毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

カテゴリ:食事が身体をつくる( 79 )
ずぼらさんに最強の朝食かも
     和歌山ゆの里滞在中、私のランチはコレでした。
           ↓   ↓
c0125114_18151153.jpg


1食分ずつスムージー用の果物と野菜が冷凍パックされているものを事前に発注しておき、スーツケースにはジューサー、ピュアシナジーヴァイタシナジーベリーベリープレミアムを詰め込み、いざ、ゆの里へ。

お腹が空いたらカップに冷凍スムージーとピュアシナジーを小さじ半分くらい、そして宿から提供される『月のしずく』を入れてスイッチON。外食だと、やはり普段の食事からすると、野菜の割合が圧倒的に少なくなるので、野菜を補い、かつ、ランチ代をちょっとだけ浮かせる意味でもジューサー持参はなかなか良かったです・・・。

自宅では、朝食がこの組み合わせ。

大型のジューサーでスムージーを作っていたときには、ある程度の量が出来てしまうのと、作ったあとの後片付けが一手間ありましたが、このジューサーだと、ジューサーカップがそのまま飲むカップにもなるので、後片付けが簡単かんたん。ずぼらな私には大助かり。

私と同じずぼらさんには超オススメ。ランチはサラダで朝はこれ。友人が羨ましがるほどの広いキッチンなのに、料理の腕は下がる一方です・・・。

*自宅にあるピュアシナジーは大瓶サイズなので、旅行用に右下の小瓶にパウダーを詰め替えています。使うのが1回に小さじ半分くらいなので、毎日飲んでも全然減らない!大瓶サイズが空になるのは当分先になりそう。

*ヴァイタシナジーはしばらく販売中止になっていましたが、ようやくこの春発売が再開しそうな感じです。

*スムージーのセットはこちらで購入可能。値段的にはちょっとお高いのですが、今は朝の便利を優先しています。

by hiroshimapop | 2014-02-25 18:50 | 食事が身体をつくる | Comments(0)
小麦断ち食生活、まだまだ続いております
ブログやメルマガで、小麦断ち食生活をやっていることを書いたことで、セミナー会場でお客様から「その後グルテンフリーは続いていますか?」「何が変わりましたか?」と聞かれたり、ご自身の小麦断ち体感をシェアして下さることが増えてきました。

これまで直接お話した方々という、超個人的な記憶に基づく統計ですが、可能な限り小麦製品(パンや麺類)を食卓に乗せない食生活を始めた方の、ほぼ全員がポジティブな精神的な変化や体調の変化を実感しているようですよ。

先日お会いした女性は、それまで昼食は毎日、簡単に作れて食べられる麺類にしていたそうなんですが、昼食の麺類を止めただけで、それまでパサつきがちだった髪の手触りがしっとりしてきたと言われていました。別の方ですが、秋になっても、毎年感じる肌の乾燥をまだ感じないとか、思考がクリアになった、といった声も聞いています。


私の場合、もともと基本菜食+砂糖、みりん無し+揚げ物、炒め物なし+ご飯もほとんど無し 食生活だったので、ここに、小麦無し(グルテンフリー)食生活を加えても、実は、あんまり劇的な体感は無かったんですが、以下に貼り付けたメルマガに書いたように、食べる幸せと同じくらい、食べない幸せを静かに実感中。野菜売り場以外のスーパー、デパ地下は、素通り、素通り・・・!

子どもの頃から、肉が食べられず、コーヒーが飲めず、洋服のサイズが無く・・・のナイナイ尽くしの生活だったので、選択肢が無いことに慣れていることもありますが、選択肢が少ないのも楽でいいです。悩まなくていいから。


でも砂糖を断ち始めたときには感じなかった開放感(あえていうなら身体の中を爽やかな風が吹きぬけたような)を小麦を断ったときには感じたので、小麦って食生活や感情的なことに留まらず、人生のいろんな面に影響を与えているのかも。


以下、8月に配信したメルマガ。参考のために貼り付け。

小麦製品を食べなくなってちょうど14ヶ月(2013年8月末時点で)になりました。

スタートしたのはちょうど去年の夏。
私はもともと素麺大王を自認するくらい素麺が好き。しかもスタート直前、デパートで素麺フェアに通りかかり、ゴマ入り、ほうれん草入り、といった日本全国の変わり素麺を5~6種類買い込んだばかり。これからしばらく色んな素麺を楽しもうと思っていたところでした。

が、ある日急に『今日からグルテンフリー試してみよう』と思い立ち、思い立ったが吉日とばかりに、そのままグルテンフリー、小麦断ちの食生活を始めました。

始めようと思ったのは、風水コンサルタントのマークがグルテンフリーの食生活を実践しており、勧められたのがきっかけ。彼が小麦を食べない主な理由は、小麦は品種改良や遺伝子組み替えが進んでおり、現在の小麦はもはや『身体に悪い食材』となっている、というもの。

素麺大王を自認する私としては(ついでにバターたっぷりのパンも好き)、ホントにそうなのかなぁと、自分の身体で試してみるつもりで(素麺を食べても大丈夫だと実感したくて)始めたわけです。

最初、小麦を断つのは1ヶ月だけのつもりでした。『しばらく素麺が食べられないけど、1ヶ月経ってもまだ夏。十分、素麺の季節に間に合う』と思っていました。

ところが、これが意外にも楽しい。

『小麦を食べないという変な食生活を楽しんでみる』スタンスだったのが良かったのか『小麦のない食生活』そのもので遊んでいるうちに1ヶ月があっという間に経ち、ではもう1ヶ月、もう1ヶ月と続けているうちに、そのままズルズル14ヶ月。

日本の場合、お醤油に小麦が使われており、完全な小麦断ちがなかなか難しいので、醤油は普通に使っています(自宅では、キヌア醤油やキビ醤油を置いています。外食のときはフツーに食べています)。

小麦断ち食生活を始めると、何が日頃の食卓から消えるかというと・・・

パスタ、うどん、素麺、ラーメン、焼きそばといった麺類
全粒のパンも含め全てのパン、ベーグル、マフィン
ほとんど全てのお菓子、ケーキ類
お麩、ベジタリアン用のグルテン製品(小麦から作られているので)
カレールー、ホワイトソース、揚げ物(衣に小麦が使われているので)
などなど

つまり、多くの人が大好き!なものが食生活から消えます。

この14ヶ月、広島県人なら大好きなうどんもお好み焼きも、素麺もパンも食べていません…。

海外ツアー中は、自分で食事が選択できなくなるので、海外ではデザートも含め、出されたものは何でも食べていますが、日本にいる間は、自分で選択できる状況であるかぎり、小麦が使われていないものを選んでいます。


・・・こう書くと、とてもストイックで厳格な『食事療法』を実践している、というイメージを持たれると思うんですが、これが意外や意外、とても簡単で楽でした。

今は、グルテンフリーの食材やアトピーの方用の代替パスタなども種類が豊富なので、最初の頃は、けっこう麺類も食べましたし、パスタ料理も作っていました。

小麦を食べないと食べるものが何もなくて大変じゃないですか?とか、何食べているんですか?と聞かれるんですが、基本的に「麺類とパンとお菓子」以外のものを選択すればいいわけで、食べるものはたくさんあります。


そして何より、小麦製品を食べなくなって感じた最大のメリットは何かというと・・・

*感情で、もしくは無意識に何かを食べることがなくなった
*食べることにとらわれなくなった

こと。

つまり、食べ物で頭がいっぱいになったり、食べ物に自分の気持ちをコントロールされることが無くなった。常に食べることは主体的な行動。自分の意志で食べているので、食べても幸せ、食べなくても幸せって感じです。

食べることは幸せを感じる行為の1つですが、食べなくても幸せなので、自分の身体を維持する必要最小限の食事があれば十分って感じです。

この感覚、小麦製品を食べない期間が長くなればなるほど、クリアになってきます。

実はこの感覚、自分の中だけで、なんとなく、そうかなぁと感じてはいたものの、それが小麦断ちだけの結果なのか、他にも要因があるのか、自分ではっきりとした確証はありませんでした。

ところが、7月に発刊された『小麦は食べるな』という本の中で、著者のDr.ウイリアム・デイビスはこんなことを書いていました。

*小麦にはタバコやコカインのように中枢神経系に悪影響を与え、依存症を起こす作用がある
*小麦は事実上の食欲増進剤である


つまり、パンやパスタを食べて食欲を満たしても、もっとパンやパスタが食べたくなったり、自分では食べるのを止めたいのに、自分でその欲をコントロールできないのは、もはや自分の意志が弱いから、という意志の問題ではなく、小麦そのものに、そのような依存を引き起こす作用があり、それは麻薬のように心と身体に作用しているから。

つまり、パンやパスタやケーキを食べれば食べるほど、心と身体はもっと多くのパンやパスタやケーキを求めてしまうわけです。

書籍『小麦は食べるな』
1470円


1月に『その不調、小麦が影響しているかも』というブログを書いたところ、読んで下さった方から、こんなコメントが入っていました。

~以下、コメント引用~

小麦が体に良くないかもってことは、光田さんのブログで散々わかっているし、自分自身でも、食べると体が重くなる、便秘、気分が落ちるっていうか、怠惰になります(笑)。わかっているのに、食べたくなるんです。それも、菓子パンとかじゃなくて、普通の食パンとかフランスパンとか味の付いていないパンが食べたくなるんです。しかも、ちょっとでやめておくってことが出来なくなります。りんご1個でお腹いっぱいになるくせに、パンだと5個も6個も食べてしまい、具合が悪くなるパターン。そして次の日もパンが無性に食べたくなります。麻薬のようですね・・・。今ちょうど、そのパターンにはまって4日ほどです。
舌もおかしくなってきます。太ってしまうっていうのもあるし、ほんと苦しいです

~以上引用終わり~

これって、まさに上に紹介した小麦を食べることの作用ではないですか?

上記のコメントを読むと、この方の依存は砂糖の甘みではなく小麦そのもの。『麻薬のようですね』と書かれていますが、まさに、ですよね。しかも食欲増進剤入り。自己嫌悪に陥るまで止められないのもうなずけます。

この麻薬患者状態から抜けるに一番いい方法は、食生活から小麦製品を完全に排除すること。ですが、これは始める前から『そんなの無理、無理!』という大きな抵抗があるのも事実。

お腹だけぽこんと出ていてなかなかそのお腹が痩せない人は、小麦を止めると痩せやすくなるそうですよ。

もちろん、今すぐ、今日から小麦断ちしたい方は是非お試しください!ずっと・・・と思うと大変なので、まずは1週間。最初は、グルテンフリー食材を利用すると、スムーズに小麦無し生活に移行できます。

変な食生活を楽しむつもりで。
パンやパスタを食べなくても、美味しいご飯は食べられます!

書籍『小麦は食べるな』1470円

~メルマガの引用ここまで~


いずれにしても、試してほしい、小麦(グルテン)断ち食生活。断てない人は断てないことを。断つことができた人は、その開放感を体感できますよ。

ちなみに、よく聞かれるのが、「全粒粉だったらいいんですよね?」「国内の地粉だったら食べても大丈夫ですよね」というもの。残念ながら問題は、戦後、急激な品種改良によって小麦のタンパク質(グルテン)の遺伝子が変わってしまっていること。小麦である限り、NG食材に入ってしまいます。ライ麦、大麦は現時点では身体に変調を起こすほどの品種改良はされてないようなので、パン好きの方は、美味しいライ麦100%パンを探して召し上がって下さい。

*先日、自由が丘に「米粉パン専門店和良」というお店発見! 米粉パンでも、小麦グルテンが使われていることがあるので、このお店のは使ってないといいな。今度行ってきます!
 ↑
追記:夕方、自由が丘まで足をのばし、行ってきました。残念ながら小麦グルテン入り米粉パンでした。小麦グルテンが入ってないのはシフォンケーキだけ。パンは小麦グルテンなしにはうまく作れないそうです・・・。
by hiroshimapop | 2013-11-28 08:00 | 食事が身体をつくる | Comments(1)
自分を弱くしたかったら、カロリーゼロ系ドリンク!
昨日からスタートした癒しのキネシオロジー講座。
今回も、キネシオロジー講座ではお馴染みの、食物との相性チェックで大盛り上がり。
特に、コーラは誰もがキネシオロジーを体感しやすいので、毎回やってます。
9月25日追記あり:一番下に、ダイエット飲料の新事実を加えました!


         何も持たないとき。しっかり腕に力が入っています。
c0125114_23103969.jpg


       普通のコーラ。炭酸ではありますが、実はそれほど腕は落ちない
c0125114_2311303.jpg


    カロリーOFF、カロリーゼロのコーラ。どんなに腕に力を入れようとしても、全く入らず
c0125114_23122844.jpg


               最近登場したトクホつきのコーラもこのとおり
c0125114_23132113.jpg



普通のコーラの原材料は、糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、カラメル色素、酸味料、香料、カフェイン。果糖ぶどう糖液糖など、あまりオススメしたくはありませんが、それでもアスパルテーム・L−フェニルアラニン化合物入り飲料よりは遙かにマシ。この人工甘味料が入っている飲み物を持っただけで、身体のパフォーマンスはグググっと落ちてしまいます。

脂肪がつきにくいということでトクホ飲料になっているようですが、それ以前に、アスパルテーム・L−フェニルアラニン化合物入り飲料、身体にいいとはとても思えないんですが・・・。
c0125114_23202862.jpg



過去、何度もこの食物検査につきあっていますが、カロリーゼロ系のキネシ結果は毎回同じ。

以前にも書きましたが、若年性のパーキンソン氏病でしばらく第一線から姿を消していた俳優のマイケル・J・フォックスさんは一時、ダイエット系のコーラ中毒で1日十数本も飲んでいたとか。コーラとパーキンソン氏病の発病には因果関係はない、という人ももちろんいますが、持った瞬間、腕に力が入らなくなるんですから、それを1日何十本も飲んでいたら身体の筋肉がどうなってしまうか・・・。小学生でも高い確率でその未来を予測できそうです・・・。

一瞬のどがシュワシュワしてのどごしがよく、しかもカロリーが少ないと喜んでいたら、数年後は自分の身体でその結末を知ることになりますね。


9月25日追記:
上記を書いたところ、ホメオパシードクターの渡辺順二先生より、下記の情報を教えていただきました。皆さん、痩せようと思ってダイエット飲料を飲むと思いますが、実はダイエット飲料を飲んで入る人のほうが太りやすくなってしまうという新事実!
ブラジルのリオ・グランデ・ド・スル州立大学の研究グループが「人工甘味料と砂糖はどちらが太りやすいか」を実験したところ、人工甘味料の方が太るという結果が出ました。実験で使用されたサッカリンやアスパルテームは、横浜市衛生研究所のホームページによると、清涼飲料水、炭酸飲料、ヨーグルト、菓子などに使われている甘味料です。

実験で用意されたのは、サッカリン、アスパルテーム(以上、人工甘味料)、砂糖入りのヨーグルト。3種類のヨーグルトをそれぞれ異なるマウスに与え続けること12週間。体重を調べてみると、サッカリンとアスパルテーム入りのヨーグルトを食べ続けたマウスは、砂糖入りのヨーグルトを食べ続けたマウスと比較し、体重の増加が確認されました。摂取したカロリー量が同じにもかかわらずです(ヨーグルト以外にも通常のエサが与えられていました)。

研究グループは、人工甘味料は「体内で消費されるエネルギー量の減少」や「体液貯留」を引き起こすのではないかと考えているようです。過去の研究の中には、アスパルテームはさらなる食欲を引き起こすと結論付けたものも。「カロリーなし」とうたう人工甘味料ですが、結果的により多くのカロリーを摂取することになっているかもしれません。

by hiroshimapop | 2013-09-22 07:50 | 食事が身体をつくる | Comments(0)
果物がね~。ベジタリアン受難の国
昨日はひさびさ、湯島食堂での開運女子会

今回は、昼の部、夕方の部とも、これまでより30分時間を延長して3時間半コースにしたこともあり、なんとなく私たちスタッフはゆったりモード。いつもは1分1秒が貴重でセッションが始まると怒濤の集中モード。セッション中、喋りすぎて時間オーバーになりがちな講師二人に、いかに時間を守りつつ良いセッションをしてもらうか、ヴィッフェ料理が冷めないうちにいかに美味しく食べていただくか、そのせめぎ合いがあったりして、2つの部が終わったら、私たちもプチ興奮状態。湯島食堂でひといきついたら、毎回居酒屋へと場所を移して終電ギリギリまで喋りたおすことが常だったんですが、昨日は4人とも、静かなる達成感で終わることができ、そのまま帰路につきました。

次回はいつ4人+本道さんのスケジュールが合うでしょうか。
次回開催が決まったら、またこのブログでお知らせしますので、タイミングがあえばソッコーでお申込下さい。毎回、24時間以内には満席御礼とになってしまいますので。


さて
昨日の昼の部のテーマは、デトックス。自分の人生を高めるためにどんなデトックスプログラムを実行すべきか。キネシオロジーを使って自分専用のデトックスメニューを作っていきました。

昼の部が終わったあと、キネシオロジストの雪乃さんに、皆さんのデトックスメニューで何か傾向のようなものはあったか聞いてみました。すると食事のリストの中から「意外にも果物を食べないように」とキネシで出た人が何人かいたとのこと。(← つまり自分の身体が果物は食べないようにと訴えている)

テンプルのお客さまは朝は果物、という人が多いのではないかと思うのですが、ここ数年、実は私も果物は悩みの種。果たして果物をもっと食べるようにオススメして良いものかどうか、躊躇する理由が増えてきました。

主な理由は3つ。
①農薬の問題 ②種なし果物が増えたこと ③未熟なうちに採られ、収穫後追熟されるものが多いこと


①の農薬についてだけでも、十分頭を抱えてしまいます・・・

以下は木村秋則さんの講演会で紹介されていた世界主要国の農薬使用量。日本がダントツ1位です。湿気の多い日本ではある程度致し方ないところもあるのかもしれませんが、アメリカの農薬使用量の10倍近く使用されています。
c0125114_16281018.jpg


日本より農薬の使用量が遙かに少ないアメリカ国内での調査(最も農薬に汚染されている野菜・果物トップ12)で、なんとトップ5のうち4つが果物。もちろん人体に安全だとされている基準内で使われているのだと思いますが、農薬は複数の農薬を複数回使用していますので、その複合的な影響は誰にも分からない・・・。

最も農薬に汚染されている野菜・果物トップ12(米非営利団体Environmental Working Group(EWG))
1位 りんご
2位 いちご
3位 ぶどう
4位 セロリ
5位 桃
6位 ほうれん草
7位 パプリカ
8位 ネクタリン
9位 きゅうり
10位 じゃがいも
11位 チェリートマト
12位 トウガラシ


そして、ここ数年の懸念は、なんといってもネオニコチノイド系の農薬。

こちらのWEB記事をそのまま抜粋して貼り付けさせていただきますが、このような記事が紹介されています(詳しくは元のWEB記事をご参照下さい)。


●青山内科小児科医院 青山美子医師
医院のある群馬県前橋市で、松枯れ病対策としてネオニコチノイド系殺虫剤が使用されるようになった2003年以降、ネオニコチノイド系殺虫剤が原因と思われる頭痛、吐き気、めまい、物忘れなどの自覚症状や、頻脈・除脈等の心電図異常がみられる患者が急増しています。
患者の生活習慣として共通する特徴に、国産果物やお茶を積極的に摂取していることがあげられます。日本のネオニコチノイド系農薬の残留基準は、欧米よりも緩い基準値(日本は、アメリカの10倍、欧州の100倍近い)であることが関係しているのではないでしょうか。

●東京女子医科大学東医療センター麻酔科医師 平久美子氏
ネオニコチノイド剤の使用が増え始めた2006年頃から、農薬散布時に自覚症状を訴える患者が増加。中毒患者には、神経への毒性とみられる動悸、手の震え、物忘れ、うつ焦燥感等のほか、免疫系の異常によると考えられる喘息・じんましんなどのアレルギー性疾患、皮膚真菌症・風邪がこじれるなどの症状も多くみられます。日本では、果物の摂食、次いで茶飲料の摂取、農薬散布などの環境曝露と野菜からの摂取も多い。受診した患者では、果物やお茶の大量摂取群に頻脈が見られ、治療の一環で摂取を中止させると頻脈が消失します。


怖いのは、このネオニコチノイドを使うと、農薬の散布回数を減らせるため、『低農薬野菜』『低農薬果物』と表示されている可能性があること(低農薬だと思って買ったら、ネオニコチノイド使用野菜だったいう可能性あり。また、農家さんにとっては経費節減+収入アップで一石二鳥となる)。そしてなにより、野菜や果物の内部に浸透するため、洗っても落ちないこと。

上記のWEBにはこう書かれています。
●水溶性で、残留性が高い
汚染された食品の内部に浸透し、洗い落とすことはできません。
 
●日本の食品残留基準が緩い

農薬としての法規制は1日摂取許容量など規定があるが、日本は欧米に比べかなり緩い。
汚染の高い食品の組み合わせにより、1日の摂取許容量を越える可能性も否めません。
c0125114_1724674.jpg



ここ10年くらい、どんどん果物の見た目がキレイで、しかも価格がかなり安くなっている気がします。こう感じているのは私だけ・・・?

いまスーパーでたくさん並んでいる桃やブドウ。私が子供の頃の桃と今の桃は全く違ったものになっている気がするんですが、それって品種改良ゆえなのかどうなのか・・・。巨峰やマスカットも値段が高くて、とても手の届かない果物のイメージがあったんですが、いまは大きなものでも500円以内で売っていたりします。

もちろん品種改良の努力の賜物でもあるのでしょうが、もしかして、値段の安さはネオニコチノイド系の農薬の普及で散布回数と手間が減ったことも関係しているのでは?とチラリと思ったりします(果物の値段が安くなった理由をご存じの方は教えて下さい)。


ネオニコチノイドを調べていて、こう書かれているブログを見つけました。

私「一般の野菜の中では、一番どれに気をつけたらいいでしょうか?果物ですか、やはり?」

Nさん「果物はすごい使うね。一番使うんじゃない。あとハウス栽培のものは使われているものが多いよ。」

私「確か、カメムシを殺すのに稲にもすごく使うんですよね?」

Nさん「うん、稲はもう、、、根から吸うね~。でも実は一番注意が必要なのは「減農薬」「特別栽培」って書いてあるやつだよ」

私「え?減農薬が?だって果物なんて無農薬が難しいからって、オーガニックの八百屋行っても減農薬ばっかりですよ?」

Nさん「減農薬にするためにネオニコを使うのさ。ネオニコ使うと、よく効くから農薬の回数を減らせるんだよ。」
私「ええええええええっ!だって安全な農産物作るために農薬減らしているんじゃないんですか?」

Nさん「違うよ、高く売るためだよ~。もちろんそうじゃない農家もいるから「減農薬」「特別栽培」って書いてあったら「どんな農薬を使っていますか?」って必ず聞けばいいよ」

私「それは八百屋に聞くんですか?」

Nさん「そうそう、八百屋に聞いて分からなくても農家に聞いてくれるから。農家はね、聞かれたら必ずそれは教えないといけないことになってるからね。」

私「でもこないだ私、キリンビールに大麦とホップに使っている農薬を教えて下さいって聞いたら、教えてくれませんでしたよ?」

Nさん「加工品は、多分教えなくていいのかもしれないけど、農家はだめなの。みんな聞くようにしたほうがいいよ。あちこちでネオニコ系使ってるかチェックする人が出てきたら、農家もさすがに考えるからね。」

私「そうか~、でも減農薬じゃなくても、普通の慣行農法でも使われているんですよね?」

N「もちろん使われてるよ。それだけじゃなくて、あのゴキブリ退治に煙でいぶすやつとか、網戸にしゅーっとして虫を寄せ付けないやつとか、僕らの身近に今めちゃくちゃ使われてるよ。実は今年の夏からそういう製品が各社どかっと増えたんだよ。」



以前から使われてきた農薬でしたら、皮をとったり洗えば落ちる、煮れば大丈夫、というレベルだったでしょうが『洗っても落ちない』となれば、ネオニコチノイド系の農薬を使っていない野菜や果物を選ぶしか自衛手段がありません・・・。そもそも、お茶は洗うことなくそのまま抽出するので、農薬+ネオニコチノイド摂取の危険度大。

上記のブログでアドバイスされていたように、安全な野菜や果物を食べたいなら、八百屋さんを通じて使用している農薬の名前を農家さんに確認する。できるだけ有機や自然栽培のものを購入する。なにより、生産者の顔が見えるものを買ったり生産者さんと仲良くなるのが一番かも。

先日も有機栽培のブドウを買おうとして、その値段の高さにビックリして二の足を踏んだばかり。でも、そういう安全な農産物がもっと増えるよう、農家さんを支える意味でも、少し値段は高くても、有機や自然栽培のものを買いたいですね。実際、農薬を使わないで野菜や果物を栽培しようとすれば、それだけ大変ってことだと思います。


そうはいっても毎回有機野菜は食べられない。そんなとき、せめてもの抵抗で、私がワースト12の野菜や果物を食べるときにやっていることはドクトルセイに30分ほど浸けておくこと(その理由はこちらから)(上記のワースト12には出ていませんでしたが、大葉(シソの葉)、お茶、春キャベツもダントツで農薬散布が多い農産物です。大葉はすっかり買わない、食べない野菜になりました)

うーん、日本は、ますますベジタリアン(穀物ではなく野菜が主食)には受難の国になっております・・・。

何かを食べるってことは、一緒にこういったものも取り込んでしまうってこと。デトックスはもう現代人の必須事項。自分のスケジュールに組み込んだほうがいいですね。


★農薬を使わないで桃を栽培している農家さんを見つけました(何故かHPが消えてました。同様の農園を見つけたら張り直します)
藪本畑下農園(和歌山) (今年の桃はもう予約分で売り切れだそうです)
木村もも園(岡山)

おまけ: アレルギーを起こしやすい果物リスト
by hiroshimapop | 2013-08-12 18:22 | 食事が身体をつくる | Comments(1)
木曜日は、重ね煮教室でした
今週木曜、我が家のダイニングテーブルを使って、重ね煮教室を開催してました。講師は、岡山「わら」からいらした船越耕太さん、山室顕規さんのお二人。とっても若いイケメンシェフです。

重ね煮の作り方はとっても簡単。本を読んだり、人に作り方を聞けば、すぐに自分で作れるものなんですが、材料と作り方がシンプルなだけに、実はとっても奥が深い。

主婦歴の長い方も、料理学校の先生をしている人も、まな板に向かうときの立ち方、包丁の持ち方、野菜の切り方、料理をするときの気持ち、もろもろ、1から全部やり直しって感じです。

シイタケ、ニンジン、タマネギといういつも使っている材料が鍋の中で調和して、蓋を開ければ、心や身体に活力をくれる不思議な一品に変身。同じこの3つの材料を使っても、切り方、入れる順番、料理のときの心持ちで、全く違った料理になるんだとか。実際、教わったとおりに野菜を切ろうとすると、考え事をしながらでは切れませんね。重ね煮を習った勢いで包丁まで新しくした友人は、野菜を切っている時間は半ば瞑想状態になってるって言ってました。

テーブルの関係で定員はたった10名の料理教室。その10名のために、講師のお二人は、朝8時に到着して仕込みをし、お帰りになったのは夕方5時すぎ。心にずんと来るお話を聞いて、野菜と向き合いながら調理して、そして美味しい重ね煮料理をたっぷり味わい・・・。ホント、贅沢な1日でした・・・。

重ね煮を作ってみたい方は、1冊まるまる重ね煮の本はこちら。

次回の開催は未定ですが、タイミングがあえば次回は是非!


                    仕込み中。立ち姿に注目!
c0125114_11374660.jpg

                みんなうまく立っているでしょうか?
c0125114_1138627.jpg

                 シイタケ、タマネギ、ニンジンを重ねて
c0125114_11381765.jpg

                        約40分後・・・・
c0125114_11382734.jpg

            火にかける前にみんなで言葉がけと思いを注入!
c0125114_11384133.jpg

                     楽しい試食!
c0125114_11391820.jpg

                  重ね煮の料理本、たくさん出てます
c0125114_11385254.jpg

                  その頃、福ちゃんは夢のなか・・・
c0125114_11393537.jpg


ちなみに、前回も今回も、重度の猫アレルギーの方のご参加があったんですが、前回、今回の方ともアレルギー症状は出ず! 料理教室の間中、2匹の猫たちが縦横無尽に走り回っていたんですが・・・。前回ご参加の方は、嬉しさのあまり、猫を触りまくってお帰りになりました。それも不思議です。
by hiroshimapop | 2013-07-20 12:12 | 食事が身体をつくる | Comments(2)
その不調、小麦が影響しているかも?
横浜の綱島で、私のイトコの大輔くんが変わった鍼灸師をしています(というより、仲良しはみな変わった人ばかり)。

そのイトコのブログを数ヶ月分まとめて読んでいたら、小麦アレルギーの記事がありました。

以下、大輔くんのブログより引用
私は治療を行う際、患者さんが訴える症状の原因を、潜在意識に問いかけて類推するようにしています。すると最近、小麦を起因とする病気が増えてきているように感じています。しかもこれは特定の領域の病気ではなく、五十肩や腰痛等の整形外科的疾患、子宮筋腫等の婦人家系の疾患、あるいは難聴を含めた耳鼻咽喉科系の疾患等、様々な領域の病気の要因に小麦が反応します。勿論、小麦だけが原因ではなく他にも様々な要因があるのですが、最近特に反応するのが小麦なのです。小麦を食べると臍の周りにある経絡の滞りを生み、それが様々な症状を引き起こすのです。

そしてこの小麦の影響を鍼治療で取ると、経絡を気血がきちんと流れるようになり、症状の回復がなされていきます(勿論、病気・症状の要因はそれだけに限りませんので、要因の数に応じて治療回数は異なります)。しかし何故ここ1週間ほど、特に小麦に反応する人が多いのかは不明です・・・。(引用おわり)


小麦のグルテンが、子供の多動行動や発達障害の原因になっていることがある、というのはよく知られるようになりました。

大輔くんは治療のとき、筋反射でその症状が起こっている原因を探り、その原因に対して働きかけを行っているようなんですが、その原因として最近小麦が出てくる人が多い・・・。

アレルギーというと、湿疹やアトピー、花粉症などを思い浮かべてしまいますが、特定の食品を食べることで内臓の働きやエネルギーの流れを滞らせているなら、それもアレルギーと言えるかもしれません・・・。

で、その身体に起こる反応が小麦全体に対してなのか、それともグルテン(タンパク質)だけに対して起こっているのか確かめたくて、大輔くんに電話して聞いてみました。

大輔くん曰く、グルテンと出る人も中にはいたそうですが、ほとんどの人は「小麦」と出る。つまり小麦全体に対してアレルギー反応を起こしているそうなんです。


私はグルテンアレルギーではありませんが、風水コンサルタントのマークが、最近の小麦は遺伝子組み換え作物が多く、自然に存在しない形に作り上げられた作物はできるだけ食べないほうが身体のためにもいい、と言っていたことから、昨年の7月から小麦製品無し(醤油以外)の食生活になっています。特に自覚できるようなアレルギー症状があって始めたわけではありませんが、自然の移り変わりの中で少しずつ変化していった食物ではなく、人為的に、無理矢理作られた食べ物は、やはり避けたほうがよさそうだと、大輔くんのブログを読みながらあらためて感じました。

私自身が小麦排除生活で感じたことは、いずれ別の機会にブログかメルマガで書きたいなと思っていますが、いま現在、体調不調でお悩みであれば、それはもしかしたら小麦の影響かもしれませんよ。


横浜近郊にお住まいであれば、イトコの治療院に行ってチェックを受けられることもできるでしょうが、ご遠方の方は、なかなかそうもいかないでしょうから、まず3週間、小麦なし生活、してみてはいかがでしょう?

私はお醤油まではカットできなかったので、あいかわらずお醤油は普通に使っています。でも、他の小麦製品はほぼ食べていません・・・。

どんなものがその範疇になるかというと、

パンやケーキ類、お好み焼きはもちろん小麦製品。うどん、ラーメン、パスタなどの麺料理(ソバも十割以外は小麦が入っています)、ほとんどのお菓子も小麦でできていますね。うっかりしがちですが、カレーやホワイトシチューはルーが小麦で出来ていますし、天ぷらやフライもパン粉が使われているのでNGです(といっても、ケイシー療法ではもともと揚げ物は食べませんが)。

あとは商品ラベルをチェック。

大好物のは全部小麦製品だった、ということになってしまうかもしれませんが試す価値はあると思います。その代わり、探せばキビやヒエでできたパスタや麺が売られてます。最近私は玄米をミルで粉にして、それで蒸しパンを作りました。

実験するみたいに、あれこれ試してみると意外に楽しいです。アトピー対応製品ってこんなにあったの?というくらいバラエティに富んでいるので、けっこう代用品は見つかります。


小麦排除食生活、私はもともと、日本各地から通販でパンを取り寄せるほどのパン好き、夏は素麺で生きていると云えるほどの素麺好きでした。なので、パンや素麺を食べないなんて、きっと長くは続かないだろうなぁと自分でも思ってました。ほんの1ヶ月間だけのつもりで始めたのに意外や意外、けっこう楽。そのままズルズル継続中。7ヶ月が過ぎたところです(外食の時、お店に全く選択肢がないことがあるんですが、そんな時は食べずに通り過ぎてます・・・)。

特にこれから花粉症のシーズが始まります。先週のメルマガでケイシーの花粉症対策について書いたばかりですが、ケイシーの時代から、世の中はずいぶん様変わりしています。プラス小麦粉なし生活が加われば、かなり身体も楽になるんじゃないでしょうか?
by hiroshimapop | 2013-01-28 13:52 | 食事が身体をつくる | Comments(3)
キネシオロジーで野菜の安全度を調べてみました
土曜日、キネシードライトさんで開催された『安全に野菜を食べるキネシオロジー勉強会』にスタッフのスイヅと参加してきました。

キネシードライトさんが事前に用意されていた野菜とは別に、私は「低農薬もしくは有機農産、しかもベクレル検査済みの千葉産(大葉のみ新潟産)」の野菜も持参していました。

農家の方には大変大変申し訳ないのですが、私は3.11のあと、北関東から神奈川までの野菜はほとんど購入していません(*千葉産でも房総半島の南端あたりのものだとまだ比較的安心なんですが、千葉のどこで育ったのかが分からないとやはり不安です・・・)。そのため、たとえベクレル検査済みとあっても、野菜を選ぶときには「富士山を越えたあたりから西のもの、もしくは北海道(一部、岩手、秋田や青森)を基準としています。野菜を主食にしており、野菜率が高いのと、安全と言われる基準値が世界に比べ日本は高いので、検査をあまり信用していない・・・ということもあります。


でも今回は日頃不安だなと感じていた地域のものをあえて購入していました。重ねて書きますが、私が持参したのは、低農薬でベクレル検査済み(一部有機農産)、宅配でわざわざ取り寄せている近所のスーパーよりは値段の高い野菜です。


まず、日本の農薬使用量は世界一だということは頭にたたき込んで下さいね。湿気が多い、虫食いや形のいびつな野菜や果物は売れない。見た目のキレイな野菜を求める消費者行動が、農薬使用量を世界一にしています(最近は、韓国と1位を争っているそうです・・・)。

以前のブログで紹介した画像ですが・・・・
c0125114_11585896.jpg

c0125114_11591755.jpg


日本の野菜で特に農薬の量が心配なのは、大葉と春キャベツ。この2つを気をつけるだけで、体内に取り込む農薬の量はグッと減るとさえ言われるくらいです・・・。

         テーブルに並べたのはこんな野菜たちでした。
c0125114_12231721.jpg


キネシオロジーで自分の身体に合う野菜、合わない野菜を調べるときは、胸腺のあたりに野菜をあて、腕に力が入るか(大丈夫!)、力が抜けるか(食べないほうがよい)で調べます。

     けっこう力を入れて腕を押しますし、腕が落ちないよう力も入れています
c0125114_12173172.jpg

でも、身体に合わない野菜を持ったときには、あっけなく腕は落ちてしまいます(ちなみに持っているのは大葉ですね~)
c0125114_1218194.jpg


もちろん、調べられるのは『私にOK』かどうか。

日本全国全ての人が大丈夫か、大丈夫じゃないかを調べているわけではないので、どこの産地を選ぼうと、農薬がかかっていようと全然身体には影響はない、大丈夫、という方もいらっしゃると思います。が、参加者15名で調べた結果、全員に安全と出たものは残念ながらありませんでした。農薬づけ野菜であれば、産地を選んでも意味無いですし、低農薬であってもフクシマに近ければ、それも懸念されます。

特に力の抜け具合が大きかったものは、セロリと大葉。私が持参したものも残念ながら全てNG!

         有機パクチーもあっけなく腕は落ちました・・・。
c0125114_12282639.jpg



そこで・・・浸けてみました。それらの野菜をドクトルセイに。浸けたのは約30分。ざっくり切ったものと、細く切ったものと2種類の切り方で・・・。

c0125114_12321413.jpg

c0125114_12315961.jpg


たったこれだけなのに、さっきまでNGだったのもOK野菜になってました。ただし大きく切って浸けたセロリやゴボウ、そのまんまの大葉はまだNG(私が持参した低農薬大葉はOKになってました)。

つまり漬け込むときには、できるだけ野菜は細かく、細長く、大葉のつけ込み時間は長く、が大切のようです。ビタミンが流れてしまうのが心配で、つい時間を短くしがちですが、ビタミン流出より、いまは余計な毒素を身体に入れないほうが大切。なんせ、化学物質をはじめ毒物に囲まれた暮らしをしていますからね。

           同じ野菜でも、左はNG、右はOKの結果に
c0125114_12372892.jpg

c0125114_12374117.jpg



こんなにいいものだったら、直接飲んでしまえば体内浄化に・・・と思ってしまいますが、ダイレクトに飲むことは「作用が強すぎ」。かえって身体をこわすもとに・・・。水にひとふりして野菜をつけるように作られた製品ですから、やはりその使い方が一番いいんですね。

じゃぁ、お風呂に入れて身体についたものを落としてしまえば?とも考えますが、キネシオロジーでチェックした結果、これも週に1回程度でいいようです。私の場合には3ヶ月に1回でOKと出ました。

農薬を落とす野菜洗い、何種類か出ていますが、参加者のなかで、以前、いろいろなメーカーのもので調べた結果、現時点で安心して使えるのは、ドクトルセイだったとか。いまの時代、ゼオライトやフルボ酸がキーワードなのかもしれません。

ドクトルセイはこちらから

ちなみに、どんな安全な野菜を買ったとしても、それを電子レンジでチンしてしまえば、一巻の終わり。あっという間に身体に悪影響を与える食べ物に変身してしまいます。手作りのお弁当を作ったとしても、安い冷凍食品ばかりをお弁当に詰め込んでいるようでしたら、それも良いとは言えないですね。

また、どんなに安全な野菜を食べていたとしても、カロリーゼロのコーラとか炭酸飲料なぞ飲んでしまえば、身体は、入ってきた毒物処理に追われ、健康度はどんどん下がってしまいます。(慶太さん曰く、これまで最悪の飲み物はカロリーゼロのコーラでしたが、それを上回る最悪の飲み物を最近発見したそうです。商品名は書きませんがそれも炭酸飲料系でした。よい子はどんなものでも炭酸飲料は飲まないように。特にカロリーゼロ系は止めましょう)


口に何を入れるか、何を食べるかは、私たち1人1人の選択にかかっています。外食するときにも、安い外食産業のチェーン店を選ばず、気骨のある店主のいるお店を選ぶ、あるいは自宅に帰るまでちょっと我慢して、帰ってから自分で作って食べる。

血液観察会で、解説をして下さった阿部さんが『今の時代、健康オタクだと自認しているくらいがちょうどいい』と言われてましたが、本当にそうなんです。

そんなに西の有機や無農薬野菜を選べないと言われるかもしれません。それだったら1日に食べる量を減らしてみては?3食だったのを2食に減らすとか、全体を減らすとか? いい食材を選ぶ、小食にする。この2つが鍵だと思いますよ~。これからの時代。


当日、一緒にセミナーに参加されていたさつきさんのブログ(とても分かりやすい!)
by hiroshimapop | 2012-12-10 13:19 | 食事が身体をつくる | Comments(1)
シェフはベジ料理を知らない
先日の静岡のセミナー合宿。

食事付きだったので、事前に主催者さんに「肉は食べないので出来たらベジタリアンでお願いします」とメールし、大丈夫ですよというお返事をいただいてました。セミナー当日「魚もダメですか?」と聞かれたので、「出たら食べますが・・・」という消極的にOKしておりました・・・。

さて、その夜の食事。会場は地元の評判の居酒屋。料理はおまかせ。
再度、主催者の方がお店の人に確認して「大丈夫そうですよ」なんて言われていたんですが・・・

なんとなんと、6品くらい出てきたメニューのうち、4品が肉~!チキンに豚に牛にとフル展開。あと2品は魚のカルパッチョとポーチドエッグ!せっかくサラダが出たのに、担々麺みたいに挽肉がどっさり~。固まり肉だったら除けて食べることもできるけど、野菜全体にからまってしまうと私には全然ダメ! 

結局、私のために別に頼んで下さったバーニャカウダー(これも結局アンチョビソースですが・・・)の野菜以外、出てきたメニューは全部動物性のものばかり~。多少は口にはできましたが、ここに完全ビーガンのサンプラザ中野くんがいたら断食ですわ。


そして翌日のランチ。
ホテルの中の鉄板焼きレストラン。皆さんのメニューは分厚いサーロインステーキ。代わりに私はタイの切り身を焼いて下さいました・・・。

・・が・・・・、シェフの方、サーロインステーキのすぐ隣で魚を焼き始めてしまい・・・。
きゃー、ステーキの脂が魚にうつる~!

チャーハンに入ってる挽肉を1つ1つ他に除けて食べるほど肉がダメな私にとって、ステーキの脂の味のする魚は、たとえ魚でも無理なんです~。

ということで、「すみません、魚は肉の脂が飛び散らないところで焼いて下さい」とお願いして事なきを得ました。当然サーロインからしみ出た脂でソテーしたモヤシも口に入りません・・・!


話はさかのぼり、6年ほど前、テンプルの10周年記念を青山の某レストランを貸し切って行ったんですが、そのときのメニューがひどかった。2ヶ月ほど前から数名分はベジタリアン料理でとお願いしていたにもかかわらず、ベジ用に出てきたメインディッシュはポーチドエッグ! ありえ~ん! なんで他の人のメインディッシュがサーロインステーキで、ベジがポーチドエッグなわけ? それとも、あれは烏骨鶏の中でも幻と言われるような烏骨鶏卵・・・? 

確かに卵はOK食材にしていたんですが、結局、シェフは料理を知らないんですね。2ヶ月もあったんだから勉強しておいてよ、と言ってもすでに遅し。子供用の料理はエビフライだったし・・・。東京でも有名店だったんですが、あまりにお粗末なメニュー構成に絶句でありました。


それでも最近は都心ではベジタリアン率も高くなり、玄米菜食以外のベジ料理も増えてきたので嬉しい限り。地方にいくと、完全ベジを外食で実践するのは少々難しいこともありますが、シェフの皆さんが、美味しい野菜料理をもっと勉強して下さると、野菜食人口、もっと増えると思うんですけどね。

そしたら病人も減ると思うし・・・。
by hiroshimapop | 2012-11-17 16:50 | 食事が身体をつくる | Comments(0)
デパ地下素通り領域拡大
今日からマークの風水講座がスタート。
月曜日からはアドバンスクラスのレベル1、2、3、そしてビジネスオーナーのための風水講座とマーク漬けの日々が続きます。それが終わったらすぐに名古屋でセミナーに参加。帰ったら今度はマレーシアと、今月はほとんど会社にいませんねぇ・・・。

さて、今回のマークの風水講座の会場は神田。
近所にほとんどレストランらしいレストランがなく、ファストフード系のお店ばかりなので、念のため、マークと私のランチの買い出しに三越のデパ地下に。

マークも私もグルテンフリー(小麦製品を食べない食生活)で、私はケイシー流+肉と砂糖を食べないし・・・・と思いながらデパ地下を歩いてみれば、あらまぁ、あれだけ大きなデパ地下でも私たちが買えるお総菜は全くない。

パン、パスタ系、揚げ物、肉系すべて素通り、甘いもの系のエリアも素通り。グルテンフリーを極めればお醤油味もアウト。スムージーか何かあれば買って帰ろうと思ってましたが、三越の客層は全体的に年齢が上らしく、ジュースのお店は見つからず。どこかにあったのかしら。

結局どこのデパートにもあるようなサラダのテイクアウトを買って帰りましたが、もはやデパ地下では私が買える食材はほとんど無いことにあらためて気がつきました。

私はもともと世の中に売られている洋服の95%は私にはサイズが大きすぎ、あれだけ世の中に流行の洋服が溢れていても、ほとんどのお店は素通り。ブランド品にも興味なくここも素通り・・・。つまり、これまでもデパートの中は、ほぼどこも素通りしてましたから、デパ地下に素通りエリアが少々増えただけって感じではあるのですが、歩けど歩けど、ショーケースを覗き込んだり選んだりすることさえ出来ないお総菜ばかりが並んでいると、世の中の人の胃袋はこういうもので満たされているのねぇと変に感心してしまいました。

そんな食生活やだ〜!と多くの人は思うでしょうが、選択肢が少ないっていうの、けっこう楽です。「すること」「やらないこと」がすでに決まっているので一点集中というか、行くべき場所に直行して、少ない選択肢の中から選べばいいし・・・。

そして・・・今日マークが、お醤油にも普通小麦が使われているから、お醤油もグルテンフリーを選んだほうがいいと。お醤油は毎日、大量に使うわけではないけど、日本食の場合、ほぼ何かに使われているので、日本でははグルテンフリー生活のハードルが高い。でもマークの場合、お醤油をカットしたら体調がグンと違ったらしいので、私も今のお醤油がなくなったら、グルテンフリー醤油を使ってみます。今、我が家で使っているのは蔵つきの天然菌醤油なので、かなりいいお醤油ではあるんですが・・・。

というわけで、私の食生活はどんどん変人領域に突入しています。
by hiroshimapop | 2012-09-29 23:51 | 食事が身体をつくる | Comments(3)
「レントゲンはできるだけ受けない」選択を
先週木・金と、医療ジャーナリストの阿部孝次さん、ゲルソン療法の普及に尽力されているヘルスフリーダムの氏家京子さんのご協力で、第3回の血液観察会を開催してました。

血液観察中の阿部さんのコメントが毎回秀逸で、私はいつも阿部さんのユーモア溢れる、でもピリリと辛い一言を楽しみにしています。残念ながら今回、前回とも仕事を抱えて会場に行ってしまっていたので、あまり阿部さんのコメントが聞けず残念でしたが、チラリチラリと耳にする阿部さんのコメントはさすが。長年、人の血液を見続けてきた方ならではの説得力がありました。


さて、今回で3回目、トータル6日間開催してきた血液観察会。毎回、毎回、偶然集まってこられた参加者なのに、何故か、日によってキーワードになるような傾向が見受けられたりします。


今回の重要なキーワードはなんといっても「レントゲン」。

というのも、レントゲン、特にマンモグラフィー(乳がん検査のための乳房にかけるレントゲン)の悪影響が血液中に残っている女性が何人もいらしたのです。

マンモグラフィーは、乳がんの疑いがあったり、乳がんかも?という心配があって受けるのかと思っていたら、いまは会社の社内検診や地域の健康診断で、女性だから・・・・という理由で受けるんですね。

自覚症状のない初期ガンを見つけることも重要かもしれませんが、健康チェックのために受けたレントゲンがかえって身体にダメージを与えていた・・・というのは、なんとも怖いです。

しかもそういった身体へのダメージ、本人には自覚できない「潜在的な弱さ」となってずっと身体に残るんですからねぇ・・・。


どんな感じで残るかを、私の乾燥血液画像からご説明すると・・・
c0125114_13355694.jpg


右列上から3番目、左列上から4番目のものは、比較的最近の健康状態を顕している画像です。

そこに白く抜けている部分があります。この白抜き部分は、ちょうど曼荼羅のように丸く形作られる血液画像の中程に、グルリと1周するように存在してました。

説明して下さった氏家さんによると、レントゲンを受けた場合、血液中にその影響がでてくるのは、約1ヶ月~2ヶ月後。私の場合、歯科検診で、この春、頭蓋骨全体を撮影するために、グルリ1周、頭のレントゲンを撮影していましたので、この白抜きの要因で考えられるのは、歯科クリニックで撮影したレントゲンの影響と考えるとは自然なこと。

どこか一カ所、集中して白抜きになってしまう場合、ある特定の部位に何かトラブルが生じているサイン(血液が弱っている)なのだそうです。マンモグラフィーを受けた方の血液は、ちょうど「胸のあたり」とリンクする部分が白く抜けていました。

マンモグラフィーは、乳房という一カ所に集中して(左右と上下2回)X線を当てるため、通常のレントゲンの約300倍、放射線の影響が強いとか。それを健康な細胞に照射して、かえって身体にダメージを与えている。

考えたら、とっても怖いです。


では、レントゲンを受けた痕跡が血液中から消滅するのにどれくらいかかるかというと、なんと、約1年!

ということは、毎年1回、学校や職場でレントゲンを受けている人はずっっっと、血液にレントゲンの影響が残り続けてしまう、ということ。半年に1回受けている人は、その放射線の悪影響が修復される前に次なるダメージが重なり、ダメージが少しずつ積み重なってしまう、ということになります。

必要なレントゲン検査もありますが、無用な検査、特に社内の健康診断は、受けないことを選択できるなら、受診の回数を減らすとか、全く受けない選択をしたほうがいいかもしれませんね~。

実は、集団検診で初期のガンを見逃してしまい、分かったときにはガンが進行していた、ということはよくあります。20代の前半、弁護士事務所に勤めていたとき、半年に1回、定期的に胃腸専門クリニックで胃腸のガン検診を受けていた方が、その検診の数ヶ月後、中期のガンが見つかり、訴訟になったという事件がありました。

体調の悪さを自覚しながらも「この前受けた検診は大丈夫だったから」と放置してしるうちに取り返しがつかなくなった、ということはよく耳にします。

普段から自分の体調の波を知っておき、安易にレントゲンは受けない。集団の健康診断の結果は盲信しない。その代わり、何か変だと感じたら、すぐに主治医に相談する、という自分独自の健康チェック体制を作っておくといいと思います。


血液を観察していま分かっていることは、
レントゲンを受けると身体(血液)には、潜在的なダメージを受ける
そのダメージの修復には1年間という長い時間が必要
  ※マンモグラフィの場合には、もっと長い修復期間が必要

1年というのは、かなり長い時間です。その間、もしも、大きな精神的ストレスを受けたり、事故にあったり、あるいは地震や災害にあったり、といった予期せぬことでも起きれば、普段だったら、なんの影響もないハズなのに、体調不調となって現れてしまう。あるいは、いつもはすぐにリカバリーできる体調がなかなか元に戻らず、慢性化してしまう、ということにもなりかねません。

氏家さんが、何かあったときのために、普段から「健康の糊代の幅」を大きくしておいたほうがいい、とおっしゃっていました。レントゲンを受けると、その糊代の幅を確実に小さくしてしまうことが、血液からはっきり見えていますから、3.11以降の日本を考えると、やはり、今後はできるだけ「レントゲンは受けない」、「受けたら、その後の食生活は徹底的に気をつける」ことが必須だと思います。


そして、最後に、レントゲンを受けることになったら、その前後から抗酸化物質を多く含む食品を心して食べることをお勧めします。新鮮な野菜や果物がそうですよね。フラックスオイルのような必須脂肪酸も新陳代謝と解毒力を高めます。

洗腸もいいと思います。私も阿部さんからもっと頻繁にコーヒー洗腸をするようアドバイスをいただきました。

そして甘いもの、質の悪い油、脂の多い肉は、極力控える。
これは自分でできる自己防衛手段なので、やっただけ結果はでると思いますよ。



ついでに、その他の画像の解説も少し・・・。

上記の画像

右上中:赤血球。まんまるで形がキレイでした。貧血がある人は、赤血球の中が丸くぼやけていて、いっけんドーナツみたいに見えました。

右上左:赤血球よりちょっと大きめの白い細胞は、白血球。中列、上から2番目の画像は、その白血球が血液中の異物を食べているところ。白血球が元気に活躍してくれてました。

左列、上から2番目:血液中に見つかったゴミ(異物)。呼吸と一緒に入ったもののようです。ちなみにタバコを吸う人(吸う人の近くにいる人)、毎日線香を焚いている人は、灰が血液中にみられるそうです。タバコも線香も換気が重要ですね。

左列上から3番目:白くもやもやしたものはビタミンCの層なのだそうです。この夏は、日焼け止めクリームをつけない代わりに、野菜と果物の抗酸化作用で、内側から日焼け止めしようとベリーベリープレミアム(ビタミンCを多く含む果実を粉末にしたもの。合成ビタミンCではない天然のビタミンCが摂取できる)を、気がついたときに、3カプセルほど飲むようにしてました。

実はこの日の朝は、バタバタしてすっかりベリーベリープレミアムを飲み忘れていたんですが、まだこの厚い層があるってことは、この夏飲んでたベリーベリープレミアムのビタミンCと、日頃、しっかり食べてる野菜サラダが、やはり肌を守ってくれていたのかなぁと・・・。 女性としては嬉しいことです・・・。

最近の健康状態に限っていえば、私の血液は「良い」そうです。小食&しかも野菜たっぷり、が血液をキレイに保ってくれているんだろうなぁと自分では思っています。
by hiroshimapop | 2012-08-20 15:08 | 食事が身体をつくる | Comments(3)