毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

<   2008年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧
0.3秒で決断??
金曜日の夜10時ころ、メルマガでもお知らせした入江富美子監督の講演会。
なんと1日で、90件ほどのお申込みをいただきました。
すごいですね~。ありがとうございます!

みなさん、迷わず、速攻で決めて下さったんですね~。
テンプルのメルマガで、以前、左脳が動き始める前、やりたいことがあったら、直感できめる。時間にして、0.3秒で決断しましょう!って書いたんですが、きっとみなさん、今回は0.3秒の決断だったのではないかしら?

※左脳は、何か新しいことをしようとすると、すぐに出来ない理由、行けない理由を考え始めます。考えて無い場合には、出来ない理由を潜在意識のネットワークを使って全力で作りあげます。現状維持で変化と新しい試みが嫌いな左脳くんです

その前の週にお知らせしたジュリアンのお話会が4時間で満席になってしまい、ほとんどの方のお申込みをお受けできなかったので、それもあって「急いで!」お申込みして下さったのかも。

それにしても・・・と思う出来事が1件。
木曜日・金曜日ともずっと外出していたので、ブログのアップとメルマガでのお知らせは金曜日の夜になってしまったんですが、入江さんが参加されるパーティ用と木曜日の稲田さんのセミナー用にと、急遽、チラシをつくって配布しました。

まだブログにアップする前なのに、申込方法の1つとして「WEBから」というのも書いていた私が悪いんですが、金曜日に、年輩の女性の方から「WEBに該当のページがない」とお問い合せの電話があったとか。スタッフが「実はこれからアップするところなんです」とお詫びを申し上げたんですが、とたんに、無言で電話を切られてしまったそう。

たとえ頭にきたとしても、電話のガチャ切りはどうでしょうねぇ・・・。宇宙に感謝の量を増やそうとする人が、電話のガチャ切りはいかんなぁと思う私です・・・。
by hiroshimapop | 2008-11-30 01:51 | テンプル最新情報 | Comments(1)
ギャラリー真名井
おととい、稲田さんのセミナーの前に、ちょっとだけ寄り道してギャラリー真名井に草場さんという方の陶芸画を見に新代田へ・・・。

ここは大阪の伊賀さんというお客さまが、私が書いた「蚊の鼻くそ」を体感できるギャラリーがありますよ、とご紹介下さったところ。すでに、テンプルのスタッフも早速何名かがギャラリーに足を運び、とても良い時間を過ごさせていただいたよう・・・。

ここは完全予約制で、事前に予約して行くシステム。ホントは24日の祝日に行きたかったけど、空いているのは27日の午後になる、ということで、それだったらと、稲田さんのセミナーの前に1時間ほど行ってくることにしました。


行ってびっくり。

私はこのギャラリーに足を運んだのも、最寄り駅の新代田に降りたのも初めて。
ところが、ギャラリーの前で、なんと映画「1/4の奇跡」を作った入江富美子監督とバッタリ!

大阪にいるハズの入江さん。東京の、新代田の、このギャラリーに、なんでこの時間にいるの?って、あまりに驚きすぎて口がしばし開いたまま・・・。

入江監督のスタッフの方々もご一緒だったんですが、あまりにビックリしたので、ちゃんとご挨拶もできないくらい。あ~。驚いた。

・・・・ところが驚き話はまだ続く・・・・。

まず、このギャラリーのスタッフの方が以前、たま出版にお勤めで、まだ、兄がたま出版で仕事をしていた頃の知り合いだとか。

さらには私がずっと探していた「いのちのえほん」や「つながってる」がギャラリーの中で展示してある・・・?

あれれ?って思っていたら、なんと、この絵本、このギャラリーの方が以前担当して作られたものだとか・・・。しかも作者は、ギャラリーに展示してある陶芸画の作者の人。
この絵本、去年、伊勢の修養団でご紹介していただき、東京に帰ったら買おう!と思っていたのに、タイトルも作者もすっかり忘れてしまい、1年間、気になりつつ買えなかったもの。

子どもだけではなく、大人が見ても新鮮で感動する内容なので、ちょっと重かったけど、5冊ずつ買って、稲田さんと、セミナーにご参加下さった寺山心一翁先生に早速プレゼント。

気に入ってくださるといいなと思います。

ちょうどギャラリーには、ミネハハさんもいらしていて、ゆったり絵を観覧中でした。

残念ながら、ギャラリーに展示されていた陶芸画は、自分で買うには、まだまだ私にはお高いものでしたが、いつか、この絵が買えるようになったらいいなと思いつつ、セミナー準備のために渋谷へと急いだのでした・・・・。

でもやっぱり、あそこで入江監督にバッタリ会ったのは、驚きだなぁ・・・。
ここんとこ、ご案内の文章書いたり、会場探しをしてたりと、ずっと入江監督のセミナーに神経が集中していたので、その思いが、引き寄せたのかなぁ・・・。
by hiroshimapop | 2008-11-29 00:10 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)
「宇宙に感謝の量を増やす人・増量祭り」
2005年の大晦日の大阪・・・・

静かな大晦日の夜を過ごしていた2児の母であり主婦の入江富美子さんの心に、突然ミッションが溢れてきました。

「宇宙の感謝の量を増やしたい!!」

何故だか分からないけど、
それには「山元加津子さん(石川県の養護学校の先生)の映画を作るのが一番!」

なんど心に聞いても、そう感じる・・・。

そして2006年、入江富美子さんは突如、入江監督に・・・・。
それまで1度として山元さんの講演を聞いたことも、本を読んだこともなかったのに・・・・。

その後の入江監督の2年間は、おそらく高速ジェットコースター!
有言実行、一心不乱、猪突猛進・・・。
心の中は歓喜と恍惚と自己嫌悪の行ったりきたり。

入江監督を紹介するニュース番組でキャスターは言いました。
「それまで平凡な主婦だった入江さんは・・・」と。

でも、キャスターは知らなかったのです。入江監督がとてつもなくパワフルな天界突き抜けマインドパワーの持ち主だと・・・。そして、この天界突き抜けマインドパワーでミラクル続出。彼女のこの小さな思いつきが、多くの人を巻き込んでの大プロジェクトへと発展していったのです・・・。

入江富美子さんが過ごしたこの2年間のお話はビックリ話満載です。
ちょっとしたニューエイジの不思議話より面白い。魂からの呼びかけ、自分のミッションを生きはじめると、こんなにも天(神様?宇宙?)は応援してくれるのかって、驚き、そして、ワクワクしてきます。

そう、彼女が受け取ったのは、ビジョンではなくミッション。
目標設定、ではなく、宇宙があたえてくれた素晴らしい機会。


入江監督が宇宙に感謝を増やすために、1年がかりで撮影した映画「1/4の奇跡~本当のことだから~」は、人のご縁と感動が奇跡を呼び、日本はもとより世界でも上映されるロングラン映画に。

今年の秋には、なーんと、来日したビル・ゲイツに手渡し。

もしかしたら、そのうち、ローマ法王やダライ・ラマ法王にも手渡しっていう日が来るかもしれません?!

(有)テンプルビューティフルでは、この天界つけぬけマインドパワーの持ち主、入江監督に、監督初となる3時間ノンストップ講演会をお願いしました。
その面白さは、私が太鼓判を押します!

10月に1時間の講演会を聞いたとき(しかも徹夜明けの頭で!)、「1時間では聞き足りない!もっと聞きたい!」と、速攻で3時間講演を依頼して東京に帰ってきたほど。

入江監督の身にどんな奇跡が降りそそいだのか、その体験をじっくり聞いて下さい。

元気とパワーをもらって、その勢いで、その日会場にいらしいた方の2009年は奇跡の1年になること間違いなし!
そして、その奇跡は、今度は自分発信で廻りのみんなに広める・・・・。

みんなで、宇宙に感謝の量を増やす1人に名乗りをあげましょう!
日本を変えるために、まず必要なのは、64人! 
↑ 
何故64人かって? それはエドガー・ケイシーが、あるリーディングで述べた数字なんです。
それがどんなリーディングだったかは、1/31のお楽しみに~!

ともかくも、宇宙に感謝の量を増やしたい人、集合です!


【詳細】
日 時:2009年1月31日(土)1時30分~4時30分

会 場:東京・青山、ホテルフロラシオン青山

参加費:
・お一人で3,900円(サンキュー)
・ペアで 7,000円(ラッキー7の1000倍)
・トリオ(3名)で10,000円(1人3,333・・・・円/333は永遠と奇跡の数字)

募集:200名 (ありがとうございます! お申込み者多数のため、定員を増やしました!)


申込方法:
お申込フォームをご利用下さい。    

参加費の振込先
・事前に下記口座までお振り込み下さい。
・振込先/三菱東京UFJ銀行 自由が丘駅前支店 (普通)1529907
 ユ)テンプルビユーテイフル
★参加者の方には、1月15日前後に受講番号をお知らせします。



【講師プロフィール】
入江富美子監督  なにわの ど根性ウーマン

2005年大晦日の夜、突然感謝することの大切さに気づき「宇宙に感謝の量を増やしたい!」と一念発起。それには「山元加津子さんの映画を撮るのが一番!」と、それまで1度として山元加津子さんの講演会を聞いたことも本を読んだことも、まして映画も作ったこともないのに山元さんの映画を撮影開始。主婦兼映画監督の道に入る。

映画製作では、撮影、インタビュー、映像編集、そして挿入歌を作詞・作曲し、その上、ボーカルにも挑戦。家庭用ハンディーカムで撮影を開始した山元加津子さんのドキュメンタリー映画「1/4の奇跡~本当のことだから~」は2007年2月の初上映会以降、2008年現在も毎日のように各地で自主上映会が開かれ、人から人へと感動が伝播し、今では海外でも上映会が開催されている。現在、入江監督は、映像制作のかたわら、監督、ミュージシャンとして、歌ったり講演をして全国を飛び回っている。
映画製作の裏話は入江監督の著書「1/4の奇跡~もう1つの本当のことだから~」三五館に詳しい。


「1/4の奇跡~本当のことだから」は全国で自主上映会が開催されています。
スケジュールを見て、ぜひお近くの会場にてご覧下さい。


このドキュメンタリー映画の主人公、山元加津子さんの講演会も、各地で開催されています。
by hiroshimapop | 2008-11-28 21:28 | テンプル最新情報 | Comments(0)
ガストン・ネサンのソマチッド
たったいま、「ガン呪縛を解く」を書かれた稲田芳弘さんのセミナーから帰ってきました。

セミナーは主に、稲田さんがこの春カナダで会われたガストン・ネサンのお話がメインでした。千島学説のお話を聞きにいらした方は、最初、ずいぶん戸惑われたと思います。
私も「アレレ?」って感じでしたが、結局はガストン・ネサンが自ら発見したソマチッドのストーリーは、千島学説を裏付けるもの。

千島学説は、千島博士が発見した身体や血液の仕組みを、後年、誰も検証をしなかったために(・・・というより、それだけ熱心に細胞を見続けられる医学者はいなかったために)、嘘だ、ガセだ、と言われることが多いのですが、それを裏付けるような発見を、遠くフランスで、天才発明家のガストン・ネサンがしていたわけです。

ソマチッドの研究を元にネサンは、714-Xというガンの特効薬を作ったわけですが、この特効薬、西洋医学的なガン治療をしていない人は100%、すでに抗ガン剤や手術を行い、医者に見放されてしまった人の50%に顕著な治療効果がでているとか・・・。驚きの治癒率です・・・。

とここまで聞くと、この714-Xが奇跡のガン特効薬だと思ってしまいます。・・・実際、私もずっと、これはガンの治療薬だと思っていたんですが、聞いてみると、この714-Xは成分的にはほとんど水のようなものだとか。

つまり、奇跡的にガンから生還させるその薬は、実は、ホメオパシー的なものらしいんです。そして、これはガン細胞を殺すものではなく、人間の身体の免疫力をあげるもの。決して、ガン細胞を殺す特効薬ではない、と聞いてびっくりしてしまいました。

・・・・聞くところによると、今、ネットワークビジネスで「ソマチット」なるものが売られているそうですね。でも、これは714-Xとは違いますしネサンは全く関わっていないらしいです。また、ネサンが発見したのは「ソマチッド」であって決して「ソマチット」(トが濁らない)ではなく、まして、飲んだり食べたりというサプリメントではないそうです。

「ガンに効果がある」とされるサプリメントの市場は、とても大きいので、いろんな人がネサンの名前、ソマチッドの名前を利用していることも多いので、高価なサプリを買う前に、いろいろ調べたほうがいいようです。

さらには、714-Xを使うためには、正しい使い方や使う場所があるそうで、それを間違えると、当然、効果は全くなし・・・・。さらに、さらに面白いのは、この714-Xを扱うには、医師自身も霊的な目覚めや、霊的な世界観も必要だそう。つまり714-Xは、身体と心と霊とがバランスがとれてはじめて威力を発揮するものらしいのです。

免疫力をあげることが714-Xの主目的なんだったら、別にそれじゃなくても、ひまし油湿布でOKじゃーんって、ケイシーおたくの私は思ってしまいましたが、ミクロのさらにミクロの世界を突き詰めて作られた特効薬が、宇宙や神の領域に近づいているっていうのが、なんとも面白いなあと思います。

稲田さんはいま「ガストン・ネサンを訪ねて」という本を執筆中で、来年の1月頃には発刊予定だとか。これが発刊されたら、さらに今のガン治療の問題点が浮き彫りになるんじゃないかなぁって思います。また714-Xがどういったものか、もっとクリアになってくると思います。

稲田さんといっしょにガストン・ネサンの本を作られている山田バウさんはいま、この「ガストン・ネサンを訪ねて」の本の予約販売を受けているそう。
・・・というのも、本を作るのに個人ではとても負担できないほど大きなお金が必要なので(自費出版なので)、ぜひ事前に予約して支援してほしいそうです。

きっと世間をあっと驚かせるような本になると思いますので、ご協力よろしくお願いします!
by hiroshimapop | 2008-11-28 01:44 | ホリスティック・ボディケア | Comments(1)
兄のセミナーお知らせ(東京)
12月7日(日)の夜、東京の麻布十番で、兄・光田秀がケイシー療法のセミナーをするという連絡がきました。主催者は、浜崎なおみさん。
セミナーのあとは、ちょっと早いクリスマスパーティもあるそうです。

定員は25名なので、早めにお申込み下さい。詳細はこちらから。

それから最近読んで面白かった本。
「私が出あった世にも不思議な出来事
著名人の不思議話を、政治家の鳩山さんの奥さんである鳩山幸さんと、最近フィトセラピーの学校を作られた池田明子さんがインタビューしています。
どれも短い数ページのインタビューなのと、本当にへぇっていう不思議な体験が語られているので、普段、あまり本を読まない人にも読みやすいハズ。
いま、この本はテンプルのスタッフの間を廻っています・・・・。
by hiroshimapop | 2008-11-26 23:45 | ケイシー療法at home | Comments(1)
泣くになけない1日・・・・。
今日は、なんだかついているのか、ついてない日なのか・・・・。

テンプル通信の原稿の締め切りはとっくに過ぎているのに、全然書けず、土曜日から今朝までうんしょ、うんしょと、ない脳みそを振り絞って、ようやく書いた4200文字の原稿。

朝、6時半すぎ、なんとか書き終えてデザイナーさんに送信しようとしたら。。。。

無い・・・無い・・・・無い・・・・。

なーんと、3日がかりで書いた原稿が消えてました。
検索かけても、「最近使ったファイル」にもない・・・・。

で、思い出しました。
わたし、この原稿、書き足したいことを思いついたり、修正したくなったとき、すぐに書けるように、デスクトップにずっと出しっぱなしにしていて、この3日間、1度も保存をかけていなかったのです。ワードだと自動保存されるとあてにしていたんだけど、1度もパソコンに保存してない原稿は、自動保存されないのね・・・・。

それをしらず、うっかり「閉じる」で終えてしまったので、すべてが無くなってしまったというお馬鹿さん。

気をとりもどす間もなく、今日は1日外出。東京駅近くで、シンシア・ビショップさんのレクチャーにスタッフ2人と参加。

夜は、野村萬斎の狂言をみて、それはそれは、日中はとっても楽しい時間を過ごしていたのに、帰ってメールを受信しようとしたら、今度は1日分のメールが消失。

あれ~。なんで~???

外出先で、急なメールが入ったときのために、携帯メールでも受信していたんですが、たしか50件近いメールが入っていたはず。

それが、すべて、な~い!


すみません。25日にテンプルの光田あてにメールを送って下さった方。
大至急、メールを再送してください。
1件も、ちゃんと読めてません。。。。。

そして、これから、気を取り直して、3日間で書いた原稿を一晩で再度書き直すという任務が残っている、夜なのでした・・・・。トホホ。
by hiroshimapop | 2008-11-25 22:27 | 日記 | Comments(0)
早起きの2日間
今朝は、気学の講師をしている大和杏津紗さんと目黒の雅叙園で待ち合わせ。
待ち合わせは、なんと、朝の8時~!

実は、なんどかお互いのスケジュールを合わせようとしたものの、合う時間が全くないので、だったら「朝ご飯を食べながらにしましょう!」とご提案。

大和さんは夜が不規則なので、1日のスタートだけはちゃんとしたいと、毎朝5時起きの早起き美人。私は朝5時まで起きているのは得意でも、毎朝5時に起きるのは、かなり辛い夜型人間。

でも、たまには早起きもいいでしょうと、昨日も今日も打ち合わせは朝早く。

広島でOLしているときには、夜や休日になかなか会えない友達と、お互いの会社の近くで朝食会をよ~くやってました。広島は小さな町なので、市内の中心部にでてしまえば、出勤時間ギリギリまでお喋りしても、余裕で、会社に出勤・・・・。

思い出してみれば、あの頃、私も真面目なOLさんだった。

・・・そして、昨日と今日は、なぜだか自然と4時起床。
今日締め切りの原稿が2つ。まだ書き上がってないので、朝5時からパソコンに向かっておりました。

それにしても、朝が早いと1日が長いわ。

横浜で、夢工房だいあんという不動産会社を経営している叔父は、もう何年も、毎朝4時に起きて会社の廻りの道路を掃除(イエローハットの鍵山秀三郎さんの掃除に学ぶ会で掃除をしてきた人でもあります)している人。昨日、叔父に会ったら「朝早く起きて掃除してきた」って言っていたんだけど、叔父にとっての朝早くは「夜中の3時」。

真夜中の3時に起きて掃除をしている叔父にとって、毎日はきっとこんなに長いんでしょうね。だって、いろんなことをやっても、まだ「午前中」なんだもの。

あるサイキックの知り合いに「私は早起きが苦手なのは、何故?」って聞いたら、「あなたはときどき地球に飛来してくる宇宙人の魂なので、そもそも地球時間に合わないのです。1日28時間で生きたら、もっと身体が楽になりますよ」って言われたことがあったっけ。

28時間サイクルで生きてしまうと、社会的混乱を招きそうなので、残念ながら、あいも変わらず24時間サイクルの日々。

それにしても、同じ光田家の血が流れているハズだけれど、叔父のような早起き社長にはなれそうにもないわ・・・。
by hiroshimapop | 2008-11-24 16:49 | 日記 | Comments(0)
河内京子、これでもただいま仕事中!
テンプルに新しく経理さんが入りました。私の長年の友人でもある河内京子ちゃん。以前から、何度かアルバイトをお願いしたことがあったので、新人だけど、すっかり古株の様相・・・。

・・・・興味津々の福ちゃん。怒られないのをいいことに、さっそくここを定位置にしてしまいました・・・。
c0125114_1530678.jpg

by hiroshimapop | 2008-11-23 15:33 | テンプル最新情報 | Comments(0)
ジュリアンのお話の会はあっという間に満席
今日金曜日はメルマガ配信の日だったので、ある記事を書こうと、ケイシーの本をひっぱり出したり、英語を翻訳したりして準備していたら、台湾にいるジュリアンからのメールがポロリン。

1月12日に予定しているジュリアンのお話の会の内容を早々に送ってきてくれたのでした。
今日は引っ越しで忙しいって言ってたから、こんなに早く送ってきてくれてビックリ。

それで急遽予定変更。

「ジュリアンのお話の会」の告知をメルマガで送信したのでした。

・・・・そしたら、なんと「メルマガ、送信しました」って連絡が私に届くとすぐに、その「お話の会」のお申込みが次々と届きはじめ・・・。なんとたった4時間で、定員オーバー。ちょっとだけ定員を多くしたけど、それでもキャンセル待ちの方が、もう数名いらっしゃいます。

追伸:一晩のうち、あっという間にキャンセル待ちリストが50人を超えてしまいました。ジュリアンと相談して、急遽、もう1回「お話の会」をすることにしましたが、それもすでにキャンセル待ちリストの前半の方で埋まってしまいました。現在は申込、キャンセル待ちとも受付を終了しております。たくさんのお申込みありがとうございました!

フランス人で、若くて、男性で、そして日本語ペラペラで、気持ちの純粋な人だったら、やっぱり会いたくなってしまいますよね。

ジュリアンのお話は、彼がここ10年ほどコミュニケーションしている宇宙人とのやりとりや、宇宙人以外の意識体とのコミュニケーションについて。

愛媛の加藤万里子さんからも、さっそくお申込みが入って
「宇宙人に会ったことある人を、2人知っていますよ~。1人は山元加津子ちゃんだよ」ってメールが入ってました。

山元加津子さんの場合、彼女自身がすでに宇宙人だからなぁ・・・・・
by hiroshimapop | 2008-11-21 20:09 | 世界は不思議に満ちている | Comments(0)
ひさびさの天ぷら・・・・の翌日は
昨日の夜、親戚のなかで、一番仲良くしていて、なにかとお世話になっている横浜の叔父と、大輔くん、叔父の会社のスタッフの方4人で美味しいお蕎麦を食べに・・・。

そこはお蕎麦のほかに、お酒のおつまみになるような美味しい小料理が有名みたいなのですが、やはりお蕎麦にあう料理ということで、天ぷらや揚げ物が多い。
野菜の素揚げやかき揚げ、鳥の唐揚げに揚げ出し豆腐、などなど・・・。

普段は、天ぷらはあまり食べない私ですが(年に数回)、まあ、ひさびさ、今晩は天ぷらづくしでいくか~と腹をきめ、美味しくお蕎麦と天ぷらをいただいて帰りました。

・・・が、やはり天ぷらづくしは、ちょっとお腹に重かった。

今朝起きたら、胃のあたりがどんより。

やはり「天ぷらづくし」は、あかんかったなぁと反省していたら、夢の先生の坂内慶子先生のブログに、ケイシー療法の揚げ物についてのアドバイスがご自身の体験とともに書かれてました。

私は自分でおみそ汁を作るときには油揚げを入れませんが、もう入っちゃっている油揚げは美味しく頂戴してます。でも、そうか~。人によっては、おみそ汁の油揚げでも調子が悪くなっちゃうんですね~。

油と塩分は料理を美味しくする最強タッグなんですが、身体を張って、とことん、その悪影響を実感しないと、つい食べちゃうのは、やはり食欲&感情優先ってことかも(2度目の反省!)

坂内先生のブログ、その1ヶ前には、ひまし油湿布や洗腸のことが書かれてあったので、そっちもご参考ください。

ちなみに、天ぷらが大好きなのに、ケイシーリーディングのアドバイスに従って、天ぷら(揚げ物)をぴったり断ち、そのかわり、年に1回、自分の誕生日の夜だけに天ぷらを食べてるって友人がいます。その日を指折り数えて待つほど、天ぷら好きだけど、やはり翌日は胃もたれで大変だって言ってました。

胃もたれが起きるって分かりながら、あいも変わらず、毎年、誕生日に天ぷらを食べ続けている友人の食欲・・・・。まぁ。これが人間のサガってことですかね。
by hiroshimapop | 2008-11-19 19:54 | 食事が身体をつくる | Comments(0)