おたまじゃくしの災難


テンプルが入っているビルの真ん前には、都筑中央公園という大きな公園があるんですが、そこに5月はじめ、小さなおたまじゃくしがワンサカ誕生しました。

                 水の中の黒いところは、ぜんぶ、おたまじゃくしです。
c0125114_17384415.jpg
c0125114_17393100.jpg

               この時にはまだ尻尾が残ってました。でもケナゲに生きてます。。。。
c0125114_17401332.jpg
c0125114_17402135.jpg


雨が2日ほど降り続いたあとの晴れ間の日、彼らも立派なカエルになったかと見に行ったら。。。。

なんと、あれほどいたおたまじゃくしの姿が池からすっかり消えてます!


スタッフに聞いたら、前日、先生に引率された小学生の団体がこの池の廻りに集合し、バケツにごっそりおたまじゃくしを持って帰ってしまったそう。さらには、池より離れた石の上におたまじゃくしを乗っけて、彼らが太陽光線で乾いて動けなくなると、新しいおたまじゃくしをすくって石の上に乗っけて...という、なんとも残酷な遊びに興じる子供たちもいて、翌日の池は、すっかり空っぽ。

おたまじゃくしの天敵は、鳥でもトカゲでもなく、人間の子供だったんですねぇ...


上野圭一さんが翻訳された「動物はすべてを知っている」の本では、著者が、家の中を飛び回るハエ(名前はフレディだったような?)とも意志の疎通をして、多くの叡智を得ていました。

ハエとだって気持ちが通じ合い、意志の疎通ができていたなら、あの尻尾が生えたままで子供たちにどこかに連れ去られていった、たくさんのカエル君たち1匹1匹にも別々の「いのち」と「きもち」があったハズ・・・。

あまりに大量のカエルくんたちが、いっぺんに消えてしまっていたので、いのちについて、なんだかいろいろ考えてしまいます。。。。。

ちなみに「動物はすべてを知っている」の本は、読んでもう何年も経っていますが(以前はタイトルが違っていた気がします)、本を読みながら、私も彼らと交流ができた気がしていたので、いまだに時々、登場していたハエや犬たちを思い出してしまいます。。。

動物好きの人にはおすすめの1冊。
Commented by alchemist at 2010-05-25 20:31 x
あまりにもショッキングなお話です。生きものを何だと思ってるんでしょう? しかもその小学生たちは先生に引率されていたのでしょう? おたまじゃくしを日干しに?? 先生はそれを黙って見ていたんですか?? 正式に抗議したいんですが、どこの学校かわからないですよね・・・
Commented by くんちゃん at 2010-05-25 22:25 x
隣の田んぼは田植えの準備に入りましたのでカエルがゲロゲロ歌っています。カエルも掛け合うように鳴くこともあるんですかね~
ハエとも意志の疎通ができていた~とはびっくりしました。 私も不思議な体験をしました。義父が他界して法事のたびに広島から山口に車移動をしていて、寒い冬にどうして?車の中に?どこからきたの?ととっても変化体験をしました。私の周りをぶ~んぶ~ん・・・今でも 変化する前とか節目に場所を選ばず海外まで出現することもあり、いつしかメッセージを伝えようとしているのかな?と思えるようになりました。ハエでなく蝶がよかったのに~とか思うこともありました。私たちの周りに生きている動物達の声が聴こえて共存できる優しい世の中になってほしいなあ~。おたまじゃくしがカエルにかわるまで面倒をみてほしいものですね。この本読んでみたいです。
Commented by Boulotch ブロッチ at 2010-05-26 09:10 x
学校は一体何を教えてるんでしょうね?
興味本位で見に来て、持ち帰りは解剖でもしようと?
何より命の尊さを教えるのが先でしょうよ・・ね?
教育の現場にも嘆かわしい部分があることを知ってしまった気がします。
Commented by みつだ at 2010-05-26 10:59 x
私も子供の頃には、いろんな虫をつかまえては家に持って帰り、結局は飼えきれなくて死なせたり、川でフナを釣って解剖して遊んだりしていましたので、この子供たちだけが特に残酷だということは私には言えないです・・・。子供時代というのは、知らずに、そしてうっかり、他の生き物に残酷になってしまう、またそれが許される唯一の世代のような気がします。
Commented by alchemist at 2010-05-26 14:40 x
いえ、それを黙って見ていた先生が嫌なのです。
おたまじゃくしを少し持ち帰って、もしかしたら死なせてしまうこともあるかもしれない。それは仕方ないでしょう。でも学校の授業の一環として根こそぎ生き物を取っていくこと、残酷な遊びを大人がとめないこと、それは間違いです。
Commented by Boulotch ブロッチ at 2010-05-26 19:38 x
子供たちにはこの上ない好奇心による残酷さがあります。
それを少なからず経験した大人だからこそ考慮して子供たちに教え諭す必要があったのではないかと思います。
それが教育だと思っているのですが、 何かと大人の都合が目立つ時代だな・・と思ってしまう事が多くなりましたねぇ。。。
Commented by みつだ at 2010-05-26 19:58 x
今回は特に、熱いメッセージありがとうございます!私はド田舎育ちの子どもだったので、小さな命は、それこそ身の回りにたくさんいましたが、都会の子どもたちにはそれがないのかもしれませんね~。都会の今の子どもたちに、ハエのフレディ(だったかな?)とのコミュニケーションのお話、聞かせてあげたいです~。本がもう手元にないので読み返せませんが、ぜひぜひ読んでみてくださいませ~。
by hiroshimapop | 2010-05-25 18:03 | 日記 | Comments(7)

ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフルの店長日記


by hiroshimapop
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
有機認定ひまし油300ml

有機認定ひまし油
220ml 2,480円

ひまし油湿布Bセット

ひまし油湿布Bセット
45,380円

大地の力シャンプー

大地の力シャンプー
3,024円

アルカサイモリン

アルカサイモリン
300ml 1,998円

生アーモンド

生アーモンド
100g 756円
1kg(お得用)もあります

オーラグロウ

オーラグロウ
220ml 2,620円

大地と海の歯磨き粉

大地と海の歯磨き粉
80g 2,160円

カーボンスチール(炭素鋼)

カーボンスチール
1個 742円

ソリーブソープ

ソリーブソープ
100g 1,296円

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」
光田秀著 1,728円

書籍「エドガー・ケイシーが教えてくれた美しく生まれ変わるレシピ」

書籍「美しく生まれ変わるレシピ」光田秀著 1,404円

書籍「自然療法で乾癬を治す」

書籍「自然療法で乾癬を治す」ジョンパガノ著 2,376円