毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

<   2013年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
フランスの修道女だった前世があるらしい
ちょっと前の話題になってしまいますが、アメリカに行く前日、名古屋でシンシア・ビショッフさんのサイキックリーディングを受けてきました。

ことの起こりは昨年9月。長崎のあんでるせんに友人たちと行った際、その夜、ホテルでみんなでワイワイ騒いでいるとき、一緒に行った名古屋の磯部さんから「シンシアさんのリーディング良かったよ~、来年また来日されるから、興味があったら予約入れときますよ~」と言われ、あんでるせんの不思議ワールドに浸った直後だったこともあり、その場で、全員が予約いれちゃってました。

シンシアさん、これまで何度も来日して東京でも定期的にリーディングのセッションをしていたのに、東京の時には行かず、4人全員が新幹線にのって愛知県に・・・。

まぁ、こういうのもご縁です。

みんなバラバラに行ったので、夕べ自由が丘に集まって『何を言われたのかシェアする夕食会』を。
ピンとこなかったという人、もうずばりピンポイントで涙涙だったという人、感想はそれぞれ。期待を強くもって、具体的な質問をしていた人ほど、見えた世界がクリアだった気がします。


ケイシーに関わるようになってしばらくは、何人かのサイキックの人から過去世を言われたり、見えない世界からメッセージをもらったりということがあったので、自分の過去世はいくつも聞いています。それも、ここ数年は、とんとご無沙汰。たくさんの過去世を言われても、それの情報が重なったり、同じ過去世を指摘されることが滅多になかったこと、現世での家族や友人が過去世に登場することもなかったので、人生を変えるようなインパクトも特になく、そのうち『過去世はもういっかな』と思うようにもなっておりました(自分で見た夢のほうがインパクトがある)。


シンシアさんのセッション。個人的には面白かったです。

特に聞きたい質問がは無かったので、過去世、パワーアニマル(守護動物みたいな感じか?)、数秘によるメッセージ、オーラの色、守護天使、指導霊などの情報を最初一気に伝えてもらいました。通常、過去世はもとより、パワーアニマルや数秘、オーラの色などは、それぞれ専門に見ているサイキックがいるくらいで、シンシアさんの場合、深く情報を取りに行かないものの、まとめて聞けるのはかなりお得な感じであります。


私の前世、僧侶、尼僧、神官というの、けっこう出てきます。今回も言われました~。
『フランスで、世俗との交渉をいっさい絶ち、一生を祈りに捧げた修道女だったことがある』と。英語でcloisteredと言われてましたが、私は孤独癖、独りでいたい欲求がすごく強いので、さもありなんという感じです。

シンシアさんの経験のなかでは、レアなことらしいですが、アトランティス時代の前世も出てきました。

よく廻りの人にエジプトとインドの前世は絶対あるよね、と言われつつ、過去一度としてエジプトとインドの過去世を言われたことはなかったんですが、今回はじめてエジプトとインド登場。エジプトでは霊的指導者の1人だったそうです・・・(あぁ、それなのに今は何故・・・)。

ちなみに、シンシアさんからではありませんが、エッセネ派のメンバーとして特別な教育を受けた女の子の1人だったことがあるとか、日本の五島列島にいた原始キリスト教の一員だったと言われたこともあります。日本に原始キリスト教のグループが暮らしていたことが果たして本当にあったのかどうか分かりませんが・・・。


これらが本当かどうか立証はできないので、そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない、というところですが、『前世はあると思う、自分の前世を知る』メリットは、死んだら終わりだと思わなくなる、死を忌み嫌わない、肉体は死んでも魂は永遠って実感できることにある気がします。

今は来世にとっての前世ですから、将来サイキックに自分の魂の歴史を読まれたとき『自分本位でワガママでしたね』とか『魂としてこの人生では後退しましたね』と言われないようにしないと。

個人的には、来世はティッピみたいな子希望なんですが・・・。

シンシアさんは定期的に来日してセッションをされているので、興味のある方は、インタビューの最後にのっている連絡先にお問い合わせして下さい。
by hiroshimapop | 2013-03-31 23:56 | 日記 | Comments(0)
シャスタ山にも行ってきました
そういえば、先週末はシャスタ山でした。

シャスタ山は、スピ系の人なら一度は聞いたことのある聖なる山。私の知り合いでも、日本から遙々シャスタ山を何度も訪れている人が数名。いつか行ってみたいと憧れている人多数・・・。

テンプルでは、シャスタ山の麓の湖で生息する藻(AFAブルーグリーンアルジー)からできた、その名も『シャスタ』なるサプリを扱っていることもあり、チャンスがあれば訪れたいとずっと思ってきました。


訪れた先週末は、雪の残る肌寒いオフシーズン。

街は人通りもあまりなく(といっても、街一番の中心地でも、それほどお店の数はない)、一歩山や湖畔に行けば、自分たちが雪を踏みしめる雪音だけしか聞こえない静けさ。誰かと会話を交わすことなく、立ち止まったり、岩の上にじっと座れば、そこは人工的な音のないThe Sound of Silenceの世界。

ただひたすら目の前に広がる大自然と静寂を味わいつくす。なんと贅沢な時間だったことか。

シャスタにご一緒したサンフランシスコ在住のYOKOさんは、毎月のようにシャスタまで片道5時間かけ、ただリラックスするためだけに訪れているそう。四季折々のシャスタ山の風景を見ているだけでも心が安まりそうです。

       シャスタといえば、不思議な形をつくる雲が有名・・・
c0125114_21261586.jpg

 こんな不思議雲も、シャスタでは普通のことらしい・・・。残念ながら写真には写せなかったんですが、2羽の白鳥が並んで、羽を広げ飛んでいるように見える雲もありました。

下記の数枚は、今回シャスタでお世話になったHiromiさんが撮影して下さったシャスタでの写真。

我ながら、完全リラックスの表情をしてます。

テンプルで、北海道の釧路湿原をカヌーで行くツアーを企画したとき、ご一緒した山田バウさんに『なおちゃん、自然の中にいると日に日に表情が柔らかくなるね~』と言われてましたが、あ~、バウさんが言われていたのは、こんな表情のことだったんだなぁとしみじみ。

私のお隣の男性は、サンフランシスコからずっと車を運転してシャスタに連れてきて下さったBejanさん。オーカス島ツアーを企画された有子さんのご主人で、日本語が少し話せます。チョイ悪風ですが、とってもハートフルで素敵なミドルエイジです。
c0125114_21305435.jpg

c0125114_21315964.jpg

c0125114_21293989.jpg

c0125114_21323727.jpg

by hiroshimapop | 2013-03-29 21:47 | ただいま海外で体験中! | Comments(4)
マークの風水アドバンスクラス開催のお知らせ
マークのコンテンポラリー風水講座をさらに深く学びたいという受講生さんの熱意で始まったアドバンスクラス。いったん新規生徒さんの募集を止める予定でしたが、前回の風水講座の参加者から、是非再開してほしいという声を多数いただき、次回、5月の来日時にレベル1と2を実施することにしました。

なぜ私の家や部屋はこうで、ほかの人は違う部屋になるのか・・・?学べば学ぶほど面白いです。定員10名の少人数で、じっくり学んでいくアドバンスクラスは、コンテンポラリー風水の奥深さを実感。また部屋を通して、自分の内面を見つめたり、自分の心のクセに気づいたりの内観のような時間にもなります。

レベル1、2は、風水コンサルタントを目指す方だけではなく、もっと自分を知りたい、コンテンポラリー風水の基礎となる知識を深めたい方も受講可能です。2日間のマークの風水講座だけでも十分な情報量だと思っていたら、それに続くアドバンスクラスでは、この3次元を造っている宇宙の法則や心理学の領域へもジャンプしていきます。

これまで知っていた風水に対する意識が根底から変わる3日間になるかもしれません。
※マークのコンテンポラリー風水講座のアドバンスクラスは、主に家、アパートといった居住スペースへの風水を学びます。


【レベル1】
2013年5月18日(土)~20日(月) 定員10名 


レベル1では、3日間の授業のうち2日間をかけ、より詳細なバグアマップの見方、五行とエネルギーの流れ、寝室と玄関をどのように整えていけばいいのか学んでいきます。

定員10人という少人数クラスで、講師であるマークと生徒間、もしくは生徒同士で、互いに対話を交わしながら、室内を動きながら、様々な実習や演習を行っていきます。

教室での講義ではなく、実際の家を使って講義を行うため、室内の装飾を動かしたり、その場を歩くことで、どのように室内のエネルギーが変化するかを感じとることができ、より現実的で奥行きのある風水を学ぶことができます。

【特典】参加者全員、ご自宅の写真をもとにマークから風水的なアドバイスを受けられます。
【特典】3日目には、実際にマークのコンサルティングの現場に同行し、どのように風水コンサルタントが行われているのかの実地研修を行います。それまで学んだ風水の知識が、実際の家でどのように適用されているのかを肌で感じ、さらに自分の身体に風水の知識を落とし込むことが可能になります。


受講料84,000円
★アドバンスクラスの受講生は、事前に2日間のマークの風水講座に出席していることが受講の必須条件になります。すでに受講されている方も、受講が1年以上の場合、復習をかね、5月に大阪で開催する風水講座に是非ご参加下さい。復習割引の適用があります。


【レベル2】
2013年5月22日(水)~24日(金) 定員10名 


アドバンスクラス、レベル2では、さらに多角的にバグアマップや五行、陰陽のコンセプトを学び、住環境にいかに変化を与えられるか実習を重ねていきます。

キッチン、お風呂場、トイレや物入れ、階段といった場所をどう風水的に快適にアレンジするか、部屋の位置関係が、いかに私たちの人生に影響を与えているか、小物や絵画などを使うことによって部屋のエネルギーがどう変化するか、などあらゆる側面から風水を学んでいきます。

レベル2を修了した方は、実習をかねて、お友達やお知り合いに無料で風水のアドバイスを行うという課題が出されます。

受講料84,000円
★レベル2は、レベル1を受講した方のみご参加可能です。


*会場はレベル1、2とも全て、横浜市都筑。3日目に都内にてコンサルティングの実習があります。
*各レベルとも、修了した時点で、それぞれ課題が出されます。レベル1、2を続けて受講される方は、レベル2を修了した後、まとめて課題を提出してください。
*アドバンスクラスの修了者は、その次の風水講座より、アドバンスクラス割引の適用があります。

アドバンスクラスの受講に関し、以下をご留意下さい。
★アドバンスクラスのレベル1,レベル2は、コンテンポラリー風水をもっと学びたいと希望される方全ての受講が可能です。
★アドバンスクラスのレベル3,レベル4は、原則的にコンテンポラリー風水のコンサルタントを希望し、かつ、マークが受講を認めた方のみ受講可能です。
★レベル4を卒業した方も、コンサルタントとして独り立ちするためには、卒業後に与えられる課題提出とマークの認定が必要になります(2月にレベル4を卒業した皆さんも、卒業後の課題に取り組んでいるところです)。



お申込は全て、voice(at)caycegoods.com 光田あて
お申込の際、件名には、必ず「アドバンスクラス レベル**申込み」とお書き下さい。
ご希望のお申込レベル、ご連絡先などをお知らせ下さい。クレジットカード払いもお受けします。



アドバンスクラスに参加された方の声


「アドバンスクラスは、とても内容が濃くて、しかも楽しかったです。楽しくというフィールドはマークの生き方そのものが反映されていると思います。気負いがない、ナチュラルな感じが私は大好きだし、私もそうありたいと思います。また従来の日本の風水(TVで紹介されているもの)のダサい感じとは違って、センスの良さはとても魅力です。

マーク、本当にありがとうございます。何と表現したらいいかわかりません。この楽しみな感覚が凄く嬉しいです。また埴原さん、通訳ありがとうございます。クラスも楽しかったのですが、コンサルも腑に落ちる場面が多くて楽しかったです。埴原さんの言葉がしっくりきたお陰だと思います。

一緒にクラスを受講した皆さん、ありがとうございます。9つのエリアに何を置くか考える時、私なら思いつかないようなことがたくさん出てきて、すぐ取り入れることができました。皆で考えるって、視野が広がるし、何と言っても楽しいなと思いました」


「マークのコンテンポラリー風水は、「外からその人の内面を素に戻していく方法、とても優しくて、愛あふれるセッションの目に見える形」と思いました。
言葉だけでは変えられないものを、自分の家の目の前の風景を変えることで一気に変えていく、とても素晴らしいものです。マークとこのコンテンポラリ風水に出会えて本当に良かったと思います。この講座は宇宙からのプレゼントと感じています」


「体の中からインテリアデザイン」として You are what you eat や You are what you think の重要性に気づきライフスタイルの見直しやデザインにも取り入れていましたが、内面を左右するのは主に生活している環境、そこに置かれているモノや、かけているアート等の影響力が大きいことをマークのアドバンスクラスLever2で再認識しました。

何より最終日に実際のコンサル現場に同席させていただけることが、座学だけでは理解しづらい総合的な実践の場となり、マークが話していたように、3つの風水メガネ(バグアグアス、エレメントグラス、陰陽グラス)を駆使して立体的にバランスをとり、自分の感じているコネクションを引き出す方法をライブに体験できることがアドバンスの魅力ではないかと感じます。

受講後は明らかにメガネをかけたように面白いぐらい視点が変わっていきます。集中的に学べる連続講座は、カナダに行き続きをすぐ受講したくなるほどでした」


「レベル1,2を通して受講したので濃密な10日間でした。旅をしてきたのと同じで、日常生活に戻ってからは少しぼーっとしてます。セミナー期間中にとりあえず模様替えをしたので、今はのびのびした空間を味わっています。また今回以来、宿題のために古本屋に通うようになり、リッチな雑誌のバックナンバーをいくつも買って、イメージを豊富にしているところです。
自宅コンサルを受けた方々はさすがに行動が早いですね。最近届くメールを見て、私もまたもっと何かしてみたくなりました。長い間自分の進む方向が見えなくて悶々としてきましたが、つくづく自分は削ぎ落とす方向ばかり志向してきて、種をまいてもいなければ水をやってもいなかったんだと思いました。まずは自分に栄養ですね」


「コンサルの実習では、どんな部屋でも今そこにあるもので、今直ぐに変化を起こしていく様子を見せていただきました。コンサルティングが終ってからあれとこれを買ってきて、ではなく、とにかくいまその時に、何かするということ。そしてまた、探してみるとその家の中には、ちゃんと相応しいものがあるのもおもしろかったです。もちろんより相応しい素材、形、色のアイテムを、お金と時間をかけて揃えてゆけば更によいけれど、ちょっとしたことで変化が直ぐにやってくるらしい、ということが実感できれば、あとはおのずとクライアント自ら動きたくなってしまうのでしょう。

マークさんは旅するウエルカムハウスだと思いました。どんな部屋、どんな発言もウエルカムで、つまらないものとせず意味あるものとして見出してくださるので、その様子を見て、自分の内面を大事にするというのはこういうことなのかと教わった気がします」

c0125114_1128373.jpg

by hiroshimapop | 2013-03-29 11:37 | マークの風水講座 | Comments(0)
あと15分で搭乗時刻・・・旅も終わりに近づいています
忘れないうちに、オーカスツアーのことを書いておきたい!と思いつつ、オーカス島では、朝7時に桐島ノエルさんのヨガで始まり、ホテルの自室に戻るのが夜の10時すぎ・・・という毎日。長い文章を紡ぎ出すほどの頭の働きは残っておらず、あとはお風呂に入ってそのまま爆睡。

時間があまりに超特急で過ぎていったので、何日オーカス島にいたのか、えーと、えーとと考えても出てこない。

今日が火曜日で、昨日シャスタ山から帰ってきて、土曜日の朝、サンフランシスコからシャスタ山に車で行って2泊をシャスタで過ごし、その前日の金曜日はシアトルからサンフランシスコに移動で、その前日の木曜日の朝にオーカス島からシアトルにフェリーで移動してきて・・・と、逆算してようやく、日曜日から水曜日までの4日間、スーザンオズボーンさんのボイスヒーリングのワークショップがあったことが判明。

もうずいぶん前のような気もするし、夢の中の出来事だったような気もするし、ともかくも濃い4日間+αの日々でした。

オーカス島は、シアトルの港から約1時間半。
スーザンさん曰く、ここは土地の波動が高いから島全体がヒーリングの力を持っているのよと。雨が多いせいか、森に一歩入れば屋久島歩いているような感覚になることも。スーザンさんの包容力と、このツアーを企画されているGowerご夫妻のホスピタリティと、オーカス島の温かさに包まれて、なんだかフワフワと4日間を過ごしていた感じがします。

そんな旅行ももうすぐ終わり。あと15分で搭乗時間が始まります。


     朝7時から、桐島ノエルさんのクンダリーニヨガをたっぷり1時間半
c0125114_956987.jpg

     ノエルさんのヨガ姿は美しい! みんなうっとりでした~! 
c0125114_1073100.jpg

         スーザンさんのご自宅にある桜の木の下で
c0125114_10123754.jpg

by hiroshimapop | 2013-03-27 10:20 | ただいま海外で体験中! | Comments(0)
魂に繋がって生きる『へそ道』開催!
メルマガでも告知させていただきましたが、ふーちゃんの『へそ道』開催のお知らせです。


先日、コピーライターのひすいこたろうさん言い出しっぺで招集されたメンバーで入江富美子監督の『へそ道』を受けてきました。


以前、テンプルでは入江監督に3時間ノンストップ講演会をお願いしたことがありますが、その時、入江監督のことを、私はこう紹介しました。

~以下、講演会のご案内の引用~
2005年の大晦日の大阪・・・・
静かな大晦日の夜を過ごしていた2児の母であり主婦の入江富美子さんの心に、突然ミッションが溢れてきました。

「宇宙の感謝の量を増やしたい!!
何故だか分からないけど、それには「山元加津子さん(石川県の養護学校の先生)の映画を作るのが一番!」

2006年、入江富美子さんは突如、入江監督に・・・・。
それまで1度として山元さんの講演を聞いたことも本を読んだこともなかったのに。

その後の入江監督の2年間は、おそらく高速ジェットコースター!
有言実行、一心不乱、猪突猛進・・・。
心は歓喜と恍惚と自己嫌悪の行ったりきたり。

入江監督を紹介するニュース番組でキャスターは言いました。
「それまで平凡な主婦だった入江さんは・・・」と。

キャスターは知らなかったのです。入江監督がとてつもなくパワフルな天界突き抜けマインドパワーの持ち主だと・・・。そして、この天界突き抜けマインドパワーでミラクル続出。彼女のこの小さな思いつきが、多くの人を巻き込んでの大プロジェクトへと発展していったのです・・・。

入江富美子さんが過ごしたこの2年間のお話はビックリ話満載です。

ちょっとしたニューエイジの不思議話より面白い。魂からの呼びかけ、自分のミッションを生きはじめると、こんなにも天(神様?宇宙?)は応援してくれるのかって、驚き、そして、ワクワクしてきます。

そう、彼女が受け取ったのは、ビジョンではなくミッション。
そうしたいという目標設定、ではなく、宇宙があたえてくれた素晴らしい機会。

入江監督が宇宙に感謝を増やすために、1年がかりで撮影した映画「1/4の奇跡~本当のことだから~」は、人のご縁と感動が奇跡を呼び、日本はもとより世界でも上映されるロングラン映画に。(以下略)

~引用終わり~
★この時の3時間講演の様子はDVDになっています。


さて、その入江監督が始めた『へそ道』ワークショップ。

私は受けるまで知らなかったのですが、2005年の大晦日の夜、入江監督の心に感謝が怒濤のように溢れ始めたとき、同時に、宇宙から溢れんばかりの叡智が監督の中にダウンロードされた感覚があったんだそうです。

ただ、それはあまりに膨大で、あまりに愛に溢れていたので、すぐには言語化できず、その後、少しずつ自分の中で咀嚼する必要があったのだとか。

入江監督曰く「今は、グーグルで情報を検索するように、自分の中のグーグルに問いかけをしておくと、ある瞬間、その答えが自分の内側で見つかるようになった」

2005年の大晦日の夜、宇宙から入江監督にダウンロードされてきた情報が、少しずつ監督によって咀嚼され、発酵し、形になってきたのが、この『へそ道』。


『へそ道』の「へ」は舳先の「へ」。つまり、先っちょのこと。『へそ道』の「そ」は素=魂の根源。すべての大元の「素」。その「そ」からつながった先っちょを生きているのが私たち。

大元の舳先である私たちが、その「そ」に繋がることさえ出来れば、自分がこの地球に生まれてくる前、神様と交わした約束や、自分の魂が求めているものにも繋がることができるハズ。


そして、この「そ」に繋がっている私たちの魂について、入江監督は、こう表現しています。

魂は『たま』と『しい』に分けられる。『しい』は嬉しい、楽しい、悲しい、欲しいというような私たちの感情や欲の世界。『たま』は御霊、『みたま』のたま。

この三次元の世界で、普段の私たちは『しい』の世界に生きている。人の話も『しい』の心で聞き、『しい』の心で反応している・・・。

決して『しい』が悪いのではなく、『たま』と繋がることを私たちが忘れてしまっているのが問題。

自分の『たま』に気づけば、廻りの人々の『たま』を尊重し、その人をそのまんま受け入れることもたやすくできるようにもなる・・・。


『へそ道』は、自分の「たま」に還る、みたまの「たま」に気づく場、そして「素」に繋がりなおす稽古の場。つまり道場なのです。

『道』ですから、自宅に帰ったあとも、日々の稽古が必要になります。でも稽古を続けていけば、いつかは「そ」に繋っていくことができるようになっているでしょう。いったん繋がれば、あとはその繋がりの糸を太くするだけ。


先週、先々週と、メルマガで、ケイシーがリーディングで述べた「理想の設定」についてご紹介しました。自分のへそに繋がり、そのへそに基づいた理想が設定できれば、これほど強いものはありませんね。
これからの時代を生きぬく力を、しっかと持つことができる気がします。


入江監督の『へそ道』ワークショップを受けたとき、スタートして10分後には、私はテンプルのお客様にもこの『へそ道』を紹介したい!と思い、1回目の休憩時間には「テンプルでもやって下さ~い」と熱烈プッシュをしていました。


すでに入江監督のスケジュール、週末は10月までいっぱいということだったので、平日にはなりますが、6月12日―13日の2日連続で開催することになりました。

仕事のある方は、2日間、お仕事をお休みしていただくことになるのですが、有給休暇をとってでも、参加する甲斐と価値はきっとあるハズ。

入江監督と同じ場所にいて、監督の話を直接聞くだけでも、魂の奥底で共鳴するものを感じたり、その芽の発動があるんじゃないかと思います。

前回、一緒に『へそ道』に参加したプロアクティブの堀場さんは「払えないけど、へそ道、150万円くらいの価値はあるよ~」と叫んでました!

平日の2日連続のワークショップですが、ぜひご参加下さいね。


2013年6月12日(水)・13日(木)入江監督の「へそ道」ワークショップ

日 時:2013年6月12日(水)14:00~20:30(開場13:30)
          6月13日(木)10:00~17:00(開場9:30)
*12日(水)の開始時刻にご注意下さい。
*2日連続のご参加が必要です。

講 師:入江富美子監督
会 場:東京 中野サンプラザ 
定 員:80名
参加費:30,000円
再受講15,000円
*過去、別の主催で開催された「へそ道」を修了された方は、2日間15,000円で再受講が可能です。1日ワークのご参加だった場合には5000円引きの25000円です(いつ、どこで修了されたかお知らせ下さい)。

お申込はこちらから



~『へそ道』を受講される方へのお願い~

『へそ道』を受講される方は、事前に以下のいずれかを入手して、『たま』の声を聴き、『へそ』を発動する準備をしておいて下さいね。

入江監督の講演会DVD『宇宙に感謝の量を増やす増量祭り』2枚組
入江監督の著書『1/4の奇跡~もう1つの本当のこと』
入江監督が監修した本『すべては今のためにあったこと』

c0125114_3444149.jpg

by hiroshimapop | 2013-03-25 06:00 | テンプル最新情報 | Comments(0)
『わら直伝!』イケメン2人による重ね煮講座
岡山にある『百姓屋敷わら』

平日ではありますが、その『わら』直伝の重ね煮教室を4月30日(火)に開催します。講師は、イケメン料理人2人(つまり、若くてハンサムな男性シェフ×2)。
c0125114_14311595.jpg

「重ね煮」って何?
1. 砂糖も化学調味料も使わないで、野菜や本来持っている「うまみ」をひきだすことができます。
 たとえば、ごぼうのアクもうま味に変わり、丸みのある味を引き出してくれます。
2. 水をほとんど入れないで作るので、一週間ほど日持ちします。バリエーション豊富な重ね煮!! 
 一人暮らしでも料理が楽で、食材が無駄になることがありません。

『わら』とさらに詳しい重ね煮についてはこちらをご参照下さい。


午前の部は、重ね煮入門編。
重ね煮の材料、作り方、応用料理など、重ね煮を自宅ですぐに作れるようイケメンシェフお二人が、手取り足取り教えます。

夕方の部は、重ね煮をすでに知っている人、作ったことがある方を中心に、基本の重ね煮の応用料理など。洋風アレンジにも挑戦します。

午前、夕方、いずれの講座も、料理をするときの心構え、姿勢などを「重ね煮」を通してお伝えします。定員8名の少人数+イケメンシェフ2名。美味しくて、目からウロコで楽しい4時間になると思いますよ。


2013年4月30日(火)
●午前の部: 10時半~14時半(4h) 定員8名(満員御礼)

  重ね煮入門 
  重ね煮をまだ作ったことがない方、ちゃんと基礎から学びたい方
 
 *重ね煮って何?
 *どうやって作るの?
 *重ね煮の応用はどうしたらいいの?
 *料理に向かうときの心得、野菜に感謝して調理をする

●夕方の部:17時~21時まで(4h) 定員8名(満員御礼)
  重ね煮応用編
  主に、すでに重ね煮を作ったことのある方対象(初心者でも参加可能です)

 *料理に向かうときの心得、野菜に感謝して調理をする
 *重ね煮応用編(1回作った重ね煮を様々な料理に応用してみる)
 *重ね煮洋風料理アレンジ

※どちらも、エプロンと手ふき用のタオルをご持参下さい。

重ね煮料理教室詳細
●2013年4月30日(火) 午前もしくは夕方(所用時間:4時間)
●会場:横浜市都筑区 横浜市営地下鉄線 センター南駅より徒歩 (参加者に後日ご連絡)
●参加費;8800円(材料費含む。 お申込後、お振込をお願いします)
●午前の部、夕方の部、どちらをご希望かをお書き添えの上、メールにてお申込下さい。
 voice(at)caycegoods.com 担当ミツダ
 定員が少ないため、お申込時、すでに定員に達している可能性があります。その場合はご容赦下さい。

イケメンシェフのお二人
船越耕太さん
「姿勢が変わると運命が変わる!」を、そうじや料理を通して伝えるトキメキ料理教室!主催
「うどんや繋火」店主、和楽プロジェクトリーダー、「国境なき料理団」団員
c0125114_14593125.jpg


山室顕規(あきのり)さん
「和楽プロジェクト」代表
毎年、東北の子供たちの受入れを軸に世界の次世代を担う「生きる力を育む実践型体験合宿」開催
c0125114_14595728.jpg


c0125114_1451736.jpg

by hiroshimapop | 2013-03-20 15:07 | テンプル最新情報 | Comments(0)
シアトルでアボリジニサウンドに出逢う…
オーカス島で始まったスーザン・オズボーンのワークショップ、本日初日でした・・・。

朝7時からの桐島ノエルさんのクンダリーニヨガ。はじめて経験しましたが、アクロバティックなヨガとは少し違い、呼吸と身体の動きとで、内分泌腺の働きを整えていくという印象を受けました。

クンダリーニヨガについてこちらのサイトには、1960年代後半、インドの高名なヨガ・マスター、ヨギ・バジャン氏が北米に伝えたクンダリーニ・ヨガ。基本的に目を閉じたまま行う。呼吸に意識を合わせながら、シンプルな動作を繰り返すことで、自分の内側に深く入っていくものである。銅鑼(どら)を使ったリラクセーション、マントラを唱えながら行うメディテーションなど、ひと味違うヨガ。

とありました。

ノエルさんは3年前、ひどい座骨神経痛で、このままでは杖をついて歩くことになるかもと思っていたくらいだったのに、このヨガのおかげですっかり神経痛が良くなったそう。ノエルさんの均整のとれた美しいスタイルをみていると、俄然やる気が出てくる・・・。ハズだったのですが、やる気は十分なのに、何故か身体は動かず。両腕を上にあげて呼吸をするだけで、すっかりヘロヘロ。明日が思いやられます・・・。

朝食のあとは、島の中にあるモラン国立公園へ。対岸はすぐにカナダ(遙か遠くにビクトリアの街並みが見えました)、それはそれは美しい海と山と空の景色。

風の音だけが聞こえる静寂をしばし楽しんだあと、ツアーメンバーにプロの歌手の方がいて、展望台のうえで海に向かって歌ってもらっていたら、不思議な女性が登場。

なんでもディジュリドゥ(アボリジニの民族楽器)を使ってサウンドヒーリングをされているそうで、ちょうど車に乗せているからと、ツアーメンバー全員にディジュリドゥによるサウンドヒーリングをしてくださいました。こういう出逢いも旅の醍醐味。
c0125114_11314069.jpg

c0125114_113292.jpg



そして午後は、いよいよスーザンさんのボイスヒーリングのWSスタート。
歌うとはどういったことなのか、心のままに声を出すとはどういうことなのか、今日は口をあけ、呼吸をし、声を出すところからスタート。うまい歌ではなく、愛とともにある歌。そんな歌を目指したいと・・・。

ヨガにディジュリドゥに公園での散歩に、ボイスヒーリングのWS。

まだ夜8時前ですが、すっかり眠くなったので、今日はもう寝ます・・・。
by hiroshimapop | 2013-03-18 12:05 | ただいま海外で体験中! | Comments(0)
オーカス島に来たのはタロットカードのお導き
ひょんなことから、シアトルからフェリーで約1時間半のオーカス島という小さな島に来ています。歌手のスーザン・オズボーンさんのボイスヒーリングのワークショップ参加が今回のメインイベント。

主催はサンフランシスコで鍼灸師をされているYuko Gowerさん、通訳は桐島ノエルさん。

これだけでもかなりの豪華版なんですが、今回日本から到着した参加者は、なんと、たったの4名。ここまで人数が少ないと、私たち参加者にとっては、ラッキーこの上ない! 申し訳ないです~、いいんですか?と思うほど、超・超・お得でスペシャルな1週間になりそうです。


今回、何故このワークショップに申し込んだかというと、私の意志というより、ひいたタロットカードがすごく良かったから。


実はとある海外ツアーに興味があり、最初、そのツアーは私にとって実り多いものになるかどうか、タロットカードをひいてみたのです。ところがカードのメッセージを紐解いていくと、参加したら、その前の仕事のスケジュールがかなりタイトになりそう・・・。悪い流れはないけど、無理して行くほど積極的な後押しも感じられない。

うーん、行きたかったんだけどなぁ・・・・。だったら、春から夏にかけて実施されるビジネス系の講座はどうかと、やはりタロットカードに判断をゆだねてみたところ、こちらは「それほどでも」な感じ・・・。

2つ続いて、興味を持ったイベントにいい流れのカードが出てこなかったので、なんかムキになってしまいました。そういえば、WEBにスーザンさんのWSの告知があったなぁ、だったら、スーザンWSはどうだ?とカードに未来をゆだねたところ、これがとっても素晴らしい!

3枚正立、しかも未来を顕す3枚目のカードは『21の世界』。

『21の世界』は完成や統合、そして海外を顕すので、こんなカードが出たのに、行かないなんてありえない。いったい何があるの?どんなことが待っているの?と、カードが示した未来に興味津々・・・。

タロットカードと自分の潜在意識との絆を深め、カードの精度を高める最良の方法は、出たカードには従うこと。ソッコーで申込みました。そして、こんないい流れのカードがでたワークショップって、いったい何?と、あらためてWEBを見直した感じです。


普段、歌なんて全然歌わない。音楽も聴かない。カラオケにも行かない、ないない尽くしだけど、スーザンさんの歌を間近で、しかも5日連続で聴けるだけでも、生涯の宝物の時間になりそうです・・・。


というわけで、今日から、日本から遙か遠く、シアトルの小島に来ています。どんな滞在になるか、時間に余裕がある限り、ご報告をアップしますね。

スーザンさんが歌う『浜辺の歌』 前奏が長いです・・・。40秒くらいから始まります。



桐島ノエルさんは以前、福田高規先生にケイシー療法のインタビューをしたことがあるそうです。そのとき、ひまし油湿布のセットを購入して、何度か体験したそうです~。それだけでメッチャ嬉しい・・・。
c0125114_15473126.jpg

by hiroshimapop | 2013-03-17 16:02 | ただいま海外で体験中! | Comments(4)
CD、差し上げます
先日の大掃除で、テンプルのお店でかけているCDを少しお整理することにしました。以前テンプルではCDを販売していたことがあり、そのときの視聴用サンプルや、スタッフや私が購入したもの、お客さまにいただいたもの等々、CDだけでも200枚近くあったかと思います。

ヒーリングミュージックが中心になりますが、テンプルでこれまでご購入履歴のあるお客さまで、欲しい!と思われる方がいらっしゃれば差し上げます(送料もテンプル負担でお送りします)。中古なのでパッケージに傷があったり歌詞カードが無かったりします。それはご容赦下さい。

ご希望のセットがあれば、スタッフのスイヅまでご連絡下さい。
メールの宛先: b-shop(at)caycegoods.com  ←(at)を@に変換して下さいね。
ありがとうございます!昨日までに33名の方からお申込がありました。先着順でお送りしますね。今回、お送りできない方、ごめんなさい。今回のような「おわけします!」は時々やっていますので、またの機会によろしくお願いします。
 


Aセット(計5枚)
CHAKRA SUITE/ STEVEN GALPERN 瞑想・チャクラバランスを調整する音楽
FRAZIER CHORUS/RAY     イギリスのギターポップバンド
エンヴァイロメント2 アヌガマ    小川のゆらぎとチベットのベル
郷愁のショパン・ノスタルジア    ショパン名曲集
from space to spirit yosimi宇宙から魂へ 
c0125114_16175093.jpg


Bセット(計5枚)
2002年 睦月・yoshimi 弥勒への想いなど・・・
Ultimate・RFS研究所     ハーモニーベルを多重録音したもの
ムーン・ラブソディ/片岡慎介   81小節の奇跡・愛と調和
ティータイムのモーツァルト ほっと一息、リラックスタイム
夜のモーツァルト         一日の疲れをとり、心地よい眠りへ・・・
c0125114_16181030.jpg


Cセット(計5枚)
プラネットアース 2007/       ほそのあきたか
リビングプラネット/ran asase瞑想とヒーリングに・・・
クリムゾンコレクション「守護」    マントラとハープのシナジー作用
サークルオブライフ/aosora ruka
Sensual/                ボディ・マインド・スピリットへの音楽
c0125114_1621260.jpg


Dセット(計5枚)
宮下富美夫「呼吸」
喜太郎「氣」NHK特集「砂漠幻視行」サントラ
アランミコー「水鏡」チャクラへ働きかける音楽
レスプリ「インナーチャイルド」
ダニエル・コビアルカ「シルク・ブランチ」天国にただよう、バイオリンの調べ
c0125114_16195743.jpg


Eセット(計5枚)
ミケル・ノース「レインボートラベル」変容へ向けてetc
喜太郎「オアシス」
カマール「クラシックフォーラブ」アヴェマリアほか、やさしい調べ
ダニエル・コビアルカ「エンジェルズ」心地よい目覚め・瞑想・安らかな眠りに。
ダニエル・コビアルカ「星に願いを」今の子供たちと、大人達の「子供の心」へ。
c0125114_16183270.jpg



Fセット(計5枚)
ヒーリングエネルギー/パーフェクトハーモニ研鑽会疲れが取れる!ストレスは解消できる
サラブライトマン・アンドリューロイドウェバー        ミュージカルの名曲集
天使の詩「きっと何かいいことが起こる」    ガブリエル・ラファエル・ミカエルをイメージした音
ダニエル・コビアルカ「牧神の午後」
ダニエル・コビアルカ「ゴーイングホーム」    過去から自由になるポジティブに前進!
c0125114_16212789.jpg


Gセット(計5枚)うち4枚はケース・歌詞カード無しです。
ナチュラルハーモニー/MASAYA   空・風景・生命をテーマにハープの調べ
アマデウスの魔法の音/集中力    集中力UPの書籍に付属されていた音源
アルティメット バニー・マニロウ    アメリカンポップスの中心人物のベスト盤
リフレッシュO型                血液型別イージーリスニング
聴くだけで元気が出る本/松岡みやびハープの音色で心を溶かし、癒す(書籍付)
c0125114_16214430.jpg

by hiroshimapop | 2013-03-13 16:28 | 日記 | Comments(0)
入江監督の『へそ道』受けてました
先週、クローズドの『へそ道』合宿に参加してました。コピーライターのひすいこたろうさん、デザイナーのトミーさんプロデュースの参加者13名というちょっと贅沢な会。 右脳教育で有名な七田厚さん、最近全国にひっぱりだこのサトケンさん、プロアクティブの堀場さんほか、そうそうたるメンバー。

ひすいこたろうさんの『あした死ぬかもよ?』はベストセラーになってますね。

『へそ道』って何かということは入江監督のサイトから拝借・・・。

この「人生をミッションにシフトする「へそ道」基礎コース」では、「へそ道=ミッションを生きる」ことを徹底的にあらゆる角度から深めていきます。ところで、「へそ道」って何でしょう?
私たちはお腹の中で、?私のおへそは、おかあさんへ・・・おかあさんのおへそは、おばあちゃんへ・・・?
おばあちゃんのおへそは、ひいばあちゃんへ・・・と言うように?ずっとずっとおへそでつながっています。?
その先の先の先はどこにつながっていくのでしょうか。?すこし感じてみてください。
そうです。すべての「もと」とつながっているのがおへそです。ですから、その「もと」とつながっていきることが、ミッションを生きるための大事なことなのです。

つまり「できるかできないか」「良し悪し」などで自分を見る限られた肉体の世界ではなく、へそでつながる壮大な世界に身をつなげた時、湧き起こる世界。? これが、ミッション道!つまり「へそ道」なのです。

この「へそ道」はシンプルですが、終わりなき成長ができ、やりがいのあるものです。ワークショップで一番伝えたい本質は、気配ともいえる深い部分のことです。ですから参加者の方には体感、実感中心で感じていただける構成にしています。

具体的には、このような事を意図しています。
●自分の位置を感じられる能力
●宇宙から地球を見る能力
●自分に授かったプレゼントに気づく能力
●自分と繋がり自分の中から答えを引き出す能力
●セルフイメージの親替え能力
●未来をデザインする。ミッションを見つける


魂は『たま』と『しい』に分けられる。『しい』は嬉しい、楽しい、悲しい、欲しい・・・というような私たちの感情や欲の世界、『たま』は『みたま』のたま、私たちの根源に繋がってるところ。

普段の私たちは『しい』の世界に生きている。人の話も『しい』の心で聞き、『しい』で反応している・・・。決して『しい』が悪いのではなく、『たま』と繋がっていることを私たちが忘れてしまっているのが問題。

『へそ道』では、自分の『たま』に還るーつまり『そ(素・祖』に繋がりなおす、みたまの『たま』に気づき、『たま』と繋がるという練習をしていきます。自分の『たま』に気づけば、廻りの人々の『たま』を尊重し、その人をそのまんま受け入れることもできるようにもなりますよね。

内輪の会だったこともあり、私もかなり正直に日頃の悩みなんぞお話しましたよ。


テンプルでは入江富美子さんの3時間講演やぴょん吉セミナーなど、過去数回にわたり、お話を聞いてきましたが、まだまだ入江監督は「ここ掘れわんわん」。深い泉のように叡智が湧きだしてきますね。

すでに何度も聞いてる入江監督のお話ですが、『へそ道』がスタートして10分後には、テンプルでもやってもらおう!と決意し、1回目の休憩時間には「テンプルでもやりた~い」と熱烈歓迎プッシュをしておりました。

週末が空いているのは、もう10月までないかもしれないということだったので、平日ですが、テンプル主催の『へそ道』開催に向け鋭意企画中です。大阪では2時間×6回で開催しているそうですが、さすがにそれは難しいので、6時間×2日の2日連続の講座になります。

発表まであともう少し。

平日なのでお仕事のある方は、有給休暇をとっていただくことになりますが、会社休んでも参加する甲斐はあるはず。堀場さんなんて、まだ終わってないのに「払えないけど、へそ道、150万円くらいの価値はあるよ~」と叫んでましたから・・・・。

c0125114_23162967.jpg

by hiroshimapop | 2013-03-12 23:23 | テンプル最新情報 | Comments(0)