毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

気づきと許しの白鳥式ヒーリング講座
10月7日(日)、映画『リーディング』の監督をされた白鳥哲監督の、気づきと許しの白鳥式ヒーリング講座を開催します。

この講座を開催したい、と思ったのは、今年のはじめ、白鳥監督のインタビューをさせていただいたことから。

監督は2007年に脳腫瘍と診断されます。
発症後、激しい頭痛や吐き気、耳が聞こえない、舌が動かない、声がでないなど、監督は様々な症状と向き合うことになります。そして西洋医学の治療ではなく、自分の感情、思考、過去生、両親の感情など、1つ1つを気づきとともに受けとめ、許し続ける、という作業を行い、ついには、完治するという経験をされました。

癒しの過程で、監督は、意識や感情、感覚が肉体に影響を与えていることをまざまざと体験していきます。

~ インタビューの一部をご紹介~
白鳥監督
脳腫瘍の時に顎が腫れて、二重顎になったことがあります。
波動で調べたら『おたふく風邪ウイルス、インナーチャイルド、母親との関係』が測定で出ました。お腹の中にいた時、母が百日咳になったのが、今ここに出ている。

それで母に聞きました。「もしかして、僕がお腹にいる時、百日咳にかかったことない? よかったら、その時の気持ち教えて」と。母が「何で知っているの?」と言いながら、当時、祖父母が強くて、言えない感情を抑えていたと教えてくれました。言えない感情が百日咳になっていたわけです。

なので母に「辛かったねぇ」と、その時の母を肯定しました。「お母さんが辛いのは当たり前だし、そうなるのは仕方がないよ。そんな思いをさせてごめんなさい。おじいちゃん、おばあちゃんに代わって謝ります」と心から母に謝りました。翌日です、その顎の腫れが消えたのは。

自分の中ではっきりしたのは、母の感情が自分の中にある。量子レベルでは繋がっていますから、母の感情も影響しているし、それも自分の問題なんです。だから、心からの許しに変えました。すると解決していった。母がそうなら父のもそうだと、父が抱えていた問題も受け止めるようになりました。


白鳥監督
自分の体を治す過程で意識が肉体に影響していることをつぶさに経験しました。怒りの波動はカルシウムを沈着させやすくし、血糖を上げ、最終的に肝臓を痛める傾向があります。悲しみの波動は最終的に肺を痛める傾向があります。抑うつは胸腺を痛める傾向があります。固執すると肛門を痛める傾向があります。

自分が脳腫瘍になった時に、痔がでたことがあります。肛門なら原因は固執です。何に固執したのかと自分で過去の経験をさかのぼって行き、あの時、固執が始まったんだと気づくんです。小学校4年の時にあんなことがあったと。兄が優秀だったので、親は兄に向かって「すごいね」といつも言っていました。それを聞いて、僕も褒められたいと固執したんです。そうやって固執してたものに気がついて、自分に言ったんです。もう褒められなくていい、その選択はしなくていいよと。翌日です。お尻の痛みが引いたのは。


白鳥監督
その過程でキャッチ出来たものがあります。意識は人間関係に影響をするか、意識はどうやって親から繋がってきたのか。どうして今こういう現象が起きてるのか。意識をどうやって変容させると現実が変わるのか。意識はイメージを使います。過去の自分に戻るなんてイメージじゃないですか、イメージでも、ちゃんと記憶が残っているんです。記憶、カルマとしてのその情報を解決できれば、現実は塗り替えられます。ケイシーはカルマとは記憶だと言っていますが、まさしくそうなんです。記憶を変えるのは許し、理解なんです。最終的に愛に変えたら、その記憶は次元が上がります。それを自分で体験し、積み重ねてきたことが、最終的にいつのまにか自分独自のものになっていきました。


白鳥監督
具体的には、エネルギー体の理解、チャクラの理解、肉体の理解。そしてそれらがどうお互い影響しているか。参加者同士で祈ったり祈りあったりして体感していきます。肉体の治癒なども体験しながら、最終的には人類全体の集合無意識を祈りで変えていこうということを目指しています。

純度の高いピュアな人たちが新しい文明の千年紀を作っていきます。祈りによって体験していこう、ということをやっています。

祈ると瞬間的に世界が変わっていきます。お祈り最中は、みんな交流し合ってます。それをどう使うかで現実が実際に変わっていくわけです。原因を変えていきますから。それらを学んでいくのが白鳥式ヒーリング講座になります。 ~ 以上引用おわり ~


感情は、辛い出来事ほど押し殺し、身体の奥深くに沈めてしまいます。深い心の傷ほど向き合えなくなってしまいます。そして、何も感じない平気な自分を装って生きてしまいます。

ここでいったん立ち止まり、自分の内側に確かにある感情に気づくところからスタートしませんか? 

自分の感情に気づいていくことで、世界が明瞭に見え始めてくると監督は言われています。

10月7日の講座では、意識がどのように肉体に影響を与えているか、その意識の力、祈りの力を学びながら、様々なワークを行います。

癒しを高める音や言葉、色、チャクラについてもワークを通して身体と心で実感。時間が許せば「地球への祈り」も皆さんと一緒に行いたいと思っています。

そして最後に、自分の感情に気づき、認め、肯定する → ゆるす → 愛と祝福を送るという「白鳥式潔斎」を実施。

この白鳥式潔斎は、通常、ヒーリング講座の上級編でされているワークなので、特別な時間になると思います。

白鳥監督のピュアなエネルギーに触れながら、意識変容の日にしてください。

日 時:2018年10月7日(日)13:45-17:15 (開場13:20 3時間半の講座です)
会 場:剛堂会館(明治薬科大学)      
    東京メトロ 麹町駅、半蔵門駅、永田町駅から徒歩     
講 師:白鳥哲さん
定 員:40名 (ありがとうございます。満席になりました)
参加費:8,800円(税込)
お支払方法:銀行振込 または クレジットカード決済



監督が制作された映画『リーディング』は、全国各地で自主上映会が開催されています。上映会スケジュールはこちらでご確認下さい。

c0125114_14241579.jpg

★工藤房美さんの「ありがとう100万回の奇跡」「内在神に繋がる」講演会は、9月15日、16日です。詳細はこちらから

by hiroshimapop | 2018-08-25 15:00 | テンプル最新情報 | Comments(0)