避難暮らしのための段ボールハウス


夕べ、そういえば、数年前の山元加津子さんのブログに、災害のために避難所暮らしとなった方々のプライバシーが保たれるようにと、段ボールで仕切りやベッド、テーブルなどを作られた会社の紹介と写真が載っていたなぁということを急に思い出しました。

段ボールの仕切りといっても、無機質なあの茶色のものではなく、キレイに色づけされて被災者の方々が少しでも心が明るく、そして気持ちよく過ごせるよう心配りがされています。

あれってまだあるかしら? あれを被災地に送れないかな。

私も思い立ったら、後先考えずにすぐに行動してしまうタチなので、すぐに山元加津子さんにメールして、会社の連絡先などを聞いて、電話してみました。

いま、あの段ボールの仕切りを制作された会社は無く、業務を東京の紙会社、紙よ志さんが引き継いでいらっしゃるそうで、その新会社のご担当者さんがわざわざ電話を下さいました。


ご担当者さんのお話によると、あの避難所で使っていただけるようにと制作した段ボール仕切りやベッドなどは、特別発注製品となるとのこと。

その方がおっしゃるには、会社として、いろんな自治体でプレゼンをしたそうです。見学も多く評判もよかったのに、残念なことにこれまで自治体からの注文は無かったとのこと。

以前作っていたものの在庫もないので、注文があったら作りますが、コストはかかりますよ・・・と。

制作費用をお聞きすると、1ヶあたりの制作コストを落とすためには1000個、5000個、1万個といった大量生産が必要。そうなると、総額がとんでもない金額になってしまいます。

制作コストだけではなく、運搬、受け入れ体制を考えると、とてもテンプルのような小さな会社では手には負えない、ということがすぐに分かりました。

段ボールですから、避難所暮らしが解除になっていらなくなったらリサイクルもできるし、せっかくのいいアイディアだと思うのですが、うーん。残念!

いまはまだ、食料だとか衣料品、医薬品など生存に必要な物資が優先されると思います。でも、それらの物資が十分に届いたのち、さらに避難所暮らしが長引けば、今度は、人としての最低限のプライバシーや生活空間の確保が必要になってくると思います。

私のささやかな貯金通帳の額では、とてもとても発注は無理なので、大企業の方や役所の方が、こういうものを用意してくださると嬉しいなぁと思います。

地方自治体のトップの方、ご検討どうぞよろしくお願いします。
by hiroshimapop | 2011-03-16 13:41 | 日記 | Comments(0)

ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフルの店長日記


by hiroshimapop
カレンダー
有機認定ひまし油300ml

有機認定ひまし油
220ml 2,480円

ひまし油湿布Bセット

ひまし油湿布Bセット
45,380円

大地の力シャンプー

大地の力シャンプー
3,024円

アルカサイモリン

アルカサイモリン
300ml 1,998円

生アーモンド

生アーモンド
100g 756円
1kg(お得用)もあります

オーラグロウ

オーラグロウ
220ml 2,620円

大地と海の歯磨き粉

大地と海の歯磨き粉
80g 2,160円

カーボンスチール(炭素鋼)

カーボンスチール
1個 742円

ソリーブソープ

ソリーブソープ
100g 1,296円

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」
光田秀著 1,728円

書籍「エドガー・ケイシーが教えてくれた美しく生まれ変わるレシピ」

書籍「美しく生まれ変わるレシピ」光田秀著 1,404円

書籍「自然療法で乾癬を治す」

書籍「自然療法で乾癬を治す」ジョンパガノ著 2,376円