毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

<   2018年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
聖母マリアの秘密と千年王国
3月11日(日)という日本にとって特別な日となったこの日、菊谷泰明さんをお招きして『聖母マリアの秘密と千年王国』というタイトルで講演会を開催することになりました。

菊谷さんは、1990年に、勤めていた県庁を退職し、インドとネパールへの旅に出ます。

帰国後、奈良の天河神社で祈っていると、何故か「イスラエルに行きたい」という内なる声を聴きます。

その声に従って、今度はイエスの足跡を訪ねて、イスラエルに旅立ちます。

その旅は、トルコ、ファティマ、サンチャゴ、ルルド、バチカン、カイロを巡る旅へと続き、1997年には、今現在も「聖母マリアの御出現」が続く、メジュゴリエという小さな村への旅へと発展していきます。
(このあたりのことは、以前メルマガでもご紹介をしたことがあります。こちらをお読み下さい)


先週のメルマガでは、神様との直通電話を持っているような女性が開発に携わった化粧品のエピソードをご紹介しました。

菊谷さんの旅も「神に導かれる旅というのは、こういう旅なのか~」とビックリするような奇跡の連続。

起こってくる1つ1つの出来事を、菊谷さんが純粋な心で感じ、動いたからこそ次なる奇跡が生まれていったのでしょうねぇ。

そのエピソードの1つをこちらで紹介しています。
この時の一連の旅は1999年『聖母マリアの秘密』という本にまとめられ、2016年にはあらたに手を加え、改訂版として出版されています。  
*『聖母マリアの秘密』のHP:http://seibomaria.com


さて、この2016年の改訂版出版後、菊谷さんは日本各地で聖母マリアについて語る「お話会」を開催されました。特に沖縄は重要な場所だと菊谷さんは感じられたようで、そのことについて、菊谷さんから次のようなメールが届いていました。


~~日本を「龍の姿」と観るとき、龍が持っている「珠(たま)」に相当するのが「沖縄(琉球)」であり、「マリア様のお話会」が琉球で開かれるときに「龍の珠」に「御魂」が入られて、マリア様と琉球(竜宮)がつながれ、「マリア様の物語」は次のステージに入っていくのだろうと感じていました。~~



すると予想通り、「お話会in沖縄」が沖縄市で開催されたのですが、その開催前、菊谷さんは神の島としても名高い、久高島を訪れました。

久高島での出逢いから、菊谷さんは、「聖母マリアの物語」がいよいよ最終章に向かっていることに気がついたそうです。


~~開催地に入る前、私は沖縄県南城市にある「久高島」を訪れました。この島は「斎場御嶽」と関連している「神の島」と呼ばれている所です。

その聖地において想像を超えた不思議な出来事が待っていたのでした。ある神人(かみんちゅ)さんと出逢い、久高島が持っている大切な意味について知らされました。

そして、それは何と「マリア様」とも深い関係があることでした。マリア様に導かれながら、20年以上にもわたって過ごしてきて、その物語のほぼ「終着点」といえるような場所にようやく辿り着いたようだと感じたとき、その地は、ヨーロッパでもアメリカでもなく、日本であり、琉球だったのです。


そして『聖母マリアの秘密』に関わる一連の出来事は、ヨハネの黙示録に記されている「千年王国」とも関係があることが分かったのでした。

「ヨハネの黙示録」は新約聖書の一番最後にありますが、それはまさに「マリア様とイエス様の物語」の最後を飾るにふさわしいものだったのです。

キリスト教徒でない日本人の私が、イエスや聖母マリアに導かれながら世界各国を訪ね歩き、最後にたどりついた大切な場所は「日本」でした。そして、日本人である私が書いた『聖母マリアの秘密』は、結果として「ヨハネの黙示録」の「千年王国」への誘いの書となることが分かったのでした。

いま、私たちは「千年王国」の入口に近づいています。今というこの時、『聖母マリアの秘密』の「神秘の物語」に触れていただければ誠に幸いです。~~



菊谷さんが久高島で神人から聞いた「聖母マリアの話」とは?
そして、これから始まる「千年王国」とは・・・?
なぜイスラエルでもトルコでもなく、この日本が「イエス様とマリア様の物語」の最後を飾る場所になるのか・・・?


興味が沸いた方は、ぜひ3月11日に東京にお集まり下さい。
皆さんと濃い時間を過ごしたいと思います。


そして、もちろん、3.11が発生した時刻には、菊谷さんと参加者の皆さんと共に、平和の祈りあわせをしたいと思います。

皆さんのご参加を心よりお待ち申し上げております。


日 時:2018年3月11日(日)13:30-16:30 (開場13:10)
場 所:東京 千代田区 御茶ノ水駅周辺 会議室
   (お申込み者に追って詳細ご連絡)
講 師:菊谷泰明さん
定 員:65名
参加費:6,500円    
ペア参加 お二人でのお申込で 12,000円


お申込はこちら




by hiroshimapop | 2018-02-16 16:26 | テンプル最新情報 | Comments(0)