を通して、大切なことがよりはっきりと分かってきました。

これまで「点」と「線」や「面」であった情報(知識)などが、一気につながり、結ばれ、「立体」(球)となって現れ、道のりやお導きの全体像が見えてきて、「ああそうか!」という感じになったのです。(しかし、それは「悟った」というようなものではありません。)

「本当の事を知りたい」と考えて、県庁を辞め、放浪の旅に出たのですが、その過程において聖母マリアやイエス・キリストの世界と出会い、お導きに従って進んでいくなかで、ついに当初の目的をほぼ達成することができて、今、「良かった。有り難かった」という満足と感謝の気持ちが湧いてきています。

そして、今、私が理解した本当にシンプルな「本当のこと」をお伝えして、分かち合うことが求められてるように感じられるのです。


当日は、菊谷さんから、参加者の皆さんにミニロザリオをプレゼント。
そのロザリオを使って、会の中でお祈りをしたい、とのことでした。
こちらもぜひ楽しみにいらして下さい。

日 時:2018年3月11日(日)13:30-16:30 (開場13:10)
場 所:東京 千代田区 御茶ノ水駅周辺 会議室
    (お申込み者に追って詳細ご連絡)
講 師:菊谷泰明さん
定 員:65名
参加費:6,500円    
    ペア参加 お二人でのお申込で 12,000円


お申込はこちらから
# by hiroshimapop | 2018-03-03 07:20 | テンプル最新情報 | Comments(0)
4月21日(土)の上映会決定とご返金方法について
連日事前予約で満席が続いた映画『リーディング』の東京上映。
前売り券をご購入下さった方には大変なご迷惑をおかけしてしまいました。
心よりお詫び申し上げます。
おかけしてしまったご迷惑の代わりには到底なりませんが、前売り券をご購入下さった方が、その前売り券でご入場頂ける上映会開催がオフィス白鳥の主催で決定しました。
4月21日(土)の1日だけの上映になりますが、前売り券をお持ちの方は、ぜひこの機会をご利用下さい。テンプルでも自主上映開催が解禁となりましたら、上映会を開催する予定です。その際にも前売り券はお使いいただけます。

前売り券をお持ちの方は、4月21日(土)の上映会のご来場をご検討下さいませ。


オフィス白鳥のブログから転記~

映画『リーディング』東京の劇場公開は全日の完売、満席で、本当に本当に感謝しております。
ただ、前売チケットの席交換方法や、オンライン予約についての情報が、前売チケットをご購入いただいた方々に届いておらず、わざわざお時間とお金をかけて劇場にご来場いただきましたが、鑑賞ができないという方が多数いらっしゃいます。
大変申し訳ございませんでした。
この様なお客様には返金対応も承っておりますが、お手持ちの前売券を使用して優先的にお席を取れるようなイベントを企画致しましたのでここで報告させていただきます。

____追加上映会について____

白鳥哲講演&映画『リーディング』上映会 「魂の目覚め」
■1.日程 : 2018年4月21日(土) 3回講演
 1回目 11:00~ 13:30
 2回目 14:30~ 17:00 
 3回目 18:00~ 20:30 
 ※ いずれの回も監督の講演あり
 ※ 各回30分前より受付開始
 ※ 自由席

■2.場所 : スペースFS汐留 (東京、新橋)
■3.料金
前売りチケットをお持ちの方:前売りチケットをご利用ください。
チケットぴあ、テンプルビューテイフル、オフィステツシラトリからご購入の全てのチケット対象

一般の方:
4,000円(税込)(クレジット決済の方)
4,500円(税込)(現金決済の方、入場チケットを代金引換でお送りいたします)

■4. 受付開始: 
 4.-1 前売りチケットをお持ちの方
先行予約期間: 2018/3/8(木)10:00~3/25(日)23:59
 4.-2前売りチケットをお持ちの方
   +
 一般(前売りチケットをお持ちでない方) 
一般予約期間: 2018/3/29(木)10:00~※チケットが完売次第終了

■5.申込方法 :以下3種類から選択可能
 5-1. WEBフォーム受付
※WEBフォームのURLは3/7(水)にお知らせする予定です。
 5-2. 電話受付
※電話の受付時間10:00-15:00(月、火、木、金)
 5-3. FAX受付
※FAXは24時間受信可能です。
弊社(オフィスシラトリ)からの折返しの予約完了連絡(FAX、電話など)を持って、予約完了となりますのでご注意ください。


~以上転記終わり~


なお、オフィスシラトリの連絡先は下記となります。

神奈川県茅ヶ崎市東海岸北2-9-48
電話0467-87-6731(10時~15時)
FAX 0467-87-6732(24時間受付)
Mail: info@officetetsushiratori.com
**********************************

4月21日にお使いになれない前売り券は、テンプルビューティフルやケイシーセンター主催の映画上映会でもお使いいただけます。

また、ご返金希望の方は、ご返金も対応させていただきます。ご返金方法は以下の2つの方法からお選び下さい。


★店頭・セミナー会場持参の場合:テンプルの店頭、主催のセミナー会場に前売り券をご持参下さい。その場でご返金させていただきます。
*お名前、ご購入方法などを確認させていただきます。
★通販利用でお求めの場合:お手数ですが、前売りチケット原本をテンプルまでご郵送下さい。ご指定の口座にご返金させていただきます。
*その際には、ご購入方法(通販商品と一緒、セミナー会場で、店頭 等)とお振込口座のご記載をお願いします。切手代、封筒代もかかりますので、1枚あたり1,500円ご返金させて頂きます。

〒224-0032
神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央40-3
グランクレール センター南 1-F
(有)テンプルビューティフル 宛て


その他のご案内はこちらをお読み下さい。

ご不便をおかけします。どうぞよろしくお願いします。



# by hiroshimapop | 2018-03-02 17:19 | テンプル最新情報 | Comments(0)
聖母マリアの秘密と千年王国
3月11日(日)という日本にとって特別な日となったこの日、菊谷泰明さんをお招きして『聖母マリアの秘密と千年王国』というタイトルで講演会を開催することになりました。

菊谷さんは、1990年に、勤めていた県庁を退職し、インドとネパールへの旅に出ます。

帰国後、奈良の天河神社で祈っていると、何故か「イスラエルに行きたい」という内なる声を聴きます。

その声に従って、今度はイエスの足跡を訪ねて、イスラエルに旅立ちます。

その旅は、トルコ、ファティマ、サンチャゴ、ルルド、バチカン、カイロを巡る旅へと続き、1997年には、今現在も「聖母マリアの御出現」が続く、メジュゴリエという小さな村への旅へと発展していきます。
(このあたりのことは、以前メルマガでもご紹介をしたことがあります。こちらをお読み下さい)


先週のメルマガでは、神様との直通電話を持っているような女性が開発に携わった化粧品のエピソードをご紹介しました。

菊谷さんの旅も「神に導かれる旅というのは、こういう旅なのか~」とビックリするような奇跡の連続。

起こってくる1つ1つの出来事を、菊谷さんが純粋な心で感じ、動いたからこそ次なる奇跡が生まれていったのでしょうねぇ。

そのエピソードの1つをこちらで紹介しています。
この時の一連の旅は1999年『聖母マリアの秘密』という本にまとめられ、2016年にはあらたに手を加え、改訂版として出版されています。  
*『聖母マリアの秘密』のHP:http://seibomaria.com


さて、この2016年の改訂版出版後、菊谷さんは日本各地で聖母マリアについて語る「お話会」を開催されました。特に沖縄は重要な場所だと菊谷さんは感じられたようで、そのことについて、菊谷さんから次のようなメールが届いていました。


~~日本を「龍の姿」と観るとき、龍が持っている「珠(たま)」に相当するのが「沖縄(琉球)」であり、「マリア様のお話会」が琉球で開かれるときに「龍の珠」に「御魂」が入られて、マリア様と琉球(竜宮)がつながれ、「マリア様の物語」は次のステージに入っていくのだろうと感じていました。~~



すると予想通り、「お話会in沖縄」が沖縄市で開催されたのですが、その開催前、菊谷さんは神の島としても名高い、久高島を訪れました。

久高島での出逢いから、菊谷さんは、「聖母マリアの物語」がいよいよ最終章に向かっていることに気がついたそうです。


~~開催地に入る前、私は沖縄県南城市にある「久高島」を訪れました。この島は「斎場御嶽」と関連している「神の島」と呼ばれている所です。

その聖地において想像を超えた不思議な出来事が待っていたのでした。ある神人(かみんちゅ)さんと出逢い、久高島が持っている大切な意味について知らされました。

そして、それは何と「マリア様」とも深い関係があることでした。マリア様に導かれながら、20年以上にもわたって過ごしてきて、その物語のほぼ「終着点」といえるような場所にようやく辿り着いたようだと感じたとき、その地は、ヨーロッパでもアメリカでもなく、日本であり、琉球だったのです。


そして『聖母マリアの秘密』に関わる一連の出来事は、ヨハネの黙示録に記されている「千年王国」とも関係があることが分かったのでした。

「ヨハネの黙示録」は新約聖書の一番最後にありますが、それはまさに「マリア様とイエス様の物語」の最後を飾るにふさわしいものだったのです。

キリスト教徒でない日本人の私が、イエスや聖母マリアに導かれながら世界各国を訪ね歩き、最後にたどりついた大切な場所は「日本」でした。そして、日本人である私が書いた『聖母マリアの秘密』は、結果として「ヨハネの黙示録」の「千年王国」への誘いの書となることが分かったのでした。

いま、私たちは「千年王国」の入口に近づいています。今というこの時、『聖母マリアの秘密』の「神秘の物語」に触れていただければ誠に幸いです。~~



菊谷さんが久高島で神人から聞いた「聖母マリアの話」とは?
そして、これから始まる「千年王国」とは・・・?
なぜイスラエルでもトルコでもなく、この日本が「イエス様とマリア様の物語」の最後を飾る場所になるのか・・・?


興味が沸いた方は、ぜひ3月11日に東京にお集まり下さい。
皆さんと濃い時間を過ごしたいと思います。


そして、もちろん、3.11が発生した時刻には、菊谷さんと参加者の皆さんと共に、平和の祈りあわせをしたいと思います。

皆さんのご参加を心よりお待ち申し上げております。


日 時:2018年3月11日(日)13:30-16:30 (開場13:10)
場 所:東京 千代田区 御茶ノ水駅周辺 会議室
   (お申込み者に追って詳細ご連絡)
講 師:菊谷泰明さん
定 員:65名
参加費:6,500円    
ペア参加 お二人でのお申込で 12,000円


お申込はこちら




# by hiroshimapop | 2018-02-16 16:26 | テンプル最新情報 | Comments(0)
大阪にて、セルフケア講座(2日間)開催
2月の山口弘美先生のセルフケア講座の日程が決定しました。
次回は、2月19日(月)、20日(火)の2日間連続での開催となります。
1日のみのご参加もお受けしますが、1月中は、2日連続で参加できる方を優先して受付させていただきます。

誰か他の方に行うマッサージは、テンプルでもDVDのご用意がありますが、自分自身を癒すセルフケア、セルフマッサージは、なかなか受講する機会がないように思います。

本来は2日間で10時間の講座ですが、多くの女性がエネルギーが枯渇状態で、自己治癒力が発揮できない方が多いようなので、1日目は1時間延長し、エネルギーチャージを受けていただきます。


2日間を通し、このような内容となります。
*神の神殿である自分の身体を癒すセルフマッサージ
*女性の身体のメンテナンスについて
*身体の浄化、霊的な浄化について
*霊的なプロテクション
*祈ることの大切さ、祈ること
*般若心経の読経
*先祖供養のお話
*弘美先生が体験した神々とのエピソード

(ご注意)
本講座は、女性限定の講座となります。また、ボディケアだけではなく、霊的な内容も含みます。霊的な側面に抵抗がある方、懐疑的な態度の方はご参加をご遠慮下さい。
当日のご参加の皆さんのニーズにお応えしながら、スケジュールを組み立てていきます。少人数の講座で、じっくり自分と向き合っていきます。ぜひこの機会にご参加下さい。


セルフケア講座前半
2月19日(月) 11:30~17:30
会場:大阪梅田エリアのレンタルサロン
参加費:28,000円
定員:6名 満席となりました

セルフケア講座後半

2月20日(火) 12:15~17:15
会場:大阪梅田エリアのレンタルサロン
参加費:25,000円

定員:6名 満席となりました

2日連続参加の方…合計53,000円→52,000円

2日間とも、午前中、お一人ずつですが、チューニングセラピーもお受けいただけます。
こちらも合わせてご活用下さい。

2月19日(月) 会場:大阪
9:00-10:30(90分) 施術代:18,000円

2月20日(火) 会場:大阪
9:30-10:30(1H)  施術代:13,000円



お申込み
 
お申込みは、voice(at)caycegoods.com (担当 ミツダ)が一括してメールにて承ります。
お名前、生年月日、ご住所、受講したいと思った理由、当日連絡が取れる携帯番号を書いてお申込みください。

*1月末までに予約が完了した方に対し、事前に大峰山蛇の倉七尾山で、お一人お一人の浄化の御祈祷をさせていただきます。その御祈祷のために生年月日とご住所(途中まででOK)をお知らせ下さい。

# by hiroshimapop | 2018-01-18 23:22 | ホリスティック・ボディケア | Comments(0)
山口弘美先生の尼崎出張マッサージ予約受付スタート(2/16~18)
2018年2月16日(金)~2月18日(日)の3日間、山口弘美先生による尼崎出張マッサージを行います。
施術会場は、尼崎オーシャンスパ(セントラルスポーツ内/JR改札から徒歩2~3分程度)です。
*追記:施術枠が2つ増えました(会場は大阪のレンタルサロンになります)

全ての予約枠が埋まりました。お申込みありがとうございました。

ご予約は、申込みメールが届いた方から順にスケジュールを当てはめています。
すでに、前回受けられた方の事前予約が入っていますので、今回お受けできるのは5枠となります。また、他の時間は空いていてもご希望時間の枠すでに埋まっていることがありますので、その場合にはご容赦下さい。

【ご留意下さい】
*3時間のご予約が入った場合には、予約可能枠の時間が変わる可能性があります。
*すでに前後に予約が入っている場合には、3時間のご予約はお受けできないことがあります。
*回数券の新規受付はありません。

★2月19日(月)、20日(火)の2日間で、セルフケア講座を開催します。こちらは会場の準備ができましたら、あらためてご案内をさせていただきます。興味がある方は予定をあけておいてください。

*チューニングセラピーとはこんなマッサージです。
まず施術者がオリジナルの方法で気の流れる磁場のようなものを作ります。その空間の中でオイルの働きと手技により、リンパや静脈に滞る老廃物の排泄を促すようマッサージしていきます。さらに、エネルギーの基点である尾骨から背骨を通って頭のてっぺんに抜けていくようにエネルギーを送りこみます。この双方向からのアプローチによって、「心と体と魂」の解毒とエネルギーチャージをパワフルに実現させているのです。
( http://yamaguchi-hiromi.com/tuning-therapy より一部抜粋、編集)


山口弘美先生のチューニングセラピー
施術費用 90分 18,000円  

チューニングセラピー、VIPパーソナルコース
その方の心と身体、魂に必要な内容を組み合わせてセッションを行います。特に、体調不調、精神的な不調を自覚されている方にお勧めのコースです。      
3時間  42,000円

2月16日(金) 
10:00-11:30
12:00-13:30
14:40-16:00

16:30-18:00
18:30-20:00

2月17日(土) 
11:00-14:00 (3H)
15:00-18:00 (3H)

18:30-20:00

2月18日(日) 
10:30-12:00
12:30-14:00

14:30-16:00
16:30-18:00
18:30-19:30 (1H) 施術代:13,000円

2月19日(月) 会場:大阪
9:00-10:30

2月20日(火) 会場:大阪
9:30-10:30(1H) 施術代:13,000円

予約申し込み   
お申し込みは、voice(at)caycegoods.com (担当 ミツダ)が一括してメールにて承ります((at)は、@に変換ください。)。テンプルのスタッフは予約状況を知りませんので、必ずメールにてご連絡下さい。

件名は、2月の施術申し込み としておいて下さい。
予約後のご連絡もメールでのやりとりになります。携帯の方は、パソコンからのメールが受信できるよう設定をお願いします。 

お申込みに際しては、
①お名前、②上記の予約可能枠より施術希望候補2~3ケ、③お受けになる方の生年月日、④ご住所(大阪市**区**町くらいまで) ⑤当日連絡が取れる携帯番号
の5つを必ずお知らせください。
*以前ご予約いただいた方も、上記の5つは必ずご記入下さいますようご協力のほど、よろしくお願いします。
 ↓
ご予約を調整して後日ご連絡させていただきます。
 ↓
ご予約日時確定のメールが届きましたら、3日以内にお振込下さい。施術費用は事前振込となり、お振込確認をもって、予約の確定となります。

★1月30日までに予約が確定した全ての方に対し、事前に大峰山蛇の倉七尾山で、お申込の皆様の浄化の御祈祷をさせていただきます。その御祈祷のために生年月日とご住所(途中まででOK)をお知らせ下さい。


キャンセルポリシー
*ご予約日の1週間前の午前中までにキャンセルのご連絡があった方は、事務手数料1000円+振込手数料を差し引いた金額をご返金致します。
*ご予約日の3日前の午前中までにキャンセルのご連絡があった方は、半額がキャンセル料となります。
*それ以降にキャンセルのご連絡があった方は、80%がキャンセル料となります。
*前日、当日のキャンセルのご連絡は、100%がキャンセル料となります。
*キャンセルする代わりに、ご家族、ご友人が施術を受ける、というのは大丈夫です。その場合には、お受けになる方の連絡先、お名前を出来るだけ早くお知らせ下さい。

# by hiroshimapop | 2018-01-14 14:32 | ホリスティック・ボディケア | Comments(0)