写真集「聖なる光」 私の意見


私がブログに漫画家の美内すずえさんが監修し出版された「光の写真集」について書いたことで、あの写真は本物だ、あるいは偽物だ、どっちの言い分が正しいんだ?というご質問をいくつか受けました。

私は奥聖氏を直接存じ上げないし、私自身がアマテラスやガラスの仮面の長年のファンだったこともあり、中立な立場で意見ではなく、美内先生サイドにどうしても気持ちが立ってしまう、ということを事前にお詫びしつつ、いくつか書かれていたご意見について私の見解を書かせていただきたいと思います。


1)美内先生はあの写真を撮影されたとき一緒にいたハズだし、写真はすぐに近くのカメラ店に持ち込まれ、現地の写真店が現像したのだから偽造はありえない。


→いまはデジカメが主流で、プロのカメラマンでもフイルムではなくデジカメで写真をとる、ということが多いと聞いています。

そのなかで、奥聖氏はデジカメではなく、ずっとフィルムで撮影されていたそうです。デジカメのほうが、撮影してすぐにその場で何が写っていたか確認できるし、無駄な画像は削除でき、また必要な写真だけを選んで現像できますので、コスト面でも経済的です。そういった利点がデジカメにはありながら、奥氏は聖なる写真をデジカメで撮影しようとしなかった、と聞いています。

フィルムとデジカメのカメラとしての性能の比較は私には分からないのですが、なぜ、デジカメには聖なる光は映らないのでしょう?(今現在、デジカメを使われているのかは未確認です)

大学時代、私は不思議な写真を写したことがあります。
24枚取りのフィルムのうち、半分に、その場にいるはずのない人間が写っていました。知らない人がみたらそれは霊だとしか見えなかったと思います。顔を白塗りにした不気味な女性の顔が写っていたんですから・・・。

でも、私はそれが幽霊ではなく、単なるカメラの誤作動だということがすぐに分かりました。なぜなら写っていたのは、親しい友人。彼女は演劇の舞台に出るために舞台メークをしており、その彼女の舞台メークの写真を撮影した記憶が私にあったからです。
・・・・それがどういうわけか、フィルムの一部が巻き戻ってしまい、その後撮した風景写真のなかに、友人の白塗顔が写り込んでしまっていたのです。

出来上がった写真は、それはそれは不気味で、当時、夏になると昼間に放映があった「心霊写真特集」に送りたいくらいの代物でしたが、もちろん、それは単なる私のカメラの誤作動による二重写しで、心霊写真では全くないし、友人にあげるにもあまりに不出来ですぐに捨ててしまいました。

これを今回の出来事とつきあわせてみると、そのカメラの誤作動を意図的につくれば、つまり、二重写しになるよう、あらかじめ準備をしていれば、こういった不思議な写真はいくらでもできるんじゃないかと思うんです。
ただ、もちろん99.9%の人は、そんな悪趣味な「仕込み」をフィルムに施して、人を騙しておもしろがる趣味はありませんし、まして美内先生のような著名な漫画家の方の騙したり、その偽造写真をさらに写真集にして、純粋な読者を騙そうとする人がいるなんて、私の想像を遙かに超えたところです。

ただ、撮影されたとき隣に一緒にいたとしても、またどこかの知らない写真店の人が現像をしたとしても、あらかじめ二重撮りを準備しておけば「偽造は簡単にできる」ということは、私のささやかな経験からも言うことができます。


2)みんなで祈ったあとに撮影された光なので、あれは本物の神の光である


→以前、メルマガのネタにしたことがあるのですが、この「祈ったあとに起こったこと」に対して、時に、私たちのような精神世界に首を突っ込んでいる人は、あまりに純粋に思いこみをしすぎる、あらゆることに意味をもたせすぎる。客観的な事実を俯瞰して見ることを忘れてしまう、ということがあると思います。たとえば祈ったあとに出会った人、あるいは夢に出てきた人なので、その人は自分のソウルメイトに違いない・・・とか。
メルマガ32号 ニューエイジな人たち
メルマガ203号 ソウルメイトか否か 

たしかに美内先生と一緒に祈ったら、何か神様からメッセージが光として下りても不思議はないですし、それを求めてしまう気持ちもあります。でも、最初から神の光だと思ってしまうと、すべてがそう見えてしまう。特に神社にいれば、ゴミの反射が聖なる光やオーブに見えたり、木々の木漏れ日がの形が霊に見えたり・・・。さらには、不思議な写真を撮ることで自己重要感を高めたい、他人に「すごい人だと思ってほしい」人がいたとしても不思議ではありません。

どちらにしても、あの写真の信憑性については、法的な場所で、プロのカメラマンによって、二重撮りなのか、それとも今の写真技術では絶対に撮影できないような不可思議な写真なのかは、客観的に精査されると思います。いずれ出される結果を、いまは待ちたいと思います。


3)奥聖氏が撮影された写真を漫画に使っているのは盗作である


→漫画家や作家が自分の作品の参考に写真を使うことはよくあります。特に漫画家さんは背景の景色を細かく書き込むことがありますから、多くの漫画家さんが取材先の写真をご自身の漫画に活かすということをされていると思います。

漫画アマテラスには奥氏が撮影された写真に似た場面があるそうです。

では、その場面を書くにあたって、実際に美内先生が奥氏の写真を使っていたなら、その行為は盗作にあたるか、ということですが、これについては法的な判断は裁判所がされると思います。

でも一般常識で考えると、当時、美内先生と奥氏は親しい友人関係であり、一緒に神社巡りをされていらっしゃった仲なわけですから、奥氏がご自身の写真を美内先生に漫画に使ってもいいですよ、と許可のもと使用されていたことは容易に想像できます。

なぜなら、もし、あの写真が本当に盗作であるなら、アマテラスが発刊された時点で盗作だとすでに訴えられていたハズです。あるいは、雑誌から単行本にするとき、再度全ページを見直される美内先生のことですから、単行本にする時点で、奥氏の指摘を受け、あの場面は変更されていたハズです。それが何年もたって、さらにいうと、お二人の仲が悪くなったあとで「盗作だ」と言われても、それは違うんじゃないかなぁ・・・・とアマテラスファンとしては思ってしまいます。


そして最後に、美内先生自身からこんなエピソードを聞きました。
ある日、急用があって奥氏の自宅を突然訪ねていったことがあるそうです。とても片付いているとはいえない雑然とした部屋だったそうですが、美内先生は、その部屋の様子より、あの写真の保管場所にとても驚かれたそうなのです。

あの写真、ご自分だったらどこに保管しますか?神棚ですか? 机の引き出しでしょうか? 

奥氏があの写真の束やフィルムを保管して場所とは、

なんと、アパートの玄関の靴箱の中でした。

聖なる存在が写っている多くの写真の束。私だったら、土埃で汚れたスニーカーの横にはとても置けませんしそこに保管しようという発想すらわかないと思います・・・。

でも、靴箱に靴と一緒に並んで置かれていたそうなんですよね~。
聖なる写真なのに・・・・。


私自身は、今回の写真集に写った写真は、かなり怪しいぞと思っていますが、あの写真にまつわる一連の出来事から、権威ある人(今回は美内先生に)に本物だとか、「これは正しい」と言われると、何も思考を働かせることなく、疑ったり客観的に俯瞰することなく「そうなんだ~」とすぐに鵜呑みにしてしまう私自身の姿勢を深く反省するばかりです。

最初あの写真集を見たとき、私の内なる直感は最初「???」と感じる部分があったにもかかわらず、その直感より目の前の美内先生の言葉を信じた。偽造だとすぐに分かるような写真をわざわざ膨大なエネルギーとお金を使って写真集にはしないだろうという常識のほうを優先し、心の端っこで感じた疑いをすぐに閉じこめた。「怪しいような気がする」という友人の声には耳をかさず、誰もが嘘くさいと思う写真だから、かえって本物かもよ?なんてアホなことも言っていた。

ですから、今回の写真集の一件は、私にとってもおおいなる学びでした。
奥聖氏や美内先生を責める気持ちは毛頭なく、単に私がバカだったなぁと・・・。
Commented by 罪作り at 2009-04-02 01:05 x
あなたは、奥聖氏の光の写真が確固たる偽造写真だと何故いえるのですか?あなた自身で確認し、実証しましたか?
ただ、美内すずえさんが好きでその方が言ったから信じましたですか?美内すずえさんまたは、謎の専門家は写真が偽造であることをあなたの前で実証してくれましたか?
そのような説明があなたのブログからは見受けられませんが・・・
あなたの様な無知で無責任な発信者がいい加減な記事を書くことは、個人の自由だとは思えません。罪だと思います。
Commented by hiroshimapop at 2009-04-03 00:08
美内先生のお話によると、この件は、すでに法的措置も考慮したうえで弁護士と相談中とのこと。
美内先生の手元に残っているネガを見た「複数」のカメラマンが、これらには明らかな手が加わっていると証言されており、また奥氏の撮影中の不自然な行為を実際に目撃した方もいるそうですから、そう遠くない将来、写真の真偽については白黒ハッキリすると思います。今はそれを待ちたいと思います。
Commented by 事実 at 2009-10-20 23:48 x
美内さんは奥氏から借り受けた膨大な量のネガを未だに奥氏に返却していません。
by hiroshimapop | 2009-03-04 11:32 | 日記 | Comments(3)

ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフルの店長日記


by hiroshimapop
有機認定ひまし油300ml

有機認定ひまし油
220ml 2,480円

ひまし油湿布Bセット

ひまし油湿布Bセット
45,380円

大地の力シャンプー

大地の力シャンプー
3,024円

アルカサイモリン

アルカサイモリン
300ml 1,998円

生アーモンド

生アーモンド
100g 756円
1kg(お得用)もあります

オーラグロウ

オーラグロウ
220ml 2,620円

大地と海の歯磨き粉

大地と海の歯磨き粉
80g 2,160円

カーボンスチール(炭素鋼)

カーボンスチール
1個 742円

ソリーブソープ

ソリーブソープ
100g 1,296円

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」

書籍「眠れる予言者エドガー・ケイシー」
光田秀著 1,728円

書籍「エドガー・ケイシーが教えてくれた美しく生まれ変わるレシピ」

書籍「美しく生まれ変わるレシピ」光田秀著 1,404円

書籍「自然療法で乾癬を治す」

書籍「自然療法で乾癬を治す」ジョンパガノ著 2,376円