カテゴリ:テンプル最新情報( 266 )



『へそ道合宿』開催について


へそ道合宿開催について


《追記:2020年3月27日》

3月26日の夜に『へそ道合宿』は開催期間を延期することにしました。

これまではずっと4月12日からの『へそ道合宿』は、行政からの外出制限がでない限り開催しますとお伝えしてきました。しかし、木曜日の小池東京都知事の会見を受け、残念ですが開催を延期させていただくことに致しました。

今、この時期だからこそ、ご参加の皆さんに「へそ」と「素」を繋いで頂きたい、これから何が起こっても大丈夫、何があっても成長の機会にできる自分になっていただきたい。そして、日本の象徴富士山の麓から、参加された皆さんと一緒に天に光りを通し、不安と不穏な空気感に覆われている日本に少しでも反転のエネルギーを作りたい。

そんな思いから、『へそ道合宿』は、開催の方向でギリギリまで準備していきたいと思ってきました。しかし、4月以降、感染者数の増加が予測がされています。さらに、兄で日本エドガー・ケイシーセンター会長、光田秀が夢でコロナウイルスの警戒レベルを上げるようにとの警告を受け、少なくとも4月中旬までは、私たち一人ひとりが緊急以外の外出は避けたほうがいいという結論に達しました。 https://caycegoods.exblog.jp/30907941/

健康であるがゆえ、もしかしたら間接的な感染媒介者になる可能性もあります。感染しないことと同じく、感染を広げないよう協力する。これが私たち一人ひとりが、今、日本や周りの人、知らない誰かのために出来ることです。

日々変わる状況で、もしかしたら、まだ最悪の事態はないかもしれません。もしかしたら、数日というレベルではなく数週間というレベルでの外出自粛が必要になってくるかもしれません。それは現時点ではわかりませんが、日本も決して甘い状況ではなくなっているのは確かです。

テンプルも明日から日曜日を含め4日間、スタッフは外出自粛としました。火曜日に入江富美子さんと話したときには『できたら開催したい』と言われていましたが、その後の急転直下の状況で、日本のために出来るのは「自宅から出ないようにすること」という立場にシフトされました。

ギリギリまで決断できなかったために、ご迷惑をおかけすることになりました。また、入江富美子さんは、最近、音声配信を開始されています。延期した新しい日程がいつになるかはまだ未定ですが。それまで、この音声配信をぜひお楽しみ下さい。https://www.himalaya.com/jp-communication-podcasts/1731524

次回の日程はまだ決まっていませんが、日程が決定しましたらすぐにお知らせ致します。
その時にはまたどうぞご検討下さい。まずは4月の合宿延期のお知らせとお詫びまで。



4月12日(日)から予定しております『へそ道合宿』について、開催されるかどうかのお問合せが数件入っているようです。

現時点では、政府から移動制限などがでない限り、4月の『へそ道合宿』は開催予定です。

ただし、参加条件、ご参加の方にご協力いただきたいことなどがありますので、この場をお借りしてお知らせさせていただきます。ご理解、ご協力のほどよろしくお願いします。


新型肺炎の報道や記事を見聞きしない日はなく、「新しく感染が確認された」などのニュースと積みあがっていく患者数。国全体を覆っている自粛ムードや学校休校、さらに、それらの原因となっているのが、目には見えないウイルスであることから、不安や恐怖心を掻き立てられている方も多いかと思います。

そんなさなかに数日間、公共交通機関を使って移動し『へそ道合宿』に参加することが、果たして良いことか。自分の健康は脅かされないか、誰かにウイルスを感染させられたり、自分が感染源になって迷惑をかけてしまうのではないか。ある日は大丈夫だと思い、ある日は心配が大きくなったりと、心が大きく揺れる日々をお過ごしかと思います。

これまで報道された内容を冷静にみてみると、症状が重症化しているのは持病を持っている高齢者が多いようで、ほとんどの感染者は症状が軽いか無症状のままで過ごされています。また発表されている患者数は累計であって「現在、罹患している最中の人」の数ではありません。すでに回復された方、無症状のままで日常生活に戻られた方も、その数に含まれています。

現時点での情報から推測すると、たとえ身近にウイルス保持者と長時間一緒にいても、健康であれば、身体がもともと備えている「ウイルスと戦うシステム」で十分対処でき、たとえ感染しても無症状のままか軽症で回復できるようです。
*例えば、JALの乗務員がウイルスに感染していたことが判明しましたが、彼女が乗務した飛行機の乗客や一緒に仕事をしていた同僚の発症は現在のところない。
 https://www.aviationwire.jp/archives/197546


また、少しずつ、どのような状況になるとウイルスに罹りやすいかも分かってきました。

マスクも意味がないと言われていましたが、お互いがマスクをしていることで、新型肺炎に罹患する確率は減りますし、こまめな手洗いが有効であることも多くの医師が証言しています。

メルマガやブログでもお知らせしましたが、ケイシーのインフルエンザ対策や樫樽療法は、肉体面だけではなく、精神的なサポート(安心感や不安解消)になると思います。ケイシーだけではなく、日本に古くから伝わる民間療法、アーユルヴェーダやホメオパシー、微生物を使った方法など、様々な情報はインターネットで検索すると色々出てきます。
 ホメオパシーの対処法はこちらの動画をご参照下さい。

*新型肺炎は、肺炎になりやすいのでタバコを吸っている方、家族や職場環境でタバコを吸っている方が多い方はより注意が必要です。これを機に禁煙や空気清浄機の購入を一考されてもいいかも。
*タバコを吸っている方の、肺の浄化法はこちら

実は、旧型のコロナウイルスに私たちは過去感染して治っていると考えられるそうです。また長い人類の歴史においては私たちは何度もウイルスに感染しながら生き残ってきましたし、私たちの身体自体が微生物の集合体だと言われています。ですから感染しても回復できる身体でいれば、過剰に怖がる必要はないように思っています。


さて、
4月12日から5泊6日で予定しております『へそ道合宿』は、現在のところ開催の予定です。

先日の『3時間のへそ道入門』を受講された方、過去、へそ道に参加されたことがある方はすでにご存じかと思いますが、『へそ道』の講座中は、繰り返し、自分の「へそ」を通じて魂のもと(天)と繋がっていきます。そうすることで、自分がまとっている重くて低い周波数がどんどん削ぎ落され、天と繋がる領域と共振をし始めるのですが、その天と共振している高い7.8Hz(ヘルツ)の周波数領域は、極端に表現すると、喜びだけで成り立っている世界。ウイルスとはなかなか繋がりにくく、互いに引き寄せられない領域になります。不安も恐怖もない世界なのです。

私としては、世界が不安と恐怖と不信感に覆われている今だからこそ、日本の中心であり象徴でもある富士山の麓で、皆さんが集い、7.8Hzの世界と繋がりながら数日間を過ごし、その周波数をもってそれぞれがご自宅に戻られることは、参加者だけではなく、その方の周りの方にもよい影響を及ぼすのではと思っています。また富士山の麓で、日本に漂う不安や恐怖心を吸い上げていく光の柱を立てていく。そんなイメージもしています。

 『3時間へそ道講座』オンライン講座は、3月24日(火)まで動画配信受講受付中。


おそらく、新型肺炎の流行をはじめとする様々な波乱は今回が最後ではなく、自然災害や社会構造の変革なども含め、私たちの生活を大きく揺るがすような出来事は今後、何度も起こってくるでしょう。そのたびに、噂や情報に右往左往し、不安を掻き立てられてしまう自分でいたいか、天と共振しながら生きたいか。さて、どちらでしょうか?


『へそ道合宿』開催について_c0125114_16371420.jpg


とはいえ、交通機関を使って移動し、複数名が集まる会場で長時間過ごすことへのリスクをご心配されている方も多いと思います。

つきましては、ご参加について、以下についてご理解、ご協力をお願いしながら、ご参加の皆様が安心して過ごしていただける場にしていきたいと思っています。


《ご参加条件》
*開催日の2週間以内に、参加者ご本人、もしくは同居のご家族が37.5度の発熱があった方、2週間以内に15分以上一緒に過ごした友達、会社の同僚などが37.5度以上の発熱があったことを知っている方は、大変申し訳ありませんが、今回の合宿のご参加をご遠慮下さい。(ご参加の3日前の正午までに、発熱を理由とするキャンセルのご連絡をいただいた場合には、事務手数料1100円を差し引いた参加費をご返金します。それ以降のお申し出は半額のご返金。発熱以外のご参加者様都合のキャンセルは別途キャンセル規定があります/申込時に届く返信メールをご確認下さい)。

*毎年、花粉症で咳やクシャミをし続ける方は、咳やクシャミがでないよう、あと1か月間、食事の改善や代替療法などを実践しつつ体調管理をお願いします。(会場で咳やクシャミが頻発している場合には退席をお願いする可能性があります)

*①65歳以上の方で、糖尿病,心不全,呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など)の基礎疾患がある方、②透析受けている方、③免疫抑制薬や抗がん薬などを用いている方、④妊娠中の方は、現在全く日常生活に不便はなくても、ご参加はご遠慮下さい。


《会場での衛生管理》
*会場に入る前は毎回、洗面所での手洗い、アルコール消毒をお願いします。
*マスクを複数枚ご持参ください(ハンカチや布を使ったマスクの作り方が最近、ネットに出回っていますので、お持ちでない方はそちらをご参照下さい)
*花粉症などで咳やクシャミが止まらない方は、大変申し訳ありませんが、薬の処方を事前に受け、ご持参下さい。

《テンプルから持参予定のもの》
*樫樽とアップルブランデー(休憩時間などに香気を吸っていただけます)
*重炭酸ソーダ(重曹)とクラッカー
*微生物や銀イオンなどを使った除菌剤
*アルコール


『へそ道合宿』開催までの約1か月間は、十分な睡眠、血液を汚さない食事(砂糖や甘いもの、揚げ物や豚肉、コンビニ食やファストフードなどは極力避ける)、適度な運動とストレスリリース、こまめな手洗いとうがいの実施をご協力下さい。


合宿開催について、また何か状況変化がありましたら、お知らせさせていただきます。


by hiroshimapop | 2020-03-14 13:00 | テンプル最新情報

4/18(日)身体を学ぶ、身体を通じて学ぶ老子道徳経(タオ)


100%オンライン配信による講座になりました。

昨年インタビューをさせていただいた野口整体の流れを組む整体指導者、山本清次先生。
大阪を中心に日本各地で整体と講座をされていらっしゃいます。

 山本清次先生のインタビューはこちら
 

昨年から千葉の友人宅で山本清次先生の整体操法と勉強会が始まったので、タイミングが合うときには私も参加しています。が、横浜の自宅から会場まではたっぷり2時間。

毎回「遠い~」と愚痴っていたら、愛媛から、宮城からと飛行機や新幹線を使って受けに来られていた方々が。別の友人は以前、東京から大阪まで受けに行っていたそうで「それに比べたら千葉は近い!」と言われてしまいました(苦笑)。

野口晴哉(はるちか)先生が始められた野口整体。日本各地に整体師さんがおられる中、なぜ、山本先生の元に全国から人が通われるのでしょう。まず「出逢いとご縁」が1つ。そしてもう1つは、山本先生がこれまで積み上げて来られた知識と経験の幅が広いこと。
まだ40代はじめと若いのに、その叡智をもとに多角的な視点から身体全体をみて下さるからかもしれません。

山本先生は7歳から中国武術の先生に、10代から知花敏彦先生、岡島瑞徳先生など一流の師に師事。身体のことや宇宙法則、人相学、風水、四柱推命、茶道、アロマと次々に学びを深められています。


さて、4月18日(土)の午後、その山本清次先生から身体について学んでみよう、という講座を開催します。
100%オンライン講座となりました!

テンプルらしくテーマは
『身体を学ぶ、身体を通じて学ぶ老子道徳経(タオ)』


主に3つの内容でお話いただく予定です。

1)立春から始まった「庚子」の1年は恐怖が増大する大波乱が想定されるそうです。しかも、今年は1800年サイクルと180年サイクルが交わる大転換期の始まり。(風水術で使う暦に「三元九運」と言う時間概念があり、その周期が180年。2024年が真のスピリチュアルの時代の幕開け)そして、これからは強制的な大変革が始まる時期だそう。

私たちはこの大変革を体験しに、この時代を選んで生まれてきた魂なんですね。

…とはいえ、時代の大きなうねりの中で翻弄されてしまうのも事実で、新型コロナもそうで、不安と恐怖、怒りで心が反応しがち。ウイルスだけではなく、これまでの常識や考え方が通じない新しい世界へ移行するときにはどうしてもストレスを感じ、心と身体は抵抗と拒絶反応を起こしてしまいます。流れる水に逆らうことなく、でも自分はしっかり保持していたい。それにはやはりゆるやかな身体が基本。

ということで、まずは
*今年から来年の立春までの時代の流れ予測
*不安や怖れを感じやすい身体、安心を感じやすい身体とはどういうものかを知り、不安や恐怖を感じてしまった時、身体をどうケアしていけば安心でゆるんだ身体に戻り、この時代を乗り切っていけるかを学びます。


2)山本先生によると、男性と女性の身体は「月とすっぽん」ほど違うのだとか。ホルモンの影響で脳や身体つきが違っていることは知っています。でも身体がそもそも違うらしい…。なので、男女が分かり合えることは永遠にないんだとか(驚)!

男女の身体がどう違っているかを理解し、パートナーに分かってもらうことを諦めることで(笑)、新しい関係性が始まるかも。夫や妻、パートナーが理解できない、存在がストレスの元凶という方には是非!(家庭内にストレスの元があるなら、その関係性をまず改善するのが大事です!)


3)最後は、山本先生が7歳から学んできたという老子の『道徳経(タオ)』の教えを紐解いていきます。老子は紀元前6世紀に活躍した中国の思想家。山本先生によるとタオとは「永遠に流れている見えない無限の働き」。タオを意識して生きはじめると自力で頑張る必要がなくなり、タオの方から助けが入り始めるらしい…。

入江富美子さんの『へそ道』では、へそを通して宇宙のもとと繋がっていきよう、ということを提唱されていますが、『道徳経』は、タオを意識しタオと繋がり委ねていく…。そんな生き方を提唱している書物だと読み解けるようです。

タオに自分を委ねながら生きる「道」とは? 紀元前に書かれた書物である『道徳経』の世界をいま改めて知りなおすことの意味や功徳とは何か…?

これまでテンプル主催の講座では、ヨハネの黙示録、バガヴァッド・ギーターと難解な霊的書物を読み解いていきましたが、山本先生と今度は「老子の道徳経」を霊的書物として向き合っていきます。

 山本先生がタオについて語られている動画(4回シリーズの1回目)   


4/18(日)身体を学ぶ、身体を通じて学ぶ老子道徳経(タオ)_c0125114_19371368.jpg


『身体を学ぶ、身体を通じて学ぶ老子道徳経(タオ)』
開催日:2020年4月18日(土)13:30~17:00
開催地:東京都中央区 茅場町駅周辺 会場開催はなくなりました
受付人数:80名
     100%フェイスブックとZOOMによるオンライン講座になりました!
ご参加費:7,800円(税込)
申込はこちらから

山本先生のYoutubeチャンネル 



by hiroshimapop | 2020-02-29 19:39 | テンプル最新情報

『へそ道合宿』in 御殿場


『ダイヤモンドはダイヤモンドによって磨かれる。人は人によって磨かれる』

自分の枠を外して人生を思いっきり生きたい、せっかく生きるなら豊かに面白く生きたいと思ったとき、一番効果的でインパクトのある方法は、そう生きている人と出会うこと、親しくなること。

今、世界中で『へそ道』を開催している入江富美子さんも枠を外して思い切り生きている一人。しかも、宇宙常時接続の人。その入江さんと数日間、一緒に過ごしながら、自分の魂(みたま)の輝きを取り戻していきませんか? 

 入江富美子さんについて書いたメルマガのバックナンバー 


私が初めて入江富美子さんにお会いしたのは2007年の7月。当時、入江さんは『1/4の奇跡』の映画の映画監督として上映会や講演会で全国を飛び回られていました。

その後、テンプルで入江富美子さんの3時間講演会を企画し、親しくさせていただくようになりました。直接お話をお聞きすると、表立った活動とは裏腹に、ご主人の会社が倒産して収入がなくなり、いただいた商品券を換金して自分の映画上映会の交通費をねん出するような経済状態。滅多に家に帰ってこないご主人とも、会えばその言動にイライラ。いつ離婚を切り出そうかと思うほどの結婚の危機だったそうです。自己否定感もあり、人前に出て話をしながらも、心には満たされない思いが溢れてくる。そんな状況でした。

ところが、あれよあれよという間に2作目、3作目の映画を監督。
映画『1/4の奇跡』は英語、フランス語、ルーマニア語と各国の言語に翻訳され、世界中で上映されるように。それに伴い入江さんのフィールドも海外規模になり、ご本人もどんどん枠がはずれて心も身体も軽やかに…。やりたいと思う前に、すでにその状況が天から用意されている。自分が想像する以上のものを神様が与えて下さる。そんな枠のない人生が始まりました。

ミッションを生きる自分になりたいと、一人コツコツ地道に続けてきた様々なワークを元に2009年にスタートした『へそ道』も、進化に進化を重ね、現在は数日の合宿形式や海外での開催がメインに。今年もすでに数か国で『へそ道』開催が決まっているそうです。


私が『へそ道』を初めて受けたのは2013年。
作家のひすいこたろうさん、右脳教育の七田厚さんなど、そうそうたるメンバーとの1泊2日の合宿。よく分からないまま入江さんに集められた一人でしたが、『へそ道』開始10分後には「おー。これはすごい。テンプルのお客様にも聞いてほしい」と主催を決意(まだ本題に入る前だったのに(笑))。1回目の休憩時間に「テンプルでもやって」とオファーして、その後何度も主催させてもらっています。 
 その時のことはこちら → https://caycegoods.exblog.jp/19651651/


自己啓発やビジネス系のセミナーに行くと、人生のゴール、人生のビジョンを決めて目標設定。ビジョン達成のために10年計画、5年計画と細かくプランを立ててあとは努力。そんな方法を勧められたりします。

ですが『へそ道』のアプローチは全然違います。

入江富美子さんは、人生の師匠から「ビジョンを生きれば力は自分持ち。でもミッションを生きると、その力は向こう(宇宙)持ち」だと言われ、その言葉に目覚めて生き方を全面的に転換。自分の人生のハンドルを握るドライバーを「自分の頭や思考」から「宇宙」へシフト(ここでの宇宙とは、宇宙意識やサムシンググレート、もしくは内なる真我、内在神といったものを指します)。宇宙意識との常時接続になると、自分で考えた5年計画、10年計画が吹き飛んでしまうような出会い、飛躍に満ち溢れてきます。

なんせ、入ってくる情報源が人からではなく、宇宙意識から、になってくるんですから。

宇宙意識に人生のハンドルをまかせるなんて、自分の自由意志はどうなるんだ?と思われる方もおられるでしょうが、この境地に入ると、自分のやりたいことがすでに宇宙法則管轄下。「向こう持ちのチカラ」も自然と流れ入ってくるので、悩み多き人生が、いつの間にか喜びの湧き上がる人生に変わっていきます。


『へそ道』は、基礎編、王道編を通して、宇宙意識と常時接続できる自分を準備しておくための様々な「道」を体験していきます。

宇宙常時接続になるためには、まずは自分の魂(みたま)についていたゴミや汚れを取り去り、自分の魂を再発見、再接続していく必要がありますから。

自分のみたまと繋がらずして、宇宙とは繋がりませんー。自分のみたまとの関係性をより深く育て、澄んだみたまでいる方法を学ぶのが、華道や茶道のような「へそ道」でもあるんです。


では、どうやったら自分のみたまと繋がり直せるのか。。。

まずは、すべてのもとの存在を知ること。 そしてそこと共振して生きること。そのために必要なのは、自分のみたまの光を覆い隠し繋がらないようにしている思い込みや呪縛を解き始めること。

自分に思い込みや呪縛があるかどうか気づく1つの方法は、日常生活の中でムッとしたり、イラっとしたり、アクシデントや体調を崩すなど、愉快とは言えない出来事があるかどうか。そんな時は実は自分の中にある心のゴミを撤去するチャンス。そう思いたくない人もいるでしょうが、目の前に起こってくる出来事、出会う人、湧いてくる感情は自分の心の反映ですからね~。

その心のゴミの大元は、多くの場合、幼い頃の出来事に端を発しています。しかも、その後の人生で上書き体験をし続けているので大元が見えにくい。その大元に気づくために、『へそ道』では「へそに繋がる、素に繋がる」ことをやっていきます。

入江さんの場合は、5歳の時、朝起きたら隣で父親が心臓麻痺で急死していたという出来事がありました。
自分があと数分早く起きていれば父親は助かったかもしれない、悪いのは私だ。間違ったことをした私は幸せになってはいけない。私は人を笑わせて幸せにしなければならないという思い込みが出来上がり、それが入江さんの人生の根底で常に入江さんの感情や言動をコントロールし続けていきました。

私もボロボロとたくさんありますよ。
1つ挙げれば、私は孤独癖があるんですが、それは幼い頃体験からきていました(由佐美加子さんの『メンタルモデル』をお読みになると、こういった防御反応、思い込みについて詳しく解説されています)。 
 『メンタルモデル』 https://amzn.to/39zhqMe

他にもよくありがちなのは「私は人より頑張らないと認められない人間だ」「人から愛されるためには我慢しなければならない」「人より目立ったら叩かれる」などなど…。


そんな制限や思いこみから今は厚く覆い隠されてしまっているけれど、確かに美しく光り輝いているみたまがその下にある。このマインドの働きは幻想だということに気づけばあとはひたすら自分のみたまの輝き、光を取り戻す作業をするだけ。

深い霧のように立ち込めていっている記憶の中でその元となっている出来事を思い出し、味わい、その記憶を感謝に変えていくと、少しずつ立ち現れてくる魂のきらめきと喜び。そして、それまで気がつかずにいたことへのお詫びと申し訳なさ。

『へそ道』をテンプルがお勧めし続けているのは、一人でも多くの人に、自分を最高に生かそうと待っている、内なる存在に気がついてほしいから…。


ということで、集中的に自分で自分にかけてしまった呪縛を溶いて、本当の自分を発掘するような、そんな数日間を4月にご用意しています。合計6日間ですが、6日なんてあっという間です。濃厚なスープに入っているような数日になると思いますー。


全日参加は6日間。4月12日(日)~4月17日(金)
『基礎編』→『感性強化』→『王道編(旧・応用編)/最終日は「へそ内観」』

一部参加は
『基礎編』+『感性強化』 合計3日間 4月12日(日)~14日(火)
『感性強化』+『王道編(旧・応用編)』 合計4日間 4月14日(火)~17日(金)


『へそ道合宿』in 御殿場_c0125114_15044758.jpg

以前、東京で何度か『へそ道』基礎編は開催していますが、その『へそ道』とは大きく変貌を遂げています。
2日間だけ受けて日常に戻ってしまうのはもったいない、ということで、基礎編をさらに自分に落とし込むための『感性強化』の1日をプラス。*『感性強化』では応用編の内容にも1部入っていきます。

これまで3日間で『王道編(旧・応用編)』を受けられた方も、初日の『感性強化』から入っていただくのでトータル4日間のコースに。その方が「へそ」との繋がり早く深くなります。そして『王道編』最終日には、「へそ」を深めたからこそ味わえる新しいゾーンを体験してほしいと『へそ内観』をご用意。自分の意識を超えてでてくる感情の裏メッセージを読み解き、自分の進化を止めている無意識のストッパーを外していきます。


今年から参加費、講師料が改訂となり、昨年までに受けられた方よりも価格設定が高くなっています。でもお得な早割も3種類設定。早く参加を決断してスケジュールを抑えた方は早割価格でご参加いただけますので、ぜひ早割をご活用下さい。


…その前に、入江富美子さんの話を聞いてみたいという方は、2月29日(土)の『へそ道』を味わう3時間にぜひどうぞ。 


基礎編、王道編とも参加はすでに20回は超えているというプライス・琴子さんに、なぜそんなに『へそ道』を受け続けているのか聞いてみました。
 
入江富美子さんのへそ道を通じて学ぶ「御魂力」


へそ道での教えは私の御魂に共鳴し続けている一生モノ。
お茶や、お花、ダンスのお稽古に通う様に、知るところから始まり、もっと知りたい、感じたい、深めたい、という面白さがどんどん広がって、私にとって最高に楽しいお稽古に通っているような感じです。

へそ道に再参加したり、研究コースに何年もコミットし続けたのは、自分の内側から飛び出してくる発見があるから。そして「私の本体はみたま」。 このことを体感するたびに、「あぁ本当にそこを生きることには深さがあるなぁ」と、自分の中の一点の魅力が増していきました^^

内側から溢れてくるように自分のコアな喜びの源泉を見つけ、一生かけて深め続けられる面白さ。よりユニークな多面体の世界を捉えていかれるし、想い、在り方、全てが変容し続けています。

この時代だからこそ!

へそ道は多くの皆さんに体感して頂きたいなーって思うことが詰まっていますから、ぜひテンプルビューティフルさん主催のへそ道に参加されてみてください。  Price 琴子


今年は意図したわけではないんですが、1月の『ソマティック・エナジェティクス』、2月の『へそ道入門』、3月の『鏡のワーク』、4月の『へそ道合宿』と自己変容がテーマの講座が続いています。宇宙が私たちに求めている2020年のテーマが自己変容なんでしょうか。

その波に乗るかどうか。
自分のみたまを覆い隠している思い込みを自分だと思ってこれからも生きていくのか。
輝きとチカラを取り戻しながら生きていくのか…。

自分と繋がり、宇宙が自分の応援団に入ってくると
 *身体が楽になる、体調がよくなる
 *面白い人生になっていく。
 *自分自身が内側から輝き始めるので化粧のノリがよくなる
 *答えを外に求めなくなる
 *人と違っていることが怖くなくなる
などなど効用あり。


『へそ道』の仲間は世界中にいらっしゃいます。さらに、年間を通していろんな学びの場が用意されているので一気に自分の人間関係も広がっていきます。また合宿は定員が少なく、入江富美子さんと直にじっくり話をする機会もたくさんありますよ。


入江富美子さんの3時間セミナーを開催して、経済的困窮と離婚の危機を聞いたのが2009年の1月。その後の入江さんの変貌は本当にめまぐるしい! 始めるのに遅すぎることはありません、変わり始めたら早いです。


最後に、ケイシーのリーディングにこういうのがあります。
『あなたにとって、神はどれほど個人的な存在であろうか? あなたが望むだけ、神はあなたにとって個人的な存在になるのだ。イエスとして肉体に現れたキリストとどれほど親密な関係であろう? あなたが望むだけ、キリストは近く、大切なものになるのだ。あなたに愛する子どもがいるとしよう。求める子どもと求めない子どものどちらに、あなたは応じるのか? それはあなたが、一方の子どもにより大きな愛情をかけているというわけではない。これは相互的な反応である」1158-9


これって、自分とイエスの関係性だけではなく、自分の内側の神との関係性にも当てはまります。
自分の本体である内在神、真我とどれほど親密な関係性を築いているでしょう? 自分の神に、どれだけ助けを求めているでしょう。


『へそ道』は自分の心と魂(みたま)の奥深くに入っていく大手術でもあります。涙も出てくるでしょう。でも、やっただけ、取り組んだもの勝ち。自分の魂(みたま)と再び会うために、輝かせるために、時間とお金を確保するだけの価値はあると思いますよー。

外への旅ではなく、内なる旅をこの機会に。
覚悟を決めてご参加下さい。


『へそ道合宿』in 御殿場
日 時:4月12日(日)~17日(金) 5泊6日    
    一部参加もあり    
    *基礎編のみ:2泊3日 4月12日(日)~4月14日(火)    
    *王道編(旧応用編)のみ:3泊4日  4月14日(火)~4月17日(金)    

開催地:御殿場高原 時之栖(ときのすみか)    
    JR「三島駅」「御殿場駅」「裾野駅」他、数か所から無料シャトルバスあり
講 師:入江富美子さん
定 員:基礎編・王道編 各20名

参加費はこちら
『へそ道合宿』in 御殿場_c0125114_16155637.jpg

お申込みはこちらから    




by hiroshimapop | 2020-02-14 17:19 | テンプル最新情報

《 鏡をただみるだけ。人生を好転させる鏡のワーク 》


昨年11月に開催した謎のフランス人、ジュリアンの来日セミナー1日目は、パリ在住のビズネア敦子さんがゲストスピーカー。午前中の90分間、ビズネアさんが提唱されている『鏡のワーク』についてのお話をいただきました。

『鏡のワーク』って何をするのか分からないし、ビズネア敦子さんのことはよく知らないし…と直前キャンセルが数名…。でも、蓋をあけてみれば、心打たれるお話の内容に、講座終了後の感想文には『鏡のワーク』をもっと深く聞きたかった、『鏡のワーク』の講座を開催してほしいというリクエストが入っていたほど。

鏡を見るだけで人生が好転していった…というビズネアさんの実体験、まだまだ、深い謎が潜んでいそうです。


…というわけで、3月22日(日)に『鏡のワーク』を開催することにしました。

講師であるビズネアさんは、個性の強い母親のもと、子どもの頃から極度の内気で、人とのコミュニケーションがうまくとれない。長い間、強い自己否定感に苛まれていたそうです。

自分は生きる価値がない、自分の存在は人の迷惑だから消えてしまいたい…。どうすれば人に気づかれず死ぬことができるのかと悶々と悩み続けるほどで、自分を変えたくて、200を超える自己啓発やヒーリングを学んだそうです。

ところが、2015年、たぶんビズネアさんの内なる叡智がそうさせたんでしょう。追い詰められた気持ちから、それまで聞いて知ってはいたものの、全然やる気もなく気にもしていなかった『鏡のワーク』をやり始め、地道に取り組んだところ、いつの間にか、「変わらなければ」「こんな自分を受けいれなければ」「自分を愛さなければ」といった思いさえ消えうせ、目の前には、ただただ幸せを感じ、人生を楽しめている自分がいたんだとか。

ビズネアさん曰く、「鏡をみるだけ」なんてバカバカしい…と、頭では判断してしてしまいますが、これはやったもの勝ち、お得感ありありの方法なのだそうです。

今も、落ち込むことがあっても、鏡をみて「しゃーんめぇ(茨城弁で、仕方ない」とつぶやけば終わり。翌日にひきずることもなくなったそう。母親からも別人のようだと言われ、実際、別人のように変わることができたのは、ただただ、毎日鏡を見続けていたから。

離婚直後、ボロボロの精神状態のときに元夫と交わした会話をビズネアさんがブログにあげられています。強く立ち上がれたのも鏡を味方につけていたからなんですね。

鏡をただ見ているだけで、魂の浄化作用が自然に起こるんじゃないか・・と、感じていたら、伊勢神宮の宮司さんも、そう仰っていたそう。ひたすら鏡に映る自分をみる、自分を観察していくだけの『鏡のワーク』に何故そんなミラクルな力があるのか…。

『鏡』はあまりに毎日見慣れているものだから、あえて誰も気にしていませんが、実は中村天風さんや、カリスマ編集者、櫻井秀勲(ひでのり)さんなど、数多くの著名人が使っている自己改革法。

ビズネアさんはこう言われています。「人は、他人のことは本当によくみています。あの人はこうだ、ああだと観察して評価してのに、自分のことはチラ見。本当の自分を知らないままに生きています。チラ見程度しかしていなかった自分としっかり向かい合う。自分を生きるために、まずは自己観察からスタートするとよいですよ」と。

自分の顔は自分の歴史をよくも悪くも映し出してしまう鏡。見ることで何が起こるかは分からない。でも、いつの間にか、廻りの人が気づくほど何かが変わっている。そんな魔法の杖を1本、取得してみませんか?


《 鏡をただみるだけ。人生を好転させる鏡のワーク 》
開催日:2020年3月22日(日)13:30~16:30
講 師:ビズネア敦子さん
開催地:東京都港区 茅場町駅周辺
募 集:62名
参加費:5,800円(税込)
お申込はこちらから

《 鏡をただみるだけ。人生を好転させる鏡のワーク 》_c0125114_14060437.jpg



by hiroshimapop | 2020-02-09 00:54 | テンプル最新情報 | Comments(0)

オンライン配信!入江富美子さんの『へそ道』を味わう3時間 2月29日(土)


【入江富美子さんの『へそ道』を味わう3時間 2月29日(土)】 
~へそで生きると、毎日がセレブレーション~


テンプルでも何度か主催をし、私自身も個人で何度も参加している入江富美子さんの『へそ道』。
ひょんなことから昨年末、5日間の『へそ道合宿』に参加してきました。

それはもともと『メンタルモデル』を書かれた由佐美加子さんとそのお仲間のためにセッティングされたクローズドの合宿。一般募集はなかったのですが、直前のキャンセルがあったので「参加しませんか~?」とお声がかかりました。5日間の合宿と聞いてさすがに一瞬ひるみましたが、心の専門家である由佐さんが『へそ道』をどう感じられるか、その興味もあり、スケジュール調整をして参加してきました。 
 メンタルモデル: http://mentalmodel.jp/

いや~。何度も受けた『へそ道』でしたが、中身はかなり刷新されていました。

ブログに私はこう書いています。
「毎回主催するたびにバージョンアップしているのは感じていましたが、今回のはバージョンアップのレベルではなく、新しい次元に移行している感じ。何よりふーちゃんが『へそ道』の講座の中で参加者に達成させたい水準と求められる本気度が全然違う。」 

真剣度の高い皆さんの場だったことも加味して、初参加の方ばかりなのにワークが深い。
心の専門家でもある由佐美加子さんも大きな気づきがあったようで、これから自分がどう生きるのか、新たな道筋が見つかったようです…。

全国で講演活動や甲子園球児たちのメンタルトレーニングを指導されてる居酒屋てっぺんの大嶋啓介さんも参加メンバーでしたが、『へそ道』1日目ですでに『へそ道』を勧めたい友人、知人が何人も頭に浮かび、ご本人も続きを受講すべく日程調整をするそうー。

全国各地に呼ばれ、講師として活躍されている方たちが、何故に『へそ道』に魅了され、新たな自分を発見していくのか…。

生き方を説く講師というと、高齢の髭を生やした仙人みたいな人を想像しますが、 目の前にいる入江富美子さんは、大阪弁炸裂のアクティブなおもろい女性。その入江さんの口から、次々と深い叡智が出てくるというギャップがまたいいんですね(笑)。

それに、入江さんのエピソードは、自分が体験し、自分で気づき、自分で深めていったことばかりなので、嘘がない。

最近の入江さん、私が参加した『へそ道』からまだ1か月ちょっとしか経ってないのに、さらに大きなシフトがあったようで、どこまでも進化中。セレブレーションという言葉を頻繁に使われるようになっているんですが、それは、毎日セレブレーション(祝福)としか言いようのない感覚が湧いてくるから。

~ 以下、入江さんのブログから抜粋 ~

へそ道の特色ともいえる「お詫びとお礼」というものがあります。それは、今の自分と本当の自分の「差」に気づけたとき、「これまで申し訳なかった」「こんな自分が許されてきたんだなぁ」という、感謝とお詫びが入り混じったような、かたじけないという恩を感じるような祝福のような、うれしい感覚がおきるんです。
(中略)

今迄さんざん迷惑をかけた人でも「感謝」はできるんですね。「あーー今までありがとうございます。こんなにしてくださっていたんですね」と。

でも、何かそれだけでは、自分も周囲も本当の意味では成長しないんです。「あーあのことも、このことも、こんな思いもさせていたんですね。ごめんなさい」と、そこまで気付けるもう一つ奥の力がいるんですね。

それを気づかせてくれるのが、そして、このお詫びが湧く場所が「へそ」であり「天」であり「すでに知っている自分」なのです。

自分でお詫びって湧かせたくても湧きません。自分でも思ってもみなかった思いが湧いてくるってことは、自分の中の「天」が働きだしたってことで、セレブレーションなんです。
~ 以上 https://ameblo.jp/fwhoy/entry-12567449373.html からの引用 ~

オンライン配信!入江富美子さんの『へそ道』を味わう3時間 2月29日(土)_c0125114_23201924.jpg


セレブレーションとまでは到達できていませんが、『へそ道』はセミナー中ずっと、自分の「へそ」をたどって魂のもと(根源)に繋がる、「自分も目の前の人も魂が本体」という意識でそこにいる、という練習をするのですが、

そういう在り方に自分が変わると、何故だか
 *目の前の人がグチを言い始めても気にならない
 *相手がそういう意識になられると、なんだかグチが言えなくなる
ということを体験しました。

意識が変わると、何も言わないのに、相手にもそれが伝わるんですね。
…ということは、グチの多い人が身近にいる、いつもグチばかり聞かされるということはこちらの意識が低くなっている、相手にグチを言いやすくさせているのは自分ってことになりますねぇ。

Dr.マイケルのソマティックのセッションもそうですが、『へそ道』では、低く重い波動を放つ(しかも、それが自分の人生の元締めになっていたりする)過去の心の傷や思い込みをどんどん昇華させていきます。
すると、それまで心の泥に埋もれて気づかなった自分の本質と繋がり、内なる「天」が動きだします。
そうなると、もう怖いものなしですー(笑)。


あまりに入江さんの『へそ道』合宿がよかったので、テンプルでは4月12日(日)から6日間の『へそ道合宿』を開催することになっています(一部参加も可能)。 
*合宿の申し込み受付は準備ができ次第、告知開始します。


でも、その前に『へそ道』って何??という方のために『へそ道』を味わう3時間講座を開催します。

『へそ道』って、学ぶものではなく自分で地道にやっていくものなので、会場で直接体験してください。
「へそ」の香りが味わえますよ。

2020年は変化と行動の年。低い波動を放つ古い記憶と傷を単に癒すだけではなく、その記憶や古傷に使っていた力をひっくり返し、未来へと前進させる力に活かしていきましょう。
その道の一つが『へそ道』であり、まさにセレブレーションなのです。

軽やかに大解放し、身軽になった新しい自分で世界を見回したくないですか?

●これまでへそ道を受けられた著名人の皆様 
ひすいこたろうさん(作家) 
七田厚さん(しちだ教育研究所) 
サンプラザ中野くん(歌手) 
中山みどりさん(伊勢修養団) 
赤塚高仁さん(聖書漫談師) 
由佐美加子さん(メンタルモデル著者、U理論訳者) 
のぶみさん(絵本作家) 
舛岡はなえさん(斎藤一人氏の弟子) 
大嶋啓介さん(居酒屋 「てっぺん」代表取締役会長) 
白駒妃登美さん(博多の歴女、講演家) 
筒井アニキさん(コーチング&ファシリテーション) 
重岡昌吾社長(和歌山 ゆの里) ほか多数


開催日:2020年2月29日(土)13:30~16:30(開場13:15)

オンライン配信になりました。
受講方法は3つ

①zoom
②フェイスブックの招待制配信
③後日youtubeの限定配信

 *フェイスブックをされている方は、グループページにご招待します。

 *配信が途切れた時用に、後日、録画を参加者限定でアップします。

 *ZOOMやフェイスブックがご覧になれなくても、Youtubeでご覧いただけます。

 

会 場:東京都新宿区 中野駅周辺 *申込みの方へ別途ご案内 
募 集:80名  
講 師:入江富美子さん
参加費:6,800円(税込)



『へそ道』について書いた過去のブログ&メルマガ




by hiroshimapop | 2020-01-19 07:49 | テンプル最新情報

【バガヴァット・ギーターと聖書の秘密】講座開催


テンプル主催で開催する今年最後のケイシーセミナーは【バガヴァッド・ギーターと聖書の秘密】
それぞれを1日かけて解読していきます。


2019年12月14日(土)10:30~16:30
【霊的視点、ケイシーの視点を取り入れて読み解くバガヴァッド・ギーター講座】

今年最後の講座その1は【バガヴァッド・ギーター】

ギーターは古代インドの壮大で長大な叙事詩でありヒンズー教の聖典である『マハーバーラタ』の中の極々一部。10万編綴られている詩のうち700がギーターです。


しかし、このほんの短い散文詩が、世界最高の知的遺産の1つに数えられており、ケイシーは、バガヴァッド・ギーターを「もっとも普遍的真理に近い偉大な教え」と賞賛すらしています…。

わずか700編の韻文詩に、なぜこれほどの賞賛が与えられ、数多くの知識人や世界的指導者がインスパイアされるのでしょうか…?

しかも、ギーターが語られている舞台は戦場なのです!

戦いの場で、弓矢を向けなければならないのは、自分の師であり血の繋がった親族。
そんな人殺しをしたくない、そんなことをするなら自分が死んだ方がましと嘆く王子アルジュナに対し、神であるクリシュナは相手が親族であろと師であろうと矢を放て、戦えと答えていきます。

その問答が延々繰り返される物語がギーターなのです。
戦場で神クリシュナが語る生きる意味、戦う意味とは…?

WEBには『ヴィヴェーカーナンダによると、最高の愛を極めたのはキリスト、最高の人格を完成したのが仏陀、最高の智慧の書物はバガヴァッド・ギーター』と書かれています。

でも、何故、この戦場での問答が最高の智慧の書なのでしょうか?
理性で考えたら全く理解できません。

バガヴァッド・ギーターに触れることができた人は、地上にある最も重要な哲学思想に今回の人生で触れたとその魂が歓喜に震えると言われています。

私も過去2度、ギーター講座を聴いていますが、何度学んでもまだ学び足りない。
きっと来世でも学びたくなる神の化身、クリシュナの言葉です。

戦いの場で神クリシュナが語ったその言葉とは…?
そして、なぜこの書が最高の智慧の書なのか…?


残念ながら自宅で『バガヴァッド・ギーター』を何回繰り返し読んでも、この神意を読み解くことはかなり難しいでしょう。

でも、霊的な視点、ケイシーリーディングの視点から読み解かれたならば、お帰りになる頃には、魂の歓喜を感じてお帰りいただけると思います。

1日がかりの講座ですが、是非、その時間を作って下さい。
飛行機に乗って来ても聴く価値ありと私は思います-。


ちなみに当日、バガヴァッド・ギーターの資料は配布します。
事前に予習してこなくても大丈夫です。
*すでに別講座で配布されたものをお持ちの方はお知らせ下さい。


★昨年のギーター講座、参加者さんのお声
『バガヴァッド・ギーターは自分で読んでもなかなか理解が進みませんでしたが、1日で一気に全て解説付きで読み通すことができました。テキストは宝です。大切にします』

『光田会長を通してギーターに触れることができ幸運に感じています。本当に濃密な時間を過ごさせていただきました』

『バガヴァッド・ギーターは壮大な神話でありながら、人類の魂の在り方を示す素晴らしい書物なのだと分かりました。ギーターがこれほどの説得力をもって智慧を授けてくれるとは!しっかり復習して己の血肉にしたいです』

『今回で3回目の受講ですが、やっと内容が頭に入ってきました』



2019年12月15日(日)10:30~16:30
【ケイシーリーディングで読み解く聖書の秘密】

過去2,000年間、世界中で読み続けられている旧約、新約聖書。
私たち日本人には馴染みが薄く、おそらくほとんどの日本人はその人生のなかで聖書をひらくことも、持つこともないでしょう。

でもその聖書の世界が世界を作っています(イスラム教も旧約、新約聖書を聖典にしているので、イスラム教徒も少し内容は違いますが新旧の聖書を読みます)。

そしてもちろん敬虔なクリスチャンで1年に1回は聖書を通読していたケイシーのリーディングにも聖書の言葉はたくさん登場してきます。

病気に対するリーディングに対しても、物理的な治療法以外に、聖書の**を読みなさいとアドバイスすることが何度もありました。私たちが聖書の引用と分からず読んでいるリーディングも数多く含まれています。

*ALS(筋萎縮性側索硬化症)のリーディングでは、
「我々の見るところ、はっきりとした病理学的状態をもたらしている。 これから行う治療は全般的な態度が変化したくらいではほとんど、あるいは全く効果がないだろう」

と延べた後、物理的な治療法とは別に

「最初にすべきことを最初にすること。 まず出エジプト記19章5節と申命記30章を読むことから始める。 そこに書いてあることを自分自身に適用せよ」と言っています。


*関節炎、胸膜炎の方に対するリーディング(この人が読むべき聖書の章) では、「モーセの訓誡(申命記30章)、最初の3つの章にある人類の創造、ヨシュアの訓誡(ヨシュア記24:15)…(数多いので中略)、それに黙示録である。 黙示録を研究するときには次のようにする。 それぞれの象徴、状態が与えられるときに、それはあらゆる感情ならびにあらゆる機能を備えた汝自身の身体の研究を現していること、示していることを覚えよ。 そのすべての肉体中枢は、汝自身の精神的・霊的・肉体的存在が通過するところの経験を現している。 なぜなら、これは真に自己を啓示するものであるからだ」

とケイシーは伝えています。


肉体に癒しを起こすために必須な聖書の言葉、そして理解すべきこととは何だったのでしょうか?


膨大な聖書を全て紐解くことは出来ませんが、ケイシーリーディングに何度も出て来る聖書の引用句、またケイシーならではの聖書の秘密を知ることで、聖書が2000年前に書かれた知らない書物から一気に「私たちの物語」になっていきます。

ケイシーが重要だと述べた聖書の言葉や内容を知っておくだけでも、その後の私たちの心の在り方、態度、姿勢が大きく変化していくでしょう。

12月ですから、イエスの生涯、イエスがこの地上にお生まれになった意味などを。

そして
難攻不落なヨハネの黙示録についても一部触れてもらう予定です。


12月の2日間、ぜひご自身の魂の成長のためにも、日にちを確保下さい。
各日ともご参加いただけるのは60名です。
お早めにお申込下さい。


開催日:2019年12月14日(土)10:30~16:30
    2019年12月15日(日)10:30~16:30

参加費 :12/14.15通し              16,000円(税込)
     12/14(土)『ギータ講座』のみ       8,800円(税込)
     12/15(日)『聖書講座』のみ        8,800円(税込)

開催地:東京都新宿区 新宿駅周辺
     *申込みの方へ別途詳細はご案内いたします。 
募 集:各60名

お申込はこちらから

18巻ある長い長い『マハーバーラタ』をギュッと濃縮してまとめたマハーバーラタ入門編のような本(英語版)
【バガヴァット・ギーターと聖書の秘密】講座開催_c0125114_14525475.jpg

色のついているところが、バガヴァッドギーターです。

【バガヴァット・ギーターと聖書の秘密】講座開催_c0125114_14530637.jpg


おまけ
私の好きな伝道の書第3章 
黙示録について  


by hiroshimapop | 2019-11-01 15:05 | テンプル最新情報 | Comments(1)

ジュリアンとランチ会 in 東京


11月末に来日するジュリアン。
週末講座の前日、金曜日の昼間になりますが、ジュリアンとのランチ会を開催することにしました。
  11月23日(土)はまだ参加者募集中です!

5月に来日したときには大阪のゆにわさんで開催しました。予定していた時間を遙かにオーバーするほど会話が止まらなくなっていました。こういう場に来られる方って、共通の話題が満載ですから初めて会った方とも話が止まりませんね。帰りは、参加者さん同士で集ってお帰りになられてましたよ。

最初、30分ほどジュリアンのミニレクチャーがあり、その後自然素材で作られたこだわりのカレーを食べながら懇談いただく予定です。オーナーさんも不思議体験の多い人なので、オーナーさんの体験談も面白いですよ。

会場は知る人ぞ知る西荻のオーガニックカフェ。自然栽培や有機野菜で作られています。
横浜に住んでいる私も、時々こちらにお邪魔しております。平日の昼間ですが、時間がある方は生ジュリアンに会いに是非お越し下さいませ~。


日 時:2019年11月22日(金)11:30~13:30
会 場:中央線、総武線、西荻窪から徒歩5分以内のオーガニックカフェにて
    (参加者さんに別途お知らせします)
定 員:16名(満席です。キャンセル待ち受付中)
参加費:5,200円(税込み)
    薬膳カレーと薬膳茶のランチつき

お申込はこちら
 *申込時に、ベジタリアンカレーか、チキンカレーかをお選び下さい。

          前回のゆにわさんでのランチ会の様子 ↓

ジュリアンとランチ会 in 東京_c0125114_15255757.jpg


ジュリアンとランチ会 in 東京_c0125114_15262181.jpg

ちなみに、この夜、19時から羽田空港でセイリオスという宇宙系のコンサートがあります。
セイリオスの歌詞は宇宙の言葉(Cosmic Words)。突然降りてきたシリウスの存在「サーキュラー」の語る言葉。
左脳を少しの間OFFにして、ハートで音楽の世界に浸ってみませんか?

お時間があれば、こちらもどうぞー。        コンサート情報はこちら ↓
 
ジュリアンとランチ会 in 東京_c0125114_16244521.jpg


by hiroshimapop | 2019-10-18 10:54 | テンプル最新情報

講演会つき『リーディング』『蘇生Ⅱ』上映会開催


11月9日(土)、映画『リーディング』と『蘇生Ⅱ』の上映会を光田秀&白鳥監督の講演つきで開催します。

予定しているスケジュールはこちら

【午前の部】
10:30~12:10 映画『リーディング~エドガー・ケイシーが遺した、人類の道筋。~』 上映(96分)

【午後の部】
■13:00~14:00 光田秀さん(日本エドガー・ケイシーセンター会長)講演
■14:15~15:45 映画『蘇生Ⅱ~愛と微生物~』 上映(91分) 
■16:00~17:00 白鳥哲さん(映画監督)講演
■17:05~17:50 白鳥監督&光田会長クロストーク

映画『リーディング』について
ホリスティック医学の父と称されるエドガー・ケイシー。
彼がリーディング中に語るその知識は医学のみならず、宇宙についての質問でも答えることが出来ました。いったいこの驚くべき才能はどの様に生まれ、培われたのか。神はなぜこの不思議な能力をケイシーに託したのか?!

現代人の抱える病をモチーフにし、日本エドガー・ケイシーセンター会長の光田秀氏らとともに、ケイシーの半生と彼が遺したリーディングの謎に迫っていく。(公式HPより抜粋)
オフィシャルサイトはこちら

光田秀会長には、映画『リーディング』をご覧になった方々のその後の成果、変化などケイシー療法を中心に講演していただく予定です。





【ストーリー】
2011年3月福島第一原発事故から8年が過ぎた今、放射能の問題について多くのメディア・行政機関は終息を迎えているかのように静観を続けている。しかし、現在でも汚染は拡大しており、捨て場のない放射性物質を含んだ土は処理について未解決のままである。

その陰で、懸命にこの事実と向き合い、解決に向けて具体的な成果を上げている人々がいる。

その一つがボランティアによる有用微生物群(EM)の散布活動である。チェルノブイリ原発の被災をうけたベラルーシ共和国国立放射線生物学研究所によって、微生物が放射能を消失されていることが証明されたのだ。地球全体の生態系が大きく崩れてきている今、人類全体が利害を超えて地球を蘇生させていくことが急務になっている。そんな時代にこの作品は一つの答えを示し、多くの人々に希望を与えることになるであろう。(以上、公式HPより抜粋)


福島の原発事故から8年。今もなお放射性物質の流出は止まることはなく、その後も空気の汚染、土壌の汚染、海の汚染が懸念されています。そんな中、福島では微生物散布によって土壌内の放射性物質の分解が大きな成果をあげています。ロシアで、韓国で、そして福島で証明されつつある微生物の力とは?

ここには希望があります。
その成果をぜひご自身の目でお確かめ下さい。
オフィシャルサイトはこちら

白鳥哲監督には、『蘇生』『蘇生Ⅱ』を撮影する中で感じたこと、映画には織りこむことが出来なかった様々なエピソード、未来の展望などを中心にお話しいただく予定です。




そして…

光田秀会長は、エドガー・ケイシー関連の翻訳家として独立する前は、動力炉・核燃料開発事業団で研究者として働いていた、原子力研究の最先端にいた専門家でした。

その原子力の専門家である光田秀と、福島に何度も足を運び、福島での現状をつぶさに目撃してきた白鳥哲監督とのクロストークは貴重です。

映画『リーディング』『蘇生Ⅱ』講演会と、長い1日になりますが、今後の日本と自分の生き方について再考する1日になります。

ぜひ足をお運び下さい。

2019年11月9日(土)10:30~17:50 (開場:10:00)
会 場:東京都千代田区 神田駅周辺
    *申込みの方へ別途詳細はご案内いたします。 
募 集:午前の部、午後の部 各150名
参加費 :1日通し                  8,800円(税込)
     午前のみ*映画『リーディング』上映    2,200円(税込)
     午後のみ*映画『蘇生Ⅱ』上映&講演会   7,600円(税込)

申込はこちらから

講演会つき『リーディング』『蘇生Ⅱ』上映会開催_c0125114_13555507.jpg
                   東京での上映初日に観に行きました!                  

講演会つき『リーディング』『蘇生Ⅱ』上映会開催_c0125114_13561171.jpg
3月末まで福島県内での『蘇生Ⅱ』の自主上映料は無料だそうです!


by hiroshimapop | 2019-10-04 13:59 | テンプル最新情報 | Comments(0)

ジュリアン再来日、ワークショップ開催!


パリから、ジュリアンがまたやってきます!
11月後半の1週間、ジュリアンが再来日します。

前回5月は『ワンネスの扉』出版記念として大会場での講演会を開催しましたが、今回はジュリアンの視線と意識が届きやすい比較的少人数でワークショップを企画。

滞在日数が短いため、東京での開催のみとなりますが、参加者の皆さんがジュリアンとふれあい、その時間のなかで、ハートが開き、多次元世界のドアを感じていただく瞬間があれば、と願っています。

2日間連続でも、1日だけでも、ぜひジュリアンにまた会いにいらして下さい。


★11月23日(土)《自分に繋がる ~自分を愛し受け入れる道~》
現在ジュリアンと新月の瞑想を定期開催しているビズネア敦子さんとのコラボ講演会。

本当の自分の魂と繋がって、この地球での人生を精一杯楽しんで生きる秘訣を皆さんにお伝えします。

フランスは、周りの人と自分は違う、「私は誰か」を子どもの頃から徹底的に見つけ、自立するよう教育される国。それは自分の魂、スピリットに正直に生きる道でもあります。そのフランスで育ち、ワンネスをはじめとして様々なスピリチュアル体験をしてきたジュリアンが、いかに自分の魂と出会い、現実生活と融合させてきたか…。

このワークショップでは、ビズネア敦子さんが提唱されている《鏡のワーク》を取り入れながら、3次元世界での魂の使命を果たすため、自分という存在と再び出会っていきます。魂の奥深くにある本当の自分の声を聴き分けられるようになれば、積極的にこの人生を体験できるようになります。


ジュリアン再来日、ワークショップ開催!_c0125114_01283278.jpg
《鏡のワーク》について ビズネア敦子さんからのご挨拶
鏡には魔法があります。私自身、鏡を見るようになって、かつてない 劇的な変化を体験しました。日本でも三種の神器として大切に扱われている鏡ですが、世界中で、ご神事や聖なる儀式に使われているのは、パワーが本物である事を裏付けています。

長く、自己否定感に苛まれ、自分の存在は人の迷惑だとずっと固く信じていました。けれど、自らの命を絶つのは怖いし、残された家族の悲しみを思うと踏み切れない。だったら誰にも氣づかれずに消滅すれば良い。でもどうしたらそういう方法が見つかるのか、悶々と悩むほど、精神を病んだ時期もありました。

200を超える自己啓発やヒーリングのメソッドを学び、試行錯誤をしている時に巡り合った鏡のワーク。それは、ただただ観察し自分の状態を知ること。自己発見につぐ自己発見の道でした。

そして何十年も私を苦しめていた「自分は生きる価値がない」という思いは、単なる「思い込み」にしか過ぎませんでした。鏡のワークを地道に続けているうちに、いつの間にか、私なんてという自己否定感や「ありのままの私を受け入れねば」という氣持ちは消え去っていました。

<ビズネア敦子さんのプロフィール>
2001年よりカナダ人の夫、3人の娘とフランス移住。結婚20年目に離婚し、50歳で一文無しに。自己否定感から様々な自己啓発を学び続け、鏡のワークにたどり着く。





★11月24日(日) 《 宇宙と繋がり、多次元世界を生きる 》
「ワンネス」「宇宙存在との遭遇」「守護霊との交流」「日常の感覚を超える超自然現象」などを体験した場合、日常生活とどうバランスを取っていけばいいでしょうか。

UFO目撃後、宇宙存在との交流が強制的に始まったジュリアンは、次第に「ワンネス」という変性意識状態を繰り返し体験するようになりました。そのジュリアンが、自分の体験に基づき、そのような体験が日常生活にどんな影響を及ぼしたのか、どうやってこのスピリチュアルな体験と日常生活とのバランスを保っていったのか、多次元的な生活とは何かなど分かりやすく述べていきます。

特に「スピ系情報」に振り回されやすい方は、見えない多次元世界を体験しながらもバランスよく日常を送るための秘訣を知ることで、もっと軽やかに生きていけるようになれるかもしれません。

質疑応答の時間もたっぷりとりますので、ジュリアンに質問がある方はこのワークショップの時間を最大限にご活用下さい。


2019年11月23日(土)10:30~16:00     
1日目 《自分に繋がる ~自分を愛し、受け入れる~》     
講師:ジュリアン・シャムルワ、ビズネア敦子        

2019年11月24日(日)10:30~16:00    
2日目 《 宇宙と繋がり、多次元世界を生きる 》     
講師:ジュリアン・シャムルワ    

*どちらか1日のみの御参加も可能です。    
*進行状況によって多少時間は前後します。    
*事前にジュリアンの本を読んでご参加下さい。

開催地:神奈川県 横浜市 横浜駅周辺   
    *申込みの方へ別途詳細はご案内いたします。 

受付人数:55名

参加費:2日間通し  30,000円(税込)    
    11月23日(土)のみ 16,000円(税込)    
    11月24日(日)のみ 16,000円(税込) 

お申込みはこちら

by hiroshimapop | 2019-09-28 01:35 | テンプル最新情報

ジュリアンのプライベートショット


ジュリアンの講演会の時以外のプライベート(でもないけど)スナップショットを。

地方に行ったらまずは書店巡り。
ナチュラルスピリットさんの本が置いてある大型書店を1~2店舗廻って本があるかどうか確認。
ジュリアンのプライベートショット_c0125114_14474305.jpg

福岡は4店舗の大型書店を巡って、ジュリアンの本があったのは2店舗。
「きっと売れたに違いない」と思いつつ・・・。書店の皆様、本の補充もお願いします。

ジュリアンのプライベートショット_c0125114_14473797.jpg

東京滞在中の午後はだいたい雑誌やWEBページのインタビュー。
媒体によって中心となる質問が違うのがユニークでした。こちらは雑誌アネモネさん。

ジュリアンのプライベートショット_c0125114_14594643.jpg


こちらはトリニティのWEBページのインタビュー

ジュリアンのプライベートショット_c0125114_14595762.jpg


インタビューの合間に時間があったので、ナファの相田さんにジュリアンを紹介方々、代々木へ。
竹布製品のお店です。


ジュリアンのプライベートショット_c0125114_14480063.jpg

連日の緊張感のある日々に、さすがのジュリアンも肩が凝ったということで、飛び込みでマッサージ店に。
施術前の問診票に記入するジュリアン。日本語でそのまま読めるので、付き添いも楽ちんです。

ジュリアンのプライベートショット_c0125114_14475065.jpg

ジュリアンはパンケーキ屋のオーナー。
そしてフランスでは抹茶がブームだということで、仙台でのランチは抹茶パンケーキ!

ジュリアンのプライベートショット_c0125114_14482364.jpg

東京での講演会にはナチュラルスピリットの今井社長、編集を担当して下さった秋田さん、サンプラザ中野くんもお越し下さってました。講演会後の打ち上げはビーガン対応のあるインド料理店。

ジュリアンのプライベートショット_c0125114_14481161.jpg

東京講演会の日は美しい満月の日。ウエサク祭の日でした。

ジュリアンのプライベートショット_c0125114_14483740.jpg


ジュリアンと話していて、「え~、そうなの?」と驚いたことを1つシェア。

「ジュリアンのようにワンネスの体験したい」「ジュリアンみたいに宇宙人とコンタクトしたい」
そんなふうに私たちは普通に思ったり言ってしまいますが、「あなたと同じ体験をしたい」というのは「個」を重んじるフランス人からは絶対に出ない言葉なんだそうです。

あなたと私は違う、私は私の体験をする、というのがフランス人のメンタリティ。
「あなたと同じような体験をしたい」とたとえ思ったとしても、口に出すことはまずないんだそう。フランスでは、生まれたばかりの赤ちゃんも個室で1人で寝る習慣をつけ、1人で自立して生きていけるようにと幼い頃から徹底的に育てられるので、私は私の人生をいく、この私として何を体験するかが重要。

「みんなと同じ」をつい思ってしまう私は、やはり典型的な日本人ってことですね。



by hiroshimapop | 2019-05-26 15:47 | テンプル最新情報 | Comments(0)

ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフルの店長日記


by hiroshimapop
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
有機認定ひまし油300ml

有機認定ひまし油
220ml 2,480円

ひまし油湿布Bセット

ひまし油湿布Bセット
45,380円

大地の力シャンプー

大地の力シャンプー
3,024円

アルカサイモリン

アルカサイモリン
300ml 1,998円

生アーモンド

生アーモンド
100g 756円
1kg(お得用)もあります

オーラグロウ

オーラグロウ
220ml 2,620円

大地と海の歯磨き粉

大地と海の歯磨き粉
80g 2,160円

カーボンスチール(炭素鋼)

カーボンスチール
1個 742円

ソリーブソープ

ソリーブソープ
100g 1,296円

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」
光田秀著 1,728円

書籍「エドガー・ケイシーが教えてくれた美しく生まれ変わるレシピ」

書籍「美しく生まれ変わるレシピ」光田秀著 1,404円

書籍「自然療法で乾癬を治す」

書籍「自然療法で乾癬を治す」ジョンパガノ著 2,376円