毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

<   2017年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧
7月のマイケルさんの来日イベントスケジュール(予告)
ソマティック・エナジェティクスのマイケルさん。次に東京に来られるのは6月末の予定。翌7月1日(土)から、東京(代官山)と八ヶ岳(山梨)でソマティックのセッションやリトリート、トレーニングセミナーを開催します。

ふと気がつくと、もう4月。
そろそろ7月の予定が入り始めた方も多いと思いますので、スケジュールだけ先にお伝えします。参加費や時間などの詳細や申込受付はGW明けくらいから。次回の来日イベントのWEBもそろそろ準備を始めないと、あっという間にGW突入ですー!

7月1日(土)午後:Kidsセッション(約50分)、グループセッション×1        夜YUKIさんのお話し会(1.5時間)
7月2日(日)Kidsセッション(約50分)、午前、午後:グループセッション
7月3日(月)~5日(水) 午前、午後:グループセッション
7月7日(金)~10日(月) トレーニングセミナー 
7月11日(火)午前、午後:日本人プラクティショナーによるグループセッション
7月12日(水)午前、午後:グループセッション
7月13日(木)代官山リトリート(終日)
7月14日(金)Kidsセッション(約50分) 午後:グループセッション 
7月16日(日)~18日(火)八ヶ岳リトリート(2泊3日)
★7月1日(土)の夜は、マイケルさんではなく、日本人プラクティショナー第1号のYUKIさん(チャチャさん)のお話し会を予定しています。YUKIさんのソマティック体験、宇宙語を話し始めたエピソードなど興味深い体験が多数(現時点で、YUKIさんだけでなく、宇宙語としか呼べない摩訶不思議な言葉で会話しているクライアントさんが複数名。スタッフスイヅも、セッション中、ゴニョゴニョ言い始めてます)。

★7月は子供さんのセッションは大人のセッションと別に設けます。赤ちゃんや乳幼児は変化が早いので、セッションそのものは15分で終わることも。子供たちだけのセッション時間を作ることで、子供も大人もそれぞれがリラックスしたなかでセッションができると思います。

★7月のリトリートは、東京での1DAYリトリートと2泊3日の八ヶ岳リトリートの2パターンからお選びいただけます。

★ソマティックのプラクティショナーになるためのトレーニングセミナーは4日間。合計3回トレーニングセミナーを受講したあと、自分でも友人や家族にセッションを行い、準備ができたら認定試験を受けることができます。

★ソマティックのグループセッション中の様子は、こんな感じ。お二人ともトランス状態となり、海の中を漂っている感じですよねー。現在、ヨーロッパの方の方が日本人の動きよりもおとなしいそうで、日本でのセッションは、時に、もっと賑やかになります(笑ったり泣いたり、跳ねたりする方もいるので・・・)。


そして・・・

さらに秋の予定になりますが、マウイでのソマティックリトリートを企画中です。最初、マイケルにはエジプトかペルーでやりたいと云われたんですが、どちらも今の私にはハードルが高いです。なので、マイケルさんの地元でもあるマウイに決定!
マウイはこんなに美しい島です。

現時点のスケジュールは、
10月7日(土)マウイの現地ホテル集合。
10月8日(日)~11日(水)の4日間がリトリート。12日(木)に現地を出て時差の関係で13日(金)に帰国します。

現地集合なので、飛行機代は自費。参加費は22~24万円くらいにはおさめたいと思っています。滞在中は、現地にお住まいの日本人シェフに地元野菜をたっぷり使ったベジタリアン料理を作ってもらうよう手配中です。

会社勤めの方は、10日~13日の4日間の休暇申請をしていただくことになりますが、マウイの濃いエネルギーのなか、マイケルのセッション漬けの4日間になります。

こちらもGW中旬までには詳細を決めたいとホテルやマイケルさんとやりとりをしている最中。興味がある方は、この期間の予定を空け、貯金も始めて下さいませー。

c0125114_14545892.jpg

by hiroshimapop | 2017-04-05 07:40 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(9)
猫の回覧板
先月、ひさびさに会ったイトコ、以前から、捨て猫や野良猫を世話して、里親捜しをよくしていると聞いていたので、「いま、何匹いるんですか?」と聞いてみたら、その数に絶句。

27匹おりました。

10年近く前に会ったときの3倍くらいに増えてる。

はなももさん家ですか!と、思わず私しか知らないネタの突っ込みを入れたりして・・・。

しかも全匹、室内飼い。

外を自由に歩けない分、家の中では自由にさせてるって言ってましたから、イトコの家の中がどんな状況かだいたい察しがつきます。壁も家具も、すでに猫仕様になってますねー。

テンプルで仕事をしているスタッフの1人は、イトコのことをよく知っているんですが、彼女いわく、そのイトコは、ずいぶん前から、里親を探しても里親になってくれる人が見つからなかったような身体の弱い猫や、あまりカワイクない猫を引き取って飼っていたらしい。。。そしてあまりキレイじゃなかった猫たちが、彼のもとでキレイになって最後は死んでいくのよーと。

イトコは、いま、毎朝病院に猫を連れて行くのが日課になっているとも言っておりましたが、その病院に払う金額も半端ない。

イトコ曰く「朝、玄関開けたとき、自分から家の中に入ってくるような仔は病院に連れていっても、あまり長く生きられないのが多いんだよねー」。

昔は、飼い猫や飼い犬は、最期、独りで死ぬために残った力を振り絞って外に出ていくって言われてましたが、ずっと独りで暮らしてきた猫たちは、最期は温かい家の中や人の手のぬくもりの中で死ぬためにイトコの家を探してくるのかも。

「病気になったらアイツの家にかけこめ」って近所中の猫に、猫の回覧板が回っていたりして・・。

猫の恩返しはまだないらしいですが、イトコが死んだときには、天国から、ミャーミャー賑やかな声でのお迎えがくることでしょう。

これははなももさんのところの食事前の風景。イトコん家は、この室内バージョンです。
c0125114_18375716.jpg

by hiroshimapop | 2017-04-04 07:12 | 日記 | Comments(0)
『感じるままに生きなさい』
メルマガでもご紹介した羽黒山の山伏、星野先達の『感じるままに生きなさい』。
星野先達は、日本各地で講演もされているので、いま、日本で一番有名な山伏かもしれませんねぇ。

その星野先達の本でご紹介したいのは、「うけたもう」という精神。
修行の場では一切しゃべらない。俺のやり方は「自然から学びなさい」だから。修験道というのは人から聞くものじゃない。ぜんぶ自然から学びなさいと。だから山の宗教なんだ。修験道はどこも根底は同じだよ。
羽黒修験でよそにないのは、これ。「うけたもう」
羽黒修験だけにある言葉だ。すべてを受け入れる。そこには信頼ということがあるんだろうね。われわれは何をいわれても、まずは「うけたもう」なんだよ。修験道の象徴的な言葉なんだ。(56ページ)

ふだん、マニュアルとかスケジュールに基づいてやることに慣れすぎている人が多いけど、そんなもの、ないほうがおもしろいということがわかるんだよ。
予定も何もなし。みんなどこに行くのか知らない。ただ「うけたもう」という答えでいいの。般若心経をうけたもう。何をいわれても「うけたもう」と。
俺は徹底してそれをやっている。そうしてやっていると、気づきがちがうし、腑に落ちるんだよ。(78ページ)

私はいま、会社では電話はほとんど取らないので、お客さまと直接電話でお話するのは滅多にないんですが(受注や商品説明はスタッフのほうがよっぽど上手です)、ちょうどこの本を読んでいる前後、ランチタイムでスタッフが社内にあまり残っていなかったこともあり、あるお問合せ電話を受けました。

ひまし油の湿布セットが手元に届いたばかり、というご年配の男性が電話のお相手。湿布のやり方そのものは、すでにセットにおつけしているDVDや小冊子でご確認済みだったのですが、それでもまだいまいち不安らしく、事細かいご質問をいただきました。

私がケイシー療法を始めた頃は、ほとんど情報はなく、すでにその時翻訳されていたケイシー療法の本2冊に書かれていることを頼りに、手探りで湿布もオイルマッサージもやってましたが、いまは、情報はたくさんあっても、まだ足りないようで・・・。失敗しながら、オイルでタオルやシーツを汚しながら、少しずつ工夫して上手になっていったり、自分なりの小さな発見をしたりするもの楽しいと思うんですけどねー。

テンプルで開催するセミナーにも、以前「そのセミナーに参加したら私の役に立ちますか?」という質問をいただいて驚いたことがありますが、事前に色んな情報を確認しないと動けない人も増えているようなんですよね・・・。

普段の日常だと、次に何が起こるか、何があるのかはだいたい予測がつき、昨日の延長で今日を生きていけますが、それにちょっとした非日常が入ってくると(たとえそれがひまし油湿布や新しい学びであっても)、それだけで不安で心配になってしまう。

次に何が起こるか分からなくても、ともかく、うけたまわってしまう。

その方が面白いと思うのは少数派なんでしょうかね?



by hiroshimapop | 2017-04-03 15:02 | おススメBOOKS | Comments(0)
マークの風水コンサルティング(お客さまの声)
マークの来日中、年に1回ずつくらいの割合で、風水コンサルティングを申しこんで下さるお客さまから、こんなメールをいただきました。

昨年のコンクール入賞後、副賞で海外音楽大学のマスタークラスに参加しレッスンを受けました。それだけで充分でしたが参加者の中からさらに推薦者のみが出演できる修了コンサートで歌わせていただくという素晴らしい経験もさせていただきました。

また、この春にはガラコンサート、秋にはジョイントコンサートが待っています。
最初にマークさんのコンサルティングを受けたのは2013年の春でしたが、その頃には夢にも考えなかったことばかりです。

ありがとうございます。

こちらこそ、ありがとうございます。
この方は、キャリア20年以上の専門職をお持ちの方で、お忙しいお仕事のかたわら、声楽を学ばれていました。それはあくまで趣味の範囲だったそうなのですが、2013年にマークから風水のコンサルを受けたあとから、人との出逢いと、そのご縁を通して起こる出来事が変わっていき、あれよあれよという間に道が拓き、コンクールで入賞したり、ガラコンサート、ジョイントコンサートを開くまでに。

このお客さま、2013年以来、マークのコンサルを申しこんで下さるたびに「その後にあったこと」をご報告して下さるのですが、それがまた毎回「本当ですか!スゴイですねー」とお返事してしまうような出来事の連続で、人生が拓けるってこういうことをいうのねぇと感嘆するばかり。

すでに、とても素敵に自宅をコーディネイトされており、私からみても憧れのお部屋にお住まいなのですが、それでもなお、マークの目からみると、もっと暮らしも人生も良くなる何かが見つかるんでしょうねぇ。

私自身、風水を学んでいても、自宅は、穴だらけだったりするんですが(私の自宅は『やらない、できないイイワケ』のかたまりです・・・)、それを、ときどき、こうして自分自身のメンテナンスをするようにマークや風水コンサルタントに自宅に来てチェックしてもらうのって大事だなぁと、このお客さまのメールを読みながら反省しております。 自宅を通して、その時の自分自身を知るってことにもなりますからねぇ。

いま、何か人生に詰まりを感じている方は、人生をさらによくしたいと思われている方も是非。自宅は自分自身の姿でもあります。

このブログを書きながら、明日は自宅の片づけだーと今思っております(苦笑)。

2017年5月のコンサルの詳細、お申込はこちらから



by hiroshimapop | 2017-04-01 18:19 | マークの風水講座 | Comments(0)