毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

<   2016年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
8月7日津で赤塚さんの住宅セミナーあります
少し前、いなくんと私あてに、津の赤塚さんから「8月7日にすごい住宅セミナーをすることになったから絶対来て!」とメールが届きました。

「え~。横浜から津は遠いのよ~。名古屋に住んでるんだったら行くけどさぁ・・・」とブチブチ思いつつ、このメール、読まなかったことにしようと、そのまま携帯閉じてたら

いなくんから「了解しました。ナオコさんと参加させていただきます」と返信が・・・。

「え~。そんな勝手に返事して~。私は横浜に住んでて、津までは片道3時間以上かかるのよ~」と、その返信も読まなかったことにして、そぉっと沈黙を保ってたんですが、再度赤塚さんから確認メールが・・・。

さすがにここまで来ると、行かないという選択肢が私には無さそうだと観念致しました!

ということで、横浜から馳せ参じることになった赤塚さん主催の住宅セミナー、8月7日(日)津で開催されます。

でも、ちゃんと告知文読んだら行きたくなりました。
これから家を建てたい、リフォームしたいという方はもとより、シックハウスや体調不調に悩んでいる方には、大切な情報のようです。しかも参加費は無料です。

8月7日の午後、まだお時間が空いているという方は、津の三重県総合文化会館へ(アクセスはこちら)。
150名会場ですが、私を見つけたらぜひお声かけ下さいね。


 告知します。

1ヶ月後の 8月7日、日曜日13:30〜17:00、三重県総合文化会館・大研修室にて超スペシャルなセミナーを開催させていただきます。

これまで赤塚建設は「住めば住むほど元気になる家」として、
「呼吸をし、調湿する壁」
「化学物質を出さない自然な素材」
「命の力を本来あるべき位置にもどす生体エネルギー技術」
この3つの柱で本物の健康住宅づくりを進めてきました。

そしてこの度、それにプラスして、

「免疫力を高め、身体の中に眠っている自然治癒力を上げ、病気や老化の原因を抑える」

そんな素晴らしい能力を持った空間を造る素材と技術に巡り会ったのです。
我が良き友のご縁です。

その技術を応用すると、病気の改善はもちろんのこと、体内の酸化が還元され、生命力が高まり、新陳代謝、健康増進に効果があることを多くの医師が証明してくださっています。

我が友、断捨離のやましたひでこさんと仲良しの帯津良一先生も顧問としてバックアップしてくださることになりました。

薬や、サプリメントで足りない何かを補うよりも、この部屋で過ごすことによって、自分自身に必要なホルモンや酵素を「自らの中から」作り出すことができ、そして、それは薬よりも安全で、効果があるということが、心ある医師たちの研究で明らかになっています。

「やる気が出ない、疲れやすい、目が疲れる、うつ、アトピー、胃腸が弱い、足の痛み、腰痛、肩こり、血糖値が高い、血圧が不安定」・・・様々な状況が、この部屋で過ごしていると、

「よく眠れ、食欲が出て、お腹の調子が良く、気持ちが前向きになり、笑顔で、肌が艶やかに、足腰が丈夫に、血糖値が下がり、血圧が安定する」・・・という本来あるべき状態へと改善されるのです。

信頼できる医師がお墨付きを与えてくださっているのですから、私も安心して前進できます。病気が治ると言ってはいけないようですが、治癒の事例が数多く報告されていることはお伝えしていいそうです。

これは、まさにコペルニクス的転換、日本のために役立つ素晴らしいことではありませんか。

膨大な医療費に歯止めをかけるのみならず、薬による害毒がなくなり、暮らす人の笑顔と健康に貢献できるのですから。

水素のお風呂に続き、まさに天恵と言えましょうか。

この部屋では低体温が改善されてゆきます。
それによって免疫力が上がり、酵素の働きが良くなり、ガンになりにくくなるということをも、医師が発表しています。実際にガンが消えた例も数多く報告されています。

医師が見放したガン患者さんが救われているのです。また、抗がん剤治療での恐ろしい副作用もありません。
福音です。

当日、素晴らしい先生方を何名もお呼びしています。
その中のお一人をご紹介します。

 「中村仁信(なかむら ひろのぶ)先生
1971年 大阪大学医学部卒業
1995年から大阪大学医学部放射線科教授
2009年退官後 大阪大学名誉教授
現在、医療法人友紘会病院院長としてガン治療に従事。」

中村先生は、国会でもこの技術を討議された方で、心ある本物の医師です。本当のことを伝えてくださいます。是非、話を聞きに来てください。

「住めば住むほど元気になる家」は「病気にならず、病を癒す家」へと進化します。

しかも、この技術、新築住宅でなくてもリフォームで応用できるのです!
ですから、今すぐ取り入れることが可能なのです!!

我が友が関東で立ち上げたこの奇跡の家を、三重県津市から全国へ発信し、新事業として発進させます。
縁ある方々に、その場に立ち会っていただきたいと願っています。

150名しか入れない会場なので、急ぎお申し込みください。ここから「8月7日セミナー参加」と表明していただければ、参加証を送らせて頂きます。
今回は、伝えたい思いが私にあり、一人でも多くの方に聞いていただきたいので、参加費は無料とさせていただきます。長時間のお話になるので、お子様連れの参加はできませんのでご了承ください。

体調がすぐれない、やる気が出ない・・・
いろんな悩みがあると思いますが、せっかくの人生、日々元気で暮らしたいですよね。いつも暮らす空間が、無条件で無制限にエネルギーを与えてくれたら素晴らしいことではありませんか。
私は、そんな家を夢見ていました。

「求めよ、さらば与えられん 探せ、そうすれば見出すだろう 門をたたけ、そうすれば開かれるだろう。

だから、何事でも人からして欲しいと望むことは、人にもその通りにせよ。これが律法であり、預言者である。

 狭き門から入れ
 滅びに至る門は大きく、その道は広い
 そして、そこから入ってゆくものが多い
 命に至る門は狭く、
 その道は細い
 そして、それを見出す者が少ない」

マタイの福音書にあるイエスの言葉が深く胸に沁みてきます。

病を癒す家、津でのセミナーでの火が全国へと広まってゆきますようにと願います。
500年、1000年先の日本がいい国であるようにと祈り、
500年、1000年前の先輩、ご先祖様に感謝して備えて参ります。


申込は、赤塚建設さんに直接お願いします。
メールではこちら
電話のお申込は、059-226-6627 です。
by hiroshimapop | 2016-07-12 08:08 | セミナー・舞台情報 | Comments(2)
エジプトの過去生
私とスタッフのスイヅは今、マイケル漬けなので、Dr.マイケルの話題が続いてしまいます。今日もマイケルネタです。

私は絶賛トーン4中で、ハートで感じるより思考とコントロールを手放せないでいることは昨日書いたのですが、Dr.マイケルは、そんなガチガチの私のセッション中、何故か、毎回エジプトの映像が見えてくるんだとか。

チラリと聞いた話だと、ある時は、私がかつてハトホルの神官(女性)だった時の過去生が見え、ある時は、ヒエログラフが映像でみえ、ある時はエジプトの音楽が聴こえ・・・。とにかく、毎回エジプトに関連するものが出てくるのが不思議なんだよねーと。


我が家も会社の私の仕事部屋もエジプトから買ってきた置きものや絵だらけだし(もちろん、ハトホル神もある!)、スピ系の人に会うと『エジプトの過去生、絶対ありますよねー』と云われるし、ケイシーはもちろん過去生でエジプトの神官だったし、何より、テンプルビューティフルという会社名は、ケイシーがエジプトで作った神殿兼病院兼大学のような場所の名称ですから、私自身、過去、エジプトで暮らした人生は絶対あっただろうなーと思っています。

おそらく数回はエジプトでの過去生があったと思います。でも、1つ、あまり思い出したくない辛い人生となった過去生もあったので、マイケルが見ているのが、どの人生なのか、私には定かではありませんが、もしかしたら、私が無意識でブレークスルーを強く拒んでいるのは、その辛い人生となったエジプト時代を通過しなければならないからかもーと、このブログを書きながら考えたりしたんですが、さて、どうなのか。

実際、古代エジプト時代で味わった艱難辛苦とその魂の傷は、12000年以上経っているというのに、いまだ私の現在の肉体と魂に残っており、時々その傷が浮上して疼いています(この2年でかなり楽になった)、あれは確かに再通過したくはないなぁー。


ともかくも、Dr.マイケルもエジプトが大好き。Dr.マイケルの来日セミナーを主催することになったご縁も、もしかしたらDr.マイケルと私の魂の繋がりから来ているのかもしれませんねー。

エジプトや中東の情勢が不安定なので、ツアーを組んで、というのはなかなかハードルが高いところではありますが、Dr.マイケルと行くエジプトツアーなんてかなりディープで得難い時間になるでしょうね。

近い将来なのか遠い将来なのか、エジプトツアーはきっと、そのうちに。



by hiroshimapop | 2016-07-11 09:03 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(12)
グループセッション始まってます
木曜日から、東京でDr.マイケルのセッション始まっています。

今回から主催がテンプルに変わったことで、セッションの来られている方のほとんどがテンプルのお客様。今回初めてDr.マイケルのソマティックに触れる、という方が多いのが今回です。

初めて受けられる方が多いということもあり、セッションは全体的に静か。ときどき身体が動いている音や嗚咽やすすり泣きが聞こえてきましたが、皆さん、しずかーに深く自分のプロセスに入られています。

日本人特有の「場に合わせる」「周りとそろえる」という無意識の遠慮で、初回のセッションでは、身体の不随意運動が起きたり感情の解放で号泣したり、大声をあげたり、ということはほとんど無いようです。でも、昨日、初めて受けられた男性に、セッションが始まってすぐ、身体の不随意運動が起きていました。

昨日私は、午後から会場に顔を出し、Dr.マイケルが皆さんの身体をチェックしている様子を椅子に座ってみていたんですが、その男性、Dr.マイケルさんのチェックが終わって、うつ伏せに横たわったとたん、身体の不随意運動が起きていました。普段の日常生活では、そういう姿勢はされないであろうという姿勢に身体が勝手にポーズをとったり動いてしまうようで、ご本人も、わー!どうしたらいいんだー?とびっくり顔をされてました。

そりゃ、驚きますよねー。うつ伏せで静かに横たわろうとしていたのに、勝手に身体が動きだしてしまったんですから。。。

Dr.マイケルは「おそらく、午前中のセッションがかなり深いところまで行ったので、部屋に満ちたそのエネルギーに彼の身体は反応したのでしょう」と云われていましたが、まだちゃんとしたセッションが始まってもいないうちに、しかも男性にそれが起きた、というのはとても興味深いことでした。

きっと制限の少ない、自由な魂の持ち主なんでしょうねー。


スタッフの水津も、どうやらDr.マイケルのセッション中に号泣したり、身体が勝手に動きだしたりしているようです。リトリートの時にはあまりに泣きすぎて、顔の上にティッシュの山が出来ていました。

が・・・。

私は、といえば、いまだしずかーに受けています。なんせ、感じるより頭で考えてしまう典型トーン4ですから・・・。

とっくに目は醒めているけど起きたくない朝の心地よい気怠さの中にいる感じの日もあれば、仕事のことを考えて、思考がグルグルしてしまう日もあり、その日によって全く受ける感じは違うんですが、感情解放もブレークスルーもいまだ起きておりません・・・(涙)。


私と同じ「絶賛トーン4をバリバリ生きてます」という方は、Dr.マイケルのセッション受けたけど、身体も動かないし、涙も流れないし、何より何も感じない!って思って帰られる人もいると思いますので、絶賛トーン4の先輩として、ちょっと書いておくと・・・。


トーン4が強い私のような思考重視、何でも頭で考えようとする人間は、いわば「ハートで感じる」というセンサーを切って生きている状態じゃないかなと思います。

子供の頃から「学校教育」や「皆と同じ」という縛りをうけて成長していますから、ここですでに自分のハートの声は全く無視されています。さらに、都会のコンクリートと鉄筋とアスファルトの中で24時間を過ごし、満員電車でギューギューになって会社に行き、パソコンの前に12時間も座る生活を続けるには、いちいち何かを感じていては苦しくなってしまいます。

日々、自分の感覚や感性より、常識や知識や情報に従って決めていくことが提唱され、そのほうが「頭のいい人」「出来る人」とされる社会ですから、それに従っていきていくうちに、自分のハートや魂の声を聴くセンサーも、感じるというセンサーもとっくの昔にシャットダウン。そのうち、そんなセンターを持っていたことすら忘れてしまっている・・・。そんな状態と云えるかもしれません。

もう1つ、おそらくは幼少の頃から10代にかけて、トーン4の多くの方は悲しい辛い出来事や思いをされてきたのではないかなと。その哀しみを感じないよう感覚を麻痺させたり、圧しこめたり、心ではなく頭で生きることを優先してきた・・・。そして何も感じないよう、少しずつ心に鎧をつけ生きることを選んできた・・・。そんな背景があるかもしれません。


そんな自分でも、それなりに楽しくちゃんと生きているので、この第三次元世界をつつがなく過ごしていくには、全く問題はないわけですが・・・。

・・・でも、
Dr.マイケルに出会ってしまったんですよねー。ソマティックに出会ってしまったことで、自分がいわば鎧を着て生きている、自分の心ではなく、情報や知識を優先させ、そして鎧を着たまま人や自然と交流していたことを知るわけです。

あー。そうだったのかと。

なので、今回Dr.マイケルのセッションを受けて何も感じず、何も起こらなかった方は、「自分はそういう状態で生きているんだ」と現在の状況を把握した今日を、新しい人生のスタートにされるといいかなと思います。

「薄紙を剥がすように」という表現がありますが、毎回のマイケルのセッションは、私には、まさに薄紙を剥がす感じです。鎧が厚いコートになり、ジャケットになった感じでしょうか。ようやく、今回ジャケットを脱げると思ったら、その中にさらに重ね着をしていたのに気がついたというのが、今日の私でありますが、それでも、Dr.マイケルの「前回よりはだいぶ良くなったよー」という言葉に励まされております。

私はDr.マイケルに会ってセッションを受け始めてまる3年。いまだ絶賛トーン4中ですから、どんだけ頑固なんでしょう、私の思考優位のコントロールマインドは。

Dr.マイケルのいう、セブンスヘブン(天国のようなトーン7)はいつになったら感じられるのやら。その前には、激流を通り抜ける必要があるそうですが、今回が初回で、何にも感じないまま終わったよー、という方もガッカリしないでくださいね。

何も感じなくても、ちゃんとDr.マイケルの慈愛のエネルギーは受け取っています。

普段から出来るだけ自然に触れること、笑ったり泣いたりと感情を動かす何かをすること(絶対泣くっていう本を読んだり映画を見たりでもOK)、心を動かされたり感動する出来事を自分の魂のために経験すること、そして頭ではなく心に従ってみること。

これからしばらくは、そんなことを普段、心にとめて生活されるといいのではないかなと思います。


今回から主催になったので、これからは私もDr.マイケルのセッションに触れる機会は増えていきますが、これまで私は、年に1度の健康診断、魂のメンテナンスみたいに思って受けてました。

だから、そんな感じで、次回また受けてみると、薄紙がはがれているのに気がつくかもしれませんよー。何より、Dr.マイケルの笑顔に触れるだけでも、幸せ度数は高くなりますし・・・



by hiroshimapop | 2016-07-10 06:42 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)
八ヶ岳リトリート(食事編)
Dr.マイケルとの3日間の八ヶ岳リトリートから戻ってきました。

私は裏方として、自己紹介の時間とクロージング以外は、ほぼずっとキッチンでジュースを絞ってたんですが、参加者さんの変容ぶりが素晴らしかったです。

私は、ノーウォークジューサーで絞った美味しくて栄養たっぷりの濃いジュースを参加者の皆さんに飲んでいただきながら、心と魂と身体の統合に結びつくリトリートをしたいとずっと思っていたので、今回、夢が叶った感じです。

参加者の中には、健康オタクなら誰でも知っている会社を立ち上げられた方が参加されていたんですが、あまりの内容の濃さに初日にすでに「このリトリート、採算度外視よねー」というご感想も。参加者12名、迎えるスタッフはマイケルさんも含め10名でしたからね。とっても贅沢なリトリートでしたのよー!


3日間のうち2日間は、食事らしき食事はなく、ジュースだけのご提供だったのに、栄養が満たされるのか、皆さん、身体だけではなく心も満足(*3日目の朝は、外界に帰るための食事でした!)。ジュースの味と濃厚さに、毎回感動の嵐でしたよー。


3日目、皆さんと朝食を食べながらお喋りしていたんですが、一人マイケルさんが瞑想状態となり、あれれ?と思っていたら、至福感と喜びにあふれた恩寵のようなエネルギーのシャワーの中にいらしたらしく、「愛のこもった素晴らしい食事や新鮮なジュースを1日に何杯もいただきながらセッションやワークをさせてもらって、とても幸せだし、さっきから、僕は、この至福のエネルギーの中にいる。いつか、ぜひ皆さんにもこの歓喜のエネルギーを感じられる人になってほしい」と感動の涙を流されていました。


そんな歓喜のエネルギーに満ちた3日間だったので、リトリートはまさに「変容」の3日間。スタッフのスイヅもマイケルさんのセッションを2回(ダブルセッションなので、合計4回)受け、1回目から号泣モードで滂沱の涙を流しておりました。

どんなことが起こったかはあらためて書きたいと思いますが、私には、人間の肉体、心の不思議をあらためて感じた3日間でもありました。


参加して下さったM様がフェイスブックに早速書き込みをして下さっていたので、今日はそれをコピペ。この方、とても忙しいビジネスウーマンなのに、マイケルさんの追っかけみたいにセッションを受けられています。1度は、朝東京から新幹線に乗って大阪でのマイケルさんのセッションを受け、すぐに東京に戻って仕事をしたという強者でもありますー!

この感動をどうお伝え致しましょう。
日曜から今日まで、八ヶ岳でのDr.マイケルのソマティックのセッションでした。
ソマティックとは、Dr.マイケルが開発した神経系をストレスから解放するエネルギーセッションなのですが、私たちは、たくさんの恐怖や固定観念に支配されて、本当の自分自身の声が聞こえなくなっているそうです。
私は、1年半程前、辛い心の縛りで眠れなかった頃に出会いました。

それからというもの、セッションの度にストレスから解放され、いやストレスというより、過去に経験した恐怖や悲しみや怒りや思い込みから自分をがんじがらめにした何かから解放され、愛の泉の中にいるような至福を味わっています。

今回は、素晴らしい八ヶ岳という場所、テンプルビューティフルの皆さんのサポートでジュース断食をしながらのセッション。

いつまでもいつまでも漂っていたい愛の泉から、日常へ帰る道、天使が大きく羽を広げたような雲に見送られたのでした。全ての存在に感謝です。



マイケルさんの次回の来日は冬なので、リトリートはできないと思いますが、いつものグループセッションより「少し深くセッションできる日」をいま考え中です。乞うご期待!

今回の来日中のグループセッションは、通訳なしのグループと、マイケルさんではなく、日本人の認定セラピストにセッションを受ける日にまだ若干空きがあります。認定セラピストさんも、すでに日本各地でご活躍の皆さんばかり。マイケルも太鼓判をおす、ソマティックのエネルギーに満ちたセラピストさんなのでご安心を!

グループセッションにご興味がある方はこちらをご確認下さい。


東京でのセミナー会場にて。日本語の本が届いてご満悦のマイケルさん。この日のためにスーツを持参。
c0125114_179324.jpg

     スタッフを含め、20人分のジュースのニンジンは半端ない量でした!
c0125114_17103659.jpg

2日目の朝はこれ。ホントは果物だけ、もしくは、ジュースだけにしたかったんですが、プログラムの進行上、ジュースと一緒です。
c0125114_16595357.jpg

ビーツ、セロリ、ニンジンが私のお気に入りの組み合わせ。ビーツのある季節は、この組み合わせでよく絞ります。
c0125114_171234.jpg

3日目の朝食  発酵4日目の酵素玄米のお粥ほか・・・。1日半ずっとジュースだったので、胃が少し小さくなったためか、美味しくておかわりしたいのに、これだけで満腹~という感じでした。
c0125114_17122895.jpg

        朝7時半すぎ。参加者の皆さんをお待ちしております
c0125114_17161813.jpg

by hiroshimapop | 2016-07-06 17:53 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(4)