<   2020年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧



『へそ道合宿』in 御殿場


『ダイヤモンドはダイヤモンドによって磨かれる。人は人によって磨かれる』

自分の枠を外して人生を思いっきり生きたい、せっかく生きるなら豊かに面白く生きたいと思ったとき、一番効果的でインパクトのある方法は、そう生きている人と出会うこと、親しくなること。

今、世界中で『へそ道』を開催している入江富美子さんも枠を外して思い切り生きている一人。しかも、宇宙常時接続の人。その入江さんと数日間、一緒に過ごしながら、自分の魂(みたま)の輝きを取り戻していきませんか? 

 入江富美子さんについて書いたメルマガのバックナンバー 


私が初めて入江富美子さんにお会いしたのは2007年の7月。当時、入江さんは『1/4の奇跡』の映画の映画監督として上映会や講演会で全国を飛び回られていました。

その後、テンプルで入江富美子さんの3時間講演会を企画し、親しくさせていただくようになりました。直接お話をお聞きすると、表立った活動とは裏腹に、ご主人の会社が倒産して収入がなくなり、いただいた商品券を換金して自分の映画上映会の交通費をねん出するような経済状態。滅多に家に帰ってこないご主人とも、会えばその言動にイライラ。いつ離婚を切り出そうかと思うほどの結婚の危機だったそうです。自己否定感もあり、人前に出て話をしながらも、心には満たされない思いが溢れてくる。そんな状況でした。

ところが、あれよあれよという間に2作目、3作目の映画を監督。
映画『1/4の奇跡』は英語、フランス語、ルーマニア語と各国の言語に翻訳され、世界中で上映されるように。それに伴い入江さんのフィールドも海外規模になり、ご本人もどんどん枠がはずれて心も身体も軽やかに…。やりたいと思う前に、すでにその状況が天から用意されている。自分が想像する以上のものを神様が与えて下さる。そんな枠のない人生が始まりました。

ミッションを生きる自分になりたいと、一人コツコツ地道に続けてきた様々なワークを元に2009年にスタートした『へそ道』も、進化に進化を重ね、現在は数日の合宿形式や海外での開催がメインに。今年もすでに数か国で『へそ道』開催が決まっているそうです。


私が『へそ道』を初めて受けたのは2013年。
作家のひすいこたろうさん、右脳教育の七田厚さんなど、そうそうたるメンバーとの1泊2日の合宿。よく分からないまま入江さんに集められた一人でしたが、『へそ道』開始10分後には「おー。これはすごい。テンプルのお客様にも聞いてほしい」と主催を決意(まだ本題に入る前だったのに(笑))。1回目の休憩時間に「テンプルでもやって」とオファーして、その後何度も主催させてもらっています。 
 その時のことはこちら → https://caycegoods.exblog.jp/19651651/


自己啓発やビジネス系のセミナーに行くと、人生のゴール、人生のビジョンを決めて目標設定。ビジョン達成のために10年計画、5年計画と細かくプランを立ててあとは努力。そんな方法を勧められたりします。

ですが『へそ道』のアプローチは全然違います。

入江富美子さんは、人生の師匠から「ビジョンを生きれば力は自分持ち。でもミッションを生きると、その力は向こう(宇宙)持ち」だと言われ、その言葉に目覚めて生き方を全面的に転換。自分の人生のハンドルを握るドライバーを「自分の頭や思考」から「宇宙」へシフト(ここでの宇宙とは、宇宙意識やサムシンググレート、もしくは内なる真我、内在神といったものを指します)。宇宙意識との常時接続になると、自分で考えた5年計画、10年計画が吹き飛んでしまうような出会い、飛躍に満ち溢れてきます。

なんせ、入ってくる情報源が人からではなく、宇宙意識から、になってくるんですから。

宇宙意識に人生のハンドルをまかせるなんて、自分の自由意志はどうなるんだ?と思われる方もおられるでしょうが、この境地に入ると、自分のやりたいことがすでに宇宙法則管轄下。「向こう持ちのチカラ」も自然と流れ入ってくるので、悩み多き人生が、いつの間にか喜びの湧き上がる人生に変わっていきます。


『へそ道』は、基礎編、王道編を通して、宇宙意識と常時接続できる自分を準備しておくための様々な「道」を体験していきます。

宇宙常時接続になるためには、まずは自分の魂(みたま)についていたゴミや汚れを取り去り、自分の魂を再発見、再接続していく必要がありますから。

自分のみたまと繋がらずして、宇宙とは繋がりませんー。自分のみたまとの関係性をより深く育て、澄んだみたまでいる方法を学ぶのが、華道や茶道のような「へそ道」でもあるんです。


では、どうやったら自分のみたまと繋がり直せるのか。。。

まずは、すべてのもとの存在を知ること。 そしてそこと共振して生きること。そのために必要なのは、自分のみたまの光を覆い隠し繋がらないようにしている思い込みや呪縛を解き始めること。

自分に思い込みや呪縛があるかどうか気づく1つの方法は、日常生活の中でムッとしたり、イラっとしたり、アクシデントや体調を崩すなど、愉快とは言えない出来事があるかどうか。そんな時は実は自分の中にある心のゴミを撤去するチャンス。そう思いたくない人もいるでしょうが、目の前に起こってくる出来事、出会う人、湧いてくる感情は自分の心の反映ですからね~。

その心のゴミの大元は、多くの場合、幼い頃の出来事に端を発しています。しかも、その後の人生で上書き体験をし続けているので大元が見えにくい。その大元に気づくために、『へそ道』では「へそに繋がる、素に繋がる」ことをやっていきます。

入江さんの場合は、5歳の時、朝起きたら隣で父親が心臓麻痺で急死していたという出来事がありました。
自分があと数分早く起きていれば父親は助かったかもしれない、悪いのは私だ。間違ったことをした私は幸せになってはいけない。私は人を笑わせて幸せにしなければならないという思い込みが出来上がり、それが入江さんの人生の根底で常に入江さんの感情や言動をコントロールし続けていきました。

私もボロボロとたくさんありますよ。
1つ挙げれば、私は孤独癖があるんですが、それは幼い頃体験からきていました(由佐美加子さんの『メンタルモデル』をお読みになると、こういった防御反応、思い込みについて詳しく解説されています)。 
 『メンタルモデル』 https://amzn.to/39zhqMe

他にもよくありがちなのは「私は人より頑張らないと認められない人間だ」「人から愛されるためには我慢しなければならない」「人より目立ったら叩かれる」などなど…。


そんな制限や思いこみから今は厚く覆い隠されてしまっているけれど、確かに美しく光り輝いているみたまがその下にある。このマインドの働きは幻想だということに気づけばあとはひたすら自分のみたまの輝き、光を取り戻す作業をするだけ。

深い霧のように立ち込めていっている記憶の中でその元となっている出来事を思い出し、味わい、その記憶を感謝に変えていくと、少しずつ立ち現れてくる魂のきらめきと喜び。そして、それまで気がつかずにいたことへのお詫びと申し訳なさ。

『へそ道』をテンプルがお勧めし続けているのは、一人でも多くの人に、自分を最高に生かそうと待っている、内なる存在に気がついてほしいから…。


ということで、集中的に自分で自分にかけてしまった呪縛を溶いて、本当の自分を発掘するような、そんな数日間を4月にご用意しています。合計6日間ですが、6日なんてあっという間です。濃厚なスープに入っているような数日になると思いますー。


全日参加は6日間。4月12日(日)~4月17日(金)
『基礎編』→『感性強化』→『王道編(旧・応用編)/最終日は「へそ内観」』

一部参加は
『基礎編』+『感性強化』 合計3日間 4月12日(日)~14日(火)
『感性強化』+『王道編(旧・応用編)』 合計4日間 4月14日(火)~17日(金)


『へそ道合宿』in 御殿場_c0125114_15044758.jpg

以前、東京で何度か『へそ道』基礎編は開催していますが、その『へそ道』とは大きく変貌を遂げています。
2日間だけ受けて日常に戻ってしまうのはもったいない、ということで、基礎編をさらに自分に落とし込むための『感性強化』の1日をプラス。*『感性強化』では応用編の内容にも1部入っていきます。

これまで3日間で『王道編(旧・応用編)』を受けられた方も、初日の『感性強化』から入っていただくのでトータル4日間のコースに。その方が「へそ」との繋がり早く深くなります。そして『王道編』最終日には、「へそ」を深めたからこそ味わえる新しいゾーンを体験してほしいと『へそ内観』をご用意。自分の意識を超えてでてくる感情の裏メッセージを読み解き、自分の進化を止めている無意識のストッパーを外していきます。


今年から参加費、講師料が改訂となり、昨年までに受けられた方よりも価格設定が高くなっています。でもお得な早割も3種類設定。早く参加を決断してスケジュールを抑えた方は早割価格でご参加いただけますので、ぜひ早割をご活用下さい。


…その前に、入江富美子さんの話を聞いてみたいという方は、2月29日(土)の『へそ道』を味わう3時間にぜひどうぞ。 


基礎編、王道編とも参加はすでに20回は超えているというプライス・琴子さんに、なぜそんなに『へそ道』を受け続けているのか聞いてみました。
 
入江富美子さんのへそ道を通じて学ぶ「御魂力」


へそ道での教えは私の御魂に共鳴し続けている一生モノ。
お茶や、お花、ダンスのお稽古に通う様に、知るところから始まり、もっと知りたい、感じたい、深めたい、という面白さがどんどん広がって、私にとって最高に楽しいお稽古に通っているような感じです。

へそ道に再参加したり、研究コースに何年もコミットし続けたのは、自分の内側から飛び出してくる発見があるから。そして「私の本体はみたま」。 このことを体感するたびに、「あぁ本当にそこを生きることには深さがあるなぁ」と、自分の中の一点の魅力が増していきました^^

内側から溢れてくるように自分のコアな喜びの源泉を見つけ、一生かけて深め続けられる面白さ。よりユニークな多面体の世界を捉えていかれるし、想い、在り方、全てが変容し続けています。

この時代だからこそ!

へそ道は多くの皆さんに体感して頂きたいなーって思うことが詰まっていますから、ぜひテンプルビューティフルさん主催のへそ道に参加されてみてください。  Price 琴子


今年は意図したわけではないんですが、1月の『ソマティック・エナジェティクス』、2月の『へそ道入門』、3月の『鏡のワーク』、4月の『へそ道合宿』と自己変容がテーマの講座が続いています。宇宙が私たちに求めている2020年のテーマが自己変容なんでしょうか。

その波に乗るかどうか。
自分のみたまを覆い隠している思い込みを自分だと思ってこれからも生きていくのか。
輝きとチカラを取り戻しながら生きていくのか…。

自分と繋がり、宇宙が自分の応援団に入ってくると
 *身体が楽になる、体調がよくなる
 *面白い人生になっていく。
 *自分自身が内側から輝き始めるので化粧のノリがよくなる
 *答えを外に求めなくなる
 *人と違っていることが怖くなくなる
などなど効用あり。


『へそ道』の仲間は世界中にいらっしゃいます。さらに、年間を通していろんな学びの場が用意されているので一気に自分の人間関係も広がっていきます。また合宿は定員が少なく、入江富美子さんと直にじっくり話をする機会もたくさんありますよ。


入江富美子さんの3時間セミナーを開催して、経済的困窮と離婚の危機を聞いたのが2009年の1月。その後の入江さんの変貌は本当にめまぐるしい! 始めるのに遅すぎることはありません、変わり始めたら早いです。


最後に、ケイシーのリーディングにこういうのがあります。
『あなたにとって、神はどれほど個人的な存在であろうか? あなたが望むだけ、神はあなたにとって個人的な存在になるのだ。イエスとして肉体に現れたキリストとどれほど親密な関係であろう? あなたが望むだけ、キリストは近く、大切なものになるのだ。あなたに愛する子どもがいるとしよう。求める子どもと求めない子どものどちらに、あなたは応じるのか? それはあなたが、一方の子どもにより大きな愛情をかけているというわけではない。これは相互的な反応である」1158-9


これって、自分とイエスの関係性だけではなく、自分の内側の神との関係性にも当てはまります。
自分の本体である内在神、真我とどれほど親密な関係性を築いているでしょう? 自分の神に、どれだけ助けを求めているでしょう。


『へそ道』は自分の心と魂(みたま)の奥深くに入っていく大手術でもあります。涙も出てくるでしょう。でも、やっただけ、取り組んだもの勝ち。自分の魂(みたま)と再び会うために、輝かせるために、時間とお金を確保するだけの価値はあると思いますよー。

外への旅ではなく、内なる旅をこの機会に。
覚悟を決めてご参加下さい。


『へそ道合宿』in 御殿場
日 時:4月12日(日)~17日(金) 5泊6日    
    一部参加もあり    
    *基礎編のみ:2泊3日 4月12日(日)~4月14日(火)    
    *王道編(旧応用編)のみ:3泊4日  4月14日(火)~4月17日(金)    

開催地:御殿場高原 時之栖(ときのすみか)    
    JR「三島駅」「御殿場駅」「裾野駅」他、数か所から無料シャトルバスあり
講 師:入江富美子さん
定 員:基礎編・王道編 各20名

参加費はこちら

『へそ道合宿』in 御殿場_c0125114_17160711.jpg

お申込みはこちらから    




by hiroshimapop | 2020-02-14 17:19 | テンプル最新情報

《 鏡をただみるだけ。人生を好転させる鏡のワーク 》


昨年11月に開催した謎のフランス人、ジュリアンの来日セミナー1日目は、パリ在住のビズネア敦子さんがゲストスピーカー。午前中の90分間、ビズネアさんが提唱されている『鏡のワーク』についてのお話をいただきました。

『鏡のワーク』って何をするのか分からないし、ビズネア敦子さんのことはよく知らないし…と直前キャンセルが数名…。でも、蓋をあけてみれば、心打たれるお話の内容に、講座終了後の感想文には『鏡のワーク』をもっと深く聞きたかった、『鏡のワーク』の講座を開催してほしいというリクエストが入っていたほど。

鏡を見るだけで人生が好転していった…というビズネアさんの実体験、まだまだ、深い謎が潜んでいそうです。


…というわけで、3月22日(日)に『鏡のワーク』を開催することにしました。

講師であるビズネアさんは、個性の強い母親のもと、子どもの頃から極度の内気で、人とのコミュニケーションがうまくとれない。長い間、強い自己否定感に苛まれていたそうです。

自分は生きる価値がない、自分の存在は人の迷惑だから消えてしまいたい…。どうすれば人に気づかれず死ぬことができるのかと悶々と悩み続けるほどで、自分を変えたくて、200を超える自己啓発やヒーリングを学んだそうです。

ところが、2015年、たぶんビズネアさんの内なる叡智がそうさせたんでしょう。追い詰められた気持ちから、それまで聞いて知ってはいたものの、全然やる気もなく気にもしていなかった『鏡のワーク』をやり始め、地道に取り組んだところ、いつの間にか、「変わらなければ」「こんな自分を受けいれなければ」「自分を愛さなければ」といった思いさえ消えうせ、目の前には、ただただ幸せを感じ、人生を楽しめている自分がいたんだとか。

ビズネアさん曰く、「鏡をみるだけ」なんてバカバカしい…と、頭では判断してしてしまいますが、これはやったもの勝ち、お得感ありありの方法なのだそうです。

今も、落ち込むことがあっても、鏡をみて「しゃーんめぇ(茨城弁で、仕方ない」とつぶやけば終わり。翌日にひきずることもなくなったそう。母親からも別人のようだと言われ、実際、別人のように変わることができたのは、ただただ、毎日鏡を見続けていたから。

離婚直後、ボロボロの精神状態のときに元夫と交わした会話をビズネアさんがブログにあげられています。強く立ち上がれたのも鏡を味方につけていたからなんですね。

鏡をただ見ているだけで、魂の浄化作用が自然に起こるんじゃないか・・と、感じていたら、伊勢神宮の宮司さんも、そう仰っていたそう。ひたすら鏡に映る自分をみる、自分を観察していくだけの『鏡のワーク』に何故そんなミラクルな力があるのか…。

『鏡』はあまりに毎日見慣れているものだから、あえて誰も気にしていませんが、実は中村天風さんや、カリスマ編集者、櫻井秀勲(ひでのり)さんなど、数多くの著名人が使っている自己改革法。

ビズネアさんはこう言われています。「人は、他人のことは本当によくみています。あの人はこうだ、ああだと観察して評価してのに、自分のことはチラ見。本当の自分を知らないままに生きています。チラ見程度しかしていなかった自分としっかり向かい合う。自分を生きるために、まずは自己観察からスタートするとよいですよ」と。

自分の顔は自分の歴史をよくも悪くも映し出してしまう鏡。見ることで何が起こるかは分からない。でも、いつの間にか、廻りの人が気づくほど何かが変わっている。そんな魔法の杖を1本、取得してみませんか?


《 鏡をただみるだけ。人生を好転させる鏡のワーク 》
開催日:2020年3月22日(日)13:30~16:30
講 師:ビズネア敦子さん
開催地:東京都港区 茅場町駅周辺
募 集:62名
参加費:5,800円(税込)
お申込はこちらから

《 鏡をただみるだけ。人生を好転させる鏡のワーク 》_c0125114_14060437.jpg



by hiroshimapop | 2020-02-09 00:54 | テンプル最新情報 | Comments(0)

ソマティックリトリートに参加して…


橿原リトリートに参加下さった方から、またまた素晴らしいご感想を頂戴しました。

最初の自己紹介のときに、自分のためにお金を使ったことがなく、自分のためだけにお金を使うことの罪悪感があって…というお話をされていらっしゃいました。お母さんって、家族のことを何よりも優先して、自分をいつも後回しにしがちなんですよね。

そんななか、ご家族と離れ、初めて自分のために2泊3日のリトリートに参加されたとのこと。それ自体、強い決断と勇気を必要とされたのではないかなと思います。ご感想を読んで、こんな思いでいらして下さっていたのかと、強い衝撃すら感じました。

ご参加いただき、ありがとうございました。

ソマティックリトリートに参加して…_c0125114_14371866.jpg

ソマティック・エナジェティクス奈良リトリートに参加して・・

私がソマティックに興味をもったキッカケは、テンプルさんのメルマガでした。その時のメルマガの内容は、発達障害のお子さんにいい変化があったというような素敵な文章だったと記憶してます。

私には現在14歳の息子がいます。彼は自閉症スペクトラムと診断され、大阪の公立の支援学校に通っています。私はその記事を読んで、すぐ申し込みました。当時は小学6年生だったかな。

私には彼以外にも上に3人息子がいまして、長男はもう独立しています。自閉症は末っ子だけですが、上のお兄ちゃん二人も不登校だったりして、子供との関わりについてはいつも不安や心配がありました。


東京の子ども向けのセッションを受け、息子は「頭の熱がスッキリした」と言ってました。私はそばにいて見守るだけでしたが、仙骨がに電気を流しているような感覚がありました。その時から仙骨を通して私へのメッセージがあったのでしょうか(笑)? その後、上の子2人と夫にも勧めて受けに行きました。

その時点で私は常に付き添いで、受けたのは親子セッションの時間が短いものを一度だけでした。その時の自分は受けるに値しないと思っていました。それでも、夫が抱えている心の歪みは、彼曰く、2か月後には回復したという感覚があるとのことでした。


時をさかのぼること2011年の3月…。
私達家族は福島県に住んでいました。そして3.11の地震を体験しました。

福島県で起きている事と、マスコミやネットの情報の中で右往左往しながら、母子避難と言う形で全国を保養に行ったり、その後、夫に転職を頼み九州へ転居したり。。その2年で夫に鬱の症状が出て
今の大阪へ転居、そこで今度は子供達が不登校になる。。という混乱の数年を過ごしていました。

被災して、すぐ遠く逃げる勇気もなく、かと言って福島に残るという決断もできず、子供達を引き連れ、保養へ行く中で、末っ子が「僕の家はどこなの?」と混乱して、自閉症の症状が悪化したのも私が連れまわしたせいだ、夫が鬱になったのも私が転職をお願いし転居したせいだ、お兄ちゃん二人が不登校になったのも、思春期に2度も転校させたからだと自分を大いに責めて責めて、責めまくっていました。


大阪でセッションが受けられることになり、息子を連れて行きました。その時に、マイケルが「必要以上に心配しないで」というようなことを言ってくれました。

私はその時、自分を振り返り「当たり前のように接してきたつもりだけど、もしかしたら変化する必要があるのは私なのかもしれない」とふと感じました。

その次のセッションの機会には、息子とは別の日に自分だけ受ける日を作りました。心の中では、まだ自分にお金をかけることに罪悪感がありましたが、少しでも変化の可能性があるなら、私に変化が起きる事で子供にも何かいい変化があるのなら、何でもチャレンジしてみたい!という胸のあたりからくる気持ちの盛り上がりのような感覚を採用しました。


私は、頭でっかちでネガティブ思考な性格なんだけど、同じくらいの勢いで行動力はある方みたいです。行動力といっても、「このワークショップに参加したい!→ポチッ」くらいのものですが(笑)。

大阪での初めてのフルセッションでは、寝そべっていても、自分に集中できず「こうなりたい」とか「なんにも起きなかったらどうしよう」とか、脳みそのお喋りが止まらず、深い呼吸もすぐ忘れてしまうような有様だったのですが、、始まってどのぐらい過ぎた頃でしょうか。。

胃の辺りがモヤモヤした感じになって、だんだんそのモヤモヤがのどから口の方へ向かい「そうじゃない」という言葉と涙が出てきました。

「そうじゃないのに」という言葉と共に、両親の顔が浮かびました。「私はもっと自由に生きたかったのに」とか「私はこれが好きだったのに」とか悲しみがウワーっと吹き出てきました。

大人になって(現在48歳です)親への感情はリセットできたつもりでいたけど、身体は溜めたままだったのでしょうか。。

なかったことにはできないということなのでしょうか。。

男尊女卑の父親と自分の運命を呪う母親と生きてきて、それ相応の傷を負ってきた私の心と身体は因果応報といいましょうか、バランスを取ろうとし、無意識のうちに歪んだりため込んだりしてきたのかな。。そう感じます。

大阪のセッションの後、マイケルの本を買いまして本にメッセージをもらいました。「呼吸をして、もっと自分と繋がってね」というような内容だったと思います。

このセッションを体験して、一層ソマティックへの興味が募ります。トレーニングまでは今は望んでいないけど、もっと存分に受けられたら・・。そうだ、リトリートがあったな。とメルマガを見ると「鹿児島リトリート」の文字が。。。。しかも終わっている(苦笑)。ガーン(´;ω;`)

そうだ、次こそ我がタイミングなんだ!次がどこの場所でも即ポチッしてやるぜ!と心に決めて機会を待ちました。

子供の為に仕事の時間も短くしていましたが、子供にガッツリ関わる姿勢から、もう少し離れた位置関係にしてみようかなと、夫の扶養から外れ、フルタイムパートで働くようにしました。リトリートの為のお金も溜め、募集の際には、即とはいかないけど、クリスマスまでには申し込みを済ませることが出来ました。

奈良リトリートは2月1、2、3日で、それまでにも心の葛藤がありました。

会社に休みを申し込む時も、夫にいろいろ頼む時も常に小さな罪悪感が私の心をチクチクしました。
そんな中でも有難かったのが、今回の会場が奈良だった事です。大阪在住の私には罪悪感のハードルが低く済み、宇宙の優しさに感謝しました。

実際に会場に着き、マイケルや皆さんと会い初めての挨拶で涙がこぼれました。そうだ。私は子供と、特に末っ子と2泊3日も離れて過ごしたことが無かったんだ。そう思ったら、涙が止まらなくて挨拶どころではなかったです(笑)。


いよいよセッションに入ります。

前置きが恐ろしく長いですね。。ごめんなさい(笑)

大阪でのセッションの時の号泣があったので、また号泣しちゃうのか等と思っていましたが、身体の節々が痛かった。足首を伸ばしたくなったり、お尻の筋をストレッチしたくなったり、その都度ベッドの上で自分なりの体制で伸ばしたりしていました。

その後はとにかく仙骨と呼ばれる所と座骨神経痛のような痛みが常にありました。あとは、呼吸をしてうつ伏せになったりあおむけになったりしているだけです。しているだけなんですが、その中に
いろいろ詰め込まれているように思いました。

参加者さん達やマイケルのエネルギーが作用しているのでしょう、そのエネルギー?に影響され、私の中で感じたことは、まずはマインドのお喋りです。「今どうみられる?」「ここで呼吸をするとどうなるの?」「みんなと違う事をしたくない」とかですね。

私はこういった言葉が私だと思って生きていたなって。
でも、違うと感じました。セッションを受けている時にも聞こえてくるマインドのお喋りを少し離れて聞いている(観察している)私がいる。。。???と。

その時からこのお喋りさんは、私の一部であるかもしれないけど、そうじゃない私がいて、その静かな私と繋がることがソマティックのセッションでは可能なんじゃないかなと。

マインドのお喋りの隙間に現れるふっとした声や気づきが、そういえばありました。「もういいよ、許しちゃおうよ」とか「私は私の旅をしてる」という実感もありました。大きくて真っ赤なOKという文字がオデコの中に浮かんだりもしました。

マイケルにボキボキしてもらう度に身体が緩んで、大きな声を出したくなったり、その間にも「私を認めて」「凄い体験をしたと自慢したい」といったマインドさんの声も聞こえてきましたが…(笑)。

マイケルは最後に「以前よりグランディングができています」と言ってくれました。

うまくまとめられませんが、これが奈良リトリートの感想です。
そして次回は夏に参加したいなと思っています。

感謝をこめて


ソマティックリトリートに参加して…_c0125114_14374326.jpg



by hiroshimapop | 2020-02-08 14:41 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)

橿原リトリートのご感想


今回、ソマティックのリトリートを開催したのは奈良。橿原神宮や神武天皇陵にほど近いホテルでした。橿原は明日香村の入り口でもあり、バスに乗れば飛鳥時代の様々な遺跡を巡ることができます。


橿原リトリートのご感想_c0125114_12124799.jpg

ソマティックリトリートは夏は長野の水輪、冬は日本各地の聖地で…というサイクルが今できています。


土地の波動のよい場所でのリトリートは、ソマティックのセッションを受けるのは全く初めてといった方でも意識の深みに達しやすくなります。土地のエネルギーのサポートもありますが、やはりリトリートにまでご参加下さる方は無意識レベルでのコミットメントができているのだと思います。ご参加お一人おひとりのシナジー効果もあいまって、感情の解放も通常より早くなる傾向にあります。


今回も、初日のセッションですでに最終日のような静かで深いセッションとなっていました。


そんななか、数年前まで建築会社の社長をしていた私の個人的な友人が参加してくれていました。断食合宿を自分でも主催したり、一人で聖地巡りをしたりという人なのでフツーの建築会社の社長さんではありませんが(笑)、それでも、予想を超えた意識状態を体験したようで、ご自身のフェイスブックで2回に分けて、ソマティックの場についての投稿をして下さっていました。


2つの投稿を1つにまとめて、以下で紹介させていただきます(以下引用)。



橿原リトリートのご感想_c0125114_12075024.jpg



奈良の橿原で開催された2泊3日のソマティック・エナジェティクスのリトリートにて参加してきました。(中略) 

今回 私達を率いて下さったのはDr.マイケル。


彼はリトリート界ではベテラン且つ有名なスピリチュアルマネージャーで、その慈愛溢れるエネルギーと語りかけ、優しい音楽と的確なボディータッチて私達をゆっくり ゆったり自分の内側に誘ってくれます。


とは言え特別なことをする訳ではなく、参加者全員にとって 外から完全に隔離した安心出来る場所を作り、本当に簡単なワークとマッサージ用のベッドに横たわり 自分自身の呼吸をゆっくり深くして、それに集中する。唯それだけです。


それならわざわざそんな所へ行かなくても自分で出来ると思われるでしょうが、中々そうはいきません。


先ず「場」を作る所からですが、簡単にそんな安心できる場所は作れません。スタッフも参加者の方々も殆ど気付いていないようですが、その「場」を作るのはDr.マイケルの自然な誘導で、そこに集まった人の意識を変え「場」を作っていくのですが、皆んなの意識が開けば開くほどに その「場」が静清させていきます。


また、深くゆっくり自分の呼吸に集中する事は、何処でも誰でも出来ますが、それによって自分自身でも気が付いていない深層心理や自分の心を傷つけたり、ストップをかけているところへは中々行き着けないし、行けたとしてと2泊3日では到底無理です。にもかかわらず、参加者のほぼ全員が自己の深い部分と向き合い解放へと進んでいくのか・・・



安心出来る「場」を作り、自分の呼吸に集中するだけで、なぜ自身の内側の深い所にアプローチできたり、思わぬ意識が開いたりするのかと言うと、それは私達を率いてくれるDr.マイケル自身のマインドが常に開いた状態で、それを会場いっぱいに満たしてくれているからです。


私達は振動(波動)で出来ていて、身体は勿論ですが、心も魂も例外なく波動で作られているので、その場にマインドが開ききった人が居て その人が意識するだけで私達の心も身体も魂も その波動と同調し始めます。そしてその波動で影響を受けた人の心が開き始めたり、深い部分にアプローチ出来た人が出ると、更にその人の波動が広がり より強く影響し始め、次々に連鎖し始めます。


反応の仕方はそれぞれに違いますし、それぞれの波動も全く同じ物はありませんが、その「場」自体が参加者の皆様の心の深い部分の細妙な波動で満たされて行くので、なんとも表現のしようのない空間になっていきます。一人二人で行うよりも、ある程度の人数でリトリートする事で互いの波動が影響し合い、より深い内側の意識と繋がりやすくなる訳です。


私の場合は仙骨と第一頸椎にズレが生じて居て、色々な問題に対峙していましたが、そもそも心と身体は連動していますので、その大きな原因になっていたのは心の問題だったようです。仙骨は将来への不安や職業に対する先の見えない辛さや苛立ち、第一頸椎は怒りや悲しみ、傷ついた心が原因しているようで、その「場」に入り呼吸に集中していると、どんどん意識の深い部分に入り込み、その原因に到達していきます。


私の ある個人対する怒りや憎みが、思い出す度に湧いてきて、その度 心を揺らしていましたが、その深い部分の原因が私自身の強い執着や捨て切れない未練だということに行き着いて、それを解消すると心が軽くなって怒りも消えて無くなりました。


更に「仕事や未来に対する事は、既に見出し解消し始めいるから、そこについては早く消える筈だよ」とマイケルが囁きながら私にボディータッチすると、身体から力が抜ける様な感覚となり、その瞬間から私の周りから人の気配が一切消えて、方向感覚も無くなり金色の眩しい光に包まれて、天空の全てが今まで見た事もない美しい曼陀羅が幾重にも重なって包んでくれました。

言葉にすると軽くなりますが、愛と喜びの世界で涙が止めどなく流れ落ち、最高の至福感で満たされた事は間違い有りません。


起きる現象は人それぞれですし、反応も都度都度変わりますが、セッション毎に自分をブロックしていた恐れや怒り、悲しみ、深い傷を負った原因を解消していくので、心も身体もどんどん軽くなっていきます。


私達は普段の暮らしの中で、多くのストレスや許せない事、傷付く事を繰り返し 心にバリアを幾重にも重ねますが、リトリートをする事で、そのバリアを丁寧に一枚一枚剥がしていき 本来の自分に戻っていけるかもしれません。実は私達が目指している光の建築も中に入ったり、触れたり、近くにいるだけで同じような事が起こると思っています。


興味ある方は、是非一度参加してみて下さい。



橿原リトリートのご感想_c0125114_12065341.jpg

橿原リトリートのご感想_c0125114_12081517.jpg

次回のソマティックのリトリートは8月。長野の水輪にて。5月には、イギリスのグラストンベリーで開催します。→詳細はこちら



by hiroshimapop | 2020-02-07 12:22 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)

ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフルの店長日記


by hiroshimapop
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
有機認定ひまし油300ml

有機認定ひまし油
220ml 2,480円

ひまし油湿布Bセット

ひまし油湿布Bセット
45,380円

大地の力シャンプー

大地の力シャンプー
3,024円

アルカサイモリン

アルカサイモリン
300ml 1,998円

生アーモンド

生アーモンド
100g 756円
1kg(お得用)もあります

オーラグロウ

オーラグロウ
220ml 2,620円

大地と海の歯磨き粉

大地と海の歯磨き粉
80g 2,160円

カーボンスチール(炭素鋼)

カーボンスチール
1個 742円

ソリーブソープ

ソリーブソープ
100g 1,296円

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」
光田秀著 1,728円

書籍「エドガー・ケイシーが教えてくれた美しく生まれ変わるレシピ」

書籍「美しく生まれ変わるレシピ」光田秀著 1,404円

書籍「自然療法で乾癬を治す」

書籍「自然療法で乾癬を治す」ジョンパガノ著 2,376円