2010年 01月 24日 ( 1 )



野菜の種がとんでもないことになってます・・・・


今日は、埼玉のふじみの市で開催された、木村秋則さん(リンゴの木村さん)の講演会に参加するため、朝6時起きで出かけました。

午前中の講演者は、昔ながらの日本の野菜の種を守るために「固定種」という種を販売されている野口種苗の野口さん。

以前、世界中の農産物が、遺伝子組み換えされた作物になりつつある、という映画「食の未来」を見ました。
あの映画で示された現実も、背筋が凍るようなストーリーでしたが、今日、野口さんからお聞きしたF1種についてのお話も怖いものがありました。いったい、私たちは何を食べればいいの??って途方にくれてしまいます。

いくつかエピソードはありましたが、世の農家が購入しているのはF1種という種。これは、育てやすく、出荷しやすく、スーパーに並べやすい規格品のような野菜ができる種。人間にとって都合のいい(たとえば、まっすぐ育つ、皮が割れにくい、長持ちする・・・)といった性格の野菜同士を交配して作った種。

でも、こういう規格品のような野菜づくりにするには、人間でいうと「男性が原因による不妊症」みたいな種を使うそうなのです。勝手に野菜たちが受粉せず、人間がコントロールしやすくするために「花が咲いても、自力では子孫を残せない」種。

野菜が別に「不妊症」でもいいんじゃないかと思ってしまいそうですが、それを生まれてからずっと食べ続ける人間に、果たして影響はないのか・・・?その野菜の花粉を運ぶミツバチには・・・・?

考えたら、なんだか怖いです・・・。

でも、私たちが曲がったのや、長かったり短かったり、時に酸っぱく、時に甘い野菜ではなく、見てくれも味もいつも同じような野菜を求めているかぎり、農家の方は、F1種の種を使い続けてしまうんでしょうね・・・。

木村秋則さんは、いま、日本中で講演会をしたり、農業指導にお忙しい様子。

2008年の10月に、木村さんの畑を見学させていただきましたが、ここ数年、それはそれは大勢の方が見学にいらっしゃるので、土が人間の体重で踏み固められてしまっているそう。土の回復力で春になれば多少は元に戻るそうですが、あの奇跡のリンゴのためには、好奇心だけの見学は控えたほうがいいのかも・・・と思ってしまいました。

パネルディスカッションに参加された農家さんは、皆さん若くてハンサムでした!こういう意識の高い若い農家さんが増えているのは、いい兆し。ちょっと値段が高くても、サイズがバラバラでも、自然農法の野菜を買い続けることで応援したいですね(味は抜群に美味しい!)。
野菜の種がとんでもないことになってます・・・・_c0125114_9383720.jpg

     木村さんも、いい顔をされていらっしゃいます。木村さんの追っかけしたいくらいです。
野菜の種がとんでもないことになってます・・・・_c0125114_9384971.jpg

by hiroshimapop | 2010-01-24 20:32 | 食事が身体をつくる | Comments(4)

ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフルの店長日記


by hiroshimapop
有機認定ひまし油300ml

有機認定ひまし油
220ml 2,480円

ひまし油湿布Bセット

ひまし油湿布Bセット
45,380円

大地の力シャンプー

大地の力シャンプー
3,024円

アルカサイモリン

アルカサイモリン
300ml 1,998円

生アーモンド

生アーモンド
100g 756円
1kg(お得用)もあります

オーラグロウ

オーラグロウ
220ml 2,620円

大地と海の歯磨き粉

大地と海の歯磨き粉
80g 2,160円

カーボンスチール(炭素鋼)

カーボンスチール
1個 742円

ソリーブソープ

ソリーブソープ
100g 1,296円

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」
光田秀著 1,728円

書籍「エドガー・ケイシーが教えてくれた美しく生まれ変わるレシピ」

書籍「美しく生まれ変わるレシピ」光田秀著 1,404円

書籍「自然療法で乾癬を治す」

書籍「自然療法で乾癬を治す」ジョンパガノ著 2,376円