2009年 02月 25日 ( 1 )



ゲルソンウイーク2009.2.24


2009年2月24日(火曜日)


時差ボケのせいか、夜中の2時に目が覚めてしまい、その後眠れず。。。。

日曜日からあまり寝てないうえに時差ボケもあり、さらにデトックスによる反応で今日はなんだか午後からずっと怠い。でも、午後2時からレクチャー、3時の洗腸、4時半ジュース、5時からレクチャー、5時半から夕食、6時半から最後のジュースと、ゆっくり昼寝をしている暇もなく、立て込みスケジュール。そろそろベッドに入らないと、明日は早い。。。。

さて、今日はゲルソン体験2日目。
まず、昨日書いたブログで訂正が1つ。

ガン患者がゲルソン療法を行うときには1日13杯のジュースを飲むことを推奨されていますが、今回のこのプログラムはガン患者はいない(参加できない)ので、私たちが飲むジュースは1日10杯。ニンジンだけのジュース3杯がプログラムから外されています。そして午前中は、朝8時、9時、9時半、10時と立て続けに飲むことになり、けっこう大変でした。夕方も、夕食直前に1杯、夕食直後に1杯。夕食をたっぷり食べてしまったので、最後の1杯はお腹が苦しいなかで飲むことになり、もう勘弁!うへ~って感じあり。

ゲルソン療法をちゃんと行っている人は、これを1年、2年と続けているわけで、ジュースを自分の身体にとっての薬としてとらえてないと、おもわず「今日はパス!」って言いそうです。でも、その甘えが考えをグッとこらえ、頑張ってジュースを飲むことで、内なるドクターは「よっしゃ~!ならば我も頑張る」と治癒に向かうパワーをさらに高めてくれるのかも。

ここに来てまだ2日しか体験してないのに、1日目と2日目では体感覚が全く違う。
昨日はこれだったら楽勝じゃん!って思うくらい身体は軽く、ジュースも料理も美味しかったのに、今日はすでに胃が重い。昨日は、ジュースを飲むたび、特に最初の2杯は、身体のすみずみに新しい生命力とエネルギーを得たのを感じたのに、今日はもう身体がジュースに慣れたのか、そんな感じは特になく、ジュースを胃の中に流し込んでいる感じ。ただ身体がジュースのパワーに慣れてしまって強いウオーっていう体感が無くなっただけで、ジュースのパワーはちゃんと存在しております。

昨日に引き続き、軽い頭痛がジュースを2杯くらい飲んだあたりから始まり、3時に洗腸をするまで続いておりました。NYから来ているトムさんも夕方は「怠い」って言っていたので、早いとこ時差ボケだけでも解消しておかなくっちゃ。


そういえば、ゲルソン「ガン食事療法」を読み返して、興味深い記述を見つけました。
※この本は初版がでたあと何度か読んでいるハズなのに、自分が体験する身となってもう1度読み直すと、いろんな記述が、リアルに迫ってきて新しい発見だらけ。そして、とても奥が深い! この本、たとえゲルソン療法を実践しなくていいので、ボディケアに興味がある方に、ぜひ読んでいただきたいです。


なんと、「死海写本」に書かれているエッセネ派の教典に、身体を清めるために洗腸を行うようにという記述がある、というのです。

エッセネ派というのは、原始ユダヤ教のグループで、ケイシーによると、ユダヤの予言に基づき、イエス・キリストをこの地上に誕生させるべく存在した特別なグループ。エッセネ派は、肉体的にも精神的にも霊的にもグループ全体が浄まり、その中からイエス・キリストを誕生させることができる母胎となるべき女性を育て、そしてキリスト誕生後は、彼を育て、教育できるほどに自分たちの霊性を高める目的で何百年(?)も自分たちを鍛錬しつづけていった特別な宗教的グループなのです。

そのエッセネ派は、身体の清浄さを保つために、いまでいうローフード(加熱しない食事)を食べていたと言われていますが、さらに洗腸をしていたことも教典にはしっかり書かれているそうなのです。

教典にはこう書いてあったそうです(「ガン食事療法」149ページ)。
「(中略)・・・真実を述べよう。内面の汚らわしさは外面の不潔に勝る。たとえ外側をきれいにしても、内側は汚いままである。(中略)・・・・だから真実を述べよう。水の天使はあなたの内側も清める・・・」

そして、ひょうたんを使った洗腸の方法が教典には書かれています。ひょうたんのツルの先端をお尻に差し入れて腸を洗うようにと。。。。

「水の天使があなたを清める」なんて、なんて可愛い表現なのでしょう。これから、洗腸を洗腸と言わず「水の天使による聖なる洗礼」と呼ぶことにしましょう。そうすることで、洗腸が聖なる行為になってきますから。

そして、ゲルソン療法の中核とも言えるコーヒー洗腸は、マックス・ゲルソンが始めた方法ではなく、第一次世界大戦中、傷ついた兵士を麻酔無しに手術したあと、その兵士の痛みを和らげるために従軍していたある看護師が始めたとのこと。

その後、コーヒー洗腸に痛みを緩和する効果があったことを知ったドイツの2人の医学博士たちがラットを使ってコーヒー洗腸の効果を検証しなおし、確かに身体に効果があったことを医学雑誌に掲載。その研究からゲルソンが解毒治療のために臨床の場で使用開始・・・・。

コーヒー洗腸を非医学的な行為だと非難する人は相変わらず多いですが、もともとは痛みに苦しむ兵士の痛みを緩和することからスタート。ということは、コーヒー洗腸は、一人でも多くの人の命を救おうとした医療の現場から始まった、正真正銘の医療行為ということになりますね。コーヒー洗腸を下らない、怪しい代替療法の1つだととらえている人たちは、おそらく頭の中で想像して単に嫌悪感を感じているだけで、自分では1度も体験せず、そして身体の仕組みの深遠さを知らない人じゃないかと思ったりします・・・。

まあ、ともかくも、明日は、私にとっても初めての「ひまし油を使った洗腸」を経験する日。
Castor Oil Dayと呼ばれる、1週間のうちでも、ちょっとしたハイライトデーになっている日です。
ひまし油はキリストの手と呼ばれるオイル。さらに洗腸は、水の天使による聖なる洗礼。ということは明日は、ダブルの聖なる日であります。ひまし油による洗腸は、解毒力が高い分、強いヒーリング作用で身体は不快な症状がでることもあるそう。

毎日が新しい体験。明日はひまし油洗腸をするために、朝5時半起き・・・・。ともかくも、今日こそはちゃんと寝ておかなければ・・・・
by hiroshimapop | 2009-02-25 13:07 | ゲルソン療法 | Comments(0)

ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフルの店長日記


by hiroshimapop
有機認定ひまし油300ml

有機認定ひまし油
220ml 2,480円

ひまし油湿布Bセット

ひまし油湿布Bセット
45,380円

大地の力シャンプー

大地の力シャンプー
3,024円

アルカサイモリン

アルカサイモリン
300ml 1,998円

生アーモンド

生アーモンド
100g 756円
1kg(お得用)もあります

オーラグロウ

オーラグロウ
220ml 2,620円

大地と海の歯磨き粉

大地と海の歯磨き粉
80g 2,160円

カーボンスチール(炭素鋼)

カーボンスチール
1個 742円

ソリーブソープ

ソリーブソープ
100g 1,296円

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」
光田秀著 1,728円

書籍「エドガー・ケイシーが教えてくれた美しく生まれ変わるレシピ」

書籍「美しく生まれ変わるレシピ」光田秀著 1,404円

書籍「自然療法で乾癬を治す」

書籍「自然療法で乾癬を治す」ジョンパガノ著 2,376円