毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
デパ地下素通り領域拡大
今日からマークの風水講座がスタート。
月曜日からはアドバンスクラスのレベル1、2、3、そしてビジネスオーナーのための風水講座とマーク漬けの日々が続きます。それが終わったらすぐに名古屋でセミナーに参加。帰ったら今度はマレーシアと、今月はほとんど会社にいませんねぇ・・・。

さて、今回のマークの風水講座の会場は神田。
近所にほとんどレストランらしいレストランがなく、ファストフード系のお店ばかりなので、念のため、マークと私のランチの買い出しに三越のデパ地下に。

マークも私もグルテンフリー(小麦製品を食べない食生活)で、私はケイシー流+肉と砂糖を食べないし・・・・と思いながらデパ地下を歩いてみれば、あらまぁ、あれだけ大きなデパ地下でも私たちが買えるお総菜は全くない。

パン、パスタ系、揚げ物、肉系すべて素通り、甘いもの系のエリアも素通り。グルテンフリーを極めればお醤油味もアウト。スムージーか何かあれば買って帰ろうと思ってましたが、三越の客層は全体的に年齢が上らしく、ジュースのお店は見つからず。どこかにあったのかしら。

結局どこのデパートにもあるようなサラダのテイクアウトを買って帰りましたが、もはやデパ地下では私が買える食材はほとんど無いことにあらためて気がつきました。

私はもともと世の中に売られている洋服の95%は私にはサイズが大きすぎ、あれだけ世の中に流行の洋服が溢れていても、ほとんどのお店は素通り。ブランド品にも興味なくここも素通り・・・。つまり、これまでもデパートの中は、ほぼどこも素通りしてましたから、デパ地下に素通りエリアが少々増えただけって感じではあるのですが、歩けど歩けど、ショーケースを覗き込んだり選んだりすることさえ出来ないお総菜ばかりが並んでいると、世の中の人の胃袋はこういうもので満たされているのねぇと変に感心してしまいました。

そんな食生活やだ〜!と多くの人は思うでしょうが、選択肢が少ないっていうの、けっこう楽です。「すること」「やらないこと」がすでに決まっているので一点集中というか、行くべき場所に直行して、少ない選択肢の中から選べばいいし・・・。

そして・・・今日マークが、お醤油にも普通小麦が使われているから、お醤油もグルテンフリーを選んだほうがいいと。お醤油は毎日、大量に使うわけではないけど、日本食の場合、ほぼ何かに使われているので、日本でははグルテンフリー生活のハードルが高い。でもマークの場合、お醤油をカットしたら体調がグンと違ったらしいので、私も今のお醤油がなくなったら、グルテンフリー醤油を使ってみます。今、我が家で使っているのは蔵つきの天然菌醤油なので、かなりいいお醤油ではあるんですが・・・。

というわけで、私の食生活はどんどん変人領域に突入しています。
by hiroshimapop | 2012-09-29 23:51 | 食事が身体をつくる | Comments(3)
絵本「きみがよものがたり」
昨日、ひさびさに知り合いに会うのに、「きみがよものがたり」の絵本をお土産に持参しました。

この絵本は、2年前のアッシジ・メジュゴリエツアーで一緒だった旅の仲間が販促のお手伝いをしているらしく、そのご縁で紹介いただいた絵本。出かける直前に「あ、これお土産にしよう」とあわてて紙袋に入れて出かけたものでした。

ところが待ち合わせ場所に行くと、知り合いの他、お友達もご一緒。なんでも日本の神様に詳しい方で、自分も数年ぶりに会うし、滅多に会えない人だから紹介しておきますよ、という配慮でした。

持参した絵本は1冊。
「まぁ、知り合いにはまた会うチャンスもあるでしょうし日本の神様系の絵本なんて滅多にないから、そのお友達に絵本を差し上げましょう・・・」と袋から出したところ、なんと、そのお友達が「きみがよものがたり」を書いた張本人!

え~!

旅の仲間は「この絵本は、神様のメッセージがおりて出来た絵本なのよ」と言っていましたが、まさか、そのご本人が目の前にいるなんて・・・!

なんという偶然。

昨日、ご本人から「きみがよものがたり」制作秘話をお聞きしましたが、絵を描かれた方、文字を書かれた方、歌を歌われた方、全ての出逢いも不思議で、それぞれの方が神様の手となり足となり働かれている一流の方だということでした。

私はフナイの準備でその絵本は机の上に置いたまま、開きもしていなかったんですが、今日、さっそく自宅に戻って読み、また添付のCDを聞いてみます。

c0125114_16264851.jpg


「きみがよものがたり」の公式ホームページはこちら
by hiroshimapop | 2012-09-26 16:28 | おススメBOOKS | Comments(0)
フナイオープンワールド無事終了!
ようやく終わった〜!と安堵感と解放感を感じる今日。ずっとプレッシャーと超緊張をもたらしていたフナイオープンワールドでの講演が終わりました。

講演が決まってから(というより、兄がオファーをOKしたあとで聞かされたので完全に事後承諾だったんです〜)というもの、ものすごいプレッシャーだったんですよ、ホントに。

もちろんオファーをいただけたのはとてもとても光栄で嬉しいこと。今回は講師の数が多かったそうですが、それでもフナイオープンワールドで話しができる人はほんの一握り。いつかはフナイさんで話をしたいと夢見られていた方もいらしたでしょうが、そうしたいと思っても手に入らないくらいの大舞台。こんな私なんぞオファーをいただいただけで感涙もの。お断りするという選択肢はありません・・・。


そうは言っても、兄はこの30年間、とくにこの数年はケイシーのことの語り部として毎週末のように日本全国で講演活動をしてますが、私の舞台はメルマガ。パソコンの前です。

兄にとってはケイシーの話を大勢の方の前で話すことは日常生活の延長でしょうが、私にとっては突発的な大事件。なんせ、過去セミナーをしたのは数年前のたった1回だけ。それも親しい小林正樹さんの主催だったので、プレッシャーはありながらも、正樹さんのやさしいフォローつきでした。それが今回は席数250名の大舞台。ひざガクガク、心臓バクバク・・・!

根は引き籠もり人間。よく子供が「先生になりたい」と言っていますが、私は子供の頃から「先生だけにはならない」と思っていたクチ。NLPを勉強したときには、ビジネスマンが多かった講座だったので、クラスのほとんどの人が講師希望。なんでみんなそんなに講師になりたいのか、また、なるつもりなのか、その心境が理解不能だったくらい、とにかく、人前で何かを話したり教えたりするのは超・超・苦手なんですよ。セミナーの司会進行も少し前からスタッフがやっているほどですから・・・。

心に思っていることが現実になるっていいますが、思ってないことも現実になります。「そんなことかつて1度として心に描いたことないですって。神様」と、何度空を仰いだことか。

ですから講演まで1ヶ月を切り、日数のカウントダウンが始まったあたりからは、フナイで話すことを考えるだけでお腹の中を冷たい風が吹き抜けていく。それくらいプレッシャーでありました〜。

ツイッターにも書きましたが、それが終わって心身ともにホッとしたのか、今朝の夢は「あ〜、今日は朝寝坊ができる〜、早起きしなくていい〜」とゆっくり午前中寝てる夢。

そんな夢を見つつ、今朝は朝5時半に起床。
土砂降り雨の翌日だったこともあり、ジャングル状態になっていた裏庭の草取りをしたり、本を読んだりと、ひさびさに休日を楽しみました。

ここんとこ、何をしていても頭のすみっこには「フナイで何しゃべろ?」と思っていましたし、会社では日々のお仕事があるので会社から帰宅後、あるいは早朝、そしてお休みの日はずっと自宅のパソコンの前に座り、講演で使うパワーポイントづくりをしてたので、そのいっさいのことから解放されて、今日の心と身体はホントに軽いです!

それにしてはたいしたパワーポイントは出来なかったのが哀しいところではありますが、実は、今回のパワポ制作、自宅のパソコンをマックに変えての初めての大仕事。これまではメールとネット接続くらいしかマックを使っていなかったのと、パワーポイントのバージョンがあがり、1つ1つが四苦八苦の連続。このブログにアップした程度の画像処理も、サイズを小さくしたり、縦になってる写真を横にするだけでもまだ大変なのよ〜。いまだiPhotoの使い方、さっぱりわからん(誰か私にマックの使い方教えて下さい!)。ウインドウズだったらさくさくできるような仕事が1日がかりになったうえに、何を話すか、その全体像やストーリーを頭の中で完成させるのに時間がかかり・・・。

ともかくも、明けても暮れてもフナイオープンづくしの1ヶ月間を過ごしておりました(直前に、キネシオロジスとの雪乃さんにキネシでパワポの内容をチェックしてもらったり、私の緊張を修正してもらったり・・・。見えない世界の手も借りつつ完成したのです。。。)

スタッフはブース設営で大変でしたが、私はそっちはほとんどスタッフ任せ。何にもしてません。

あ〜。ともかくも無事終わってよかったよかった。

出店していたテンプルのブースです。たくさんの方に来ていただきました。ありがとうございます!
c0125114_21243791.jpg

c0125114_2174575.jpg

                                        直前の様子
c0125114_218074.jpg

 立って話して下さいと言われたのですが、立っていてもよく見えてませんね
c0125114_2183224.jpg

会場は立ち見の人で溢れてしまい、部屋に入りきれなかった方も
c0125114_2125542.jpg

 外ではテレビ画面を通して中継がされてました
c0125114_21235363.jpg

最後のフィナーレ。大舞台にも立たせていただきました。19年間続いたオープンワールド最後の回で話をさせていただいたのは、一生の思い出になりました。
c0125114_21111740.jpg

by hiroshimapop | 2012-09-24 22:51 | 日記 | Comments(2)
長崎あんでるせん
先週末、初・長崎あんでるせん、行ってきました。

初めてあんでるせんについて聞いたのは約20年前。「あれは単なるマジックだから長崎に行くことはないよ」という人もいれば、「いやぁ、あれは本物のサイキックパワー。凄いよ」と言う人もあり、種が仕込まれているのか無いのか、賛否両論、喧喧諤々、いまだいろいろ意見があるようですが、ともかくも面白かったです。

約30年間1日2~3回マジックショーをやり続けながらも、そのショーを見る観客のためのセッティングもしてなければ、お店を改造もしているわけでもない。あくまで「喫茶店」という場であり続けていること、メニューや出される料理の内容、奥様の表情、すべてひっくるめて全てがエンターテイメントでした。

事前にいろいろ聞いてましたから、いちいち「これが噂の・・・」と感動してしまいますね。

以前は、真夜中から並んで待つか、その日の朝電話して予約するか・・・というチャレンジングな方法しかなかったそうですが、今は2ヶ月前からの予約受付に変わっています。

私たちが行った日は、たまたま予約していた団体さんがキャンセルになったそうで、なんと観客は十数名。
私たちはカウンター席を予約してたので椅子に座って間近でかぶりつきで見られましたが、座れない人は(ほぼ全員)、ショーの間立ちっぱなしです。以前行った入江富美子ちゃんは「ずっと立っていたら何度か気が遠くなった・・・」そうです。

マスターが繰り広げるショーは、マジックなのか記憶術なのか、それともサイキックなのか・・・?ともかくも不思議ワールドが約2時間半。え~!といちいち驚いている間に終わりました。

参加者が適当に足したり引いたりして計算した合計が、生年月日になっていたり、参加者のご主人の名前を当てたり・・・。ルービックキューブを元に戻すのではなく、適当にガチャガチャ廻したもう1つのモノと同じにしたり・・・。

お馴染みのスプーン、フォーク曲げもありました。グリグリに回転したり、スプーンに直接触ることなく、手の上に載せてるだけなのに、スプーンがみるみるうちに曲がっていったり。

いっしょに行った則子さんの場合、「生年月日と名前と自分の悩みを紙に書いて」と言われて、メモに書いて小さく折ってマスターに手渡したんですが、「名前書いてないじゃん、のりぴーさん。則子さんでしょ?名字は大澤、『さわ』は難しいほうの『澤』だよね」と、書いてもない名前を当てられちゃっていました。メモに書いたなら、種もありそうだけど、メモ用紙に書いてもない名前を当てられてしまうと、かなりビックリです。お悩みにもしっかりマスターが答えてました。

マジックでできるネタもあると言われつつ、こんなのが続くと、もはやこちらはひたすらあんぐりするしかないです。

一緒に行った磯部さんが、テーブルに並べられた5人の女優さんの写真の中で一番好みの女優さんを選んで、その名前をメモに書き、それが誰か事前にマスターが紙に書いて当てておく、というコーナーがあったんですが、それは一緒にいた私も友人も、磯部さんが書いたのが誰だったのか、マスターが当てる前に分かりました。一瞬でその女優さん以外の名前が記憶から消えて、その女優さんの名前だけが頭の中で点滅した感じがありました。あれもマジックなんですかね~。


約30年間、ほとんど休みもなく、安い喫茶店の軽食とコーヒー代くらいで、昼夜ショーをし続けているマスターはそれだけで凄いです。私が海外旅行に行ってる間も、仕事をしたり遊びまくっている間も、あの喫茶店の小さなコーナーで1日2度も3度もショーをやり続けてきたわけですからね・・・・。

使命感でやっているとしか思えない。あんでるせんの後、ずっとマスター話で話題は尽きなかったです。

いつも機嫌が悪いことで評判だった奥様は、意外にも感じよかったです。徳江さんやいとこの大輔くんが体験したという「念写」や「お絵かき」がなかったので、また行きたいです。というか、行きます。


c0125114_1712521.jpg

by hiroshimapop | 2012-09-15 17:03 | 世界は不思議に満ちている | Comments(1)
菅原真樹さんの美人塾開催(2012年10月)
5月に開催し、参加者の皆さんにご好評いただいた菅原真樹さんの美人塾、10月14日(日)ー15日(月)の日程で再び、開催する運びとなりました。

どんなワークショップだったのか、5月にご参加下さった方々の生の声をご紹介すると・・・。

真樹先生のとても自然体な動きと心地よい声の響きで、とても解りやすい説明に満足度100%でした。おへそまわり-8.5cm、ヒップ-3cmとダウン。自宅へ帰るとバストもヒップもあがっていることに気がつきました。その後も朝晩のエクスサイズを少しづつ続けていますが、食事をすると足まですぐに温かくなってきました。ありがとうございました。

あっという間でした。内容が濃かったので、時間が短すぎる!と思いました。「気」について、食事のときも感謝するなど、当たり前だけど忘れていたこと、小さなことのようですが大切なことをたくさん学ばせていただきました。ステキなセミナーをありがとうございました。

自分で体を観察して、動かして、変化を感じることができ、とても有意義な内容でした。気を入れる、エネルギーを満たす、ということもOリングテストで具体的に分かり、面白かったです。これまでいろいろな健康法や食事を実践してきても、いまいち身につかず効果も現れなかったのは、自分の気の入れ方が足りなかったのかもと気づくことができました。ありがとうございました。

充実したワークショップでした。効果が目にみえて分かったのにはビックリ。一緒に参加した友人は平均-5cmで本人も驚いていました。姿勢がよくなって視界がクリアになりスッキリしました。

極度のO脚で、膝の間が6~7cm開いていたのですが、終了時には4~5cmになっていました。一番はっきり体感できたのは巻き肩で猫背だったのが、かなりスッキリして自然に胸がはれたことです。お腹のマッサージは毎朝少しずつでも続けていこうと思いました。ヨガなどの経験がなく、こわごわ参加しましたが、来て良かったです。ありがとうございました。



5月は3時間の講座を午前、午後と2回に分けて行いましたが、今度は、じっくりまる1日かけてのワークショップ。日曜日だったら参加できる、平日だったら参加できる、という2パターンの方のご都合にあうよう、今度は日曜、月曜日の連続開催です。

次回は、
5月の美人塾終了時に皆さんからの歓声があがった「お腹まわりスッキリ!コース」
美しいバックスタイル、歩き姿を極める「背中美人、姿勢美人コース」
の2コースです。

少人数で行うことで、真樹さんの視線、注意が皆さんお一人お一人に注がれていきます。朝スタートしたときとは、違った自分、違った雰囲気でお帰りいただけると思いますよ。


【主な内容】

10月14日(日) あと数センチ、すっきりシェイプアップ!
ダイエットやシェイプアップといった、女性が気になるお腹、太股、腰回りといった部分をスッキリとさせるような美容面に重点を置いたカラダづくり

ハワイ島カロコヒーリングセンターでお伝えしているダイエットシェイブプログラムの実例などをふまえて、エクササイズお伝えします。

効果は当日実感できます!
*顎のラインの歪み=当日にとれます。角張ったエラ、たるみ、張りのないぼやけた顔、目力がない=参加する前と後の差をぜひ比べてみて下さい。
*お腹回り=当日で下腹部は最低2センチ。今まで、この部分にズレや歪みがあった美人塾受講生全員がサイズダウンを経験しました。 自宅でキチンとエクスサイズを継続すれば、さらに効果を見込めます。一気に10センチ以上サイズダウンがあった受講生もいらっしゃいます。
*お尻回り=当日で最低2センチ。今まで、この部分にズレや歪みがあった美人塾受講生全員がサイズダ
ウンを経験。一気に10センチ以上サイズダウンがあった方もいらっしゃいます。 
*便秘、冷え解消の食事のアドバイスもいたします。


10月15日(月) 背中美人、姿勢美人をつくる
この日のテーマは美しい背中、立ち姿を極める、姿勢を支えるカラダづくり。姿勢を整える、姿勢がよいことがカラダや心にもたらすメリットなど、姿勢に焦点をあてます。
自分ではなかなか確認できない自分の立ち姿、歩く姿を見つめ直し、美しい姿勢を保つ秘訣を伝授します。

*O脚、X脚といった足に隙間のある方 姿勢や身体のライン、プロポーションに自信がない方、もう治せないとあきらめていた人=大丈夫です当日の効果を楽しみにして下さい。
*腰痛や肩こり、むくみへの対処法をアドバイス致します。
*歩き方、座る、立つ姿勢がいつも心地よさを感じない、重い、下を向いて歩く、目線がいつも伏し目がちな方
→骨盤や背骨の自己矯正を呼吸法とエクササイズ、インナーマッスル、各関節の可動域を広げ柔軟にすると・・・
今までの歩きや立ち姿がなんだったのかと思う程、身体の軽さ、気持ちよさを感じる自分をきっと発見できます。
普段はいているヒールや靴を当日お持ちください


日時、会場
★10月14日(日) 東京青山 10:00~16:30(開場9:30) (満席となりました)
★10月15日(月) 東京亀戸 10:00~16:30(開場9:30)

定員:各20名(男性も歓迎!)

参加費:1日のみ  18000円 
     2日間連続 34800円
    早割:9月22日(金)までにお振込完了の場合
         1日のみ  17500円
         2日間連続 34000円
★お申込から1週間以内のお振込をお願いします。
  事前振込先:三菱東京UFJ銀行 自由が丘駅前支店(普通)1529907 ユ)テンプルビユーテイフル
  *クレジットカード(ビザかマスター)での決済も可能(スタッフにご相談下さい)

申込みはこちらから


菅原真樹さんプロフィール
ハワイ島カロコヒーリングセンター代表。子供の頃より古武道を学び、1993年道場師範代として後進の指導にあたる。ハワイ移住後、フリーダイビングインストラクターとして日本女子フリーダイビングチャンピオンを育て、。2002年日本フリーダイビングナショナルチームの監督。現在、ハワイ島在住 詳しくはこちら

                鍛え上げられた真樹さんの背中
c0125114_14111162.jpg

                 昨年の美人塾(ハワイ島での様子)
c0125114_1411321.jpg

by hiroshimapop | 2012-09-05 14:39 | テンプル最新情報 | Comments(0)
ニコさんがソファーをトイレにしてしまうワケ
我が家のリビングスペース。風水コンサルタントのマークに「ここにソファー置くといいのに・・・」と言われつつ、かつて、パステルカラーのとっても可愛いダイニングチェアを買ったら、猫たちがすぐにジャギジャギにしてしまい、あっという間に、椅子なのか、猫の爪研ぎなのか分からない代物になってしまったこともあり、「せっかく買っても、猫たちの爪研ぎになると目も当てられないしなぁ・・・」と二の足を踏んでおりました。

が、秋のマークの来日が決まり、きっとまたマークは同じことを言うだろうなぁと、通販で、いい感じの、でも値段も手頃なソファーを見つけたこともあり、思い切って先月購入しました。

新品が毛だらけになるのも嫌だし、猫たちが早くソファーになれるよう、愛用の竹布の毛布を置いたりして対策はばっちりのハズだったのですが。。。。

ソファーが届いて数日後、なんとなんと、猫がソファーの上で盛大にオシッコを。

いったい何日オシッコ我慢してたの?と思うくらい、それはそれは大量で、ソファーの裏っかわまでしっかり地図が出来ていたほど。

もちろん竹布の毛布もオシッコでじっとり。
犯行現場を見たわけではないものの、犯人はおそらくニコさん。前科もありますから・・・。

それから数日間、ソファーだけではなくリビングの床の上、洗面所のマットの上と、何度かオシッコ、ウンチの落とし物が。

なんで、こんなところをトイレにしちゃうの~!と何度叫んだことか。

ソファーとソファーの廻りの壁には、毎日ミラクリーンを吹きかけ、同系色のバスタオルを置いて、直接ニコさんのオシッコの上に座らなくてもよいようしっかりカバー。以前、介護をされていたお客様から、ミラクリーンを使うようになったら、家に漂っていたオシッコ臭さが消えたとご感想が届いていましたが、たしかに、近くでクンクンしないと分からない程度にはなりました。が、やはり夏真っ盛りの8月は、部屋に漂う空気が気になります。

そんなニコさんのオシッコ騒動のさなか、例の魔人会を我が家で開催。

ちょうどいいタイミングだったので、参加されていた雪乃さんにタロットキネシを使って、ニコさんが何故、トイレ以外でオシッコをしてしまうのか、その理由を聞いてもらいました・・・。

タロットキネシは、まず、キネシオロジーを使って1枚のタロットのカードを選びます。出たカードは魔術師。人間関係では「年下の恋人」の意味もあり「やはり」の1枚。ニコさんは私が大好きですし、私もニコさんにうるうるの瞳で見つめられると、もう愛おしさ数百倍!


さて、魔術師のカードの精霊とコンタクトを取り始め、半分チャネリング状態になった雪乃さん。さっそくニコさんのトイレ問題を聞いてみました。

雪 「本人(ニコさん)は、トイレを失敗したと思っていないみたい。ワザとやったわけでもない」


以下、私たちの会話です。

光 「じゃ、なんで?トイレが狭いとか、暑いとかそんな理由?」
雪 「それでもない」
光 「トイレの砂が気に入らない」
雪 「それでもない」
光 「ゴハンが気にならなくて、反抗してる」
雪 「ニコさんはゴハンのこと、全く気にしてない。ゴハンで釣られる自分ではないと言っている」
光 「多少は気にしてほしい。けっこう高いプレミアムフードにしてるんだから。じゃぁ、私が海外に行くのが嫌?」
雪 「海外がキーかも。それがちょっと関係してるみたい。ニコさん、軸がずれると言っている」
光 「軸がずれるって?」
雪 「光田さん、海外に行くことが多いし、海外のことを考えることも多いでしょう。光田さん、家にいても海外のことを考えると、光田さんの意識とかエネルギーも海外までビヨーンと伸びてしまう。ニコさん、光田さんのこと守りたいと思ってるから、ニコさんも光田さんの意識と一緒になって海外までビヨーンと意識を伸ばしてるみたい。そうしてると、ニコさんの意識の中で、トイレの位置がずれちゃうみたい」
光 「ずれるったって、トイレはすぐ目の前よ、ちょっと歩けばトイレがあるのに」
雪 「だから、本人は、トイレじゃないところでオシッコをしたと思ってないみたいよ」

え~!

解決したようなしないようなの回答ですが、妙に納得。

実際、魔人会の翌朝、しばらく涼しい場所でひとりで寝ていたニコさん、私の腕枕、肩枕でゴロゴロふみふみしながら寝てましたから、なんか本人としては安心感があったんじゃないかと思います。

そして、その後のニコさん、ちゃんと猫用トイレで用を足してくれるようにもなり、あ~よかったと胸を撫で下ろしていたのですが・・・。

夏が終わりに近づいたここ最近、いろんな人に「次、海外どこに行くの?」と聞かれること数度。自分でも、次なる海外出張の準備を開始。そしたら、またやってくれてました。ニコさんの外トイレ。またソファーの上。

合計3回ですからね、もう、ソファーとして使うの諦めました。

海外に行かないとか、海外のことを考えないってことは私には無理なんで、ニコさんにはよーくよーく言い聞かせなければ。何があろうと、私はニコさんが大好きで、ニコさんのトイレはここよと。


          そうはいっても、ニコさんは私の騎士なんだな
c0125114_19332112.jpg

by hiroshimapop | 2012-09-03 17:18 | 今日のニコさん | Comments(0)
風水コンサルの実際(ビフォー&アフター)
キネシオロジストの齋藤慶太さんのブログに最近の慶太さんのオフィスの写真が掲載されてた。

すごい!私が知っている去年の慶太さんのオフィスとは、雰囲気が全然違う。まさしくいい風、いいエネルギーが入ってきてる感じ。

実は、1回目のコンサル(2011年2月)に伺ったときには、お店とセミナールームのほうに問題がありすぎて、そっちに時間を取られてしまい、このお部屋へのアドバイスは、本当に必要なところにしかされていません。それでもずいぶん1回目と2回目では変わっていました。

    去年の11月の慶太さんのオフィス(2回目のコンサルのとき)
c0125114_11431556.jpg

c0125114_11434079.jpg

         ↓  ↓
   今の慶太さんのオフィス
c0125114_11415790.jpg

c0125114_11422490.jpg



論より証拠。探したらありました~。
1回目のコンサルのときの慶太さんのオフィスの状態。机とマッサージテーブルのあたり、全然違います~。ずいぶん前だと思っていたら、2011年2月ですから、1年半前。こんな巨大で重量のある、しかもあんまり使わないものを財のエリアに置いていたんですね。それから慶太さんの人生の激変ぶりも知っているので感慨深い・・・・。
c0125114_11525436.jpg


・・・このオフィスの状態で、キネシオロジーのセッションをしていたなんて、考えたら怖い気もします。よくご無事でした・・・!と言いたいくらいであります。

でも、そこにいると、この状態が普通になっているので、気にならないし、気がつかないんですよね。自分の人生に滞りを起こしているそのおおもとが、よもや自分の部屋にあった、なんて誰も考えないですしね。

そして、キレイになって初めて人は気がつくわけです。それまで自分がどんな環境に自分の身を置き、どんなものを日々自分の視線に入れていたのか・・・。


慶太さん、マークの風水を受けて、自分自身の変化を実感されたこともあって、その後、キネシオロジーのセッションをやっていると、クライアントさんの問題の根源が「部屋」とでることが何度かあったそう。その問題の解決方法は、もちろん「風水に基づいて部屋を変える」です!

いやぁ、それにしても、2011.2月→2011年11月→現在と3枚並べると、その変化は一目瞭然。部屋を使っている人が変わったんじゃないかと思うくらい違います。


さて、次は今年5月にマークのコンサルを受けられたご夫妻のお部屋。お客様のご参考にしてくださいと写真を送って下さいました。部屋の位置を変えて、それまで物置に使っていた場所を寝室にされたのでしょうか。同じ部屋だったとはとても思えないステキな部屋になっています。
c0125114_12152632.jpg

c0125114_12154729.jpg


メールのコメントに

「熟睡できるようになりました。仕事もどんどんはいってきて いい調子です! 変更してからすぐに新しいクライアントが決まり、主人の仕事増えてきているし、私はすごい細かい条件を満たす仕事がきたら仕事するって宣言してたら、ほぼ100%に近い完璧な仕事がふってきちゃったんです」

とありました。実はお住まい全体にいろいろ問題があって、また気に入った家具が見つからなくて手つかずのところもあるそうなんですが、それでもこれだけの変化! 素晴らしいですね!


10月に予定しているマークの風水コンサル枠は、残りあと3つ(10月5日のみ)。
人生に新しい風、よい変化のエネルギーを起こしたいと思われている方は、お早めにお申込下さい。
詳細はこちら

1回のコンサルを受けるだけではなく、マークが持っている風水的なモノの見方や、なぜ自分はいつもこんな部屋を作ってしまうのか、部屋を通して自分の心の深い部分を学びたいと思われる方は、ぜひアドバンスクラスにいらして下さい。

2日間じっくり学んだあと、実際のコンサル現場で実地研修をします。マークはエネルギーを読み取れる人なので、3次元というより4次元レベルのコンサルを体験できますよ。

詳細はこちら
ただし、アドバンスクラスは、2日間の風水講座に参加された方のみお申込可能です。
by hiroshimapop | 2012-09-01 12:39 | マークの風水講座 | Comments(2)