毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

森美智代さんと龍体文字
昨日、青汁1杯(50カロリー)で22年間生活をされている鍼灸師の森美智代さんのインタビューをさせていただきました。

森さんは「食べない」ことについて何冊も本を書かれていますし、森さんのことは映画にもなりました(白鳥哲監督の『不食の時代』)。『不食の時代』はテンプルでも上映会をしたことがあります。

森さん、実は長年のテンプルのお客さまでもあり、患者さんにひまし油湿布をよくお勧め下さっているご縁もあり、今回のインタビューとなりました。

森さんの存在を知ったときには、1日1杯の青汁だけで生きていけるなんて!とビックりしましたが、今は弁護士の秋山佳胤先生も水も飲まない不食の人ということで本を何冊も書かれていますし、俳優の榎木孝明さんも1ヶ月間の不食を実践し、話題になったこともありました。

ですから、人間はその意思と準備さえ整えば「どうやら食べないでも生きていけるらしい」ということがだんだん分かってきましたが、そうはいっても、やはり不食や1杯のジュースだけで何年も・・・となるとかなりハードルが高いですね。

でも、不食にならずとも、小食を実践されている方は、私も周りでも増えてきましたし、私もうっかりすると、1日1食になってしまうので、自然に小食気味になっています。

2時間分のインタビュー内容は、これからテープ起こししながら編集、構成していくので、WEBへのアップは連休前後になるかと思います。


で、昨日の森さんのお話で、何度も「えええ~!」と私が叫んだのが、最近、森さんがよくフェイスブックに書かれている龍体文字の話題。

龍体文字は、日本の超古代文字の1つなのですが、その龍体文字のうち「キニ」に該当する文字を、身体の痛いところに直接サインペンで書いたり、湿布の上に文字を書くと、あら不思議、痛みが取れる、ということが森治療院では続出しているそう。

古代文字を治療に応用している先生もいらっしゃるそうですが、森さんも独自にダウジングや自動書記で確認して、どの文字がどう作用するかお試し中のようです。

・・・ということで、こういう不思議話がお好きな方はぜひお試し下さい。

ちなみに、私は昨日のインタビューは、湯河原であったんですが、湯河原の帰りの電車の中で、龍体文字の書き方が分かるという「神代文字練習帳」と、森さんの龍体文字の解説が載っているという「ムー4月号」を注文。
テンプルのスタッフとこれから色々試してみます!

c0125114_09375391.jpg




by hiroshimapop | 2018-03-19 17:42 | テンプル最新情報 | Comments(1)
Commented at 2018-04-24 00:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。