『成熟脳』その2 


書籍『成熟脳』で、日本の政治家とフランスの政治家の教育レベルの違いに愕然とした部分。

フランスの大統領に若きマクロンが当選したとき、私達は、マクロン大統領の奥様が25歳年上だったことに驚き、そして60歳を過ぎても魅力的なブリジッドの存在に勇気をもらいました(笑)。

私は美しい年上教師と有能な生徒との熱い恋を想像していましたが、単にそれだけではなく、ブリジッドさんが演劇教師だったということがマクロンにとってはさらに魅力を感じたポイントらしい。


『成熟脳』その2 _c0125114_11002467.jpg
                    画像はこちらから拝借


・・・それにしても、フランスのブルジョアジーの洗練された立ち振る舞い(といってもテレビでちょっと見るだけですが)や余裕のある知性はここから来ているのかとあらためて納得。そして日本の政治家の立ち振る舞い、話す内容との差にも愕然。

幼少時から詩と演劇を叩き込まれたマクロン大統領と、言動不明瞭な我が首相との品格の差は歴然です。我が首相は歴代政治家、首相を生んだ家系の出。
日本屈指のセレブリティだというのに・・・。


以下、『成熟脳』から。
「日本のマスコミは年齢のことばかり言うけど、マクロンの奥さんは、高校の演劇の教師だったでしょ?本当は、そこが重要なんです」

曰く、フランスのブルジョア階級では、子どもに最初につける家庭教師は、詩の先生と、演劇の先生だという。ヨーロッパの知識階級は詩の引用を多くするので、詩の知識がないと会話についていけない。イギリスでも、それなりの家庭では、5歳になると詩の勉強を始めるのだそうだ。フランスではそれに演劇の指導者が加わる。その階級にふさわしい立ち振る舞い、装い方などを演劇メソッドとして学ぶのである。ブルジョアの家に生まれなくても、経営者になるときは、演劇の指導者を呼んで、その立場にふさわしい立ち振る舞いを学ぶ。

マクロンの通ったハイスクールはエリート校なので、演劇の先生の地位は高い。単なる部活の顧問じゃないのである。やがてエリートになる青年たちに、エリートとしてふさわしいすべてをディレクションする。いわば、人生のプロデューサーなのである。


かつては日本でも、武家の子ども達は四書五経を学び、庶民の子どもも寺子屋で質の高い教育を受け、論語などを暗誦などさせられていました。無理矢理でも幼い頃から触れた新しい知の世界は子どもたちの脳の可能性を大きく広げ、その後の人間力の素地を作ったはず。

マクロン大統領が受けた教育レベルまでいかずとも、『詩』もしくは俳句や和歌に対する位置づけをもっと高くし、幼い頃からそれらと親しむ環境にしていったら、人生がもっと豊かになりそう。



# by hiroshimapop | 2020-07-07 12:07 | おススメBOOKS

『成熟脳 ~ 脳の本番は56歳から始まる~』


脳の本番は56歳から、というのはなんと嬉しいニュースではありませんか。思わず、タイトル買いしてしまいました(笑)。 『成熟脳』

『妻のトリセツ』がベストセラーとなった著者が書いた年代別の脳の話。
この本を読むと、年齢を重ねることが楽しみになりますよ。なんせ、記憶力ではない脳の成熟が50歳すぎるとおこり始め、90代を過ぎると、脳は別の領域に達するらしい。記憶力は28歳をピークに衰えても、その後の様々な人生の荒波を超え人生を歩んできた脳は56歳から円熟を始める。

56歳を過ぎるとその人の脳の「変換器」は変えられなくなる。起こった出来事を「ネガティブ変換」してしまう56歳の人がいたなら、その人はその後ずっとネガティブ思考の人であり続ける確率が高いので、そういう人の前からはスタコラさっさと消えた方がよいらしい(笑)。

そして、嬉しいのは、現役のまま90代に突入すると(つまり、ぼんやり過ごしているのではなく、90歳を過ぎても脳を使った活動を続けていると)、脳の一部が若返るという所見まであるらしい。成熟した脳と初々しい感性を兼ね備えた90代の人たちは、いったいどんなふうに世界を見ているのでしょう。

90代現役の大学の先輩は、こうおっしゃった。「80くらいまでは、この世をカーテンの向こうにみているようなもの。80半ばを過ぎると、カーテンが開くのよ。お楽しみに」


脳の成熟に必要な要素は、長く生きること、たくさん泣くこと、転んでも傷ついて立ち上がること。テレビの前、パソコンの前でずっと過ごしていたら脳は成熟しないのです。


『成熟脳 ~ 脳の本番は56歳から始まる~』_c0125114_19192365.jpg


世代別、性別の脳のエピソードはどれも興味深い内容でした。少し色っぽいエピソードもあるのでパートナーとの思い出づくりにも役立ちそう・・・(笑)。

でも、テンプルのお客様には、おそらくこの部分が興味をひかれるだろうなと、一部、抜き書きします。

著者の息子さんが急にチベットの高地にバイク旅行に行ってしまったというエピソードの後に書かれています。


ヒトの脳は遠く離れた脳とも連携する。
2004年ごろだったと思う、東大の研究グループが興味深い研究成果を発表した。以心伝心が起こるとき、遠隔地の2つの脳が40Hzの整数倍の周波数で連動していることがわかった、というのだ。

それに30年ほど先んじて、東京医科歯科大学の角田忠信先生のもとでは、ヒトの脳が40Hzの整数倍の周波数の情報に、特別な反応をすることがわかっていた。なぜ、40Hzの整数倍の情報にすべての脳が反応するのか、長らく解けない謎だったのだが、遠隔地の脳と連携するためのチャネルだったのである。

つまり、思いは、遠隔地まで届く。

(中略)

だから私は、「静謐な平常心」を息子に届けようと思い、彼が高地にいる間、ときおり瞑想して、瞑想の終わりには彼を思った。あれこれ心配するわけじゃない。不安感を届けても、何らアシストにならないからだ。それどころか「崖から落ちるイメージ」が届けば、彼を崖から落とすかもしれない。必要なのは、静かな集中と広い展望。それを私の脳に起こしておけば、彼を守ってあげられる。

大切に思うひとたちに届くのなら、私の脳は静謐でなければならない。邪悪だったり、イラついてはいられない。何せ、冒険心にあふれる息子を持っているので、かなり切羽つまった平常心確保なのである。

(中略)

そんな話を、クリスチャンの友だちにしたら、「それが、私たちの祈りなのよ」と微笑んだ。「私たちは、ただ祈る。それが大切なひとや、まだ見ぬ同胞をも守ると信じて」


知らない人にでも祈りや思いは届きます。いわんや、親子や恋人、仲のよい友達はなおさら。心配な時には、心配な気持ちでいるより、その人が安全で健やかでいることを思って平安な心でいる。その方がよっぽどその人の安全に寄与します。それが科学的にも検証されていたんですねぇ。

宇宙との交信は、7.8Hz。そして人間同士の心のやりとりは40Hz。
まだまだ色んな特定周波数がありそう。



# by hiroshimapop | 2020-07-02 19:20 | おススメBOOKS

ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフルの店長日記


by hiroshimapop
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
有機認定ひまし油300ml

有機認定ひまし油
220ml 2,480円

ひまし油湿布Bセット

ひまし油湿布Bセット
45,380円

大地の力シャンプー

大地の力シャンプー
3,024円

アルカサイモリン

アルカサイモリン
300ml 1,998円

生アーモンド

生アーモンド
100g 756円
1kg(お得用)もあります

オーラグロウ

オーラグロウ
220ml 2,620円

大地と海の歯磨き粉

大地と海の歯磨き粉
80g 2,160円

カーボンスチール(炭素鋼)

カーボンスチール
1個 742円

ソリーブソープ

ソリーブソープ
100g 1,296円

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」
光田秀著 1,728円

書籍「エドガー・ケイシーが教えてくれた美しく生まれ変わるレシピ」

書籍「美しく生まれ変わるレシピ」光田秀著 1,404円

書籍「自然療法で乾癬を治す」

書籍「自然療法で乾癬を治す」ジョンパガノ著 2,376円