毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

<   2009年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧
大輔くんの試み
女性の子宮や卵巣のトラブル撲滅を人生のミッションとしているイトコの大輔くん。
経血コントロールをして、生理中も、生理用ナプキンを使わず、トイレで経血を流せるようになりましょう!と経血コントロールの体操や布ナプキンの効用を解説した「ノーナプキンへの道」っていう冊子を無料で配布しています。

いまその第3版の制作に取りかかっているらしいんですが、大輔くん本人は、男性であるがゆえ、生理がどんな感じのものなのか、生理用ナプキンを使って過ごす生活がどんなものか、いまいち、体感することができません。

そこで、大輔くん。少しでも女性の体感を味わいたいと、先日から女性用のナプキンを実際に使い始めました。いま使っているのは、石油科学系の、いわゆる「紙ナプキン」。さらに生理中の状態を再現したいので、ちゃんと水で湿らせて使っております・・・。

「いやぁ。女性は大変ですね~。こんなものを毎月使っているなんて~」ってこの前会ったとき、しみじみ言われてしまいましたが、なんと、使い始めてさっそく、お尻に赤いポチポチが出きてしまったそう。

しかも「擦れて痛い!」

そうでしょう、そうでしょうとも。

いまは「高分子吸収体」で薄くなりましたが、35年前は、厚さ1cmもあろうかというほど分厚い代物。しかも、羽もなけりゃ、テープもない。いかに漏れを無くすか、お尻のモコモコ対策をするか、そりゃぁ大変でした。いま考えると、不便ではあったけれど、まだちゃんと生理用品に「紙」が使われていた時代。漂白されてはいましたが、化学物質だらけの今の生理用品よりかは、女性の身体にはやさしいものでした・・・。

そんなモコモコの生理用品を入れたポーチを抱えて、授業の合間の休憩時間にトイレに急いでいると、「今日はアレかぁ~」と興味津々の目つきで、思春期まっさかりの男子から冷やかされてしまうし・・・。

大人になってしまえば、毎月の当然の生理現象として世の中の受け入れ態勢はできていますが、思春期世代は、いかに「それ」を人目から隠すのか、いろいろ大変だったのでございます・・・・。

もはや、オバサンを通り越して、すっかりオヤジ化している私は、そんな話題を大輔くんと臆面もなく電車の中や、ゴハンを食べながらしておったのですが、まさか、大輔くんと生理用品の使用感について、こんなに微に入り、細に入り話す日が来るとは、1年前には全然想像しておりませんでした・・・・!

大輔くんは、紙ナプキンをしばし体感したら、今度は「布ナプキン」に挑戦するそうです。
by hiroshimapop | 2009-06-30 21:08 | 日記 | Comments(1)
お蕎麦パーティ~!
           今日のランチタイムは、スタッフみんなでお蕎麦パーティ~!
c0125114_23111065.jpg


お料理好きのスタッフ、河内が、頑張っていろいろ用意してくれました~! めんつゆは、梱包担当の小林の自家製。私はオヤジのように何もせず、直前まで仕事して、テーブルに座れば食事が出てくる状態。

大根おろしは私のリクエスト。お蕎麦に大根おろしと野菜をたくさん乗っけて、めんつゆとフラックスオイルをかけて食べるのが、お蕎麦やうどんを食べるときのマイブーム。なかなかいけます!

薬味がキレイに盛りつけられて、いつもの「お蕎麦」がゴージャスお蕎麦に大変身でした~。
by hiroshimapop | 2009-06-29 23:21 | 日記 | Comments(2)
長岡式酵素玄米とガストン・ネサンアカデミー
日曜日の今日は大輔くんと午後から長岡式酵素玄米の講習会へ。

以前、マクロビオティック(玄米正食)をしているとき興味を持ったものの、そのうち玄米も含め、「ゴハン」そのものを食べなくなったので、1度も講習会を受けず。

ただ横浜に移転するにあたり、今度は、ちょっとしたスタッフの休憩室ができるので、そこで酵素玄米を炊いておけば、スタッフが夜、残業をして遅くなるとき、夜食になっていいかなぁ~と。

2年前から酵素玄米を自宅で作り続けている大輔くんから「ジャーがかなり大きいよ」」とは聞いてましたが、実物を見てみればホントにでかい。2升のご飯が保温できる業務用の大きさだそうで、さすがに、これだけの大きさのジャーを置くスペースは全くない!しかも、圧力鍋で玄米を炊くときに、十分なガスの火力が必要だそうで、ちょっとアイディア倒れになってしまいました・・・。

自宅で作ってオフィスにその日の分を持参する手はありますが・・・。


講習会のあとは、山田バウさんと待ち合わせ。
6月初旬に行ったカナダツアーが少しずつ結実しはじめ、留守番組みだったバウさんが中心になってガストン・ネサンアカデミーの設立に向けて動いていらっしゃいます。

------以下、バウさんのブログより---------

さて、新しいガストン・ネサン氏関連の動きをご報告させて頂きます。

7月から【ガストン・ネサン アカデミー設立準備室】を立ち上げることがになりました。この機関は、ネサン氏が日本で唯一公認する機関となります。

これから一年の期間、準備室の室長として【ガストン・ネサン アカデミー】の正式発足までの舵取りをすることになりました。

何から何まで、まだまだ『ゼロ』の状態ですが、長年ガストン・ネサン氏が研究に励んで来られた「正統ソマチッド理論」を日本に正確に踏襲できる機関に育て上げたいと思っていますのでよろしくお願い致します。

----------------------------

日本各地で様々なボランティアや社会貢献の組織を作り上げてきたバウさんが、これから1年かけてガストン・ネサンアカデミーを実質、任せられる人を育てながら、軌道に乗るまでの道順をととのえていかれることになったそうです。

カナダでもちょっと稲田さんからは聞いたのですが、ここ数年、日本では何故かガストン・ネサンの714-Xや「ソマチット」商品がガンに効果がある、ということで「お金儲け」の道具として使われはじめています。嘘みたいな話ですが、714-Xのワンクール(21日間)のワクチンに280万円という高額の請求をしていた医師がいたそう。

え?? に、に、にひゃくはちじゅうまんえん??? って、大輔くんと私は、二人して、目を白黒。

しかも、そのドクター。そけい部に注射するワクチンではなく、そけい部ワクチンを補佐するために吸入して使うネプライザーと呼ばれるものを、なぜか「舌下」に落とす方法で使っていたそう。使っているワクチンも、使った方法も誤っているうえに、さらに280万円という、想像を絶する高額な請求金額。

良心の塊のような心優しいネサン氏にお会いした後なので、なおさら、このガン患者をクイモノにするこのドクターの厚顔ぶりに、「なに考えとんじゃ~!」と怒りさえ憶えてしまいます。

ほかにも、ネサン氏のソマチッドを私も発見した!と、とあるドクターは、自家製ソマチッド(?)を2000万円でガン患者に販売したこともあったそうで、もう、ここまで来たら、ドクターというより、魑魅魍魎、妖怪や餓鬼のたぐいとしか私には思えません・・・。

ついでに書くと、714-Xとソマチッドは別物です。さらに714-Xのワクチンがソマチッドを活性化するとか、ガン細胞を攻撃する、といったものでもありません。

★ソマチッドやネサン氏のことを、イトコの大輔さんが、ガストンネサンのことを5回にわたりブログに書いています。私がカナダで、夜、ヘロヘロの頭で書いたのとは違い、こっちのレポートのほうがちゃんとまとまっていますので、こちらもご参照下さい。


714-Xは、これから少しずつ日本に普及してくると思いますが、このワクチンはそんなに高いものではないので、もし、この注射に、ん十万円とか、ん百万円を請求するドクターがいたら、スタコラサッサと、すぐにそのクリニックとおさらばしたほうが身のためです。

※現在、横浜のイーハトーブクリニックでは、6万円(21日分のワクチン)でされているようです。カナダで直接ネサン氏から買っても400ドルしますから、6万円というのは、ドクターには利益はあまりなく、ある意味、良心的すぎる価格だと言えます。
※この注射は、インシュリンのように自分で注射できるので、毎日クリニックに通う必要はありません。


ビジネスの社会に踏み込んでみると、ここは全くの男性原理の社会。たとえスピリチュアルや霊性向上をうたっている精神世界であっても、ホリスティック医学の世界であっても、また命を救うのが使命の医療の世界であっても、残念ながら、競争原理や物質や金銭優位原理が働き、いろんな欲が渦巻いています。

私のようなのほほん店長なんて、彼らにしてみれば、赤子の手をひねるようなものでしょうが、ガン患者さんに400ドルのワクチンを280万円で請求するようなドクターとは一生ご縁がなく、そで振りあわない世界で私はのんびーり生きていきたいなぁと思います。きっと会っても、意見も気も、全く合わないでしょうし・・・。

私はよく知らないのですが、ネットワークビジネスにも、すでにソマチッド(ソマチット)商品が登場しているとか。おそらくこれらはネサン氏の意志や理論とは全く別のところで勝手に始まったものだと思いますので、どうぞご注意下さい。
by hiroshimapop | 2009-06-28 21:41 | 日記 | Comments(0)
1ヶ月後に横浜に移転!
昨日、メルマガでお知らせしたんですが、来月末、テンプルのお店は横浜に引っ越します。

場所は港北ニュータウンと呼ばれる場所。センター南駅が最寄りの駅になります。

センター南駅は・・・
横浜から市営地下鉄で22分
田園都市線 あざみ野から7分
東横線 日吉駅から13分です。

目の前が大きな公園。映画館やスポーツジムが近いので、今度は会社帰りにジムに寄ったり、映画を見たりっていう、なんだか「都会」の人みたいな生活ができるかもしれません。

この物件はどうやって見つけたんですか?って聞かれたんですが、ネットです。
うちの愛猫、ニコさんもネットで見つけましたが、引っ越し先もインターネットの検索でヒットした場所。いまは自宅にいながら、なんでも見つかります。結婚相手だってネットで見つけている人がいるんですから、引っ越し先くらいお手のモノかもしれません。

実は、移転先はまだ建築中。東急不動産さんがいま、あちこちに有料老人ホームを作っていて、上階がその老人ホーム。下がオフィスになるビルのテナントとして入ります。

老人ホームの方はきっと時間に余裕があると思うから、そこの元気な方々にお仕事をお願いしようかしら?って東急の担当者さんに言ったら「お金に余裕のある方々しか入居しないので、きっとパート勤めはなさらないと思います・・・」って言われてしまいました。

同じ階には幼稚園と絵画教室が入ることが決まっていて、幼稚園の内装はほぼ出来上がってました。上が老人、下が幼稚園児という人生の縮図のようなビルです・・・。


今回入居するのはピカピカの新築物件。

最初見に行ったときは、まだ鉄とコンクリートの塊。図面だけで入居申込をするという私には全くはじめての経験。しかも、テンプルが申込を入れたお部屋は、他の会社の申込が入っている2番手物件。そこの会社が入居を辞退したら入れる、という状況でした。

それがいろいろ紆余曲折があって、ようやく入居できるのが決まったのがもう5月連休後。それから設計事務所さんにオフィスのレイアウトやデザインを依頼して毎週のようにうち合わせ・・・・・。

そして移転日が正式に決まったのが、私が海外に行っている間のメールで、というバタバタを繰り広げています。

コンセントや電話線の位置から壁紙、オフィスに置くパーテーション。新しく購入するイスや机・・・。引っ越しに関わる何から何まで「社長決済」を待っているので、いま私は何がなんだか状態です。

きっと大企業だったら総務の人たちや、プロジェクト担当の方がされるんでしょうが、小さな小さなテンプルのお店では、スタッフは日々の仕事で手一杯。なので、私のスケジュール表は「打ち合わせ」だらけになってます。

移転まで残り1ヶ月を切りました。
最初からラストスパート状態でしたが、来週からは、それに拍車がかかりそうです・・・・。
by hiroshimapop | 2009-06-27 22:52 | テンプル最新情報 | Comments(3)
スフィンクス・福ちゃん
全身ダブルコートに覆われている猫にとって、夏はちょっと辛い季節。
さっそく福ちゃんが、自力でお腹を冷やしていました。前から見ると、スフィンクスみたいですが・・・
c0125114_13121470.jpg

                         横から見ると、こんな感じ・・・
c0125114_13124837.jpg

                         何を考えているのやら・・・ 
c0125114_13125931.jpg

by hiroshimapop | 2009-06-26 13:16 | 今日のニコさん | Comments(0)
的場 浩司さんとエンジェルケーキ
今日の午後、「徹子の部屋」で、テンプルの目の前にある洋菓子屋店ブルーリボンのエンジェルケーキが紹介されるっていうので、見てました(テレビが無いので携帯画面で・・・)。

ゲストは俳優の的場浩司さん。

ブルーリボンのゼリーは以前、とんねるずの番組で取り上げられ、連日行列が続いたことがあります。
今回はどうでしょう? 徹子の部屋は昼間の番組なのでとんねるずの番組よりは影響力は小さいと思いますが、それでも午後には、エンジェルケーキを買いに来たと思われる方々がお店にいらっしゃいました。

実は私もこのお店のエンジェルケーキは好きで~す。年に1ヶも食べないけど、好きです!もともとふわふわのシフォンケーキは大好き。さらに、ここのエンジェルケーキは卵白だけで作られていて(おそらく)、弾力のあるふかふかのパンのようなケーキになってます。生クリームが苦手な私も好きな一品。

テンプルでは、以前よく、ホールで買って、スタッフのお誕生日に食べてました。

ここで甘いモノをご紹介すると、お叱りを受けそうですが、でもホントに美味しいっす。テンプルのお店にいらっしゃるチャンスがあれば、ついでにどうぞ。エンジェルケーキが売り切れていたら、シフォンケーキもオススメです。


ちなみに、番組内で紹介されたスイーツ(テレビ朝日のHPから)は下記。徹子さんのオススメはルコントのバレンシアでした。青山にあるようなので、今度行ってこよ~!

※イチゴのタルト
お店:キル フェ ボン銀座  
場所:東京都中央区銀座2-4-5 問い合わせTEL03-5159-0605 
  
※抹茶わらび餅
お店:京はやしや 
青山店  場所:東京都渋谷区神宮前5-52-2 オーバルビル2F 問合せ先TEL 0120-8848-46
 
※バケツプリン
お店:さんま亭  
場所:愛知県豊田市竹生町3-13 バケツプリンビル1F 問い合わせTEL 0565-31-1141

※エンジェルケーキ
お店:Blue Ribbon(ブルーリボン)
場所:東京都世田谷区奥沢3-29-7 問い合わせTEL 03-3726-1332

※バレンシア
お店:ルコント
場所:東京都港区南青山1-1-1 新青山ビルB1 問い合わせTEL 03-3475-1770


私はあまりドラマを見ないせいか、俳優としての的場浩司さんをよく知りませんでした。
でも、繊細で素敵な方なんですね~。ちょっと顔が怖そうな分、いかつくヤンチャなイメージがありましたが、家族思いで愛情溢れる方なんだな~って、夫として、父親として、最大限、自分ができることはしようって、実践していらっしゃる姿に胸を打たれてしました。

そして、ささやかな幸せ積み重ねられる感性に、あ~、この人は幸せを感じる天才だなぁと・・・。

たとえば、的場さんが言われた幸せってこんな光景でした。

娘さんが生まれて、奥さんがとても大変そうに見えたので家事を手伝うようになった。
仕事が無いときには朝4時頃に起きて、5時頃から洗濯をして干している。冬の寒い日、洗濯が終わって干し始めるのはだいたい朝の6時。そして太陽が昇るのが7時くらいになる。
すると、太陽が昇り始めるとともに、特に黒いTシャツからは水蒸気がふわ~っと上がり始める。それが朝日をあびてキラキラとっても美しいんですよ~。


掃除機をかけていると、時々、カラカラカラと固いものが掃除機に吸い込まれていく音がする。最初、それが何の音なのか分からなかった。だけど、それは子供達がこぼしたゴハン粒だった。
まだ小さな子供達がゴハンを食べるときに、食べ散らかして、洋服にゴハン粒をたくさんつけてしまう。そして、洋服についたゴハン粒はだんだん乾いて、遊んでいるうちに床に落ちてしまう。その乾いて床に落ちたゴハン粒を掃除機が吸い込むので、カラカラと音を立てていたんですよ。
その音を聞きながら、あ、自分は家にはいなかったけど、息子は今日、こんなところで遊んでいたんだな~って想像すると、とても幸せな気持ちになるんですっ。

あ~。なんて、幸せな光景なんでしょう。

「なんでボクが朝も早よから、こんな家族の洗濯モノを干さないといけないんだ!」「もう、こんなところにゴハン粒を落として!」って思うんじゃぁなくて、それを「あ~、洗濯物のシャツから水蒸気が立って、それが朝日にあたってキレイだな~」って見とれるお父さんの元で成長する子供達は、感性豊かな大人に育つでしょうね。


気がつけば、幸せの種はあちらコチラに落ちているんだなぁって思います。
人の幸せって、どんなことでも、それを幸せだと感じられる「心」があることが一番の幸せなのかも。
by hiroshimapop | 2009-06-25 16:58 | 日記 | Comments(0)
入江富美子監督 第3作目!
「1/4の奇跡」を世に送りだした入江富美子監督の第3作目がとうとう撮影に入ります!
うれしいな~。

映画のサポーターも募集しています。
以下、入江監督のブログそそのまま貼り付けます。(行数を短くするために、文字を詰めています)
サポート可能な方は、ぜひ下記のブログ内に貼り付けてあるメーリングリストのアドレスまでご連絡下さい。

***********************************

今日は、3作目の映画に入るに向けての意思の確認の日でした。
今度の主人公の南正文(みなみまさはる)先生のところで 会談です。
先生の親しくされているご友人が名古屋から来られていました。

なんだか、「怒られる!?」 みたいな気持ちになりながら、私の映画を撮りたいっていう気持ちがどんなものなのか、 質問してこられました。

そのおかげで私がどんな思いで向かってるかを熱く語ることができました。

先生のお仲間も私の映画を作る思いを聞いて 「うれしい、、、」と泣いてくださっていました。

みなさん、南先生が大事だから、心配だったのです。
なにか、お涙頂戴の映画にされるのではないか、、、と。

私は、この映画、なにか、怖くて毎日四天王寺さんにお参りに行ってました。
何が怖いか昨日わかったのです。
私が、自分をあきらめたり、先生にこびをうること、失礼なことをしてしまうことでした。
尊敬する人を描くから余計に、「この方の言ってることを優先したい」 と思います。でもそれでは、私という監督はいらないのです。

だから先生に言いました
「この映画で私が怖かったのは、私が自分をあきらめて、先生の意見を正しいものとして、なにもいえなくなってしまうことでした。

私は未熟者で、先生からしたら、幼稚園児みたいなものです。
でも幼稚園児なりに描きたいものを精一杯みなさんの力をお借りしながら作ります。
だから、映画作るときは、私は「監督」として対等に先生に 思いっきりぶつけていきますのでよろしくおねがいします」 と伝えることができました。

これまで、「自分のできる範囲で、お金も全て自分のできる範囲で」
そう思っていて、それがかっこよくて、責任をとってるって思っていました。

でもこの映画のことを真剣に考えるうちに
「違う!「人に迷惑をかけてでも」描きたいものがある!
人に迷惑かけてでも、人にお願いしてでも妥協せず表現したいことがある!
だから、「できる範囲」ではなく、自分がやりたい「最高のもの」 でやる!」」
って思いました。 人に迷惑かけてでもやりたいね~~~ん!

これ、、前回の2作も同じでした^^

今回も私の代表作になる、、そんな気持ちでやります。

「人に迷惑をかけてでもやる! そして最後には、迷惑をかけないっていうのが、最高~~~♪
だって、いつも主人公の人と親友以上仲良くなれるもの~~~

今日、一緒にきてくれた、梅澤さんは、 もう、映画のメッセージを聞いて「それは、やるしかないやろ~~~!」と すごい協力者に、、、

国連をコーディネートしてくださった0さん
いつもかげで支えてくださる影のプロデューサーの0さんも 「こりゃ、ほっとけん!」と立ち上がってくださって、、、。

東京はまちゃんや、エハンのうれしい支援の声に「平和の風が吹く映画」になる!と確信が、、、
やっとみなさんに公表できるくらい強い私が出てきました。
今の私のことは、自分で信頼できます。

ぜったいやる!

いや、この映画が未来にまたあるのが確信できました。
「無敵の一滴」が全身にみなぎっています。
今回の主人公の南正文(まさはる)さんは本当にすばらしい方です。
この内容、、是非読んでください!

この映画を応援してくださる方、サポーターの方のメーリングリストの準備ができそうです^^
メーリングリストを作ってくださる方が現れました。
どんどんそれで撮影状況などを発信していきたいと思います。

この映画に参加したい!なにかやりたい!手伝うよ^^ って思ってくださる方、、
是非メーリングリストにご登録くださいませ
応援メッセージを送り続けるよ~~
なんてサポートなど どんなものでもお待ちしていま~す。

ありがとうございました。

*************************************

おまけですが、今年中に、もしかしたら、アメリカのバージニアビーチのエドガー・ケイシー財団、AREのコンファレンスルームで、入江監督の第1作目、「1/4の奇跡」の上映会が開催されるかもしれません。
バージニアビーチやお隣の町、ノーフォークには、日本企業があり、日本人がけっこう住んでいるんです。
いま、ビーチに住んでいる友人が着々と準備中です。正式に決まりましたら、またご報告します!
by hiroshimapop | 2009-06-24 15:18 | 私が出会ったすごい人 | Comments(0)
たんじょうび
先週18日、スタッフが、誕生日ランチを恵比寿の農家の台所で開いてくれました。

この「農家の台所」。いま、ディナーは絶望的に予約が取れません・・・・。

実は、先週土曜日のバラさんとの食事会、最初はここでやりたくて、時間を変え、日にちを変え、何度か予約の電話を入れるものの、ずっっっっっと話し中。ようやく繋がったと思ったら、今度は誰も出ない・・・!

ここまで予約が取れないと、なんでそんなにこのお店にみんな行きたがるの?って、かえって不思議になってしまうくらいですが、私は途中でギブアップ。青山の薬膳のお店に行くことにしました。

「野菜がブーム」とは言われますが、有機野菜を使ったベジタリアンレストランが軒並み苦戦して、閉店するお店も多いなかで、ここのお店の健闘ぶりは飛び抜けてます。なんでやろ? 

その予約が取れない「農家の台所」でも、ランチは並べば入れるってことで、定休日だったにも関わらず、スタッフがオープン1時間前から並んでくれて、10人分の座席を確保。みんなでランチを楽しむことができました。

私が食べたのはこちら。
ご飯とおみそ汁はお代わり自由! この前にジュース飲んで、サラダバイキングを食べて、さらにおみそ汁をお代わり! 
c0125114_19311135.jpg


誕生日用に作って下さったデザートプレート。梱包の小林さんも3日後に誕生日だったので、一緒にお祝い。この小さなほおづきも5等分して、デザートはスタッフみんなでシェアしました。
c0125114_1932856.jpg


これは夕方5時からあった打ち合わせの時にお祝いにいただいたグッチーニのペアマグカップ。取っ手がハートになってメチャ可愛い。

美味しいランチを食べて、お祝いいただいて・・・。嬉しい1日でありました。
お誕生日は祝っていただいたけど、ウフフ。私の私の年齢は増えません。永遠に28歳なんだな~。
c0125114_19323348.jpg

by hiroshimapop | 2009-06-23 19:49 | 日記 | Comments(0)
テンプルのお昼時・・・・
先週の土曜日は、月に1度の店長DAY。私が1日だけの看板娘になって、お店に立つ日でした・・・・。

朝、私もひさびさ、ホーローの特大容器にロメインレタスとベビーリーフをギューギューに突っ込んでお弁当持参。ちなみに、ぬか漬けの大根や人参をみじんに切ってサラダにパラパラかけておくと、ほどよい塩分と歯ごたえでサラダが美味しくなります。今回は、山芋やオクラのネバネバ系も一緒に混ぜ混ぜして、かなりのボリュームのサラダランチが出来上がりました・・・。

私がその特大サラダを青虫のようにひさすらムシャムシャと食べ終わった頃、スタッフも「じゃあ、私たちもランチにしましょう・・・!」とテーブルに広げたのが、これ↓
そのボリュームに、さすがの私も笑ってしまいました。
c0125114_11273635.jpg


手前のレタスに、いろんなものを巻き込み、手巻き寿司のように食べてました。海苔で巻くと香ばしくて、さらに美味しいです。

ちなみに、お店の冷蔵庫には、スタッフそれぞれの名前が書かれたフラックスオイルが常備されており、サラダにフラックスオイルをかけて食べるのがスタッフの定番になっています。

ここんところ、スタッフ吉田は、他のスタッフから「なんだか顔がシャープになった気がする」とか「パッと見たときの印象が明るい」「オーラがキラキラしている~!」ともっぱらの評判だったのですが、それは、この山盛りサラダランチに秘密があるのかもしれません・・・。
by hiroshimapop | 2009-06-22 11:53 | RAW FOODでDETOX | Comments(1)
バラさんの同窓会
夕べは、イスラエルの名物ガイドさん、バラさんの来日にあわせ、第1回目のイスラエル旅行、第2回目のイスラエル旅行、そしてバラさんもはるばるイスラエルから参加した春のペルー旅行の参加者が集っての合同同窓会。

バラさんを含め、参加者は総勢20名。
その中には、ペルーから前日に到着した天野博物館の坂根さんや、カメラマンの野村哲也さん、そしてマンダラ手帳の松村さんの顔も・・・。

旅の目的地は違えど、旅のコーディネイターは、全部静岡の小林正樹さん。小林さんが主催する旅は、どれも素晴らしく、そして温かい。そのせいか、旅が終わっても参加者同士の交流は終わらず、いまだに去年のイスラエル旅行のメーリングリストは稼働中・・・。

小林さんは、1年を通してずっと山元加津子さんの講演会について歩いて廻っているので、小林さんに新たな旅の企画をしてもらうのは、物理的に難しいけれど、いつか「アッシジに連れていってね」と交渉中。
そのいつかが早くくるといいなぁ・・・・。

さて、昨日の同窓会の会場となったのは、私が独断と偏見で選んだ青山の雑草家。韓国薬膳のお店。

過去2回、東京で開催されたバラさんの同窓会は、2回とも焼き肉屋さん。私は肉が全く食べられないのと、肉の匂いが全くダメなので(どんなに小さい肉でも、口の中に肉が入ったら吐いてしまいます。マジで!)2回とも不参加。なので、そのリベンジで、今回は100%の野菜料理。前菜からメインまでぜーんぶ、野菜!

どれも美味しく、一皿はちょっとずつでも皿数が多かったので、お腹も心も満腹。薬膳ですから、身体にもいい!

他の参加者からも「美味しいですね~。また来ます~!」と好評で、この店を選んで良かった~!と安堵していた頃、大テープルの端っこに座っていた徳江さんから、きつい一発。

「ところで、いったい、いつ、メイン料理は来るの? ずっと前菜しか来ないんだけど・・・。肉の一切れも今日は出てこないのかね」

・・・。

「全部、メイン料理です!こんなに沢山料理があったのに、まだ食べる気なんですか~」と思わず叫んでしまいましたが、同窓会が終わり、駅に戻る道すがらも「今日は、メインが無かった」と、腑に落ちない、徳江さんでありました・・・・。
c0125114_2203986.jpg


楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、そのお土産に、今日の私は1日中、二日酔い・・・。
しかも、なんとなーく残っている時差ボケと二日酔いのまま、今日は朝から経営者セミナー。さすがに、この脳みそではうまく稼働しないようで、午後には何度か脳みそがショートしそうでした・・・・!
by hiroshimapop | 2009-06-21 22:49 | 日記 | Comments(1)