毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

伊雑の宮
東京から伊勢神宮は遠くて、去年の夏までに伊勢に行ったのはたった1回。
ところが昨年夏から、赤塚さんのところに泊まりがけで遊びに行くようになって、もう4回くらい伊勢にお参りに行っている。(電車で30分くらいの距離なので、お参りせずに帰るのがどうも、もったいなくって)

今回も、もちろんお参りに。

お参りの同行者は、イスラエル旅行で知り合った徳江さん。すでに会社を退職して、いまは悠々自適の毎日の人です。

今回は赤塚さんに、伊勢に行くなら、その足で「伊雑の宮」という神社にお参りに行くといいよ。タクシーで行けるから、なんて言われて、行ってきました。

観光案内の方に聞いたら、とてもタクシーで行ける距離ではなく、電車でさらに30分くらいのところでした。

無人駅についたら、神社への看板も何もなく、人も通らず、右に行くのか、左に行くのかさえ分からなかったんですが、たまたま宅配の車が通ったので、ドライバーさんに聞いて行くことができました。歩いてみると、駅からはほんの数分のところだったんですが。。。

c0125114_619363.jpg


c0125114_6195097.jpg


ここは、知る人ぞ知る、という神社らしく、私がちょうど鳥居のあたりにいるころに、中年の4人組のグループの方がいらして、
「ここは内宮よりエネルギーが強いんだよ~」なんて言いながら手のひらを広げて、「すごい。来る!来る!」なんて、お互い言い合い、気を感じながら入っておりました。

小さな神社でしたが、ここも20年に1度、遷宮をするそうで、次は平成26年だそうです。

一緒に行った徳江さんは、実は気の先生で、日本全国にお弟子さんがいて、治療もされていらっしゃるんですが、徳江さんは、どこに行っても特に気を感じたり、「来る来る!」なんて言われないので、「なんでそういうの、しないんですか?」って聞いたら、
「確かに、以前、自分の気に自信が無かったときにはやっていたけど、自分の気に確信が出たときから、やらなくなった」と言ってました。

以前、なんちゃってサイキックの友人と神社巡りをしたとき、彼女が、やたら木や石に抱きついたり、「この気は凄い!」なんて手をかざして大騒ぎするので、えらい困ったことがありますが、本当に力のある人は、そんなことはする必要がないのかもしれません。

このあたりの家の玄関には、不思議な注連縄が飾ってあって、地元の人に聞いたら、この注連縄をしている家には災いが来ない、という言い伝えがあるそうです。
これって、なんだか旧約聖書のお話みたいです。
c0125114_636689.jpg

by hiroshimapop | 2007-07-10 06:37 | 日記 | Comments(0)