<   2016年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧



魂の扉を開くソマティック・エナジェティクス


先週配信したメルマガ592号です・・・。

ご縁があり、これまで他の方が招聘、主催されていたDr.マイケル・マクブライドの《ソマティック・エナジェティクス》というエネルギーワークの、日本サイドの窓口をテンプルが担当することになりました。

5月21日には、Dr.マイケルの本が初出版となる運びで、テンプルでは、7月2日(土)の出版記念セミナーから7月17日(日)のトレーニングセミナーまで、様々なセッションやセミナーを予定しています。
 *最後に、全体のスケジュールを載せていますので、ぜひご確認下さい。

まずは、Dr.マイケルの7月2日(土)の出版記念セミナーのお知らせです。


…では、そもそもソマティック・エナジェティクスとは、いったいどういったエネルギーワークなのか…? 文章ではなかなか説明しきれないところがあるので、想像をたくましくして読んで下さいね。

ソマティックのWEBにはこう書かれています。

『ソマティック・エナジェティクス(以下SE)は、Dr.マイケル・マクブライドが伝える体と思考、心と魂の変容の技です。それは新しいレべルの自由、より健康な状態、本来のあなたらしい自己表現を可能にします。

慈愛に満ちた優美な波動を伝えることで、首、背骨、骨盤の調整がエネルギー的に起こり、体を整えていきます。そしてあなたの神経系、ハートに向かう経路をきれいにしていきます。

古い感情のエネルギーを手放して、ハートにつながる経路がきれいになるにしたがって真実の様々な相が明らかになっていきます。本当の自分が見えてきます。

思考、体、心、魂がつながり、宇宙に満ちる知性(ユニバーサル・インテリジェンス)が流れ込み、内なる知性(イネート・インテリジェンス)として働くとき、あなたは生命に与えられた恩恵とあなたの中に眠る可能性を再発見されることでしょう・・・』


・・・と、説明されてもよく分からないですよねー。


私自身が感じているソマティックは…、ということになりますが・・・

私たちは子供から大人に成長し、そして社会生活を営むうえで、知らず知らず見えない鎧を身につけてしまっています。それは、親からの刷り込みや常識、古い感情やとらわれ、とも言えますし、自分の感情や気持ち、尊厳を守るために防御のために作り上げてしまったものかもしれません。

それがあまりに自分と同一化してしまっているので、そんな鎧を身に着けてしまっていることすら気づかず、私達は日々を送っているわけですが、でも、そんな自分は、果たして自由意志と自由な魂をもっている、と云えるでしょうか…?

無意識に作った制限と、足かせの中で生きている、とも云えますよね…


ソマティックのエネルギーは、そういった足かせや鎧が自分に張り巡らされていたことに気づく。そしてその見えない制限や限界を1つ1つ外していく・・・。

そのサポートになるエネルギーなのでは?と現時点では思っています。


面白いことに、ソマティックには、人は生きている中で、10パターンのエネルギー的なステージ(トーン)を体験し、そのトーンごとに、固有の振動を持っているというコンセプトがあります。


私は典型的なトーン4人間。
世界で最も多いのはトーン4のエネルギーを持っている人らしいですが、トーン4は、こんな特徴があります。


*常識や社会の中で自ら可能性に制限や限界を築いてしまっており、自分で自分を縛っている。
*神経的な緊張の中で生きている
*心や頭の中ではエンドレスなお喋りが続き、心の声が聞こえなくなってしまっている
*頭の中で繰り返される質問、分析、コントロール、判断などで思考はいつも活発
*鎧と抵抗が強く、誰かを受け入れるのが難しい


トレーニングテキストには、こうも書かれています。
『トーン4にしがみついているクライアントは、自動的に真の根本原因から注意をそらそうとする。部屋を見回したり時計を見たりして、感情のエネルギーが浮上し始めると涙を抑えようと震え始めます。

取り乱していることによって隠された感情や傷ついた気持ち、不適当だと考えられる重要な情報は表層意識の下に隠されています。それは幼少期から学んできた生存のための反応です』

これはまさに私に起こったこと。マイケルのセッションを一番最初に受けたとき、「あ、このままでは号泣してしまう」と思いっきり涙を抑えた記憶があります。

心の鎧と強い抵抗を手放せないでいる私は、いまだトーン4から脱出できずにいますが、トーン4を抜け出た方々の心と身体は本当に自由! 

ソマティックの施術は15~16名が一度にマイケルさんの施術を受けるので、周りのクライアントさんの様子が音で聞こえてくるんですが(基本、目をつむって寝ているので様子は見えない)、反応のいい方がいると、マイケルさんにちょんと軽く身体を触れられただけなのに、施術中、動きだす、踊り出す、歌いだす、泣き出す、意味不明の宇宙語のような異言を話しだす・・・!


昨年、ひさびさにマイケルさんのセッションを受けにいったら、私のお隣の女性が激しく反応をする方で、動きすぎて何度かベッドから落ちてました(落ちるといっても、ズリズリと床に降りたった感じのようです)。

「勝手に身体が動く」というのがどういうのか想像がつかない方はこちらをどうぞ。
 

前回の来日の際には、サンプラザ中野くんもお誘いしたのですが、中野くんの近くにいた女性は、最初のセッションでずっと号泣し、2回目のセッションの時には一転、ずっと大笑いしっぱなしだったそうです。

何か大きな魂の解放が起きたのでしょうか・・・?

今年の1月までマイケルさんの招聘をしていた、きむらゆきさんは、前回、施術台の上で頭頂部だけで倒立してました(身体がそういうふうに動きたがったので、動くにまかせていたら、そうなってしまったそうです)。


動きだすほうがいい、叫び出すほうがいい、ということではないかもしれませんが、動きたいという身体の欲求にすぐに応えられる準備ができている、そこに抵抗がない、ということは云えるかもしれません。


・・・というソマティック・エナジェティクスのエネルギー。
これは変化を促すというより、変容を促すエネルギーかもしれないと私はひそかに思っています(その変容を受け入れる準備ができている人には…)。

そんな変容を促すDr.マイケルの慈愛に満ちたエネルギー。
そのエネルギーに触れに、そして人間が持つ無限の可能性を感じに、ぜひセミナーにいらして下さい。

セミナーでは、デモンストレーションもあります。運良くDr.マイケルのセッションを受けられるかもしれませんよ。

日 時:2016年7月2日(土) 13:00~15:00(開場12:30)
場 所:東京千代田区永田町(詳細は参加者に後日連絡)
定 員:80名
参加費:3500円

申込はこちらから

   
同時申込割引

*リトリート(7月3日~5日)、もしくは、トレーニングセミナー(7月14日~17日)にお申込の方は、このアフタヌーンセミナーは無料でご参加いただけます。

*アフタヌーンセミナーの他に、2016年7月のDr.マイケルによるグループセッションに申し込まれた場合には、グループセッションの費用が5%引きとなります。
(18000円→17100円 15000円→14250円 Kidsの9000円→8550円)
*アフタヌーンセミナー受講後、トレーニングセミナーに申し込まれた場合は、3500円を受講費から差し引かせていただきます(すでに定員に達していたらごめんなさい)。


グループセッションは、基本的に、午前の部、午後の部の設定になっています。心が動いたものがあれば、早めにお知らせ下さい。仮予約を入れさせていただきます。

グループセッションのお申込フォームはこちら


全体のスケジュールはこちら

ソマティック・エナジェティクスの公式サイトはこちら


●7月3日(日)~5日(火) リトリートin八ヶ岳(2泊3日)
      場所:山梨県北杜市(八ヶ岳) 現地集合・現地解散
      参加費 138,000円(税込)2泊3日
      定 員:16名

●7月7日(木)~10日(日) Dr.マイケルによるグループセッション(通訳つき)
      2時間:18,000円(税込)/ Kid's(1時間) 9,000円(税込)
      午前の回・午後の回あり 
      定員:16名 

●7月11日(月)Dr.マイケルによるグループセッション(通訳なし)
      2時間:15,000円(税込)
      午前の回・午後の回あり 
      定員:16名 

●7月12日(火)日本人プラクティショナーによるグループセッション
      2時間:12,000円(税込)
      午前の回・午後の回あり 
      定員:16名 

●7月13日(水) SEトレーニング生のためのフォローアップセミナー
      28,000円 (SEトレーニングの生徒が対象)

●7月14日(木)~17日SEトレーニングセミナー(4日間)
      初受講  :194,400円 (180,000円+税14,400円 テキスト代金込み)
      再受講の方:155,520円 (144,000円+税11,520円)
      定員:16名    


●リトリートとトレーニングセミナーにお申込の方は
・ご参加希望セミナー名
・お名前
・連絡のつきやすいお電話番号

を明記の上、b-shop(あっと)caycegoods.com (担当:すいづ)までご連絡下さい。
   *(あっと)は@に変換して送信下さい。


Dr.マイケルのプロフィール
Dr.マイケルはヨガ教師、カイロプラクターを経て、現在は欧米を中心に世界各地で活躍するエナジー・ワーカーです。ドイツに招かれて18年、彼は長年の経験と愛情と思いやりのある施術で人々を助け、彼が発展させてきたこの仕事を愛して生きています。

彼は1970年代にマウイ島とヨガ・アシュラム(Mt.マドンナ・センター)でヨガのトレーニングと経験を積み、ヨガ教師をしていました。その頃からすでに骨格を動かす天性の才能があり、積極的に彼のヨガ教室に通う生徒の骨を調節し直していました。
その後カリフォルニア州サニーヴェールにあるカイロプラクティックの大学に学び、1985年に卒業しました。

Dr.マイケルがカイロプラクターとして開業していた時のことです。彼は大きなサロンを構える成功したカイロプラクターでした。しかしクライアントの体を調整して一時的に症状が改善しても、数ヶ月後には同じクライアントが同じ痛みを訴えて彼の元を訪れることに失望したといいます。
彼の関心は心理学や脳科学へと進み、ヨガの経験から彼がもともと持っていた霊的でエネルギー的な人間へと立ち返りました。そして最終的に真の源の中に彼の方法を見つけました。

彼は通常24人、最大で30人を一度に施術します。ビジョン心理学を確立したことで有名なチャック・スペザーノ博士もDr.マイケルの施術の大ファンで、スペザーノ博士のセミナーに招かれ施術を披露するなど一緒に働いた経験もあります。

これまでに8000人以上に施術し、解剖学、心理学、治療学の豊富な知識と経験を持つDr.マイケルは伝えています。

「体は地球という宇宙環境を生き延びるための遺伝的な宇宙服であり、わたし達はこの体を通してこそ受け取れるものがあります。美しい恩恵とつながることができるのです。」と。

c0125114_6135114.jpg

by hiroshimapop | 2016-04-28 06:14 | ソマティック・エナジェティクス

謎のフランス人ジュリアン君(南仏の旅報告―4)


今回の南仏の旅には、謎のフランス人(と呼んでいる)ジュリアン君も参加してました。

初めて会ったのは12年前。その時彼はまだ23歳。たしかソルボンヌ大学の大学院に入学するためにパリに引っ越してきたばかりの頃。まだパリのことをよく知らないというし、それだったら、ジュリアンと一緒でなければ絶対に行けない、ソルボンヌ大学の図書館に連れていってー!とお願いして、まだ休暇中で人の少ない大学構内をアチコチ案内してもらった記憶が(結局図書館は見つからなかった気がする・・・)。

それから12年。
最近はフェイスブック経由でお互いの近況はよく知ってますが、物理的に会ったのは、今回でまだ4回目。パリ→台湾→東京→ルルドで再会と、会う場所は、ワールドワイドですねー。


ジュリアンのことは、テンプルでも語り草になっていることが1つ。

1度、彼が東京に遊びに来るというので、では滞在中のお小遣い位にはなるかなーと『謎のフランス人来日』という、ワケの分からないお話会を開いたことがあるんですが、無名の、単に私の知り合い、というだけの若いフランス人男性の話を聞きに、なんと、80名ほどのお申込みが! 

20人くらい参加してもらえるといいなぁという主催者の予想を遥かに超えておりました。ジュリアンも80名という大勢の人の前では緊張する、というので、結局、2回に分けてお話会を開くことに・・・。

たしかに不思議系、スピ系の彼ではありますが、全く無名のジュリアンの話を聞きに、何故あんなに人が集まったのか、不思議・・・。


と、ずっっと思っていたんですが、今回、初めて判明したことが・・・!

彼は、宇宙人、というか、宇宙意識から、ときどきメッセージを受け取っている人なんですが、あの東京来日のとき、その宇宙人から「ナオコに東京に行くことをメールしなさい」という再三の命令があったんだとか。

その時彼は大学の試験勉強中で、とても日本語でメールを打てる状況ではなかったので、今は無理って、無視していたら、翌日も、その翌日も「ナオコにメールを!」という命令がきたんだってー!

ということは、あのお話会は、私の意志ではなく、大いなる意識の働きかけがあって、することになったものだったのかもー。だから80人も人が集まったのかしら??

よく分かりませんが、彼のその後の宇宙人話やUFO話も含め、いつかまた『謎のフランス人』のお話会、どこかでするかもです〜。

独学で獲得したジュリアンの日本語は、とても丁寧。今の日本人が忘れてしまった丁寧さです。
c0125114_625391.jpg

by hiroshimapop | 2016-04-26 06:48 | ただいま海外で体験中! | Comments(0)

晩年のマグダラのマリア(南仏の旅報告―3)


フランス滞在3日は飛ばして、4日目はマグダラのマリアに浸る一日!

南仏の旅4日目の訪問地は、マグダラのマリアの(ものだと云われている)聖遺骨が祀られている教会。マグダラのマリアは、迫害を逃れ、船で南仏に到着し、亡くなるまで南仏にいた、という伝説がこの地にはあるんだとか。

…伝説と書きましたが、ここの教会(バジリカ)は、ローマ法王に認められているので、ローマ法王も、マグダラのマリアが南仏に移り住み、この地で亡くなったことを認めているのではないかなと思います。

教会の地下にはマグダラのマリアの頭蓋骨と発掘をしたときに剥がれ落ちた皮膚の一部がガラスケースで展示されています。実は、写メで撮影もしたんですが、2000年前の肉体とはいえ、女性として、頭蓋骨を晒されているのは辛いだろうなと思うので、ブログでは、美しいマリアの石膏像の方をアップさせていただきます。

             ずっと曇天続きでしたが、雲一つない青空!
c0125114_12575849.jpg

                聖マグダラのマリアのバジリカ
c0125114_1301645.jpg

            マグダラのマリアの聖遺骨の前にあった石膏像
c0125114_1258481.jpg

           天使に導かれて天に召されているマグダラのマリアの像
c0125114_12591172.jpg


 たまたま訪れた日は中世祭りが教会周辺で催されてまして、こんな方がいっぱい!     
c0125114_1259469.jpg

                    本物の狼なんだってー
c0125114_1304754.jpg



午後に訪れたのは、マグダラのマリアが人生最後の30年余りを祈りと瞑想で過ごしたと云われている洞窟。下から見上げたときには「登るの無理!」って思いましたが、ふーふー云いながらも、一歩一歩進んでいけば、いずれは到着しますねー。登る甲斐ある素晴らしい場所でした。

ここで暮らしていたマグダラのマリア、衣服はそのうち無くなり、長い髪の毛を衣服がわりに身体に巻き、食事は、時々天使が訪れてマリアに与えたんだとか。ちょうどモーゼと共に約束の地を目指して40年間歩き続けたユダヤの民に、神がマナを与えたような感じだったのかもしれません。

ケイシーのリーディングを受けたなかに、前世でマグダラのマリアだった、という女性がいたそうです。自己肯定感が低く、罪悪感に悩んでいたのですが、「主がとっくに許されていることを、なぜあなたは悔いているのか」とリーディングで云われたんだとか(帰国したら、ちゃんと調べます!)。


マグダラのマリアとイエスは恋人同志だったのでは?とか、イエスの子供をマリアは産んでいた、と言っているサイキックの方がいたり、そのようなメッセージを受けたという本も出ていますが、私が信頼しているある方に神様が伝えてきた内容では、マリアとイエスは純粋に師弟関係だった、というものだったそうです。その方によると、マグダラのマリアは子どもを産んでいたそうですが、それはイエスの子ではなく、聖書にも名前が出てくる方でした。マリアがイエスに出会う前、彼はマグダラのマリアの顧客であり、そして、マリアのことが好きだったらしい…(云われてみると、そうだったとしても不思議はないなーと思う人でありました)。

c0125114_1312346.jpg

c0125114_132741.jpg
c0125114_1323793.jpg
c0125114_1331256.jpg

by hiroshimapop | 2016-04-25 14:51 | ただいま海外で体験中! | Comments(0)

ビュガラッシュ村とレンヌ・ル・シャトー(南仏の旅報告ー2)


南仏の旅、到着2日目の目的地は、ビュカラッシュ村。
2012年12月、世界が滅んでもココは残ると云われたため、村民200人のこの村にニューエイジ系の人々が大挙して引越してきたんだとか。

このビュガラッシュ山は、UFO の目撃情報もあったり、地質学的に山の上部の地層の方が古いという、ちょっと不思議な山です。私は時々、何かのエネルギーに反応すると頭痛がしてくるんですが、バスがこの村に近づくにつれ、頭痛が始まりました。今回は麓から仰ぎ見ただけですが、登ってみたら何やら面白い体験が出来そうな感じです・・・。

…しかし、ルルドから半日かけて、わざわざここまで来た日本人は、そうはいないはず。とにかく、その噂以外、なーんにもない村なんですから。ここに来るのをリクエストしたのは私ではありますが、こんな旅を許してくれる小林さんも、相当懐ろ深いですー。

c0125114_15214267.jpg


この山からほど遠くない場所にあるのは、第二の目的地、レンヌ・ル・シャトー。

ダン・ブラウンのダビンチコードを読んだことのある人は知っている、不思議な歴史を持つ教会です。高台の景色のいい場所にはありますが、車もない時代、毎週ここの教会に通うにはかなり不便だっただろうな思います。教会内部の装飾は、かなり趣味の悪く、とても美しいとは云えない小さな教会ですが、ダビンチ・コードを読んだ時から、ここ、ずっと来たかったのですよ〜。この趣味の悪さで何かをカモフラージュしている感じもしないではありません…。ビュカラッシュの山と何か関連があるのでしょうか?


団体旅行なのに、何時間もかけて、こんな摩訶不思議な場所にお連れしてしまい、念願叶って私は満足ですが、とことんワガママな私仕様の南仏の旅に付き合って下さり、皆さん、ありがとうございます。
c0125114_15224796.jpg

c0125114_15222057.jpg

c0125114_15231852.jpg
c0125114_15234032.jpg


トム・ハンクスには申し訳ないですが、ダビンチ・コードは、小説の方が断然面白いです。読みだしたら止まらない1冊!

by hiroshimapop | 2016-04-24 05:14 | ただいま海外で体験中! | Comments(0)

ルルドの1日(南仏の旅報告ー1)


2016年4月20日朝8時半成田空港集合で始まった今年の小林ツアー。主に南仏の聖地をぐるりと廻ってきます。

パリで乗り換え、前夜遅くにルルドのホテルに到着。謎のフランス人、ジュリアンくんも今回の旅の前半は合流で、7年ぶりにジュリアンにも再会!ぜんぜん変わってないのは何故だー!?


さて、旅の2日目はまる一日をルルドで過ごします。

午前中、旅のメンバーは、ルルド近くのベタラン洞窟へ。でも私は、『聖母マリアの秘密』を書かれた菊谷さんから依頼を受け、あるミッション決行のため、1人ルルドに。今日の天気は降水確率100%。雨の一日か~!と思っていたら、曇天ではあるものの雨にはなってない…。

ホテルを出ると、多くの人が同じ方向へと歩いて行ってます。きっとそっちがルルドの教会なんだろうなと、巡礼の皆さんに混じって、お土産屋さんやホテルの間の道を歩いて、ルルドの教会に無事到着。

      聖母がご出現され、水が湧きだした岩の上に建てられた大聖堂
c0125114_1219887.jpg

              王冠をかぶった聖母マリア像
c0125114_12195917.jpg

  朝から何度も行わているミサ。前方は車いすの方々のためにスペースが開けられています     
c0125114_12202493.jpg

      ミサがされていない時間は、湧き出ている水のそばまで行くことができます。ただいま私は菊谷さんミッション敢行中。聖母マリアに『聖母マリアの秘密』が出版されたことを報告中!
c0125114_12211184.jpg

               聖母像と一緒に記念写真!
c0125114_12222078.jpg

                 私も一緒にパチリ!
c0125114_12214527.jpg


・・・無事、朝のうちにミッション完了で、ペットボトルにルルドのお水も詰め、いったんホテルに戻ったあたりでルルドは大粒の雨。ぎりぎりセーフで本を濡らすことなくミッション遂行!

ランチで旅のメンバーと合流。私は今回は行けませんでしたが、洞窟もエンターテイメントの演出もあり、とても良かったそうです。

今度はガイドさんとともにベルナデッタが生まれた家、住んでいた家などを巡り、再び、ルルドの教会に。午後はずっとあいにくの雨でしたが、ガイドさんの解説があると、やはり一人では見過ごしてしまう所や、歴史的背景、見どころなどが分かっていいですねー。一人で廻ったときも良かったですが、案内つきのルルドも良かったです。

そしてルルドに来たなら、やはりルルドのお水に浸かって帰りましょうと、旅のメンバーとともにルルドの沐浴に。ここのことはあらためてご報告しますが、ルルドに来ることがあったらやはりおススメです。順番を待っている間もずっと祈りの言葉が唱えられ、聖歌が歌われ、そして水に浸かり・・・で、誰にとっても聖なる時間になるのではないでしょうか?

そしてルルドでの夜・・・。

夜は、1人ひとりがキャンドルを灯して聖歌を歌いながら教会を練り歩くキャンドルサービスに参加したいと思いつつ、朝から断続的に降り続く雨。いったん夕方に上がったと思ったのに、また夕食前あたりから本降りに。
夕食を食べている時点では、今夜は中止かも、という状態で8割方あきらめていたんですが、夕食が終わり外に出た頃には空はすっかり晴れ渡り、しかも、雲ひとつない青空(夜の8時半でまだ青空)!

その青い空が美しい夕焼け、星もきらめく夜空へと刻々と空が変化するなか、教会まで歩くという、なんとも幻想的な時間。

そしてキャンドルを灯して、聖歌を歌っていると目の前のお城の横から上がったのはまんまる満月!今日は満月だったんですねー。神様もなかなか憎い演出をなさる。

なんという旅の始まりー!

c0125114_12225455.jpg


               ルルドで歌われる聖歌「あめのきさき」

by hiroshimapop | 2016-04-22 13:02 | ただいま海外で体験中! | Comments(0)

いいオーラになったって!by 龍生先生


自由が丘で定期開催されている三枝龍生先生の講座、時間があえば私も参加させていただいています。講座は日曜日、夜7時半から。最初に身体を使ったワーク、その後座学で、終わるのは夜の10時すぎ。時々、自宅に帰りついたときには疲労困憊ってこともありますが、何が飛び出すか分からないびっくり箱のような講座です。

そんな龍生先生、いつも何か、永久保存したい嬉しいメールを送って下さいます!

2月中旬にお会いしたときのメール
菜央子は、どこまでも、可愛い。
歳を取ると、人間は正直になる。


これは先日

それにしても、最近、いいオーラしているね。
光田嬢は!

オーラは、水素水風呂のせいかもしれません。
明らかに若返られた光田様へ


ふふふ。半世紀はとっくに過ぎている年齢になっても可愛いと云われると、やはり嬉しいー!
「2月にお会いしたあとで、変わったことと云えば、水素風呂に入りだしたことでしょうか?」とメールしたそのお返事が一番下。

龍生先生に、若返って、いいオーラになったと誉められるなんて嬉しい限り。

ちなみに、龍生先生は、誰と一緒にいると、私のオーラが輝き、誰と一緒にいると私のオーラが小さくなったり、エネルギーを吸い取られるのかが見えるようなんです(睡穴タイプには要注意参照)。

人は肉体的には別々に見えても、そばにいる人とはエネルギー体で混ざりあっているわけですから、人と会っている時のオーラの反応って大事です。そしてオーラは、何色かよりも、その色が澄んでいるかどうか、キレイかどうかが大事。

次回、龍生先生にお会いしたときに、また誉められるようにセッセと水素風呂に入ります-。なんといっても、私がこの間にやったことといえば、お風呂に入ってDVD見てただけなんですから!

水素風呂のレンタルに興味ある方はこちら


水素については、いろんな動画がyoutubeにアップされてます。






明朝一番のバスで成田に向かいます!
旅のメンバーと彼の地で祈り合わせしてきます!
by hiroshimapop | 2016-04-19 21:21 | 水素風呂レンタル | Comments(0)

熊本の大地震の活動支援金


熊本を中心とした大地震で、すわ!と全国から熊本にかけつけ、活動を始めた方々、地元熊本ですぐに焚きだしを開始された方々の支援活動の様子がフェイスブックで上がり始めました。

熊本に駆けつけることはできないけど、活動の支援金をどこかに振り込みたい。だけど、どこにしたら・・・とお考えの方がいらっしゃいましたら、取り急ぎ、下記をご紹介させていただきます。


まずは国境なき料理団の本道佳子さん。
東北の震災のときにも何度も現地で炊き出しに行かれていましたが、今回は、熊本の御船町にある藤岡医院の併設カフェ(しましまの木)の皆さんが中心になって焚きだしをされているようです。

特定非営利活動法人 国境なき料理団
理事長 本道佳子

三菱東京UFJ銀行
上野中央支店
普通:0113194


募金集めさせてください。
国境なき料理団として。

もう動きます。今は後方支援を。

シマシマの木炊き出し用。
国境なき料理団熊本各町村の方々の炊き出し用食材、備品購入を最優先に。
その為の資金を。

そして、メディアが報道しなくなってからの長丁場の為の準備はじめます。

東京も西からの凄い風。
みんな、生きていることが素晴らしいこと‼︎と、励ましあいながら、進みましょう〜。

皆様どうぞよろしくお願いします。

c0125114_167690.jpg



そして・・・
阪神淡路大震災の時、すぐに神戸にかけつけ〈神戸元気村〉を立ち上げた山田バウさん。そのバウさんの遺志をついだメンバーがOPEN JAPANというボランティアベースを持っています。3.11のときにもいち早く駆けつけていますし、3.11だけではなく、日本各地で発生した水害などのときにも、家の中の泥出しや焚きだし、その他諸々の活動をされています。過去から現在までやりつづけてきた経験の蓄積は半端ないですし、人とモノのネットワークを日本中に持っています(活動内容は、OPEN JAPANのブログにあがっています)。

支援金の振込先
<OPEN JAPANの緊急支援プロジェクトへご協力お願いします>

オープンジャパンの緊急支援活動は、
心ある皆様の継続的支援のおかげで活動させていただいております。
被災地への継続的な支援を活動を行う為に、
緊急支援のサポート、ご協力をよろしくお願いします。

お願い
*お振込の際に、振込人のお名前のあとに「キーンブログ」と付け足していただけると助かります。 例 →「ヤマダハナコ キーンブログ」
そうすると、KEENという会社からも同額がOPEN JAPANに寄付される仕組みになっています。詳しくはこちら
KEENとの連携期間:2016年4月17日(日)~5月16日(月)の1ヶ月間

郵便局からのお振込もしくは郵便振替口座 02250-5-126661口座名 一般社団法人 OPEN JAPAN
●他の金融機関から 店名 二二九(ニニキユウ)店 当座 0126661

c0125114_1632954.jpg

by hiroshimapop | 2016-04-18 16:33 | 日記 | Comments(1)

セヴァン•スズキの伝説のスピーチをふたたび


熊本を中心とした今回の大地震。時間を追うごとにその規模の大きさが明らかになってきています。避難所で不安な夜を過ごしていらっしゃる方も多いかと思います。1日も早く、地震が収束に向かい、いつもの日常が戻ってきますように。


今回地震が起こったのは阿蘇山のある熊本。九州は阿蘇にしろ桜島にしろ活動中の火山も多いですし、その桜島の近くに現在稼働中の原発があることは、九州のみならず、日本全体、いや世界にとっての脅威になっています。

欧米の石やレンガ造りの建物と違い、日本の建造物は木と紙で出来ています。日本人は、自宅や町が災害や火事にあっても、そのたびに壊しては造り、壊れては造り、燃えては造りを繰り返しながら幾世代も生き抜いてきました。

でも、そこに原発が一基でもあり、それが破壊でもされてしまえば、何が起こるかは3.11で経験済み。人々が起こった災害の喪失から立ち上がり自宅を町を再建しようにも、立ち上がる故郷を失ってしまう。地球全体が、自然が、海が汚染されてしまう・・・。

人間が犯した罪に人間だけがその天罰を受けるのであれば当然の報いとも言えるでしょうが、何の罪も咎もない動物たち、植物や自然、水、空気までもがその報いを受けてしまう・・・。

今回、原発の委員会や環境大臣は、今回の地震は原発に何の影響も問題もないと判断したそうですが、その判断の責任は、1000年後、10000万年後の地球に対しても負っていただけるのでしょうか? 

同様に、活発な火山活動と地震が多発する地域(つまり「日本」ということになりますが)に原発を作る決定を下した人々、賛成した方々、そして、建設されるがまま何もしなかった私たちは、その選択の責任を1000年後、10000年後の地球の未来にどう申し開きをしたらいいのでしょう。


セヴァン・スズキさんがブラジルのリオデジャネイロでスピーチをしたのは1992年。どうやって直すかわからないものを、私達は相変わらず、作り続け、そして壊し続けています。

このスピーチをもう1回、素直な心で聞いてみませんか。


by hiroshimapop | 2016-04-16 23:50 | 日記 | Comments(1)

2日で深める『神の探求(上巻)』講座 in 東京


今日のメルマガで配信したお知らせですが、ブログにも載せておきます。

5月28日(土)、29日(日)の2日間で、『神の探求(上巻)』の第1課~12課までずずずっーーと学ぶ講座を開催します。

ケイシー自身、『神の探求』を遺せたことが、自分の人生の最大の業績であると述べたほどで、山に籠ったり瞑想三昧の生活ではなく、普段の生活を営みながら、いかに自分の霊性、精神性を高められるか、その道が12の課題となって提示されています。

まえがきで、訳者であり、今回の講師となる光田秀はこう書いています。
それぞれが日常生活を送りながら、日常生活を通して自らの霊性を高め、人生そのものを霊化していくのです。困難ではありますが、私達がいま立っているところから始めることができるのです。ケイシー存命中、このテキストを熱心に実践していった結果として、(神の探求を学ぶ)メンバーは高い霊的人格を有するようになり、そのうちの一人は「この人はキリスト意識に到達した」とリーディングによって証しを得るに到りました。


どのような思いで、心で、態度で毎日を生きれば、それが霊的な歩みとなるのか…。

私も東京の高円寺でテンプルを始めた頃、月に1回、『神の探求』を学ぶスタディーグループを数名の仲間と行っていました。まだ本が出てない頃でしたので、翻訳過程のものをプリントして、それをもとに行っていました。確かメンバーと共に第1課の『協力』を読み終えるのに半年ほどかかったと記憶しています。

95歳の現在も、現役でご活躍されているアメリカのグラディス・マクギャレイ医学博士は、この「神の探求(上巻)」を、何度も何度も繰り返し学び、もう50年以上も取り組んでいらっしゃいます。そしていまだ学ぶことばかりだと…。


その濃い霊的なテキストを

「神の探求」を始めるための準備としての瞑想や自己の浄化の話から
第1課『協力』
第2課『自己を知る』
第3課『理想を定める』
そして、第12課『愛』まで 

2日間で全部解説するのは、かなり無謀な試みではありますが、

『神の探求』の実践を通して、私たちが目指そうとしている高みとはどのようなところなのか、そのような高みに到達したとき、どのような変容が私たちに起こっているのかをあらかじめ理解しておくことは、その長い道のりの第一歩を踏み出す勇気にもなってきます。


第1課の学びは『協力』。

そこにこう書かれています。
(中略) わたし達は、さらに良き夫、妻、隣人、友となることでしょう。わたし達の住んでいる小さな世界は、わたし達がその一部となることで、もっと幸福に満ちてきます。周囲の人々に多くの喜びと幸福をもたらし、人に対する神の愛を表すようになるでしょう。

(中略)

願わくば、(霊的な向上をめざす)わたし達の努力が時代を越え、まだ生まれこぬ未来の人々にまで及び、すべてのひとが万物の造り主である神を知ってすこやかに生きる新しい世が建設されますように。



たとえ、一個人の小さな霊的な歩みであっても、それは周りの人々にも波及していき、その後ろに後に続く人たちのための見えない道が出来ている・・・。

私達が地球に生まれてきた意味、そして日々の生活で生きるべき霊的真理とは…?
2日間かけてご参加の皆さんと講師と一緒に読み進み、探求していきたいと思います。


そして・・・

通常テンプルでは、座学の講座は、定員を80名、90名規模に設定することが多いのですが、今回の定員は50名です。しかも2日間連続でご参加できる方50名とさせていただきました。

しかも軽いスピリチュアルなノリではなく、霊的成長を強く求めている方の参加を希望します。

先日、テンプルでもチャクラ講座を開催しましたが、シャーマンでもあり、タオイストでもあるクリス松尾さんは、広島で参加したワークショップの中で「師が生徒に教えるのではない。生徒の求める力が師の叡智を引き出すのだ」といった内容のことを話されていました。

ケイシーのリーディングに、
『ここに集う64人が祈り、その祈りに従って生きるなら、アメリカを侵略から護ることもできる。もし、それがあなた方の望みであるなら』3976-25 というのがありますよね。

地球がどちらに向かうかの審判が迫っているなか、人数は少なくとも、真剣にご自身の霊性を高めたい、日常の生活の中でキリスト意識に近づくため、本気で『神の探求』の道を歩み始めたいと願う50名の方々と、この2日間は学びを進めたいと思います。

その分、講師との距離も近く、密度の濃いエネルギーの中で学んでいけます。


ということで、

スケジュールが空いていた、ちょっと興味がある、といった物見遊山の気持ちではなく真摯にご自身の霊生向上を探求したい、もっと高い〈霊的な力〉に同調して生きていきたい、今よりも良い人間になりたい、と願う方のみご参加下さい。


いま、数か所で『神の探求講座』を定期的にされています。
こちらご参照 


定期講座に毎回参加するのが本来であれば一番おススメなのですが、それがなかなか難しい地方の方は、今回の講座は特におススメです。

ダイジェストにはなりますが、一気に1課~12課まで学べますし、その学びを元に、地元でお友達や仲間と勉強会を始めていくことも可能になってきます。


人間生きていればいろんなことが起きますので、キャンセル設定はお受けしますが、原則、この2日間をご自身の魂の成長のために使うという決意と、2016年は『神の探求』を学ぶことを何よりも優先させるというコミットメントのもと、お申込下さい。


日 時:2016年5月28日(土)10:00~16:30 (開場9:30)
    2016年5月29日(日)10:00~16:30 (開場9:30)
    *2日間連続での受講が必要です。
    *秋以降に(下巻編)を開催予定です。詳細決定次第お知らせ。

講 師:光田秀さん NPO法人日本エドガー・ケイシーセンター会長
会 場:東京都 千代田区内(お申込み者へ別途お知らせ)
定 員:50名 
参加費:16,000円(2日間通し)

お申込はこちらから


ご参加を心よりお待ちしております。


*ご参加の方は、当日、書籍「神の探求(上巻)」をご持参下さい。
*当日会場受取も可能ですが、事前に目を通されておくとさらに深い学びとなります。

Amazonに注文する
テンプルに注文する(別途送料がかかります)



こちらも『神の探求』を学ぶうえでの補強になります。

*書籍『キリストの秘密』
*DVD『黙示録講座』
*CD『神との邂逅』

c0125114_1858514.jpg

by hiroshimapop | 2016-04-15 19:00 | テンプル最新情報 | Comments(0)

マイケルさんのソマティック・エナジェティクス


まだ準備中なのですが、ときどきこのブログでもご紹介しているDr.マイケルのソマティック・エナジェティクスの招聘&主催を次回の来日からテンプルがさせていただくことになりました。

料理家のサトケンさんから届いた「すごいセラピストが来日するらしい」というお知らせメールに、よく分からないまま、リトリートとトレーニングセミナーの両方を申し込むという暴挙におよんだのが約3年前。その後、ときどき、自分でもセッションを受けにいったり、このブログでもご紹介したりということをしてきましたが、ワケも分からず申し込んだマイケルさんのワークショップが、3年後、こんな形になるなんて・・・。

そして、一緒にマイケルさんのソマティックのトレーニングを受けていたきむらゆきさんは、その後すっかりソマティックのプラクティショナーとしてご活躍。

たしか今日も姫路に出張中とか。


来日イベントは、準備も来日中も、様々なお仕事や調整が山のようにやってきます。特に外人さんは送迎も含め、ちょっと手がかかります・・・

ソマティックの癒しのセッションを行っているときのモードと、招聘者として様々に処理しなければならない事務作業とのモードが全く違うため、ゆきさん、来日イベントの仕事との両立がだんだん難しくなってきたそうなのです。

この5月にはマイケルさんの本も出版される予定。ソマティック・エナジェティクスに関心をもたれる方はこれからますます増えていくでしょうから、一人ではなかなか手が回らなくなることも予想される・・・。

そんなこんなで、この夏の来日イベントから、招聘&主催探しの白羽の矢がテンプルに・・・。

急ですが、ただいまソマティックのお仕事を引き継ぎ中。新しいWEBページの制作にも入っています(今日も、そのWEB原稿をずっと作ってました)。


まだ参加費などは決まっていませんが、次回の来日スケジュールはこんな感じです。
正式に決まりましたら、あらためてブログやサイトでお知らせします。興味がある方は、スケジュールだけでも空けておいて下さいね。

7月2日(土)アフタヌーンセミナー (東京)
7月3日(日)~5日(火) リトリートin八ヶ岳(2泊3日)
7月7日(木)~10日(日) グループセッション(通訳つき) 
7月11(月) グループセッション(通訳なし)
7月12日(火) 日本人プラクティショナーによるグループセッション
7月13日(水) SEトレーニング卒業生のためのフォローアップセミナー
7月14日(木)~17日SEトレーニングセミナー(4日間)


私のお勧めは八ヶ岳のリトリート。
2泊3日でマイケルさんのセッションが何度も受けられるのと、様々なワークを行っていきます。私は初マイケルがリトリートだったので「いったい何が起こっているのー??」のカオスモードのままリトリートは終了してしまいましたが、その後、何度かマイケルさんのセッションを受け、ようやく自分の中の雪解けが始まりそうな感じです。

今回、八ヶ岳リトリートは、最初の2日間は、細胞からの変化もあわせて促進するために、ジュースだけの食事にしよかなと思っています(希望者には別途オニギリなど)。3日目は普通の朝食です。

7月12日(火)の、日本人プラクティショナーによるグループセッションは、マイケルさんはお休み。ゆきさん他、認定プラクティショナーさんのセッションになります。マイケルさんのセッションより少し安く価格を設定しますので、SEセッションがどんなものなのかの体験したい方、マイケルさんのセッションのフォローにこの日をご活用下さい。


マークの風水とマイケルさんのソマティック。海外からの来日イベントは、いったん来日したらずっとスケジュールが続きます。それが年に数回入ることになるので、私もスケジュールはカオス状態。

マークの風水DVDの字幕も、いまセッセと作っているし、水素風呂のサイトも制作中。もう1つ別のサイトの原稿も準備中ということで、私の頭の中も机の上もカオス中。

マイケルさんのソマティックのテーマは変容。
テンプルもなんだかここにきて一気に変容中。変化ではなく・・・!


        マイケルさんの笑顔に触れるだけでもハッピーになれますよー!
c0125114_17123610.jpg

by hiroshimapop | 2016-04-11 19:07 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)

ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフルの店長日記


by hiroshimapop
カレンダー
有機認定ひまし油300ml

有機認定ひまし油
220ml 2,480円

ひまし油湿布Bセット

ひまし油湿布Bセット
45,380円

大地の力シャンプー

大地の力シャンプー
3,024円

アルカサイモリン

アルカサイモリン
300ml 1,998円

生アーモンド

生アーモンド
100g 756円
1kg(お得用)もあります

オーラグロウ

オーラグロウ
220ml 2,620円

大地と海の歯磨き粉

大地と海の歯磨き粉
80g 2,160円

カーボンスチール(炭素鋼)

カーボンスチール
1個 742円

ソリーブソープ

ソリーブソープ
100g 1,296円

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」
光田秀著 1,728円

書籍「エドガー・ケイシーが教えてくれた美しく生まれ変わるレシピ」

書籍「美しく生まれ変わるレシピ」光田秀著 1,404円

書籍「自然療法で乾癬を治す」

書籍「自然療法で乾癬を治す」ジョンパガノ著 2,376円