毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

Call my name 原発被災地の犬猫たち
私のインスタグラムは、だいたい猫と動物たちの写真ばかりが並んでいるんですが、楽しみにしているけど、同時に心が痛くなるのが、上村さんの投稿写真

福島の原発事故のあと、取り残されてしまった犬や猫たちのその後の姿です。その上村さんが撮影された福島の犬や猫たちの写真が使われた来年のカレンダーの予約が始まりました。卓上カレンダーが欲しいなと思われている方がいらしたら、いかがでしょうか?

Call my name. 私の名前を呼んで。 彼らの名前を呼んで抱きしめてくれる飼い主さんと再び一緒に暮らせる日は来るのでしょうか?

以下、勝手にコピペさせていただきます。

【お願いがあります。原発被災地の犬猫と私の活動に力を貸していただけませんでしょうか?】

「Call my name 原発被災地の犬猫たち」の2019年版のカレンダーの予約を始めました。
私が犬猫の撮影をしているのは、福島県飯舘村です。すでに避難指示は解除されていますが、帰村率は15%程(2018年8月現在)。山積みされた放射性廃棄物が、村民の生活再建の足かせとなっています。復興の文字は、いまだ霞んだままと感じます。

村に残された犬猫の中には、今も飼い主と離れ離れで暮らしているものも少なくありません。彼らは7年余りの多くの時間、人を待ちわびています。現地には、人の手を今も必要としている犬猫がいます。

2018年、私の活動を日本テレビ「Oha4! NEWS LIVE」でご紹介いただきました。
朝日新聞sippoに寄稿した2本の記事は、Yahooトップにも掲載され、Facebookで数万回の「いいね」を頂きました。
私は来年以降も、彼らを訪ね記録したいと考えています。

現地で犬猫の撮影を続けるうちに、被災した犬猫が何者であるか知りました。
彼らは「かわいそうな犬猫」ではなく、人を魅了するほど「輝く命」です。
私は現地で顔見知りとなった犬猫が、とても好きです。
不遇にある彼らの目が、どうしてこんなにも澄み渡り、温かで優しい光をたたえつづけられるのでしょうか。
可愛げに満ちたわがままやいたずらも彼らは忘れていません。
彼らはずっと人への親愛を忘れずにいてくれます。
彼らが持つ輝きや個性は、私たちの家族である犬猫のそれと違いがありません。もちろん、1頭1頭に名前や愛称だってあります。

カレンダーには、私が愛情を込めて撮った彼らの写真が収めました。
彼らの命の輝きを広く知ってほしいとの願いを込めています。彼らの魅力は、私たち口元緩め、心を温かくしてくれます。彼らの笑顔は社会を動かす突破口になるはずです。

2019年の365日、どうか被災地の犬猫をあたなたのリビングやオフィスの一員に加えていただけないでしょうか。
私は、あなたの優しさが人や社会をより良い方向へ導いてくれると信じています。

カレンダーの売上の一部は、現地の犬猫のために寄付します。もちろん私が現地を訪れる際の費用にもありがたく使わせていただきます。

9月末までにご予約いただいた方には、私のお気に入りショットのポストカード2枚1組をもれなくプレゼントいたします。
予約特典のために作った限定ポストカードです。

カレンダーは、B6サイズ卓上タイプです。
毎月2枚。スケジュールが書き込めるページと、写真がメインのページがあります。
市販のカレンダーに携わった経験のあるデザイナーに制作を依頼していますので、品質も保証できます。
カレンダーは10月上旬から中旬より、順次お届けいたします。

ぜひ、あなたのお力を現地の犬猫と私にお貸しください。お知り合いにこのカレンダーをご紹介いただくのも大歓迎です。SNS等での拡散にもご協力いただけましたら、とてもうれしいです。

追伸
人も犬猫も歳を重ねました。これから数年の間に、多くのものが失われるはずです。
犬猫がいなくなり、人がいなくなり、家屋が解体され草に覆われる。そして、何もなかったも同然になってしまいます。
私には耐え難いので、この先も原発被災地の犬猫について伝え続けたいのです。
もしあなたやわたしが渦中にいたら、社会から忘れ去られることを悲しく感じませんか?
どうか、原発被災地の犬猫、そして私にあなたの力を貸してください。

送  料:200円(注文ごと)
発送時期:10月上旬以降

ご注文はこちらから
c0125114_18500463.jpg

by hiroshimapop | 2018-09-20 08:41 | 日記 | Comments(0)