カテゴリ:食事が身体をつくる( 83 )



レクチンフリー食、いったん強制終了!


日本にいたら、しばらくずっと続けられそうだったレクチンフリー食。ここにきて、あえなく撃沈。1カ月と3日でいったん終了しました(涙)。

実は昨日(日曜日)からロンドンに来ています。


c0125114_12075098.jpg


飛行機の機内食はこんな感じ(着陸前の2食目の食事)。


c0125114_12073711.jpg

いつも機内食はだいたいベジタリアンミールをオーダーしておくんですが、1食目に出たのがトマトソーススパゲッティ、2食目がトマトとナスのパスタ。2食ともパスタの種類が違うだけでおんなじトマトソース!。しかもサラダはミニトマト! レクチン攻撃。

ベジタリアンは、食事が始まる20分くらい前に渡されて一人食べることが多いですが、2食目の普通食は何かとお隣さんのをのぞいたら、驚くことにメニューは同じだった(笑)。だったら同じタイミングで出してもいいものを。。。しかし普通食のサラダはポテトサラダでマフィンもついてた。一品多い…。何故だ? パスタにポテトにマフィン、炭水化物ばかりの食事なり。

私は穀類とナス科を食べないレクチンフリー食実践中だから、普通食にしても結局は何も食べられないメニューではあります。たぶん、フツーの人は意識しないと思いますが、ケイシーを意識すると炭水化物圧勝だし、レクチンを意識していると世の中の食事はレクチン圧勝!
*私は念のために持参していたドライイチヂクでお腹を満たしました(涙)


…結局、機内ではお腹を空かせたままだったので、宿に着いたらすぐに1階にあったパブへ(1階がパブで2階がホテル。厨房の横を通って2階に上がるという昔ながらのイギリスの風情)。

しかし、ここで私は大失敗を。
メニューをもらってじっくり見ればよかったんですが、メニューはやはり肉料理がメイン。その中でスモークサーモンとグリークサラダという文字を見つけたので、それを注文していたら、テーブルに置かれた料理はこんな感じだった。

c0125114_12081425.jpg

まさかスモークサーモンがパンの上にのってくるとは! そしてグリークサラダは、レクチン野菜(2種類のパプリカ、トマト、キュウリ)の上にチーズが乗っているもの。このサラダでレクチン野菜以外だけを食べるとなると、私のクチには、少しのスライスオニオンとケッパーと数粒のオリーブしか入らない。

このメニューにカモミールティをつけて、だいたい3000円。
3000円払ってほとんど食べられないのはもったいなすぎるので、ロンドンでは気にせず何でも食べることにこの瞬間決意。ロンドンでどれくらい続くか…と懸念はしていたものの、まさか初日にあえなく頓挫してしまうとは。

でも、まあ、その代わり、これからは気にせず朝食のクロワッサンを楽しもう。


おまけ:

ネットで見つけた今回のホテル。一階がパブだということもあり、お店が営業している間はクローゼットが焼魚クサイ(肉くさくないのがせめてもの救い。そして焼き魚料理もあるんだな)。そして洗面所の鏡が高すぎて1メートル後ろに下がっても額しか写らない。トイレの便座も高くて、ちゃんと座ると足が完全にブラブラ。前側に座ってようやくつま先立ち。


そんなロンドン1日目。


c0125114_12080201.jpg



by hiroshimapop | 2019-09-23 12:34 | 食事が身体をつくる | Comments(0)

レクチンフリー食、スタートからちょうど1ヶ月


先週のメルマガで、レクチンフリーの食事を実践中と書いたところ、友人から早速「なおこさん、いったい今、何食べているんですかー?」と言われてしまいました。

もともと物心ついたときから肉が一切食べられなかったので、私の食生活に肉のメニューは存在しないんですが、さらにケイシー、グルテンフリー(小麦を食べない)を実践しているので、世間の人からみると、食べるもの、何もない感じかもしれませんー(笑)。

先日、読書会に参加したら、そのあと夕食に用意されていたのがおでん。豆腐系と練り物はNG食なので(練り物には小麦粉や砂糖が使われている)、ダイコンと卵とこんにゃくだけお皿に入れてもらいました。自宅で作るときには、鰯のつみれとか加えれば、この冬のメニューに入るかも。


さて、そのレクチンフリー。
「種」とレクチンの多い野菜を避けるので、ほとんどの穀物や豆類、それからナス科(茄子、トマト、じゃがいもなど)やキュウリ、ウリ科の野菜がメニューから消えます。もう10年以上、ご飯を炊くのも1ヶ月に1回あるかないかで、ご飯が主食の典型的な日本人の食事とはかけ離れていたこともあり、ご飯を食べないのは全然苦にならないんですが、その代わりに食べていた、十割蕎麦、トウモロコシ、米粉製品(米粉のパンや麺類など)、キヌワなどがNG食材となってしまったので、私も始めた数日間は、いったい何を食べればいいんだろう?と途方に暮れました。

ほとんどの穀物はNG食材ですが、あわ、ひえ、キビ(ソルガム)でできた麺類が今は売られているので、それは大いに助かってます。

重宝しているのが、韓国直輸入のチャプチェの麺。さつまいもから出来ているのと美味しいので、この1ヶ月近く、何度チャプチェもどきを作ったことか。日本製のチェプチェやインスタントものは小麦粉や緑豆が使われているので、購入のときには原材料は要チェック。同じように使えるのが糸こんにゃく。特に乾燥の糸こんにゃくはチャプチェに似ていなくもない。野菜たっぷりにすれば麺が何かはあまり気にならないので、糸こんにゃくも代用できます(ケイシー流の食事では加熱した油は摂らないので、まず野菜を蒸し焼きにして、火を止めたあと、最後にごま油を廻しかける)。


                   これは、あわ麺で作った和風パスタ
c0125114_14241258.jpg


私にレクチンフリーを勧めてくれた友人は、ポンテケージョをよく作っているそうで、私も2度ほど作ってみました。冷めるとイマイチになってしまうので、適量を美味しく作るのがいまの私の課題です。
 ↑
パルメザンチーズはOKですが、多くの牛は穀物で育てられているのとカゼインが消化不良を起こすので、普通の牛乳や乳製品はNGです。牛乳はココナッツミルクかアーモンドミルクに変えて作ります。


アメリカから取り寄せたレクチンフリーのレシピ本によると、アーモンド粉やココナッツ粉で作るマフィンとか、カリフラワーをほぐしたご飯モドキとか、工夫すればメニューは増えそうです。あまりマメじゃないのでまだ作ってませんが、マフィンは簡単そうです。

あとは、ナス科やウリ科以外の野菜と魚でメニューを考える。
牛ではなく、山羊のチーズや水牛のモッツァレラチーズは値段は高いですが、デパートや輸入食材店で手に入るので、ときどき山羊チーズも。

チョコレートはカカオ成分72%以上なら食べてもいいらしいので、82%のチョコを買ってみたものの、すでにチョコに対する精神的、肉体的欲求がないので、全く減りません-!

ローフードでよく使っているカシューナッツはNG食材なので、おやつに時々買っていたミックスナッツが買えなくなりましたー。なのでミックスナッツではなく、マカデミアやクルミ、栗などを単独で買っておやつにしています。

この1ヶ月はこんな感じの食生活でした。

ちょうど始めて1ヶ月。あと2週間ほど続ければ本に勧められていた6週間はクリアします。でも、なかなか面白いので、このまま続行すると思います-。



by hiroshimapop | 2019-09-18 14:12 | 食事が身体をつくる | Comments(0)

大豆は健康食品なのか…


私には不思議なことが1つ。
なぜ、多くの人は「白い飲み物」をそんなに飲みたがるのでしょう?
子どもの頃、給食で飲んでいた牛乳の延長・・・? 

ここ最近は、どうやら牛乳は身体によくないらしい、ということが健康オタクだけじゃなく、一般の人にも浸透し始めたようで「牛乳は飲むのを止めました」という人が増えています。で、その反面、増えたのが「その代わり、豆乳を飲んでいます」という人。

テンプルに買い物に来られる方というのは、だいたいご自身が体調不調を抱えているか、ご家族が抱えているかですが、先日ケイシー療法での御相談にいらしたお客様も「豆乳は毎日欠かさず飲んでいます」という方でした。

曰く、タンパク質を摂りたくて・・・。年齢が年齢なのでイソフラボンで女性ホルモンを補給したくて…。

確かに1つの側面をみると、タンパク質とイソフラボンなど栄養たっぷりの良い飲み物に思えるんですが、それ以外の作用が同時に体内では起こっています。大豆は消化が悪いので未消化物として長く体内に残ってしまう、ということもその1つですし、最近は、種(穀類)や豆に含まれている植物毒レクチンが、腸内環境にダメージを与えていることを警告したドクターの本が話題になっています。

その本の一部をご紹介すると・・・

大豆やレンズ豆など豆類全般も、やはりヒトが食用とするようになって比較的新しいものだ。個々の豆は小さいが、どんな食品群よりもレクチンの含有量が高いので、豆類の影響は大きい。キササゲやイナゴ豆、インゲン豆5粒で5分もかからず血栓を作ることができる。(中略) 学校や病院の給食施設が「健康食デー」に生煮えの豆を出して、集団食中毒が起きた例は多い。アメリカ疾病対策センターによると、米国における食中毒の20%は生煮えの豆のレクチン中毒だ。いったいどこが健康食なのか。缶入り豆を食べると血圧もあがる。大半の缶のコーティングに使われているBPAのせいでもあるし、中身のレクチンのせいでもある。缶入り豆など御法度だ。同じことは豆腐、枝豆、さらには他の非発酵豆食品にもいえる。
(レクチンについて書かれた『食のパラドックス』は、いずれメルマガでもご紹介予定)。

でも、ここで朗報なのは、発酵すれば素晴らしい食べ物になるということ。昔の人の知恵ですね~。味噌も醤油も納豆も、みんな発酵食品です。そして、圧力鍋でしっかり圧力をかけて調理した豆製品もレクチンが減るのでOKだとのこと。
つまり、スーパーで普通に買える豆腐や豆乳はそのどちらでもない、ということですね(とはいえ、健康体の方は気にせずどうぞ~。また、健康のために「欠かさず毎日飲む」ということではなく、食べたい時に少量食べたり飲むくらいなら問題はないと思います~)。

c0125114_13411583.jpeg

以前、牛乳を毎日飲んでいるという40代くらいの女性とこんな会話をしたことがあります。
「牛乳はたまに飲むくらいでいいですよ」
「じゃあ、豆乳にします」
「いえいえ、豆乳も毎日飲むのはお勧めしません」
「だったら、タンパク質やカルシウムをどこから摂ったらいいですか(怒)!」
「タンパク質もカルシウムも、牛乳や豆乳飲まなくても摂れてますよ~」

白い飲み物からはそろそろ卒業しませんか? ケーキやお菓子を食べるときは「身体には悪いのは知っているけど、好きだから食べちゃう」みたいな感覚だと思いますが、牛乳も豆乳もそんな感じですね。健康食から非健康食に頭の中で切り替えておいて下さい。

2012年のメルマガですが、こんなトピックで書いたことがあります。ご参考までに。

ちなみに、このレクチンフリーの食事を始めてちょうど2週間。
豆類のほか、穀物(特に未精製/全粒の)、レクチンの多いナス科野菜、種の多い野菜などを避けます。肉類も、穀類やトウモロコシで育てられた肉は避ける(つまりほぼ全ての肉)。6週間続けると腸内環境がリセットとするようです~。


by hiroshimapop | 2019-09-04 14:10 | 食事が身体をつくる | Comments(0)

イメージの威力


先日、友人がよく通っていたカフェがクローズするというので、そのカフェのお別れ会のようなものに私も行ってきました。

居酒屋さんで同席したのは、聞けば多くの方が知っている広告を作られていたグラフィックデザイナーさん。40代の男性の方でした。喋っているうちに、その方が10年ほど前、胃がんで胃の2/3を切除していたということが判明。ご本人、全くそんなことを感じさせないほどよく食べ、よく喋り「ガンになる前より健康です~」と。

ガンになる前はお金もあったし若かったしで、暴飲暴食、物質欲の限りを尽くしてこの世を謳歌していた。そんな自分がガンのおかげで目に見えない世界に気づき、今はガンになったことに感謝している。

そんなことを言われていました。

変わったきっかけは、胃の2/3を切除したのに、その後すぐに転移。手術も抗がん治療も何もできないほど進行が早く、5年生存率を医師に言われたことから。医師に勧められた新薬は副作用が激しく、ガンが消えてもその副作用で死ぬだろうことが想像できたので、すぐに断り、自分でできることは無いかとあれこれ探していったそうです。

そして本屋で「ニンジンジュースでガンを克服した方の手記」を見つけ、とにかく毎朝、ニンジンジュースを絞って飲み始めることに。

初めて飲んだとき、そのニンジンジュースのビタミンが身体のすみずみに行きわたるのを感じ「あ~。これでガン細胞が5000個消えた~」とありありとイメージできたんだとか。

それから毎朝ジュースを作って飲むたびに「あ~、これでガン細胞が4000個消えた」「3000個消えた」と思いながら飲んでいたら、半年後の検査で再発していたガンがどこかへ~。

c0125114_18482566.jpg

それから10年。今も健康に暮らしていらっしゃいます。

ニンジンジュースの働きももちろんあったと思いますが、それよりもイメージのチカラも大きかったと思います。しかも誰かに言われてやったわけじゃなく、自らの気づきと体感でそう実感されてた。この体感を伴ったイメージが大きな癒しのパワーを生みだしたように思います。

ガンになる前は目に見えない世界に興味もなかったし、神社にお参りにいくということもなかったそうですが、今は毎日真言を唱えて自分の気持ちをリセット。

変われば変わるものです~。



by hiroshimapop | 2019-09-03 19:09 | 食事が身体をつくる | Comments(0)

砂糖を使わない料理はクリエイティブクッキングでした!


日曜日、『砂糖なしでも美味しい定番総菜、いつものおかず』と題して料理教室を開催しました。

まずは当日、講師をしていただいた小野さんのフェイスブックの投稿をシェアさせていただきます。

今日は料理教室でした。
総勢30名様、昼と夜の開催でした。
主催はテンプルビューティフルの光田菜央子さん。
代替療法を提案しているテンプルさんには厳しい食事のルールがありました。
砂糖、味醂は使わない。
油を熱さない(炒め物や揚げ物はダメ)  ←(※油揚げや厚揚げも使わない)
フルーツは加熱して使う。
肉魚は使わない。
などの厳しいルールです。

そして以前から、
『この食事法を取り入れたくても何を作ったら良いのかわからない』
といった悩みを抱えた方々にテンプルさんではこちらのサイト
生き還りのレシピ
をお勧めされていました。

このサイトはベジドレレシピ集を編集してくださった編集者でありライターの河野アミさんのサイトです。
彼女のお母様が大変な美味しいもの好き、でもご病気をされて食事に気を使うようになった。もともとが食いしん坊で料理好きのアミさんのハハですから、食事制限があっても、何としてでも美味しいものを作ろうと日夜工夫を重ねています。

このサイトがきっかけになり、テンプルさんで、厳しい食事制限をされながらも美味しいものが作りたい人に料理教室をということで、私にお声がかかりました。
普段の私は砂糖は使わないけど、味醂は使いますし、使わないと和食は無理、と思っていました。

なので、「このルールにのっとり美味しい和食を教えて欲しい」
と言われた時は
「植物性の出汁と醤油だけでどうしたら良いのだろう」と頭を抱えたものでした。
そして頭をひねってひねって、ようやくある一つのアイディアが浮かびました。
それを使うことで、味醂を使わず煮物や出汁つゆが作れる!
(因みに甘酒も使いませんよ)

全く新しい使い方、そして簡単で美味しい、しかも様々なバリエーションをお伝えしました。

私にとっても初の試みで、この数ヶ月は試作の繰り返しでしたが、今日は皆さんには美味しいとご満足いただき本当に嬉しかった!
精一杯やるもんだなと、いつもながらに思った今日でした。

お越しいただいた皆さま、なおこさん、アミさん、スタッフの水津さん、ありがとうございました。


訂正させていただくと、ケイシー自身は、菜食を薦めているわけではなく、動物性のものも食べます。が、現時点でなんらか体調不調があり、真剣に快復を目指している方には、血液の質を上げるためにもしばらく菜食を基本にすることをオススメしているので、今回は菜食で、とお願いしていました。

また果物についても、「食後のデザートに果物を使ってもいいか?」と小野さんから問い合わせが入ったので、消化を考慮すると、食後すぐに果物を食べることを勧めていないので、それだったら加熱して調理した果物のデザートにして下さいとお願い。

もう1つ言うと、ケイシーは酢は料理に使わないので、酢もNG食材に・・・。

つまり和食では必須の、砂糖やみりんを使わないだけではなく、酢を使わない、揚げ物、炒め物もしない。でも凝った料理ではなく、簡単に家で作れる定番料理、という高いハードルでの料理教室だったんです。

で、砂糖もみりんも、代替の甘味料も使わないお総菜、美味しかったですー。
しかも「家で気軽に作れる簡単な料理を」ともリクエストしていたので、どのお料理も超簡単! 味付けも品良くシンプルで、食べたあとの後味が良い! 

個人的には「ひじき」がヒット! お総菜で出てくる「ひじきの煮物」は、いつも甘すぎ&味が濃すぎで、一口食べたらあとは箸が伸びないお総菜だったんですが、いくらでも食べられそうでした。美味しくつくる秘訣は、水で戻した「ひじき」をフライパンで炒めながら(油も水も入れず)水分を飛ばすこと。これで磯臭さが消えてぐっと美味しくなるんだそうです。

今回の料理は、醤油麹が大活躍。ペースト状の醤油麹は冷蔵庫に入っていますが、醤油のように気軽に使える醤油麹を作っておくと、これは便利! 参加者さんのアンケートで、加工食品や市販の調味料に頼っていたけど、調味料も自分で作ればいいんだと気がついた、とありました。ホントにそうだと思います。お蕎麦のつゆも、市販のものに頼りがちでしたが、実はほんのちょっとの手間でできるんですよね。

砂糖やみりんを使わないことを選択したとたんに、いつもの料理が自分の創造性を発揮する一品に。キッチンが実験工場のようになりそうですが、それも楽しい!

ご参加の皆さんに好評だったので、また第二弾やるかも、です。
その時には是非ご参加下さいませー。


            ガスパチョの味付けは塩のみ!絶品でした!
c0125114_16154835.jpg
野菜の煮浸し(トロミはなんと、漬け込んでいたオクラの粘り!)
c0125114_16162598.jpg
午前の部にご参加下さった皆様
c0125114_16164770.jpg
午後の部にご参加下さった皆様
c0125114_16170155.jpg
ちなみに、シェフの小野さんがプロデュースされたベジドレはこちら


by hiroshimapop | 2016-08-30 07:22 | 食事が身体をつくる | Comments(0)

アミーゴははの『生き返りのレシピ』


2年前、赤塚さんを通じて知り合ったいなくん
その後、ときどき、我が家でいなくんを囲む食事会なるものをやってました(去年の夏で終了!)。

一番最初は私の友達に声かけしてメンバーを集めましたが、次の回からは、いなくんから「30代、東京在住の女性」とか「僕は会ったことのない40代の女性」といったアバウトな指令メールが届き、思いつく友人、知人の名前をいなくんに伝えてチェックしてもらい、お声かけする、ということをやってました。

アミーゴさんは、「サンプラザ中野くんの知り合いの30代の女性」というお題に「30代に見える40代の女性だったらいる」という中野くんお返事だった方。実際、30代に見える40代で、中野くんの健康本を担当した、長身でとっても爽やかな美人さんでした。

そのアミーゴさんが始められたWEBぼくらのマガジーン。コンテンツの1つ、『生き返りのレシピ』を、私はいつも楽しみにしています。

その『生き返りのレシピ』が始まった経緯をアミーゴさんはこう書かれています。
2013年の夏、わたしアミーゴのハハは
ある大きな病気をきっかけに
「食べること」の中身を大幅に見直すことになりました。
食卓からは当分の間、肉や魚、
砂糖やハチミツなどの甘いもの、くだものをはじめ
たくさんの食材や調味料が姿を消すことになり、
ハハは病を治すための「養生食」をつくり始めました。

しかしながら今年80歳になるハハは今も
「食べる喜びは生きる喜び」を地で行く食いしん坊。
病気は治したい、でも美味しいものも食べたい。
あれこれ悩んだ結果、ハハは
「美味しい養生食をつくればいいんだ!」という
シンプルな答えにたどり着きました。


テンプルで私はときどきお客さまに食のアドバイスをさせていただくんですが、砂糖が断ち切れない方、実に多いんですよねー。そんなとき、普段の食事が和食が多い方なら、マクロビの本などを参考にして、砂糖やみりんを使わない和食を研究して、その味付けに慣れるといいですよーとお伝えしてます。

ソースや調味料、ソフトドリンクもラベルをちゃんとみないと、果糖ブドウ糖液糖のような甘味料が使われており、知らないうちに大量の糖を取り込んでしまうことも多いです。なにより、甘い=美味しいと感じる味覚を持っている限り、なかなか砂糖への欲求はなくならない気がします。

多少体調が悪くても、多少花粉症がひどくても、砂糖を断つ食生活に変えられないというのは、不調が続いてもそれなりに生活でき、家族や自分のいのちに追い詰められた感じがないんだぁと思います。止めるストレスのほうが最初大きいでしょうし、花粉症などは季節が終わるのを待っていれば、そのうち終焉するわけですし。。。 
追い詰められる前に、砂糖甘い食事から脱却できたら、食に関する景色も意識もずいぶん変わり、甘くない食事を楽しめるんですけどねぇ・・・。


というわけで、ときどき「砂糖もみりんも使わず、どうやって和食を作ればいいんですかー!」と怒られてしまう私ですが、このアミーゴさんのお母さんのレシピ、参考になります。ずいぶんレシピも溜まったので、試したいメニューがきっとあるはず。

ちなみに、5月3日のレシピはタケノコ御飯
タケノコ好きなんで、作ってみたい(作ってもらいたい)一品であります!
by hiroshimapop | 2016-05-09 07:21 | 食事が身体をつくる | Comments(0)

パンを食べたいなら、パン屋を選ぶ


先週、テンプルにパンが一箱届きました。

届きましたって書きましたが、注文したのはこの私。グルテンフリー(小麦製品なしの食生活)を始めてはや3年半。普段、パンを食べることはほぼ無い私がパンを注文したのは、年末、津の赤塚高仁さんに会ったとき、赤塚さんから、知多半島にある奇跡のパン屋さんの話を聴いたからでした。

赤塚さんのブログでも何度か登場しており、2015年2月にはこう紹介されていました
パン屋の社長は、久米さんで私の7歳年上の人でした。
何気なく始めたパン屋だったけど、パンを造る指導を受けたとき材料のほかに入れる「薬」が気になった。作り手が便利なように入れる添加物を調べたら、発がん性があったりして食べた人によくないことがわかった。

久米さんがすごいのは、それから添加物を使わないパンをつくり始めたことです。
思うように醗酵しない・・・薬を使えば一気に解決するのに、工場の中を味噌づくりの蔵のような状態にしようと古木や布を使って酵母菌が喜ぶ環境を作り始めるのです。

小麦も量産メーカーが使っているようなものだと、一気に高速で粉にするので熱変性してたんぱく質が劣化するといって、石臼でひいたような小麦粉を特別につくります。

南アルプスの伏流水を天然石の中を通した生きている水で、その小麦をこねる。こねるためのミキサーも何台も何台も壊して、ついに納得できるこね方のできるミキサーを独自で開発してしまいます。

もちろん、砂糖、塩、バター一切の材料も吟味し尽くしてつくられるのです。量産メーカーがつくるパンの数十倍の手間がかかっています。だけど、数十倍の価格で売れるわけではありません。久米さんは、いのちを削ってパンを作っていたので、ガンになってしまいました。それでも、美味しいパンをつくりたい一心で復活し、パンを作り続けています。

2013年11月のブログでも紹介されてます(こちら)

 
こんな話を、稀代の語り部である赤塚さんからじかに聞いたら、食べたくなるじゃないですかー。

ということで、注文しました。

テンプルには美味しいものには目のないスタッフがわんさかいるので、届いたパンは、もれなくスタッフの胃袋の中におさまることになりましたが、もちろん、私もいただきました。

赤塚さんから、ここの食パンは絶品や、と聞いていたので、まずは食パンを。

ちょうどパンが届いた日、私は長崎に行っており、届きたてを食べることは出来ませんでしたが、スタッフが1枚分をラップに包んで冷凍しておいてくれていたので、それをトーストにして。

なめらかで肌理の細かい生地の食パンで、ホントに美味しかった! スタッフはすでに3種類くらいのパンを食べ終わってましたが、どれも美味しかったそうです。 


話変わって、

去年の秋、ひまし油湿布のやり方を聞きたいというお客さまとお話しする機会がありました。乳がんの手術歴があり、最近、ひまし油湿布のことを聞いて、体調管理のために始めたということでした。

私は、だいたい、そういう方には、日頃の食生活もお聴きしているんですが、これがなんともはや、男子大学生の食生活ではないかと唸ってしまう内容。しかも、がんの手術を受ける前は、さらに「好き放題」食べていて、これでも、かなりまともになったんだとか。

で、その方の朝食は毎日食パン。10代の男の子のような食事情なら、きっとパンもどこで何を買うか、とか、原材料などは気にはしてないだろうな予想はついたものの、やはりそうでした。パンの購入先は、近くのスーパーやコンビニ。つけているのはマーガリン。

大量生産されているパンやマーガリンがどういう「食品」なのか、自分が仕入れる健康情報がテレビや雑誌だけだったなら、その事実を知ることができませんから仕方ないことではありますが、大病をした方は意識的に積極的に、食についての本を読んだり情報をゲットしていただきたい。


今日もスーパーで買い物していて、レジに並んでいたら、60代くらいの女性が買おうとしていたのが、健康に意識が高い人であれば、絶対に買わないたぐいの菓子パン2つ。

うーん、ヘルスコンシャスの多い私の周りでは、スーパーやコンビニでパンを購入する人は皆無(と思いたい)なんですが、世の中の圧倒的多数は、やはり、こっちなんですよね。スーパーに行くと、バターよりマーガリン売り場の方が大きいし。


実は、パンをどこで買うか、どんなパンを買うかは、パンだけの話に止まらないんですよね。

スーパーやコンビニでパンが買える人は、原材料や製造方法、添加物なんかも気にならないでしょうから、値段の安いレトルトやインスタントもの、コンビニ弁当や冷凍食品も食べちゃうでしょう。外では、安いファミレスに入ってもしまいます。家で料理するときも、ダシを昆布と鰹節で取ることもなく、サラダ油やベニバナ油で揚げ物をして、電子レンジも大活躍かもしれません。喉が渇いたら、家で無農薬のお茶やハーブティをいれる代わりに、ペットボトルのお茶や甘いソフトドリンクが冷蔵庫に入っているかもしれません。

菓子パンを無造作にカゴに入れてしまう人は、砂糖や果糖ブドウ糖液糖、人工甘味料の有無も気にならないでしょう。


日本の健康保険制度は素晴らしい制度ですが、あまりの病人の多さに国家予算に占める医療費は膨大。その医療費を膨大にしている原因の1つは、私たちの食に対する無知と無防備さ。そしてそれにつけいる食品業界とマスコミ!

パンの話から、医療費の話になってしまいましたが、グルテンフリーを実践するのは到底無理って方多いと思います。というか、ほとんどの方がそうだと思います。

ならば、せめて、どこでパンを購入するかは気にしてみませんか。都会だと、身近に天然酵母でパンを焼いている地元のパン屋があったりするんですが、なければ、通販を利用して。

私はもともとパン大好き人間なので、かつてはお気に入りのパン屋からパンを取り寄せていました。送料節約に多めに買っても冷凍しておけば、しばらくは美味しくいただけます。

きっと、こだわりのパン屋さん、アチコチにあると思います。ぜひ、探求してみてください。


スタジオ・ブレ(愛知県半田市)

私のふるさと広島では、発芽小麦でパンを焼いているパン屋さんがあります。
カントリーグレイン(広島)
by hiroshimapop | 2016-01-10 08:26 | 食事が身体をつくる | Comments(0)

普段の食事


店長さんは、何食べてるんですかー?
という質問が入ったので、ある日の食事をご紹介。

朝:最近、ビーツが安く手に入るようになったので、いま私のマイブームはビーツ入りのジュース。朝、時間に余裕があればセッセとジュースを作っています。
写真のジュースの中身は、ニンジン7~8本、ビーツ1ヶ、青梗菜一株、小松菜一株。 セロリがあるときには、ニンジンとビーツとセロリの3点セットになることが多いです。

生のニンジンはビタミンCを破壊する酵素があるのでジュースにするならレモンを入れなさい、あるいは加熱したニンジンをジュースにしなさい、うんぬんかんぬんという説明がよくされますが、私はレモンで酸っぱくなったニンジンジュースの味が好きではないのと、ケイシーリーディングで生でニンジンを食べるときにはレモンを加えなさいというアドバイスを読んだことがないので、かまわずそのままジュースにしています。たとえビタミンCが破壊されても、他のビタミンやミネラルは豊かに摂れているわけですし・・・。

飲みやすくするためにジュースを絞るとき、リンゴを組み合わせる人も多いと思いますが、ケイシー式の食事療法では、リンゴは他の食材と一緒にクチにしないというのが鉄則なのと、ジュースが甘くなるので、私はリンゴは使いません。反対に、できるだけジュースが甘くならないよう、セロリや小松菜などを入れて、甘みを抑えています。

今回はセロリがなかったので、代用として青梗菜(チンゲンサイ)を使ってみました。もともとビーツが土くさい、というか田舎くさい感じですが、青梗菜を入れたら、さらにそんな印象のジュースになりました。青梗菜を使ったのは初めてでしたが味は美味しかったです。

この野菜の分量で出来るジュースは約1リットル。500mlサイズのステンレスポット2本に入れ、1本は朝食として、1本は会社に持っていってチビチビ飲んでます。

これが私の朝ご飯。

ジュースを作らない日は、スムージーをカップ1杯作って飲むこともありますし、小麦が使われていないシリアルにレーズンなどをトッピングして、アーモンドミルクやココナッツミルクをかけて食べたり、梨や葡萄などの果物だけで終わることも。あまり時間をかけず、サササと食べたり飲んだりできるもので済ませてます。


会社で食べるランチは、こんな感じ。
自然食のお店で購入した十割蕎麦を茹で、香味とサラダ兼用の野菜を一皿。今回の野菜はホワイトセロリ、有機の大葉、カイワレ、オクラ。 蕎麦を食べず、野菜のみを山盛りにして食べることもあります。この前は、レタスをまるまる1個ちぎって、ひたすら青虫のように食べてました。


夜は、食べる時間が遅いのと、米を食べると速攻で眠くなって何もできなくなるので、いまは玄米も含め、ゴハンを食べることを控えています。 その代わり、トウモロコシやサツマイモ、カボチャといった炭水化物になるような野菜と緑黄色野菜数種を蒸したりグリルしたものを食べることが多いです。私は大豆の消化力が弱いので、豆腐や豆乳といった大豆そのままの加工品より、納豆や高野豆腐、テンペのように消化しやすい大豆製品を食べるようにしています。

晩御飯の野菜は加熱したものを。全体的に小食です。

基本、おやつなどの間食は無し。
仕事しながら口寂しくなったら、ナッツやドライフルーツを少しつまみます。


あらためて書きだすと、太りそうもないラインナップですよねー。
いつも、あと4キロ増量したいキャンペーン中なんですが...


                 ビーツは見つけたら思わず買ってしまう
c0125114_16194836.jpg

            ノーウォークジューサー。 左で粉砕、右でプレス
c0125114_1620821.jpg

フラックスオイルと麻の実ナッツ(ヘンプナッツ)は大量にかけます。この日は津の赤塚さん力作のポン酢をかけています
c0125114_16202916.jpg

by hiroshimapop | 2015-09-08 07:19 | 食事が身体をつくる | Comments(19)

血液は嘘つかない・・・


先日の日曜日、我が家で血液観察会を開催してました。

実は7月の血液観察会の際、メルマガ配信直後から次々と申込みが入り始め、あっという間の定員オーバー。あまりにもキャンセル待ちリストが長くなってしまったので、その方向けに、シークレット開催をしたのでした。(前回の血液観察会の様子はこちら

合計3日間、皆さんの血液を私も横で拝見していたのですが、食生活、自分なりには気をつけているようで、意外な落とし穴がありそうでしたよ。

数が多かった順、食生活の中で見直しが必要な順番としては・・・
*砂糖漬けの血液が多い
*鉄分不足の方が多い
*塩の取りすぎの方が多い
*肉などのタンパク質がちゃんと消化されていない


●砂糖漬け血液は毎度お馴染みになりました。8割くらいの方に要注意チェックが入っている印象があります。テンプルのお客さまが主にいらしているので、一般の方に比べれば、食に対する意識は高いハズなのですが、どうも砂糖には点が甘くなっているようですね。

なかに「店長さんが勧めているので野菜はたくさん食べてます」「店長さんが穀物を主食にしないようにといっているので穀物の割合は少ないです」と言われていた方がいらしたので、これは期待できるかも、と思っていたら、その方の血液もやっぱり砂糖漬け血液。アレレ?何故に? と思っていたら、お菓子や甘い物は毎日欠かさず・・・。店長さんは、同時に、砂糖や甘い物は要注意。食べないようにと言っているんですが、そこはスルーされてるんですよねー(涙)。

白砂糖じゃなければいい、と思っている人も多いですが、舐めて甘い物は基本砂糖と一緒。以前書きましたが、ロースイーツも意外にもいろんな甘味料を使っているので要注意です。手づくり酵素ドリンクも甘酒も毎日飲むには甘すぎます。


●鉄分不足の方は、赤血球が軽くて猛スピードで赤血球が動いてました。よくサラサラ血液といってますが、サラサラだと喜んでいたら実は鉄分不足だった、ということもありそうです。鉄分が不足すると赤血球が酸素を身体の隅々に運ぶのが難しくなるので、冷え性になったり記憶力が落ちたりしがちです。まずはフローラディクスのような鉄分サプリで補給しながら、食生活を見直してみるといいかなと思います。


●塩分取りすぎは、血液中に余分なナトリウムが出てきます。夏で汗をかくからと、わざわざ水に塩を入れて飲んでいる方もいるようですが、普通に食事をしていればナトリウムは十分摂取されているハズ。余分なナトリウムはできるだけ排出したいくらいなので、あえてわざわざ塩を取る必要はないようです。特に玄米菜食をまじめに実践されている方は、ナトリウム過多になりやすいので要注意です。

ちなみに、血液をみる限り、玄米菜食を続けている方の胃腸は意外にも状態が悪いようです。以前私が玄米正食を実践しているときには、ゴハンを口に入れたら100回噛むという感じでした。そうするとお茶碗1杯のゴハンと少しのおかずを食べるだけで1時間くらいかかってしまうんですよね。今はここまでよく玄米を噛んで食べている人は滅多にいないので、消化を考えると、玄米を食べている方は、飲み込む前にしつこいくらいに噛む! そうしないと、塩分の多い食事とあいまって、かえって胃に負担をかけているかもしれません・・・。


●ケイシーはベジタリアンを勧めているわけではないので、肉や魚を召し上がるのは全然OKです(*肉を食べる場合には、豚肉はNG。牛肉はたまに。普段はチキンかラム肉を。揚げ物はすべてについてNGです)。ただし、ゴハン+肉という組み合わせは消化不良を起こしやすいので避けます。肉を食べたいときにはつけあわせの野菜をどっさり。そうすれば、食後何時間も胃腸が働き続けるということもなく、身体も楽になってきます。大豆も意外と消化しにくいので、大豆製品が多い方も要注意(納豆や味噌、テンペなど発酵しているものは消化しやすくなっています)。消化できてないと、尿酸結晶が血中に見えてきます。


ということで、上記の4つに思い当たる方がいらしたら、食生活を思い切って変えてみてください。さっき食べたものが今の血液に反映されてきます。あ、まずい!と思ったら、次の食事でフォロー。

毎食は厳しいという場合には、3食のうちの1食からスタート。

気になる方は、次回の血液観察会にいらして下さいね。阿部&氏家コンビで、あちこちで実施されています。日程などは時々こちらでチェックしてみてください。


   今回は福ちゃんも一丁前に血液観察してました・・・。(画像はこちらの参加者さんから拝借)
c0125114_1515043.jpg



血液観察会に参加された方のお声
血液観察会に参加しようと思った経緯ですが、数年前まで食事に気を付け、定期的にヨガをするなどしていたのですが、ここ数年は仕事や職場環境が変わったことで、食生活は好き放題、運動なしの生活をしていました。そこで、そろそろまたいい加減な生活態度を改めたいと、血液観察会で自分の体の状態を客観的に見て、正すべきを正したいと思ったのです。

*阿部先生の血液観察会
血液1滴から どこまで分かるのか、と思ったら初めこそ良かったもののだんだんドライ状態で観察が進むと丸くない!飛び散って凸凹!!現在重篤な病気を抱えているわけではありませんが、先々心配されることが、何となく普段から自分でも引っかかっていたことだったので、あぁやっぱりか、とも感じたのでした。例えば、

・頭:最近、人と話していてもうまく言葉が出てこない感じ。もともと頭髪が猫っ毛で細く少ないのに、いよいよ頭皮が透けて見えてきた
・肝臓:肉食や早食いが日常化していて、胃腸や肝臓に負担をかけている感じ

と、こんな具合でした。

面白かったのは、ちょっとした頭をぶつけたのがほんの少し、血液が凹んで表れていた
7月7日に健康診断で胸のレントゲンを撮ったばかりだったのが、スカスカになって表れた
のが印象的でした。
(健康診断で、こんなダメージを受けるんなら、なんかやっぱり型通りの健康診断って・・・?と思わざるを得ませんでした。)

また、ちょうど時期的に急に暑くなり始めた頃で、努めて塩分を切らさないようにしてましたら、なんと血液に余分な塩が表れてびっくりでした。


*氏家先生のカウンセリング
現在の食生活については、おおむねよし、とのご意見をいただき少しほっとしたのですが、今回一番の気づきにつながったことがありました。

数年前から、子宮筋腫(1cm未満で経過観察)と乳腺症(経過観察)を診断されましたが、日常生活でものすごく困ることもないし、周りの女性先輩方からは「閉経するまで逃げ切れば大丈夫」というアドバイス?を受け、自分から積極的に治癒に動いたことはありませんでした。しかし氏家先生からすると、「筋腫や乳腺症に余分なエネルギーを取られている」と言われ、目が覚めました!!

大げさですが、”私を100%生きるためには筋腫や乳腺症にエネルギーを取られてはもったいない、もっとエネルギーを注くべきやりたいことはたくさんあるので、筋腫や乳腺症には私の人生からは辞退いただこう”と思いました。
そこで、氏家先 生から洗腸を薦められ、先日テンプルさんからお送りいただいたところです。やはり最初は躊躇していた洗腸でしたが、何事もタイミングということなのか、今回薦められてもあまり抵抗がなく受け入れられました。

今回、血液1滴でいろんなことが分かるのがそもそも驚きでしたが、血液が体を作っているという認識を新たにし、意識づけできたのは本当に良かったと思いました。
で、しばらく滞っていたヨガを再開し、とりあえず阿部先生と氏家先生からすすめられたことをやってみているところで、以下はその感想です。

*フローラディクス
阿部先生からは特に頭髪について、フローラディクスを頭につけてみたら?と言われ(笑)さすがにこれはまだやってませんが、フローラディクスはその後も続けて飲んでいますが、疲労感が前より軽減されたように思いますし、爪が筋でガタガタだったのが少し良くなった気がします。また仕事中もぼーっとすっきりしないことが多かったですが、それも良くなったように思います。
貧血は、立ちくらみくらいしか感じてませんでしたが、要は、やはり血液が足りてなかった、ということですね。しばらく飲み続けてみます。

*コーヒーエネ マ
氏家先生のお話では週1くらいのペースでよい、と言われ、2回やってみたところです。1回目はうまく入っていかず、よっぽど私の大腸の具合が悪いのか?と思ったのですが、2回目はすんなりできました。
まぁ、こんなにたくさんのコーヒー液がおなかに入るのか!とこれまた驚きでしたが、出てきたももの中にはやはり単純にコーヒー液だけではない何かが混ざっていて、少し複雑な気持ちになりましたが、終わった後は本当にスッキリ、次の日の洗顔は肌がつるつるとして、気持ちよいです。時間も短く、準備も慣れればそんなに難しくなく、これなら続けられそうな感じですので、筋腫や乳腺症に効果が出るのを期待しています。
実は、幼少のころに便秘で入院したことのある私(今となっては笑い話ですが)、その頃からの宿便もあったのでは?と思っています。恐ろしい。

フローラディクスとエネマを続けてみて、ある程度自分でも変化が感じられた頃にまた血液観察会に参加してみたいと思います。今回は、また生活を変える良いきっかけをいただきました。本当にありがとうございました。

水津さまも光田店長はじめ、他のスタッフの方々も、まだまだ暑い日が続きそうですので、お体ご自愛ください。

by hiroshimapop | 2015-08-25 15:13 | 食事が身体をつくる | Comments(1)

ポルシェ級の幸せは山盛り生野菜から


三重県桑名市でローフードの先生をしているサヨコさんのブログに、こんな投稿がされてました。

「生野菜は身体が冷えるんじゃないですか?」

と言う方、多いですね。
耳にたこが300匹ほどできてるんじゃないか?
と思うくらい聞いている質問です。

私自身はローフードを実践して

・幼いころからのひどい冷えが治り
・20年以上苦しんだ便秘が治りました。

便秘はかなりつらかったので、
西洋医学の薬以外のあらゆることと食事法を試しています。
薬膳とマクロビオティックも独学して、
玄米と、便秘によいと言われるお惣菜を毎日のように作って
職場のお弁当にも入れ、朝から晩まで食べていました。
しかし改善の兆しはなく・・・
なぜかドンドン痩せて行きました。

それが
ナチュラル・ハイジーンに出会って、
朝ジュースを取り入れただけで
1か月余りでどんどん改善していく
掌蹠膿疱症の手足の湿疹にビックリ。
便秘はすぐには治りませんでしたが
ローフードの教室を開講して半年で治ったことを確信。
講座のあまりものを食べたりしてほぼ100%の実施でしたので
ローフード率が高まったせいだと思われます。

分かる人には分かる、朝自然に出るこの快感。
サンプラザ中野くんさんが本に書いてらっしゃいましたが
毎朝それだけで「ポルシェ級の幸せ」です。

「生野菜で身体が冷える」
と言うのは東洋思想の陰陽の考え方が元になっています。

<陰陽>
簡単に言うと
この世のすべてを陰か陽かに分け、
陰は身体を冷やし、陽は身体をあたためる
と言う考え方。これでバランスをとるのです。

私はこの考え方を否定するつもりはありません。
私自身も漢方は好きで本で独学したことがあります。
陰陽や五行の考え方も時にはあてはめて考えてみます。

しかし自分の冷えと便秘を治したのは
まさにこの冷えるはずの生野菜を一日山ほど食べたときでした。
生水も「冷える元」ですが、1日2リットルくらい飲んでいます。

今も、外で加熱の多い食事をすると詰まります。
そんな時には、水をどれだけ摂ってもダメです・・・
でもスムージーを飲めばするっと出ます(^-^)
冷えも普通の食事の方が強くなる気がします。

スムージー講座やアイスクリーム講座で
最後に汗をかいている方が何名もいます。
これは東洋思想では説明できないことですが、
私の体感としてはっきり言えます。

「生野菜で逆に身体があたたまることがある。」

なぜか?
はこれから解明されることでしょう☆
ローフード栄養学はまだ新しい知識なのです。

~ 以上引用終わり ~


私はローフードに着目したかなり初期の一人だったと思います。当時、ネットでローフードと検索しても1件しかヒットしなかったくらい日本ではまだ誰も知らない食事法で、ローフードの本はアメリカに行くたびに買い足してました。

ケイシー式の食事法をご紹介すると、「そんな生野菜ばかりの食事が日本人に合うわけがない」「そんな陰性の食事をしていたら身体を壊す」というメールが何通も届くようなお国柄でしたので、ローフードを紹介したときも、玄米正食を実践されていると思われる方々からかなり強いお叱りをいただきました。

→当時のことはこちらのブログに書いてます。


テンプルのお客さまからも、長年の便秘と冷え性が、ランチタイムに山盛りのサラダを食べるようになって解消したとか、いくつも体験談は寄せられていたんですが、なんせ多勢に無勢。こりゃもう、分母が増えて、生野菜が冷え性の犯人じゃないことが世の中に認知されないと、ケイシー流の食事は危ない食事に思われてしまうなーと思ってました。
(ケイシーの勧める食事では、ランチタイムは、サラダだけで心も身体も満足するほどの大量の野菜を生で食べます)

・・・が、祝ですねー!
この数年のローフードやスムージー、コールドプレスジュースの広がりはどうでしょう。

サヨコさんみたいに、カラダを冷やすという生野菜を山ほど食べていたら、いつの間にか冷え性が改善したという1人1人の体感が、この広がりを支えているように思います。

冷え性だからと、高校時代から30年以上、生野菜を食べたことがない、という女性と以前会ったことがあります。彼女は、原因だと思っている生野菜、全く食べてないのに相変わらずの冷え性だったのは何故なんでしょう? それに、身体が冷えるからと生野菜は食べないのに、甘いお菓子は止めない、という矛盾。なんだかなーです。


私自身は、一番最初にアメリカで学んだローフードが、一切の調味料もナッツも油も全く使わない究極のローフードだったので、日本でいま流行っているグルメなローフードやロースイーツよりは、もっとシンプルなローフードが好きなのですが、今、日本のローフーディストさんたちが日々新しいロー料理のレシピ開発にいそしまれているので、普段の食事と遜色ない美味しいローレシピがたくさん。
→レシピはサヨコさんのブログにもたくさん紹介されてますし、日本語でも何冊も出版されているので、ぜひお試し下さい。

それから以前は日本では入手が困難だったローの食材を扱うサイトもいくつもありますし、ディハイドレーターやパワーのあるジューサーも選択肢がふえました。


時々、サヨコさんが我が家に泊まりに来て、砂糖も乳製品も使ってないアイスクリームを冷凍庫に置いてってくれたり、ケールチップなどをお土産に作ってくれるので、私も時々グルメなローを楽しみつつ、ケイシーとローの違いはありながらも、仲間が増えていい時代になったなーとシミジミです。


毎朝の便りがなく、お腹が詰まり気味の方、万人に合う方法ではないかもしれませんが、サヨコさんみたいに、ローフード試してみるのもいいかも。それでポルシェ級の幸せがやってくるなら万々歳。

ケイシー療法の場合には、ナチュラルハイジーンがほぼケイシーの勧めた食事に沿っているので、こちらの本をオススメしています。


ゲルソンを学びに一緒にアメリカに行った名古屋の高野さんが、こんな素敵な本を出版されました。こちらはローフードの本です。

by hiroshimapop | 2015-08-01 14:29 | 食事が身体をつくる | Comments(0)

ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフルの店長日記


by hiroshimapop
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
有機認定ひまし油300ml

有機認定ひまし油
220ml 2,480円

ひまし油湿布Bセット

ひまし油湿布Bセット
45,380円

大地の力シャンプー

大地の力シャンプー
3,024円

アルカサイモリン

アルカサイモリン
300ml 1,998円

生アーモンド

生アーモンド
100g 756円
1kg(お得用)もあります

オーラグロウ

オーラグロウ
220ml 2,620円

大地と海の歯磨き粉

大地と海の歯磨き粉
80g 2,160円

カーボンスチール(炭素鋼)

カーボンスチール
1個 742円

ソリーブソープ

ソリーブソープ
100g 1,296円

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」
光田秀著 1,728円

書籍「エドガー・ケイシーが教えてくれた美しく生まれ変わるレシピ」

書籍「美しく生まれ変わるレシピ」光田秀著 1,404円

書籍「自然療法で乾癬を治す」

書籍「自然療法で乾癬を治す」ジョンパガノ著 2,376円