毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

秋山眞人さんの『Lシフト』秋山眞人
ジュリアンの原稿に取り組んでいることもあり、トランスパーソナル心理学の本(通常の五感を超えた体験について書かれている)や宇宙人系の本を何冊も読み続けている今日この頃。

テンプルでも以前講演会をしていただいたこともある秋山眞人さんも、実は、UFOコンタクティーのお一人だったんですね。しかも、宇宙人に教育を受ける、UFOに乗船する、UFOを作る、といった、イメージしていたコンタクトを遙かに超えた驚くべき体験を子どもの頃からされていました!

300ページほどの本ですが、対談形式の本なので読みやすく、あっという間に読めますよ。 UFO関連のものは、トンデモ本も多いなか、この本は内容が具体的で、しかも古い記憶によって書かれたものではなく、ずっと記録を取られていたその体験ノートを元に書かれており、信頼度は高いと思いますよ。


ケイシーのリーディングにも、文明が崩壊に瀕している際、UFOが地球に飛来してきた、という内容のものがあります。リーディングでは警告のためと書かれているだけで、詳細はないのですが(当時のアメリカには、韮澤さんみたいな人がいたら、きっと詳細なリーディングが取れていたでしょうに・・・!)、地球人の直接の救済がされていても不思議はないですよね。

布施「UFOの母船に乗って訪問したという惑星は太陽系外の惑星であったそうですが、秋山さんが前世においてその惑星で暮らしたことがあったとも話していますね。確か、アトランティスが崩壊した後に。つまりアトランティスで亡くなった後にその惑星に転生したということですか?」

秋山「転生で行ったのではない可能性があります。私がアトランティスといわれている古代地球文明圏を破壊させた大災害に遭遇したとき、巨大な壁のような津波が私たちに向かって押し寄せてくるのを見ました。この壁のような津波の記憶を持っている人は驚くほど多いのですが、エンタシスの柱が自分に向かって倒れてくるのも見ました。「ああ、これで死ぬのだな」と思ったのを覚えています。でも、その後の映像がありません。

次に覚えているのは、UFOにテレポーテーション(瞬間移動)で連れてこられて、そのまま太陽系外の惑星に行ったことです。おそらくアトランティスやムーを沈没させることになった大惨事の際、50万~60万人くらい、もしかしたらその100倍くらいの地球人がUFOで救出されたのではないかと思っています。

なぜそのようなことをスペース・ピープルが行ったかというと、地球を再建するには地球人を再教育する必要があると彼らが思ったからだと思います。というのも、このままでは地球人は、何度文明を築いても、恐怖や闘争や破壊の想念に支配され、何度も文明を滅亡させてしまう可能性があったからです。(以下略)」

子どもの頃に、特別なUFO体験がない私は、ちょっとガッカリですー(笑)。
秋山「UFOと接触した人間、いわゆるコンタクティーには、基本ベースで共通のカリキュラムがあります。それはコンタクティー同士が出会ったときに、その相手の状態というか、相手の深さとか、相手が本物かどうか見分ける重要な情報にもなります。もっとも個別のカリキュラムもあることはありますが、基本的にカリキュラムは共通しています。

コンタクティーがいきなりUFOに載せられるということはありえません。最初に必ずあるのは、物心ついたときから14、15歳くらいまでの間に、一度非常に強烈な遭遇体験をすることです。(以下略)」

UFOと人間の身体は構造がよく似ているんだそうです。宇宙人に習った体操法も紹介されていましたー。
秋山「UFOや宇宙意識と交流するためにはまず、体の一番下の集中点を開かないといけません。だからまず、先ほど説明したような要領で下を緩めて開きます。開きながら今度は上にあるアジナ、すなわち松果体付近にある集中点を使ってビジョンをしっかりと見据えることが重要です。感情を鎮めたうえで、どこに行くのか、何のために行くのか、何を見ようとするのか、何のためにやるのかといったビジョンをしっかりと持たないと、上と下のエネルギーは繋がらないし、分離してしまいます。(以下略)」


本の紹介文はこんな感じです。
UFOコンタクティーの第一人者が明かす!
ついに、秘められていた情報を公開(ディスクロージャー)!
真正アセンションが始まり、第三宇宙に移行する!

エル、ペル、ゲルの3種類のスペース・ピープルから教わった真実とは?
宇宙人やUFOや身体のシステムの図像も多数掲載!

秋山眞人氏は、1997年に出版された本のあと、コンタクト体験の全貌については語ってきませんでした。しかし今回、当時も書けなかった「宇宙人とのコンタクトの全貌」を公開することを決意。
幼少時に、氏がスペース・ピープルと交わした約束に始まり、彼らが地球を訪問する目的、彼らの存在を大衆が信じないようにするための、
政府・マスコミの情報操作の手口、UFO情報隠蔽の全貌を暴露。
偽物UFOと本物UFOの見分け方、本物のUFOの秘密、そして、スペース・ピープルが教えてくれた宇宙の法則、地球人類の行く末を伝えます。
不思議好きな方は是非どうぞ。次回作はさらに深く情報公開がされるようです。こちらも楽しみ!


by hiroshimapop | 2018-08-17 12:06 | おススメBOOKS | Comments(0)