毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

<   2011年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧
タッピングソルーション・震災トラウマ軽減講座
アメリカでトランスパーソナル心理学の博士課程を修了して帰国した友人、田尻たかなりさんを講師に迎え、3月11日の震災、その後の原発事故により精神的な不安定さやトラウマを感じている方のための講座を開催することにしました。


タッピング・ソリューション
震災トラウマ軽減講座


い ま、私達が直面しているいろいろな問題をタッピングで解決していきませんか?
タッ ピングとは、軽くさわったり、軽くたたくという意味です。

タッ ピング・ソリューションはいくつかのタッピング法とそれぞれの人に合ったつぶやき(アフォメーション)で、体の問題から、自己成長や精神 的成長の問題を解決する方法です。

Emotional Freedom Therapy (EFT)をご存知のかたもいっらしゃるかとおもいます。その方法を、アメリカの小児科医が臨床現場で進化させたものが今回の方法です。

今回は震災後の後遺症の軽減のために、将来活躍したい方にも、ぜひ、きていただきたいです。
(今 のところ、開発者の意向で、臨床心理士、医師には教えられません。将来、開発者が来日するまでお待ちください。)


それぞれの人によって効果はちがいますが、一般的に、タッピング・ソリューションを利用して、次のことを解決した人たちがいます。

1、 PTSD (トラウマの後遺症)
2、 体の痛み
3、 心の落ち着き
4、 願望達成・自己実現
 
 ※タッピングが起こした奇跡的な事例

講座の内 容
1、 タッピングって何?その効果は?
2、 準備すること。安全と安心感。
3、 アフォメーションとはなにか?
4、 実践1:自分の為にするタッピング


どんな方でもできますが、特にこんな方に向いています。

1、 精神的な成長を大切にする人。
2、 あたらしい事に興味のある方。
3、 他の人と経験を分かち合える人。
4、 少しの変化でも、自分の成長を喜べる人。
必 要なもの:筆記道具とノートをもってきてください。


日 時:2011年4月21日(木) PM1:30~4:00(2時間半)
場 所:東急東横線 都立大学 心身障害者センターあいアイ館 1階会議室
    駅からは徒歩7分くらい

参加費:お一人 2000円

定 員:15名
     お一人、お一人としっかり接したいので、少人数で行います。

講 師:田尻たかなり
 (タッピング・スペシャリスト、ITP認定スピリチャル・ガイド、ヒプノ・ティスト、ドリーム・ワーカー、トランスパーソナル博士、エドガー・ケイシーのことも大好きです)

満席のため受付を終了しました。キャンセル待ちの受付もいったん終了しております。早速のお申込、ありがとうございました。


タッピングソルーションのWEBページはこちら
by hiroshimapop | 2011-03-31 16:14 | テンプル最新情報 | Comments(0)
これを送りました
福島県で避難をされている方々への支援を始めた安藤さんの呼びかけに応え、テンプルでは、今日、こんなものを送らせていただきました。

 野菜ジュース 約2500本、乾電池200本、ラジオ、ペンライトなどを1ケースずつ
c0125114_15494385.jpg

               腹巻き 200枚
c0125114_15504499.jpg

     赤帽さんに来ていただいて、本日ピックアップしてもらいました。
     スタッフの連携プレーも美しく発送準備
c0125114_15505188.jpg


お役にたつといいなぁ・・・
by hiroshimapop | 2011-03-30 15:57 | こんなものを買いました | Comments(0)
不安な今を乗り切るためのテンプル製品(メルマガ384号)
いま日本を覆っている「不安」という空気。

私は地震発生後から今に至るまで、いまだに新聞、雑誌、テレビのワイドショーなどは見ていません。ネットで動画配信されたニュース映像や放射能関連の情報はかなりアクセスしましたが、それも最初の数日間のみ。もう情報を集めるのも止めてしまっています。

ですから、限られた情報しかアップデートされてないハズなのに、1度、心に巣くってしまった不安感の塊は、そうそう消えてはくれません。


福島原発の崩壊以降、大量にあふれ出た「放射能」についての様々な情報や警告は、それはそれはたくさんありました。

正式に日時と発信者の名前とが書かれた公の記事だけではなく、名前も出所もはっきりしない、政府関係者筋、裏情報筋、米軍関係者筋、国内外のその道の専門家筋、あるいは霊能者やヒーラーの方々が交信したアッチの世界からの情報まで、楽観的なものから悲観的なものまでが、テンでバラバラ、整理されないまま、私の目と耳に届いています。

最初は1つ1つ目を通していたんですが、そのうち、これは放射能そのものの影響よりも、情報カオスの影響のほうが、自分の心や身体にダメージが大きいなあと思い直して、ある時期を境に情報を追うのは止めたんですが、すでに心の中に出来てしまった不安という塊は、すでに日本・・・特に東日本に覆っている不安感とあい
まって、明るい展望に霧をかけてしまっています。


取り急ぎ、私がこの状況の中で自分自身の防御のために行ったのは、ひまし油湿布とコーヒー洗腸。

ひまし油湿布は、地震発生3日後の真夜中の3時、パッと目が覚めたとたん「あ、ひまし油湿布やろう」と思い立って始めました。ひまし油湿布がやりたくて目が覚めたのか、目が覚めたから湿布をしようと思ったのか、自分でも分からないくらい目が覚めると同時に、サッサと身体のほうが「ひまし油湿布」を求めて起きていました。

相当、私の身体はひまし油湿布を必要としていたようです。

私自身の実感もあり、ひまし油湿布は、できたら、この時期、多くの方に実践していただきたいアイテムの1つ。

肝臓は怒りや不安を貯め込む臓器と言われていますから、無意識に押し込めてしまった怒りや哀しみ、無力感を、ひまし油湿布で癒し、そして洗腸で洗い流していただきたい。

そしてよく見ると脳も腸も、あのグニュグニュした感じはそっくり。
腸は第2の脳だと言われるように、腸内が整っていると、脳で行う考えもクリアになってきます。


放射能のことも、先日、原発に詳しい方が、こうおっしゃっていました。

「たとえいっとき、放射能を浴びたとしても、自己治癒力がちゃんと働いていれば、すぐに身体は修復されて元気になります。大量に長時間浴びなければ大丈夫」

ひまし油湿布はしていると、なぜだか自己免疫力が上がることが実証されています。

肝臓や腎臓をひまし油で温めると、心まで温かく感じてきますから、不安になったときも、ぜひ! ひまし油でお腹を温めるとホントに心が安らぎます。

あの、仙台の温泉地で避難所生活を送ったスタッフは、こちらに戻ったあと、様々な感情が押し寄せて、横になっても眠れないという話しだったので、彼女には横になっていられる時間は、ずっとひまし油湿布をしてみたら?と伝えてました。

無気力になりがちだった心と身体にエネルギーが充電されていくような、そんな気分を味わったと本人は申しています。


ひまし油湿布の一石三鳥、四鳥の働きもあり、この時期、ひまし油湿布で救われる方もきっと多いはず。そんな思いから、ひまし油湿布関係の製品を、義援金つきのキャンペーン商品にしています。

お買い上げ下さった代金の中から、一定額を義援金として寄付させていただきます。
しばらくひまし油湿布をしていなかった方も、これを機に是非スタートしませんか?

このメルマガを配信したあと、何名かの方から、震災後のヒマシ油湿布体験をご報告下さいました。
震災後、いつも身体が揺れている感じがあったのが大丈夫になったとか、不安感から前向きになれなかったのにその感じが晴れたとか、今だからこその大きな安らぎを感じられたようです。

身体への働きだけではなく、精神的な安らぎは何にもましてありがたいです。。。。



洗腸は、ネット掲載不可商品のため、ご注文時にコメント欄にお書きいただくか、お電話、FAXにてご注文下さい。
洗腸用バッグ(コロンキット)   9240円
洗腸用コーヒー(カフェコロン) 6缶1890円 30缶8820円 



【生存本能を呼び覚ます】


人が今、危機的な状況にあるなら、35億年という太古の昔から変わらず存在する藻の力を取り入れてみませんか? どんな地球変動が起こっても、どんな環境下にあってもずっと生き残った力強い生命体が、シャスタの藻。

35億年間生き抜いてきた生命力を摂取することで、人間の本能的な能力や生命力の活性化が期待できます。

さらにこの時期にオススメしたいポイントとして、このシャスタには微量のヨウ素が含まれているのと、シャスタが含む青い色素には重金属を排泄する力もあるそう。

シャスタ(タブレット300粒 6825円)

●ヴァイタシナジー・フォーエナジー(旧男性用ー120粒 9980円)
ヴァイタシナジー(男性用)が、女性の方にも抵抗無く飲んでいただけるよう名称が変わりました。ヴァイタシナジーにはビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB12が不足すると精神的に不安定になりやすいことが分かっています。
特に心配症な方は、自然の植物そのままのビタミンB群が摂れる、このサプリをオススメします。


【心のケアに】

今、直接震災に遭ってない人にも実は大きく心に負荷がかかっているそうです。

いまだ東北、関東圏は揺れていますし、なにより見えない放射能についての報道が連日のようにされていますから、この状況下で平静、冷静であれ、楽観的であれ、ということの方が酷な話です。

私自身が最近見聞きした方々の中でも、感情のコントロールが効かなくなって、怒りをむき出しにして人に八つ当たりしたり、あるいは、急に泣き出したり、急に怒り出したり・・・。

他にも、眠れない、気持ちがふさいでやる気が起きないなど、被災地の方々だけではなく、もしかしたら、日本中の人に心のケアは必要なのかも。


そんな自分を見失いがちなときにお役に立ちそうなのが、フラワーエッセンス。
花を見ているだけで心が和むように、お花の波動は私たちの心や感情を癒してくれます。

フラワーエッセンスは1日1回ではなく、こまめに1日数回、摂取するのが秘訣。
花の波動を活性化させるために、使う前は、ボトルの底をトントンと何度か叩いて下さい。


●バランサー
バランサーは、その名前のとおり、自分の心のバランスを取りたいときに使います。
もし今、何が・・・と聞かれたら、私は、このバランサーとレスキューをはじめの一歩としてオススメします。

バランサー(エッセンス25ml 3360円)

バランサー(スプレー50ml 3990円)
自分の身体の廻りにあるオーラに吹きかけて使います。


●レスキュー(ファイブフラワーレメディ 10ml 2625円)
緊急時といえばまずはこの1本。地震直後、スタッフが「私にいま必要なのはこれ」と購入したのがレスキューでした。


【有害エネルギーが心配な時に】

キネシオロジストの慶太さんが、ワークショップなどで複数名の方をチェックしたところ、今現在は、肉体的な影響は心配なく、エネルギーレベルで放射能の影響を受けているとのこと。

オーラレベルの防御にはやはりフラワーエッセンスがサポートになります。


★ヤロー・エンバイロメンタル・ソルーション

福島の原発事故のあと、注文がメーカーさんに殺到したエッセンスで、チェルノブイリ事故のあと、現地の方々の心と身体を、エネルギーレベルから守るために作られた特別なエッセンスです。

現在アメリカからの入荷を待っているところで、すぐにはお送りできません。
入荷しましたら順次発送しますが、この状況下、地理的に福島に近い方から優先して発送させていただきますことをご了承下さい。

商品の入荷予定は、4月の第1週目あたりです。


スプレータイプは、身体のエネルギーレベルに働きかけるために、肩や頭上、身体の周りのオーラが強くなるようなイメージでシュッシュとやってください。スポイドは、舌下に落としたり、脈のあるところに数滴落とすと使いやすいです。

ヤロー・エンバイロメンタル・ソルーション(スポイド30ml 3780円)
ヤロー・エンバイロメンタル・ソリューション (スプレー30ml 3780円)


★T1エッセンス
こちらは、フラワーエッセンスの中でもさらに不思議な働きのあるエッセンス。
こちらも様々なネガティブエネルギーの影響から自分を守るために生まれました。

通常、フラワーエッセンスは舌下に落としたり、コップに入れて飲んだり、スプレーしたりと身体に直接使いますが、これは持っているだけ。

ただし、廻りのエネルギーを吸着する働きがあるので、他のエッセンスと一緒に持ったり置いておかない、キャップを開けると効果が薄くなるので、ご購入後もキャップは締めたままにしておきます。
メーカーさんによれば携帯すると半径1mの範囲でネガティブなエネルギーから守ってくれるそう(不思議・・・!)。

T1エッセンス(15ml 3885円)→4月末まで2730円
★多くの方をご支援するため、4月末までは特別価格となりました。1人1本、持っておかれるといいのではないでしょうか?


★アイオダイン(アトミダイン)
放射性ヨウ素の影響がニュースでさかんに言われていますが、その影響から身体を防御するために、あらかじめヨードを少量摂取しておくことが勧められています。

ケイシーも様々な疾病にヨードの摂取を勧めているため、ケイシー製品の中にもヨード濃縮液があります。ただし、ヨードを必要以上に摂取してしまうと、かえって体のバランスを崩してしまうため、慎重な扱いが必要になります。


いま現在の放射量であれば、昆布やワカメなどの食品で取れるヨード分で十分かとは思いますが、福島に近い方で、どうしても心配な方は、個人輸入でアメリカから入手も可能です(1週間~10日ほどかかります)。
※薬事法の関係で、日本では輸入販売ができません。
※慎重な扱いが必要なため、できたら、医療従事者や甲状腺など身体の機能について学んだことのある方の指導のもとで、適量と期間を守って摂取して下さい。

個人輸入される場合には、商品代金に、国際送料が加算されます。
by hiroshimapop | 2011-03-30 11:23 | テンプルの商品のご紹介 | Comments(0)
被災するということ
新聞もテレビのニュースも、雑誌も見ていないので、こういう報道写真が出ているかどうか分かりませんが、ニューヨークタイムズのWEBに掲載されている被災地の写真。

日にちごとに写真がまとめられています。

心が痛むような凄まじいシーンばかりですし、ご遺体の写真もありますので、実際にご覧になるかどうかおまかせします。ただ、私たちは暖かい部屋の柔らかい椅子の上で、無音、無声、無臭の環境の中で、この映像を見ることができます。またページを閉じれば、いつもの日常が戻ってきます。が、いま、まさに被災地の方々はこの極限状態の中で日々を過ごしていらっしゃいます。そして、この悪夢のような情景を終わらせたくても、夢は醒めてくれません・・・。

ニューヨークタイムズ報道写真


下記は、チェルノブイリで被災された女性が唄う「いつも何度でも」
チェルノブイリと同じことを日本で繰り返してはなりませぬ・・・。


by hiroshimapop | 2011-03-29 00:56 | 日記 | Comments(2)
続々と・・・ありがとうございます
さきほど、名古屋の安藤さんから電話があり、昨日このブログを見てくださった方から、名古屋と茨城に続々と支援物資が届いています!とご報告がありました。

とても驚き、また喜んで下さっていました。

ありがとうございます。私からも心からお礼を申し上げます。

今日届いたってことは、皆さん、日曜日のお休みにわざわざお店を廻って物資をご購入下さり、そしてすぐに箱詰めして送って下さったんですよね。

なんという行動力! なんという温かいハートの方々!

支援物資が送られる被災者の方々は、元はといえば、これまで一度も会ったこともない、話したこともない、全く縁もゆかりも無かった方々、そして今後も直接お会いしたり、お礼を言われたりすることのない方々。

その方々のために、こうやって自分のお金と時間を使って支援をするって本当に凄い!
考えれば考えるほど、これは有り難い(あるのが難しい)ことだと感動してしまいます。

仙台で被災したスタッフも、たった1人、誰も知りあいのない土地で震災に遭ったにもかかわらず、ちゃんと無事に避難所に行くことができ、そして食べ物、毛布が与えられました。

何かあったら、どこからともなく手がさしのべられている。
その人を知ってる、いないに関わらず、危機が起これば、必要なものは最小限であってもちゃんと与えられる。

そう思えると、なんだか百人力って感じです。
今回は大惨事後の見える形の支援ですが、普段の日常にだって、実はこういうふうに、あちこちから支援の手は差し伸べられていて、でも見えないから気がつかないだけなのかもしれませんね。

きっと、明日、あさってと、まだまだ届くと思います。

支援物資をお送り下さった皆様。本当にありがとうございます。
そして、安藤さんに「ナオコさんのブログの力凄いね」って褒められて、嬉しい私であります。。。。
by hiroshimapop | 2011-03-28 23:51 | 日記 | Comments(1)
支援物資のお願い
イスラエル旅行からの旅の仲間で、名古屋でちょっと不思議系の建築会社を経営されている安藤さんが、個人的に動いて、東北に支援物資を送り始められました。

安藤さんは「日本を美しくする会」のメンバーでもあるので、全国に散らばる仲間の経営者に声をかけて、古着を2トンとか、男性用下着を1000枚とか、大規模に物資を集める力のある方なんですが、いま、どう声をかけても、あちこちの店を廻っても全く集まらないのが女性用の下着、水、なんだそうです。

もちろん値段の高い下着はありますが、安藤さんが物資支援の拠点を作られた福島には3000人の避難者の方がいらっしゃるので、3000枚持っていっても1人1枚にしかわたらない。だからそんな高いのは買えない。でも緊急に女性用下着を送りたいという状況なんだとか。

名古屋でも、お店からモノが無くなっているらしいので、たとえば、九州、四国、中国地方の方で、量販店を廻って安くて構わないので、女性用下着(肌着)を、10枚とか、20枚とか、新品のものを少しまとめた数でご寄付いただける方はいらっしゃらないでしょうか?男性用は100円均一のお店で大量にゲットできたそうなのですが、女性用下着は100円均一には数枚しかなくて全然駄目だったそうなのです。

私もニッセンとかセシールとかで、1枚200円くらいで買える下着やソックスはないかと探したんですが、無かったです。。。。


本日現在、物資を集めているのが

女性用肌着(上下)、子供用下着、靴下、水、子ども用のマスク
米(できれば無洗米)、カップ麺


小パックや缶の野菜ジュース(安藤さんのメールには無かったけどこれは嬉しいと思う・・・)


全国の自治体が支援物資を受け付けて、それを現地に送られ始めました。でも、残念なことに、現在のところ、それらは現地で山積みになったまま、なんだそうです。

~以下、安藤さんからのメール転記~
全国から被災地に大量の救援物資が山のように送られていますが、仕分けや搬送手段が無く、次々に山積みになっていくだけで行政側は機能していません。


安藤さんの被災地の仲間が、それをなんとか出してほしいと頼んだらしいんですが、さすが行政。こう言われたそうなんです。「ここに送って、ここに送らないというような不公平が生じては困る。だからもう少し待ってほしい」と。

さらに物資の仕分けする手が圧倒的に足りないということで、毎日、毎日、全国から届く支援物資は、倉庫にどんどん山積みになっていく・・・。

安藤さん曰く「カップ麺10万個とか送った人がいるらしいけど、賞味期限が早いものは、夏までに食べないと全部廃棄処分になるかも・・・」

もちろん、ちゃんと機能している自治体もあるでしょうし、届いた支援物資をくまなく避難所に届けられている行政機関もあると思います。でも、現地の受け入れ態勢が機能してないと、途中で全部止まってしまう・・・。


現地の日本を美しくする会(掃除に学ぶ会)のメンバーの方々多くも被災しており、大変な状況の中、自身の事はさて置き、日々奔走されていらっしゃるそうです。

確実に被災地に物資が届くよう、途中で倉庫に積み上がったままにならないよう、議員さんにお願いして、特別枠として「日本を美しくする会」と明記することで、特定の被災地において山積みにされる事無く、現地救援部隊に渡り、その方々が直接、各避難場所に届ける仕組みを作られました。

「安藤さん、仕事してないでしょう?」って聞いたら「ここ数日、仕事なんてやってられない」って言ってました。
物資集めに奔走する毎日みたいです。

これは長期戦になる、数年単位で支援をすることになるだろうって言われてましたから、半端な覚悟じゃないと思いますよ。


ここ最近、支援物資のお願いが続きますが、ご協力いただける方は、どうぞよろしくお願いします。

以下のご協力もお願いします
 ★受入先の方も、本来の仕事の手を休めて、手弁当で活動されています。その方々の手をできるだけ煩わせないよう、ご協力をお願いします

●箱に必ず「日本を美しくする会」と明記して下さい。これを書いておくことで、現地の救援部隊の方に元に速やかに届きます。
●出来る限り、まとめていただき、仕分けした状態でのお送りをお願いします。
 1箱に同じ種類のものが入っている状態が望ましいです(女性用肌着とお米が一緒にならない、とか・・・)。
●箱の上と横に、何が、どれくらいの量入っているか、マジックではっきり書いておいて下さい。



救援物資は、たとえば水が出始めたら、もう水はいらなくなるし、自治体の支援物資の仕分けと運搬がちゃんと機能し始めたら、食料品はいらなくなるかもしれないし・・・と、刻々と状況は変わるそうなのです。

あともう少ししたら、被災者の方々の栄養状態がかなり悪くなることが予想されます。毎日、おにぎりとパン、といった炭水化物ばかりの食事が続くと、人は鬱にもなりやすい。ただ、やみくもに野菜を送っても、それを調理できる体制がないと腐ってしまう・・・。てんつくマンさんは、大根をたくさん持っていって大根おろしを作られたみたいですが、現地でぬか漬けとか作れるといいなぁ・・・・。
今だったら、市販の野菜ジュースはサポートになるかも。

状況のアップデートは随時していきますので、どうぞよろしくお願いします。


関東地方救援物資受入先
クリーンテックシオガイ(日本を美しくする会、東京掃除に学ぶ会)
〒300-4524
茨城県筑西市中上野1853 
電話 0296(52)2110(代表)FAX  0296(52)1914


中部地方救援物資受入先
安藤建築㈱(日本を美しくする会、名古屋掃除に学ぶ会)
〒458-0801
名古屋市緑区鳴海町長田41
TEL 052-892-7501 FAX 052-892-7203



義援金もお願いします。
この義援金は、手数料や経費などは引かず、100%そのまま現地の被災者の方々に届けているそうです。

義援金送り先(被災地に直接届けています)
郵便振替口座(記号番号)  00120-7-734017
特定非営利活動法人 日本を美しくする会
通信欄に必ず「義援金」と記入して下さい。

お手間をお掛けしますが、宜しくお願いいたします。


以前、和歌山の島村さんの呼びかけで大津に送っていただいた支援物資は、てんつくマンさんたちのプロジェクトと一緒になり、無事、被災地に届いています。

てんつくマンさんの支援プロジェクト

てんつくさんのブログで、最新の被災地の状況がアップされています。


大阪の吉澤武彦さんらのグループは、いわき市に行き、小さな子どもさんや赤ちゃんがいるご家族で、ガソリンが無いために県外に出られない方々のレスキューに行っています。
今日の午後は第2陣が大阪からいわきに向け出発します。

こちらもご支援をよろしくお願いします。

詳しくは吉澤さんのブログにて
by hiroshimapop | 2011-03-26 23:58 | 日記 | Comments(12)
勇気ある魂を持つ人々に
夕べ夜中近くに帰って、真夜中に書き始めたメルマガ。

夜中に書くラブレターは出さないほうがいいと言われてますが、書いているうちに、そんなメルマガになってしまいました。美容に悪い、節電できないと思いながら、今日は完徹。

でも、好意的に読んで下さった方も多く、ちょっとホッとしました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ◆◇◆   勇気ある魂を持つ人々に  ◆◇◆ 383号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(有)テンプルビューティフルの光田菜央子です。

はじめます。ニッポン応援キャンペーン!

テンプルで出来ることは本当にささやかなのですが、このたびの地震に遭われた
方々、自然、動物、建物やモノ、全ての傷ついたいのちを再建するため、テンプル
なりの支援をしたく、東北応援キャンペーンをすることにしました

【ご支援1】
しばらくの間、東北地方(秋田、青森、岩手、宮城、山形、福島)の6県にお住いの
方にお届けする商品は一律5%引きで送らせていただきます。なお、現時点では、
お届けは、営業所留め扱いで1週間程度かかる地域が多いので、ご注意下さい。
(※書籍やDVD、すでに割引済みのものなど、割引対象外商品を除く)

【ご支援2】
同時に、上記6県にお届けする際の送料は、通常の半額、400円でお送りします。
(3万円以上は送料無料です)

【ご支援3】
関東で被害の大きかった茨城、千葉の方々へのご注文も、5月末まで一律5%引きに
させていただきます
(※書籍やDVD、すでに割引済みのものなど、割引対象外商品を除く)


他にも、不安な空気感がはびこっているこの時期に、多くの方にやっていただきたい
「ひまし油湿布」関連商品を、東北応援キャンペーン商品として、ご購入金額の中
から一定の金額をお客様に代わり赤十字に寄付。
緑色のピコピコしているのがキャンペーン商品です。


これらに加え、少なくとも年内いっぱい、毎月の売り上げの一部も義援金として
赤十字を通して寄付させていただきます。


3月から、毎朝15分間だけですが、スタッフと一緒に瞑想を始めていました。
地震以降は、東北に笑顔と安らぎが戻るよう、スタッフと心をあわせ祈っています。

無事だった私たちは、祈りを込めながら一所懸命仕事をして、さらに美しい日本を
取り戻すために、できるだけの支援をしたいと思っています。

どうか被災された方々も、希望と愛と勇気をもって、この艱難を乗り越えていただけ
ればと願っています。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

3月11日以降、私たちを取り巻く環境や生活、そして未来は、想像を絶する形で変わってしまいました。ここ横浜でさえ、いまだ日に何度か体感地震があります。
震源地はそのたびに違いますが、あの大地震で被害に遭われた方々は、その後に起こる揺れの中、どのような思いで過ごしていらっしゃることか。

今の私には想像もできません。

震災当日、函館、仙台を旅行中だったため安否を心配させたスタッフ達も、お陰様で怪我もなく無事、横浜に帰ってきました。


ありがたいことに、震災に遭われたお客様やお取引先の方からも、電話や電気が開通した後、無事ですよと、少しずつですがご連絡もいただいています。「あの方はどうされているかしら?」「あのお客様のご自宅はどうだったかしら」と案じていた私たちも、そのたびにホッとしています。

それらは、私を心の底から安堵させ、感謝で言葉もないほどです。

地震以降、首都圏は様々な面で生活が不自由になりました。節電のため近所のお店は暗く、閉店時刻が早くなりましたし、電車の不通も増えました。
でも被災された方、避難所で過ごされている方々のことを思えば、お湯がでること、電気がつくこと、温かい夕食を食べられること、夜、静かに眠れること、そういった1つ1つのことが感謝であり、幸せなことであるとしみじみ感じられます。


しかし、そうはいっても、今回発生した地震の被害のあまりに広範囲で甚大なこと。
福島原発から遠いこの地まで届いている放射能汚染のこと、これからのことで不安になることも事実です。

おそらく地震や原発の被害については、あと1ヶ月くらい経たないと、実際のところ、一体、何が起こったのか、今後何が起こりうるのか、その全体像が見えてこないと思うのですが、現実問題として、1週間後、10日後の約束、スケジュールが果たして遂行できるのか、来年になれば明るい未来を描けるのか、今はそれすら分からず決断に迷ってしまうこともあります。

そうは言っても生きていく私たち。「それでも人生は続いていく」わけですから、淡々と粛々と今日の日を精一杯生きていくことで未来を変えていくしかないんですけどね。


誤解を恐れず書くなら、私は100%、輪廻転生を受け入れているので、最終的には何が起こっても「数多くの転生の中、合計すれば何千年も生きている中には、こんな体験もあるかもね」と思っていますし、これから始まるであろう艱難辛苦のこの時期も、実は日本人全員に等しく与えられた「意識して魂を向上させることのできる絶好のチャンス」なのかも、と考えたりもしています。

つまり、何回かの転生の後、ケイシーのような人に「魂の書」を紐解かれたとき、

「日本の存亡がかかっていたあの時期に、自分のことよりも、困っている人や日本の
ために力を尽くそうと努力したことで、この実体の魂は格段に進歩した」
と言われるような生き方をするか、

「日本の存亡がかかっていたあの時期に、自分のことのみに生きて他を顧みること
が無かったために、この実体の魂は後退した」
と言われるような生き方をするか・・・。

非常に分かりやすい形で選択肢が与えられていると思うのです。


23日のツイッターで紹介したケイシーリーディングですが、


「自分が生きたことで地球を良くしようと思うなら、すべての人は為すべき義務、役割を持つ。そして、これこそが地上におけるあなたの目的である」3481-2

ならば、

「自分が生きたことで日本を良くしようと思うなら、すべての人は為すべき義務、役割を持つ。そして、これこそが今の日本に生まれた私たちの目的」のはずです。


もちろん、歴史に名を残すような大きなことをする必要は到底なく、

「あなたがすでに知っていることを日々に実践しなさい。何か偉大なことを成し遂げたり、偉大な行為をしようとか、素晴らしいことを言おうとするのではなく、ここに少し、あそこに少し、教訓に教訓を重ね、あなたがすべき正しいことを、毎日少しずつ行っていくのだ」257-78

ということで十分だとは思います。

ただ、何度も繰り返してきた自分の魂の歴史の中でも、国の存亡に関わる時期に生まれ遭わせる、という機会はそうはないと思うのです。

日本の何千年かの歴史の単位から鑑みても、これほどまでに広大な範囲に被害が及ぶ未曾有の地震が起こっただけではなく、たかだかいっときの「電気」を作るために、私たちが、日本はもとより地球そのものを傷め続けていたことが明々白々となった「いまこの時期」。

その縦糸と横糸がちょうど交差した今、まさに私たちはその日本に生きてきている。

ということは、消極的に良きことをするのではなく、誰かのため、日本のために果たすべき役割を誰もが持っている、ということではないかと思います。


不自由な体に生まれついた人を、私たちは時に「勇気ある魂を持つ人々」だと言うことがあります。

でもこの変動の時代に生まれ合わせた私たちも、同じく「勇気ある魂」を持って生まれてきたように思います。


電気を大量に必要とする、これまで通りの生活を続けるため、自然を破壊しながら、他のいのちを脅かしながら生きて、そして死んでいくのも1つの人生。

でも、どっちにしろ、私たちはいずれこの日本人としての生に終わりを遂げるわけですから、美しい自然や、神々と調和しつつ生きてきた日本を再発見、再構築するために残りの人生は使いたい。

そんな気がしています。


なすべき義務、なすべき役割に気づき、自分が生きたことで日本を良くしようと立ち上がる勇気ある魂が、いま少しずつ結集してきつつあるのを感じているのは私だけでしょうか?



最後に・・・

このメルマガを書き始めた時は、実は、こういうことを書く予定は全くなかったのですが、書いているうちに、いつの間にか、こんな文章になってしまいました。

これを書きながら、自分で自分に
「こう書いてるあなた(つまり私)自身は、どう生きていくのよ」
とか
「こんなこと書いたら、あとが大変じゃない」
と突っ込みを入れつつ書き進むことになりました。


これを送信するのも、書いた本人が、一番自分のぐうたらさを知っているがゆえに、躊躇する思いはありますが、書いてしまったので、配信させていただきます。
by hiroshimapop | 2011-03-25 17:33 | テンプル最新情報 | Comments(5)
2011年3月11日
数日前、友人が、今回の東北震災の救援に向かう米兵に向かってオバマ大統領が行ったという設定の、架空の演説をメールしてくれました。

この演説は、映画、インディペンデンスデーのパロディですが、ホントによく出来ています。

『救助に向かう米兵に向かって語りかけるオバマ大統領の演説』

「おはよう、諸君。
後一時間足らずで、諸君ら140名は、極東に向かって旅立ち、史上最強の敵と交戦する。
時を同じくして、世界各地の米兵たちも、他の35隻の原子力空母で、同様の救助に向かう行う手はずだ。

諸君がまもなく赴く戦いは、人類史上最強の救出活動となるだろう。そう、人類史上最強の・・・・
人類・・・・・この言葉は、今日、我々全員にとって、新たな意味を持つ。地球に対する今回の暴虐行為に少しでも意味があるのなら、それは我々人類が共有するものの大きさに気づかせてくれた、という点につきるだろう。


今回の侵略は、この惑星で共に生きるのがどういうことかを、新たなる視点から見直させてくれた。
人間同士の無数の差異など瑣末事でしかないことを痛感させ、共通の利益というものの意味を実感させてくれた。

そしてさらに、歴史の方向を変え、人間であることがどういうことかをも定義し直してくれた。

今日このときより、世界の諸民族と諸国家がいかに深く相互に依存しあっているかを、我々は決して忘れることがないだろう。

諸君は日本を愛し、この日本を守り抜くために自らの才能と技術を差し出し、命すら投げ出す覚悟を固めている。

諸君と共に戦列に立てることを、私は心から誇りに思う。

3月11日は日本の祝日だけではなく、地球上のあらゆる国家が肩を組み、こう叫ぶ日となるだろう。

”我々は決して従容と死を受け入れたりしない!我々は生き続ける!生き続けてみせる!”と。

その日こそ、我々は真の独立記念日の祝うのだ!


アメリカ軍作戦名
「Operation Tomodachi」



この3日間、私は、私が好きな日本、私が美しいと思う日本を心に描いていました。
すると、それは決してコンクリートに囲まれた高層ビル群や日本を縦断する高速道路網ではなく、緑豊かな自然や、その自然と調和しながら建っている古い日本家屋、そして自然の中に神仏をみる日本人の心、普段から道徳心高く勤勉に生きる日本人の生き方だったりしました。

これまで私たちは、私たちが求めているから、それが発展だからと、大量の電力を消費する生活を与えられてきました。でも、その享楽的な生活のあまりの代償の大きさにようやく目が覚める思いです。
人の命や未来の子どもたちの未来や自然を痛めずとも生み出すことのできる電力はまだまだ他にもあります。地熱や海の波の力、風力、太陽光だって、日本人の技術をもってすれば、安全な電気エネルギーになりえます。

3月11日を境に、私は、これまでいかに私自身、大自然に対し尊大であったか、畏敬の念も感謝の念もなく接していたか、そして、福島原発問題はじめ、いろんなことを人任せにしたり後送りにして生きてきたかに気づくに至りました。

私が今日、自分だけのために電気を使うことによって、また、便利を優先することによって、誰かの命、どこかの木々や動物たちを痛めつけてしまうのなら、私は喜んで、いまある便利を捨て、いま潤沢に使える電気を放棄したいと思います。

このオバマの演説はパロディですが、
私たちは今、「歴史の方向を変え、人間であることがどういうことかをも定義し直す」、そして美しい日本を未来に残すことのできる最後のチャンス、最後の踏み石に乗っているように思います。

今回の悲劇があったからこそ、日本は良い国に生まれ変わったと言えるようになることが、今回亡くなられた多くの方へのご供養になるように思います。
by hiroshimapop | 2011-03-22 16:53 | 日記 | Comments(5)
支援物資の送り先アップデート
和歌山の島村さんの呼びかけでお知らせした大津の会社に集められた支援物資は、無事、被災地に向け、出発し、第3便も明日、出るようです。旅の仲間のブログに支援物資についての最新情報が載っていましたので、以下転記させていただきます。

***************************************

第1便は各地で必要とされるものをその場で判断しながらトラックから被災した皆さんに手渡して、とても喜ばれたようです。当初、目的としていた地に着くまでに物資はなくなってしまったらしいです。

第2便のトラックは、てんつくマンのグループの「夢エール」とタイアップして、昨日仙台に届けられましたが、現地では残念ながら、食糧不足と寒さのため、数十名の餓死者も出ている状態だそうです。

次の第3便は19日出発の予定です。


このグループは、阪神やその他の震災でもボランテイアとして先頭で活躍し、経験、ノーハウ、ネットワークを持ち、現場まで踏まえた最善策を実行しようとしている実績を信頼して応援しよう考え、皆様にもご協力をお願いした次第です。

プロの運送会社がお引き受けいただくことになりましたので、これからお送りいただける方は、下記までお送りいただけるとありがたいです。


★差し当たって、優先順位の高い、水、お米、食料品(非加熱で日持ちするもの)、粉ミルク、トイレットペーパー、使い捨てカイロなど。

★衣料品はしばらくお待ちください。

★基本的には、1品目を1箱にして、箱の外側に「夢エール救援物資」の文字と「内容物名」の表示をお願いします。



支援物資集合場所 →  ここに物資が集積されて被災地に搬送されます。

   株式会社 創栄グループ   TEL:0288-23-8123 担当:赤羽さん
   〒321-1274 日光市土沢1855-5

17日現在、ヤマト宅急便、佐川急便で発送受付可能ですが、到着日は不確定。



叉は、下記までお送りいただけば、各社がボランテイアで運んでいただけます。

【関東・北陸・甲信越エリア】
会津通商株式会社関東営業所   TEL:048-998-2725   担当:伏見さん
 〒340-0801埼玉県八潮市八條1610-9ミノルビル2F

株式会社関根エンタープライズ  TEL:048-969-5510  担当:塩谷さん
〒343-0012埼玉県越谷市増森207-12関根ビル2F

【関西エリア】
会津通商株式会社関西営業所  TEL:06-4309-1880   担当:中野さん
 〒578-0963大阪府東大阪市新庄3-21-47

【東海エリア】
名備運輸株式会社      TEL:0568-72-3552   担当:丸川さん
 〒485-0084愛知県小牧市大字入鹿出新田字大島312-1

三重執鬼株式会社      TEL:0593-84-0003   担当:寺田さん
〒513-0821三重県鈴鹿市地子町523-2


自治体からの要請のない支援物資は送るとかえって現地が迷惑なのでは?というメールをいくつかいただきました。

ただ、今回の地震は局地的ではなく、支援を必要としている地域があまりにも広範囲なこと、自治体そのものが壊滅状態になっているところがあること、などから小回りのきく、個人レベルの支援が必要とされています。

阪神大震災とは違うこと


今後、支援をしようと思う方はユニバーサルデザインさんにご相談になるといいと思います。
by hiroshimapop | 2011-03-18 19:32 | 日記 | Comments(1)
地震についての様々な情報メモ
今回の地震について

Edgar Cayce on Earth Changes(英語)


寄付、物資支援について

阪神大震災とは違う実情

 →ユニバーサルデザイン震災対策本部

物資支援を受け付けているところ


モンベル(アウトドア会社)の支援品受付


義援金・寄付について



計画停電のエリアと時間検索


福島原発からの放射能漏れについて

原子力発電所とはどういうものなのか?(原発職員だった方/故人の証言)

副島隆彦さんの投稿(3月20日記載 福島原発から8km地点まで近づいて)

おなかがいたくなった原発くん(子どもに原発事故について説明するときに)

放射能について

原子力発電所について

原発に関するQ&A(随時更新されるそうです)

福島原発漏れに危険性はあるのか?(PDFファイル)

大前研一氏による原子力発電所についての解説

原発は安全に建築されているのか(動画)

原子力に詳しい田中優さんのブログ

放射能汚染から身を守る方法

風向きと避難半径

放射線はどこまでいくか?

東北地方の風向き(アメダス)

ヨウ素剤の服用方法

住宅に設置されている24時間換気を止める方法

日野市で測定されている放射能量

2005年に警告されていた今回の原発事故と地震のレポート

破局は避けられるか(広河隆さんのレポート)

イギリス政府による原発事故の評価


その他

津波のときにUFO出現(?)53秒あたりから

タッピングによるストレスケア

災害時のメンタルケア

災害で飼えなくなった犬の里親さん

デーブさんのツイッターギャグ
(個人的には好きです)

海外メディア

災害時における日本人の素晴らしさ
 →日本語訳(抄訳)

3月16日の報道写真

by hiroshimapop | 2011-03-18 09:58 | 日記 | Comments(9)