毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

<   2008年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧
テンプルの今日このごろ
テンプルのお店の中で、ここ最近面白かったこと。

1)お店に行ったら、テーブルの上には、レタスの山が・・・!
近くのスーパーで、レタスが1つ100円だったってことで、スタッフのランチ(おやつ?)がレタスの山とセロリ! すごーい! 
c0125114_2374215.jpg

ちなみに、このスタッフ。腕に赤くブチブチとした湿疹がずっとあったんですが、レタス生活をはじめて5日後に、キレイに消えてました。

ただ、そのまま続けていたら、今度は便秘するようになったっていってたので、もしかしたら、炭水化物依存生活から、急激なレタス生活への変換に、腸内細菌とか、繊維質の処理がまだ追いついていかないのかも(でも、湿疹はキレイに消えたまま)。 洗腸も並行しながら、レタス生活に対応できる腸を作っていきませう!


2)実は、明日、私は朝、歯医者の予約が入ってます。ホントは夕方の予約だったんですが、急に別の予定が入ってしまって、急遽、時間の変更が・・・。

それで、明日のDM発送の作業時にいられないので、スタッフに頼もうと電話したら、なーんと彼女も明日の朝、歯医者の予約が入っているそう。

仕方ないので、別のスタッフに電話して聞いたら、驚くなかれ、彼女も明日の朝、歯医者の予約が・・・・!

3人が同じ時期に歯医者に行くっていうのも珍しいのに、さらに、同じ日の同じ時間帯に予約を入れていたなんて! テンプルの明日は歯医者DAYですね。


3)今日、発送作業を手伝いにきてくださった女性陣4名。お喋りに花が咲いてましたが、なかに気学を人に教えている講師の方が・・・・・! みーんなお喋りしながら、気学のイロハを教わってました。いいなぁ。あーん。私もお喋りに参加したかった。ときどき、聞こえてくる面白そうな話題に、気持ちは惹かれながらも、私は私のお仕事がある・・・。

ホントのお仕事は、マッサージセラピストとか、気学の先生とか、通訳とか・・・。実は、テンプルの発送作業って、意外に凄いメンバーが混ざっていたりします。同じ話題で盛り上がる人と出会えたり、ひさびさにお喋りを楽しめたりって、気分転換もかねてテンプルの発送作業を手伝ってくださっているようなんですが(実際、そのあと、集まって食事会をしたり、旅行に行ったり交流が続いている方々も多いようです)、そんな方々との出会いを作りながら、張本人の私は仲良くなるチャンスがあまりないのは、かなり残念です~!
by hiroshimapop | 2008-03-31 23:32 | テンプル最新情報 | Comments(0)
いつまでもデブと思うなよ
いつも外出するときには電車の中で読む用に、本を1~2冊、バッグに入れているのに、今日はうっかり忘れ、キオスクで「いつまでもデブと思うなよ」を購入。

ベストセラーになっているので、すでに読んだ人も多いと思いますが、いやあ、面白かった!
これは、単なるダイエット本ではありませぬ。私は、太っている人が何故、太っていつづけられるのか、その食の習慣がよ~く理解できた。

嫌みに受け取られると困るんですが、私にとって、痩せることは簡単で、太り続けるのは、かなり大変。一瞬、太ることができても、すぐに元に戻ってしまう。

反対に、太っている人は、ダイエットなんかで一瞬痩せることはできても、永続的に痩せることが難しい。

それって何故だろう? 何が違うんだろう?って思っていたけど、この本でようやく合点がいきました。

本の170ページに、著者の岡田さんが『「お腹が空いた」と「お腹がいっぱいでちょっと気持ちが悪い」というサインの区別がつかなかったくらいだ。』と書いている部分なんて、私には意味不明で、10回くらい読み返してしまったんだけど--(読み続けてようやく理解できた)、太っている人の食習慣や体感覚というのは、痩せている人とは全く違うんですね。

私は一度として、1日にコーラを数本、ソフトドリンクを数本飲んだことがないんだけど、太っている人は、それを毎日ずっっっっっとしていたりするんですねえ。

以前、体重が150KGくらいあるアメリカ人(日本の大学で英語を教えていた)と親しくしていて、よくご飯を食べに行っていました。(体重40kg前後の日本人と、体重150kg前後の彼女と並んで歩く姿は、さぞや、コメディだったでしょうね)

その彼女は、常々「私はそんなに食べてない!」って言っていたんですが、でも、あの体重を維持し続けるには、それなりのカロリーが必要なわけで、何故食べてない彼女が太り続けていられるのか、その謎が私には解けなかったんですが、この本を読んでようやく納得。

彼女は育った環境の影響で、冷蔵庫が常に一杯に入ってないと心配って言っていたことがあったんですが、よく考えたら、一杯にした冷蔵庫の食材は、いずれは彼女の胃袋の中に収まっていったわけで、そう考えたら、やはり彼女は気がつかないうちに、食べていたってことなんでしょうね。ただ、それが、あまりに無意識の行動だったので、本人は「食べてないのに・・・」ってことになったんでしょうが。

本気で痩せ続けたいと思っている人には、この本の内容はとても参考になると思います。
1年で50kg痩せたら、そりゃー世界が変わると思います。
by hiroshimapop | 2008-03-30 23:29 | セミナー・舞台情報 | Comments(2)
メルマガバックナンバー作成中!
ときどき、メルマガのバックナンバーを読みたいって方からのお問い合わせをいただきます。

旬の話題もあるので、これまでは一期一会の精神で、そのときご縁のあった方々にお送りするっていうスタンスだったんですが、ある程度、分量がたまってきたのと、初期のメルマガは、読者数200名くらいだったりするので、せっかく書いたメルマガを、そのまま埋もれさせておくのも、もったいないってことで、いま、メルマガのバックナンバーをまとめるべく、WEB制作を開始しました。

おそらく5月のGWあけには、ご紹介できるような形にしたいと思いますので、いま、しばらくお待ちください。

2003年からあるんですが、いまは内容の分類や、タイトルと送信日などを一覧表にしています。いま、ようやく2004年の4月に到達したところ・・・。

あと4年分あります。 ふ~っ!

実は明日までに、WEB担当者にリスト提出をしないといけないので、今日は徹夜になりそうです。今週は、完徹を1回、明け方までの徹夜を1回。ホントに美容にわるい1週間。
来週末からイスラエル旅行なので、それまでに、できるだけ、いろんなことを終わらせて安心して旅行に出発できるよう頑張ってます。ハイ。
by hiroshimapop | 2008-03-29 16:16 | テンプル最新情報 | Comments(0)
今日の流行りもの
テンプルのスタッフたちは、ときどき、不思議なマイブームを作っている。

ある日お店に行ったら、スタッフ全員!が、肩に竹布のタオルをかけていた。いやあ、これをかけとくと、肩こりが楽になる気がするんですよね~ってことで。

しかし、ここは東京の自由が丘のあたりよ~。流行の最先端をいく街なのよ~。
なのに、まるで温泉場みたい。

でもまあ、タオル1枚で肩こりが楽になるなら安いものです・・・。


昨日は昨日とて、スタッフの耳の中になにやら入っている。よーく見ると、そこには・・・・

カーボンスチールがすっぽり・・・。

花粉症のお客様から、頭が重かったり、鼻水が出て困ったときに、カーボンスチールを鼻の下に乗っけて15分くらい深くゆっくりとした呼吸をすると、2、3日ですっかりクシャミや鼻水が止まりましたよ~ってお声が・・・。ほかにも、首の上にテープで留めて寝てると呼吸が楽です~!っていう体験談もあり、

それを聞いたスタッフたち。

仕事中は鼻の下にも首の上にも置けないからって、耳の中に入れようってことで、さっそく、お試し。鼻と耳はつながっているから、同じように効果があるかもってことで。
c0125114_554171.jpg

                   証拠写真(モデルはスタッフ、水津)

鼻粘膜や気道を金属イオンが通過したり吸着して、楽になるのかもって自説を唱えていましたが、私にはさっぱり分かりませ~ん。とにかく、不思議なことに、この630円の小さな金属片が、なぜか、クシャミ、鼻水を止めるらしいんですよ~。

花粉症の時期のテンプルの隠れたヒット商品! 

先週も、某会社の某営業ウーマンさんたちから、大量注文が・・・。きっと、営業に訪れた会社でこの不思議な金属片、片手に不思議話の花が咲いているんでしょうね。そして、その人たちの耳の中、鼻の下には、このカーボンスチールが・・・。

ケイシー知らずとも、ケイシー療法が日本にジワジワ浸透している姿を想像したら、ちょっとニマニマ。私のひそかな喜びです・・・・・!

※ケイシーは、カーボンスチール(別名炭素鋼)は、そけい部あたりに置くようにと述べています。
by hiroshimapop | 2008-03-27 06:02 | テンプル最新情報 | Comments(3)
スタッフみんなでチャクラ・チェック!
今日の午後、(株)カラーエネルギー研究所のスタッフの方にきていただいて、バイオパルサーっていう器械で、身体のオーラの色やチャクラの色、チャクラのバランスを見てもらった。

この器械によると、7つのチャクラがバランスよく50~65くらいの数値に入っているのが、一番バランスがとれている状態らしい。
だから数字が高ければ高いほどいいのか、っていうことは全くなく、どれか1つが飛び抜けて数値が高かったり低かったすると、そこに何か問題が起きたり、アンバランスが生じてくるそう。

このオーラやチャクラや内蔵の状態を見る器械、ドイツである女性が開発したものだとか。内部は企業秘密になっているんだけど、こういうものを作る発想といい、商品化していしまうことといい、ドイツって面白い国です。日本で出回ってる波動測定器も、ドイツ発だし、私が以前人に勧められて買ったオーラを活性化するっていうものも、たしかドイツ製だった気がする・・・・。

今日、お店にいたスタッフ全員でやったんだけど、当たり前だけど、みーんな数値は違ってました。でも、全員、50~65あたりに数値がそろった、チャクラバランスは比較的整っている人間ばかりだったので、経営者としては、一安心。

担当者の方に聞くと、たとえば第6チャクラ、第7チャクラ(どちらも頭のてっぺんにある)の数値が70くらいで、第1、第2チャクラが20くらいの数値の人も中にはいるそう。ただ、こういった方は、この現実世界ではなかなか生きるのが難しい「ちょっと危ない系」だったり「心ここにあらず系」になってしまうそうなので、そういう人は心療内科に受診してもらったほうがいいかもと言ってました。

で、私のチャクラの数値は、なかなかいいバランスで誉められました。
ただ、昨日の夜、腰痛治療に整体に行ったばっかりだったんだけど、腰のあたりのオーラの感じがあまりよくなかったそう。数値も一番低かったし。

で、一番よかったのが、意外や意外、ハートチャクラ。ここは愛のチャクラよ。
「ほ~らね。ホントは私は愛情深い人間なのよ~」って、その数値をみんなに見せびらかしてました。それをコピーして手帳に挟んでおこうかしら。ときどき私は毒舌が炸裂するので、「ホントは優しいのよ~」って証明するために・・・。
c0125114_0282339.jpg

         手のひら型の金属のうえに手をほんの数秒置くだけ・・・・。
    ちなみに、おさるのジョージはマイカップ。ジョージは、3歳からのお気に入り。
c0125114_0284325.jpg

         プリンターが無かったので、数値をシートに書き込んでもらう

フラワーエッセンスとか、ホメオパシーとか、目に見えない波動の効果を、目に見える形で表現してくれるので、治療院さんとか、こういうのもっていると面白いかも。テンプルでも、スペースがあれば、おいておきたいくらいなんだけど、今はスタッフもスペースもギューギューなんで、ちょっと無理かな。また余裕ができたら、こういうのを使ってエッセンス選びをすると面白いかもしれないですね。
by hiroshimapop | 2008-03-25 23:57 | ホリスティック・ボディケア | Comments(0)
「ピナ・バウシュ中毒」にはなれません・・・。
昨日、楠田枝里子さん大絶賛のピナ・バウシュとヴッパタール舞踏団の舞台「パレルモ、パレルモ」を見に行った。
楠田さんは、ピナ・バウシュの追っ掛けをしていて、それこそ世界中である彼女の舞台を見に行っているし、その追っ掛けぶりを本にも書いているほどなんですが・・・。そして「パレルモ、パレルモ」はピナの代表作とも言われているんですが・・・・

私はピナの追っかけにはなれません。

さっぱりわからん。


演出は斬新というより衝撃的です。度肝を抜かれる。

こんな演出を許可する会場は、ほとんど無いと思うほど激しい。 (幕が上がるとそこには天井高くまで塀が立っている。その前で舞踏が始まるのかと思った瞬間、その塀が後ろっかわに、ゆっくりスローモーションのように倒れていく。ブロック塀が倒れる大音響が響いたあとは、コンクリートブロックの瓦礫の山。そして、その瓦礫を踏み越え、女性があらわれる・・・・)

舞踏というには、踊りは少ない。2時間半の間に、おそらく15分くらい。
そもそも倒れたコンクリートブロックが舞台の半分を占めているので、踊りを踊るには全く不適切な舞台構成。あとは、ひたすら、次々と短い人間模様が繰り広げられる。しかも、なんとも不可思議な演出で。

ピナのこの舞台は、理解するとか、分かるとか、感動するとかとは全く異質。

こんなに美しくなく、悪趣味で、心にわだかまりと未消化の何者かを残す舞台を、ほかに私は知らない。

過去に、面白くなくて途中で帰ってしまった舞台はたくさんある(大地真央の舞台も、木の実ナナの舞台も、一番前という超いい座席だったにもかかわらず途中で帰った・・・)。演出も脚本も意味不明だったものもある(寺山修司の舞台とか)。

でも、そういった、単純に面白くなかった、というのではなく、ウオーって叫びたくなるくらい、意味不明なんだわ。

1ヶ1ヶ、登場人物がすることすべてがワケワカラン。

なんで、ストッキングをかぶった女性が舞台を歩き回っているのか、裸の男性が水浴びをしているのか、水をステージにばらまいているのか、なんでゴミをまき散らしているのか・・・・。

1つ1つが、ワカラン。

ラストシーン。

ある男性が舞台に立ち、あるガチョウとキツネの話を話し始める。そして最後に桜の木が何本か、天井から降りてくる。男性が童話を話している途中で黒服の人たちが、それを舞台に降ろし、ロープをほどき、中央に集めた、と思ったら、その桜の木のうち、2本だけを、その黒服の人が、ズリズリ引きずって、舞台のそでに持って行ってしまった。

そして話は終わり、舞台も終わる・・・。
あの桜の木はいったい何だったのか?

なんで、あなたは、この舞台に立っているの?なんで、そんなに一所懸命、このワケワカラン舞台をするために世界中を旅しているの?と舞台上の役者に聞きたくなるくらい、私には未消化。

その一所懸命さに、私は意味を求めてしまうくらい。

とはいえ、所詮、人の営みなんて、意味を求めてはいけないのかも。それに何の意味があるの?って意味を求めているかぎり、人は死にたくなるのかも。

ワケワカラン舞台に、そんなふうに、意味を求めて私の脳みそはグルグル廻っていたというのに、舞台の最後は、観客のスタンディングオベーション。

観客の多くが立ち上がって拍手とブラボーのかけ声。

私はその人たちをつかまえて「何をそんなに感動したの?」と聞きたいくらいだったけど、きっとこの舞台は、言葉で説明できない部分の何かに共鳴するんでしょう。

家に帰ってネットで調べたら、篠原ともえさんが、大感動のブログを書いていたし。

フ~ンだ。どうせ、私は、左脳人間。単純明快な舞台のほうがお好みなのよ。

私のお隣の人は舞台の間、ずっと寝ていたから、少なくとも昨日、2名はピナのおっかけには脱落ね。


・・・あまりに脳みそが疲労したらしく、ベッドにちょっと横になったと思ったら、朝まで爆睡。
洋服を着たまま顔も洗わず、ソックスも脱がず・・・。目が覚めたら朝だった。

家中の電気がつけっぱなしだった・・・。トホホの朝でした。
by hiroshimapop | 2008-03-24 18:02 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)
今年はなぜか、海外・・・
1月に行ったエジプトを皮切りに、今年の前半は、ほぼ毎月のように海外に行くスケジュールが入ってしまった。

・・・しまったと言ったって、行くって決めたのはすべて私なんですが。

でも、でも、この勢いは凄まじい。

だって、去年は年末年始に行ったテキサスを除いては、夏のペルー旅行だけだったし、おととしは、イスラエルと、やはりテキサスの2か所しか行ってないのに、今年ときたら、海外行きの勢いがどうにも止まらない。

去年の6月にエイトスターダイアモンドで、アトラスキネシオロジーの斉藤慶太さんにダイアモンドを選んでもらったんだけど、その時、私の手元に届いたのは「ケイシー療法に使う最高の素材を求め、世界に出ていく」って目標設定のもと、選ばれたダイアモンドだったんですわ

もともと私が提出した目標は、「テンプルがますます発展して、私も仕事をしているスタッフもお客様も、みーんなが幸せになるお店になる」っていう感じの、いわばちょっとフワフワ系の夢見る夢子さんっぽいもので、それを手をかえ、品を替え、言葉を替えで、同じような目標をいくつか書いていたのに、ものの見事に、慶太さんに、どれも却下されて・・・というか、私のからだがそれを却下して、いきついた目標が「海外に行く」ってこれ。

あまりに具体的すぎる・・・。
何にでも使いまわしのできる抽象的な目標設定のほうがいいなあと思ったのも事実。ほかの目標のため、別のダイアモンドを買う余裕は、もはや私にはないですからねぇ・・・。


確か、ペルー旅行から帰った8月中旬から身につけ始め、秋にはすでに1月のエジプト旅行がセットアップされていたから、数か月でエネルギー稼働って感じなんでしょうか。

それにしても、飛行機嫌い、特にエコノミーの狭い座席で13時間だの15時間だの乗る長旅は全然眠れないし、もう40代半ばのこの身体には、かなりキツイゼって感じなのに、今年に限って、ホイホイ海外出張を入れているんだから、我ながら、やはり自分以外の力が働いているって気がしますわ。

もちろん、私が安心して海外に行けるのは、スタッフがみんなでテンプルをしっかり運営して、私がいなくたって、全然大丈夫な体制を作ってくれているから。それはもう、スタッフに大感謝であります。

冗談じゃなく、成田空港までの回数券、買おうかしら。

ダイアモンドを買うのに、貯金をはたくことになったうえに、毎度、毎度の海外に、私は全然、お金が貯まらないよ~! いつまでこのダイアモンドの効力が続くのかしらん。あと3年この勢いが続いたら、もうスチュワーデスになったほうがいいくらいよ。まあ、年齢的にも身長的にも、全然無理ですが。

ということで、今年の私は、1年のうち、10ヶ月をホテル暮らしをしているエリック・パールには遥かに及ばないものの、1か月のうち1/3は、どっかに行ってます。
by hiroshimapop | 2008-03-23 11:00 | テンプル最新情報 | Comments(0)
歌わせたい男たち
祝日の今日。朝9時半すぎまで、ベッドでウダウダ。

目が覚めたら、今朝のニコさん。なぜかベッドの端っこのほ~で、しかも私にお尻を向けてボーっとしておりました。なので、私がムギュって強引にニコさんに抱きつきまして、無理矢理、腕枕をさせて、二度寝させました。

午後からは新宿の紀伊国屋に、戸田恵子さん主演の舞台「歌わせたい男たち」に。
1時間半ちょいの短い舞台ながら、緊張感あり、笑いあり、涙ありの舞台でした。なんとしても、全員に、国歌斉唱をさせたい校長と、国歌は先の侵略戦争を思い出させるから断固として歌いたくないといいはる教師と、その間に挟まる、なーんにも知らない音楽教師との、丁々発止のやりとりが、なんとも重いテーマを含みながら、いい舞台になっています。

私はPTAになるチャンスがなく生きてしまったので、公立学校という場所で今、何が起こっているのか体感はない分、かなり驚いてしまった部分もあるんですが、舞台としては面白くできているので、普段、舞台なんて見に行ったこともない人もぜひどうぞ。日本全国、あっちこっちと行脚して上演もあるようです。

舞台が終わったあとは、上演会場が紀伊国屋だったのが、私のお財布には大打撃。
ひさびさに紀伊国屋に入り浸って、な~んと3万円分くらい買い込んでしまいました。

母が生きている頃、次々と本屋から届く本の多さにあきれ果てておりましたが、そんなとき、必ず言っていた私のセリフ。ブランド品に全く興味無し。流行の洋服にも化粧品にも縁遠く、さらにはエステにも行かず、美容院に行くのは1年に1度。グルメでもなく、食べ歩きもしないんだから、本くらい自由に買わせて!

・・・ということで、今日の私は、紀伊国屋に入り浸りの1日でございました・・・・。
by hiroshimapop | 2008-03-20 19:07 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)
スタッフとお好み焼き
ちょっくら酔っぱらってます。

今日は仕事のあと、スタッフミーティングがあり、その後、スタッフと自由が丘の広島風お好み焼き屋、京乃臣で食事をしてきました。

ビールが全く飲めないので、私はいつも梅酒専門。それをロックで頂戴します。

私は、広島の「みっちゃん」のお好み焼きに、チーズを載っけて、さらにこってりさせて食べるのが好きなんですが、京乃臣さんのは、どちらかというとあっさりめ。でも、それはそれでとっても美味しかったです。季節的にプリプリの牡蠣も美味しかったし。

スタッフと喋っていて、へえって思ったことが1つ。

今日は一人が風邪で早く帰ってしまったので、2人のスタッフと食事に行ったんですが、一人はハローワークで、一人は、私の友人で、小説家の平安寿子の姪っ子というご縁で、テンプルで働くようになりました。

2人とも、テンプルで働くまで、テンプルのことも、エドガー・ケイシーのことも、それほど知らず、というか、全く知らず働き始めたにもかかわらず、いまはテンプルに無くてはならない私の右腕になっているんですから、考えたら不思議です。

ハローワーク経由で働き始めた吉田靖子は、聞けば、ハローワークで「きっと無理だと思いますよ」なんて言われたらしいです。記憶をたどれば、面接で私は確か即決で決めた気がするんですが。しかも、お試しで1日だけ働いてもらったその日には、彼女は他のスタッフから「ヨッシー」って呼ばれてましたから、きっと、相性が良かったんだと思います。

平安寿子の姪っ子の水津の面接のときも、彼女の好奇心一杯のクリクリの瞳に、速攻で、話題は「いつから来る?」って感じでしたし。働き始めたその日から、水津は、もう1年以上テンプルにいるような感じでしたから、2人とも、テンプルのミッシングピースに合ったのかもしれません。

それまで、スタッフには、色々と苦労をしました。仕事をするフリはうまいけど、実は全然仕事をしてなかったりとか、他のスタッフのあら探しばかりしているとか、なんだかいつも不機嫌だとか・・・。でも、いまのスタッフになって、それぞれのスタッフが持ち場、持ち場で最大限、アイディアを出し合いながら、仕事をしてくれて、テンプル全体の雰囲気がいい感じです。

この前、大輔さんがテンプルはすごくいい波動をしているよって言ってくれましたが、狭いオフィスゆえ、一人でもネガティブ波動を出していたり、感情的になったりすると、他のスタッフにも悪影響を与えてしまいますが、狭いオフィスで右往左往しながらも、調和が取れているっていうのは、考えたら奇跡的。これはホントに、感情的に大人でいてくれるスタッフに感謝です。
c0125114_2320513.jpg

                    仕事のあいまにラジオ体操
by hiroshimapop | 2008-03-19 23:21 | 日記 | Comments(2)
テンプルの波動チェック
先月、イトコの大輔さんの治療院に行ったときの話しをブログに書いたところ、数名の方がイトコの治療院に来てくださったそうで、ありがとうございます。中には沖縄からご来院下さったとか。イトコに代わって、お礼申し上げます。

さて、そのイトコが使っている波動測定器、会社の波動とかも調べることができるよってことで、じゃあ、テンプルの波動も見てよって早速みてもらいました(写真とか設立した時期などを書いて送った)。

なんでも、会社を人間の身体に置き換えることができるんだそうです(不思議だけど)。

さっき、大輔さんから電話があって聞いたら「テンプルの波動、全体にすごくいいよ」って。
ただ、オフィスが地下にあるせいもあり、呼吸器系が悪いと出たらしです。
空気の循環が悪いってことですね。あとは問題無いらしいので、人間の身体に置き換えたら、花粉症気味だけど、ほぼ健康体ってことかしら。

ここんとこ、スタッフも成長してきたし、全体的に健康的なエネルギーがちゃんと流れているってことですよね。

特に頭脳がいいねえって誉められました。会社の頭脳ってことは経営者の私がいいってこと??? 

ホッホッホ

私自身の頭は血流不足で回転が悪いって判定だったんだけど、テンプルの頭脳としてはいいんだってさ。なんだかわからないけど、ちょっと安心した。

あとは、お店の空気の入れ換えを頻繁にして風通しをよくしたほうがいいってことですね。

ついでにニコさんの健康状態も見てもらいました(これも写真で)。

実は、昨日、今日と、ニコさん、食欲が無くて、あんまりゴハンを食べなかったので心配していたら、案の定、胃腸が少し弱ってる出たそうです。だけど太陽光線がそれを改善させるみたいだから、もっと太陽に当たらせるようにってアドバイスを受けました。

明日から昼間はレースのカーテンもあけて、ニコさんにできるだけ日光浴してもらわなくっちゃ。
by hiroshimapop | 2008-03-18 00:31 | ホリスティック・ボディケア | Comments(0)