<   2017年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧



「里」いう思想


私は、かつて日本人がどのように暮らしていたか、農村や漁村の普通の人々がどのように人生を送っていたかを書いた民俗学のような本が好きなんですが、この本は、群馬県の上野村に移住した哲学の先生が、その村の暮らしで何を思い、何を感じてきたかを書いたもの。

書かれているのは、以前の日本人の暮らし、ではなく、今の、もしくは、ごく最近まであった日本の暮らし。都心での暮らしには、水木しげるが描いたような、目に見えない世界と目にみえる世界との狭間はとっくに消え去ってしまい、みえる世界だけが全てになっています。でも、田舎にはまだそういう世界観が残っているんですねー。

たとえば、こんなことが書かれていました。

上野村の「里山文化祭」の準備は、かつての村の暮らしを丁寧に思い出していく作業からはじまった。そんなある日、村に数多く残されている馬頭観音のことが話題になった。馬頭観音は、馬を使って荷を運んでいた時代に、事故にあって馬が死んだ場所や、馬が集まる場所に馬の安全を祈って建てられた供養塔である。上野村にも、山の中をぬうようにつくられている昔の街道わきには、いくつもの馬頭観音がある。

そんな話がでたとき、メンバーの1人が、その馬頭観音の話は少し違うと話し始めた。(中略) 彼の話は次のようなものであった。

<山の中には、時空の裂け目とでもいうべきものがいくつもある。それは、この世とあの世を結んでいる裂け目でもあり、私たちの世界と魔界、あるいは原始の世界を結んでいる裂け目である。おの裂け目はだれかが命をささげなければ埋まることはない。人間たちが山で死ぬのは、きまってそういう所で、ところが人間にはこの裂け目が見えない。

自然界の動物たちはこの裂け目がみえるから、そんなところに落ちることはないし、なかにはかつてのオオカミのように、この裂け目を利用して、異なる時空を移動していた動物もいた。

そして、馬もまた、この時空の裂け目をみつけることがあった。ほうっておけば、いつかだれかが命を落とすだろう。そう考えた馬は、自らその裂け目に命を投げ出し、人間の身代わりになった。馬が「事故死」するのはそういうときで、そのことに気づいた村人が、その場所に馬頭観音を建てた>

こういう話はかつて私が子供の頃にも、人々が集まったところで、普通に出てきましたし、話題にもあがってました。人はそれを馬鹿馬鹿しいとも思わず、そういうこともあるかなーと聴き入っていた気がします。

祖母も山で狐に騙された話などを、何度か云ってました。

電気も車も無い時代、日本各地で、狐に騙された、タヌキに騙された、という話はよくあったそう。単なるおとぎ話や作り話ではなく、実際、日常的にそんなことはよくあったんだと思います。まだ田舎にいくと分かりますが、街頭もない田舎道や山道は本当に暗い。あの真っ暗闇の中なら、物の怪たちも出てきやすいでしょうし…

しかし、文明が進み、スピード重視、効率重視で人間優位の世界となると、見えない霊たちと当たり前にやっていた魂の交流が人間社会から消えてしまい、同時に、そのような世界観を受け入れていた素地が私たちの心からもなくなってしまい、タヌキや狐は山にいるただの動物となり、オオカミや馬も時空の裂け目に気づかない動物になってしまいました。

動物も人間も等しくこの地球に生き、自然を分かち合って生きている仲間だと感じられる世界のほうが、人間も生きやすくなると思うんですが、コンクリートとアスファルトの中でそれはなかなか思い出せず・・・。


まだ、こういうことを云っているお祖父ちゃん、お祖母ちゃんがいたら、ぜひその話、メモして残しておいて下さい。それはとても貴重な宝になるはずです。

神話とも民話とも違う、人々の暮らしの中にあった不思議な話をかつての日本人は脈々と受け継ぎながらDNAに刻みつけて生きてきたんじゃないかなぁ。



by hiroshimapop | 2017-07-26 17:03 | おススメBOOKS | Comments(0)

先祖供養のお話し会裏話


昨日は渋谷で、先祖供養をテーマにしたお話し会のPart2を開催してました。

定員60名のお部屋に参加者とスタッフで、空いた座席はほぼない、というギューギュー詰め状態。

しかし今回は、肉体を持った参加者さんだけではなく、肉体をもたず、申込もせず(笑)、参加者さんの背中にくっついていらした方数知れず・・・。

・・・実は、かなりはっきり視える、聴こえる系の知り合いが今回、参加してくれていたのですが、彼女曰く『何があったんだー、なんでこんなに集まってるんだー?』と驚いてしまうほど、参加者さんの背中には、もれなくその方々のご先祖さんが背負われており、あの狭い会場は、集まってきたご先祖様たちで、さらにギューギュー詰めだったらしいです。

昨日は、開演から1時間ほど経過したあたりで1回休憩を入れたんですが、その休憩を入れるまで、彼女は、霊が発するエネルギーでほぼ失神状態になっており、でも、休憩時間に目が醒めたら、会場の人が(実は霊が)1/3ほど減ってたんだとか。

あー、この間に帰られた人もいたんだなー、会場が少し広々してきたなーと本人はその時思っていたそうで、終了後「休憩時間前に帰られた人がけっこういましたねー」と云っていたので「いや、誰1人帰ってませんよー」と返事をしたら、減ったのは霊だったのかと驚いておりました。

・・・と云われた私も驚きましたが。


で、最後に、皆さんで般若心経を一巻唱えたんですが、その時、参加者さんにくっついていらしてたほとんどのご先祖様は、上に上がられたそう。実際、参加者さんからも「あの般若心経のあとで身体が軽くなりましたー」とか「つきものが落ちたように感じました-」というのがありました。実際、つきものが落ちたわけですから(笑)、身体が軽くなった、というのはあり得ます。

視える友人いわく、霊は上にあがるときに熱を発するらしく、その霊が発する熱(!)があまりに熱くて、彼女は、とっても大変だったようです。私も今日は冷房に効きが悪いなぁと思いつつ進行していたんですが、般若心経のあとで、空気がクリアになった感じがしたのは、熱の発生源が部屋からほとんど消えたからだったー!?



・・・それにしても、参加者さんの先祖供養をちゃんとしたいという真摯な思いと、弘美先生のお話が共鳴して、あの場に集まってたご先祖さんたちは上がれたんでしょうか。最初の1時間のお話し中にも、霊の数が減ってたわけですから、霊の皆さんも、子孫と一緒に先祖供養の話が聴けて満足されたんですかね。

で、視える系の知り合い曰く
「こんなにご先祖様が集まってきたの、考えてみたら、お盆前だからだねー」「今日、参加された人はお得だったと思う。ここにいるだけで、ほとんどのご先祖様が上に上がられましたから~」と云っておりました。数体、最後まで残っていたご先祖様もいらしたようですが、まぁ、皆さん、これからはご自宅でそれぞれ供養されるわけですから大丈夫ですねー。

c0125114_15013933.jpg

by hiroshimapop | 2017-07-24 15:45 | 世界は不思議に満ちている

オリバーサックスの『見てしまう人びと』


この本は、幻覚、幻聴、幻臭など、そこにないはずのモノを見たり聞いたりしてしまう人について書かれた医学エッセイ。

人がどのような幻覚を見、聞いているのか、ここまでまとまって書かれている本はそうないので、興味がある方は是非。まったくもって荒唐無稽なモノが見えるので、SF小説家ですら、このような幻覚は想像できないのではないかと思えるほど、人がどのような幻覚、幻聴を体験しているか、非常に興味深いです。

中には幻覚というよりは、霊的な体験をしていたのでは(天使をみたり、天使の声を聞いていたり)と思える子供の体験もあり、もしも、周りの大人がそういった現象に理解があり「それは夢だよ」と慰めなければ、もしかしたら、本人にとって、素晴らしい宗教的な体験としてその子供の魂の成長を促したのでは?と思える残念な事例もありました。幻覚なのか、宗教的体験となるかは紙一重なのかもしれません。

ドストエフスキーは癇癪持ちで、その癇癪を起こす前に、恍惚発作と呼ぶような発作を起こしていたそうですが、ドストエフスキーの幻覚もまた神がかっていました。

あたりの空気がものすごい音で満たされ、私は動こうとしたが、天国が地上に降りてきて、私を飲み込むのを感じた。私は本当に神に触れた。神がこの私に顕れたのだ。「そうだ、神は存在する!」と叫んだが、ほかのことは何も覚えていない。私たち癇癪持ちが発作の前数秒間感じる幸福を、あなたがた健康な人々は誰も想像できまい。・・・この至福が続くのは数秒なのか、数時間なのか、あるいは数ヶ月なのか、私には分からないが、正直な話、人生がもたらすであろう喜びをすべて差し出されても、この至福と交換するつもりはない。
ちなみに、ジャンヌダルクも、ドストエフスキーと同じような恍惚前兆をともなう側頭葉癇癪をわずらっていたかもしれない、という研究者がいるようです。こんな恍惚を体験すれば、そのような病気を持たない私たちのほうが残念、という気にもなってきます。


・・・ところで、もう10年ほど前になりますが、個人的な体験として、ある女性の幻覚に悩まされたことがあります。

当時、その方は、私の親しい人の1人ではあったんですが、あるときから、彼女が異常な幻覚を、それも私に関する幻覚を見始め、本当に対処に困った時期がありました。

もうはっきりとは覚えてないですが、例えば、真夜中に私が彼女の家の2階の窓からのぞき込んでいたとか、宇宙人の男性を連れて彼女のサロンを覗いていた、とか・・・まあ、そんな感じです。

次から次へと新しい幻想話(本人はいたって本気)を聞かされ、ホトホト私も困ってしまったんですが、どうやら彼女が片思いしていた男性と私が何度かゴハンを食べたり話しをしたりしているのを嫉妬して、そのような幻覚を見始めたらしい・・ということが分かり、ご本人とも、まともに話ができる状態ではなくなってきたので、それ以来おつき合いはなくなったのですが、ちょうど年代的に、女性ホルモンのバランスが変わる時期でしたから、嫉妬の感情もあいまって幻覚を生じやすい状態に陥っていたのかもしれませんー。

神を感じる幻覚から、奇妙きてれつな幻覚まで。人間のカラダに秘められている不思議スイッチ、私も探して押したくなってしまいます。



by hiroshimapop | 2017-07-22 19:06 | おススメBOOKS | Comments(0)

ソマティックの会場はトーン7で溢れている


昨日でDr.マイケルのソマティック・エナジェティクスの全スケジュールが終わり、今日、マイケルさんは都内観光。夜の飛行機でマウイに帰られます。

ちょうど1年前から引きついだソマティックの主催。マッサージベッドが1度に20台以上必要ということも含め、何から何まで初めて尽くし。スタッフ総出で2か月前くらいから準備を始めましたが、それでも去年はアップアップのバタバタでした。

その主催も今回で3回目。ようやく進行にも余裕ができてきた感じです。

それにしても、何度体験しても不思議すぎるソマティック。

エピソードは数々あれど、今日は、トレーニングセミナーで毎回ランチボックスをお願いしているAKIRAさんの体験談をシェア。

ソマティックが、肉体を扱いながら、肉体を通して肉体以上の何かにアクセスし、癒しを起こしていることを想像していただけるのでは?と思います。


さて、毎回美味しいベジタリアンのランチを作って持ってきてくださっているAKIRAさん。いつも会場のドアの前でお弁当を受け取っているので会場の中に入ったことは一度もないのに、こんな体験をされていたそうです。

ある日、AKIRAさんがソマティックの会場となった代官山の地下駐車場に着いたとき、ビル全体に白い光の柱が立っているのに気がついたんだとか。そして上のほうから、白い光が滝のように地下駐車場に流れ込んでおり、光の柱がビルに対し結界のような役割をしていた…。

いったいこれは何だ?と思って上階に上がり、ソマティックの会場を開けたところ、まさしくそこが光の柱の発信源。さらに、ランチを配達した帰り、車で10分ほど走ったところで、突然、異言が自分の口からこぼれはじめ、身体の内側からも歓喜が溢れて止まらなくなり、その歓喜のエネルギーで車の運転ができなくなってしまったそうなのです…。

ランチは運んでいたけれど、そこで何が行われているかをよく知らず。
家に戻って検索して、ようやくソマティック・エナジェティクスなるボディワークを知って、興味を持った。

そんなお話しをして下さいました。

AKIRAさんはもともと高い直感力を持つ、宇宙的な方ですが、ソマティックの会場に入っても、セッションを受けてもないのに、ソマティックの慈愛のエネルギーに触れて、しっかり受け取られていたわけですから、なんとも羨ましい限りです。

部屋に入ったとたんに、涙を流される参加者さんも何人もいらっしゃいましたが、慈愛のエネルギーはビル全体を覆っていたんですねー。


そして・・・
私は今回、毎日休憩時間やセッション時間に更衣室に閉じこもってパソコン仕事をしようと、毎日重いパソコンを肩にかけて代官山まで通っていたのに、全くパソコン仕事ができない、という(私にはあり得ない)体験をしました。

パソコン画面に映る数字や言葉を読んだり書いたり解読したりということが、なんともやりにくく、こんなにパソコン仕事ができない期間はかつて体験したことがない、というくらい、パソコン仕事がダメ。

ちょうど、尼崎サロンの予約申し込みのスケジュール調整が2か月分あったんですが、この人は、この日時がOKでこの日時がダメ、この方の希望はここで、ここは入れられない、というジグソーパズルのような日程調整も普段は何でもなく出来るのに、今回はなんとも四苦八苦。

もともとパソコンを開けられる時間も少ないうえに、開けても仕事にならないので、ご連絡がずいぶん遅れてしまいました。

日本人プラクティショナーさんのYUKIさんが、今日のソマティックのセッションはトーン7に溢れて素晴らしかった~と云っている隣で、トーン4全開のパソコン仕事は出来ないのは当たり前だわと思ってましたが(トーン4、トーン7については、こちらをお読みください)、AKIRAさんの光の柱のエピソードを聴くにつれ、そんな光の柱と光の滝の中では、なおさら、パソコン画面見つめて、左脳重視の仕事はできないのも当然ですねー。

八ヶ岳のリトリートに、現役時代は、日本中に支店を作り、ビジネス界の成功という成功を手中に収めていた女性がご参加になっていたのですが、その方に、ソマティックを慈愛のエネルギーに浸って自分を解放できるのは、ビジネス界を完全に引退したからよ、現役だったら難しいわねーと云われてました。

トーン7のエネルギーを浴びながらトーン4の仕事は無理というか、もったいない。


次回のリトリートは、パソコンも仕事も手放して、十分、そのトーン7のエネルギーに浸るとします。

by hiroshimapop | 2017-07-19 17:09 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)

ソマティック参加者さんからのメール


マイケルさんのソマティック・エナジェティクスのグループセッションが始まりました。
毎日、代官山に通う日々です・・・。

ソマティックは初めて、という方が多いのに、今回は全体的に、変容の準備ができている方の割合が高い気がしています。初めてなのに、ふかーく自分の内側に入られ、セッションが終わっても、その「あわい」からなかなか意識が戻ってこない、戻りたくないという感じで、セッション自体は終わっているのに、皆さんのお目覚めをながーくお待ちしていたこともありました。

テンプルが主催するようになって今回で3回目。何か代官山のあの会場に「ソマティックの場」ができ始めているような気さえしています。もちろん、それにチューニングできなければ何も感じないのでしょうが、Michaelさんや日本人プラクティショナーさんと一緒にいることで、形成されているその場にすぐに皆さんが感応される、というか・・・。

何度も受けている方は、会場に入っただけで涙を流される方もいらっしゃいますし、Michaelさんがソマティックのセッションを始めると「エネルギーのウエーブに触れて泣きそうになる」という方もいらっしゃいました。

ハートが開いた方は、慈愛のエネルギーに触れると、それが涙となって溢れてくるんでしょうかね。

そんな今回のソマティックのセッションを受けられた方から、素晴らしい体験談が届きました。ご本人に掲載の許可をいただきましたので、以下でご紹介します。

こんにちは、7月2日にグループセッションに参加させていただきました。
とても素敵なセッションをありがとうございました。

セッションが終わった後はもうなんだか別世界に来たような....不思議な感覚があります。思考が静まり、ああ、これが自然で、中心なんだな~とわかり、日常でもこの感覚を忘れないようにしたいです。

セッションの初めに、マイケルさんに背中をチェックしてもらったときに、「ヨガをやっているね、神経系が開いている」とズバリと言い当てられてしまいました。ただ触れただけなのに驚きでした。

セッション中は意識はあるものの、意識とは別のところで体が勝手に動きました。わたしの場合は肩甲骨の関節や腰を動かしたがったりしました。また、お腹の底から何度も口で息を吐きたい感じで、「ふっふっふっふっ」とそれが連続して続いたのですこし頭がぼーっとしてしまいました。

周りの方と同調しているのが少しわかりました。セッション中、私はあまり声を発しませんでしたが、身体が動きたがっている時と、周りの方が号泣したり大笑いしているタイミングは同じでした。調整の仕方は人それぞれなんだと思いました。

エネルギーがどんどん入っていくのがわかり、眉間や頭上から抜けたがっているかんじで、もう、どうしようもなくなって第一チャクラのほうから頭上まで流れるように手で促していました。

マイケルさんに「高い周波数に合わせる準備ができている。エネルギーが波のように入っていったね。」というようなことを言っていただけました。

実は、セッション前日から感情の古傷が出ており、恥ずかしながら元彼に対して怒りと憎しみの感情が出ていました。
不思議なことに、セッション中は「もう、一緒に自由になろう!」という気持ちになり、わたしだけでなく、元彼の方も癒しが起きたような気がしました。

今回の体験を書いているだけでも、セッション中の感覚に引き込まれそうになり、身体がまた動きたがっているようです。初めてセッションを受けましたが、たいへん面白い体験でした!今後の変化を楽しみにしています。

マウイリトリートに参加できたら...本当にミラクルな体験になるだろうな~と思いました^^

また宜しくお願いいたします。

素敵な時間を過ごしていただいたようで、嬉しいです。ご感想もありがとうございますー。スタッフみんなで嬉しく読ませていただきましたー!

ソマティックのグループセッションは、受けられた方が、お帰りになるときに2回目、3回目の予約を入れて帰られることも多いのも特徴。

今日も「他にも色々なボディワークを受けてきたけど、ここでしか味わえない、体験できないことがある」と云って2回目の予約を入れてお帰りになられた方がいらっしゃいました。

2時間のセッション中、ソマティックのバイブレーションの中に全く入ることができず、「何も感じなかった」とお帰りになられる方ももちろんいらっしゃいます。マイケルさんは、頭を離れ、ハートで感じてみて下さいとよく云ってますが、日々、思考中心で生きていますから、考えるのではなく感じる、いうのが、なかなか難しいんですよねー。

今週末からはトレーニングクラスが4日間、来週はリトリートを代官山と八ヶ岳でやります。濃いスケジュールが始まるのは、これから。
まだまだ変容の旅は始まったばかりですー!

Michaelさん滞在中のグループセッションの詳細、お申込みはこちらから

c0125114_21205539.jpg

by hiroshimapop | 2017-07-04 21:23 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)

ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフルの店長日記


by hiroshimapop
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
有機認定ひまし油300ml

有機認定ひまし油
220ml 2,480円

ひまし油湿布Bセット

ひまし油湿布Bセット
45,380円

大地の力シャンプー

大地の力シャンプー
3,024円

アルカサイモリン

アルカサイモリン
300ml 1,998円

生アーモンド

生アーモンド
100g 756円
1kg(お得用)もあります

オーラグロウ

オーラグロウ
220ml 2,620円

大地と海の歯磨き粉

大地と海の歯磨き粉
80g 2,160円

カーボンスチール(炭素鋼)

カーボンスチール
1個 742円

ソリーブソープ

ソリーブソープ
100g 1,296円

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」
光田秀著 1,728円

書籍「エドガー・ケイシーが教えてくれた美しく生まれ変わるレシピ」

書籍「美しく生まれ変わるレシピ」光田秀著 1,404円

書籍「自然療法で乾癬を治す」

書籍「自然療法で乾癬を治す」ジョンパガノ著 2,376円