<   2009年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧



ぐるぐるIKEAをひとまわり


今日は、新しいオフィスに入れる食器棚や靴箱、テーブルを選びに、スタッフの河内と一緒に横浜のIKEAに。

              IKEAは、とにかくでかい! 楽しい! そして安い!
c0125114_2062718.jpg

c0125114_2064824.jpg


テンプルのお店に置く、レジカウンターも着々出来上がっています。

奥沢のオフィスは、小さな机を2人で分けて座っています。モノと人がギューギュー詰め込まれていますが、
横浜のオフィスでは、ようやく1人1つの机で仕事ができるようになります。

社長室(私の仕事部屋だ!)もできます!

どんなオフィスになるのか、引っ越すまで私にも全貌は見えてきません・・・・。
来週は設計士さんと最後の現地見学と打ち合わせが入っています。 

どんなテンプルが出来上がるのでしょうか? 引っ越し、楽しみだな~!
by hiroshimapop | 2009-07-11 20:29 | テンプル最新情報 | Comments(1)

遠隔波動測定


昨日の大輔君とのお喋りの話題。

大輔君の治療院には、波動測定器が入っていて、ときどきテンプルの波動や、猫たちの波動を測定してもらったりしています。

大輔くん。この前、ある獣医さんから、病気の猫や犬の波動測定を頼まれました。

うちの猫たちは基本的に元気なので、大輔君には、写真だけで測定してもらってましたが、遠隔でちゃんとふかーい測定をするには、そのペットの写真と血液が必要。もし、血液が取れなかったら、ペットの毛でもいいらしいんですが、できたら血液がいいそうです。

今回は写真と毛だけのペットちゃんと、写真と血液のペットちゃんの2パターンあったそうです。

大輔君いわく、写真と毛を置いて行ったペットちゃんの波動測定は、あまりハッキリとした結果ができなかったので、いったん止めて一休止。その間にそのペットの写真をじ~っと見て、写真がなくても意識の奥にそのペットの残像が残っているようにして再開。すると、波動測定がちゃんと出るようになったとか。

遠隔の場合、写真や毛だけではなく、波動測定をする側の人間が、どれくらい深くその人(もしくはペット)にフォーカスできるかどうかで、出てくる結果のレベルが違ってくる、というのが面白いですね。血液の場合には、血液にすんごい情報がたくさん詰まっているので、ここまでフォーカスしなくていいそうです。

結果、3件とも、波動測定の診断と、その獣医さんが下された診断とかかなりの確率で一致。
腫瘍がある部位やその廻りの波動はやはり黒く出ていて、さらに、獣医さんの診断では出てこなかった部分にも機能不全が見られたそう。やはり身体は一部分だけが病気なんじゃぁなくて、どこかが悪ければ、他の部分も元気は落ちてしまうんですよね。

そのうち1匹には波動水を作って送ってあげたそうなので、1ヶ月後、どんな改善が見られるかちょっと私も楽しみです。

今月のテンプルの波動は、疲労困憊ってところでしょうか。
引越が落ち着いて、一息ついたら、新生・横浜のテンプルの波動をチェックしてもらおうと思っています。
by hiroshimapop | 2009-07-10 19:28 | ホリスティック・ボディケア | Comments(0)

慶太さんオススメ電磁波予防グッズ


今日、イトコの大輔くんと、横浜の某会社の社長さんにお会いしに・・・。

その社長さん、ある不思議な装置を作られているんですが、それが果たしていい商品なのか、広告に偽り無しなのか、直接伺ってお話を聞こうと、理科系人間の大輔くんにも同行してもらって、話を聞いてきました。

社長さん制作の特許商品は横に置いておいて、いつしか話題は電磁波や電磁場の防御について・・・・。

いま世間で売られている電磁波グッズは、かなり怪しい。あれじゃあ、電磁波は防御できません。試しに携帯電話で電磁波を調べてみましょうと、試しに会話中の携帯でどれくらい電波が出ているかを調べることになったんですが・・・。

まず大輔くんが私の携帯に電話をかけ、電波が飛んでいる状態にしてチェックしてみたものの、何故か、私の携帯にあてた電磁波チェックの目盛りは動かず。

「この器械壊れてるみたいですよ~」って、試しに大輔くんの携帯に近づけたら、目盛りはビヨ~んと大きく右に。社長さんの携帯でも目盛りは黄色の「要注意」コーナーまで大きく触れる。

なのに、私の携帯では、目盛りは動かない。

・・・実は私の携帯、キネシオロジーの慶太先生のとこで買った電磁波予防グッズをつけていたんでした。
c0125114_2341168.jpg


この電磁波予防グッズ、なんでこんなちっちゃいものが、こんなに値段が高いんだ~って代物。まぁ慶太さんを信じて単なる気休めでもいいからつけとこってくらいで、私自身は、今日の今日まで半信半疑で使っていたんです。
でも、大輔さんの携帯も社長さんの携帯も目盛りが大きく動くのに、私の携帯だけは「目盛り動かず」って事実に、ビックリビックリ。

え~。これってホントに電磁波予防になっていたんだ!って、はじめて知りました。

商品の紹介文には、こう書いてあります。

ヒーリング専用音叉ヒーリングチューニングフォークの開発者アラン・セールズ博士が開発した商品です。特殊な形状とその筒の中に特殊な液体が含まれています。ただしそれらは博士の企業秘密とのことで一切公表されていません。

なんだかグルグル渦巻きのよく分からん商品ですが、ともかくも、効いているのは事実のようです。携帯電話で長電話するって方は、使うといいかもしれません。

ご注文、お問い合せは慶太さんのショップまで
ヒーリングハーモナイザーという商品です。構造自体は私もよく分かりません。よく分からないけど効いている不思議商品の1つでしょうか。
by hiroshimapop | 2009-07-09 23:52 | こんなものを買いました | Comments(3)

午後3時のニコさん 6時29分の福ちゃん


昨日は七夕で満月で月食・・・。
七夕の満月は19年ぶり。そしてその日に月食になるのは・・・どれくらいぶり??
さすが、月食つきの満月の夜。私には、コントロール不能な、まったくもって変な1日でした。

さて、いま、我が家のリビングルームは、第2のオフィスになっているんですが、午後3時はスタッフ河内の休憩タイム。銀行に行ったついでに休憩しつつ、ニコさんたちと遊んでくれています。

そんな日々が続いていたら・・・・

3時になると、ニコさんと福ちゃんが猫のおもちゃが入っているカゴの横でスタンバイするようになってしまいました。河内が出かけても出かけなくてもカゴの横でスタンバイ。どうやってその時間が「3時」って分かるんだろう? 昼寝してても、ちゃんと目を覚まして、おもちゃの横に移動してます。

ちょっと不思議です。

さらに、ニコさんは遊んで光線を出しつつ目で訴え、福ちゃんは「にゃ~」と甘え声で直訴・・・。「今日は忙しいから後で」とか「今日はお休み!」は通じません・・・・。遊んでくれるまで待ってます。


    シゴトシテイルバアイデハアリマセン・・・。モウ3ジデス。オアソビノジカンデス・・・・
c0125114_13213376.jpg


ニコさんの一番のお気に入りは、キラキラ光線を捕まえること。これだけは飽きる気配がありません・・・。
ただ、すでに人間のほうが飽きております。
c0125114_13215811.jpg


・・・とここまで書いたら、6時30分までここで仕事をしている浅利さんが
「この前の夕方、福ちゃんが突然、おもちゃ箱の横にスタンバイしたので、時間を見たら午後6時29分だったんですよ」って。

浅利さんは、6時半まで仕事をしたら、帰る前に猫たちと遊んでくれているんです。
恐るべし、福ちゃんの体内オアソビ時計・・・・
by hiroshimapop | 2009-07-08 13:25 | 今日のニコさん | Comments(1)

子どもの脳にいいこと


今日、エジソン・アインシュタインスクールの鈴木昭平先生のお話を聞きに行った。

鈴木先生は知的障害児、自閉症児、多動児など、さまざま問題を抱えている子どもたちの症状改善に取り組まれている。そういった子供達は、病院に行くと、もう一生このままです。と言われるようですが、鈴木先生は早く取り組めば取り組むほど、症状改善の余地はあるとおっしゃっていました。また、大きくなっても何もやらないよりは、やったほうがいいので諦めないで欲しいと。

忘れないうちに鈴木先生のお話をまとめておくと・・・

赤ちゃんの体重はだいたい3000g うち脳は300~400g。
3歳児の体重はだいたい15kg、そして脳は、なんと3歳児で1200~1300gにも達している。
 ※大人の脳は女性で1300~1400g、男性で1400~1500g

つまり生まれて最初の3年間で、ほぼ大人と同量の脳みその重量まで成長してしまう。
この3年間がとても大切。

ところが、いま現代のストレス社会。大人達が日々ストレスを抱え、お父さん、お母さんも家にストレスを抱えたまま帰ってきてしまう。それで、大切な人生最初の3年間で、子ども自身が大きなストレスにさらされて育っている、ということが往々にしてあるだそうです。そしてそのストレスが脳の発達に大きな傷を残してしまう・・・。

また社会全体が晩婚、高齢化に向かっているので、40代で初産ということも多く、先生が体験された中では50歳で初産という女性がいたそうです。その方の赤ちゃんも1000g未満の超未熟児だったそうですが、超高齢化出産の場合は、ちゃんと日頃から心と身体のケアをしておかないと、赤ちゃんは超未熟児で生まれる確率が高くなってしまうとか。そうなると、機能的に脳や身体が未発達のまま生まれ出てしまうことになるので、結果、知能になんらか障害を持ってしまう可能性も高くなってしまいます。

鈴木先生によると、そんな赤ちゃんでも、脳の血流を増やし、脳に大切な栄養をちゃんと補給することで症状の改善は見込めるそうなので、いろいろ試される価値はありそうです。もちろん赤ちゃんにかかる脳ストレスを軽減するような家庭環境も大切です。


赤ちゃんの脳の発達のために家族ができること・・・
●赤ちゃんの脳をストレスから防御する。それには、ご両親、特にお母さんが笑顔で赤ちゃんに接し、誉め、スキンシップをすること。リラックスすることで赤ちゃんの脳には十分な血流と酸素が行きわたり、脳の発育が進む。

●自然の音、オーケストラのような音楽を聞かせる
・・・考えてみると、都会ではコンクリートに囲まれた狭いアパートで、音は1日中つけっぱなしのテレビ、ということがあります。子どもの音に対する範囲を広げておくためにも、赤ちゃんには自然な音こそ聞かせておく必要があります。

●お母さんが食べ物に気をつけて、便秘をせず、よい母乳を出すこと--これにより赤ちゃんの体内浄化に結びつき、胎児のときに溜めてしまった毒素の排泄が促されます。赤ちゃんの腸をキレイにすることで、脳の発達が促されるそうです。

●子どもさんの排泄、栄養、質の高い睡眠を気をつけてあげること。最近、大人が夜遅くまで起きている分、小さな子供達も夜更かしとなり、十分な睡眠時間が取れてないように思います。リラックスした深い睡眠はとても大切です。

●知能障害がある子どもさん(もちろん普通の子供達や大人も)に特に勧められる食べ物は、レシチン、EPAの魚油、糖鎖栄養素。食品でいうと、納豆や豆腐をはじめとする大豆製品、アジや鰯などの青魚、野菜や果物・・・。

あるレポートによると、自閉症の子どもの一部は、牛乳が引き金になっている、という報告があるそうです。実際、牛乳をはじめとする乳製品を一切止めたとたん、自閉症の症状が軽くなる子どもさんもいるとか。
(牛乳だけではなく、小麦など、他のタンパク質の可能性もあり。子どもさんに何か脳の機能不全が顕れたら、食物アレルギーがないかどうか調べたほうがいいかもしれません)

こういった知能障害を持った子供さんは、いっけん劣っているように思われますが、ちゃんと脳のケアをしてあげると、脳の発育が急成長しはじめ、天才児となる可能性もあるそうです。アインシュタインもエジソンも、子ども時代は「知恵遅れ」と誤解されていました。

お医者さんが「一生、このままです」と言ったとしても、子どもには無限の可能性があります。質問タイムで私は、出産時の事故で脳の低酸素状態が続き、脳性麻痺となった子どもさんにも改善の可能性があるかと聞いたのですが、生きている脳のシナプスを増やせる可能性はあるので、どこまで改善出来るか分からないながら、諦めないでほしいとおっしゃっていました。

他にもいろいろなアドバイスを鈴木先生はおっしゃっていました。鈴木先生は子どもの脳にいいことという本を書かれていらっしゃいます。ご興味がある方は、こちらの本をお読み下さい。
by hiroshimapop | 2009-07-07 00:39 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)

志水一夫さん


志水一夫さんが亡くなられた。

55歳。あまりにあっけなく、あまりに早い死に、私の脳みそはまだ志水さんの死をちゃんと受け入れられてない気がする。

いつも人の訃報を聞くととても悲しいけど、「そうはいっても、100年後は、私も含め、今、大人の人は、全員、一人残らずこの世に生きてはいない。あっちの世界に帰っているんだ」って思えば、あの世でまた再会して、たっぷりお話できるからいいか!って思う。

そうは言っても、やっぱり55歳は若すぎるぞ。

志水さんは、精神世界、占い、霊気、オカルトなどの道先案内人。何か分からないことがあったら、志水さんにお聞きすれば、たちどころに教えて下さる、歩く辞書、歩く百科事典みたいな方だった。

志水さんと直接お会いすることはあんまりなかった。最後にお会いしたのも、たぶん2~3年前。

でもそのとき
「ひさしぶりに会ったら、キレイになっているんでビックリしたよ~」としみじみ私の顔を見て言って下さった。
それで「そうですか~。ありがとうございます~。嬉しいです~」とお返事したのが、おそらく志水さんと交わした最後の言葉。

あ~。いま思えば、最後に交わした言葉が「ありがとうございます」で良かった。
「あなたなんて嫌いよ!」とか「絶好だ!」みたいな気まずい別れじゃなくて良かった。

誰かの記憶に残る私の最後の表情が笑顔だったり、感謝の言葉だったり・・・。
そんな生き方をしていきたいものです。
by hiroshimapop | 2009-07-06 14:41 | 私が出会ったすごい人 | Comments(0)

ひさびさシードチーズ


引越前に、我が家のキッチンの棚に入っている食料品や乾物をセッセと食べる毎日です。

引き出しの中には、ひまわりの種がたくさん・・・。
私がアメリカで買ってきてそのまま置きっぱなしにしていた特大サイズの袋が1つ。テンプルのお店で消費期限切れになって家に持って帰っていたのが4つ・・・・。

この特大サイズのひまわりの種。
以前、日本ではあまり生のひまわりの種が売ってなかったので、ローフードのケーキを作ったり、シードチーズを作るのに必要!と思ってアメリカのローフード施設から買って帰ったのに、いざ、日本に持ち帰ってみると、いつでも作れるって安心感で、結局ほとんど作らず・・・。
ずっと棚に入れっぱなしになってました。

だから引っ越しがいいチャンス。
乾物も消費しておきましょうと、シードチーズ(種のチーズ)を作ることに・・・。

ただ、シードチーズを作るには前段階として、発酵飲料のリジュベラックが必要。

日本ではキャベツのリジュベラックが普及してますが、私はどうもあのお漬け物のお汁のような味が苦手。小麦のリジュベラックの味のほうが私は好き。

ところが、棚をゴソゴソ探してみたものの、ちょうど発酵可能な有機の小麦を使い切ってしまってしまったようで見あたらず。でも発芽できるものだったらなんでもいいんで、有機の黒米(玄米)で作ることに。

私の作り方はかなり大ざっぱですが、こんな感じで作ります。

【小麦(玄米)のリジュベラックの作り方】
玄米や小麦など発芽する種をまず一晩、水に浸ける→口の大きな瓶に玄米を入れ、蓋の部分にメッシュをかぶせ輪ゴムで止める→瓶を斜めにして水切りをする→1日2回、メッシュの上から水を差し、また瓶を斜め置き→夏期は1~2日で発芽→ジューサーに発芽した玄米と水を入れ軽く撹拌→ポットに入れて蓋を軽くして1晩→発酵→目の細かい漉し器で漉して瓶に入れる→冷蔵庫保存で3~4日以内に飲みきる

今回はじめて黒米でリジュベラックを作りましたが、紫色のものができて、けっこう色がキレイ。
味もまぁまぁ・・・・。黒米は自然食品店に行けば売っているハズなんで、小麦が手に入らない方は、黒米は、いいかもしれません。。。。


【シードチーズの作り方】
ひまわりの種を一晩水に浸けておく→リジュベラックと一緒にジューサーに→ハイパワーでかなりなめらかになるまで撹拌(私はVita Mixを使っているのでかなりハイパワーです)→シードバック、なければ目の細かい洗濯ネット、日本タオルなどに入れ、キッチンの蛇口などに吊して水切り→ある程度水が切れたら出来上がり

今回は、サラダのトッピングにした残り、1袋半(150g)のひまわりの種を使いました。

ただ、今日は朝、出かける直前、あわててシードチーズを仕込んでいったので、味付けし忘れ、プレーンなチーズを作ってしまいました。ニンニクやハーブ類、塩、コショウ、カイエンペッパー、あるいはタマネギやパプリカのみじん切りなどを入れると、いろんなパターンのシードチーズができます。

こちらも冷蔵庫で保存可能です。ただ、元が種なんで油分も多いです。密閉容器に入れ、酸化を防ぎ、早め(3~4日)でたべきったほうがいいかなと思います。

これをクラッカーや薄切りのパン、野菜スティックにつけるだけでも、なんちゃってローフード気分が楽しめると思います。

海苔にシードチーズを乗っけて、野菜や具を置いてクルクルすれば、ローフード海苔巻きが(ご飯の代わりがシードチーズ)。

ちなみに私は、テキサスのローフード施設で毎回、体重が減らないよう、これをダブルでたべておりました。つまりローだからといって食べ過ぎると太ります。

VITA-MIXは、こちらから入手できるようです。
私は以前、ジューサーでポタージュなどを作っていたので、ポリカーボネート素材が気になり、アメリカ製の耐熱ガラスのジューサーを使っていましたが、やはりこのジューサーはパワーが違います。ローフードを実践したい方は、やはりこちらをオススメします。ローだったら、熱いスープを入れることもなく、全て冷たい素材なので、ポリカーボネイトでも「まぁ妥協」です。

→情報修正:石塚ともさんからご連絡をいただき、新しいVITA-MAXの5200は材質が変わり、イーストマン(コダックの親会社)が開発した「トライタン」という素材になっているそうです。
by hiroshimapop | 2009-07-05 21:51 | RAW FOODでDETOX | Comments(1)

ピース・ピルグリム(平和の巡礼者)


昨日見た「地球巡礼者/アース・ピルグリム」の映画に、ピース・ピルグリム(平和の巡礼者)という女性の映像が出てきました。

私が彼女を知ったのは1995年の8月に発行された日本エドガー・ケイシーセンターの会報9号の記事から。

彼女はある時、自らの名前を「ピース・ピルグリム」と変え、何も所有せず、歯ブラシと着替えと若干の身の回りのもの以外は何も持たず、平和に生きることを説きながらアメリカ国内を歩くことを始めます。車や電車などの手段も使わず、ひたすら歩き続けるのです。

彼女は自分の巡礼前、こう神に誓います。
「私は巡礼者であり、さまよい人である。私は、人類が平和の道を学ぶまでさまよい続けるだろう。そして一夜を過ごす場所が与えられるまで歩みを止めず、食事が与えられるまで食べ物を口にしないだろう」

それは朝鮮戦争中から米ソの冷戦、ベトナム戦争を経て、実に28年間にわたる旅でした。

ちょうど手元にその9号の会報があったので、彼女が残した言葉をいくつか紹介してみたいと思います。

【内なる平和について】
「内なる平和を見いだすということは、自己中心の生活から、命あるものすべての幸福に焦点を当てた生活に入るということなのです。一方で、より深い内的平和を得るために努力することが、世界平和に貢献する方法の1つになります。なぜなら、世界平和を安定させるには、それに見合うくらい、たくさんの人たちが内なる平和に目覚めなければならないからです」


【人生の目的、理想について】
「私の願いは、完全に向かって努力すること。もちろん今はまだ完全ではありませんが、それでも日々成長しています。もしも私が完全であれば、何でも分かり、何でもできるでしょう。神のようにね。でも天から命じられる事はすべてやることができますし、神のご計画の中で私が与えられた役割を果たすために知る必要があることは全て知っています。そして神の御心と調和しながら生きていくことの喜びを切に感じているのです」


【どんな人の心にも「善なる部分」があり、人の役に立ちたいと思っている、ということについて】
「・・・・巡礼中のある夕暮れ。立派な家の前の裕福そうな夫婦に呼び止められました。彼らは私のことを何かで読んで知っていたのです。そして町はずれにあるいかがわしい場所を私に教えることがクリスチャンとしての義務だと感じたのでしょう。境界の南と呼ばれる場所には決して近寄らないようにと教えてくれました。

でも食事と宿は提供してくれなかったので、私はさらに数時間歩き続けました。星の光りさえない真っ暗な夜でした。突然大粒の雨が降り始め、返事を書かなければならない手紙の束を持っていた私は雨宿りをする場所を探しました。

するとガソリンスタンド、レストラン、モーテルが一緒になった建物が見つかったので、その屋根の下までいき、手紙がぬれないように上着の下に入れていました。

そこへガソリンスタンドから一人の男性が走り出てきて、『こんな雨の中で大変でしょう。レストランの中へお入り下さい』と言ってくれました。レストランに入ると『あなたのことはよく知っていますよ。是非食事をしていって下さい。他に何か必要なものがあれば遠慮なくおっしゃって下さい』と言うのです。その時には私はそこがどこか何処なのか分かっていました。その場所こそ、境界の南と言われる場所だったのです。やがてモーテルの宿の主人も出てきて、その夜の宿と翌朝の朝食を提供してくれたのです。

おそらく他の場所ではギャンブルが行われていました。物音が聞こえていましたから。

でも、ここには決して近寄らないようにと言ったあのクリスチャンの夫婦よりも、彼らのほうが遙かにクリスチャンらしい態度で接してくれました。この出来事は、どんな人の中にも善があるという私の信念をはっきりと証明してくれました」


【平和になる方法について】
「世界が平和になるには、人々はもっと穏やかにならなければなりません。成熟した人々の間では、戦争が問題になることはないでしょう。それどころか、戦争などあり得ないでしょう。それに対して、未熟な人たちは戦争を引き起こすと同時に、平和も欲します。

しかしながら、人は成熟することができるのです。そうです。私たちの社会的制度や指導者は、私たちの未熟さの反映です。私たちが成熟するに従い、より優れた指導者を選び、より良い社会制度を築くようになるでしょう。

そのためには、ほとんどの人が避けたいと思っていることに立ち返る必要があります。・・・・それは自分自身を改善し、向上させるよう努力するということです。

平和の聖域は私たちの内にあります。まずそれを探し出しなさい。そうすれば、全てのことはそれに付随して与えられるでしょう。一人でも多くの人が内なる平和を見つけることにより、私たちの社会制度により良き影響を与えられるような時機に、私たちはどんどん近づいているのです」
by hiroshimapop | 2009-07-04 15:40 | 私が出会ったすごい人 | Comments(0)

映画「アース・ピルグリム」地球巡礼者


夜、エハン・デラヴィーさんが監督された「アースピルグリム」の上映会に。

この映画のエグゼクティブプロデューサーの濱本さんと、先日、テンプル主催の入江富美子監督のお話会の懇親会で名刺交換をさせていただいたことがご縁で、今日の上映会のお誘いが・・・。

この映画は、地球巡礼者となったエハンさんが世界を旅して、その地の賢者たちと会う、という構成でストーリーが進んでいきました。

それぞれの賢者のお話の合間にRumi/ルーミ(アフガニスタン出身のペルシャの詩人)の詩がそれぞれのエピソードを繋ぐように挿入されています。

クライマックスは、エハンさんがペルーで体験された、6万人のペルーの人が集うコユリッティという大地に感謝するお祭り

上映後のお話でエハンさんがお話下さったんですが、このお祭り中、サボテンを使ったシャーマニックな儀式である種の変性意識になったエハンさんは、全てが普段の100倍輝いて見え、大地への感謝がウオーっと溢れ出て13時間、ひたすら踊りながら、大地、山々に感謝の言葉を言い続けていたそう。

・・・そういえば、「宇宙に感謝」ってよくいうけど、大地に感謝、地球に感謝って、うっかり忘れがち。大地さーんありがとー! 地球さーん、ありがとー! 今朝のニンジンジュースと、あんこの入ったチーズケーキは美味しかった~(ちょっと違うか!)

お話の中でエハンさんは、巡礼をするのに、ペルーに行く必要はない、どこかに出かけていく必要もない。毎日が巡礼であるって仰っていました。会社に行くまでの道のり、それだけでも十分巡礼になる、花と意識を交わそうとするだけでも十分、自分の巡礼になると。

実際、この地上に生まれた生きとし生けるものは全員が巡礼者。それぞれ一人一人に与えられた魂の旅路、巡礼の途中です。私は私の巡礼の途中。今日はずっとパソコンの前だったけど、パソコンの前にいながら、日々の人生が巡礼であることに気づけば、巡礼はできるのでしょう。

いまエハンさんは近所の森で見かける狐との交流が一番の巡礼だと言われていました。隔離されたような森のなかでたった独りぽっちで孤独に暮らしている、その狐と友情を築いている過程だそうで、それはUFOとの交信よりも興奮すると。

東京ではあさっての日曜日にまた上映会があるようです。その他横浜、岡山でも上映会の予定が。

上映会に行けない方は、DVDの販売も始まっています。
by hiroshimapop | 2009-07-03 23:54 | セミナー・舞台情報 | Comments(1)

トレランスの舞台「アセンション2012」 


今日は朝から予定てんこ盛りの1日でありました・・・。
朝8時すぎからスタッフミーティングの資料づくり。9時からスタッフミーティング。午後からは引越のご案内やテンプル通信の原稿を書きつつ、夕方には横浜の「センター南」のオフィスの下見へ・・・。

そして、今日のハイライは、新宿シアターモリエールであった演劇ユニット・トレランスの舞台観劇。

新オフィスの下見も、観劇もスタッフ4名と一緒。なんだか奥沢から民族大移動のように、あっち行き、こっち行きの1日でした・・・・。

舞台の席は主演の長野里美さんに取っていただいたおかげで、前方ほぼど真ん中の席。今日は初日だったこともあり、後方までお客様がびっちりでした。

舞台はタイトルが「アセンション2012」ということもあり、テーマや内容はテンプルのお客様だったら、絶対好きだろうなぁという話題がギュっと濃厚に詰まったもの。

冒頭あたりで「生かして頂いて ありがとう御座位ます」というセリフがあったのにはチト驚きましたが、しょっぱなからすでにアカシックレコードだの、マヤ歴だのアセンションだのという言葉が立て続けにセリフの中にちりばめられており、果てはロバートモンローのヘミ・シンクやフォーカス21、フォーカス35の解説が舞台の中であったりして、さすがテーマがアセンション。フツーの舞台ではありませんでした・・・。

あえてこの舞台を一言で説明するなら、飛鳥昭雄さんの日本とユダヤや原始キリスト教の関係を書いた本を数冊、伊勢-白山道さんの本とブログを1時間内で立て続けに読み、その興奮さめやらぬ状態で廻りの人に喋りまくっている、という感じでしょうか?

以前、飛鳥本を次々と読みまくっていた私には、馴染みの不思議話が登場。日本にあると言われているモーゼやイエス・キリストの墓まで舞台のセリフになってしまうんですから、世の中変わりました~。青森のキリストの墓には実は何度か行っているんですが、石川県のモーゼの墓(と言われている)場所や白山神社には、これまで一度も足を運んでないので、いつか、金沢の美味しい日本海のお魚を目当てに、石川県の古墳群にも廻ってみたくなってしまいました。

脚本家には、伝えたいメッセージがたくさんあり、それも人々の覚醒と地球の未来についての緊急を要するメッセージが溢れていて、とにかくそれを急いで人に伝えなければ!という使命感のようなものをこの舞台からは感じました。この脚本を書くにあたっては、また舞台稽古をするにあたっては、脚本家さんはいろいろリサーチされたのではないかと思います。舞台を作っていくその過程で、登場人物を演じる俳優さんたちは、脚本に書かれたこういった、いっけん荒唐無稽とも思えるセリフや内容を最初、どう思われたのか、どう感じていたのか、そして、今はどう思われているのか、なんだかじっくり聞いてみたくなってしまいました。

舞台稽古中にあったであろう激論や討論の過程も、興味津々です・・・・。

舞台が終わって立ち上がったら、後ろや前のほうで涙を流している方を何人もみかけました。テンプルのブログを読んでこの舞台に来た、という方が後で声をかけて下さり、彼女も最後はずっと泣きっぱなしだったと言っていました。スタッフ吉田は、八咫烏(やたがらす)役の方がすっかりお気に入り。今度、どんな舞台に出るのかチェックしておきましょう。

最後に、広島県人としては、舞台上で話されてた広島弁はいただけません・・・。
東京で演じる舞台なので仕方がない部分もあるんでしょうが、広島弁を喋る俳優さんには、ぜひ元広島カープの達川監督が話される(美しい、そしてちょっと可笑しいイントネーションの)広島弁を勉強していただきたい・・・。といっても、あの広島弁が舞台で飛び交うと、もはや全てがコメディになってしまうかもしれませんが。

この舞台は、7日まで新宿で公演中! 不思議ワールドをぜひ堪能してください。日によっては舞台後、トークショーもあります。
by hiroshimapop | 2009-07-02 23:56 | セミナー・舞台情報 | Comments(1)

ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフルの店長日記


by hiroshimapop
有機認定ひまし油300ml

有機認定ひまし油
220ml 2,480円

ひまし油湿布Bセット

ひまし油湿布Bセット
45,380円

大地の力シャンプー

大地の力シャンプー
3,024円

アルカサイモリン

アルカサイモリン
300ml 1,998円

生アーモンド

生アーモンド
100g 756円
1kg(お得用)もあります

オーラグロウ

オーラグロウ
220ml 2,620円

大地と海の歯磨き粉

大地と海の歯磨き粉
80g 2,160円

カーボンスチール(炭素鋼)

カーボンスチール
1個 742円

ソリーブソープ

ソリーブソープ
100g 1,296円

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」
光田秀著 1,728円

書籍「エドガー・ケイシーが教えてくれた美しく生まれ変わるレシピ」

書籍「美しく生まれ変わるレシピ」光田秀著 1,404円

書籍「自然療法で乾癬を治す」

書籍「自然療法で乾癬を治す」ジョンパガノ著 2,376円