毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

<   2012年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
「ほっこり」が気になる
ここ数年、急に目にするようになった形容詞「ほっこり」。

以前は「ほっこり」なぞという言葉はついぞ見なかったように思うのですが、この冬、気がついてみれば、どこもかしこも「ほっこり」だらけ。

たしかに言葉の響きと文字の形から、意味を調べずともほんわかしたあたたかい雰囲気を醸し出してます。

ただ、私にとってはこの「ほっこり」は新参者。この形容詞に遭遇するたび、瞬間、思考が止まり、あらためて、あたまの中で「ほっこり」を味わう感じ。

さて、いつになったら私の中に「ほっこり」がしみ通ってくるか・・・。


他にも、日本語として馴染みがあるものの、自分ではほとんど使わない単語や言葉使いなんていうのもあります。小説の中では見るけど、現実の会話の中では使わないとか・・・・


たとえば

その1:「~しなさい」

私は「~しなさい」という命令形の言葉は、これまでの人生の中で、おそらく5回くらいしか使ってないと思う。子供の頃、母親から「いい加減に起きなさい!」は山のように言われたので、「起きなさい」はおなじみ。でも、その母親ですら「~しなさい」は使わなかったので、私のボキャブラリーにはこの「しなさい」はほぼ無い。

「やりさない」「持っていきなさい」「書きなさい」・・・なんでもいいけど、この「しなさい」は、私にとっては長く小説の中だけの言葉だったんですが・・・。

いるんですね~。「しなさい」を日常的に使う人も。実は、テンプルの中にこの「~しなさい」が口癖の人がいるんで、最初、聞いたときには感動すら憶えてしまいました。「あ~、生・しなさいだ~」

結局、現時点では彼女しか「しなさい」を使っている人を知らないので、「~しなさい」は、半分、活字体の言葉なのかも。



その2:人のことを「君(きみ)」と呼ぶこと。

大学時代、同級生の女の子で1人いました。「君はさ~」とか「君はどこ住んでるの?」と人のことを君で呼ぶ人が・・・。写真部のちょっと変わった女の子でしたが、彼女、いまもまだ「君はさ~」なんて言っているのでしょうか。


その3:「~のことよ」「そうですわ」「してくれたまえ」
古い小説や映画では、よくこんな会話が出てきます。昭和のニオイのする言葉。

当時、庶民はこんな言葉遣いで喋ってないと思うんですが、実際、使っていた人はいたんでしょうか。部下に「君、**をしておいてくれたまえ」なんていう上司、いたら会ってみたい。
by hiroshimapop | 2012-01-30 23:23 | 日記 | Comments(3)
坂内慶子先生の初夢講座
夢講座の先生、坂内慶子先生から、初夢会のご案内がきました。

昨日は旧暦の新年、新月、そして、1月23日で「ひふみ」の日でしたね。さらに東京、横浜も雪で真っ白。何もかもが「リ・スタート」を感じさせる日でした。

そして新月後(夕べか今夜)の夢は、初夢なんだそうで、その夢を持ち寄った初夢会が2月に開催されます。

夢は厳しいけれど、自分の魂からのダイレクトメッセージ。直球じゃなくて変化球の夢が多いので、わけわからんことが多いのですが、夢解きしないのは、もったいない。

ご興味がある方はぜひ下記にお問い合せ下さい。
1月23日、
水瓶座で今年はじめての新月が起こります。
夢は月の運行ととても仲良しで、
この新月後にやってくる夢は、
今年の初夢の可能性があります。

また今年はこの23日が陰暦のお正月に当たり、
ある意味、本当の2012年の始まりでもあります。

去年は心の内側に向かわざるを得ない年でしたが、
新年はじめての新月を迎えて、
新たに自分の方向性を決めて行くときを迎えています。

その決断と実行の時を迎えて、
本当のところを初夢から知り、
仲間のサポートを受けながら、
今年の課題に優先順位を付けようと、
初夢会を設けました。

アートセラピストの吉田至叶人様ご夫妻とのコラボレーションです。
ご一緒に元気なときを過ごしましょう。


タイトル:「2012年初夢会 in オフィス銀の鈴」

日時:2月11日13時から17時
場所:オフィス銀の鈴 
東京都港区西新橋3-8-1第二鈴丸ビル1F
   連絡先:090-8554-4411  juuriann@nifty.com 
        090-3812-7908 
        bannai-info@dream-bannnai.com 

(どなたでも参加できますが、精神科の投薬治療を受けている方には不向きです。)

by hiroshimapop | 2012-01-24 13:54 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)
ネコ模様の傘をみて思う・・・
横浜は冷たい雨。今夜のうちに雪に変わるらしい。
明日は長靴で出勤かな。

長靴といえば、昨年買ったゴム長靴はネコの模様が入ってる。おそろいでネコ模様の傘も買った。

今年から出来るだけスカートを履こうと、昨年末に買い込んだ7号のスカートは、予想通りウエストが大きく、両手が腕まですっぽり入ってしまうので、ついジャンパースカートのほうを着てしまう。

チェックのジャンパースカートを着て、ネコ模様の傘と長靴を履いていると、ふと我にかえる。

「私は何歳だ」

母が35才のとき、母はすでにオバサンだった。母だけではなく、昔のお母さん方はみんな若いときからオバサンだった。オバサンにみえるヘアスタイルだったし、オバサンにみえる服だった。

母が今の私と同じ年齢のときには、チェックのジャンパースカートを着て、ネコ模様のゴム長靴を履いて、ネコ模様の傘なんて絶対に絶対にささなかったと思う。35才のときにも絶対に選ばなかった。


でも、その娘は今年で50才を迎えようとしているのに、自分のことを女子といい、ネコ模様の長靴をはき、ネコ模様の傘をさして会社に行っている。ついでにバッグもネコ柄だ・・・。

人間が幼くなってしまったのか、何を着ても何も言われなくなったいい時代が来たのか。

母も本当は可愛い模様の服を着たかったけど、そう出来なかったのか、ハナからそんな好みはなかったのか、もう母に当時の思いを聞くすべはないけど、でもまぁ、当時の母と今の私を比較すると、中身が幼いのは100%当たってる。好き勝手生きてるし。

私が50才のときの母を、精神的に追い越せるのは、はて、何歳のことやら。
by hiroshimapop | 2012-01-23 22:18 | 日記 | Comments(0)
森井先生のホメオパシーの本
一昨日の夜は、日本のホメオパシー界の重鎮3名との飲み会でした。

普段は、終電に間に合うよう、宴が盛り上がっているなか一人帰途についていましたが、一昨日は最初からお泊まり前提。近所にホテルをとっての参加。気合いが違います・・・。

なぜなら、お集まり下さったのは、
遠く大阪から皮膚科医でもあるクラシカルホメオパシーの渡辺奈津先生
西洋医学の医師でありながら、赤坂でホメオパシークリニックをされている渡辺順二先生
そして今回の飲み会の超目玉! 普段はお仕事とホメオパシーの研究のため、飲み会や娯楽の時間といったものはほとんどお持ちにならないというほどストイックな生活を続けていらっしゃる、獣医でホメオパシードクターの森井啓二先生

聞けば、著書や知り合いを通じてお互いの存在は、十分に知ってはいたものの、実際に会うのは今回が初めて。3人ともが初対面同士でした。この3名の初顔合わせの様子を写真に撮っておかなかったのが、今になってみれば悔やまれます。とくに奈津先生は美しい着物姿でご参加下さっていましたので・・・。

ホメ系以外では、フリーライターの真理子さん、数秘術のここぷりこさん、順二先生のお知り合いのスピ系編集者の方、そして私というメンツが参加。とはいえ、もはや、参加していたというより、3人の素晴らしいお話に、ひたすら「へ~」とか「え~」とか、驚きの声をあげる係になっていた、という感じです。特に私は・・・。


あとで、ここぷりこさんから「最近また宇宙人アミを読み返しましたが、愛の度数が高い人とは皆様のような方々なのだわとあらためて感じました」とメールが来ていましたが、そうそう、このお三人のドクターを表現するなら、まさに「愛の度数の高い」方々。

そばにいるだけで自然と癒されてしまいます・・・・。


午後7時半からスタートして解散したのが夜中の1時半頃。実に6時間、同じ居酒屋に陣取っての飲み会だったので、その時間に交わされたお話については全くもって再現不能ですが、1つだけ森井先生がお書きになった「君が代」についてのお話について・・・。


実は、わたし、森井先生が書かれた「臨床家のためのホメオパシーノート」。あまりの分厚さと、ホメオパシーを実際に臨床に使われている方ではないと関係ない部分が多々あったため、パラパラと斜め読みしたあと、本棚に入れたままにしておりました。

が、飲み会のとき、この本のあとがきに書かれている「君が代」が話題になりました。

ホメオパシーが話題になっていたと思ったら、突如として飛び出した「君が代」の話題・・・。しかも森井先生のご著書のあとがきが「君が代」だということ。

「ホメオパシーのあとがきが『君が代?』」と、その意外性に素っ頓狂な声を上げてしまった私でありましたが(あとがき、読んでなかったので)、本棚から引っ張りだした森井先生のご著書のあとがきにはこうありました。

今回ここで「君が代」を例に出したのは2つの理由があります。
1つは本書でも繰り返し述べているように、古代の優れた知恵の封印を解き明かし、科学と融合することによって医学をはじめとするすべての分野を進歩させる絶好の機会であることを知っていただくこと。もう1つは、ホメオパシーの医療を行う際に、言葉をはじめ、すべての万物万象はエネルギーの表現形であり、波動で成り立っているという意識を常に念頭においていただきたいからです。(後略)

そう、あの短い君が代のうたなかに、古代の優れた知恵が封印されている、らしいのです(興味がある方は、ぜひ、森井先生の本をお読み下さい・・・)


2月4日に海王星が魚座に入ることは、以前のメルマガでもご紹介しました。

海王星は見えないもの、神秘的なものを司る惑星。それが本拠地魚座に還ってきますから、これからの15年間の間に、これまで秘されていたものが表に出るのでは?とよく言われています(余談ですが、海王星、魚座は文字通り、水、海に関係してくるので、海難事故、津波は要注意です)。

たとえば、これまで封印されたり名前が変えられてきた日本の古代の神々、縄文の神々が表に出てくるのでは・・・とか(特に、古事記にも全く登場してこない瀬織津姫は水に関係する女神。なので、これからの15年の間に瀬織津姫について、もっと分かってくるのではと秘かに私は楽しみにしています)、人々が自分のサイキック能力を目覚めさせる時代になるのでは・・とか。


先週、たまたま友人から「エジプトのスフィンクスの下には、アトランティスの叡智が納められているとケイシーが言っているんですよね、あれについて教えて」とメールが来てました。

私はこんな返事を書いていました。

ケイシーによればスフィンクスの右足の下に秘密の通路があり、そこにアトランティスの叡智が納められている部屋があるとのことです。ただし、その入り口は霊的に封じられているため、人間が霊的に進化し、ある条件がそろわないと開かないと言われています。

私の記憶が正しければ・・・ですが、その鍵の開け方を思い出した3名(だったかな?)がそろったとき、その入り口は開くということだったような・・・。


これって、まさに、森井先生がお書きになったような「古代の優れた知恵の封印」ではないですか!

OH! この封印が解かれたら、世界の霊的世界観は一瞬に変わるんじゃないでしょうかね。意図的にまた隠されない限り。


さらにさらに・・・

テンプルでは、2月25日(土)、26日(日)で、ケイシーが残した「ヨハネの黙示録に秘された意味」について紐解き、黙示録の全章を読み解いていくという「黙示録講座」を開催しますが、ヨハネの黙示録は、文章そのものが意味不明な分、秘されたメッセージの存在がプンプン匂う「古代の優れた知恵の封印」てんこ盛り。

黙示録があれほど意味不明なのは「真に必要とする人、真にわかりたい人の為に、あえて、すぐには分からないように書いてある」。それが人々に解かれる時代が来たのか・・・。

ほぉーと、一人感心してしまっておりました・・・


時代はもうすぐ海王星-魚座時代に。

君が代にしても、黙示録にしても、分からないように隠されてきたメッセージが次々と解かれてくるんじゃないでしょうかね。

もちろん、マスコミやテレビで大々的に公表される、ということではなく、求める人、理解できた人の絶対数が増えることで、「100匹目の猿」現象のように、ある日を境に、その秘されたメッセージが人々の潜在意識のレベルに浸透したり、それについての理解度が急激に上がる、という静かな広がり方じゃないかと私は思っているんですが。。。。


森井先生の「君が代」から、話しはすっかり飛んでしまいましたが、「臨床家のためのホメオパシーノート」は、ホメオパシードクターの方には必読書ですが、ホメオパシードクターではなくとも、エネルギー医療のガイドブックとして面白いと思います。ケイシーのリーディングも、あちらコチラに登場します。
by hiroshimapop | 2012-01-20 17:56 | おススメBOOKS | Comments(2)
手抜き家事の秘訣
いまの自宅に引っ越して、約半年。

この半年、しみじみ感じることが1つ。

部屋が広くなっても、モノがなければ片付けいらず。タンスや棚の上にモノがなければ、拭き掃除も簡単。何かをどけたり、移動させる必要もない。ちょっとした「ついで」で完了です。床も四角い部屋を四角く掃除機をかければいいので、あっという間。手抜き家事の一番の秘訣は「モノを置かない」「モノがないこと」ですねぇ・・・。

唯一毎日掃除が必要なのは、ネコたちのトイレとゴハン廻り。

トイレ砂を蹴散らすのが大好きな福ちゃんと、カリカリゴハンを食器からわざわざ手ですくって床にばらまくのが大好きなニコさんのおかげで、この2カ所は「必ず」ですが、あとはルンバ君まかせ。(ルンバ君、どういうワケか、ネコのトイレ廻りのお掃除が嫌い。トイレの前にくると、急に直角に曲がったり、急回転したり・・・。キレイなところを掃除するほうが好きみたい。なので、ネコのトイレ廻りは小さな箒で掃き掃除です・・・)


断捨離が進むと、新しくモノを買うのもじっくり考えてから・・・に。

私は旅行中の衝動買いが意外に多くて、「もうここには来ない」と思うと、つい勢いで買ってしまってましたが、いまは「同類のものを持っていれば、それが無くなるまで買わない」をルールにしたので、少しずつ家の中からモノが少なくなっているのを実感。それが嬉しくて、ますますモノを買わないように。

モノを買わないほうが幸せ、というのも、なんだか変な感じですが、自分が本当に気に入ったり、大好きだ感じたものだけを購入する、それ以外は置かないということを徹底していけば、家の中はどんどんシンプルに。

残念ながら、私の場合、唯一、本と小さいサイズの洋服だけは、まだ衝動買いをしてしまってますが、衣類は買ったら、その分、もうほとんど着てない洋服は処分。本も1ヶ月の購入予算を決めて「それ以上は来月」と購入までに猶予期間を入れるようにして、こちらも衝動買いが少しずつ減少・・・。

目指したいのは、伊勢神宮の神楽殿の清々しさ。


削ぎ落とす感じが心地よい今日この頃です・・・。
by hiroshimapop | 2012-01-17 15:15 | 日記 | Comments(0)
第1回 運気上昇! 開運女子会in 湯島食堂

都内屈指の開運スポットで開運フードを楽しみながら開運メッセージを聴く、究極の開運女子会開催!

2012年の運気を強力にアップ!


節分もあけ、本格的に辰年がスタートする2月12日(日)、2012年を占う開運女子会を開催することにしました。会場は秘かに「運気上昇スポット」と言われる湯島食堂

昼は開運デザート、夜は運気上昇ディナーを食べてエネルギーチャージをしながら、辰年のあなたの1年を占っていきましょう。激動の年だと言われる2012年。そんな2012年であろうとも、毎日をパワフルで自分らしく生きたい女性のための開運女子会です。


●植物性オンリー、身体と心にやさしい開運デザートを食べながら、タロットで今年のあなた(もしくはあなたの悩み)を占う昼のコース

●運気上昇ベジタリアンディナーを食べながら、あなたの「1年のテーマ」や「対処すべき問題」など、未来を切り拓くためのヒントを探っていく夜のコース

以上2つのコースからお選び下さい。



昼・夜共通 3つの開運キーワード

●湯島食堂がある一角は、かつて岩崎弥太郎(三菱財閥創業者)の別宅があった場所。そこは、住まう人、訪れる人に幸運をもたらすという都内屈指の開運スポット。

●湯島食堂は龍神様のハブ空港・・・見えない世界が見えてしまう方々によると、湯島食堂がある土地は龍神様の通り道、というより、もはやハブ空港。ときどき風もないのに木々が揺れるとか。辰年の今年は龍神様の年。龍神様のエネルギーを細胞いっぱいに吸収してお帰り下さい。

●昼は植物性オンリーの開運デザート、夜はヒーリング料理人、本道佳子さんの運気上昇ディナーで細胞の中から運気上昇



2012年2月12日(日)


【昼のコース 開運デザートと開運タロット】  
参加費:5000円

時間:午後2時10分~4時30分(受付 午後1時50分~)
    植物性オンリーの開運デザート、飲み物(コーヒー、紅茶、ハーブティ)つき

定員:12名(お一人でのご参加、歓迎です! 残り2席

昼のコースの目玉 
●湯島食堂イケメンシェフ、大樹君お手製の開運デザート(全て植物性)とお茶をお楽しみ下さい。
●1人約15分の個人タロットリーディング。キネシオロジーを使って、タロットからのメッセージを明確化していきます。
●20種類以上のオラクルカードの中から、2012年のあなたへ送るメッセージカード1枚をキネシオロジーでピックアップ



【夜のコース 
運気上昇ディナーとブレークスルーのための気づきのメッセージ】  
 

参加費:8500円

時間:午後6時~8時30分(受付 午後5時45分~)
    運気上昇ベジタリアン・ビュッフェディナー、開運デザート、お茶つき

定員:16名(お一人でのご参加、歓迎です! おかげさまで、満席になりました。お昼のコースのみ受付ます。


運気上昇ディナーコースの目玉
● 本道佳子さんの運気上昇ベジタリアンディナー、大機君お手製の植物性デザートで身体の中から運気上昇
● キネシオロジーを使い、お一人お一人の「今年のテーマ」を探っていきます。
● 20種類以上のオラクルカードの中から「その実現をはばむ壁=自分にブレークスルーを起こすためのヒント」を、キネシオロジーでピックアップ。単にカードの文章だけではなく、その文章のどの言葉、どの表現がキーワードになるか、まで具体化していきます。
● 最後に、その「超えるべき壁」を思い浮かべながら音叉ヒーリング。音の波動で心と身体と魂をクレンジングしていきます。


オプション
★キネシオロジーを使ったタロットリーディング 1人15分 別途1500円
  時間に余裕があれば、若干名のみ受付可能です。当日受付させていただきます。


アクセス千代田線湯島駅 3番、5番出口から徒歩3分
 ※道が分からなくなったら「湯島天神」を探して下さい。湯島天神の鳥居のすぐ近くです。湯島天神アクセス


占い人
齋藤雪乃:キネシオロジーを組み合わせたカモワンタロットであなたの悩みの源を探るタロットリーダー。
キネシオロジスト、・インテグレイティッド・ヒーリング・インストラクター、ホメオパス、アロマセラピスト、ブルースモーエン死後探索公認トレーナー、ヒプノセラピスト、オーラソーマプラクティショナーetc…と様々な資格を持つマルチセラピスト

高橋とも子:横浜のキネシードライトでキネシオロジーを学んだキネシオロジスト。インテグレイティッド・ヒーリングプラクティショナー、ナインバードカードカードセラピー・ティーチャーなど様々な手法を使って、潜在意識からのメッセージを引き出すサポートをしている。西洋占星術やキネシオロジーを使ったマルセイユタロットリーディングも得意。


料理人
本道佳子さん:ヒーリング料理人、ハリウッドの映画制作現場、来日アー ティスト、アイリッシュダンス、トリニティーの専属ツアーシェフ、野口法蔵氏のテンゾ料理人など他、国境なき料理団:湯島食堂にて運気上昇ディナーシェフ として活躍中。

深澤大輝:ユグドラシル(北欧神話に登場する架空の木)から命名した、ユグドラボ 食品研究所所長。ならびに湯島食堂ペィストリーシェフ


企画・申込み
開運女子会   担当:光田(みつだ)菜央子、河野真理子

  ※ご注意:今回は、テンプルの主催ではありません。個人的な活動です。 
    ご連絡は必ず、メールにてお願いします。


お申込方法
メールで、お申込内容(昼か夜か)、お名前、日中連絡のつく電話番号をご記載のうえお申し込み下さい。 参加費は、お手数ですが、事前振込をお願いします(振込先はあとでご連絡)。

メール:voice(あっと)caycegoods.com 
    (件名は必ず、「2月12日、開運女子会申込み」と書いて下さい) 

参加費は、大変申し訳ありませんが、事前のお振り込みでお願いします。お振込先は別途お知らせします。


キャンセルポリシー
定員数の少ないイベントのため、お申込後、参加のご都合がつかなくなった方は、出来るだけ、代わりに参加できるお友達(女性)を見つけて下さい。代理参加が見つからなかった方は、至急お知らせ下さい。ただし、料理の準備の関係で2月9日(木)正午以降のキャンセルは、参加費の半額がキャンセル料となります。


c0125114_18311969.jpg

by hiroshimapop | 2012-01-16 17:54 | セミナー・舞台情報 | Comments(2)
安芸高田神楽公演
子どもの頃、夏祭りでいつも見ていた故郷の郷土芸能、神楽の東京公演があるということで、今日、新宿文化センターに叔父やイトコたちと見に行ってきました。

数日前、広島の友人から「チケット完売みたいだけど手に入った?」とメールが入ってましたが、実際行ってみると、大ホールはほぼ満席。なんでこんなにたくさんの人が来てるの?と驚いたくらい。

私が記憶している神楽は、公民館や集会所に時々近所のオジサンやおじいさんたちが集まって練習をして、ようやく夏祭りや初詣の神社などで年に数回演じられていたような、本当にささやかな田舎の郷土芸能だったので、よもや、あのいなか神楽が新宿のホールで公演をすることになるとは・・・。しかも早々にチケット完売!

当時は、演じていた方々も、野良仕事や大工仕事とお酒で赤黒く陽に焼けてる、いかにも「いなかのオヤジさんたち」ばかりだったのに、今日、ステージに立っていた人たちをみると、みな若い!色白!

後継者の心配は全く無し・・・どころか、後から後から若い後継者が顕れて、オヤジになったら引退させられてしまうんじゃないかと心配になってしまったくらい。あのオヤジ世代の舞手はもういないのでしょうか?

広島の友人が、人気のある神楽の舞手には「追っかけ」もいると言ってましたが、それもうなづけます。氷川きよしさんを追っかけるより身近で安上がりですもんね。

でも、いつからこんなに神楽の人気が出るようになったんでしょう。ずっと広島を離れているので、私が知っている頃とのギャップが大きすぎて、いまいち現実味がありません・・・。


今日演じられた演目は2つ。どちらも勧善懲悪。人々を困らせる悪い鬼を主人公が退治するという分かりやすいストーリー。衣装も色鮮やかで豪華。動きも早く、衣装や面の早変わりもあって見どころたっぷり。初めてみた叔母たちは感動していました。

広島の県北には、毎週末、神楽が演じられている神楽ドームがあります。こんなど田舎に3000人も収容できる巨大なステージを作って、人、入るの?と思ってましたが、侮れませんね・・・、この神楽熱。

演じている方は、昼間はフツーにお仕事をされている方々ばかり。いくつステージに立とうとノーギャラ。週3回、仕事のあとに練習をして、毎週末、どこかで神楽を舞われているそう。本人が神楽が好きで、ご家族の支援がないと、到底、続けられませんね。


神楽は基本的には神様への奉納の舞。私は神楽でヤマタノオロチや岩戸開きのストーリーを知ったクチ。日本各地にある神楽がもっと盛んになって、神楽で日本の神話を知ったり、舞いたいと思う子ども達が増えてきたら、日本の神様も、もっと喜ぶと思うなぁ・・・。

c0125114_2158352.jpg
c0125114_21581525.jpg
c0125114_21583285.jpg

by hiroshimapop | 2012-01-15 22:27 | 日記 | Comments(0)
人生の次元をあげる「理想を設定」セミナー
先週のメルマガでお知らせしましたが、2月4日、つまり節分の翌日、占星術学的に大きな出来事が地球と天体との関係性の中で起こります。

海王星が発見された後、初めて海王星が自らの拠点、魚座に戻ってきます。
前回同じことが起こったのは約165年前。日本では幕末。江戸時代末期にあたります。

165年前は人も物も情報も、今よりもっとゆっくり流れていましたので、少し長いスパンで見きますが、ペリーが来航し、吉田松陰が松下村塾をつくり桜田門外の変が起こったのが海王星-魚座時代の出来事でした。


私は海王星-魚座が江戸時代終末に当たるということを知り、個人的にはものすごく腑に落ちました。

特に吉田松陰の松下村塾---後に明治という時代を作り上げることになった理想高き志士たちが育成された---がこの時期に作られていたというのは非常に納得できました。おそらく彼らは、これからどういった国づくりをするか、どういう日本を作りたいのか、その理想-ケイシーの言う「霊的理想」「精神的理想」「物質的理想」となるものをこの時期、しっかと築きあげたのではないでしょうか?

さらに、海王星は見えないもの、神秘的な力、霊的なことを司る惑星ですから、日本の政治の主権が、武士から天皇(※天皇は神道の最高の祭司)に変わった、つまり、国の中心、柱が武力から霊力に変わったその基盤がこの海王星-魚座時代にできた、というのは、海王星-魚座時代を読み解く1つのキーワードになるように思います。

江戸が明治になった、チョンマゲ頭が断髪になった、着物が洋装になった。これ以上の劇的な世界の変化を一体誰が想像できたでしょうか?

さすが海王星-魚座時代!


海王星についてのケイシーリーディング

「この人は霊的洞察力をこの世界で開発できる人であり、この人と接することによって、他の人も益を得るだろう。(中略) この人の最大の長所は、霊的な力についてほとんど理解していない地球の住人に
とって神秘と思われることに向けて、他の人々を育成できることである」2553-8

「海王星の中に、対人関係において特に環境との関係で常に神秘の作用が見られる」 99-6

「海王星の中に、神秘な方法で秩序だった生き方をしようとするその人の性格がみられる」255-5

魚座についてのケイシーリーディング
「この人は魚座生まれのため、水や宗教、霊的な事柄がその経験の中で本人の対応如何によっては言葉に表し得ないほど重要なものとなっている。(中略)魚座は高度な魂、あるいは霊的な意味を担う影響力をもともと表示している」816-3

「魚座に示されているその生まれの時期が、宗教的考え方をその人に与えている」2339-1

「魚座の影響力は神秘家を育て、指導者を育て、愛と美を育て、人を導く能力を育てる。自我が克服されていれば」1346-1


2月4日からスタートする海王星-魚座時代から始まる新しい15年間。

何が起こってくるかは全くの未知数。が、江戸が明治に変わったと以上の変換を私たちが経験する可能性は高いのではないでしょうか。

ペリー来航もこの海王星-魚座時代の出来事ですから、私は、当時、日本が世界に対して鎖国を解いたように、今度は地球と宇宙との関係性において、宇宙との鎖国状態が解かれるのでは・・・と秘かに思っているんですが、これは考えすぎですかね?


3.11で十分に大きな変化のスタートをすでに切っている私たちではあるのですが、さらなる時代の変化が予想される海王星-魚座時代の幕開けの日。

テンプルでは、ケイシーがこれこそは生きていく指針である、これが人生全ての中心になると述べた「理想の設定」についてのセミナーを開催します。

山口の萩という小さな町で作られた小さな松下村塾の門下生が、明治という時代を作り上げる志士となれたのも、志-高い理想があったからこそ。

理想を持つことは全ての基本、生きる羅針盤となってきます。

ケイシーは人は、霊的理想、精神的理想、物質的理想を持つべきである、持たなければならないと述べています。

理想を持つことで、水に流される木の葉のように、ただ単に人生を流されたり、目前に現れた大きな岩、滝や濁流に翻弄されることがなくなります。

自分の中に中心の軸が定まり、朝目が覚めたときから寝るまで、会社に行く通勤途中であろうと、トイレで座っている時間であろうと、人と一緒のときであろうと一人の時であろうと、すべての人生の場面にその理想が反映されていきます。

突発的な出来事、思いもかけない出来事が起こったとしても、自分の行動規範はすでに内側にあるわけですから、すぐに判断し、それに則って自ら行動開始できます。

これはビジネス書や自己啓発書に書かれているような「人生で得たいもの」でも「人生の目標」でもありません。もっと奥深く、魂の領域をも網羅していきます。

これまでも理想を持つことはとても大切でした。
が、これからの海王星-魚座の時代、霊的理想をしっかり持っておくことがますます重要になってきます。

さらに、霊的理想を持つ人がこれからどれくらい増えてくるか・・・。それも未来の日本にとって重要になってくるように思います。

これからの時代を生きていくための「自分の基盤」を作る大切な3時間。皆様のご参加を心よりお待ちしております。


【人生の次元が変わる「ケイシー流理想の設定」セミナー】 

日 時:2012年2月4日(土)
   ●13:30~16:30(開場13:10)

講 師:光田秀氏
    日本エドガー・ケイシーセンター会長

会 場:フォーラムエイト 渋谷駅徒歩5分 
定 員:80名(1月12日現在 58名のお申込 残り22名)
参加費:4200円  ペア(2名一緒)参加8000円
    クレジットカードの使用も可
 
お申込はこちらから


★セミナーにご参加になれない方は、是非このDVDをご参照下さい。
DVD「揺るがない自分をつくる」91分 4200円


★理想についてのケイシーリーディング★

「まずはじめに――肉体を助けるためでもあり、また自分をよく理解するためにも――自分の理想設定から始める。それを紙と鉛筆で書いてみる。

(中略)

あなたは、自分がなりたいと思う理想からどれくらい隔たっているだろうか。他の人からそう思われたいという理想像からどれくらい隔たっているだろうか。どれだけ引き離されているだろうか?

これは、霊性から始めなければならない。汝の霊的理想は何であるか?

(中略)

あなたの精神的な理想は何であるか? 物質世界では心が作り手である。このことを覚えよ。あなたの理想と、廻りの人たちと交わす会話とは一貫しているか? それらは一貫すべきである。

これらが自己を見出す出発点である。そして自己を見出すことによって、地上における活動に、物質的な満足と精神的な満足の両方を達成していくのである」2524-5


「何があなたの霊的理想、精神的理想、物質的理想であるのか、それを書きなさい。物質的な理想とはどのようなものであろうか? 物質的理想とは理想的な状況のことではなく、霊的理想と精神的理想とを現実世界に実現させるものである。

このようにして、それぞれの人は自分を分析する。

そうしたなら、あなたが獲得してきた知識を実用する。そうすることで、あなたはアイデアと理想を得ることになる」5091-3

by hiroshimapop | 2012-01-13 13:42 | テンプル最新情報 | Comments(0)
4月のアフリカ・ケニアツアー参加者、再募集です!
静岡の小林正樹さんから「4月のケニアツアー、キャンセルが数名でたので、新たに参加者を募集をします」と連絡が来ました。ツアー参加の年代って、多くが、ご家族の諸事情をもろもろお持ちの方が多いので、旅行の日程が近づいてくると、やはりキャンセルが出てしまうんですよね・・・。


小林ツアーのケニアは、いいと思いますよ~。

私は行ったことはないですが、世界中を旅している小林正樹さんに「世界のどこにもう1回行きたいですか?」と聞いたら「ケニア!」と即答していました。アフリカの地は格別だと。

人類発祥の地アフリカ大陸で地球の息吹、野生動物の命を肌で感じる10日間。しかも今回は、アフリカのサバンナの風を感じながら光田兄からケイシーが残した宇宙創生の話しとか人類発祥の話しを聞くという贅沢さ。

日が昇り、そして日が沈む・・・・。地球が生まれたときから繰り返されるその地球の営みの中に自分を置くってどんな感じなのでしょう? ちょっと想像できないです・・・・。

見上げた夜空全部が天の川のように感じられるほどたくさんの星がきらめく満天の夜空。360度見渡せる草原に広がる巨大な虹、遠くで聞こえる野生動物の声・・・


私たちがこの地球に生まれてきたのは、たくさんの感動をするため。アフリカには魂の力を呼び覚ます感動がたくさんあります!

【小説「アフリカの王」上巻より】

12ページ
・・・岩場の周囲の草むらからさえずりが聞こえ、鳥たちが次から次へと飛び立ちはじめた。銀色の波がざわめくマラ河が蛇行しながら水蒸気をあげている。青い闇であった草原に朝霧が立ちこめて薄緑に萌えている。あちこちから動き始めた動物の群れが蹴り上げる砂塵が、無数の煙となって何百、何千と舞立ちはじめている。その煙の中にかすかに象のかたちが見てとれる。

彼らはゆっくりとマラ河の岸辺をめざして歩きはじめている。何千頭という数のヌーの大群は、霧の中では飛翔する群れのように奇妙な角錐状に移動をはじめている。大地が揺れていた。
 十三(※主人公の名)は身体の中にあらたな力を与えられた感覚がした。何が、誰が、その力を注いだのかわからないが、時間にしてほんの数分の夜明けの光景が、十三の体内に眠っていた何物かを呼び起こした気がする。身体が誇張している。十三は大きく息を吐き出した。心臓の鼓動が身体中に響いていた。

46ページ
  その夜明け方、十三は何かの気配を感じて目覚めた。寝袋から脱け、テントから出て、丘の突端の大岩にたたずんでいた。そこでアフリカの夜明けを目にした。それは十三が生まれて初めて目にした原始の地球の朝の光景だった。身体の芯のようなところから、十三を突き上げる奇妙な感覚を経験した。―――この感覚はなんだ? 十三は震えながら呟いた。

49ページ
「黒田さん、僕、アフリカに来て奇妙なことに気づいたですよ。最初のうちは見るもの肌に感じるもの皆物珍しくて、ここはやっぱり別の世界なんだと思うだけだったんですが、昨日の朝、撮影地のあの丘の上で夜明けを見たんです。(中略) なんと言ったらいいのか、上手く言えないんですが、僕自身の根っこみたいなところが、ひどく安定してくるっていうか、妙に落ち着いているんですよね。ひょっとして僕は何千年も前にここに座っていたんじゃないかって気がして・・・」

310ページ
 やがて雨雲が去ると、今しがたまでの雨がうそのように丘の一帯に太陽の光が降り注いだ。草や葉は銀色にかがやき、岩肌は黄銅色にきらめいていた。風が丘の下から吹き上げてきた。小鳥たちが飛びはじめ、蝶が舞った。マラ河からカバのなきごえが届く。
 そのとき、目前にプリズムが揺れた。赤と青と黄金色の光彩はたちまち光の帯となてマサイマラの草原を弧を描きながら渡って行った。
「虹や」  (中略)
十三が今まで見たこともないほど大きくて美しい虹だった。虹はマサイマラのすべてを抱擁するように青い天空に弧を描き、光の粒を草原に降りまいていた。これほど大きな虹がかかることが十三には信じられなかった。


2012年4月6日(金)~4月16日(月)
料金:385000円(全食事つき)
    (1人部屋希望の方は要相談。追加9万円)
  旅行保険、手荷物超過料金、空港税、燃料サーチャージ料は含まれません。
  2/5以降のキャンセルにはキャンセル料がかかります

申込みは、静岡の生命のシンフォニーさんまで
        (メール symphony@mbe.nifty.com)
       電話:0538-42-9051
by hiroshimapop | 2012-01-11 16:44 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)
魂を揺さぶる「ケイシー流・黙示録講座」開催!
2012年のスタートに、第3回目となるヨハネの黙示録をケイシーリーディングをもとに読み解いていく「ケイシー流・黙示録講座」を開催します。

日 時:2012年2月25日(土)10:30~17:00(開場10:00)
          2月26日(日)10:30~16:30(開場10:00) 

実はこの講座、1回目はトータル5時間の講座でした。が、時間が全く足りず黙示録12章あたりで時間切れ。参加者の方々から、ぜひ2回目をというお声にお応えして、すぐに第2回目を開催。旧約聖書の創世記も含めつつ、トータル9時間の講座、2日間にわたり、じっくり聖書に浸るハズでしたが、それでも時間が足りない・・・。

ということで、今回は、2日間、朝から夕方まで合計10時間半(ランチ休憩はのぞく)の講座です。講師である光田秀兄にとっても長丁場の講座ですが、参加者もひたすら小さな椅子に座り、話しを聞き続けるという講座になります。

が、どんなに肉体は辛くても、こんなにも心躍る、高揚感感じる霊的な講座はそうもないんですけどね!


ケイシーが語る黙示録第9章について
黙示録第11章について


第1回2010年1月開催の黙示録講座の様子
第2回2010年6月開催の黙示録講座の様子
2010年6月開催「エドガー・ケイシーが語る『黙示録の世界』」参加者の声
「とてもとても貴重な2日間をありがとうございました。1日目は、この難解な言葉が人間の内分泌腺のことを言っているのかと目からウロコがザックザクと剥がれ落ちる思いでした。2日目になると、それがどうやら昔勉強した法華経に通じるものがあるぞ~と思い始めました。(中略) 聖書を読んで仏教を知る!素晴らしいアハ体験をさせていただきました。もう1度、黙示録講座を受けたいです。熱烈希望です!」 本園彰子様


「素晴らしい講座をありがとうございました。目からウロコの内容というか、いったい、どうしたらこのような解釈になるんだ!と、とても衝撃的かつ斬新な内容でした。私にとってはとてもとても大切なお話でした。霊的目標をめざし、それに向け、自分なりに精一杯エネルギーを注いでいきたいと思います。また次回も受講したいと思います」 のりぴー様

「充実した2日間をありがとうございました。先ほどからセミナー中にとったノートを片手に黙示録を読み返しています。すると不思議と、黙示録は難解な読み物から少しずつ「私に向けられたメッセージ」に変わってきつつあるのです。聖書を読むことが癒しである、という感覚も少し自分のものになってきたようです」 ちぎら様

「霊的成長のためのこんなに深いメッセージが込められていたなんて、もうビックリです。「我々は毎日創世記をやっている」と言われて「え~?」と驚きましたが納得しました。聖書って、読む角度により、こんなにも面白いんだ! 我々の人生に、魂に語りかけてくれる聖書。素晴らしいです!」 A・Y様

「内容の濃さに引き込まれ、あっという間の時間でした。これを機に、ほとんど開いたことのない聖書を読み解いていこうと思います」 てらさき様

「黙示録がこんなに謎解きの面のある心おどる書物だとは思いもよりませんでした。2日間参加して本当に面白かったです!」 チュー様



あの難解な意味不明だと言われている黙示録が、ケイシーの手にかかると、どのような内容に変身するか・・・。

聞いたことがない方には驚きの内容だと思いますよ。

テンプルでは、第4回目の黙示録講座は当分開催しないと思いますので、ご興味がある方は是非このチャンスをお見逃しなく!


2012年2月25日(土)・26日(日)魂を揺さぶる「ケイシー流黙示録講座」 
日 時:2012年2月25日(土)10:30~17:00(開場10:00)
          2月26日(日)10:30~16:30(開場10:00) 
*26日の内容は25日の続きとなるため、初めて黙示録講座をご参加になる
   方は、25日の講座のご参加が必要となります。

講 師:光田秀先生
    日本エドガー・ケイシーセンター会長

会 場:東京 青山(参加者に後日ご連絡)

定 員:各60名

参加費:1日のみ  6000円 
    2日間連続 11000円
     再受講割引 1日のみ5500円 2日連続10000円
     ●2010年1月もしくは6月の黙示録講座に2講座以上参加された方

    ★事前振込をお願いします。
     ※お申込から1週間以内のお振込をお願いします。
※クレジットカード払いも可能(ビザかマスターのみ)

事前振込先:三菱東京UFJ銀行 自由が丘駅前支店(普通)1529907 
ユ)テンプルビユーテイフル


黙示録講座の収録DVDはこちら
by hiroshimapop | 2012-01-06 17:44 | テンプル最新情報 | Comments(0)