<   2019年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧



10歳の絶望から


能の勉強会に参加した際、講師としていらしていた狂言師さんが体験されたというエピソードが哀しかった。

狂言師は小学校や中学校に呼ばれて体験学習の講師をすることがよくあるそうで、東京のある小学校に行ったときのエピソードを紹介して下さいました。その小学校は、教育熱の高く小学校から子どもを私立に通わせているご家庭が多いエリアにあったそうです。

で、その狂言師さんが体験学習が終わって先生と話ながら廊下を歩いていると、ある教室の前で小学4年の男の子が泣いていました。何故泣いているのか理由を聞いてみたら、その子どもはこう言ったそうです。

彼はもともと私立小学校の受験に落ちて、その公立の小学校に通っている。だから今度は中学受験のために塾にずっと通っているけれど、成績はいっこうに上がらない。このままでは私立中学に行くなんてとても無理。塾にも行って自分なりに一所懸命勉強しているのにこのまま成績が上がらず、私立中学に落ちてしまったらもう自分の人生は終わったも同然。いったいこれからどうしたらいいのか、と泣いていたそうなのです(記憶を頼りに書いているので、多少表現は違っているかもしれません)。

小学校4年生、10歳で彼は自分の人生が終わったも同然と、もはや自分の人生に希望が見いだせなくて泣いている。

彼の親が、子どもに歩くようにと提示した人生は、よい中学に行き、よい大学に行き、そしてよい企業に勤めることなんでしょうね。それ以外の選択肢があることを彼は全く知らない。この子はもしかしたら、自然の中で自由に駆けまくったり泥んこで遊んだことすらないのかもしれない・・・。


これを聴いた前後、Facebookで2017年に吉田俊道さんという書かれたこんな投稿がシェアされていました。

徳島県に、自然スクールトエックという常識を越えまくった、幼児から小学6年生までの学校がある。
そこでは、授業はまったくない。毎日遊びまくり。
そして中学生の年齢に達したら、4月から突然普通の中学校に通い始める。
その結果は・・
すでに12年間、中学校に送り出しているが、全員、学力に関して脱落者はなく、それどころか成績優秀になっているのです。
(中略)
毎日、好き放題にやらせて・・
それじゃあ、先生の言うことを聞かなくなるのでは?
努力しなくなるのでは?
辛抱できない子どもになるのでは?
そんな心配をしてしまいそう。
.
でも真実は反対だった。
やりたいこと、興味のあることに向かって、それが好きだから能力フル回転で行動するから、集中力がすごいし、段取り上手。
勉強も掃除も、さぼったりするような考え方がそもそもない!
掃除は必要だから、きれいになるのがうれしいから、人の役に立つから、掃除する。
(中略)
さて、そんな子たちが、中学校からは地元の中学校に通う。
小学校の勉強はしたことがないので、
まわりについていけないはずなのだが、
中学校の1学期はもともと小学校の復習がほとんどなので、
そこで大体追いついて、2学期では追い越すことが多いそう。
..
それどころか、しだいにクラスの人気者、リーダーになっていく。
なにしろ自己肯定感が半端ない。
だから、相手の強いところを心の底から褒めてしまう。
変ないい方だけど、「自分の弱いところ、人より下手なところがあることに、自信がある」。
小学校時代に、友達を大切にする心、相手の気持ちを察する能力が身についているし人間としての魅力、わくわくと取り組む姿に、次第にみんなから慕われるようになってしまう。
自分がしっかりしているからいじめの対象にもならない。(以下略)

自然スクールトエックについてはこちら


c0125114_17112786.jpg

授業は全くなく遊んでばかりの学校。でもそこで育った子どもは自分で考える力と他を思いやる心が育っている。そして自己肯定感が半端ない。この学校に子どもを入学させる親の覚悟も半端ないと思いますが、学校を紹介するこの文章から発せられるエネルギーは、おそらくどこの公立の小学校にもないものでしょうねぇ。

日本の今の多くの学校は、私立も含め、何も考えず指示通りに動く人養成学校のよう。
セミナー会場でよく海外講師に言われるのは、日本人は質問の時間であっても何も質問もせず意見も言わない。海外だと講義中でもどんどん質問の声が入り、質問の時間には質問したい人が列を成す。日本のテレビは海外ニュースは少なく、芸能ニュースとお笑いとグルメと旅行の番組ばかり…。


先日、姪っ子から、会社勤めが性にあわないから相談に乗ってほしいと連絡があり、晩ご飯食べながら喋ってました。
彼女は大学卒業後に就職した会社はすでに辞め、今は2つめの会社で仕事を始めたところ。どんな仕事が自分に合うのか、何がしたいのか全く分からない・・・。

そんな姪っ子に私が勧めたのは小旅行でいいので旅行に行くこと。今のままではAという会社を辞めBという会社に勤めてみる。でもBという仕事が合わないから、Cという会社に行く。結局は小さな世界の中で選択してグルグル回っているだけ。だから、国内でも国外でも、たくさん旅行をして、知らない人とたくさん喋ってみる。いろんな人がいて、いろんな社会や働き方があることを自分の心とカラダで感じてみたらとアドバイスしました。


世界は広い、毎日野原に行って遊んでばかりで勉強しない小学校だってある。大学に行かない人生も、会社勤めしない人生もある。
いつも歩かない道に寄り道するだけだっていい。そんなことを、あの廊下で泣いていた男の子が気がつく日が来るといいなぁ。


by hiroshimapop | 2019-10-11 17:18 | 日記 | Comments(0)

『わたしと霊性』から、ピッピを読む


著者は『マーマーマガジン』編集長の服部みれいさん。

以前、知り合いが「マーマーマガジンにインタビューされるかも~」と喜んでいて、「え?マーマーマガジン知らないの? 有名なのに~」と驚かれた記憶だけあって、手にとったことはないのですが(笑)、健康やスピリチュアルに意識が向いている方向けの雑誌のようです。

その雑誌を長く出し続けられている服部さん、時々にエドガー・ケイシーの本を読み続けるマイブームがあるそうで、いくつかの章でケイシーの名前や福田高規先生が登場してきます(Amazonの本の紹介文にケイシーの名前があったので、思わずポチッとしまった1冊です(笑))

目に見えない力がもたらす豊かさとは。「マーマーマガジン」編集長・服部みれいが自身の原点を綴った、現代に暮らす若い人たちの未来を明るくするあたらしい随筆集!!

不思議体験、各種セラピー、前世療法、自然、動物、植物、表現、超能力、死、カルマ論、タオイズム、宗教、非二元論、女性性、星、大天使、愛、祈り、敬虔さ!!

この本は、まだお若い服部さんのご自身の魂の旅やそれに伴い感じたり考えたりしてきたことを綴ったエッセイ集。さすが雑誌編集長さん。文章も洗練されていて読んでいて心地のよい1冊でした。

その中でご紹介したいのは、ケイシーのページではなく(笑)、『長くつしたのピッピ』を紹介した章。私は子どもの頃、『長くつしたのピッピ』が大好きで、『ハリーポッター』シリーズが世界を席巻している今でも、ピッピの方が断然面白いと思っているくらいです。

そのピッピについて、著者のリンドグレーンさんが述べている文章を服部さんが引用して下さっています。

「もし私が、ピッピというキャラクターに、子どもの読者を面白がらせようと思う以外に特別な意図を込めたとするならば、力を持ちながらも、その力に振り回されないことが可能であるということを示したかったのだと思います。おそらく、それが人生でいちばん難しい課題でしょうから。(中略) 

でも、ピッピは親切です!ピッピは世界中のどの子どもよりも力を持っていて、大人も子どもも怖がらせることができます。でも、ピッピはそうしたでしょうか? いいえ、ピッピはそんなことはしません。ピッピは親切で手助けを惜しまず、気前がよくて、本当に必要なとき以外は厳しい態度はとりません」(ここまでは、長くつしたのピッピの世界展の図録より抜粋)

(中略)

ものすごく力もちだけど、それを行使しない。わたしは、その態度にあらためて感服した。やれるけどやらない。いえるけどいわない。できるけどあえてしない。そこに忍耐やがまんはない。忖度や遠慮もない。思わせぶりなのでもない。聡明さから、純粋さゆえに、しないのだ。他人軸じゃなくて自分軸だからそれができるのだ。

先月ご紹介した『モモ』もそうでしたが、大人になってからこそ読み返したい本が何冊もあります。

子どもの柔らかい心に染みいった「何か」は、子どもの頭では言語化できなくても、きっと私たちの心の形成に大きく寄与してきたはず。大人になってようやく気がつくものなのかもしれません。



by hiroshimapop | 2019-10-05 08:34 | おススメBOOKS

講演会つき『リーディング』『蘇生Ⅱ』上映会開催


11月9日(土)、映画『リーディング』と『蘇生Ⅱ』の上映会を光田秀&白鳥監督の講演つきで開催します。

予定しているスケジュールはこちら

【午前の部】
10:30~12:10 映画『リーディング~エドガー・ケイシーが遺した、人類の道筋。~』 上映(96分)

【午後の部】
■13:00~14:00 光田秀さん(日本エドガー・ケイシーセンター会長)講演
■14:15~15:45 映画『蘇生Ⅱ~愛と微生物~』 上映(91分) 
■16:00~17:00 白鳥哲さん(映画監督)講演
■17:05~18:20 白鳥監督&光田会長クロストーク

映画『リーディング』について
ホリスティック医学の父と称されるエドガー・ケイシー。
彼がリーディング中に語るその知識は医学のみならず、宇宙についての質問でも答えることが出来ました。いったいこの驚くべき才能はどの様に生まれ、培われたのか。神はなぜこの不思議な能力をケイシーに託したのか?!

現代人の抱える病をモチーフにし、日本エドガー・ケイシーセンター会長の光田秀氏らとともに、ケイシーの半生と彼が遺したリーディングの謎に迫っていく。(公式HPより抜粋)
オフィシャルサイトはこちら

光田秀会長には、映画『リーディング』をご覧になった方々のその後の成果、変化などケイシー療法を中心に講演していただく予定です。





【ストーリー】
2011年3月福島第一原発事故から8年が過ぎた今、放射能の問題について多くのメディア・行政機関は終息を迎えているかのように静観を続けている。しかし、現在でも汚染は拡大しており、捨て場のない放射性物質を含んだ土は処理について未解決のままである。

その陰で、懸命にこの事実と向き合い、解決に向けて具体的な成果を上げている人々がいる。

その一つがボランティアによる有用微生物群(EM)の散布活動である。チェルノブイリ原発の被災をうけたベラルーシ共和国国立放射線生物学研究所によって、微生物が放射能を消失されていることが証明されたのだ。地球全体の生態系が大きく崩れてきている今、人類全体が利害を超えて地球を蘇生させていくことが急務になっている。そんな時代にこの作品は一つの答えを示し、多くの人々に希望を与えることになるであろう。(以上、公式HPより抜粋)


福島の原発事故から8年。今もなお放射性物質の流出は止まることはなく、その後も空気の汚染、土壌の汚染、海の汚染が懸念されています。そんな中、福島では微生物散布によって土壌内の放射性物質の分解が大きな成果をあげています。ロシアで、韓国で、そして福島で証明されつつある微生物の力とは?

ここには希望があります。
その成果をぜひご自身の目でお確かめ下さい。
オフィシャルサイトはこちら

白鳥哲監督には、『蘇生』『蘇生Ⅱ』を撮影する中で感じたこと、映画には織りこむことが出来なかった様々なエピソード、未来の展望などを中心にお話しいただく予定です。




そして…

光田秀会長は、エドガー・ケイシー関連の翻訳家として独立する前は、動力炉・核燃料開発事業団で研究者として働いていた、原子力研究の最先端にいた専門家でした。

その原子力の専門家である光田秀と、福島に何度も足を運び、福島での現状をつぶさに目撃してきた白鳥哲監督とのクロストークは貴重です。

映画『リーディング』『蘇生Ⅱ』講演会と、長い1日になりますが、今後の日本と自分の生き方について再考する1日になります。

ぜひ足をお運び下さい。

2019年11月9日(土)10:30~18:20 (開場:10:00)
会 場:東京都千代田区 神田駅周辺
    *申込みの方へ別途詳細はご案内いたします。 
募 集:午前の部、午後の部 各150名
参加費 :1日通し                  8,800円(税込)
     午前のみ*映画『リーディング』上映    2,200円(税込)
     午後のみ*映画『蘇生Ⅱ』上映&講演会   7,600円(税込)

申込はこちらから

c0125114_13555507.jpg
                   東京での上映初日に観に行きました!                  

c0125114_13561171.jpg
3月末まで福島県内での『蘇生Ⅱ』の自主上映料は無料だそうです!


by hiroshimapop | 2019-10-04 13:59 | テンプル最新情報 | Comments(0)

汚部屋は認知症の始まりのサイン…


ロンドン滞在中、イギリスで認知症の研究をしているという女性と話をする機会がありました。
これまで、認知症の患者60名の自宅に行き、生活習慣や食習慣などバックグラウンドなどの聴き取りをしてきたそうですが、彼女が会った全ての認知症患者に、ある共通項があったそう。

その共通項とは…。


それは
家の中が汚かったということ。

単に散らかっているというレベルではなく、モノが溢れて床がみえない状態。家族と一緒に住んでいても、同様に汚部屋。これは一人残らずそうだったそうですから、高齢者でモノに溢れている人、床がみえない状態の方は、要注意です。


コンテンポラリー風水のマークは、全てのモノは情報を発信していると言っています。つまり、あまりに多くのモノが家中に溢れているということは、いわば、日曜日の渋谷や新宿のど真ん中の喧噪の中で暮らしているようなもの。脳が疲労してしまうのも理解できます。

ずいぶん前ですが、マークの来日中に、コンテンポラリー風水の個人コンサルの依頼がありました。通訳希望だったのですが、あいにく、いつもお願いしていた方との調整がつかず、個人的な友人にピンチヒッターで行ってもらいました。彼はアメリカの大学で博士課程を取得して帰ってきた人なので英語力は全く問題がなかったにも関わらず、クライアントさんのお宅で、突然まともな通訳が出来ない状態に陥りました。

理由を聞いてみると、そのお宅は小さなワンルームのスペースにご夫婦お二人が住み、さらに同じスペースを事務所としても使っているため、とにかくモノが多い。必要なものだけではなく、すでに用を終えた不要品も積み上がっている状態で、あまりのモノの多さに目まいがし、脳がフリーズ状態になったんだとか。私も後から室内写真を拝見しましたが、とてもリラックスできるような空間ではなく、お二人の健康状態が心配になったほどでした。

別の例ですが、以前、自宅で英語教室を開いていた知り合いがいました。私も何度か英語の勉強に行かせてもらったんですが、そこもモノが多かった。360度、どこを見回しても何かが目に入る。しかもどこもゴチャゴチャで、心が安まるようなスペースがまるでない。本人はもう慣れた環境でしょうが、英語のテキストから目をあげると、美しくない何かが強制的に目に入るというのはけっこう辛かった。

人はいつしか汚い場所にも慣れてしまうもの。本人はよもや自分の家が人にとって「居心地悪い場所」「めまいを起こす場所」になっているとは思いもよらなかったでしょうが、いつも自分が座る場所から部屋を写メしてみる。すると、自分がいつも何をみているのか、視線に何が入ってくるか、客観的な視点で現状把握ができるのでお勧めです。

c0125114_13103469.jpg
                 この画像はこちらから拝借しています。


アメリカでは、コンマリさんがNetfrixでドキュメンタリーになり、今は「コンマリする」みたいな動詞になったほどの片づけブーム。その影響で今は不要品を持ち込む施設はどこも満杯。これ以上受付られません状態だそうです。

片づけても片づけても、モノがどんどん流入してくる日本。放っておいたら汚部屋まっしぐら。
ですが片づけられない部屋は認知症の始まりかも…と意識して、1つ買ったら2つ処分くらいでセッセと家の中を身軽にしておいた方が、未来の自分の心を健康に繋がります。


by hiroshimapop | 2019-10-01 13:29 | ホリスティック・ボディケア

ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフルの店長日記


by hiroshimapop
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
有機認定ひまし油300ml

有機認定ひまし油
220ml 2,480円

ひまし油湿布Bセット

ひまし油湿布Bセット
45,380円

大地の力シャンプー

大地の力シャンプー
3,024円

アルカサイモリン

アルカサイモリン
300ml 1,998円

生アーモンド

生アーモンド
100g 756円
1kg(お得用)もあります

オーラグロウ

オーラグロウ
220ml 2,620円

大地と海の歯磨き粉

大地と海の歯磨き粉
80g 2,160円

カーボンスチール(炭素鋼)

カーボンスチール
1個 742円

ソリーブソープ

ソリーブソープ
100g 1,296円

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」
光田秀著 1,728円

書籍「エドガー・ケイシーが教えてくれた美しく生まれ変わるレシピ」

書籍「美しく生まれ変わるレシピ」光田秀著 1,404円

書籍「自然療法で乾癬を治す」

書籍「自然療法で乾癬を治す」ジョンパガノ著 2,376円