私の平家物語ーその8

1回目の加計呂麻島訪問では、平資盛がその地に伝えたとされる不思議な踊り「諸鈍シバヤ」を見に行きました。

加計呂麻島では、毎回、高千穂神社、厳島神社、龍神神社、平資盛が祀られている大屯神社と、源氏方の実久三次郎神には必ずお参りに行きました。「諸鈍シバヤ」は平資盛ゆかりの大屯神社で披露されています。

音楽といい踊りの振り付けといい、お面といい、かなり独特です。
平資盛が伝えた、ということは、900年前の平家はこれを踊っていたということでしょうね。




私の周りには、目に見えない世界と繋がって様々な情報を得ている人がいますが、そのうちの一人が、ずいぶん前にこんなことを言っていました。

曰く、平家・源氏の時代には刀や弓を使った戦いの裏で、互いに呪術をかけあう呪術の応戦合戦があった。清盛はその呪術にたけており、それはもともとユダヤから伝わったものらしい・・・。

彼女は、平清盛勢が(おそらく)源氏滅亡を願って神戸のある山頂で複数名の人たちと輪になって踊っているのを幻視しています。

そういえば、ユダヤの踊りで、湧きだした水を祝って踊る「マイム・マイム」というダンスは日本でも有名です。諸鈍シバヤは、平資盛が奄美の地元の人たちとの交流を願って伝えたものなので、もちろん呪術的なものではなく、神楽のように何か歴史的な出来事や祝いを踊りにして伝えたものなのだと推測しますが、輪になって踊るという行為は、喜びにしろ、呪術にしろ、そこに何か大きな力を生み出すものなのかもしれません。

もしかしたら、この諸鈍シバヤの大元も、遠くユダヤ発祥のものかもしれないと思うと、歴史の壮大さをまた想像したりします(これは私の勝手はイマジネーションなので信じないように)。

ちなみに、清盛は、自分が発したその呪術の念がまだ現世まで残っていたために自分がやったことを悔いていたそうです。その友人はわざわざ神戸の山の上まで上がり、その呪いを解く儀式をして戻ってきたそうですが、日本各地には、そのような場所や念がまだ残っているところがあるんでしょうねぇ。


ともあれ、その諸鈍シバヤの不思議な踊りが3回目の奄美行きのときに、重要な意味を持つことになります。

それはまた追って…。


私の平家物語ーその8_c0125114_09424257.jpg

私の平家物語ーその8_c0125114_09425278.jpg



by hiroshimapop | 2020-08-13 09:46 | 日記

ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフルの店長日記


by hiroshimapop
カレンダー
海外有機ひまし油220ml,500ml,960ml

海外有機ひまし油220ml,500ml,960ml

ひまし油湿布Bセット

ひまし油湿布Bセット

大地の力シャンプー

大地の力シャンプー

アルカサイモリン

アルカサイモリン

生アーモンド100g,500g,1kg

生アーモンド
100g,500g,1kg

大地と光のマッサージオイル全3種

大地と光の
マッサージオイル全3種

大地と海の歯磨き粉

大地と海の歯磨き粉

カーボンスチール コイン/ペンダント

カーボンスチール
コイン/ペンダント

海外有機ニレ茶

海外有機ニレ茶

書籍「眠れる預言者エドガー・ケイシー」光田秀著

書籍「眠れる預言者
エドガー・ケイシー」
光田秀著

書籍「エドガー・ケイシー療法のすべて」光田秀著

書籍「エドガー・
ケイシー療法のすべて」
光田秀著

DVD「コンテンポラリー風水基礎講座」講師:マーク・エインリー

DVD「コンテンポラリー
風水基礎講座」講師:
マーク・エインリー