毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

<   2009年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧
今日はこれから入江監督の講演会
昨日から日本列島は、大荒れの天気になってしまいました。
今日はこれから入江富美子監督の講演会。
私は打ち合わせのために朝10時45分に待ち合わせです。
入江監督は、もう新幹線に乗っている頃かも・・・・。

天気図をみると、日本列島はすっぽり厚い雲に覆われています。
今日は東京近郊だけではなく、北海道や東北、関西からもご参加されます。特に北海道の方は、飛行機、大丈夫かなぁ・・・。みなさん、無事に青山に到着できるといいんですが・・・・。

外の天気は大荒れでも、今日の青山のホテルフロラシオンの3階はあったかい春の陽気、いえ、情熱の夏のようになるでしょう。

だから、雨にも負けず、風にも負けず、来てくださいね~。
お待ちしておりま~す!
by hiroshimapop | 2009-01-31 07:39 | テンプル最新情報 | Comments(0)
福ちゃんとかくれんぼ
                    福ちゃんはど~こ?

                        みっけ!
c0125114_2102135.jpg

                        みっけ!
c0125114_212084.jpg

by hiroshimapop | 2009-01-30 02:12 | 今日のニコさん | Comments(2)
福ちゃん、昼寝ちゅ~
                福ちゃん、とろりん、まどろみの中・・・
c0125114_125267.jpg

            中国雑伎団に入団できそうな、この柔らかさ!
c0125114_12546.jpg

by hiroshimapop | 2009-01-29 01:05 | 今日のニコさん | Comments(0)
ようやく・・・・ガラスの仮面43巻!
フフフ。
待ちに待ったガラスの仮面43巻がようやく発売になりました。

何年この日を待っていたことか。
さらに、43巻の続きを読むべく、「花とゆめ」まで買ってしまいました。「花とゆめ」はいつのまにか500円になっていた。しらんかった!

きっと日本中の乙女と、もと乙女たちが、昨日と今日は普段行かない本屋の漫画本コーナーに足を運んだに違いありません(・・・と書きつつ、私は本屋に行くのももどかしく、amazonで予約しておりました!)

もう何十年越しで、私たちは紅天女の主役を誰がやるのか、ヤキモキしています。そして、マヤと速水氏の秘めた愛は実るのか・・・・?

ガラスの仮面だけではなく、私たちは「アマテラス」の次なるストーリーもずっっっっっと待っております。今年3月、美内すずえ先生にお会いしたとき、「アマテラス」は「ガラスの仮面」を書き終えたら取りかかるとお話下さいました。
あ~ん。それが1年後になるのか、数年後になるのか・・・?

ガラスの仮面を読み始めたときには、主人公のマヤと同世代。
終わる頃には、マヤのおばあちゃん世代だ。

でも、ずっっと心は青春時代のままでラストシーンを読むその日が来るのを待っているのよ~。
c0125114_1751937.jpg

by hiroshimapop | 2009-01-28 17:04 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)
稲田さんのお話の会 in 大阪
「ガン呪縛を解く」の著者、稲田芳弘さんから、こんなメールが届きました。

>先週の土曜日に、新潟県からガン患者さんが札幌を訪れましたので、
>このドームに案内していろいろお話ししていましたら、
>その方はテンプルビューティフルを通して『ガン呪縛…』を購入したらしく、
>「光田さん」という言葉が何度も出てきましたので、ここにメールさしあげました。
>光田さんを介してまたまたガン患者さんとつながることができ、
>本当に嬉しく、ありがたく思っております。

「ガン呪縛を解く」の本は去年の秋、かなり力を入れて、テンプルのお客さまにお勧めしていたので、こうやって必要な方の目にふれ、手元に届けられたことを嬉しく思います。私の名前が、どんなお話のセンテンスの中で出てきたのか、ちょっと気になるところではありますが・・・。

それにしても、稲田さんの本を読まれて、わざわざ札幌までご夫婦で行かれるなんて、すごい行動力です。そのことを稲田さんも、HPでこう書かれていらっしゃいます。

>すごいことをするものだ!
>ぼくはそのご夫婦の行動力に驚くとともに、
>ある意味、「なるほどなぁ」と思い、すっかり感激しました。
>その患者さん、医師からはもちろんのこと、
>身内や周辺からも「早くガン治療を!」と言われていたらしいのです。

>これまでにたくさんのガン患者さんに出会い、
>それぞれの「ガン治療事情」を知らされてきました。
>そのなかでややこしいのは、ご夫婦の意見が合わないことです。
>それは親子の場合もありえますし、兄弟の場合もあります。
>ガン患者さんご本人は「千島学説的治癒の道」を進みたいと願いながらも、
>ご家族が猛反対するケースがけっこう多いのです。

>こうした場合、ガン患者さんはかなり大変です。
>治療方針に対する「意見対立」が口論を呼び、ストレスが大変なのです。

>その反対に、患者さん本人は病院での標準治療を望んでいるのに、
>周りから「やめなさい!」と忠告するケースもあります。
>そしてガンにいいと思われるものやコトを次々と勧めるのですが、
>ご本人が納得していないだけに、なかなか効果が現れません。
>このような場合はその多くが、「ありがた迷惑」あるいは、
>「余計なお世話」で終わってしまうことが多いようです。

>それはともかく、昨日はご夫婦が札幌で落ち合ったことを知りましたので、
>足もみ整体が終わったあと、お二人を我が家のドームに案内しました。
>それからさまざまな雑談をして、気がついたらすでに8時を過ぎていました。
>なんと、5時間以上もさまざまなお話をしたことになります。
>妻も含めた4人での、けっこう充実した時間になったと思います。

>最初のうちはほとんど黙っていたご主人でしたが、
>途中から雑談に加わり、話がどんどん盛り上がりました。
>そのなかで分かってきたことでしたが、そのご主人、
>奥さんの考え方を、実はすごく理解してくださっていたのです。
>しかし、もしもその場に来ておらず、奥さんのお話しを聞いただけでは、
>やっぱりいろいろ心配な思いも湧いてきたことでしょう。
>その意味で、昨日ご夫婦そろってたっぷりと雑談し合ったことが、
>周辺の方々との対立を和らげる上で、大きな意味を持ったように思えます。

中略

>3大療法以外のガン治癒の道を進むには、どうしても家族の理解とサポートが不可欠です。
>その意味で、大阪の集いにはガン患者さんご本人だけではなく、
>ご夫婦とか親子等々の周辺の方々もいっしょに来てくださるなら、
>安心して治癒の道を進むことができるように思えるからです。


西洋医学ではない方法でガンと向き合っていきたいと決意しても、ドクターや家族、友人から受けるさまざまな意見やアドバイスで、本人は混乱し、カオスの海で溺れてしまいます。
千島学説を信じたくても、情報はあまりに少なく、正統な西洋医学からすれば異端の説ですから、専門家から反撃を受けるのは目に見えています。かといって、読者全員が一人一人、札幌に行って稲田さんと5時間もお話したり個人的な相談をすることは無理です。稲田さんもジャーナリストとして、いつもお仕事を抱えていらっしゃいますし・・・。

ただ稲田さんは、定期的に千島学説やご自身のガン闘病のお話をするために、日本各地で講演会をされていらっしゃいます。今週末は九州ですし、2月6日(金)は大阪に行かれるそうです。

ガンを抱えていらっしゃるご本人やご家族の方で、お近くにお住いの方は、ぜひ、この機会を生かして、稲田さんのお話をお聞きになるといいんじゃないかなと思います。

東京でもまた講演会をお願いしたく思っていますが、まずは関西と九州の方に取り急ぎお知らせでした。

速報!
東京でも、第2回目の稲田さんの講演会を行うことになりました。

3月20日(祝日の午後3時~です。詳細はまだ未定)
決まり次第、ブログにアップします。
by hiroshimapop | 2009-01-27 03:21 | ホリスティック・ボディケア | Comments(0)
極うまフレッシュジュース
今日の朝ゴハンは、ひさびさにフレッシュジュースをつくりました。

ニコさん。朝日が壁やものに反射してつくるキラキラが大好きで、壁にチラチラ光りの反射ができると夢中になって追っかけてしまう。
そこに私がいたら、私の頭を踏み台にジャーンプ! モノが置いてあったら、そのモノを踏み台にジャーンプ。もうニコさんの目には、キラキラ以外のものは入りません・・・・。

昨年12月。壁のキラキラを追うハンターと化したニコさん。
棚の上に置いていた私の大事、大事のチャンピオンジューサーを踏み台にして、天井高く飛び上がったとき、勢いあまって2度もジューサーを床に蹴落としてしまいました。
床には大きなへこみが2つ。そしてチャンピオンジューサーはあえなくお釈迦!
あ~ん、7万円もしたジューサーだったのに~!

もう減価償却したものと諦めて、今年に入ってようやく新しいジューサーを購入。
チャンピオンジューサーはアメリカからの輸入品でしたが、数年前から、日本製でも低回転モーターのジューサーが販売されているので、今回は日本製のものを購入。

部品がやたら多くて、洗うのも組み立てるのも、ちょっと時間がかかってしまいます。
ものぐさの私としては、チャンピオンジューサーが恋しいときもありますが、美味しいジュースができるので、もう感謝感謝です!

今日の材料は
雪下ニンジンという甘みの強いニンジン2本
元気なセロリ1本
先週、東京都内の農家の嫁になった元スタッフがわざわざもってきてくれたビーツを1ヶ
c0125114_14395342.jpg


赤いキレイなジュースが出来上がりました。後ろはジュースを絞ったあとのカス。
c0125114_14401177.jpg

飲んだ瞬間、細胞のすみずみまで栄養が行きわたるような、極うまジュース! ビーツはエドガー・ケイシーが体内浄化によく勧めた野菜なんですが、東京のスーパーでも滅多に売ってなくて、しかも「え?」って驚くほどお高いのです・・・。

赤紫のキレイなビーツが入った今日のジュース。最高に贅沢な朝食になりました・・・・。
by hiroshimapop | 2009-01-26 14:47 | 食事が身体をつくる | Comments(0)
男らしい買い物っぷり
特に用事のない今日の日曜日。横浜まで買い物に出かけた。黒の靴を買いたくて・・・・
洋服は、ネット通販で買うことも多いけど、さすがに革靴だけは実物を履いて確かめて買いたい。

私は気に入った、というか、普段用に買った靴は、そればかりを延々毎日履いてしまう。
いま履いている黒の靴は、去年の冬からほぼ毎日履いていた。履かなかったのは真夏のシーズンと、一歩も外に出なかった日、あるいは、スペシャルオケージョンでパンプスを履いたときくらい。さすがにくたびれてきたので、新しい靴が必要になった。

私のショッピングは、我ながら男らしい。

今日はデパートに行ったんだけど、靴売り場をぐるりと1周歩いて、探している形状のものがあったら、そばにいる店員さんにサイズを出してもらって、足にフィットしたら、即決で買って帰る。
何種類も出してもらって結局買わないとか、あーだこーだと悩むこともない。
サイズも形も気に入った靴は、色違いがあれば、それも一緒に買うので、たまたま私に当たった人は、1分接客するだけで2足のお買いあげ~ってことも。

ひさびさに行った横浜のデパートは、冬物セール一色。ニュースや新聞と違って不況どこ吹く風?っていうくらい家族連れやカップルで溢れかえっていた。

世の中の人たちは、こうやって週末の2日間をすごしているのね~。
by hiroshimapop | 2009-01-25 17:34 | 日記 | Comments(0)
昼間のニコさん
                      ニコさん、昼寝ちゅ~!
c0125114_21242831.jpg

               シャッターの音で目を覚ましてしまった
c0125114_21244938.jpg

                      ふわふわのお腹
c0125114_21251799.jpg

  出かけようと仕度していると、ニコさんは、古葉監督になる・・・。
  心配そうな顔をちょっとだけのぞかせてジッとみてる・・・・。
c0125114_21283566.jpg

by hiroshimapop | 2009-01-24 21:29 | 今日のニコさん | Comments(0)
「こころの絵本」プロジェクト
テンプルで梱包のお仕事を担当してくれているかわぐちさんの本業は、イラストレーター。テンプルのスタッフ紹介のページのイラストもかわぐちさんが、描いてくれました。

その、かわぐちさんがイラストを描いた「2ひきのへび」の絵本が出来上がりました。

この絵本は、書店では売ってなくて、2冊をセットで注文すると、1冊だけが手元に届き、1冊はカンボジアの子どものもとに届くようになっています。

絵本の文章もカンボジアの子ども達が読めるように、日本語、英語、クメール語で書かれています。

私も子どものころ、毎晩、母に本を読んでもらったくち。
「おさるのジョージシリーズ」や「花のすきなうし」「きかんしゃやえもん」は大のお気に入り。
でも寝る前に、母に読んでもらうのはだんぜん「フランダースの犬!」
パトラッシュやネロが死ぬシーンは、その5ページくらい前から、母の声が聞こえないように布団を頭からかぶるのに、もう頭では全部のストーリーを覚えているので、毎晩、ネロかわいそう、パトラッシュがかわいそう~と、1人でシクシク泣きながら寝ついてました。

そして、毎晩、その本を読んでもらっては泣くくせに、翌日も翌々日も「フランダースの犬」をリクエストしつづける私に母は相当呆れてましたが、子どもというのは、そんなものです。

我が家は超田舎の家でしたが、本であふれかえっていた家だったので、本好きの人間にしてもらって、両親には感謝です。

ということで、カンボジアの子どもたちも、この絵本を通して、本好きになったり世界を知ったりしてくれたらいいなと思います。

カンボジアの子ども達に絵本を送りたいな、と思われる方は、こちらのサイトからお申込み下さい。
by hiroshimapop | 2009-01-23 16:49 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)
ホ・オポノポノ 2
1月31日の夕方4時半頃、入江富美子監督の講演会にご参加下さった方々と、イスラエルとパレスチナのために、ホ・オポノポノをやりましょう、と呼びかけをしました

その直後のイスラエル軍の停戦決定。

わ~い!と滅茶苦茶うれしい反面、
パソコンが壊れて修理を頼んだら、なかなか来てもらえず、何度も催促して、ようやく修理の人が来てくれたときには、何故だかパソコンが直っていた」ときの気分を心のどこかで感じてしまっている自分がいる。これは、私の人間の小ささの証明ですね・・・。

さて、
1月31日の夕方4時半に、ホ・オポノポノは、やります。
でも、当初考えていたものとは違った形で・・・。

というのも・・・・

私はそのブログを書いたとき、ホ・オポノポノを単にエネルギーのクレンジングするメソッドとしてとらえていました。それも、1/31のホ・オポノポノも、私自身のエネルギーではなく「イスラエルとパレスチナに関わる歴史の悲劇や、土地や人々に脈々とつづいている負の連鎖のエネルギー」をクレンジングするものとしてとらえ、ブログを書いたんです。

でも、これって、大きな勘違い、大きな奢りだったことが、直後に分かりました。

「イスラエルやパレスチナにエネルギーを送る」とか「彼の地に渦巻いている憎悪や恐怖といった負のエネルギーや記憶をクレンジングする」ではなく、ホ・オポノポノは、私たち自身の記憶をクレンジングするものだったんですね。

自分に起こること、廻りで起こっていること、それらは、全て私に責任がある。

ハワイの秘法」44ページには、こう書かれています。

・・・・要するに、こう言いたいのだろう。人生に対して完全に責任を持つということは、見るもの、聞くもの、味わうもの、触れるもの、もしくは何らかの形で体験するものすべてに責任があるということである。なぜなら、それが人生そのものなのだから。
 ということは、テロリストたちも、大統領も、経済も、体験はするが気に入らないすべて、正す、治すのは自分次第ということになる、それらは、実証的な意味ではなく、自分の心に投影されるものとして存在するからだ。

問題はそれらにあるのではなく、自分にある。
だから、それらを変えるには自分自身を変えねばならない。

(中略)

誰かを治療したいのであれば、その対象が精神的に病んだ犯罪者であろうと、自分自身を癒すことによって治療を行うのだ。


そうなのです。

癒すべきものは、イスラエルやパレスチナの間に横たわる憎悪ではなく、私の中にある憎悪なんです。

イスラエルやパレスチナに対し「愛しています。ごめんなさい・・・・」と言うんじゃなくて、私の心の奥底でイスラエルやパレスチナに呼応しているもの、彼の地と共鳴共振してしまっている私の心を癒すんです。

ヒューレン博士は、別にその言葉に心を込めようとしなくてもいいって言っています。ただ言い続けることが大切。

大きな勘違いのまま、書いていてごめんなさい。

そして、1月31日(土)の午後4時半。講演にご参加されない方々も、ぜひ、どこかで、私たちの心にあるイスラエルとパレスチナを癒すために、ホ・オポノポノにご参加ください。

余談ですが、集団の力って、すごくて、
私はかつて、たった1度だけですが、瞑想中に、自分自身の身体が消えてしまい、宇宙にとけ込み一体となり、自分という存在が、小さな点になったような感覚になったことがあります。イスに座って目をつむっているのに、部屋のすみずみ、自分の廻りの360度、全てを見渡し、見通すことができるような不思議な感覚。30分の瞑想時間があっという間で、終わってしまうのが残念なくらいでした。

そのときの経験は、バージニアビーチのAREの午後の瞑想時間。まさに30名くらいでの集団による瞑想で起こったこと。

直後、隣に座っていた友人も「今日の瞑想は、一気に深く行ったので、終わりたくなかった」と言っていましたので、あのときのあの部屋は、異常なエネルギーの高まりがあったのでは?と想像しています。

AREでは、毎日、何十年も瞑想をしつづけている人たちがゴロゴロいますので、その瞑想のエキスパートたちのエネルギーに、私たちのエネルギーも共振し、普段では全く行くことができない高みに私たちの魂も触れることができたんじゃないかと、今は思っています。

今回は瞑想ではありませんが、なんせ、宇宙に感謝の量を増やしたい人が200名集まりますからね。すごいと思いますよ。

集団で行うことによって、他の方々のエネルギーとの相乗効果が発生します。会場に来られる方はもとより、来られない方も各地でいっしょに参加して下されば、さらに大きなエネルギーが地球を包んでくれると思います。

どうぞよろしくお願いします。
by hiroshimapop | 2009-01-22 10:35 | テンプル最新情報 | Comments(1)