毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

<   2010年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧
福ちゃんの好きな体勢
旅行前、慶太さんと雪乃さんが、毛ガニ持参で遊びに来て下さいました。さすが北海道出身の慶太さん。カニが一番美味しいシーズンは逃さないですね。

我が家の猫たちも大騒ぎでしたが、特に福ちゃんは、甘え上手! 「にゃ~ん」と可愛い声で忍び寄り、アラヨッとと肩に乗ったと思ったら、自分の好きな体勢でご満悦です。私もときどきこの体勢で掃除をしてます・・・。

                完全に福ちゃんのしもべとなってしまった慶太さん
c0125114_17495351.jpg

c0125114_17495989.jpg
c0125114_1750577.jpg

by hiroshimapop | 2010-04-27 17:51 | 今日のニコさん | Comments(0)
眠くて眠くて眠くて・・・&神様ありがとう~!
土曜日の夕方ベッドに入ったあと、起きたのは猫たちのゴハンとトイレのときだけ。何も食べず、ひたすら昏々と寝続けました。

寝ても寝ても眠くて、目開けているより、できたらずっと目をつむっていたい月曜日です・・・。

昨日は、15時間も寝たというのに、午後、小林隊長が大好きだという「新婚さんいらっしゃい」を携帯で見たあと、またまた夢の中へ・・・。そして慶太さんが是非みてねと言っていた「エチカの鏡」の番組直前にハタと目を覚まし、携帯で番組をみたあと、3度めの夢の中・・・・。

今日も今日とて、スタッフから電話がかかってくるまでずっっっと寝てました。土曜日からいったい私は何時間眠り続けていたのでしょうか? TVチャンピオンで「ずっと寝続け大会」をやったら優勝しそうです。

パソコンを開けてみると、旅の仲間たちからのメールが飛び交っています。
その数すでに100通・・・・。

きっとこれから、2年前のイスラエル旅行の後もそうだったように、同窓会やら国内旅行やらと発展していくのでしょうね。


思えば、今回のツアーは、当初の12日間の旅ではなく、最初から、5日間の延長を入れた17日間が神様の計画だったのかもしれないですね。

あの5日間があったからこそ体験できた素晴らしい出来事や、行くことができた遺跡や教会もありました。なにより、あの5日間があったからこそ単なる旅行ではなく、参加者一人一人にとっての「魂の旅」になりましたから・・・。


飛行機がキャンセルとなって、予定通りに帰国できないと分かったとき、このツアーにとっての最悪の出来事っていったい何だろう?って考えました。

飛行機はどんなに遅くても1ヶ月以内には運行開始になるでしょうし、運行開始できなかったとしても、スーツケースに入っている衣類やお土産を放棄して身軽になれば、身一つで電車を乗り継いで帰国できます。シベリア鉄道っていう手もあるし・・・。

もちろん一番最悪なことは、乗った飛行機が墜落したり、どこか山や砂漠の中に不時着したりすることですが、そういう飛行機事故以外に起こる最悪の出来事は、帰国する日にちが見えないなかで、だんだん参加者のエゴや我欲をむき出しになって他の参加者を傷つけることになったり、不安や心配から過剰に反応して人を責めたりして、ツアーのムードが一気に悪くなることじゃないかと思いました。

誰か一人でも、そんな言動に走る人が現れたら、その時点でツアー行程のすべてがネガティブエネルギーに覆われて、悲しい思い出になってしまいますから・・・。


そんな心配もしましたが、誰一人として不平不満をいわず、我先にと我欲を通す人もおらず、かえって私たちの中にある「善なる部分」でお互いをいたわりあい、最後の最後まで、感謝と感動のなかで旅ができたことはもう奇跡としかいいようがないです。

小林団長なんて、毎日のように空港のチケットカウンターに通っているうちに、あの殺気立つ空港のチケットカウンターの担当者のアイドルのような存在になっていたらしいです・・・。まるで十字架を背負って歩きながらも、ユーモアと冗談を忘れなかったイエス・キリストみたいじゃないですか~。

そんな小林団長の「この指止まれ」で集った旅の仲間ですから、私の心配は全くの杞憂に終わりました。

携帯電話の請求額に驚きながらも、1泊300ユーロのビジネスホテルに泊まることになりながらも、誰もが、今回の旅はこれまでの旅のなかでサイコーだった、と言える旅になったわけですから、火山爆発が起こるタイミングにあの旅ができたのは、感謝のなにものでもないですね。「神さまありがとう~!」です。

本当に「神様ありがとう~!」
by hiroshimapop | 2010-04-26 21:24 | 日記 | Comments(1)
ニコ福さん、お留守番、ありがと~
成田空港でスーツケースの当日配達をお願いしていたので、それが届くのを待って、夕方6時には寝室へ・・・。
夕方6時から今朝10時頃まで、途中1時間ほど起きていた以外はずっと夢の中。トータル15時間は寝てました。今朝、携帯でテレビの週間ニュースを見て、火山噴火の様子を確認しようと思っていたのに、目が覚めたら終わってました・・。

いまも私はベッドのなか・・・。福ちゃんは、私の足を枕に、ニコさんは私の首をまくらに胸のうえで熟睡中です。

旅行中は、ニコ福さんのお世話に、毎日、キャットシッターさんに来てもらっていました、食事やウンチやオシッコの様子、体調とともに、二匹がどんなだったか、写真つきでレポートを送って下さいます。


【4月8日】
ニコさん今日も元気にお出迎えでした。
ベランダの窓のところに
ステキなベッドが出来ましたね。
ニコさんそこでコロリとなって
ちょっとモモンガみたい、、、

ニコさんは最近良く食べますか?
ちょっとお腹まわりが大きくなっているようですね。

福ちゃんはしばーらくして出て来て
でも、大歓迎です。
コロコロ転がって甘えモード全開!
そんなご機嫌モードに水を差すようでしたが
爪が伸びていたので捕まえてカットしました。


【4月9日】
寝ぼけ眼でもお出迎えに来てくれたニコさん
慌てて出て来たものの、ぼーっと丸まっていました。

福ちゃんも椅子の上で寝ていました。
床に降りて大きなアクビ
と同時に「ナーっ!」と大きな声
福ちゃん本当に面白い!!

ニコさんがトイレに入ると
福ちゃんトイレ蓋に上に乗り
蓋越しにニコさんの様子を観察
添付写真はその時のものです。
福ちゃんの影が蓋に映っているのではなく
ニコさん中で必死に砂かけ中です。
砂かけと言っても蓋をカリカリ
かいていただけですが、、、。


【4月17日】
昨晩から今朝にかけて雪が降ったので、
昼間は一瞬お日様が出てポカポカ陽気でしたが
お部屋の温度はがくんと下がった感じです。

ビニール紐おもちゃ好評です。
ニコさんは狂ったように追いかけ
手をバタバタさせながら
狙いを定めてびよーんと飛んで来ます。
ニコさん全く周りが見えない感じで
どこにでも飛んで行っちゃいます。

そうかと思うとそのまま隣の部屋に走り去り
福ちゃんがニコさんいなくなってやっと遊べる!?
と遊び出すと、どこからともなく
また、びよーん!と飛んで来て
福ちゃんなかなか遊べません。

ニコさんが一段落すると
やっと自分の番と福ちゃん落ち着いて遊び始めます。
福ちゃん激しさはありませんが
遊び始めると長いです、、、。
手を休めるとクリクリお目目で
おもちゃ動かして、、、と訴えます。


【4月18日】
火山の噴火すごいみたいですね。
ニコさんの甘えん坊ぶりもすごいですよ!

福ちゃん今日は肩乗り猫で
洗い物をしていると背後から忍び寄り
よっこらせっと肩に登って来ます。
そしてなぜかお尻を私の頭の上に向ける感じで
体勢を整えます。
動かそうとしますが、その体勢がご希望のようです。
でも、なんだかなぁ、、、



c0125114_11322722.jpg

c0125114_11323626.jpg


c0125114_113316.jpg
c0125114_11332135.jpg


c0125114_11334121.jpg
c0125114_11335569.jpg


c0125114_11341542.jpg
c0125114_11342858.jpg

by hiroshimapop | 2010-04-25 11:36 | 今日のニコさん | Comments(0)
帰国しました~
ミュンヘン経由組は、今朝、10時すぎに成田に飛行機が到着。光田兄団長のフランクフルト経由組も、朝、成田空港に到着していますし、ポルトガルに寄った現地解散組も昨日帰宅しているので、これで旅の仲間、全員が帰国できたことになります。ミュンヘンからの国際便は満席でした。

いろいろご心配をおかけしたかと思います。
どうもありがとうございました!

私は、成田空港から、会社の近くまでバスが運行されているので、そのバスに乗って、午後1時すぎに会社に出社できました。

出迎えてくれたスタッフたちと思わずハグをしてしまいました。

小林団長には絶句されそうですが、成田空港に着いてみれば、あと1週間くらい旅を続けていたかった気もします・・・・。

キネシオロジストの慶太さんからは毎日のように電話があり「大丈夫?なにかあったら言ってね」とスタッフを励まして下さったそうで、本当に心強い限りです。


私がお気楽に旅に出られるのも、あと1週間旅が延びても大丈夫~って思えるのも、お店をしっかり守ってくれている頼もしいスタッフの存在、留守を守っているスタッフを心配して下さる方々の励まし、そして、なにより日頃テンプルを支え、応援して下さっているお客様のおかげです。

本当にありがとうございます~。


我が家のニコフクさんたちにはまだ会えてないので、これから自宅に戻って、明日の日曜日はゆっくり自宅でスーツケースを片付けて過ごします。


いろいろご心配をいただき、ありがとうございました!

取り急ぎ、帰国のご報告でした。


おまけ
慶太さんからのニュースです。
25日(日曜日)夜9時放映の「エチカの鏡」でブレインジムを紹介するそうです。慶太さんは出演しませんが、ブレインジムは脳トレと姿勢矯正が一度にできる体操です。
by hiroshimapop | 2010-04-24 14:22 | ただいま海外で体験中! | Comments(3)
帰国情報アップデート(ドイツ、ミュンヘン時間朝9時半 日本23日午後4時半)
夕べ、ミュンヘンに到着。こちらで1泊して、午後の便でようやく、成田に向かう国際便に乗れそうです。

昨日の午後、ローマ空港に行ってみれば、2つのグループに分かれての帰国のハズが、3つのグループに分かれての帰国の手配となっていました・・・。

小林団長グループ、光田兄団長グループ。そして、なんと私、光田妹団長グループの3つのグループができあがり。

光田兄団長グループは、フランクフルト経由、私たちはミュンヘンに1泊、そして小林団長グループは、昨日、またまたローマの同じホテルに戻り、さらに1泊して今朝ミュンヘンに到着。ミュンヘンで乗る飛行機は同じなので、午後からは合流します。


実は、昨日、ミュンヘン空港では、私の心に大激震が走る出来事がありました・・・。
夕方5時半発の飛行機に乗るべく4時すぎに搭乗口を確認。搭乗口前にあったカフェに入って搭乗開始を待っていたところ・・・

5時前にゲートに行ったら、なんと私たちが乗るハズの飛行機の便名が掲示板から消えている。
ルフトハンザのスタッフもいない・・・。

あわてて搭乗口を確認しに、飛行機の発着情報がすべて掲示される掲示板を見に行ったら、夕方5時~6時台の便名がすべて消えている!しばらく(といっても10秒くらい)待っていても、画面が切り替わらない。ルフトハンザのカウンターに行っても「分からない」と言われる・・・

焦りました。
この期に及んで夕方の便すべての発着がキャンセル? 国際便は明日の午後発だから、この飛行機がキャンセルになってもなんとかなる・・・などなど、いろいろなシチュエーションを頭にえがいて、空港の中を走り回りました~。仕方ないので、トラベルエージェント経由で発着状況を確認してもらおうと、携帯で小林さんに電話して状況説明をしているところに、新しい発着情報が掲示されて、ようやく単なる搭乗口変更だということが判明・・・。

あ~、よかった~。きっと変更のアナウンスがあったんでしょうが、ドイツ語なまりの英語が私には全く聞こえなかったのでしょう。

兄には「まだまだ信心が足りない」って言われてしまいましたが、はい。それは十分にそうです・・・・。


そして、夕べ、ミュンヘンに到着してまたまたビックリ!

ドイツでは国際的な展示会が開催されることで有名なのですが、こちらミュンヘンでは25日まで建築関係の展示会が開催中。そのため、フツーのフツーのホリデーインの宿泊料金は1泊300ユーロで4万円近く!もしかしてゴージャスな部屋か?って期待していたら、ごくごくフツーのビジネスホテルでした。しかもインターネット接続は有料だし!

同じくドイツ滞在組となったフランクフルト泊の兄グループのホテル代は1泊50ユーロ前後。どこに泊まるかで、個人負担額は変わってきますね。だから昨日は、ミュンヘン泊になった旅の仲間が「あとローマに数日滞在することを思えば同じくらいだし・・・」とか「朝、ゆっくり眠れるし・・」とか、高い宿泊費を払ったことで得られる「いいこと」を指折り数えておりました。

なんと前向きな旅のグループ・・・・!


昨日空港で、旅の仲間たちと今回のツアーについていろいろ話しをしていたんですが、あまりにここ数日が濃かったので、メジュゴリエに行ったのは遙か昔、1年くらい前、アッシジには半年くらい前に行ったような気がします。

ローマ観光に行ったのもほんの1週間前なのに、1ヶ月くらい前のような・・・。

最初の6名がローマから発ったおとといの出来事も、昨日次の6名が発ったのも、いつの出来事だったのか頭の中で時間経過とカレンダーを照合しないと、ずいぶん昔のような気がするくらいです。

メジュゴリエもアッシジもすべてが夢の中の出来事だったような・・・。でもスーツケースにはメジュゴリエで買った本が入っているので、やはり今回の旅での滞在だったんですよね~。

この数日は、「日にち単位」ではなく「時間単位」で状況が変わったり、朝2時起きとか4時起きとかで1日が長かったこともあって、今回の旅行、特にこの数日は、私たちのグループは世の中とは別の「不思議な時間枠」のなかで生きていたような気がします。

ともかくも、土曜日の午後には自宅に戻れそうです~。
by hiroshimapop | 2010-04-23 16:51 | ただいま海外で体験中! | Comments(5)
帰国情報アップデート(ローマ時間22日朝11時ー日本時間午後6時)
たったいまの最新情報で、今晩発のミュンヘン行き、フランクフルト行きの飛行機の座席が押さえられたので、急遽、午後に空港に向かうことになりました。

前回のように、ドイツ間の離発着がキャンセルされなければ、2つのグループに分かれ、経由地は違いますが、どちらのグループもドイツで1泊し、全員が明日の午後の国際便に乗って帰れそうです。

帰国は成田着で、2便とも土曜日の午前中。

関東圏の人は、土曜日の午後3時頃には自宅に戻れるのではないかと思いますよ。


刻々と状況が変わりますが、旅のメンバー、誰一人として文句をいったり慌てふためく人もなく、かえって、この旅の一瞬、一瞬を楽しんでおります。

こんなことがありながらも、奇跡のように素晴らしい旅になっています。
実際、夕べ一緒にお食事した旅のメンバーは「本当に毎日が感動的で、毎日が楽しくてしかたがない。素晴らしい旅になっています」っておっしゃっていました。

火山噴火まで、旅はその目的地が主人公でしたが、火山噴火があって帰国できないということが分かってからは、旅の主人公は「人そのもの」になりました。

そういう意味で、今回の旅は感動と奇跡の旅になっています。

何が起ころうと、この旅のメンバーは心平静で、自分を見失うことなくお互いを支え合い、喜びを分かち合いながら、旅の行程すべてを楽しんでいますので、どうぞご安心ください。


以上、最新情報でした。
by hiroshimapop | 2010-04-22 18:28 | ただいま海外で体験中! | Comments(1)
帰国情報アップデート(ローマ時間22日朝8時ー日本時間午後3時)
今朝も、団長小林さんが空港にローマのエージェント担当と行き、6人分の座席をゲット!
6名が今日の便に乗ることができました。

今朝、帰国できたのは
千葉の徳江さん
横浜の吉田さん
北海道の村上さん
埼玉の阿部さん
横浜の酒井さん
宇都宮の坂本さん
です。

上記の6名は、座席のキャンセルが出たとき、たった1人でも国際便を乗り継いで一人で帰ります!と夕べのミーティングのときに表明していた方々。

徳江さんも金曜日のうちに帰国できそうなので、週末の気功の勉強会には間に合いそうですよ。徳江さんのお弟子さん。フレキシブルに対応できるようにスケジュールは空けておいてくださいませ~。

昨日帰国できた旅の仲間から入っていたブログコメントによると、国際便はガラガラのようなので、国内線さえゲットできれば帰国できそうですね~。国際便を優先的に離発着させているようなので、あとは国内線の飛行機の離発着がスムーズにいけば、明日はもっと大勢の帰国できそうです~!
一人旅をしたことがない人や英語が全く話せない人も、旅の仲間が一緒なら、団長がいなくても乗り継ぎはできそうですしね。


昨日は、長い滞在になったときのことを考え、食費はきりつめ質素にしましょうと、ホテルの朝食を少し多めに食べて、ランチは無し!にしたものの、夕べは小林さんや光田兄の慰労をと、今晩が「イタリア最後の晩餐」になるハズの方々のために、おととい行ったビストロで、やはりたらふくイタリア料理を堪能。オリーブオイルたっぷりの野菜料理が多かったので、おなかの調子もいいです。


昨日は、眠れたのは結局、1時間10分だったという極短の睡眠時間だったにも関わらず、「明日には全員分の帰国便が取れるかも・・・」という強気の楽観主義に支えられ、空港から戻って、部屋をチェックインしなおし、お昼にブログを書いたあと、旅のメンバーとともにバスと徒歩で、カラカラ浴場からDomine Quo Vadis(主よいずこに・・・)教会(アッピア街道沿い)まで歩き、さらに、スカラサンタ礼拝堂などローマ主要の教会をひとまわり。

1日の歩行数は2万歩にも達しそうなくらい歩きました。昨日は・・・。
Domine Quo Vadis(主よいずこに・・・)教会は、残念ながら、30分も歩いて行ったのに、教会のドアはクローズ。でもとても重要な場所なので、今日、また再トライしてみようと思っています。

これから、またミーティングがあるそうなので、これからロビーに降りていきます!
by hiroshimapop | 2010-04-22 16:03 | ただいま海外で体験中! | Comments(2)
帰国情報アップデート(ローマ時間21日正午ー日本時間午後7時)
今朝2時起きで荷物のパッキングとテンプルのスタッフとの情報交換などを行い、3時45分にホテルを出発。
早朝4時半には空港に到着しました・・・。

が・・・・・

まだローマにいます。

「ローマの休日」ならぬ完璧「ローマの休暇」です。

状況を簡単にご説明すると、飛行機の経由地だったフランクフルトへの飛行機がすべてキャンセル。つまり、私たちが乗るはずだった便だけではなく、今日のフライト全部がキャンセルになりました。

でも、ペテロ小林は諦めません・・・・。
現地ローマの旅行会社のエージェントの方と一緒に、光田兄と3名で航空会社と直談判を開始し、まず4名分の座席をゲット。

出発は30分後というギリギリセーフで4名がチューリッヒ経由のスイス航空で帰途につきました。

帰国できたのは
名古屋の磯部さん
長野の村井さん
兵庫の緒方さん
静岡の大竹さん
です。

大竹さんはもともとビジネスクラスで申し込んでいたので、座席のゲットは比較的スムーズだったようですが、あとの3名は直談判の結果でした。ただこの名前はコンピュータが自動的にはじき出します。みなさんそれぞれ早く帰国したいと思いますが、どの名前がプリントアウトされるかは、完全に「天の神様の言うとおり」だったそうです。これをこちらの都合で、他の人の名前に変更しようとすると、いったん、登録された名前を搭乗名簿から抜く必要があり、抜いた瞬間に、別の人の名前が入ってしまうこともありえるので、個人の都合というのは、なかなか反映できないそうなのです。

ただ、その後「念のため」「万が一」と、もう1回交渉してもらった結果、追加で2名の座席もゲットできました。
これはチューリッヒでの国際便乗り換えが「キャンセル待ち」扱いのようなのですが、今日だめでも明日の座席は確保できるということで、追って2名が帰途につきました。

追加で帰国できたのは
名古屋の安藤さん
横浜の本園さん
です。


この6名全員、無事、国際便に乗れました~。
ありがたい~!


結局、空港に残ったのは30名。
私たち30名は、25日(日)発で8名、同じく25日(日)発で3名、26(月)発で19名で帰国便のチケットは押さえられていますから、今日のように急にフライトがキャンセルにならないかぎり、27日(火曜日)には全員が帰国できそうです。

ただ、今日のように、交渉のタイミングがよければ、2重、3重と申し込んでいたチケットのキャンセルがでたりして、数枚ずつでもゲットできるかもしれないので、小林さんもトラベルエージェントの方も、さらに明日、航空会社と交渉をしてくださるそうです。

日本で、旅のメンバーのご家族の方、お知り合い、お友達、そして職場のみなさんなどなど、私たちの帰国を首を長~くして待っていらっしゃると思いますが、ともかくも、今日もまだローマに残ってしまったメンバーも全員元気でいますので、その点はご安心ください。

ホテルはいったんチェックアウトしてしまったので、新しい部屋割りをしたりチェックインをしたりとで、結局午前中はずっと空港にいるか、ホテルのロビーで時間を過ごすか、という感じでした。

次の追加情報がなかなかブログにアップできる状況ではなかったのですが、ようやく部屋割りが決まり、いまホテルの部屋に入ったところです。

多くの参加者は、追加の旅費を浮かせるためにシングルユースをツインに、あるいはトリプルに。ツインをトリプルにと変更されましたが、私は人数調整でシングルユースになりましたので、今晩は、旅行の間ほとんど読めていなかったメールをゆっくり読んだり、お返事を書いたりしたいと思います。

夕べは「今日が最後のイタリアの夜」とばかりに「最後の晩餐」を楽しんだのですが、今日からはかなりの節制状態に突入します~!


私は、24日(土)が月に1度の店長DAYでした。
ちょうど旅の直後でご来店のお客様に旅のご報告ができるかなと思ったのですが、これは来月に持ち越しとなりました~。


以上、最新情報のご報告まで。

追伸:徳江さんの気功のお弟子さんへ。
徳江さんの帰国は、現時点では27日です。この週末に予定されたいた気功の勉強会は開くことができません・・・とのご伝言でした。

追加です。急にキャンセル待ちが取れて帰国できた場合には、追ってこのブログにてご連絡します。


朝5時前の出発ロビーです。写真には写っていませんが、2Fのロビーでは完全に横になって熟睡している人が大勢いらっしゃいました。ローマなのに、荷物をわきにおいて・・・・。大丈夫なのか・・・とこちらが心配になるほど。
c0125114_20193439.jpg

c0125114_2020139.jpg

by hiroshimapop | 2010-04-21 19:49 | ただいま海外で体験中! | Comments(3)
帰国情報アップデート(さらに最新情報)
ポンペイ遺跡のツアーを楽しみ、帰りのお店でアンチョビやトマトソースを帰国みやげに買ってホテルに戻ってみれば、そこに、暗い顔をしたツアーメンバーが・・・。

なーんと、なんと、明朝、私たちが乗る予定だった飛行機がキャンセルになったとの連絡が入ったとのこと。
その1時間前には、携帯に小林さんからチェックアウト時間などの連絡が入ったばかりだったので、まったく寝耳に水。

ただ、夜の間に天候状況が変わって飛行機の離陸許可が下りる、という可能性も残っているので、スケジュールは変わらず、予定通りホテルをチェックアウトして空港には向かうこととなりました。

逆転ホームランの可能性は、まだ残っています。
映画「インビクタス」にもありましたが、奇跡は最後の最後で起こるかもしれませんから・・・。

1度、帰国できると浮かれた心には、2度めの「帰国の見通し立たず」の状況に、1回目よりも深く凹みましたが、ホテルでじっと凹んでも仕方ないので、ツアーメンバー8名と一緒に、バスの添乗員さんオススメのビストロで晩ご飯をしこたま食べてきました。

これこそがアジア人の底ぢからかもしれません・・・・。食べて笑って、明日の活力を得てきたところです。

明日、また新たな長ーい1日が始まりますから・・・。

明日(といってもあと数時間後)、朝2時45分にモーニングコールが鳴り、朝3時45分にホテルを発ちます・・・。


ということで、木曜日の帰国は現時点では「微妙」になりました。
日本で首を長く待ってくださっている皆様、日本から「神風」を送ってくださいね~。


次のブログは、日本に戻ってゆっくり自宅で書きたいものです。


ちなみに、カプリに行った組は、結局、青の洞窟には入れなかったそうです。今日のカプリは風もない晴天の1日だったので、こんな日に青の洞窟に入れないとなると、入れる状況がそろうほうが少ないかもしれないです~。
by hiroshimapop | 2010-04-21 05:51 | ただいま海外で体験中! | Comments(2)
帰国について最新情報のアップデート
ローマ時間、朝10時(日本時間、夕方5時)の近況報告です。

月曜日に曜日が変わったところで、飛行機の搭乗の可能性が見えてきました。

いま団長・小林さんと光田兄が空港に、状況確認と航空券チケットを押さえるために空港に行っています。

早くて、今晩発、おそくとも明日、あさってにはローマを発てそうです。
このまま飛行機の離発着の許可が取れれば、木曜日までには全員の帰国ができそうです。

追ってまたご報告します。

以上、最新情報でした。

*******************************************************
ローマ時間、午後10時半(日本時間 火曜日の早朝5時半)現在の情報アップデートです。

団長・小林さんと光田兄が空港での直談判交渉に粘りをみせてくれたおかげで、水曜日の早朝、ローマを発ち、フランクフルト経由で木曜日の朝に成田に着く飛行機が取れました!

しかも、一時は、木曜日に帰国できるにしても、2つのグループにわかれ、1つは北回り、1つは南廻りで、飛行機をいくつも乗り継ぎ、空港で一夜を明かしながら帰国するというハードスケジュールの航空便だったのです。それでもチケットがおさえられるだけで御の字と言われていたのですが、なんとなんと、逆転ホームラン。全員同じ飛行機で、乗り換えは1回だけ、という好航路で帰国できそうです。

飛行機の変更は1回のみ追加料金もかからないので、飛行機チケットの取り直し費用もかかりません。
追加にかかったのは、3日分のホテル代と食費だけ。

ありがたいです~。

旅の仲間の安藤さんは、木・金で伊勢神宮のご奉納コンサートを予定していたので、どうしても木曜日の朝には帰国したいと言っていたのですが、ギリギリそれに間に合いそうです。もう一人も木曜日の午後に引っ越しの契約があるので、それも滑り込みセーフです。

明日、完全にまる1日、自由時間。
しかも、帰国のメドがたったので安心して遠出ができるということで、明日はツアーメンバーのうち25名で、「ボンベイ」や「青の洞窟」のバスツアーに申し込みました。

バスツアーのカウンターに今日の午後、行ってきたのですが、そこでも、こんなに早く帰国できるのはとてもラッキーなことですよと、ビックリされていました。

小林さんにはここ数日、36名分のチケットゲットの重圧があり、心休まるときもなかったと思います。小林さんも光田兄も、ようやくほっと一息。明日は心ゆくまで「ローマの休日」を楽しんでもらいたいものです。。。

私は明日はボンベイ組です。
by hiroshimapop | 2010-04-19 17:41 | ただいま海外で体験中! | Comments(4)