毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

<   2013年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ナチュラルはアンナチュラル
今回もまた、2日間のコンテンポラリー風水講座は早々に満員御礼。朝から夕方まで、参加者のキラキラした瞳と熱気の中で終了することができました。

今回、2日目は、約30名の方から事前にご自宅の写真を送っていただき、その写真を見ながらマークが6~8分ほどのコメントとアドバイスをする、ということをやりました。

やはり、インテリア雑誌と違って、実際の家の様子は人の気配やライブ感がありますね。そして毎回思いますが、没個性で横並びと言われる日本人も、家の中の様子、雰囲気は全く違う。玄関を入る前から、あるいは玄関ドアを開けたところからすでに、何もかもが違います。

賃貸アパートやマンションの間取りは、似たりよったりで、どこも同じような間取りなのに、家の様子がこれほど違うってどうよ? 他の人に合わせたり、目立たないようにしているけど、みんなこんなに心や生き方は個性的じゃないの!って声を大にして言いたくなりました。


・・・しかしながら、マークからコンテンポラリー風水を学ぶようになってから特に感じるようになりましたが、日本人、特にテンプルのお客様が理想とする『ナチュラルな家』『ナチュラルな部屋』はモノトーンが多いですね。ベージュ、白木、木の色が主流で他の色がありませぬ。

そして家の中は、白く何も掛かっていない壁が続いています・・・。


先日のご自宅の写真でも、白木の床に白木のテーブル、白木の椅子、家具も白木というお宅もいくつかありました。白い壁に白いベッド、白いシーツに白いベッドカバー・・・という部屋もありました。きっと雑誌などを見て、そんな白木の部屋、白やベージュに溢れているインテリアがナチュラルな部屋だと思われているんでしょうね。

      例えば、これはナチュラル系のインテリア雑誌の1頁。白色に溢れています。
c0125114_21452497.jpg


この部屋の写真、私は見た瞬間「誰か死んだの?」と思ってしまいました。雑誌に取り上げられているくらいですから、憧れのインテリアなんでしょうね。でも、ここにずっと住み続けていたら、どうでしょう?
c0125114_21473061.jpg



でもマークは言っていますよ。
自然の中に行ってみて、自然は色に溢れているよって。

ベージュ、白木の壁に白木の家具・・・・。こういったお部屋は、目立たないように、人と波風たたせないよう生きている感じです。せっかく自分の好きなように飾り付けができるのに、壁や床と同じ色の家具、同じような色のソファーやカーテンをつけ、部屋全体が同じトーンになってしまっています。

そして、こういった何もかもが同じトーンで、目立つものの無いお部屋にいると、、自分が本当は何をしたいのか、どこに行きたいのかが分からなくなってしまいます。たくさんの家をみると、みんな違って面白いのに、自分らしさを発揮しないよう、インテリア雑誌や設計士さんの意向に自分を合わせてしまっている感じです。


人生にもっと彩りや、多くの経験をもたらしたいのなら、部屋の中にも彩りが欲しいですね。

そしてくれぐれも、ナチュラル系のインテリア雑誌を真似しないように。退屈な人生を送りたい人は別ですが。
by hiroshimapop | 2013-09-30 22:05 | マークの風水講座 | Comments(0)
キネシオロジー講座、大好評でした!
イベント盛りだくさんの今月のテンプル。
ただいまスイヅは千葉の美人塾へ。私は東京で風水講座開催中です。

そして木曜日までは『癒しのキネシオロジー』と『ジェントルタッチ講座』でした。3日間+2日間の講座は、中身充実、メニュー盛りだくさん。筋肉の反射を腕でとったり、足や指でとったり・・・。筋肉あるところ、どこでも反応が読みとれるんですね~。

       キネシオロジーの基本は腕。でも力を入れず、やさしくそっと添えるだけ。
c0125114_2130577.jpg

   私が何に驚いているかというと、講師の雪乃さんに「うまくなったね~」と褒められたから。
                門前の小僧ってやつですかね?
c0125114_21273652.jpg

             みんなで部屋中にエネルギーボールを作ってみたり・・・
c0125114_2132714.jpg

               足の筋肉でキネシの反応をとってみたり・・・
c0125114_2128324.jpg

           ワンちゃんの身体を借りて、キネシの練習をしたり・・・
c0125114_21275175.jpg

    しかし、家に帰って、寝込みの福ちゃんの腕で練習してみたけど、全く分からず・・・
c0125114_21281616.jpg



3日間のキネシオロジー講座を通し、参加者はキネシオロジーを使って、自分に必要なアファメーションを、5500個の中から選ぶということをやったんですが、私に選ばれた3つのアファメーションのうち、2つのキーワードが『手放す』『取り除く』。そしてオラクルカードのメッセージも『デトックス』。

それも、モノのデトックスというよりは、不必要になった思いやエネルギー、人間関係を手放すようにと。
そして極めつけ、最後に出てきたアファメーションは『私にはやるべきことを全てやる時間は十分あります』。


手放す、取り除く、浄化する・・・・。そしてやるべきことに意識と時間を集中投下。
残り3ヶ月のテーマはどうやら、これかな。
by hiroshimapop | 2013-09-28 22:19 | テンプル最新情報 | Comments(0)
自分を弱くしたかったら、カロリーゼロ系ドリンク!
昨日からスタートした癒しのキネシオロジー講座。
今回も、キネシオロジー講座ではお馴染みの、食物との相性チェックで大盛り上がり。
特に、コーラは誰もがキネシオロジーを体感しやすいので、毎回やってます。
9月25日追記あり:一番下に、ダイエット飲料の新事実を加えました!


         何も持たないとき。しっかり腕に力が入っています。
c0125114_23103969.jpg


       普通のコーラ。炭酸ではありますが、実はそれほど腕は落ちない
c0125114_2311303.jpg


    カロリーOFF、カロリーゼロのコーラ。どんなに腕に力を入れようとしても、全く入らず
c0125114_23122844.jpg


               最近登場したトクホつきのコーラもこのとおり
c0125114_23132113.jpg



普通のコーラの原材料は、糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、カラメル色素、酸味料、香料、カフェイン。果糖ぶどう糖液糖など、あまりオススメしたくはありませんが、それでもアスパルテーム・L−フェニルアラニン化合物入り飲料よりは遙かにマシ。この人工甘味料が入っている飲み物を持っただけで、身体のパフォーマンスはグググっと落ちてしまいます。

脂肪がつきにくいということでトクホ飲料になっているようですが、それ以前に、アスパルテーム・L−フェニルアラニン化合物入り飲料、身体にいいとはとても思えないんですが・・・。
c0125114_23202862.jpg



過去、何度もこの食物検査につきあっていますが、カロリーゼロ系のキネシ結果は毎回同じ。

以前にも書きましたが、若年性のパーキンソン氏病でしばらく第一線から姿を消していた俳優のマイケル・J・フォックスさんは一時、ダイエット系のコーラ中毒で1日十数本も飲んでいたとか。コーラとパーキンソン氏病の発病には因果関係はない、という人ももちろんいますが、持った瞬間、腕に力が入らなくなるんですから、それを1日何十本も飲んでいたら身体の筋肉がどうなってしまうか・・・。小学生でも高い確率でその未来を予測できそうです・・・。

一瞬のどがシュワシュワしてのどごしがよく、しかもカロリーが少ないと喜んでいたら、数年後は自分の身体でその結末を知ることになりますね。


9月25日追記:
上記を書いたところ、ホメオパシードクターの渡辺順二先生より、下記の情報を教えていただきました。皆さん、痩せようと思ってダイエット飲料を飲むと思いますが、実はダイエット飲料を飲んで入る人のほうが太りやすくなってしまうという新事実!
ブラジルのリオ・グランデ・ド・スル州立大学の研究グループが「人工甘味料と砂糖はどちらが太りやすいか」を実験したところ、人工甘味料の方が太るという結果が出ました。実験で使用されたサッカリンやアスパルテームは、横浜市衛生研究所のホームページによると、清涼飲料水、炭酸飲料、ヨーグルト、菓子などに使われている甘味料です。

実験で用意されたのは、サッカリン、アスパルテーム(以上、人工甘味料)、砂糖入りのヨーグルト。3種類のヨーグルトをそれぞれ異なるマウスに与え続けること12週間。体重を調べてみると、サッカリンとアスパルテーム入りのヨーグルトを食べ続けたマウスは、砂糖入りのヨーグルトを食べ続けたマウスと比較し、体重の増加が確認されました。摂取したカロリー量が同じにもかかわらずです(ヨーグルト以外にも通常のエサが与えられていました)。

研究グループは、人工甘味料は「体内で消費されるエネルギー量の減少」や「体液貯留」を引き起こすのではないかと考えているようです。過去の研究の中には、アスパルテームはさらなる食欲を引き起こすと結論付けたものも。「カロリーなし」とうたう人工甘味料ですが、結果的により多くのカロリーを摂取することになっているかもしれません。

by hiroshimapop | 2013-09-22 07:50 | 食事が身体をつくる | Comments(0)
懐かしい高円寺南
17年間お世話になっていた高円寺南の梱包材料のお店が今月末で店じまいをされる、ということで、昨日、ひさしぶりに高円寺に行ってきました。

高円寺駅に降りるのは、いったい何年ぶりでしょう?
高円寺のマンションの一室で、テンプルを始めたのは、1996年の6月。それまでの数年間、ケイシーセンターと、少々の通販の仕事をしながら、横浜でのんきに暮らしていたら、一緒に住んでいた兄が急に結婚することになり、ある意味、自分の意志というより、止むにやまれず独立することになったのでした。

当時のことを、ケイシーセンターの会報に私はこう書いています
・・・その後、不安定だったセンターの活動が軌道に乗りはじめ、センターからのお給料はほとんど無くても、兄のうちに居候して生活の不安もないし、まぁ、このまま楽に生きていくのも悪くない、と思い始めた頃、突然兄が結婚することになりました。私は突如として、経済的に独立せざるを得なくなってしまったわけです。センターの仕事を誰かに引き継いで広島に戻るか、東京で仕事を探すか、何か自分で仕事をするか。当時、両親は私が広島に戻ることを期待したでしょうが、私のほうは、突然「ケイシー療法を広めるオフィスを持つ」ことをヒラメイテしまい、それからバタバタとオフィス兼住居を借り、オフィスの名称もテンプル・ビューティフルに決め、あっという間に自営業者になってしまいました。

「誰かケイシー療法のお店を日本で開いてくれないかなぁ」と思いながら、自分がその誰かになればいいんだと、ようやく気がついたわけです・・・・。


このビルの家賃24万円もするので、通常、家賃の支払い能力があるかどうか、この人は信頼できるか、など事前に不動産会社では審査をします。ところが私はその直前まで、世間の方々がいただくような給料で仕事をしておらず、当然、貯金もゼロ。年金も健康保険も税金も払ってない。しかも不動産会社から提出するように言われた必要書類には「納税証明書」などというものもある。

困った、納税してないから、当然証明書なんて無い!って思っていたところ、たまたまその時、兄の結婚式とケイシーセンターのツアーでハワイとバージニアビーチに行く予定が。

納税証明書の提出もしてなかったの、不動産会社に「しらばく海外に行きます」・・・と連絡を入れたことがよかったのか、帰国したら入居がOKになってました。『海外に仕事に行くくらいだからちゃんとしている人でしょう』と、いいふうに誤解されたのかも・・・? ともかくも、そんな感じで、新居も無事決まり、テンプルはスタートできたのでした。

そうそう、この物件に決めたのは、不動産探しをしているときに夢をみたから。案内されたら、夢にみたと同じ間取りの物件だったので、お金もないのに、ここだなと即決。テンプルを始めてしばらくは、夢に出てきたと同じような部屋の使い方もしていたので、あれは、ある意味予言的な夢でした(でも夢のお告げはあっても、毎月の家賃の支払いはとっても大変!)。

               このビルの8Fでテンプルは始まりました
c0125114_1341755.jpg


当然、テンプルを始めた当初は、通販の注文もなく、注文が無いから段ボールもあまり必要なく、近所で見つけた梱包材料屋さんに行っては、段ボールを10枚単位くらいで購入していました。そのうち、自分では運べなくなって配達に来てもらうようになり、奥沢に引っ越したあとは、テンプル仕様の社名入りの段ボールを作ってもらうようになり・・・と、このお店のおばちゃんたちには、テンプルの成長をそのまま見ていただいていました。

私より一回りも年上のおばちゃんたちですが、ホントに働き者。お店に直接買いに行っているときも、電話で段ボールを注文するときにも、ちょっとしたお喋りを楽しみにしていたんですが・・・。

諸行無常。でも、やっぱり、このお店の閉店はちょっと寂しいです。

          17年前と変わらず働き者のお二人。お世話になりました。
c0125114_1611186.jpg


テンプルをスタートした頃のエピソードはこちらから
by hiroshimapop | 2013-09-20 15:56 | 日記 | Comments(0)
身体の不思議(野口晴哉先生の本から)
2冊続けて、野口整体の野口晴哉さんについての本を読んでました。

三枝龍生先生が、かつて野口整体を学んでいる人達は、野口先生がされていることを理解したくてケイシーを勉強した、とおっしゃっていましたが、まさに、ですね。知ればしるほど野口先生の偉大さと、人間の肉体が持っている潜在的な力と神秘に圧倒されます。

不思議満載の野口晴哉先生自身が不思議だと思われていたエピソードがこれ。

『野生の哲学』永沢哲著  205頁より
私が今でも不思議だと思うのは、安岡章太郎さんがむち打ちになったのです。彼はカリエスのあとがあって、仰向けに寝られなかったのです。それがタクシーに乗ると追突される。東京だけでなくて、名古屋に行ってもやられ、大坂へ行ってもやられ、アメリカでもやられました。みんなタクシーなのです。しかし1回やられるごとに背中の盛り上がりが低くなって、1昨年からはすっかり背中が伸びて、伸びたらもう追突されないのです。追突されたのも不思議だし、追突されなくなったのも不思議です。それに快復の要求があって、それを治そうとして追突されそうな車を選んで乗ったのだろうとか・・・。(以下略)

(以下著者の解説)これは、私たちの常識を強烈に逆撫でするような言葉だ。この作家はカリエスのあとがあって、あおむけになることができなかった。そのため、背中のゆがみが修正されるまで、7回もタクシーで追突事故に遭い続けなければならなかった。彼が自分で運転していたわけではない。だが彼にとっては追突事故に遭うことが必要だった。その結果、彼が乗ったタクシーは7回も連続して追突事故を起こしつづけたのである・・・。(中略)

これは晴哉が言うとおり、なんとも不思議な論理だ。彼は病気を例にとって、こんなふうに言っている。扁桃腺にバイ菌がつくと「自然に」扁桃腺は腫れ、高い熱が出る。そのはたらきを押さえることなく、鈍らせることなく、生体に内臓されている「自然のリズム」に沿って生きていけばいい。(中略) 

ところが野口晴哉の考えによれば、「自然のリズム」はそれだけではない。自分の「外」のもののようにあらわれてくるもの、たとえば「事故」も同じなのである。(中略) 「外部」の出来事もまた「裡なる自然の波」のリズミカルな律動に沿ってあらわれてくるのであって、「内」と「外」を2つに切り離すことはできない。・・・以下略


乗ったタクシーが7回連続で追突事故を起こす確率って、どれくらいなのでしょう? というより、背中の盛り上がりを治すため、安岡さんが乗った車は事故が必要なくなるまで100%事故を起こす運命にあったわけですね。考えても考えても、不思議です・・・。


次は、その野口先生の最後の直弟子、天谷保子さんが書かれた『ありのままがいちばん。

天谷さんは子供の頃から左足が動かず、他にも様々な不調や痛みとともに生きてきたそうなのですが、野口先生に整体を受けるようになって10年後、こう言われたそうです。「あなたはずいぶん小さいときに、自分が貫こうと思ったことを強引にやめさせられた経験があるはずです」と。

実際、親に確認したところ、幼い頃、左足が動かなくなる直前、そのようなことがあったらしいのです。

人は一心にやろうと思っていたことを強引に遮断されたときに、ショック状態に陥り、からだがかたまってしまいます。そうなると、からだの動きは滞り、いろんな不具合を起こしてしまうのです。

からだの不調とはそうした積み上げられたがれきの重なりのようなものです。がんなどの深刻な病気も突然かかるわけでなく、小さな疲れや偏りの積み重ねでなってしまうもの。整体とは、そうした重なりを1つひとつ上から取り除いていく作業です。



子供に限らず、意欲を持ってやり遂げようとしたことを中断させられたことが、身体に大きな障害として残ってしまうなんて・・・。このような心と身体の繋がりがもっと分かっていれば、もっと違った対処も出来たでしょうに・・・。それにしても、天谷さんの幼い頃の出来事を見抜いた野口先生もやはり凄い方です。
by hiroshimapop | 2013-09-14 18:53 | ホリスティック・ボディケア | Comments(2)
農業男子、大工男子、修理工作男子、増殖熱烈希望
滞在日数3日間だったカリフォルニア出張からさっき帰ってきました。
アメリカ西海岸までは飛行機で片道10時間ちょっと。先月、片道20時間以上という南アフリカの旅から帰ってきたばかりだし、ケイシー財団のあるバージニア・ビーチへは、乗り継ぎを入れて片道17時間くらいかかるので、10時間は楽勝って感じです。狭い座席に座ったままだとあまり眠れませんが、機内で新作映画を4本見て、ときどき地上や雲の様子を見て、けっこう充実の空の旅でした。


c0125114_21112077.jpgさて今回、カリフォルニア内に点在するナッツやフルーツ農園、その加工工場に車で連れていって下さったのは、カリフォルニアで有機フーズの輸出を手がけているデイビッドさん。

出張前、挨拶を兼ねて送ったメールの返信がすでに読解できず(ライティングの訓練を受けてない人に多いのですが、句点やピリオドがなく、文章がズラズラ書かれている)、空港でお会いしたときも、全く英語が聞き取れず(ニュージーランド出身)、どうやって3日間を一緒に、しかもビジネスの話しをすればいいのかと内心かなり蒼くなってましたが、言葉の壁を越え、1日目にして惚れました。


なぜなら・・・

*自宅から空港まで5時間ドライブ後、私を乗せてさらに4時間半のドライブ。アメリカ各地に自分の倉庫があるので、アメリカ国内だったら、車の移動は全然平気らしい。
*オフィス兼自宅は自分で建てた。いまだセルフビルドは継続中
*ダイニングテーブルやチェステーブルも自作。これが素晴らしい出来ばえ
*庭では様々な野菜やフルーツを無農薬栽培。スーパーに行く必要なし。育った野菜や果物は近所に分けたり、巨大なディハイドレーターで乾燥させて保存食にしている。
*今は一人暮らしなので、料理は自分でつくる。仕事が終わって料理を作るのが好きらしい。でも食事の内容には気をつけている。
*料理は自分の足と舌で習得。例えば、アジア料理は、タイやカンボジアを2~3週間かけて歩いたとき、地元の人に教えてもらったんだとか。
*ゴルフやジェットスキーなどのスポーツも楽しんでいる

時々犬を連れてキャンピングカーでドライブ旅行に行き、遠距離恋愛中のGFとどこかで落ち合い、ビジネスで世界中を旅して、自宅では野菜を育てて、その野菜を自分で料理し、家や家具は自分で作り・・・。

3.11のあとも、いろんな人に呼びかけて物資を日本に向け送ったんだそうで、今回、私に3日間付き合って下さったことも含め、人を援助したり、廻りの人のために何かをすることを軽々とやってのけてしまうその姿勢も素敵です。


「そんなにやることがたくさんあって、いったいいつ休んでいるんですか?」って聞いたら「全てを楽しんでいるから休む必要もリタイアする必要もない」との返事。ビジネス社会でもしっかり成功をおさめ、プライベートでも家を造ったり料理や家事をすることを楽しんでいる。どちらか一方に偏ってしまいがちな中、人生のバランスも素晴らしい。

ちなみにデイビッドさんの場合、子供の頃から、何でも自分で作ってしまえる大人と一緒に育ったので、それが当たり前で、自然に見て憶えたと。ニュージーランドの田舎では、自分で何でも作ってしまうのがフツーのことなんだそうです。


お金を出せば何でも買える人もいいでしょうが、最近は、こんな「生きる力」に溢れている人に特に魅力を感じます。これからは会社で出世するよりも、高い年収を稼ぐよりも、農業や大工仕事ができるほうが大切になる時代が到来しそう・・・。


農業男子、大工男子、修理工作男子、増殖熱烈希望! 男性が男性らしく逞しくなれば、女性もより女性らしくなってくるのです(今はお互いが中性同士)。

パソコンの前に座っている時間があれば、これからは畑仕事に大工仕事でっせ。
by hiroshimapop | 2013-09-07 21:19 | 日記 | Comments(3)
生アーモンド工場潜入ちゅう!
さすが、カリフォルニアはアーモンド王国! 有機アーモンドの生産量は少ないといいながら、毎日出荷されるアーモンドの量ときたら!テンプルで扱っている100g袋に詰め替えたとしたら、いったい何個できるんでしょう。

         工場内は清潔第一。髪の毛は厳禁、髭も厳禁!
左は今回3日間にわたって各地の農園を案内して下さったデイビッドさん。ハートフルな方でした。
c0125114_17195257.jpg

      20分に1度、サンプリング。欠けや虫食いの発現率を調べています。
c0125114_1722843.jpg

  欠けや虫食いを除いたら、大きさごとに分別。ミドルサイズが日本に送られています
c0125114_1724124.jpg

                いったい一箱に何キロ入っているんでしょう?
c0125114_17255097.jpg

               テンプルスタッフにはお馴染みの箱が並んでました
c0125114_1727711.jpg

by hiroshimapop | 2013-09-06 17:33 | テンプル最新情報 | Comments(0)
カリフォルニアで有機アーモンドの農園視察ちゅう
いまカリフォルニアに来ています。昨日はサンフランシスコ空港から車で4時間半の移動。今日は、朝からテンプルで扱っている生アーモンドやレーズン、黒イチジクなどの農園や工場の見学をしていました。

カリフォルニアの内陸部を車で移動していると、たくさんのアーモンド農園が左右に見えてきます。でもそのほとんどは慣行農園。有機認証を得ているところはアメリカ全体でも3%ほどだそうで、なぜなら、普通の農業だと1エーカーあたりの収穫量は3000パウンド。一方、有機農産ものは1エーカーあたり1700パウンド。半分近くに収穫量が落ちてしまうんだとか。有機のアーモンドの値段が高い理由の1つはここにあったんですね。

今回見学させていただいた農園&工場はテンプルでも扱っている有機の生アーモンド農園。4代前にロシアから移民してきて、なーんにもなかった荒れ地を自分たちで開墾。現在600エーカーもの農園と収穫したアーモンドを出荷できるまで選別する加工工場を経営されています。

主に働いているのは、メキシコからの移民の方々。ここだけではなく、食品工場内はメキシコ系の方ばかり。オフィスワーカーは白人で、労働者はメキシコ系という2分化された世界を見ました。

2月に花を咲かせるアーモンドの収穫はいま! グッドタイミングで収穫の様子を見せていただけました。


                    アーモンド農園
c0125114_13464965.jpg

  アーモンドの収穫は、ガシっと機械で幹を掴み、しばらく木を揺すると・・・
c0125114_13504765.jpg

            空からアーモンドが雨のように降ってきます
c0125114_135228.jpg

          落ちたばかりのアーモンド。数日間このまま乾燥
c0125114_13524962.jpg

       数日後、別の機械で地面に落ちているアーモンドを中央に集めて
c0125114_13553973.jpg

     最後は巨大なバキュームで地面のアーモンドを吸い上げていきます
c0125114_1357614.jpg

                 アーモンド農園の4代目社長さんと
c0125114_14204346.jpg

by hiroshimapop | 2013-09-05 14:25 | テンプル最新情報 | Comments(1)