<   2008年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧



4人で怒濤のお喋り


昨日は、九州から東京に出張で来た友人Nさんと、作詞家でサーキュラーという高次元の宇宙存在からメッセージをもらっているという森由里子さん、漫画家の美内すずえ先生と4人で某ホテルに集まり、女ばかりの大お喋り大会。

九州のNさんが、これまた凄い。
夜見る夢に導かれながら様々な遺跡、古墳、神社を廻り、日本の超古代、中世、今世のあらゆる次元を行ったり来たりしている人。不思議な出来事満載なので、そのうち、Nさんのこれまでの活動をぜひ本にしてほしいと言っているんですが、今はまだ一般の人なので、ここではイニシャルにてご登場。

もともと、先日、宇佐神社にお参りに行った帰り、Nさんと会って、ここ1、2年、どんな夢を見て、どんな場所に行ったのかといったお話を聞いているとき、なんだか突然頭の中で「美内先生にNさんを引き合わせたいなあ」という気持ちがムクムクと沸き上がったことから、昨日の集結が実現。

美内先生も、フットワーク軽く、ご自身に届いたメッセージのまま日本各地の神社、仏閣、遺跡などを廻っていらっしゃいますから。

といっても、私は美内先生の個人的な知り合いではないので、先生と仲良しの森さんにお願いして実現したわけですが・・・。

いやはや凄い濃密な時間でした。

午後3時すぎに集合して、話し始めたら、あっという間に時計の針は夜11時。
Nさんは夜のうちに山梨に移動する必要があったので、彼女だけ8時半に帰られたんですが、そのあとも話しは尽きることなく(特に美内先生のお話は)、すっかり、お店の閉店時間までいることになってしまいました。

その8時間にわたる女のお喋りを再現することは不可能なのと、再現しようにも、あまりに不思議な話しばかりだったので、私の脳みそでは処理不能。

なので、美内先生から伺った下記の話しだけご紹介。

美内先生がお話になったのは、こんな内容でした。
そのままは再現できないのですが。。。

ここ数年、家族間の殺人が増えている。子供が親を殺す、あるいは、親が子を、兄が妹を、兄弟が祖父母を・・・といった家族同士の殺人、それも猟奇的な殺人が増えている。

その原因を考えたとき、魔界、魔神、猟奇的殺人を扱ったような書物、テレビ、パソコンやゲームが増えていることも要因の1つだと考えられる。

というのは、こういった本、テレビ、ゲーム類は、私たちの心の中にある魔の部分のゲートを大きく開いてしまう。全ての人が持っている、心のグレーゾーンと、そういった本やゲームが持つ闇のエネルギーと波長が合ってしまい、魔にとりつかれてしまう要素を作ってしまう。

いま起きている猟奇的殺人の多くは、こういった、不特定多数の人たちの心に無差別に作られてしまった魔の部分が発作的に起こしているのではないか?

もちろん、こういった書物を書いた作家、ゲームを制作している制作者にも、それを世界に送り出した反動として、魔や闇のエネルギーは還ってくる。もし、そういった人たちが、その「仕事」から得た利益を、世界のために使えば、そういった魔のエネルギーも相殺できるかもしれないが、多くの場合、自分の贅沢、自分の欲のために使っているので、おそらく、彼らの人生を考えると、将来的には、様々な不幸が起きてくることが予測される。

・・・うーん、と、うなってしまいました。


美内先生も漫画家として、ものを生みだし、それを世界に送り込む使命を持っていらっしゃいます。森さんも作詞家として、発信者の役割があります。私自身も、本当に微力ながら社会に対し、ケイシーを通じて、働きかけをすることがあります。

となると、私は、想像もつかないほど多くの方々の心と関わっているってことになります。

昨日、たまたま「言志四録」をパラパラと読んでいたんですが、その中にこんな1節がありました。

現代風に少し分かりやすく書くと、
「凡そ事をなすには、すべからく、天に仕えるの心あるを要すべし。人に示すの念あるを要せず」(つまり、神に仕える気持ちで仕事はすべきであって、人に誇るために仕事はすべきでないの意)

他にも、人は誰も無欲にはなれないが、欲が悪となる。ただ、聖人は、その欲を善のために使う、という意味の文章もありました。

過剰な私欲もまた魔のエネルギーを引き寄せます。発信者である以上、自分を常にいさめ、謙虚な姿勢でいないと、多くの人の魔のエネルギーを増幅させる立場になってしまう・・・。

美内先生の言葉を聞きながら、昨日、我が身を振り返って、恐ろしくなってしまいました。

また発信者としてではなく、一読者としても、どんな本を選び、読むかを考えておかないと、特に、精神世界にはオカルティックな本も多いので、とんでもないダークなエネルギーと波長が合ってしまうかもしれません。

表紙、内容パラパラと見て、「これは魔界の本だ~」って思ったら、処分するに限ります。
魔界の本に引き寄せられたら、あったいう間に、廻りは、そんな人ばかり、ということになりかねませんから・・・。

ということで、ちょっと怖いお話もありながらも、世は更けていったのでした。

それと、最後に美内先生から、先生が監修をしたという写真集をいただきました。

これがなかなか、不思議な光オンパレードの写真で、よく神社で写る「たまゆら」とは次元の違うものばかり。偽物だ~、やらせだ~、という声も出るくらいの、不思議な写真。
興味がある方は、美内先生のサイトからご注文を。
by hiroshimapop | 2008-02-15 14:48 | 私が出会ったすごい人 | Comments(2)

落ち込んだときにはコレ


今日は、ちょっと夕方に落ち込む出来事があって、それからずっと落ち込み気分。

                  でも、私にはニコさんがいる!
c0125114_2055936.jpg

ノーテンキなニコさんをギュっとして、クンクン、ニコさんの匂いを嗅いでいたら、ちょっとは気分も戻り・・・(我が家で一番新しいイスが、なーんとこの通り!)

でも、やっぱりまだ、いつものノーテンキな私には戻れなかったので、今度は、まこさんの写真を30分ほどクリック、クリック。

うーん、今日はニコさんでもまこさんでも駄目かな。

気持ちが元気じゃないときは寝るに限る!
明日、ちょっと早起きして、仕事の続きをするべか。
by hiroshimapop | 2008-02-13 21:02 | 今日のニコさん | Comments(0)

アドリブナイト


友人、平安寿子の小説が原作となった韓国映画「アドリブ・ナイト」を見てきた。

日本映画じゃなく、なんで韓国映画?って最初は思ってましたが、韓国の人たちの家族関係、人間関係の濃さが、この小説をより面白いものにしているかも。

この小説、平安寿子の短編を集めたデビュー本の中に入っていた短編の1つ。こんな小品も、監督さんや脚本は見つけだしてしまうんだと感心してしまいますが、ともかくも、友人の小説が映画に生まれ変わるのは、嬉しいですね。

時間がある方はぜひどうぞ。大画面で見る大作映画とは違う余韻が残ると思います。
by hiroshimapop | 2008-02-11 23:08 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)

ハンサムな、ニコ之進君


親ばかですが、やっぱりあなたはハンサムねえ、と思いながら撮した1枚。
c0125114_1327305.jpg

竹布のストール(桜色)は、ニコさんのするどい爪で引っ掻きキズだらけになってしまったので、いまは彼専用のストールに。
「毛」が大好きなニコさんのおかげで、今年、何枚、私のセーターが穴ぼこだらけになってしまったことか。

クール顔のニコさんですが、ホントはものすごい食いしん坊、というか好奇心旺盛猫です。
私が何か食べようとすると、彼は必ず飛んできて顔と手を突っ込んできます。
おかげで、私はいつも家の中で、立ち食いする羽目に。立ち食いしてたって、あらゆる手段を使って(机の上からジャンプしたり、肩に乗ってきたり・・・)、なんとか、自分もご相伴に預かろうと必死です。

結局、彼には食べられないものばかりなのに、必ず顔をつっこんでくる努力、諦めない姿勢はお見事!
by hiroshimapop | 2008-02-09 13:37 | 今日のニコさん | Comments(1)

清麻呂その後


日曜日に宇佐神社にお参りに行って東京に戻ったあと、様々なことが動き出した感じです・・・。
まだ、ここでは書けないこともあるんですが。

私に宇佐神社に行くよう勧めてくれたNさんに、「過去生退行で、和気清麻呂だった前世を思い出した人がいますよ」ってメールしたら、翌日、こんな返事が来ました。

「私の夫は、私が前世で和気清麻呂の隠し子だった、という夢を見たことがあります」

それを、私が中継地点となって、メールで友人に知らせたら
「その過去生退行の中で、私には、表だって公表できない息子がいました」
とまたまた返事。

凄すぎる・・・。

ヒョンな思いつきで行った日曜日の宇佐行きから、ほんの3日で、かつて和気清麻呂だった人、その隠し子だった人が判明してしまいました。

ついでに・・・・

今日、これもまた思いつきで、ずっと、ほったらかしにしていた段ボールをひっくり返していたら、中から出てきたのは1冊まるまる「和気清麻呂」について書かれた小本。

こんな本、そういえば買ったなあ、10年ぶりだなあ、思っていたら、ポヨンとメール受信の音が。
届いたメールは、過去生で清麻呂だった友人からでした。
なんだかエネルギー、結集だなあ。


それから、コメント下さったまこりん様。
「転生」、メチャクチャ面白い本でしょ!! グイグイ引きつけられますよね。
しかも、あの荒唐無稽とも言えるお話が、実際に存在した女性の身に起こった実話なんですから・・・

ケイシーとの過去生ですが、
実は、知らないんです・・・というより、今まで聞いたことがない(他の過去生はいくつか知ってます)。
というのも、今は、あえて、ケイシーとの魂のご縁や過去生を人に聞かないようにしているんです。聞きたい気持ちはあるんですが、知る必要がでてきたら、きっと夢で見せてくれるだろうなと思っているのと、今はまだ、知ることで、自分の気持ちに少なからず影響を与えそうなので・・・。

そのかわり、1つ、書くと、私はケイシーのお母さんに顔がそっくりです。
母に言わせると、母方の親族にケイシーや、ケイシーのお父さんに顔が似ている人がいるそうです。魂のご縁は分かりませんが、顔が似ているので親近感が沸く、というのはありますね。
(ただし、私は、ケイシーのお母さんが生きている時代、別の人生を送っていたので別人物です)
by hiroshimapop | 2008-02-08 00:04 | 日記 | Comments(2)

1日中、ずっと楽しかった!


昨日はひさびさ、1日中、テンプルのお店番。

ここ2年ほど、私はお店には1日1~2回、スタッフと事務連絡をしに顔を出すだけで、お店でお客様とお話しをしたり、商品のご説明をすることが、めっきり無くなってしまいました。

それで今年からは、月に1度でもいいから「お店に1日中いる日」を作り、できるだけお客様とお会いする日を作ろう!ってことにしました。(次回は3月18日-ケイシーの誕生日です!)

その記念すべき、お店番復活日が今日だったんですが、東京は、あいにく朝から冷たい雪。
スタッフが「あ~、せっかく店長が1日いる日だったのに、残念!」って言っていましたが、数名のお客様が、冷たい雪のなか、わざわざご来店して下さいました。
ありがとうございました!

皆さんに「あ、ミツダさんですか~?メルマガ読んでますよ」って言われて、ちょっと照れ照れの私でありましたが、あまりにチビッこいのが出てきたんで、驚かれたんじゃないかと思います。

ホントに久々のお店番なので、きっと今は、スタッフのほうが商品のご説明は上手だと思うんですが、次回、3月18日もお待ちしております!


さてさて、夜7時の閉店時間を待って、私はダッシュで次のお約束の場へ・・・。

ホメオパシードクターの渡辺順二先生から、面白いメンバーが集まる夕食会をするので・・・とお誘いいただき、兄も含め10人ほど集まった食事会に行ってきました。

なかでも、元プロレスラーで、いまはサイキックとして活躍していらっしゃる田中さんという方のお話が面白く・・・。

ちょうど田中さんの目の前に兄が座っていたので、兄は根ほり葉ほり、聞いてましたよ。自分の前世とか、ケイシーの関わりとか・・・。

田中さんによると、ケイシーの妹で生涯ずっと独身だった女性がいるんですが(まるで私だ)、彼女が中心になってケイシー一家が、兄や私の日本での活動をあの世から応援してくださっているとのこと。

そして、ケイシーについては、過って伝わっていること、ちゃんと調べもせずに書かれているようなこと、故意に歪んで伝えられていること、など、ケイシーの言葉や姿が正しく伝わってない部分があるので、それを正してほしい。間違っている部分は葬ってほしいと言っているそうです。

私は英語はそれほど分からないし、まして日本人なので、どうしたら?と思う部分もあるんですが、ケイシーリーディングを、自分流に解釈することなく、正しく読み解いて伝えていく姿勢でいたいなと思ったりもします。

あと、同席していたある女性と私の魂は、同じグループから派生したらしく、2人とも、神様の僕(しもべ)系なので、結婚はなかなか難しいかもねぇ、なんて言われていました。
私はいいんですが、彼女はちゃんと結婚したい人らしいので「うーん困った」と言っていらっしゃいましたが。

まあ、そんなこんなの不思議話を山のようにして、夜は更けていきました。。。

あ~。朝からずっっと楽しかった!
by hiroshimapop | 2008-02-07 01:17 | 日記 | Comments(2)

宇佐八幡に初詣


昨日、5時前に起きて大分の宇佐八幡神宮に初詣。
節分の昨日、東京は大雪(といっても、たかだか3cm。3cmで大雪って表現されてしまう東京の、なんと脆弱なこと!)。節分に大雪が降るなんて、なんだか意味深だなあと思いつつ・・。
時間通りに飛行機は乗ったものの、飛行機に積もった雪の除雪待ちでなかなか出発できず、九州に着いたのは11時半頃。

お昼頃に宇佐に到着する予定だったのに、宇佐に到着できたのは、2時半。
宇佐神社で、のんびり過ごす予定が、夕方、友人との待ち合わせもあり、滞在時間はなんと30分でタクシーで駅にとんぼ返り。
朝6時すぎに自宅を出て、8時間半かかったのに、目的地の滞在時間が30分というのは、これいかに?という感じですが、まあ、仕方ないですね。宇佐は雨模様で寒かったし。

宇佐八幡は、もう10年以上前でしょうか。当時、ご縁があった霊能者の方々に続けざまに「宇佐八幡にお参りに行きなさい」とか「和気清麻呂について調べてみたほうがいいよ」と言われ、なにがなんだか、分からないままにお参りに来たのが最初。

その後、ホントに和気清麻呂とのご縁があったのかどうか、ある霊能者にちゃんと聞いてみたところ、彼の側近の一人で、隠密に使命を帯びて行動中に殺されてしまった過去があるらしいです。

その使命。何か天皇家か政治に関することで、文書にすることのできない非常に機密性の高いものだったらしい、と言われたのですが、運動神経ゼロ。足も遅く、とても機敏とは言えない自分を省みると、ホントか?と思う部分もありながら、まあ、証明もできないので「そういうこともあったのかも」というスタンスでいます。

でも、その後、面白かったことが2つ。

1つは、私の産土神社を調べてもらったところ、出た神社の名前が「宇佐神社」。近所にあって、よく遊びに行っていた2つの神社の名前ではなく。。。。
地図上では、確かに生まれた町には宇佐神社があるらしいので、1度はお参りに行きたいとは思いつつ遠いので、いまだに行けないまま「本部」にお参りに行ってしまっておりますが。

2つめは、和気清麻呂について、何冊か読んだあとくらいに、あるセミナーに参加したときのエピソード。
そのセミナーの休憩中。トイレに行こうとドアに向かっていたら、すれ違いざまに、ある女性が私に一言。「私さあ、前世で広虫の作った孤児院で育ったらしいのよ」

断言して言いますが、唐突にセミナールームのドアのところで「広虫だの孤児院だの」言われても、何のことか、すぐに分かったのって、私だけだと思います。セミナー会場だけではなく、日本広しといえども、話しの脈略もなく、突然、すれ違いざまに、そんな言葉を投げられて意味が通じた人って、ほとんどいないでしょう。

でも、私にはすぐに彼女が誰のことを言っていたのか、すぐに分かったんです。だって、広虫は、清麻呂の姉で、日本で最初に孤児院を作った人なんですもの・・・。ちなみに、その時の彼女、ちょっとした乞食ルックでした(皺加工をしたコットンのフレアスカートの重ね履きに、鍵編みのカーディガンに帽子)。


という経緯があり、その後、数年に1回ですが、宇佐神社にはお参りに来るようにしているんですが、先週、フト今年のスケジュール表を眺めていたら、なんと節分が日曜日。あ、これは宇佐にお参りに行くいい日程かも、と急遽、予定変更で九州に行くことにしたのでした。

ところが、ここで不思議なことが。
猫もいるし、ホントは日帰りで宇佐に行く予定が、JALのチケットを買おうと何度ネットでトライしても「取扱できません」の表示で買えない。

売り切れでもないのに、変だなあと思いつつ、数日後、再トライしようとしたら、なんと、すでに最終の東京行きのチケットが完売。あんまりだ~と思いつつも、次に、日曜日が空いているのは5月下旬。2/3を逃したら、今年はもう行けないってことになりそうだったので、
小倉に1泊することにして、ようやく購入。

でも、お金は余分にかかってしまいましたが、1泊への予定変更は正解でした。雪が降って、飛行機が遅れたし、夕方、友人ともゆっくり話しをする時間ができたし・・・。

そして、その友人も、長年、節分は、日本各地の神社に行ってご神事をしている人なのに、10数年ぶりに「今年は、何故か神様からのお呼びがかからなかったから~」と九州にいて、奇跡的に彼女に会えたのでした。

そんなこんなで、ちょっと用事があって、夜、東京の知り合いに電話をしたら、
さらに、驚くべきことが1つ、判明。

私が、宇佐にお参りにくることになった経緯を彼女に説明をしたところ・・・。

なーんと、彼女、以前、過去生退行中、見つけた自分の過去生の1つが和気清麻呂だったらしいんです。しかも、それまで、彼女は宇佐という地名も清麻呂の名前なんて、聞いたこともなく、あとで、歴史を調べて初めて彼の名前と史実を知ったらしいんですが。

これも、証明はできないことなので、ホンマか?ってところですが、まあ、そうであっても、そうじゃなくても、今は、そのほうが面白いので、そのノリで行きましょうかってところでしょうか?

偶然、知り合った彼女が清麻呂で、私は彼女の腹心。あとは道鏡と孝謙天皇、広虫が登場すれば、さらに面白い!
by hiroshimapop | 2008-02-04 14:42 | 日本の聖地巡り | Comments(1)

青い輪ゴムがたくさん!


今日は、お店をお休みして、先日ブログでも告知した船井メディア主催の夢のセミナーに。

朝、講師の坂内先生にご挨拶したら、「何をしに来たんですか。もう学ぶ必要ないでしょうに」って言われてしまいましたが、いえいえ、夢へのアプローチは、学べば学ぶほど面白くなります。
それに、ここしばらく、夢を生活に取りいれてなかったので、初心に戻って、再勉強です。

午前中は、吉元由美さんと光田の話。午後から坂内慶子さんの夢のワークショップ。参加者がそれぞれ、自分が見た夢を絵に描き、それを坂内先生がアドバイスをしていく、という流れで進行していった。

私は、今週初めに見た夢を持参しようと思っていたんですが、ちょうど、今朝、目覚ましが鳴ったあと、ウダウダしている間に見た夢がシンプルだったので、それを描いた。

といっても、夢解釈に長い行列が出来ていたので、私は自分の夢を提出せず、ずっと聞き役。でも、人の夢を聞くだけでも面白いです。「私はこういう夢のパターンは無いなあ」って、いろいろ参考になり、またそれに対する解釈も、なるほど、と思うことが多く、非常に学び多い時間でありました。

ちなみに、私が今朝、起きる直前に見た夢は、
青い輪ゴムがたくさん机の上にあふれている夢。

赤い輪ゴムは、オリジン弁当の輪ゴムだけど、どうして、こんなに大量に青い輪ゴムがあるんだろう?と思いながらも、その輪ゴムを化粧品やジュエリーを買ったときにもらえる、小さいけどしっかりした紫色の紙袋に入れて片づけようとするんだけど、その紙袋に入れても、まだ、「あ、ここにもあった」「あそこにもあった」と、全部を片づけきれなかった夢。

これをシンプルに書き直すと、
・「何かをまとめるもの(輪ゴム)が、あふれかえっている」
もしくは
・「何かを留めるものが、たくさんあり、それをまとめきれてない」
ということでしょうか?

私自身は、
留める=止める 机の上にあったということから、しなければならない仕事がたくさん、卓上で止まっていて、しかもそれが青いので、意志で止めているものがたくさんあって、それを高次の意志力でもまとめきれてないって解釈できるかなあと考えたんですが、いかがでしょうか?

坂内先生の夢解釈。いつもはもっと手厳しいんですが(というより、夢からのメッセージは、その人の魂がその人に伝えたいピンポイントの忠告が多いので、自然と、手厳しくなってしまうんですが)、今日は人数が多かったせいか、ちょっとソフトでした。


次回の船井メディアのセミナーは、3月22日(土)に「ホ・オポノポノ」セミナーがあるので、それに参加する予定です。

追伸:坂内慶子先生に夢解釈が正しいかどうか聞いてみたところ、下記のようなお返事が届きました。

夢の主旨は、
「まだ、今のやり方を続けるつもり?」と言っているようですよ。

あなたの受け取りかただと,[更に「青い輪ゴム」が必要だ]になりますが、「こんなの必要?」という逆説的な問い合わせです。

いっそのこと「紫色の紙袋」に青い輪ゴムを入れて、捨てる勇気を。

昨日お目にかかった感想も交えて、厚かましく言ってしまえば、「仕事のこと(仕事の段取り=青い輪ゴム)をこれ以上増やしていくのは、人生上のつまらぬ雑用や片付けられない雑用を増やすことになるだけ。
だからいっそ捨てて最小限にしたらどうか,という提案です。


そうかぁ。私は自分で自分の仕事を無意識的にセーブしている警告だと受け取ったんですが、そうではなく、できること、できないこと、すべきこと、すべきではないことを整理する時である、ということのようです。

実は、たまたま昨日、移動中に読んでいたのが日経アソシエという雑誌。その雑誌の特集が、まさに、「何をしないか決めること」だったんです。

フム。節分も過ぎたし、2月は、今年の自分の生き方を再考する月にしないといけないようですね。
by hiroshimapop | 2008-02-02 20:54 | セミナー・舞台情報 | Comments(1)

ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフルの店長日記


by hiroshimapop
有機認定ひまし油300ml

有機認定ひまし油
220ml 2,480円

ひまし油湿布Bセット

ひまし油湿布Bセット
45,380円

大地の力シャンプー

大地の力シャンプー
3,024円

アルカサイモリン

アルカサイモリン
300ml 1,998円

生アーモンド

生アーモンド
100g 756円
1kg(お得用)もあります

オーラグロウ

オーラグロウ
220ml 2,620円

大地と海の歯磨き粉

大地と海の歯磨き粉
80g 2,160円

カーボンスチール(炭素鋼)

カーボンスチール
1個 742円

ソリーブソープ

ソリーブソープ
100g 1,296円

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」
光田秀著 1,728円

書籍「エドガー・ケイシーが教えてくれた美しく生まれ変わるレシピ」

書籍「美しく生まれ変わるレシピ」光田秀著 1,404円

書籍「自然療法で乾癬を治す」

書籍「自然療法で乾癬を治す」ジョンパガノ著 2,376円