<   2009年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧



四捨五入・・・・


先日、横浜の叔父と晩ご飯を食べていたら・・・
何故か突然叔父がこう言った。

「なおちゃんも、もうすぐ50歳だしなぁ・・・」

ちょっと待った~! まだ4年もあるぞ~。勝手に人の年齢を四捨五入して言わないでぇ~。


この叔父、私が25歳のときにもこう言った・・・。
「なおちゃんも、四捨五入すると、もう30歳かぁ」

どうやら叔父は「五入」は好きだけど「四捨」は嫌いらしい・・・。

まぁ、いいか。私は永遠に28歳ですから・・・・・。


ついしん:
これを読んだ妹から、さっそく電話が・・・。
「お姉ちゃん、もうすぐ47歳じゃん!」

へへへ。11ヶ月切り捨てたのです・・・。叔父は切り上げ、私は切り捨てる・・・・。
by hiroshimapop | 2009-05-19 15:16 | 日記 | Comments(0)

世界一の美女になるダイエット


ちょっと前、スタッフが新聞の切り抜きを持って「まるでエドガー・ケイシーが言っているようなことばかり書いてあるのよ~」と大騒ぎ。

みると、とある本の宣伝広告の新聞の切り抜きだったんですが、紹介されている本の小見出しが、まさしく、エドガー・ケイシーが言っているようなことばかり。

最初の15章だけでも、ケイシー流の食事そのもの。

いわく
・美女に必要なのは、濃い野菜
・日本人はフルーツが足りなさすぎるわ
・日本の女性たちよ。アーモンドの実力をもっと知って
・意識して生のものを食べましょう
・水のとり方が美を左右する

どうだ~って感じではありませんか。
ただ、本には「生アーモンド」とは書いてないのが残念ですが、これが生アーモンドと書いてあったら、文句なしですね~。

ナチュラルハイジーンの食事も、エドガー・ケイシーリーディングにそっくりですが(ちょっと違うところがありますが・・・)、きっとこのミス・ユニバースの栄養コンサルタントさんは、ナチュラルハイジーンか、エドガー・ケイシーリーディングを研究しているに違いない・・・・。

本のタイトルは「世界一の美女になるダイエット
c0125114_18163355.jpg


いまメッチャ売れているらしく、出版されて1ヶ月もたたないうちに、すでに4刷り。
私もamazonに注文して届くまで10日かかりました・・・・。

ふーむ。

この本に書かれていること。すでにエドガー・ケイシーは70年も前に言っているのに、本はこんなに売れてないぞ。同じ内容でも、言っているのが、ミス・ユニバースの世界第1位を何人も輩出してる人か、サイキックなおじさんの違いで、こうも本の売れ方が違うのか~。同じ内容の本を、たとえ私や兄が書いても、全く、真実味が無いしなぁ・・・・。

エドガー・ケイシーリーディングを知っている人は、この本の中でアチコチに見え隠れするエドガー・ケイシーの言葉を探して、ムヒムヒひそかに喜んで遊びましょう!
by hiroshimapop | 2009-05-18 18:26 | 食事が身体をつくる | Comments(4)

ブック・プロジェクトその後のご報告


4月25日のブログで、群馬県の大泉町に出稼ぎに来ている日系ブラジル人の方々が、この不況でどんどん職を失い、毎日、食べることにも困っている状況をお伝えするとともに、もし、よろしければ、その方々の生活費にするために、ご自宅で眠っている本を送っていただけませんか? と書きました。

その後、次々と日本全国から本が届き始め、そして、本の注文も入っているそうです。なかには、本だけではなく、お手紙やお菓子、切手、商品券やご寄付も同梱してくださっている方、直接本を持って、大泉にあるネスポを訪問して下さった方もいらしたとか。

本当にありがとうございます! 

こんなチームワークで送っていただいた本が梱包&発送されていますよ、とネスポのエリカさんからメールが届きました。 お礼かたがたご報告させていただきます!

                        堀江さん、本の登録作業中!
c0125114_20233824.jpg

                        エヴェリンさんが宛名書き
c0125114_20243927.jpg

                           マイラさん梱包中!
c0125114_20253223.jpg


マイラさんが作業をしている後ろに本棚が見えますが、あそこに日本全国の心優しい方々から届いた本が並んでいるんだな~って思ったら、感動して、涙がでてきました~。
そして、こんなにもたくさんのご注文がいただけているなんて・・・・!

本が売れることで、ささやかですが、現金収入が生まれます。食料品は、ときどき、フードバンクから、消費期限が過ぎて販売できなくなった食品が送られてくることがあるので、その配給が行われていますが、やはり現金収入というのは必要です。失業して収入が全くなくなったようなご家族、特に母子家庭や病人、お年寄りの方がいらっしゃるご家庭には、とても有り難い生活資金になります。

ほんとうに、本当にどうもありがとうございます。

引き続き、ご自宅で眠っている本がある方は、下記にお願いします。

送り先
〒370-0615 群馬県邑楽郡邑楽町篠塚3272
ネスポ 戸澤様あて
Tel: 0276-89-1822
http://www.nespo.jp/


秋には、もう1つ、この日系ブラジル人の方々を元気づける、大きなイベントが用意されています。
それが決まりましたら、またご報告させていただきますね。

取り急ぎお礼とご報告でした~。あな嬉し~!
by hiroshimapop | 2009-05-17 20:40 | 日記 | Comments(1)

初夏の入江夜話~’ふんがとっと’と心を揺らそう~


宇宙に感謝の量を増やしたくて、映画「1/4の奇跡」を世に送りだした入江富美子監督との、心通いあう
ひとときをご一緒しませんか? 

日程 : 2009年5月29日(金)  19:30~21:00 (19:15開場)
会場 :品川きゅりあん 6階「中会議室」
JR&東急 大井町駅 駅前すぐ
定員 : 35名
参加費 : 1,000円(事前振込制)
29日の宵のナビゲーター : 入江富美子監督



日本や海外で約4万人の人たちが見た映画がある。
それは、見た人の、クチコミで試写会が開催され続けている映画でもある。

こんなにハートとハートのつながりで支えられる映画を作った人は、浪速のごく普通のお母さんらしい。

でも、この人。
普通なのに普通じゃない。

どんな人?どんなことを考えている?その話を聞きたいと、1度に数百名集めてしまう。

映画でも、お話でも、その場にいる人たちのココロを感動と感謝で揺らせてしまう入江富美子監督とともに、過ごす初夏の宵。「入江夜話」開催です。

今回は、入江さんと参加者の方と一緒に、思い切りココロを揺らし、動かして、これまで気づかなかった
自分や、見ようとしなかった自分に会いましょう。

29日の「入江夜話」は自分のことがもっと好きになって、気持ちよくお帰りいただける一夜になるハズです。


【お申込み方法】

① 「お名前・お申込み人数・ご住所・お電話番号」を明記の上、メールまたはFAXにてお送り下さい。
★メールから・・・b-shop@caycegoods.com    
★FAXから・・・03-5499-6268

② 参加費1000円は受付簡略のため、お手数ですが、事前お振込でお願いします。
※当日受付払いはありません。
お振込先・・・三菱東京UFJ銀行 自由が丘駅前支店 (普通)1529907 
ユ)テンプルビユーテイフル
※お振込手数料は、参加者負担でお願いします。

③ お問い合せ先 (有)テンプルビューティフル 
担当:水津(スイヅ) TEL 03-5499-6264
by hiroshimapop | 2009-05-15 16:16 | テンプル最新情報 | Comments(0)

アリサンさんへ遠足~!


今日は、テンプルで梱包を担当してくれているスタッフ5人と埼玉県の有限会社アリサンさんへ。
西武池袋線の高麗(コマ)駅から徒歩10分。我が家からはDoor to Doorでちょうど2時間くらい。
c0125114_19265649.jpg


天気もよく、なんだか遠足気分!

アリサンさんはカフェを併設されていて、美味しいベジタリアンのランチが食べられるのです。これはもう行く前からのお楽しみ。たくさんの木々に囲まれてのランチタイムは、東京から来た私たちには、それだけで極楽タイムでありました!
c0125114_19271142.jpg

c0125114_1926840.jpg

c0125114_19263342.jpg

しかも、量も予想以上のボリューム。これで1050円はめっちゃ安い! スタッフたちと「これを自由ヶ丘で食べたらきっと1400円くらいするよね~」「しかも、きっとサラダもメインもこの半分の量しかないよね~」ってことで、あ~、こんな美味しくて安いオーガニックレストランが自由ヶ丘にあったら、毎日でも通うのに~。

アリサンさんは地理的に、とっても田舎にあるので、お客様は果たしていらっしゃるのかしら??って人ごとながら心配してたら、お客様はひっきりなし。週末になると行列ができることもあるとか。
広々とした空間の中で、美味しい有機野菜のランチが食べられるなんて、そりゃ~、ドライブ兼ねて来たくなりますよね~。

食後は、スタッフの方に会社の中や、倉庫の中を見せていただき、テンプルに届くお荷物はここで梱包されて発送されているんだな~って、やはり実際の現場をみると、とっても親しみを感じます。
c0125114_19311662.jpg

聞くところによると、今の場所に引っ越して早10年弱。10年前よりご注文が2倍に増えて、倉庫もいつもいっぱい。人手も不足気味だということで、日本国内でのオーガニックの意識や需要がこの10年で急激に増えていったんだなぁって思います。

池袋駅からはちょうど1時間のロケーションです。
店頭販売は週末のみなんですが、近所には地元では有名(らしい)散歩コースもあり、遠足を兼ねて一度、訪ねていってみてはいかがでしょうか?
by hiroshimapop | 2009-05-14 19:38 | テンプル最新情報 | Comments(0)

聖母マリアからのメッセージ


日曜日に参加した日本エドガー・ケイシーセンター主催のセミナー会場で購入した菊谷泰明さんの「聖母マリアからのメッセージ」ようやく読み終えました。
c0125114_23542774.gif

昨日から私はこの本を何人の人に勧めたか分からないくらい、勧めまくってます。

夕べも赤塚高仁さんとジェイコブス彰子さんにメールしたら、さっそく二人から「読む~!」ってお返事が。

面白かったのは、彰子さん、昨日は朝、ずっと連絡を取り合ってなかった友人から何故か突然「聖母マリアってどう思う?」って電話があり、午後には別の友人から「やはりマリアさんのご加護よね~」って言われ、そして夜には私から「聖母マリアからのメッセージ、読んで」ってメールが届きで、シンクロ続きだったそう。速攻で注文するって夕べ言ってましたから、もう彼女の手元には届いているころかもしれないですね。

この本については
ルルドやファティマで起きた「聖母マリアのご出現」や「奇跡」をご存知だろうか。二つの聖地はとくに有名だが、いまも東欧のメジュゴリエで、30年近くにわたってご出現があり、世界中から巡礼者が訪れている。

 本書は、この信じがたい神秘的な出来事についてのレポートであり、聖母マリアからの重要なメッセージや秘密について紹介するものである。


って説明がありますが、世界各地でマリアは人々の前に出現し、そして今も毎日、聖母マリアからのメッセージを受けている人たちがいるというのは、私は初めて知りました。

聖母マリアはこう言われているそうです。
「祈りと断食によって、戦争でも止めることができる」と・・・。
そして、メジュゴリア(クロアチア)で聖母マリアの出現を受けている方々は、水曜日と金曜日は水とパンだけの断食をしているそう。

このメジュゴリアにたどり着くまでの菊谷さんの旅と、そして聖母マリアのメッセージはご自身で本を読んでいただきたいと思っていますが、マリアは祈ることを人々に求めている、ということが切に伝わってきました。

祈りなさい、祈りなさい、と何度も言われています。

きっとそれは「私が**したい」とか「私が**であるように」という私の祈りではなく、もっと大きな世界の平和の祈りのように思います。そして断食というのも単に「私」の身体の浄めや「私」の健康のための断食ではなく、もっと大きな意味を持つ断食ではないかと思います。

聖母マリアは各地に現れ、そこに教会を建ててほしいと言っていたというのが私には驚きでした。建物はいりません、教会は不要です、と言われていたのかと思っていたので・・・。

考えてみれば聖フランチェスコも、朽ち果てた教会をまず建て直しました。
祈りの場としての教会は、やはり天の意志に沿ったものなのかもしれないですね。


さて、この本を読んでいて、私の体験とシンクロする興味深いことが・・・。

この本の167頁。
菊谷さんがペルヴォアザン(フランス)に滞在していたときのエピソード。そこはフランスでも聖地の1つであると言われ訪ねたものの、修道院にいるハズの聖母マリアの出現についてお話を聞ける人は不在。2回訪ねても事務所は閉まったまま。それでホテルの部屋に戻りうたた寝をしようとしたとき、何故か窓を何度も何度も叩く音がする。眠気はあったものの起きあがってみると、窓に1匹のハチが何度も繰り返し、繰り返し体当たりをしている。

なぜ、広い外から菊谷さんがいた部屋の窓にハチが体当たりをしているのか分からないものの、それを見ているうちに「もう1回修道院に行ってみようか」と思いたち、行ってみると、果たしてそこには英語が話せる修道院の女性が・・・。さらに滞在中彼女からさまざまな親切を受けることができただけではなく、パリ行きの電車に乗るために駅まで送ってもらえることにも。

そして最後、その女性と別れる間際に判明したことには、彼女自身は週に1度、菊谷さんがハチに起こされ、会いに行ったあの時間にしか、あの事務所にいないということ。そして、半年以上肩の痛みが強くて車の運転ができなかったにも関わらず、菊谷さんに会ったあたりから肩の痛みが軽減し、そして菊谷さんを駅まで送りに行く直前に何の痛みも無くなったということ。

そして1つ1つたどっていくと、最初から菊谷さんの旅は不思議な導きがたくさん用意されていたんですね。


私の体験は菊谷さんのものに比べるとささやかなものですが・・・。

10年以上前。まだ高円寺で一人、テンプルの仕事をやっている頃。仲のよかった友人がご主人の転勤でNYに引っ越すことになり、彼女が毎月1回行っていた町田で開催されていた高橋巌先生のシュタイナーの勉強会が彼女と会う最後のチャンスになりそうだということになりました。

でもたった一人でやっているオフィス。私が昼間出かけてしまうと電話は留守番電話になってしまうし、商品の発送もできない。さらにその日は、週に1回の有機野菜が届く日で、その配達はいつも午後遅くにくるので、とてもお昼頃に町田に出かけることは不可能。だから友人には「有機野菜が届いたら行けるかもしれないけど、95%無理だと思う」と電話していました。

ところが、どういうわけか、その日に限って、その野菜の配達が早まり、お昼すぎには届いてしまった。

でもすっかりもう出かけないつもりでいたので、支度もしてないし、これから化粧して着替えて町田まで出かけるのは面倒だし~って、やはり行かないつもりでいたら・・・

フト気がつくと、

マンションの8階にあった私のオフィス兼自宅のリビングルームに巨大なハチがブンブン飛び回っているではありませんか・・・!窓は開いていたけれど、レースのカーテンは閉まっていたし、なによりそこは8階。それまでハチはおろか蠅や蚊さえ1度も飛んできたことがなかったのに、なぜか忽然とハチが部屋の中を飛び回っている・・・!

そんな部屋ではとても仕事はできず、もちろん!さっさと支度をして、町田に向かいました。

そして、友人と最後に会えた町田のシュタイナーの勉強会。
私は、もう一人、ある女性と偶然にも会うことができたのです。

その女性はご自身、悪性リンパ腫で、何度も何度も病院を出たり入ったりしていた方。退院すると私にながーい電話をかけてくださり、またしばらくすると音信不通になって「入院していたの」ということを繰り返してましたので、何度も何度も生死の境をくぐり抜けていた方だったと思います。

その町田での再会を最後に、彼女はもう2度と私に電話をかけてきて長話を聞かせてくださらなくなったので、もしかしたら、その後すぐにまた入院をされ、そのまま亡くなられてしまったのかもと今は思っていますが、その彼女こそが、私にガストン・ネサンの本を読むように勧めてくださった張本人。

ガストン・ネサンのことが書かれた「完全なる治癒」は1997年の10月の発行ですから、1998年の春には私はこの本を手に取っていたと思います。

その女性は「ガストン・ネサンの714Xは打つことができないけれど、この本はガンについての新しい視点を私にくれたのよ」と私に教えてくれました。

菊谷さんの本を読みながら、ハチに追い出されたあの日のことを思い出し、そして悪性リンパ腫だった彼女を思いだしていましたが、彼女が私にぜひ読むようにと言ってくれたガストン・ネサンのたどった道。そのネサンご本人に私は3週間後には、カナダでお会いしているわけなんですから、全く不思議な繋がりです。

ついでに書くと、あの高円寺の部屋の中に虫が現れたのは、あのハチがただ1回。そして、有機野菜が早く届いたのもあの日だけでした・・・。

聖母マリアの話から、私のガストン・ネサン話に飛んでしまいましたが、どちらにしても、いま、今日もまた与えられているであろう聖母マリアのメッセージについて、興味がある方はぜひ、菊谷さんの本を読んでみてください。
by hiroshimapop | 2009-05-13 23:55 | セミナー・舞台情報 | Comments(3)

「1/4の奇跡」自主上映会 in 新宿


妹から、緊急の電話が入りました。

17日に入江冨美子監督の「1/4の奇跡」の映画の自主上映会が新宿であるので、それに申し込んだら、開催は次の日曜日なのに、まだ申込者が4人しかいない、とのこと。

よにん~???

「主催の方は、何度もこの映画の自主上映会を開催されている方だから、きっと大丈夫だよ、ギリギリすべりこみの参加者がいらっしゃると思うよ」と妹には話したのですが、定員は120名。
このままでは、参加者より、スタッフの数のほうが多いってことになってしまいます。

それで、どこまでお役にたつか分かりませんが、自主上映会のお知らせを貼り付けさせていただきます。

ドキュメンタリー映画「4分の1の奇跡~本当のことだから~」上映会
          &紺野大輝氏講演会 + ショートカッツミニライブ


【上映日】: 2009年 05月 17日(日)
【時間】: 12:00 ~ 16:30 (開場 11:30)

【会場名】: 新宿歴史博物館(東京都新宿区三栄町22)
【会場定員】: 120人
【日本語字幕】: あり
【入場料金】: 2000円 (当日2500円)
【割引料金など】: 高校生以下、障がい者 1500円 (当日2000円)、未就学児 無料


紺野大輝さんのプロフィール
1976年北海道生まれ。両原脳上肢機能障害という障害を持って生まれ、「この子は一生歩けない」と医者から宣告を受ける。4年間の入院生活結果奇跡的に歩けるようになり幼稚園より普通学級で生活を送る。
法政大学卒業後、2000年より都内ホテルで5年間勤務。2005年「笑顔がいいね」を立ち上げ「どんな環境にいても自分らしく生きることができる」というメッセージを発信する活動を開始。講演・執筆・カウンセリングを中心に行う。
2006年障害者採用で入社した企業に勤務。現在に至る。現在も仕事を持つ傍ら講演・執筆など精力的に活動を行う。また日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラーでもある。


【主催者(団体)名】: チーム宇宙(そら)の約束/服部 博(ハットリヒロシ)

【受付HP/Blog】: こちら
【受付E-MAIL】: こちらから
【受付FAX】: 047-353-6657
【受付電話】: 090-4518-4489

by hiroshimapop | 2009-05-12 18:24 | セミナー・舞台情報 | Comments(1)

ごきげんよう & マークのセミナー追加募集開始


来週の21日に予定しています風水コンサルタント、マーク・エインリーのセミナーにキャンセルが出ました。いったん定員オーバーで募集は締め切っていましたが、本日から追加で5名様分のみ参加募集をします。参加申し込みはこちらから  ←おかげさまで、すぐに5名の方からお申込みがありました。どうもありがとうございました。

セミナーの内容詳細は、こちらから

なお、マークの個人コンサルティングは平日のみ空きがあります。

どうぞよろしくお願いします。


さてさて、4月25日配信のメルマガでスタッフ間で「お疲れさま」を言い合うのを止めたってことを書きました。
疲れてもないのに、「疲れる」って言葉は止めようよ・・・ということで。

その後、全国から15名くらいの方から、ご自身で実践されているといういろんな挨拶を教えて下さいました。
一番多かったのが「お元気さま」あるいは「お元氣さま」だったでしょうか。ただ、どうも私たちには「お元気様」というのがピンと来ず、いまだ使えずにおりますが・・・・。

いまのところ、テンプル間で流行っているのが「ごきげんよう」という挨拶言葉。

しかも、これを言うときには、戦前の良いとこの女学生(そう!女子大生でも女子高生でもなく、女学生なのです!)になったかのように、もっと具体的に書くと、まるで自分が戦前の白百合かフェリスに通う、おしとやかな女学生になったかのように、しとやかに、ゆっくりした動作で、そしてちょっと小首を傾げながら言うのであります。

「ごきげんよう」っていうと、それまでガサガサ仕事をしていたスタッフが、ちょっとの間、おしとやかになります! ホント。

では、ご機嫌よう。
by hiroshimapop | 2009-05-11 18:12 | マークの風水講座 | Comments(1)

祝!今日はスタッフの結婚式でした~!


真夏のような暑さだった日曜日の今日。
朝、千葉のセント・マーガレット病院のドクターで、そこにいずれは統合医療の部門を作りたい、という希望をお持ちの酒向先生と待ち合わせて、一緒に日本エドガー・ケイシーセンターへ。
兄に酒向先生を紹介かたがた、エドガー・ケイシー療法をどう治療に取り入れていけるかを相談。総合病院で「ケイシー療法」が堂々と表立ってできるようになる日が来るといいなと思います。

午後は酒向先生と一緒に、菊谷泰明さんの「聖母マリアからのメッセージ」についてのセミナーに参加。

菊谷さんとは、12~13年前にケイシーセンターの合宿でご一緒させていただいてからのお知り合い。でも、菊谷さんは摩訶不思議の謎の人物。いったい何をされているのか、どういう生活をされているのか、まったく分からない。ときどきフラリと目の前に現れては、またいなくなるって感じの方でした。何されているんですか?ってお聞きしても、いつも「いろいろ」って言われて、私にとっては「謎の菊谷さん」だったんですが、その謎が今日、ようやく判明。

さまざまな不思議な導きで世界中を旅されていたんですね~。

今回は、時間の関係で、菊谷さんのセミナーは途中で抜け出してしまったので、世界各地で起きている「聖母マリアのご出現」と、そのご出現を追った不思議旅の核心については聞きそびれてしまいましたが、それ以前に、菊谷さんの「運命の流れに乗る」「来た波に乗る」その乗り方はアッパレ!としかいいようがないものがありました。夢のお告げでボリビアに行ったり、いくつか起こったシンクロに乗って、すぐさま会社を辞めて旅立ったり・・・。

ちょうどGWに受けた辻麻里子さんの「22を越えてゆけ」の講座では、数字に隠された意味やシンクロについてのお話が何度も出ていました。そして、スタッフにずっと借りたままになっていてようやくGW中に読んだ本は、マヤ歴に秘められた数字のシンクロについて。さらに今日の菊谷さんのお話も、夢の導きや、数字や日にちに見え隠れする不思議な共時性、シンクロニシティがテーマの1つとなっていました。

たった1週間の間に示されたこれらの背後に、もし意味あるものが隠されているのなら、ここはちょっと腰をすえて取り組んでみる必要があるのかもしれません・・・・。


そんなこんなを考えながら、ダッシュでいったん自宅に戻り、着替えて今度は横浜へ。
実は今日は、スタッフの雅子ちゃんがめでたく結婚式を挙げたのでした~!

私たちは式や披露宴には出ず、夜に行われた二次会に参加。横浜港を眺めるホテルの会場で、3年間の愛を実らせた「結婚するお二人」の門出を祝ったのでした~。

もともと美人の雅子ちゃんが、さらに今日はキラキラオーラでうつくしい!
c0125114_23195343.jpg

c0125114_23201717.jpg


花嫁のブーケは、見事にテンプルスタッフの石飛の元に。
結婚した~い!と叫んだとたんにブーケを引き寄せるとはなんたる引き寄せ力! さらにビンゴゲームで、白い食器セットまで当てて、こりゃぁ。次の花嫁は石飛かもしれませぬ。
c0125114_232113100.jpg

私のビンゴゲームの賞品は、え~ん!大学イモでした。 ipodやコーヒーメーカーを当てたスタッフのあとで、かなし~!
c0125114_23203986.jpg

by hiroshimapop | 2009-05-10 23:34 | テンプル最新情報 | Comments(5)

ビワ染め生理用布ナプキン


最近、テンプルで取扱いを開始したビワ染めの生理用布ナプキン。そのシルクの布ナプキンを製造販売している岡山の(有)アルデバランの社長さんが本日、ご来店。

私は、生理用の布ナプキンをお作りになっている方は、もっとお若い方かと勝手に思っていたんですが、お会いしてみると、意外や意外。ご年輩の男性。しかも同じ広島出身ということで、ローカルな地名の話題でしばし盛り上がってしまいました。

もともと奥様が子供の頃から化学染料や化学繊維を使うと気分が悪くなるという方で、自分に合う衣類を探し求めているうちにシルクと出逢い、ご自身でシルクの製造や染めを開始されたとか。

鍼灸師でもあるイトコの大輔さんが、生理の経血もトイレで流そう!と経血コントロールの小冊子を作っているんですが、子宮や卵巣のトラブルのある女性はビワ染めがいいよ~ということで、テンプルではビワ染めばかりをシリーズで取扱開始。ビワは日本でも昔から薬効がある植物として有名で、女性疾患や癌治療などにも使われてきたようです。

私は個人的には、シルク腹巻きのボディロールがお気にいり。
腹巻きなんて使うのは、小学校低学年以来ですが、スタッフみんなにもっと太れ~、もっと太れ~と言われているので、普段からもお腹を温めて内臓を元気にしようと、かれこれ3週間はずっとつけてます。汚さないように、ずっと下着の上からつけていたんですが、社長さん曰く、シルク製品は素肌に直接つけてほしいとのこと。それでも洗わなくても1ヵ月くらいは大丈夫ですよって言われて「え~!いっかげつ~?!」と驚き桃の木でありました。

※布ナプキンはもちろん毎回洗いますが、ぬるま湯で振り洗いするだけでかなりキレイになるので、ゴシゴシしなくてもいいそうです(汚れがひどいときには、せっけんを溶かしたぬるま湯につけておく)。

社長さん曰く、植物の命を繊維に移すような気持ちで染めの作業はしているので、その植物の命とも言える染めの力を流さないためにも、ボディロールの洗いの数は少なくして下さい。ずっとボディロールを使っていたら「暖かさが少なくなったなぁ」「繊維の力が無くなってきたなぁ」と感じるときが来るので、そうしたら洗って陰干しして下さいってことでした。

ちなみに、布を染めるごと、1枚、1枚、その布にちゃんとその薬草のいのちが入っているか、移っているか、必ずチェックをして、入ってないと感じた布は染め直すそう。世の中には草木染めといいつつ、色は染まっているけれど、色がついているだけで植物のいのちは全く込められてない布が多いんですよってお話でした。


シルクの生理用布ナプキンも、シルクの特性と植物の力で、不思議なことがたくさん起こりますよ~って言われていました。シルクは体内の解毒を促す力があるので、1回使っただけで、生理用の布ナプキンに穴があいたり、肌に当たっている部分だけ、染めの色が抜けたりすることがあるとか。特にシルクには金属毒(錫・鉛など)や砂糖の毒素を吸収、排出する力があるので、体内に金属毒や砂糖の蓄積がある方は、特に、月に1回でも、血液といっしょにそういった毒素が排出できるっていうのは、必要なことかもしれません。

大輔さんから聞いたところによると、ひまし油湿布とビワ染めのシルク布ナプキンの両方を始めた患者さんの中には、普通の市販の生理用ナプキンを使っていたときには起こらなかったような強い解毒作用が起こった方もいらっしゃるとか。ひまし油湿布の解毒力と、ビワ染めのシルクナプキンの解毒力の相乗効果かも~ということでした。


実はアルデバランさんのことは、山田バウさんからのご紹介。
年輩の男性である山田バウさんの口から生理用の布ナプキンの話題が出るとは思いませんでしたが、いやはや、時代は変わったものです。

考えたら、この前もイトコの大輔さんと、夜、お蕎麦を食べてたんですが、何故か話題は「生理用布ナプキン」。 お蕎麦を食べながら二人で「経血がどう」とか「多い日がどう」とか、ずっと言い合っていたんですから、お店の店員さんはビックリされていたかもしれないですね~。

そう遠くない未来、特に健康にはあまり気をつかっていないような方や、男性とも、布の生理用ナプキンの話題がフツーにできる時が来るかもしれません。
by hiroshimapop | 2009-05-09 17:06 | テンプルの商品のご紹介 | Comments(1)

ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフルの店長日記


by hiroshimapop
有機認定ひまし油300ml

有機認定ひまし油
220ml 2,480円

ひまし油湿布Bセット

ひまし油湿布Bセット
45,380円

大地の力シャンプー

大地の力シャンプー
3,024円

アルカサイモリン

アルカサイモリン
300ml 1,998円

生アーモンド

生アーモンド
100g 756円
1kg(お得用)もあります

オーラグロウ

オーラグロウ
220ml 2,620円

大地と海の歯磨き粉

大地と海の歯磨き粉
80g 2,160円

カーボンスチール(炭素鋼)

カーボンスチール
1個 742円

ソリーブソープ

ソリーブソープ
100g 1,296円

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」
光田秀著 1,728円

書籍「エドガー・ケイシーが教えてくれた美しく生まれ変わるレシピ」

書籍「美しく生まれ変わるレシピ」光田秀著 1,404円

書籍「自然療法で乾癬を治す」

書籍「自然療法で乾癬を治す」ジョンパガノ著 2,376円