<   2020年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧



ウイルスはアルカリ性の身体の中では増殖できない


先日、ケイシー流のコロナ感染予防&アフターコロナの心構え についてフェイスブックでオンライン講座が開催されました。

フェイスブックをされてない人でも視聴可能のようなので、まだ見てない方はこちらをクリックしてみてください。スマホなら視聴できると思います-。



その講座の中で、
ケイシーがインフルエンザ対策として身体をアルカリ性にしておくことの重要性、【インフルエンザの菌は、重炭酸ソーダ(重曹)の中では生きていけない!】と述べた理由が、具体的に提示されていたので、ご紹介します。

どうやって分かりやすく書こうかしら?と思っていたら、ケイシー講座を受講された六本木で開院されている歯科医の氏家先生が患者さんに向けに送られたメルマガで解説して下さっていたので、それ、使わせていただきます(笑)! 下のカッコ内の記述は氏家先生のメルマガからいただいています(氏家先生、勝手に使わせていただいてスミマセン) ちなみに、氏家先生はOリングや音叉も治療に取り入れていらっしゃる歯科医さんです!

 「エンドゾーム&脱穀」の図を見ながら読んでね
図の上の方のインフルエンザウイルスと書いた下に、丸にイガイガが付いたものがありますね。 
このイガイガはスパイクといって、(インフルエンザとコロナではこのスパイクの種類が違う)このスパイクがわれわれの細胞にくっつくのです。そして、くっつく場所がそれぞれのウイルスによって決まっていて、インフルエンザウイルスの場合は、我々の(※1)気道にある上皮細胞にくっつきます。図の右下半分を覆う黄色い線で囲まれた水色のところがありますね。黄色い線を上皮細胞と思ってください。 そこにくっついたイガイガは水色の細胞内に入り込みます。イガイガが風船のようなものの中に入り込んでいますね。エンドソームと書かれたところがそうです。この風船の中のPHが低下すると、イガイガのところのゲートが開き、H+がイガイガの内部に取り込まれ、それを契機に、ウイルスの殻が破れます。このことを「脱穀」というそうです。そう、お米の脱穀と一緒で、殻が取れるということみたいです。 3の番号が振ってある下向きの線の先がその脱稿状態のウイルスです。

ウイルスはアルカリ性の身体の中では増殖できない_c0125114_10203054.png
ウイルスはアルカリ性の身体の中では増殖できない_c0125114_10204319.jpg



脱穀されると、ウイルスの中のRNAが細胞の中に放出されてしまいますが、この脱穀ができるのは宿主(人間)の細胞が酸性であることが条件。つまりアルカリ性の時には脱穀不能なんです。そして、上の図ではいったん細胞の核に入るとなっていますが、すでにRNAなので直接ゴルジ体を通過してタンパク質を合成し、人の細胞の材料をつかいながら、自分自身(ウイルス)を複製し始めます。

自分の複製を作り、そればかりか、自分のRNAの情報を使って自分に必要な材料を作り出し、複製した自分を守る細胞壁まで作っちゃうんです。 盗人猛々しいとはこのことです。そして、入り込んだ人間の細胞を破って次々と新たな複製を増産、増産、また増産と凄いことになっちゃうんです。見方を変えると、ウイルスはすごく賢くて、素晴らしい機能を持っているんだな――と感心してしまいます。でもご安心ください。
  
人間には神様が素晴らしい力を授けてくれているのです。
それが免疫力です。

ウイルスからすると、エンドソームが脱穀するには風船内が十分な酸性であれば、脱穀ができる。  
人間からすると、アルカリ性に身体を、細胞を保っておけば脱穀できない…つまり増殖できないということになるので。


何度も書きますが、つまり、いったん細胞に入ったウイルスは相手の細胞を利用しながら次々と自分を複製し始めるわけですが、それが出来るのは、ウイルスの作り上げた風船が「酸性」であること。この時に体液がアルカリ性であれば、この脱穀を行うことができず、ウイルスのRNAは外に出られません…(驚)!

このウイルスが最初にくっつくのは多くの場合、私達の気管の上皮細胞。ですから、そのあたりをアルカリ性にしておく、重曹+クラッカーで喉のあたりをアルカリ性にするというのはとても大事なことになりますね。

ですから、なんだか喉に違和感があるな、イガイガするなと思ったら、まずは重曹+クラッカーを(*薬局で売っている精製度の高い重曹(炭酸水素ナトリウム )を使います)。
 やり方はこちらをご参照下さい。

そして後は肺の浄化にアップルブランデー療法を行います。

それだけでウイルスに対して大きな打撃を与えられます。

そして喉だけではなく身体全体をアルカリ性にしておく。そして戦える血液にするために血液の質を高める。そのために日々の食事がとても大事になります。

●1日おきに朝食は柑橘類だけを食べる(特に穀物とは一緒に食べない)
●レタスやニンジン、セロリなどをたくさん食べるのも大事
 ケイシーがレタスを食べておけば感染症の予防になると述べたリーディングはこちら
●血液の質を落とす豚肉、揚げ物を食べる回数をグッと減らす
●基本、野菜中心の食事に(ご飯が主食ではなく、1日のメニューが野菜+果物で8割くらいになるように)


多くの人が、家に閉じこもって時間があるのでと、お菓子やパンづくりに励んでいるという記事を読みました。でもお菓子、砂糖、小麦粉系のものはコロナが通り過ぎるまで、毎日のように食べ続ける、というのは避けましょう。。。たまにはいいですが、食べたときにはもちろん野菜でリカバリー。

★甘いモノが大好きな方の血液は赤血球がお互い糖分でくっついて動きが悪くなります→写真はこちら

甘いモノを食べない私の血液はこんな感じです。


 
都会はウイルスはすでに身近に潜んでいると思いますよ。
それを100%避けようとすると、会う人会う人全てが敵に思えてくるかもしれません。宅急便の方もウイルスを運んでくる人にみえてきてしまうかもしれません。

でも大事なことは、治る身体にしておくこと。治る身体になっていれば、たとえウイルスに暴露しても、あるいは罹ったとしても、身体は自力で回復していきます。

コロナで引き籠もっている今の時期をどう過ごしていけばいいのか。
先日のケイシー動画をみていない方は、まずはこちらをクリック

地球がくれたお休みのこの時期、心も身体も健やかに過ごしていきましょう。



by hiroshimapop | 2020-04-29 11:25 | ケイシー療法at home | Comments(0)

入江富美子さんの『へそ道』オンラインサロン発進!


『へそ道』を主宰されている入江富美子さんが、月額制のオンラインサロンを開始されます。

私はセレブレーションカフェという別のオンラインサロンに参加しているんですが、入江さんの発信内容が毎回が神回! 毎回が前回を超え、成長し続けています。

入江さん、ふだんはいたってカジュアルな大阪の(キレイな)おばちゃん(笑)なのに、こと、『へそ』については、いったい何歳ですか?と聞きたくなるほどの老成の人。この半年の間だけでも、語られる『へそ』の極意が極まっています。

このブログを読まれている方は、これまで様々なセミナーに出て、自己成長、魂の探求をされている方が多いと思います。すぐに比較はできませんが、『へそ道』が目指している境地は、いま流行りのスピ系とは一線を画していますよ。『へそ道』は日本古来からの教えをいただきながらの魂の成長の道。『道』なので地道にコツコツと自分に向き合うことが必要になりますが、自分の魂を極めるだけではなく、家族や先祖の魂までも浄化、供養してしまうパワーを持っています。

私が入江さんの『へそ道』を初めて受けたのが9~10年前。私自身はいまだに落ちこぼれ生徒のままですが、入江さんのこの数年間の軌道を時々横から拝見していて、人の成長力、変容力を目の当たりにしています。

月額制なので、1~2ヶ月だけ入ってみて、退会されてもよし。

コロナのおかげで始まったと言っても過言ではないオンラインサロン。目の前の人とコツコツやってきた『へそ道』が、一気に世界発信に。それだけ宇宙は急いでいるってことでしょうね。

否が応でも自分に向き合わざるをえない2020年。
へそを極める2020年はいかがでしょう。

入江富美子さんの『へそ道』オンラインサロン発進!_c0125114_19450088.jpg

みなさん、こんにちは!入江富美子です。

「ミッションを生きる‼️」と決めてから人生が変わり、「ミッションを生きる」と言う言葉を良く使っていました。
そして、あっという間の15年。
私の人生は全く変わりました。
映画作ったから?へそ道®️セミナーをしているから?
それもあるかも知れませんが、一番欲しかったものを知ったからです。

それが、結局、表現はいろいろですが、へそと言うのが一番わかりやすいんですけど(笑)


思いもかけない思いや、感覚が自分の中から湧いてきて、包み込んでくれて、力が湧いてきて、行動が変わっていく一点。
私のスタートはひどいものでしたので💦今が、楽園に思えるのかもしれませんが(笑)

気功とも言えるのかもしれませんが、嬉しい気づきや変化が勝手に起きてくるんですね。
へそ道®️ワークショップはその為の王道です。


でも、
私は、この機会に新しい形でそれをやってみたいと思っているんです
わかりやすいスキルを身につけながら、へそ的に変化する‼️

初めての方でもコミュニケーションや、目標にむかってのステップアップ、そして、行動の変化を起こしていける!さらに何よりホッとして自分らしさに戻れるサロンにしていきます。


5月スタートのスターティングメンバー様への感謝を込めて、通常のサロンでの配信以外に、
なんと、

「探していた欲しいものが手に入るワークショップ 2回コース」
通常参加費 10000円
を5月にDMMオンラインサロン上で、無料で開催します。

もう探さなくていい
人生で1番欲しかったものが手に入る

~ 入江富美子のへそカフェ ~
https://lounge.dmm.com/detail/2388/

日程は改めてご連絡しますが、その時間に参加出来なくても、録画でご覧いただけますよー❣️


5月だけの入会の方も参加可能ですので是非今すぐご登録をー

私も初めてDMMを使うのですが、新しい事をすることはワクワクします!
毎月毎月、自分の変化を実感できる場を是非自分に作ってくださいね。

PS、1年コミットのオンラインサロンでのみなさんの感想もアップしています!
ありがとうございます!

ーーー

【 DMMオンラインサロンへの入会募集中!】

もう探さなくていい
人生で1番欲しかったものが手に入る
~ 入江富美子のへそカフェ ~
https://lounge.dmm.com/detail/2388/
 
気軽に "へそ" にチューニングできる新しいオンラインサロンのお申し込みを開始しました^^
 
サロン自体のスタートは5月1日です!
 
是非、このコミュニティーでもみなさんと繋がれること楽しみにしています。
 
詳細ページがオープンしましたので、ぜひ、覗いてみてくださいね!
https://lounge.dmm.com/detail/2388/



by hiroshimapop | 2020-04-26 19:51 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)

脱テレビのオススメ


政府の緊急事態宣言前から自宅引きこもり生活をスタートしていたので、すでにおこもり生活3週間。ゴミ出しの日と時々近所の公園に散歩に行くこと、そして会社に週2~3日ほど顔を出す以外は玄関から外に出ることはないという日々を送っています。

それでも毎日のように開催されるオンライン講座やオンラインミーティングに参加したり、届いた本を読んだりしていると、あっという間に時間は夕方。なんだか日々を無為に過ごしている気になってしまいますが、2020年の春は外ではなく内に向かうことを宇宙に求められているわけですから、再び安心して外に出られるようになるその日まで、もうしばらくStay Homeの日々ですね。

そんななか、昨日ひさびさに友人に「どうしてる~?」って近況確認かたがた電話をしました。子供たちの学校がずっと休校のままなので、毎日の子供たちの食事の世話も大変だろうなぁと思ったので…。

すると、彼女がこんなことを言っていました…。

「いつもはテレビを見てないんだけど、ひさびさにテレビをつけてワイドショーのコロナのニュースをみたら、もう気分もエネルギーも落ち込んで、しばらく鬱っぽさが続いた」

もしかして、世の中の人たちは、今、こんな気分で日々を過ごしているんでしょうか。

もし、そうなら、やることは1つ。

「テレビ、消しましょう!」

テレビは見ない。

ニュースをみても、いま、コロナの特効薬もなければ専門家もいないんですから、したり顔で適当なことを言い合っているのを聞いても時間とエネルギーの無駄です。

私はテレビも新聞も読まず、もっぱらSNSから拾った記事を開けてみるくらい。だからテレビのワイドショーでどんな報道がされているのか分かりませんが、連日連夜ひっきりなしに放映されているものの多くが、扇動的で人の不安を煽るものだということは容易に想像できます。

それでなくとも先行きの見えない状況の中、わざわざテレビをつけて、自分の気分とエネルギーをテレビの報道に持っていかれるのはダメージが大きい。不安と恐怖心がもともと心にあるなかで、さらに不安と恐怖心を煽る報道を受け身で聞いてしまうと、普段なら何でもないことでも、ズッシーンと心の奥深くに突き刺さってしまいます。

今の私たちに出来ること、優先順位の高いことは、ウイルスが体内に入っても発症しない身体、治る身体にしておくこと。

自分は何もしないでウイルスだけを完璧に排除しようとすると、自分の周りの人、街で出会う人、すべてが自分を害する人、敵に思えてきてしまいます。それがかえってストレスや不安感、恐怖感のもとになってしまいますが、「自分には治癒力がある、治る身体を持っている」ことを知っており、そのために今出来ることを実践しているなら、あとは高齢者さん、基礎疾患があってコロナを発症しやすい方、弱っている方との直接、間接的な接触を断つため、可能な限り家にいる。薬ができるまで無策なんじゃなくて、今日、出来ることは目の前にある。

残念ながら、多くの人がテレビをみて恐怖心に駆られながらジャンクな食事をしてます。でも、少なくとも分かっている人から、自分の健康度をあげ、維持できることを日々積み重ねておく。

それはケイシー療法でもいいし、アーユルヴェーダでも、ホメオパシーでも、玄米菜食でもなんでもいいです。もちろん、手洗い、マスク、外ではモノに触ったあと自分の顔を触らない。誰かと外で食事を楽しむってことも当分先。

それをやりつつ、テレビを見ない。特にワイドショーとニュースは。

これは精神的な健康度を上げるための最重要項目かも。いつも楽観的な友人が1回テレビを見ただけで落ち込んでしまうんですから、テレビが心に与えるネガティブなインパクトは計り知れない。

脱テレビのオススメ_c0125114_18480346.jpg


ということで、テレビがある方は、テレビを消す時間、増やしていきましょうー。その代わり、ラジオがいいですよー。ラジオのクラッシック音楽とか。


*5G電波のことも色々ありますが、まだ日本では一部しか発信されてないので、とりあえず、5Gスポットに行かないことも必須の1つに…。


by hiroshimapop | 2020-04-20 18:55 | 日記

小食、野菜食、始めてみませんか


コロナウイルスが拡大し、世界各国がいわば鎖国状態に入ったとき、あー、近い将来、日本は食糧問題が出てくるだろうなぁと思いあたりました。

と同時に私は、人類学者のハンク・ウエルスマンが書いた『スピリット・ウオーカー』の

『食糧と水を入手する手段が生存を可能にする決定的な要因となる。買いだめは避けられない運命をあとに延ばすことにしかなるまい。命の糧をすべて土地と海から得ることができる人々だけが生き残るだろう。

(中略) 

人間社会のその他の職業ーー政治家、ビジネスマン、銀行家、法律家、不動産業者、商人といったものはーーたちまち意味も値打ちもなくなるだろう。食糧だけが、そしてそれを生み出す知識と技術と能力を備えた者たちが価値を持つようになる。機械やガソリンを燃料とする船に頼らず、伝統的な方法で生活の糧を得られる人々だけが生き残ることになる・・・』

のあたりを思い出していました(ちなみにこの本は、ハンク博士の意識が、5000年後の地球に生きている自分の子孫の意識に入り込んだ、という実体験に基づいて書かれています)。


首都圏に暮らす私たちのように100%消費者でいる暮らしは、今後、何かあったときにとても脆弱。そしてハンク博士が書いているように、買いだめしたとしても、それは避けられない運命を後に引きのばすだけにしか過ぎません。


とはいえ、日本の自給率をみると、
お米は100%、イモ類74%、野菜79%、きのこ88%…。

なーんだ。肉を食べなければ、なんとかなりそうじゃないですか。
(ケーキやお菓子が好きな方は、小麦と砂糖が入ってこなくなったら大変!でしょうが、その時には米や粟、ヒエで工夫して(笑))。

牛肉や鶏の餌になる配合飼料はほとんど輸入ですから、それも海外から入ってこなくなったら、牛肉の自給率は10%、鶏卵も12%と、さらに自給率は下がります。(詳細はこちらをご確認下さい)

小食、野菜食、始めてみませんか_c0125114_15110480.png

今はコロナの健康問題がクローズアップされていますが、夏頃から浮上してくることが予測されているのはコロナ不況とコロナ失業、そして心配や不安による心身の疲れ。

残念ながら来年以降も手を変え品を変え、様々な新種ウイルスは今後も出ててくるでしょうから、そのたびに今回と同様、世界中の経済活動や貿易がシャットダウンしてしまったら、それでなくとも、愚策が続く日本政府にはお手上げになってしまいます。


将来のことを考えて私たちが真っ先にするのは「収入が減る心配」「食べられなくなる心配」じゃないかと思います。でも、下記の表をみると東北の食糧自給率はとても高い。米どころだからお米はたっぷり。

私が何を言いたいかというと、
1)都会で100%消費者でいる暮らしから、東北など食糧自給率の高い地域での暮らしを考えてみる。もしくは、そのような人たちから野菜を供給してもらう道を作っておく。
2)肉を食べる食生活から肉を食べない食生活にシフトしておく(その方が健康の心配も減ります!)
3)今のうちに、少ない食事で満足できる食生活と身体にしておく。
4)味噌や醤油を自分で作ったり、ベランダ菜園を始めたりと多少なりとも生産できる環境をつくっておく

こんなことでも、かなり不安は小さくなりませんかね。
断食を何度かしていると、人は数日食べなくても全然大丈夫だということが体感で分かってきます。1日3食の人は2食に。2食の人は1食でも平気になっておくと、食べられない心配もかなり軽減されます。
小食、野菜食、始めてみませんか_c0125114_15272312.png

1日青汁1杯で24年間健康に暮らしている森美智代さんまでいかずとも、1日1食の小食で普通に暮らしている方は意外と多いです。1日少しの食事で満足できるようになっておくと、どれほど心が自由になるか。深刻な食糧危機や不況が本当にやってきたときに、今回のトイレットペーパー騒動のように、買占めに走ったり、人と争ったりすることが無くなりますし、自分の分を子供たちに回せるようになります。何度も書きますが、本当の食糧危機が来たら、買いだめは避けられない運命をあとに延ばすことにしかなりません。

地球という惑星で肉体をもって生きる私たちの幸せの1つが食べることではありますが、その食生活の内容と質を今のうちに見直しておくこと。

質のよい有機や無農薬の野菜とお米でも、小食に徹していれば経済的な負担にもなりませんし、少ない量でも身体は充実してきます。その方が肉体的にも健康になってきます。

最近、医療従事者の間でも、結局コロナ時代を生きぬくのは、薬ではなく一人ひとりの「免疫力」が鍵になると言われ始めています。先日のケイシー講座でも、血液の質を上げる食生活が重要だと言われていました。それには肉食メインの食生活を続けているとかなりまずい。

小食、野菜食。

これがこれからのキーワードになるかも、ですね。






by hiroshimapop | 2020-04-16 16:38 | 日記

5月23日(土) ケイシー講座【キリストの秘密と魂の起源、魂の未来】


2月のある日、友人が懇意にしているサイキックの方から、こんなメッセージをいただきました。

『眠っている時に幾つかのガイダンスがあり、その中の1つに、光田さんへのケイシーとエジプトの件がありました。霊界としては、お兄さんにキリストの輪廻転生やイニシエート、ピラミッドに関する講演会やツアーをして欲しいようです』

実は、その前にお会いしたときに同じようなアドバイスをいただきました。その時には「イエスについての講演会を企画するなら、タイミングはやはり12月頃ですね」なんてお返事していました。

まさか、その後、夢で再び、開催をせっつかれてしまうとは!


…ということで、この5月の海外ツアーが延期となり、ぽっかり空いた週末の1日を使って『キリストの秘密と魂の起源、魂の未来』というテーマで講演会を企画しました。


状況的に、会場参加をお受け出来るかどうか分かりませんが、現時点では、オンライン講座を軸として、会場参加は20名のみ受付させていただきます。



5月23日(土) ケイシー講座【キリストの秘密と魂の起源、魂の未来】_c0125114_13171803.jpg


では、コロナウイルスに多くの方が心を奪われてしまっているこの時期、何故、直接、生活には関係のない「イエスとピラミッド」についての講演会を上は望んでいるのか。

ちょっと考えてみました。


それは、もしかしたら…の推測になってしまいますが、

宇宙の創世から魂の誕生、我々魂が地球に飛来してきた理由、イエスが地上にお生まれになった理由、アトランティスやピラミッド建設の理由など、コロナのニュースで近視眼的になりがちな私達の視点を、もっと大きな「魂の歴史」から見直し、解き明かしていくことで、未来に希望を繋げたいのではないのか。

そんな思いがしてきました。


私達は、何度も何度も人類滅亡の危機を乗り越え、今に至っています。
地軸の変動や大洪水、地震や火山の爆発など、数多くの地球的規模の災害もありました。

アトランティスの滅亡は、当時の人々の人間性の堕落とエネルギーシステムの誤用だったと言われています。今の私達は、まさにその際(きわ)にいると言っても過言ではありません。

エドガー・ケイシーは、ピラミッドとスフィンクスは、
 1)アトランティスの歴史を伝え、その遺物の収納庫として
 2)建物構造から、人類の未来を予言する予言書として
 3)人間の霊的成長を促す修行の場所として
アトランティスの叡智を使って建設されたと述べています。

そして、いまに生きる私達が地球規模の大きな意識変化を近いうちに通過するであろうことも、ピラミッドの予言に記されていると述べています。

イエス・キリストは、地球の欲にはまり、カルマの法則から抜けられなくなってしまった私たちの魂を、真っ先に救出にきた一群のリーダーだったとケイシーは述べています。

そして、イエスとして生きた時代、最終的に自分自身のイニシエーション(秘儀伝授)を受けたのが、ギザの大ピラミッドでした。  

このあたりのことはこちらに少し書いています。 
https://nmitsuda2.com/2014/04/12/0530/


地球変動と意識変化の兆しは1958年~1998年から現れ、理解されてくるとケイシーはリーディングで述べていますが、実際、その頃から少しずつ精神世界に興味を持ち始める人が増えてきました。

キリスト(意識)が再び現代に蘇ってくるともケイシーは述べていますが、物質的世界観で生き続けることの疑問を多くの方が感じ始めている昨今。このコロナを契機に大逆転するのでは?と私は秘かに期待しています。

さてコロナで始まった、今回の大変化のこの時期をどのように過ごすか。
私達の魂は、どこから来て、いったいどこに向かっていこうとしているのか。

確かなことは、経済活動を優先し、地球を痛め、汚し続けてきたこの100年間の生き方を見直すよう、宇宙は私たちに迫ってきていること。
そして、愛に基づいて行動するよう促されていること。


ここでいったん立ち止まって、魂の壮大なドラマに浸り、ご自身の魂の記憶を遡ってみませんか?

目の前の出来事にアップアップしているからこそ、その視点を大きく広く持ってみる。
宇宙規模の視点で地球の歴史、人類の歴史を俯瞰し、その上で、今回の人生でなすべきことを考えてみる。そんな時間に出来たらと思います。

なかなか気持ちが上向きにならない時期ですが、心と魂に、豊かさと滋養となる時間になると思います。



【キリストの秘密と魂の起源、魂の未来】

日 時:2020年5月23日(土)11:00~17:00      
    *10:50頃からオンラインは公開しています。      

*進行状況によって多少時間は前後します。     
*途中1時間食事休憩を含みます。

参加費:6,800円(税込)
講師:光田秀さん(NPO法人 日本エドガー・ケイシーセンター会長)
オンライン講座:90名
来場者定員:20名  
会場:東京23区内 5月のGW以降に状況をみて決定します  

当日は、フェイスブックでのオンライン配信と、ZOOMを使ったオンライン配信を行います。当日、電波の関係でうまく受信できなかった方のために、後日、一定期間の間、Youtube配信を致します。   

★お申込はこちらから 


5月23日(土) ケイシー講座【キリストの秘密と魂の起源、魂の未来】_c0125114_13170891.jpg

by hiroshimapop | 2020-04-10 13:26 | テンプル最新情報

今、どんな自分でありたい? 怖れのゾーンから成長のゾーンへ。


コロナウイルスが収束するまであとどれくらいかかるのか、まだまったく見えてはきませんが、世界がどうであれ、日本がどうであれ、政治や廻りの人がどうであれ、自分自身はどう在りたいか。どのような心で人々と接し、どう未来を築いていきたいのか。

そのあり方をとても分かりやすい図にして(オリジナルは英語)、そして日本語に翻訳して下さった方がいます(ありがとうございます!)。

怖れのゾーンから学びのゾーン、そして成長のゾーンへ。
この図、スマホに入れて、時々、見直してみるといいかも。


今、どんな自分でありたい? 怖れのゾーンから成長のゾーンへ。_c0125114_16001379.jpg

英語のオリジナルはこちら



by hiroshimapop | 2020-04-05 16:13 | 日記

自分の中に平安と調和を取り戻す


4月18日(土)にオンライン講座を開催させていただく山本清次先生、この1月初旬の時点で「2020年の今年は世界中が恐怖に包まれる1年」だと言われていたそうです。 
https://youtu.be/teqv0cxfmJY(2分20秒頃)

西洋占星術でも今年は数千年に1度の惑星の並びで、世界規模で強力な影響があると予測されていました。 https://youtu.be/_Ej5zzjbd70 (2分頃)

2020年は宇宙の流れからみても、地球とそこに暮らす私たちに「生き方を大きくシフトせよ」と促されている年なんですね。

…ということは、私たちは、2020年にこの危機的な状況が起こると分かって生まれてきた。それを体験することを覚悟して生まれてきた魂だともいえます。

連日、コロナ患者の増加と海外のロックダウンのニュースばかりで、気が滅入る日が続いています。
そんな中でも、いかに自分の心に平安をつくっていくか。

耳や目から入ってくるニュースを全てシャットダウンするのは難しいとは思いますが、せめて食事を作るとき、食べている最中、食前食後1時間くらいは、テレビやスマホを開くのを止めてみませんか。

エドガー・ケイシーは、心配しながら食事をとるのを止めるようにと述べています。心配や不安を感じながら食事をすると、その食事は生命力を与えるチカラになるよりも身体にダメージを与える毒素となってしまうと。

…自棄食い(やけぐい)という言葉がありますが、不安やストレスとなるニュースを見たり話題にしながら食べてしまうと、せっかくの食事が、自分の身を粗末に扱う食事になってしまう…。

何かを食べてるとき、人はその食物以上に、実は、その時の「思い」を身体の中に取り込んでいます。

いくつかリーディングを紹介します。

『不安と怖れは健康な肉体にとって最大の敵であり、体内で消化吸収されたものを、肉体にとっての命を与える生命力に変えるよりも、排せつされなければならない毒素に変えてしまう』5497-1


『大きな障害は心配するところにある。これが適切な消化を妨げ、食事を適切に吸収することを妨げているからだ。 精神的に不安定な時には食べ過ぎてはならない、自分に強いて無理に食べることをしてはならない』633-12


『…心配事を抱えて食事を摂ることは、その要素をそのまま身体に摂り込むことになるからである。人は食の上に成り立つ (食べたものが人を創る)とは、よく言われてきたことである。 これは言葉通りの意味には、解釈されないかもしれない。しかし意味するところは、真実であり、心配事を抱えながら食事をすることは、確かに、神経を崩壊させるのである。何故なら、心に思うことは、食物同様、いやそれ以上に、身体に同化されるからである。
…と言うのは、精神力というものに関して言えば、精神は、精神体が食するものに(依存するものに)よって成り立つということは真実だからである』137-93


『精神的に過度の不安にある時や、肉体的に疲労している時には――つまり、肉体的に疲労している時や精神的に消耗しているときには――肉であれ飲み物であれ、決して食べ物を口にしてはならない。 この人が激怒している時や、頭に来ていたり、癇癪を起こしていたり、あるいは心配している時には、体から食べ物や飲み物を遠ざけておくことだ。 怒っていたり、腹を立てていたり、癇癪をおこしていたり、思い悩んでいたりするときは、飲食をしてはならぬ。暴飲暴食で怒りや憂いを紛らわそうとはゆめゆめ思うな。これは身体に苦痛を与えるからである』4124-1


人は希望をもっているか、不安をもっているかで、身体は違った反応を起こしてしまうとケイシーは述べています。

『長い間、全身にわたって良好な同化吸収が不足してきた。 これが身体諸力を不調にしたのである。なぜなら人の身体は、肉体と精神と霊体からなるかである。 人が希望や不安のいずれの精神を持つかによって、建設的なものにもなれば、破壊的なものにもなるのである』5211-1


身体を良いコンディションを保っていると、緊急事態が起きてもその状況にうまく対処できるようになります。反対に、身体に余裕がないと、心にも余裕がなくなり、人の噂に右往左往して、行き当たりばったりの判断になりがちです。

また、世の中が平静のときにはなんでもないことに怒りが湧いてきたり、人に対して冷たい態度をとったり、人の親切を素直に受け取れず「そんなの当然でしょ」というふうに思ってしまう・・・。

それは、もともと自分の心の泥の中に埋まっていた感情や人間性が、ストレスをきっかけに表に出てきただけ、とも言えますが、それと共に、体内毒素が影響して、心に余裕がなくなっているサインかもしれません。(人に対してネガティブに反応してしまう元が自分の中にある、ということを自覚し、それも一緒にクレンジングしていくといいですー)

なんとなく最近自分は、人に対して余裕がないなぁ、優しくなれないなぁと感じることがあったら、食事の内容を見直してみてください。1つ1つの食事を大切にする。例えば、揚げ物や肉類、砂糖などの甘いものを避けて、新鮮な野菜をたっぷり食べるようにしてみる…。

『この人は、心配事や不安が体に破壊的な要素をもたらすことを許してはならない。心配したところで、状況が良くなるわけではないのだから。また、それ以上考えたところで、既に生じたことが過ぎ去るわけでもない。むしろ、どのような状況になろうとも、それに対処できるだけの能力をつけることだ。その時々の状況が必要とすることを処理するために、手元から取り組むこと。そうすることによって、緊急事態に対しても、より良いコンディションを見出すことができるようになり、また、体が状況についていけるようになる。それ故、あらゆる仕方で体の調子をより良い状態にせよ。そして、その時々の必要に見合ったものを保つようにすれば、この人は肉体的にも精神的にも、また物質的にも対処できるようになる』550-3

Q)体内毒素を取り除くには何をする必要がありますか? そのために肉体的にも精神的にも不安になっています。
A)『もっとアルカリ反応の食事を心がけることだ。そうすれば、毒力を克服できるだろう。 体の各部位を整体することもよい。というのも、身体の特定部位の特定の状態に対して治療を施すことで、消化諸力に対する交感神経的な諸力を刺激することができ、体内の毒力を克服できるようになる』820-2

整骨(オステオパシー)で背骨の矯正をすることを勧められた人もいました。この方は、頸椎のゆがみが恐怖を作り出しやすい性質をもたらしている、と言われました。

『これらは機械的に(つまり、オステオパシー的に)施す必要があるが、一度に全部を調整しようとしてはならない。 まず、出来れば湿熱か熱いオイルか、熱いオイルパックを用いて、体を穏やかに弛緩させる。 特に頸椎と腰椎と尾骨の部位に対して施すこと。 これらは亜脱臼(サブラクセーション)であり、病態の程度にも幅がある――頸椎は横方向にずれており、尾骨と腰椎は旋回している。 そのため、これら(尾骨と腰椎)の部位を通じて神経が圧迫され、そのために疲れやすくなっている。 一方、頸椎にあるものは、恐怖を作り出す性質になっている――特に、一人になることや、暗がり、高所を恐がり、あるいは人々にとって恐怖となるようなものに対して怖がる』2825-1


これまであまり自分の身体のケアをしてこなかった、注意を払っていなかったという自覚がある人は、いま、なおさら不安を感じやすいかもしれません。

『その他の点では、不安と苦しみを引き起こすような状態がいくらか生じている。 この大部分は、健康に関する過剰な不安と、この人の状態を正常な状態に近づけるのに必要なこととして与えた指示に完全には従ってこなかったことの結果である』71-3


この時期をどう生きるか。自分の大改革する機会ととらえ、これからどのように生きていくか、どのような人として生きたいかを見直してみる。数年後、十数年後、この2020年の時期は最悪だと思っていたけど、あの時期があったから、今の自分があると感謝できるような…。

ケイシーは28日間、午前2時に起きて祈れと言っています。午前2時かぁ~と私はビビッていますが、もし、今辛い時期を過ごして何も自分には出来ないと感じているなら、28日間、挑戦してみてはいかがでしょう?

『圧倒的な恐怖というのはその通りだろう。 回れ右をして、方向を転じよ! その恐怖は自分の中にあることを悟れ! これを無視しようとしているから恐怖が生まれ、不安が生じるのである。くるりと方向を転換し、もう少し頻繁に祈ることだ。 これを数週間行うことだ。そうだ、まるまる一ヶ月が過ぎるまで、月の周期だけ――つまり28日間行うのだ。決して怠らずに、毎日午前2時に祈ること。 起きて祈るのだ――東を向いて! そうすれば、大きな平安と調和が汝の魂にもたらされることに驚くだろう。 これは善良ぶることを勧めているのではない。何か具体的なことに善であることを意味する』 3509-1


さて、数千年に1度の体験をするために生まれてきた私たち。恐怖や不安に絡めとられることなく、心に安らかさと余裕をもって毎日を大切に過ごしていきませんか。

★この時期に自宅でできるセルフケアについては、2020年2月~3月のブログをご確認下さい。

★先日フェイスブックでライブ配信された『ケイシー療法によるコロナ対策』が皆さんに見ていただけるようになりました。こちらのアドレスをクリックして下さい。 
*動画では、ピーナツオイルを使ったマッサージを紹介しています。  https://www.caycegoods.com/id.ECMO001.html


自分の中に平安と調和を取り戻す_c0125114_22155589.jpg



by hiroshimapop | 2020-04-03 22:18 | エドガー・ケイシーリーディング

ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフルの店長日記


by hiroshimapop
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
有機認定ひまし油300ml

有機認定ひまし油
220ml 2,480円

ひまし油湿布Bセット

ひまし油湿布Bセット
45,380円

大地の力シャンプー

大地の力シャンプー
3,024円

アルカサイモリン

アルカサイモリン
300ml 1,998円

生アーモンド

生アーモンド
100g 756円
1kg(お得用)もあります

オーラグロウ

オーラグロウ
220ml 2,620円

大地と海の歯磨き粉

大地と海の歯磨き粉
80g 2,160円

カーボンスチール(炭素鋼)

カーボンスチール
1個 742円

ソリーブソープ

ソリーブソープ
100g 1,296円

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」
光田秀著 1,728円

書籍「エドガー・ケイシーが教えてくれた美しく生まれ変わるレシピ」

書籍「美しく生まれ変わるレシピ」光田秀著 1,404円

書籍「自然療法で乾癬を治す」

書籍「自然療法で乾癬を治す」ジョンパガノ著 2,376円