毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

「ありがとう100万回の奇跡」「内在神に繋がる」講演会
9月15日(土)、16日(日)の両日、工藤房美さんの講演会、セミナーを開催します。

工藤房美さんは熊本在住。インド・ネパール料理「ロータス」のレストランを経営されていらっしゃいます。

48歳の時、子宮頸癌が見つかり余命1ヶ月の宣告。その入院中、村上和雄博士のDNAの本に感動。辛く痛い治療も、自分の細胞に「ありがとう」を言い続けていると、その痛みが軽減することに気がつきます。

しかし、原発の子宮頸癌は治療の効果もあり見事に消えたものの、癌は、肺・肝臓・腸骨に転移していました。自分の内臓や細胞、抜けた髪、その全てに「ありがとう」を言い続けながら、6回の抗がん治療を終了。退院後は感謝とともに自分の人生を楽しむことを心がけていたところ、なんと、全ての癌が消えていました。最初に癌が見つかって10ヶ月後のことでした。
~本の紹介文から抜粋~
「あなたは子宮頸ガンです。余命1ヶ月」と著者は告げられました。その病床へ『生命の暗号』という本が届きました。一読して驚いたのは「人間のDNAのうち、実際に働いているのは 全体のわずか5%程度、その大部分はまだよくわからない」というところです。それなら……? 眠っている95%のDNAのうち1%でもオンになったら、私だって少しは良くなるに違いない――そう思いついた瞬間、著者は「ばんざーい! 」と大きな声で叫んでいました。

病んでない目、鼻、耳、その他の臓器の細胞に「これまで私を支えてくれてありがとう」とお礼を言い、あ、そうそうと、ガン細胞にも「あなただって支えてくれたのだから、ありがとう」と感謝を伝えました。

10ヵ月後、ガンはすっかり消えていました。以来、著者は「遺伝子が喜ぶ生き方」を選び、人にもモノにも一木一草にも、何ごとにも「ありがとう」と感謝し、それを実行する――そんな生き方に変えたのです。遺伝子のスイッチをどんどんこうやってオンにしていったのです。

「ありがとう」が100万回を超えた頃です、不思議なことが続出するようになりました。妊婦さんのおなかの赤ちゃんが話しかけてきたり、見ず知らずの人から「久しぶり、元気だった?」と声をかけられたり、亡くなった人との魂レベルでのコミュニケーションとか、宇宙人がお店にやってきたり……。意識が遠い宇宙まで飛び出したようです。すると、ますます不思議なことが続出するのです。
~以上引用おわり~

9月15日(土)は午後の3時間、『「ありがとう」100万回の奇跡』についてお話しいただきます。

この出来事が工藤さんだけに起こったのならば、それは「奇跡」の言葉で終わるでしょうが、工藤さんの本がきっかけで、同じような経験をされる方が続出。でも、同時に何も変わらない人もいらっしゃいます。言っているのは同じ「ありがとう」の言葉。何がこの2つを分けるのでしょうか?

この内容の講演は、通常は1時間から1時間半でお話しされることが多いそうですが、今回は3時間。質疑応答の時間もたっぷり取りながら、工藤さんの体験をお聞きしたいと思います。もっと健康でイキイキと生きていきたいと思われている方、人間のカラダの不思議を体感したい方は、ぜひご参加下さい。


翌9月16日(日)は、『内在神に繋がる』ことをテーマにお話しいただきます。
上記にあるように、工藤さんは、ありがとうを言い続けているうちに、不思議な体験をし始めます。
そして宇宙や内在神と繋がり、様々な情報を受け取れるようになりました。

私たち一人ひとりは神の仲間として創造されました(We were made to be the companions with the Father-God. by Edgar Cayce)。

ですから、私たちの本質は神であり、内に神を宿している存在でもあるのですが、それをすっかり忘れてしまっています。でもその内なる神とのパイプを確かにし、アクセスできるようになれば、自分の神性がもっと開花していきます。

工藤さんのお話しは、フランス人の友人ジュリアンの話ともリンクします。ジュリアンはこう言っています。
「自分の魂の声が聞こえるようになると、人間に生まれた理由と決意が明確になる。長いあいだ昏睡状態に陥っていた人が、やっと目覚めたような感覚になる。曇っていた空が晴れ、太陽が顔を照らすようにすべてがくっきりする」。

ご自身の神性にアクセスして、もっと世の中に貢献しながら生きたいと願われている方は、ぜひ工藤さんのお話しを聞きにいらして下さい。そして、朝から夕方までたっぷり工藤さんの放つ言葉と光りに浸ってお帰りいただければと思います。

*9月16日にお申込になられる方にお願い自分の内在神と繋がる秘訣の1つは、思考しない、脳を使わないこと。ジュリアンも「脳で考えたとたんワンネス体験は終了する」と言っています。

工藤さんのお話しをしっかり受け取っていただけるよう、しばらく、ハートで感じることを心がけてみて下さい。コネクションプラクティスのコヒーランスもお勧めです。

*工藤さんの不思議体験(レジィーナロマンティコの角野元美さんのブログ)


以前、工藤さんは宇宙から7つの地球を見せられ、選ぶように言われたことがあったそうです。一番美しい地球を選んだ工藤さんに、宇宙はこう告げました。
「ならば急いで活動をするように」

全国各地で講演活動をされているのも、地球を美しい惑星として後世に遺すためだったんですね。

両日とも、あるいはどちらか一方のご参加でも大丈夫です。

お申込をお待ちしております。

日 時:2018年9月15日(土)・9月16日(日)      

9月15日(土)13:30-16:30 (開場13:15)      
9月16日(日)10:00-16:30 (開場9:30)      
*どちらか1日のみの御参加も可能です。

会 場:剛堂会館(明治薬科大学)       
    東京メトロ麹町駅、永田町、半蔵門駅から徒歩         
講 師:工藤房美さん
定 員:各88名
参加費:【2日間通し参加】13,000円(税込)    
    【15日土曜日のみ】5,800円(税込)    
    【16日日曜日のみ】8,800円(税込)

お申込はこちらから

工藤さんとお会いした時のことを書いたブログ
工藤さんのエピソード


by hiroshimapop | 2018-08-13 10:46 | テンプル最新情報 | Comments(0)