<   2019年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧



海外に行く効用の1つは自分の枠に気づくこと


昨日ロンドンから帰ってきました。
ロンドンで開催されたセミナーに参加してきたんですが、日本語でのセミナーだったので(笑)、参加者は全員日本人。でも日本のみならず海外に住んでいる方が数名いらしたので、休憩時間の会話もとても刺激になりました。

最近、海外に長期滞在したり海外留学に出る若い人が少なくなったという統計があるそうです。

私の上の世代は、小田実さんの『何でも見てやろう』や沢木耕太郎さんの『深夜特急』に刺激を受け、リュック1つで貧乏旅行に出てましたし、私の世代は、短期のワーキングビザや語学留学ビザをとってカナダやオーストラリアに半年間住んでみる、ということが流行っていました。

今はお金を使わず貯める若者が多いそうなんですが、それだけ未来に不安を感じているんでしょうか? そんな不安な未来なら、なおさらたった一人海外に出て、日本というみえない束縛と常識の外で生きてみたらいいのに~と思います。

そんなに大きなことじゃなくても、生活のちょっとしたシーンで、日本にずっといると気がつかない日本ならではの常識に自分がしばられていることに気がつきますから。

例えば、また11月に来日するジュリアン。
彼は日本語が達者なので出会って以来、会話はずっと日本語。ジュリアンが時々フランス語で話している場面に遭遇すると「あれ、ジュリアンがフランス語で喋っている」と驚いてしまうほどなんですが、そんな彼もやはり中身はフランス人。フランスでは個人主義が徹底しているので、初めて会った人と話す場面でも、相手に年齢、職業、バックグラウンドは自分から話さない限り、聞かないのが礼儀らしい。容姿で人を特定するような表現も使わない。

日本だと「お仕事は何をされていますか?」というのは、まず最初に聞かれる話題ですし、誰か名前を思い出せない人のことを「ほら、あの少し太っている人」とか「顔にそばかすのある人」なんて言ってしまいますが、容姿で表現しないよう徹底されるそうです。だったら、いったいどういう会話の糸口を掴めばいいの~と思いますが、その場で感じる自分の感想や意見をいえばいいだけのことかも。日本人の私にはそれがなかなか難しいわけですが。


そして、今回、私が心底驚いた欧米人のメンタリティ

*「気遣いする」と怒られる
ちょうど、『サラダ取り分け禁止委員会』の記事を読んだあとで聞いたので、えええ~と驚いてしまったのですが、イギリスやアメリカでは、頼まれてもないことをすると怒られるらしい。忖度不要。日本だと、飲み会の場面で大皿に盛られたサラダや鍋を自分の分だけさっさととって食べると気遣いがないと思われます。みんなの分を取り分けるのを、特に女性は期待されます。ビールやお酒もつがないと「気遣いがない」「女子力が低い」と言われるし。私は飲み会の場で相手の「料理も取り分けない、ビールもつがない」ことが多いですが(あえて、しない)、これって以外と意思力必要です。

*イクメンという言葉はない
日本だと積極的に育児に関わる夫のことをイクメンなどと呼んだりしますが、欧米では育児に対する責任がフィフティフィフティなので夫が子どもの送り迎えをするのも当然。イギリスの場合、妻の陣痛が始まったあと2週間の育休が夫にも与えられているそうで、出産に立ち会えないというお父さんはほとんどいないらしい。そして、共働き夫婦の場合、妻一人が家事と育児に奮闘するということは基本ありえないので、妻が週末出かけたいときは夫が子どもの面倒をみれるようスケジュール調整をする。最初から50:50だとお互いが思っているので、妻が夫にお願いして「やってもらう」感がない。当たり前なのでイクメンという言葉もない。

*子育ては地域全体でフォロー
毎日バスで会場まで行っていたんですが、ちょうど時間は通勤タイム。でもベビーカーに子どもを乗せてバスに乗ってくる親の数は日本の比じゃないくらい多かったです。バスも、ベビーカーが乗せられやすいほどステップが低く、中央部分にベビーカーが3台くらい並ぶ空きスペースが設けられているのでバスの設計がそもそも日本と違う。ベビーカーの乗り降りは時間がかかりますが、みんな忍耐強くまっている。日本でラッシュ時に子連れで乗ろうものなら「こんな時間にベビーカーなんて非常識」と文句の1つも出てきますが、社会全体で子育てをバックアップする体制ができている感じがしました。


余談ですが、ニュージーランドでは、現役の女性の首相が出産をして子どもを国会に連れてきたり、国会の議長が授乳を手伝ったりというニュースが世界発信されてました。国会に子どもを連れてくるのはまだまだ世界の非常識ではありますが、子どもがそこにいることで、議員の発想が、目先の利益ではなく、この子ども達の未来のために・・・というふうに自然に移っていくんじゃないかぁ。子どもの目に恥ずかしい政治をしたり、そう思いたくない議員に政治をたくすより、世界中の議会の席に子どもがいつも座っているくらいの未来が来ますようにと私は願ってます。


c0125114_15473166.jpg


駆け足の観光旅行ではみえてこないその国の有りよう。
同じ場所に数日いて、日常を垣間見てみるのもいい刺激になります。



by hiroshimapop | 2019-09-30 19:02 | ただいま海外で体験中!

ジュリアン再来日、ワークショップ開催!


パリから、ジュリアンがまたやってきます!
11月後半の1週間、ジュリアンが再来日します。

前回5月は『ワンネスの扉』出版記念として大会場での講演会を開催しましたが、今回はジュリアンの視線と意識が届きやすい比較的少人数でワークショップを企画。

滞在日数が短いため、東京での開催のみとなりますが、参加者の皆さんがジュリアンとふれあい、その時間のなかで、ハートが開き、多次元世界のドアを感じていただく瞬間があれば、と願っています。

2日間連続でも、1日だけでも、ぜひジュリアンにまた会いにいらして下さい。


★11月23日(土)《自分に繋がる ~自分を愛し受け入れる道~》
現在ジュリアンと新月の瞑想を定期開催しているビズネア敦子さんとのコラボ講演会。

本当の自分の魂と繋がって、この地球での人生を精一杯楽しんで生きる秘訣を皆さんにお伝えします。

フランスは、周りの人と自分は違う、「私は誰か」を子どもの頃から徹底的に見つけ、自立するよう教育される国。それは自分の魂、スピリットに正直に生きる道でもあります。そのフランスで育ち、ワンネスをはじめとして様々なスピリチュアル体験をしてきたジュリアンが、いかに自分の魂と出会い、現実生活と融合させてきたか…。

このワークショップでは、ビズネア敦子さんが提唱されている《鏡のワーク》を取り入れながら、3次元世界での魂の使命を果たすため、自分という存在と再び出会っていきます。魂の奥深くにある本当の自分の声を聴き分けられるようになれば、積極的にこの人生を体験できるようになります。


c0125114_01283278.jpg
《鏡のワーク》について ビズネア敦子さんからのご挨拶
鏡には魔法があります。私自身、鏡を見るようになって、かつてない 劇的な変化を体験しました。日本でも三種の神器として大切に扱われている鏡ですが、世界中で、ご神事や聖なる儀式に使われているのは、パワーが本物である事を裏付けています。

長く、自己否定感に苛まれ、自分の存在は人の迷惑だとずっと固く信じていました。けれど、自らの命を絶つのは怖いし、残された家族の悲しみを思うと踏み切れない。だったら誰にも氣づかれずに消滅すれば良い。でもどうしたらそういう方法が見つかるのか、悶々と悩むほど、精神を病んだ時期もありました。

200を超える自己啓発やヒーリングのメソッドを学び、試行錯誤をしている時に巡り合った鏡のワーク。それは、ただただ観察し自分の状態を知ること。自己発見につぐ自己発見の道でした。

そして何十年も私を苦しめていた「自分は生きる価値がない」という思いは、単なる「思い込み」にしか過ぎませんでした。鏡のワークを地道に続けているうちに、いつの間にか、私なんてという自己否定感や「ありのままの私を受け入れねば」という氣持ちは消え去っていました。

<ビズネア敦子さんのプロフィール>
2001年よりカナダ人の夫、3人の娘とフランス移住。結婚20年目に離婚し、50歳で一文無しに。自己否定感から様々な自己啓発を学び続け、鏡のワークにたどり着く。





★11月24日(日) 《 宇宙と繋がり、多次元世界を生きる 》
「ワンネス」「宇宙存在との遭遇」「守護霊との交流」「日常の感覚を超える超自然現象」などを体験した場合、日常生活とどうバランスを取っていけばいいでしょうか。

UFO目撃後、宇宙存在との交流が強制的に始まったジュリアンは、次第に「ワンネス」という変性意識状態を繰り返し体験するようになりました。そのジュリアンが、自分の体験に基づき、そのような体験が日常生活にどんな影響を及ぼしたのか、どうやってこのスピリチュアルな体験と日常生活とのバランスを保っていったのか、多次元的な生活とは何かなど分かりやすく述べていきます。

特に「スピ系情報」に振り回されやすい方は、見えない多次元世界を体験しながらもバランスよく日常を送るための秘訣を知ることで、もっと軽やかに生きていけるようになれるかもしれません。

質疑応答の時間もたっぷりとりますので、ジュリアンに質問がある方はこのワークショップの時間を最大限にご活用下さい。


2019年11月23日(土)10:30~16:00     
1日目 《自分に繋がる ~自分を愛し、受け入れる~》     
講師:ジュリアン・シャムルワ、ビズネア敦子        

2019年11月24日(日)10:30~16:00    
2日目 《 宇宙と繋がり、多次元世界を生きる 》     
講師:ジュリアン・シャムルワ    

*どちらか1日のみの御参加も可能です。    
*進行状況によって多少時間は前後します。    
*事前にジュリアンの本を読んでご参加下さい。

開催地:神奈川県 横浜市 横浜駅周辺   
    *申込みの方へ別途詳細はご案内いたします。 

受付人数:55名

参加費:2日間通し  30,000円(税込)    
    11月23日(土)のみ 16,000円(税込)    
    11月24日(日)のみ 16,000円(税込) 

お申込みはこちら

by hiroshimapop | 2019-09-28 01:35 | テンプル最新情報

イギリスは懐かしい


ロンドンは、バスや地下鉄を乗り継いでいけばどこにでも行けるし、街の感じも道路の幅も日本に似ており、さらに宿泊しているホテルが割と郊外の住宅地に近いせいか、異国に来ているというより、東京の延長にいる感じです。

今回、ホテルの部屋には恵まれてないけど、考えてみれば、私が泊まった部屋の名前はShepard(〇号室ではなく、部屋にいろんな名前が付けられている)。shepherdだったら羊飼いだけど、聖書の言葉にも似ているし、20代でしばらく滞在していたカナダのトロントの住所はShepard street。ほかの部屋の名前をみてもどれにも馴染みはないけど、唯一、Shepardには思い出がある。問題大有りだけど、やはりこの部屋は、私が泊まる部屋だったんだろうなぁ。


それに、私はきっとイギリスに過去生で住んでいたことがあるかも…と思うことがいくつか。

*夢の中で、かつて自分が住んでいたであろうイギリスの広大な敷地に立つ大邸宅に魂として戻ったことがある。家の中でも特に自分が好きだった図書室に並ぶ本の皮の表紙をなつかしく天井の方から眺め、その後、自分が眠るお墓に行き、かつての自分の名前が書かれている墓標を眺めていた。

*中学の頃からずっとタータンチェックやアーガイル柄が好き。タータンチェックやアーガイル柄を着るとなんだかホッとする。

*中学の頃、ブラウン系のけっこう地味な三つ揃いのスーツを買ってもらい、どこにも行かないのに、三つ揃いのスーツを家の中で着ていたことがある。
 

今回のロンドン滞在。実は、セミナー参加のために来ています。
毎日、ホテルとセミナー会場の往復で、どこにも観光には行けそうにはないですが、ロンドンの普通の人の生活空間にいるだけで、なんだか十分満たされている。

こういう、ロンドン滞在もいいです~。


c0125114_02001548.jpeg
これはロンドンじゃなくて、6月に滞在したイギリス南西部の住宅街


by hiroshimapop | 2019-09-25 01:57 | ただいま海外で体験中!

旅行の必需品(ミラクリーン)


今回宿泊しているホテルがパブの2階にあって換気扇と部屋の位置関係なのか、泊まっている部屋のクローゼットが焼き魚臭い。

一晩中、クローゼットのドアを開けて多少は風通しをよくしてみたものの、朝になってもやはり焼き魚の臭いがあるので、部屋を変えてもらえないかとフロントに聞いてみたものの生憎週末まで満室。部屋の交換は無理でした。

安いビジネスホテルに泊まるときには、抗菌消臭剤のミラクリーンを持参するようにしているのに(禁煙ルームを予約していても、単に、ファ〇リーズを使って臭いをごまかしているだけの部屋もあるので)、今回は比較的いいお値段の部屋だったから持参せず。まさか、魚臭さで悩むことになるとは! いささかショックを受けております。

今朝フロントに泣きついたこともあり、夕方ホテルに戻ってみたら、なんと、クローゼットに超強力な消臭剤と芳香剤が置かれていた。ケミカル成分満載の。

そうなんだよねー。世の中の人の部屋の臭いの解決法は消臭剤と芳香剤。しかし、こんなものを狭いホテルの一室におかれてしまうと、発散されるケミカル成分で頭は痛いし、気分も悪い。

なんだかロンドンではホテルに恵まれない。
2004年のロンドンツアーのときには、誰でも知っている名のある4つ星ホテルに泊まっていたのにトラブル続き。そして今回は値段の割に、景色も部屋の広さもイマイチなうえに、ニオイに悩まされている。ロンドンに何かカルマでもあるのかしら。

今回の教訓として、ミラクリーン、次回からはお泊りセットに必ず入れておかなければ。
普通は部屋のタバコ臭さ、オヤジ臭さ対応で使ってますが、実は、臭いだけでなく、ちょっとお化けがいそうな印象のところで使うと、多少の除霊効果もあるようです(お客様談)。


c0125114_02410042.jpg

…そして、出張や旅行でホテル泊の多い方、ミラクリーンを旅行セットに入れておくの、ホントにお勧めです。
居酒屋や焼肉屋さんで洋服にしみついてしまった料理のニオイやタバコ臭さもこれを吹きかけておくと、翌日同じ洋服を着ても大丈夫になりますし、うっかりクチに入っても安全な成分なので、部屋中に吹きかけても無臭で空気もクリーン。ケミカル成分で空気を汚染したりせず、香りでごまかしたりもないので、今回の私のような災難を最小限にすることができます。

今回私は同じホテルに5連泊なので、残りの3日間、魚臭さに悩むか、ケミカル成分に悩むか・・・。
タイムトラベルできるなら、土曜日の夜に戻って荷造りしている私に「ミラクリーンを忘れずにスーツケースに入れておくように!」と言いたいわ。


ミラクリーンはこちらから


by hiroshimapop | 2019-09-24 03:30 | テンプルの商品のご紹介 | Comments(0)

レクチンフリー食、いったん強制終了!


日本にいたら、しばらくずっと続けられそうだったレクチンフリー食。ここにきて、あえなく撃沈。1カ月と3日でいったん終了しました(涙)。

実は昨日(日曜日)からロンドンに来ています。


c0125114_12075098.jpg


飛行機の機内食はこんな感じ(着陸前の2食目の食事)。


c0125114_12073711.jpg

いつも機内食はだいたいベジタリアンミールをオーダーしておくんですが、1食目に出たのがトマトソーススパゲッティ、2食目がトマトとナスのパスタ。2食ともパスタの種類が違うだけでおんなじトマトソース!。しかもサラダはミニトマト! レクチン攻撃。

ベジタリアンは、食事が始まる20分くらい前に渡されて一人食べることが多いですが、2食目の普通食は何かとお隣さんのをのぞいたら、驚くことにメニューは同じだった(笑)。だったら同じタイミングで出してもいいものを。。。しかし普通食のサラダはポテトサラダでマフィンもついてた。一品多い…。何故だ? パスタにポテトにマフィン、炭水化物ばかりの食事なり。

私は穀類とナス科を食べないレクチンフリー食実践中だから、普通食にしても結局は何も食べられないメニューではあります。たぶん、フツーの人は意識しないと思いますが、ケイシーを意識すると炭水化物圧勝だし、レクチンを意識していると世の中の食事はレクチン圧勝!
*私は念のために持参していたドライイチヂクでお腹を満たしました(涙)


…結局、機内ではお腹を空かせたままだったので、宿に着いたらすぐに1階にあったパブへ(1階がパブで2階がホテル。厨房の横を通って2階に上がるという昔ながらのイギリスの風情)。

しかし、ここで私は大失敗を。
メニューをもらってじっくり見ればよかったんですが、メニューはやはり肉料理がメイン。その中でスモークサーモンとグリークサラダという文字を見つけたので、それを注文していたら、テーブルに置かれた料理はこんな感じだった。

c0125114_12081425.jpg

まさかスモークサーモンがパンの上にのってくるとは! そしてグリークサラダは、レクチン野菜(2種類のパプリカ、トマト、キュウリ)の上にチーズが乗っているもの。このサラダでレクチン野菜以外だけを食べるとなると、私のクチには、少しのスライスオニオンとケッパーと数粒のオリーブしか入らない。

このメニューにカモミールティをつけて、だいたい3000円。
3000円払ってほとんど食べられないのはもったいなすぎるので、ロンドンでは気にせず何でも食べることにこの瞬間決意。ロンドンでどれくらい続くか…と懸念はしていたものの、まさか初日にあえなく頓挫してしまうとは。

でも、まあ、その代わり、これからは気にせず朝食のクロワッサンを楽しもう。


おまけ:

ネットで見つけた今回のホテル。一階がパブだということもあり、お店が営業している間はクローゼットが焼魚クサイ(肉くさくないのがせめてもの救い。そして焼き魚料理もあるんだな)。そして洗面所の鏡が高すぎて1メートル後ろに下がっても額しか写らない。トイレの便座も高くて、ちゃんと座ると足が完全にブラブラ。前側に座ってようやくつま先立ち。


そんなロンドン1日目。


c0125114_12080201.jpg



by hiroshimapop | 2019-09-23 12:34 | 食事が身体をつくる | Comments(0)

今、エンデの『モモ』を読む


あわいの力』を読んで以来、私はワキ方の能楽師、安田登さんの追っかけをしておりまして(笑)、安田さんの能の舞台や、講座があると、タイミングがあう限り、出かけていっております。

昨日はNHKの『100分で名著』のプロデューサーをされている秋満吉彦さんとの掛け合いで『平家物語とモモをつなぐ』と題した90分のセミナーが。お二人によると、平家物語とモモを読んでいると、能の本質を感じると。実際、能の舞台にでてくるシテ(主人公)は、だいたい異界の人、ワキは生者と死者の境界線(ワキ)に住んでいる人ですから、なるほどモモはワキの人なのかとガッテンしました。

余談ですが、安田さんによると、だいたいワキはストーリーを少し語ったあと、シテが登場するまで舞台の端で座っているのですが、この、ただ座るという行為、高速回転しているコマが止まってみえているかのように全身全霊で座っているそうです! しかも、このただ座っているようにみえるこの時の痛さは、結石が出てくる痛さがたいしたことなく思えるほど痛いのだそう!

能では、謡いで舞台全体が盛り上がったあと、シーンと何も音のしない時間が流れたりします。この無音をいかに楽しめるか。無音の時間、シテの足先がかすかに動く、その動きをひたすら見つめていることがあります。まだまだ能初心者の私は、頭の中では高速回転で雑念が浮かび上がりっぱなしになりますが、このいっけん何も変わっていないようにみえて大きく変化している時間を共にいられるように、モモのように「待ったり」「しずけさをひたすら聞き入って」、大きな時の流れを味わえるようになりたいものですー。


c0125114_12453214.jpg

モモには「灰色の男たち」という時間泥棒が登場しますが、大勢の人が無駄な時間を節約しようとして『ふきげんな、くたびれた、おこりっぽい顔をして、とげとげしい』人が増え、『じぶんたちの生活が日ごとにまずしくなり、日ごとに画一的になり、日ごとに冷たくなっている』なんて、まるで今の私たちの生活のようです。


『宇宙の運行には、あるとくべつな瞬間というものがときどきあるのだ』『それはね、あらゆる物体も生物も、はるか天空のかなたの星々にいたるまで、まったく1回きりしかおこりえないようなやり方で、たがいに働きあるような瞬間のことだ。そういうときには、あとにもさきにもありえないような事態がおこることになるんだ。だがざんねんながら、人間はたいていその瞬間を利用することを知らない』

平家は、生まれもよく運にも恵まれていましたが、でも、「時」を掴むのをことごとく失敗したと安田さんは言われています。一方、源氏は恵まれた生まれではなかったけど、「時」を掴んだことで、その後の時代を征したと。

『人間には時間を感じとるために心というものがある。そして、もしその心が時間を感じとらないようなときには、その時間はないもおなじだ』

なんだか、今の私の生活そのものをズバリと言い当てられたような感じです。モモを読んだのは、遙かむかし、中学生の時。いま、あらためてモモを読み返すと、灰色の男たちに時間を売ってしまった自分に愕然とするでしょうね。



by hiroshimapop | 2019-09-21 12:33 | おススメBOOKS

『宇宙人タマの「魔法の教室」』講演会


2,3年前から仲良くさせていただいている風雲舎の山平社長さん。生粋の書籍編集者で、人にも文章にも厳しい方ですが、その分、山平さんが惚れ込んだ人には、相応の理由があります。

テンプルで講演会を主催した工藤房美さんの『ありがとう100万回の奇跡』、清水義久さんの『この素晴らしき気の世界』、いま講演会はすぐに満席となる並木良和さんの『ほら起きて!目醒まし時計が鳴ってるよ』など、話題の方の本をいち早く出版された出版社さんでもあります。

その風雲舎さん主催で、来月10月に、風雲舎の最新刊『宇宙人タマの「魔法の教室」』の出版記念講演会が開催されます。

著者の方は天真爛漫。ウニヒピリ(潜在意識)の塊、のような方のようです。
いま私のテーマは自分の常識の枠を取っ払うこと。取っ払うまで行かなくても枠を遙かに大きくすること。なので、友だちを誘って、講演会に行くことにしました。

10月19日(土)の午後、まだ予定が入っていない方は是非。テーマ「無から有を生む宇宙創造エネルギー」。宇宙人タマちゃんが、宇宙的に、ウニヒピリと仲良くする方法や、そのアクセス方法を語るそうですー。

c0125114_17070973.jpg


(1) ウニヒピリ……生まれたての赤ちゃんには、ルールも常識もありません。でも、白紙のままではありません。何かが詰まっています。前世や先祖のことも詰まっているようです。それが「ウニヒピリ」(内なる小さな私)。潜在意識ですね。でもそのままでは大人になれません。この世の常識、つまり「思考」(ウハネ)を身に着け大きくなっていきます。


(2) 宇宙人タマちゃん……奥田珠紀さん(タマちゃん)はウニヒピリのまま大きくなりました。精霊や動物と会話してみんなを驚かせたり、お勉強も美術だけ「5」。ほかはダメ。やることなすこと宇宙人みたいで、だんだん苦しくなりました。しばらく常識やルールと付き合いますが、「やってられない!」とブチ切れます。そんなタマちゃんがどうやってこの世間に帰還できたか。


(3) 「ヴェシカパイシス」……ちょっと寄り道しますが、「ヴェシカパイシス」ってご存じですか。イギリスのグラストンベリーというエネルギースポットに、「チャリスウエル」という聖なる井戸があります。ジョン・レノンが名曲「イマジン」のインスピレーションを得た場所。井戸にはキリストの聖杯があるといわれていて、その蓋に二つの円が描かれています。二つの円が重なる部分が「ヴェシカパイシス」。〈宇宙創造のエネルギーが生まれるところ〉とされています。


(4) 大爆発……タマちゃんのヴェシカパイシスはウニヒピリ(内なる小さな私)と、「ウハネ」(思考)の統合でした。大爆発が起きました。貧乏暮らしから抜け出し、アイディアが生まれ、なんでも手に入るようになりました。多くの人はウハネが中心で、ウニヒピリを忘れています。「ウニヒピリと仲良くなりなさい」「忘れていたウニヒピリを思い出しなさい」、これがタマちゃんの言いたいことです。


(5) タマちゃんの講演会にいらっしゃいませんか……という次第です。宇宙人タマちゃんが、宇宙的に、ウニヒピリと仲良くする方法や、そのアクセス方法を語ります。抱腹絶倒して椅子から転げ落ちる人も見かけます。


≪奥田珠紀さんの出版記念講演会≫
●テーマ「無から有を生む宇宙創造エネルギー」
●2019年10月19日(土)13時30分~16時(13時開場)
●東京ウィメンズプラザ東京都渋谷区神宮前5-53-67 TEL 03-5467-2377
●地下鉄/銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅下車 B2出口より徒歩7分
●参加費 5000円(要予約)
●振込先 三菱UFJ銀行市ヶ谷支店(普)0812644 (株)風雲舎
●お申し込みは下記風雲舎まで(200名で締め切りとなります)
(株)風雲舎 〒162-0805 東京都新宿区矢来町122矢来第2ビル5F
TEL 03-3269-1515 FAX 03-3269-1606 mail@fuun-sha.co.jp




by hiroshimapop | 2019-09-19 08:49 | セミナー・舞台情報

レクチンフリー食、スタートからちょうど1ヶ月


先週のメルマガで、レクチンフリーの食事を実践中と書いたところ、友人から早速「なおこさん、いったい今、何食べているんですかー?」と言われてしまいました。

もともと物心ついたときから肉が一切食べられなかったので、私の食生活に肉のメニューは存在しないんですが、さらにケイシー、グルテンフリー(小麦を食べない)を実践しているので、世間の人からみると、食べるもの、何もない感じかもしれませんー(笑)。

先日、読書会に参加したら、そのあと夕食に用意されていたのがおでん。豆腐系と練り物はNG食なので(練り物には小麦粉や砂糖が使われている)、ダイコンと卵とこんにゃくだけお皿に入れてもらいました。自宅で作るときには、鰯のつみれとか加えれば、この冬のメニューに入るかも。


さて、そのレクチンフリー。
「種」とレクチンの多い野菜を避けるので、ほとんどの穀物や豆類、それからナス科(茄子、トマト、じゃがいもなど)やキュウリ、ウリ科の野菜がメニューから消えます。もう10年以上、ご飯を炊くのも1ヶ月に1回あるかないかで、ご飯が主食の典型的な日本人の食事とはかけ離れていたこともあり、ご飯を食べないのは全然苦にならないんですが、その代わりに食べていた、十割蕎麦、トウモロコシ、米粉製品(米粉のパンや麺類など)、キヌワなどがNG食材となってしまったので、私も始めた数日間は、いったい何を食べればいいんだろう?と途方に暮れました。

ほとんどの穀物はNG食材ですが、あわ、ひえ、キビ(ソルガム)でできた麺類が今は売られているので、それは大いに助かってます。

重宝しているのが、韓国直輸入のチャプチェの麺。さつまいもから出来ているのと美味しいので、この1ヶ月近く、何度チャプチェもどきを作ったことか。日本製のチェプチェやインスタントものは小麦粉や緑豆が使われているので、購入のときには原材料は要チェック。同じように使えるのが糸こんにゃく。特に乾燥の糸こんにゃくはチャプチェに似ていなくもない。野菜たっぷりにすれば麺が何かはあまり気にならないので、糸こんにゃくも代用できます(ケイシー流の食事では加熱した油は摂らないので、まず野菜を蒸し焼きにして、火を止めたあと、最後にごま油を廻しかける)。


                   これは、あわ麺で作った和風パスタ
c0125114_14241258.jpg


私にレクチンフリーを勧めてくれた友人は、ポンテケージョをよく作っているそうで、私も2度ほど作ってみました。冷めるとイマイチになってしまうので、適量を美味しく作るのがいまの私の課題です。
 ↑
パルメザンチーズはOKですが、多くの牛は穀物で育てられているのとカゼインが消化不良を起こすので、普通の牛乳や乳製品はNGです。牛乳はココナッツミルクかアーモンドミルクに変えて作ります。


アメリカから取り寄せたレクチンフリーのレシピ本によると、アーモンド粉やココナッツ粉で作るマフィンとか、カリフラワーをほぐしたご飯モドキとか、工夫すればメニューは増えそうです。あまりマメじゃないのでまだ作ってませんが、マフィンは簡単そうです。

あとは、ナス科やウリ科以外の野菜と魚でメニューを考える。
牛ではなく、山羊のチーズや水牛のモッツァレラチーズは値段は高いですが、デパートや輸入食材店で手に入るので、ときどき山羊チーズも。

チョコレートはカカオ成分72%以上なら食べてもいいらしいので、82%のチョコを買ってみたものの、すでにチョコに対する精神的、肉体的欲求がないので、全く減りません-!

ローフードでよく使っているカシューナッツはNG食材なので、おやつに時々買っていたミックスナッツが買えなくなりましたー。なのでミックスナッツではなく、マカデミアやクルミ、栗などを単独で買っておやつにしています。

この1ヶ月はこんな感じの食生活でした。

ちょうど始めて1ヶ月。あと2週間ほど続ければ本に勧められていた6週間はクリアします。でも、なかなか面白いので、このまま続行すると思います-。



by hiroshimapop | 2019-09-18 14:12 | 食事が身体をつくる | Comments(0)

ソマティック:医療専門家対象【身体の神秘を知る、1DAY特別クラス】


医療専門家対象【身体の神秘を知る、スペシャル1DAYクラス】開催のお知らせ

2020年1月、Dr.マイケルによる医療者向けの特別クラスを開催します。

ソマティック・エナジェティクスは、特に背骨を流れる神経系のクレンジングとエネルギー(波動)的なアプローチを用いた治癒のメソッド。軽いタッチのセッションながら、神経系がクレンジングされていくことで、心と身体と魂に溜め込まれていた不要な感情やトラウマがリリースされ、結果として内なる癒しの力が高められていきます。

人は物理的な意味の体だけで生きているだけではありません。
原因不明の痛みや不調を癒すものはなんでしょう? 


ソマティック・エナジェティクス(以下、ソマティックと記載)の慈愛に満ちた優美な波動に触れることで、首、背骨、骨盤の調整がエネルギー的に起こり、体は自然に整えられていきます。そして、神経系、ハートに向かう経路の浄化により、古い感情のエネルギーの手放しが起こり、自分を制限していた観念、思い込みからも解き放たれていきます。

この特別クラスでは、ソマティックのセッションで行われていること、特に、特有の姿勢や脊柱の分析法を紹介し、この分析をもとに、その人が現在取り組んでいる人生の課題、神経系の振動(波動)パターンと身体的および感情的状態との関連性について解説していきます。

すでに身体の構造についての知識が十分あり、常日頃、様々な患者さんに取り組まれている医療者、施術者に向けたこの特別クラスは、人間の身体に対する新たな視点や神秘を体験していただくものとなるでしょう。

通常は4日間のトレーニングクラスを通じて学んでいくメソッドですが、そのメソッドを医療専門家向けに要約し、分析の簡単な秘密と、エネルギー的および物理的なコンタクトの一般的な応用を明らかにしていきます。

当日は、ソマティックの紹介、デモンストレーション、グループセッションと、知識と身体を使ったトータルな体験の場となります。ソマティックのセッション中に起こる様々な解放現象の秘密を垣間見る1日です。
*この1DAYクラスに参加しても、4日間のトレーニングを受けたことにはなりませんのでご了承下さい。


c0125114_12533968.jpg

日時:2020年1月22日(水)10:30~18:00   グループセッション(50分×2)を含む

受講対象者:医師、歯科医師、看護師、柔道整復師、あんまマッサージ師、鍼灸師、カイロプラクター、オステオパス、その他上記に相当するボディワーカーや施術者
 *すでに4日間のトレーニングを受けている生徒さんは対象外となります。 

参加費:(ベジタリアンランチつき)
    52,000円
    早割:48,000円(2019年11月15日までにお振込の方)
    *ランチ不要な方は、上記参加費より1,500円を差し引いて下さい。   
    クレジットカード払い可能

定員:16名
   ただし、最低施行人数あり:6名 ← 6名に達しましたので決行です!
   (10月15日までに申込が5名に満たない場合には開催は中止となりますので、お支払いは10月16日以降にお願いします)

   申込時に現在のお仕事内容を教えて下さい(例:内科医、整形外科医、カイロプラクターなど…)

★懇親会:クラス終了後、DR.マイケルとの懇親会もあります。希望者は事前にお知らせ下さい。(別途有料)

申込はこちらから
   

セッションの体験談はこちらをご参照下さい。
ブログ  
WEB 


【Dr.マイケル・マクブライト】
1979年マウイにてヨガ教師としての癒しの旅が始まる。カリフォルニアのヨガアシュラムに勤務後、カイロプラクティックを学ぶ。卒業後の5年間、自動車事故による傷害や腰の椎間板のトラブルに特化したカイロの診療を行う間に直感やエネルギー、呼吸法を使った手法の探求が始まり、独自のメソッド『ソマティック・エナジェティクス』を開発。欧米を中心に世界各国で活躍するエネルギーワーカーでもある。
2012年からは日本にも定期的に来日しセッションやリトリート、トレーニングコースを開催。現在はドイツとハワイに拠点を置き、各地でセッションや後進の育成、指導を行っている。
 *テンプルにソマティックの本をご注文の場合、送料込み3,000円でお送りできます。
http://somaticenergetics.jp/
Dr.マイケルのWEBインタビューはこちら 





by hiroshimapop | 2019-09-17 19:50 | ソマティック・エナジェティクス

オープンジャパン、佐賀の豪雨と千葉の台風被害に緊急支援中


山田バウさんの直弟子の皆さんが中心となって活動しているオープンジャパンでは、現在、佐賀と千葉に入って災害復興支援をされています。

阪神淡路の大震災のときに神戸に出来たボランティアベースのメンバーが、引きつづき各地で発生した災害にかけつけ活動されていますが、メンバーの皆さんはいわば災害支援のプロ集団。どこに寄付をしたらいいか迷われている方がいらしたら、オープンジャパンに是非。

オープンジャパンの皆さんが支援に入った場所のリストをみましたが、毎年、どこかで大きな災害が発生しているんですよねー。

重機を使った瓦礫や土砂の撤去作業も行ないます。床上浸水された民家では床を剥がし、必要であれば床下に潜り、床下の泥をかき出し清掃、消毒まで行います。避難所生活を送っているお母さんたちと一緒に炊き出しします。壊滅的な被害を受けた小さな漁港の漁師さんたちと牡蠣の養殖したりもします。カヌーに乗って漁船が入っていけない浜や、海に浮かんだ瓦礫の撤去、漁具の回収もします。常にそこで生活する方々の気持ちに寄り添った支援をその場その場で考え、話し合い、形にしていきます。

金銭的な支援方法はこちら
オープンジャパンの活動状況はこちら

c0125114_15025546.jpg


by hiroshimapop | 2019-09-15 07:59 | 日記

ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフルの店長日記


by hiroshimapop
有機認定ひまし油300ml

有機認定ひまし油
220ml 2,480円

ひまし油湿布Bセット

ひまし油湿布Bセット
45,380円

大地の力シャンプー

大地の力シャンプー
3,024円

アルカサイモリン

アルカサイモリン
300ml 1,998円

生アーモンド

生アーモンド
100g 756円
1kg(お得用)もあります

オーラグロウ

オーラグロウ
220ml 2,620円

大地と海の歯磨き粉

大地と海の歯磨き粉
80g 2,160円

カーボンスチール(炭素鋼)

カーボンスチール
1個 742円

ソリーブソープ

ソリーブソープ
100g 1,296円

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」
光田秀著 1,728円

書籍「エドガー・ケイシーが教えてくれた美しく生まれ変わるレシピ」

書籍「美しく生まれ変わるレシピ」光田秀著 1,404円

書籍「自然療法で乾癬を治す」

書籍「自然療法で乾癬を治す」ジョンパガノ著 2,376円