イエスの妹、ルツのリーディング

昨日の朝「これはちゃんと解釈せねば」と感じる警告的な夢を見たこともあり、今朝はずっとケイシーリーディングに夢解釈のヒントを探していました。

ケイシーリーディングには夢解釈を求めるものが数多くあり、ケイシーから「かつて、この人はイエスの弟ユダだった」と言われたエドウィン・ブルメンタール(ケイシーを経済的に支えたモートン・ブルメンタールの弟)の夢もたくさん記録が残っています。エドウィンの夢のほとんどが株や投資に関するもの。さすが、ビジネスマン!

エドウィンのリーディングを読んでいるうちに「そういえば、リーディングに、イエスの妹ルツだった人のものもあったなぁ」と、今度は、ルツのリーディングに移動。いくつか読んでみました。

ルツだった女性のリーディングは、個人的にとても興味をそそります。

ということで、今日は、ルツだった女性のリーディングから(夢解釈の夢ではありませんー)、少し抜き書きしてみます。全て1158-5のリーディングです。



Q)イエスは神の一人子であるというのは真実ですか? また、それはどういう意味ですか?
A)『これについて、完全なる概念を与えるには、人が「性交」として知るあの行為によらずして肉に入って来たすべての人々についての歴史を与えることになる。なぜなら、イエスとして知られるこの実体の兄が地上に入る時、肉に入った神の息子らの最初であり、そこにおいて、神の最初にして唯一のものである。

名前が物語るように、エノクは神と共に歩み、動きの中にあって神を識り――それでもあの実体、あの魂がイエスと呼ばれ――メルキゼデクとして、父なくして、母なくして、来たのであり――それでもイエスの魂であり、神の一部の現れである。

しかし、すべての息子、すべての娘は、かの一人子、マリアの息子にして地上の最初の人、父親と母親によらずして、歳月の尽きることのない方のこれらの行為によって――地上に生まれるすべての人に対して長兄のような存在となり、作者、創造者、最初にして最後の者となるのである。人の魂が地上ならびに地球の周囲の意識世界全体を通じて経験するところの、最初であり、最後の者となる。

それ故に、イエスは一人子であり、最初に生まれた者、最初に肉を知り、最初に肉を浄めた者なのである。それ故に、人は自分の考えにおいて、自分の理解において、神の英知において――ここに少し、かしこに少しという仕方で――浄めるのである』


実は、このQ&Aは、この1158-5のリーディングの最後でした。それに先だって、以下のような問答がされています。


Q)イエスはヨセフにとって自然の意味の息子だったのでしょうか?
A)『既に述べたように、これらについてあなたがアテネで疑問に思ったように、聖霊による受胎であった。

と言うのも、大工ヨセフにとっての生娘、あなたの生みの母の身体に聖霊の流出が行なわれた…それらのことは、父なる神の御意に自分を開放する者には、その様なことが過去も現在もあったし、起こり得るという事実を実体の意識にもたらした。何故なら、そうした人々は、神と一体になっているからである。

 そして、地上においてさえも、そのような人々の中では、自然が神秘を生じ、人知を超えることが起きる。何故なら、自然の人が神のいますことを宣言するなら、同時に自然界の神秘が神の力を大きくするからである』


Q)イエスが、ヨセフの通常の仕方による息子でないとしたなら、イエスほど神聖な生まれ方をしていない普通の人々は、いったい主と同じ完成に到達することができるのでしょうか。
A)『おお、人の子らよ、地上における生殖の目的を理解せよ! そして、自分自身から始めよ。

すなわち、聖なる魂を地上に導く水路にならんと欲するならば、その水路を作り出す活動において霊的理想を堅持せよ!

なぜなら、主は道であり、主はすべての人にその道に従うことを求めたまうからだ。 二つの魂が一つの目的に結びつくならば――地上に属するものを満足することでも、地上の衝動や欲望を満足させることでもなく、魂が通ってくるところの水路として用いられることを目的とするならば――命を与えるものが地上に導かれるかもしれないのである。 なぜなら、すべての人は主がそうであったように、引き上げられなければならないからだ。 しかし、自然な形で入ろうと、主のように自然を超えた形で入ろうと、すべての人はいつ か自然な道として、自然な源として、主が入られたような目的に、一者(の意識)に入ることになる』


Q)このことは、すなわち、世界はいずれマリアが為したと同じような仕方で、魂をこの世にもたらすようになるということでしょうか?
A)『魂は、マリアが為したのと同じようにして、この世に魂をもたらすことが可能になるまでに進化するだろう。そして、これらの水路、肉体というこれらの神殿がまことに生ける神の神殿であり、神との、人間の魂の父との交流のために使われるものであるとの認識を男と女の魂がいよいよ深めるにつれて、これらのことが起きるだろう』


イエスの妹、ルツのリーディング_c0125114_13261856.jpg
*ルツを描いたものではありません



クリスチャンの方の中には、マリアの処女懐胎をおとぎ話のように思われている人もいらっしゃるようです。それは自分の肉体を基準に考えているからじゃないかなぁと思います。ケイシーははっきりと、聖霊によって妊娠したと述べています。そして、驚くことに、聖母マリア自身も、母アンが夫を知らずして妊娠、生まれた女性なのだとケイシーは述べています。

*イエスが家族を離れ、エジプトやインドなど海外で学び始めたあとは、マリアと夫ヨセフは自然な夫婦関係を持つようになり、イエスには数人の弟、妹がいます。

上記のリーディングによれば、私たちの魂が進化すれば、マリアと同じ方法で魂をこの地球に誕生させることができると。そしたら、男性の役目って何になるのー?という疑問も湧いてきますが(笑)、リーディングによれば「肉体という神殿が、生ける神の神殿であり、神との人間の魂の父との交流のために使われる」ことを私たちがしっかりと理解できれば、そのような時代に入っていけるらしいー。

そしてそれには霊的理想が大事なのだと。『神の探求』に戻る内容ですね。

今の常識、そして物質的な世界観からすると、想像するのさえ難しい内容ですが、そんな世界がきたら、地球はどれほど穏やかで美しい世界になっていくか。

リーディングに慣れていないと、ハードルが高い文章ですが、ゆっくりじっくり、何度も味わってくださいー。


・・・そして、

2022年12月10日(土)は、マリアやイエスが属していたエッセネ派、イエス自身がこの地上に誕生された意味などについて学ぶ【今に生きるイエスとエッセネ派】を開催します。

特別ゲストは、実際にイスラエル旅行中に、今に生きるイエスと出合い、イエスから秘儀を学んだ安藤さん。

これから起こるであろう大きな変動の時代を生き抜く力を得る時間になると思いますよ。


【今に生きるイエスとエッセネ派】

開催日:2022年12月10日(土) 13:00~17:00 (開場:12:30)    
  *進行状況によって多少時間は前後します。    
  *途中10分程度の小休憩を含みます。
会 場:千代田区内の貸会議室(お申込の方に別途ご連絡)
定 員:85名    
   三密を避けるため、定員150名の会場で間隔をあけて受講いただきます。
講 師:安藤友治さん(デザイン工房 光)
    光田秀さん(NPO法人 日本エドガー・ケイシーセンター会長)
参加費:8,800円   

詳細はこちら



by hiroshimapop | 2022-11-16 13:34 | エドガー・ケイシーリーディング

ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフルの店長日記


by hiroshimapop
カレンダー
海外有機ひまし油220ml,500ml,960ml

海外有機ひまし油220ml,500ml,960ml

ひまし油湿布Bセット

ひまし油湿布Bセット

大地の力シャンプー

大地の力シャンプー

アルカサイモリン

アルカサイモリン

生アーモンド100g,500g,1kg

生アーモンド
100g,500g,1kg

大地と光のマッサージオイル全3種

大地と光の
マッサージオイル全3種

大地と海の歯磨き粉

大地と海の歯磨き粉

カーボンスチール コイン/ペンダント

カーボンスチール
コイン/ペンダント

海外有機ニレ茶

海外有機ニレ茶

書籍「眠れる預言者エドガー・ケイシー」光田秀著

書籍「眠れる預言者
エドガー・ケイシー」
光田秀著

書籍「エドガー・ケイシー療法のすべて」光田秀著

書籍「エドガー・
ケイシー療法のすべて」
光田秀著

DVD「コンテンポラリー風水基礎講座」講師:マーク・エインリー

DVD「コンテンポラリー
風水基礎講座」講師:
マーク・エインリー