毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

カテゴリ:ソマティック・エナジェティクス( 20 )
Dr.マイケルのソマティック情報(2017年1月)
今年の夏から来日イベントの主催を担当することになったDr.マイケルのソマティック・エナジェティクス(*SEと略します)。


SEとは、どんなボディワークなのか、一言ではなかなか説明がしにくいのですが、3つあげるとすると、こんなことが身体の中で起こってきます・・・。

*神経系をクリアにすることで、神経系の働きが向上し、体が本来の働きを取り戻し始める
*未完了の感情等、古いエネルギーが動くことで、新しいエネルギーが流れ込む余地が生まる
*慈愛に溢れるバイブレーションに触れて、頭、体、心がリラックスすることで、より健康で、より自分らしく生きることに繋がる


ソマティック・エナジェティクスの特徴は、神経系へのアクセスが生命を慈しむ愛の波動と共になされるところにあります。
神経系の働きがよみがえる時
古く滞った感情のエネルギーを解放する時
私たちは自分を感じ、世界を感じ、愛を感じます



Dr.マイケルの来日プログラムは2017年1月16日から。
今回は2週間という短い来日期間ですが、心と身体と魂に働きかけるSEを体感しに是非いらして下さい。


【過去を癒し、本当のあなたを目覚めさせる1DAYリトリート】

夏、2泊3日で開催したリトリート。1月は東京にて1日ずつのリトリートを開催します。前回のリトリートは「変容」がテーマでしたが、まさに変容とも云うべき体験をされた方が数名! テンプルスタッフの水津(すいづ)も、Dr.マイケルのセッション中身体が勝手に動きだし、また号泣するという体験をしていました。

1月のリトリートのテーマは『過去を癒し、本当のあなたを目覚めさせる』。分厚い鎧や作り出してしまった制限、限界を脱ぎ捨て、本来の魂のきらめきを取り戻して下さい。

  前回のリトリートのご感想


朝から夕方までDr.マイケルと共に魂に働きかけるワークを行い、数回のセッションを受ける1日は、あなたのこれからの人生の分岐点になることでしょう。

平日が都合が良い方、週末が良い方のために、リトリートは金曜日と土曜日に1日ずつ開催します。1日のみ、2日連続で、と好みにあわせ、お申込下さい。

場 所:東京、代官山
参加費:48,000円(1日のみ) 92,000円(2日連続参加)
    ベジタリアンのランチ代込み
定 員:各日16名

お申込はこちらから



【グループセッション】

SEでは、1度に数名~20名ほどのセッションを同時に行っていきます。直接身体に触れていない時にも、内なるセッションは続いており、かえって、ダイレクトに身体に働きかけすぎないよう、セラピストは注意しているくらいです。

複数で受けることで互いが共鳴共振しあい、一人が深い癒しのレベルまで達すると、廻りの人も、その余波を受け、一人だけのセッションでは達し得ない速さで癒しが起こる、ということが起こり得ます。

セッション中は、静かなプロセスに入られる方もいらっしゃれば、身体の不随意運動が起こったり、涙が流れてきたり、あるいは意識の中で天使と出逢ったりと人それぞれ。

今年7月に初めてテンプルで主催をさせていただきましたが、セッション中の体感があまりに恍惚として素晴らしいと、回を重ねるごとに、何度もセッションを受ける方が増え、最終日は施術台が足りなくなった程でした(私は床に寝て受けました(笑))。

とはいえ、何も感じなくても、何も特別なことは起こらなくても、癒しのプロセスは始まっていますからご安心を!

Dr.マイケルのソマティック・エナジェティクスはどういったセッションなのか、百聞は一見にしかず。
ぜひ1度ご体験下さい。

  7月に開催した夏のセッションはこんな感じでした。


日 程:2017年1月16日(月)・17日(火)・18日(水)・19日(木)、22日(日)・23日(月)
セッション:2時間(14歳以下は1時間)
参加費:Drマイケルセッション18,000円(税込)
    日本人認定プラクティショナー 12,000円(税込)
    キッズセッション(0~14歳まで) 9,000円(税込)

※前回、リピーターが多かったこともあり、リピート割と回数券も始めました!

詳しくはこちらから

グループセッションのお申込フォームはこちら


【トレーニングセミナー】

ソマティック・エナジェティクスの施術者になりたい方、もっと自分を知りたい方、いま行っているセラピーに更なる深みをもたらしたい方、ソマティックって、いったい何なんだ!?と思われている方のための4日間のトレーニングコース。

トレーニングセミナー中は、講義のほか、2時間のグループセッションを4日連続で受けることになります。

期 間:2017年1月25日(水)~28日(土)
受講費:194,400円(180,000円+税14,400円) テキスト代金込み
再受講:155,520円(144,000円+税11,520円)

詳しくはこちらから



体験者の声
2013年に書いたブログはこちら


c0125114_13431639.jpg



by hiroshimapop | 2016-11-13 13:43 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(2)
八ヶ岳リトリート(ご感想が届きました!)
今月初めに八ヶ岳で開催したソマティック・エナジェティクスのリトリートに参加して下さった方(男性)から、こんなステキな感想が届きました。

マイケルさんやスタッフの方々がとても、温かく愛にあふれた方でリトリート自体がとても温かい雰囲気にあったのでとても過ごしやすかったです。大自然の中のコテージが会場というのも良かったですし、そのなかでのジュースによる断食もさらに良かったです。

マイケルさんは、今回の参加者は13人くらいでしたか、マッサージベッドに寝ている私たちを巡回しながら、何度も、その人に応じたように軽く背骨などを軽くタッチしていってくれます。

それを続けていると、本当に、軽くタッチするだけなのに、初日は、なぜか、悲しみの感情がでてきてずっと涙を流していました。

なにかを思い出したり、何かを話したりしなくても、体が、マイケルさんのタッチで整えられ、そういうものを出そうとしていく・・。不思議です。


2日目は、またもや同じような軽いタッチをしてもらっていくのですが、手を動かしたり、足をぶらぶらさせたりと、いろいろ動く中、この日は思考や、感情などを超えた奥底になにか、静かな湖面のようなゆるぎないなにかを感じました。

そして、それは、小さい時から、どんな時も、どんなにしんどい時も、死にたい思っていた時でさえ、ともにいてくれ見守ってくれていた・・そのように感じたとき、あまりに圧倒的な愛というか温かさに涙が止まらなくなりました。そして、その湖面自体が私本体であったという感覚も少しですが感じました。

3日目、この日はとなりの方が声をだしておられたので、私も大声を出したくなり、おなかの底からうなるような低音の声を出し続けました。

グループでやる良さは、みんなで分かち合い影響しあって相乗効果があるようなことを言われていたと思われますが、それも3日目は特に感じました。

リトリートでは本当にハートが開き温かくなった感じがありました。

そして、リトリートから帰ってしばらくたって、リトリートで感じたあの感覚は薄れてしまったのですが、しかし、なにかゆるぎない何かがあったことは確かです。ハートがあたたかったのも確かなことです。

そして、これを書いている今、リトリートから約3週間ほどたったのですが、あれから、たくさんの気づきが起こってきています。いままで気づかなかった大きなことも。

たとえば、ぼくなんかいなくていいんやという、究極の無価値観。そして、好きなことをやったら、自分らしくしたら、すごまれるという恐怖感。それが、小さい時からあり、それを何とかするために、また、それに触れないために、本当の自分の気持ちを押し殺してきたことに気づきました。

人にあわせて、だれかの機嫌を損わないことだけに力を注いだり、だめな自分は好きなことをやる資格もないし、自分の好きなことをしたらいけない、とずっと信じ、そのように何十年もいままで生きてきたのだと気づきました。これからどうなるのかわかりませんが、気づいたうえでの人生、なにかが変わったような気がしています。

このタイミングで気づきがあるということは、(他の要因もあるのかもしれませんが)、マイケルさんのリトリートのおかげも大きいと感じています。

何も、話していないのに、やさしいタッチだけでいろいろなことが、調整され、本来の姿に戻っていく・・。すばらしいセッションであり、それを連続で受けられるリトリートはすごいものだったと感じています。

マイケルさんや、スタッフのみなさん、そして参加者のみなさんにとても感謝しています。本当に参加させてもらって良かったです。

そして、また、参加したい気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。


この方と知り合ってもう10年以上経つでしょうか。いつも穏やかに静かに話される方で、決して大声を出したり、人を威圧させる雰囲気は決してない方なんですが、セッション中、お腹の底から出たような、力強いうなり声がずっときこえてきて、あー、**さんもこんな声が出る方だったんだーと感動してました。

他のセッション中にも、男性が、それこそ慟哭といっていいくらい号泣されたこともあり、マイケルさんが身体に触れるのは極めて軽いタッチなのに、なぜ、そのような感情があふれ出してくるのか、しかも、普段人前では決して涙を流せないような男性すら慟哭してしまうような力強いうながしが起きるのか、本当に不思議です。


今回マイケルさんの来日中、セッションを5回受けにいらした方がいらっしゃいましたが、その方も毎回号泣モードで、そのカタルシスたるや・・・。

すでに次回の彼の来日が楽しみになってきています。


本の中には、このワークが出来るようになる方法は解説されていませんが、人の不思議さのいったんには近づけるかも・・・。

by hiroshimapop | 2016-07-25 14:18 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)
マイケル祭りも無事終了。ホッと一息
Dr.マイケルの3週間にわたるイベントが終わり、ホッと一息ついてるところです(これからまだ膨大な経費計算が待っておりますが・・・)。

私は6月中旬から、ソマティックのトレーニングセミナーに使う80ページのテキストの翻訳監修の仕事にどっぷり浸かっていたので、この1ヶ月間はずっとマイケル祭りでありましたー。

Dr.マイケルは、一度に20人、30人と同時にセッションを行います。なので、そのマッサージベッドの準備、配送、搬入、撤収と、それだけでも一仕事。さらに期間中は、セッション中にクライアントさんが使用するタオルを何度かコインランドリーに行って洗うということもあり、予想外に大変でありました。

これ、一人で始めたYUKIさん、ホント、すごいわ。頭が下がる。


さて、Dr.マイケルのグループセッション。
「何も感じなかった~」と帰っていく方あり、至福の2時間だったと恍惚として帰っていかれる方あり。感想さまざま。至福のセッションとなった方は、やはりリピート希望が多くなりましたが、日程も最後に近くなると、満席でお受けできない、ということも。

至福体験をした友人には「感想書いて!」と頼んでいるので、送られてきたらまたご紹介しますねー。

1つ、ご家族に体調の悪い人がいるので・・・と、トレーニングセミナーに参加された方(女性)の体験が素晴らしかったのでシェアさせていただくと・・・、その方、マイケルのセッション中、涙が溢れてしまうことが数度。

でも「私は普段、人前で泣くような人間じゃないから、セッション中に涙が溢れるって普通はありえないの。自分でもビックリ~!」と驚きの感想が・・・。さらにトレーニング3日目には、ここ10年ほど腰にずっとあり、もうこれは治らないでしょうと云われていた「押すと痛いポイント」が消えたらしく、「マイケルにも誰にも云っていなかったし、この痛みが消えるなんて期待もしてなかったのに、なんで消えたの~?」と、心も身体も弾ませてお帰りになり、4日目には、マイケルから「至福のトーン7に入りましたね-」と云われたそうで、私もその方からVサインを頂戴しました~。

このセッションで変わろうとか、変わりたいとか、あるいは治そうとか、自分に強い期待がなかったのがかえってよかったんでしょうかねぇ。

マイケルは、考えることと感じることは同時にはできない。頭で感じようと考えたとたんに感じられなくなると云っていましたが、考えることを手放せた人に、至福がやってくるのかも。


私は相変わらずのトーン4真っ最中ですが、エネルギー的に身体が満たされるのか、お腹が空く感覚があまりなかった3週間だった気がします。実際、片づけのあと用事を済ませて自宅に着くのが夜9時、10時すぎ。それから何か作って食べるには時間が遅すぎ、かといって、あらためて外食しに行きたいお店も近所になく、夜は夜でギリギリまで新しく作成しなおしたテキストのチェックもあり・・・で、ジュースを少し飲んでそれで終わりにした夜も何度かありました。

そんな夜でも、特に空腹で目を醒ますということもなく、朝はスッキリの目覚め。毎日、バタバタとメールチェックだけして会場に向かい、一日食べるのはランチだけという日が続いても全然大丈夫でした。


マイケルさんと過ごした3週間で、ソマティック・エナジェティクスがよりよく分かるかと思いきや、ソマティックのセッションにも、人間の身体についても、ますます不思議が深まっています。

これは受けていただかないと、想像ができない部類のものでしょうね。

もともとカイロプラクティックのドクターですから(*日本ではカイロプラクティックは国家資格ではありませんが、アメリカは理系の4年制大学を卒業後、カイロプラクティックの専門大学(最低3年4か月)を卒業して、D.C.(ドクター資格)を得ることになります)、骨格の歪みがあるかないかはもちろん診断されますが、物理的な骨格の状態プラス、その身体を持っている人はどのような心理状態にあるのか、どのような人生を送っているのかもあわせて見ていきます。

そして、ソマティックでは、一度に複数の人のセッションをしていくので、一人にコンタクト(施術)をしていくのは、ほんの数秒×数回という少なさ(一人あたりの施術の時間や回数が多くなると、「過」になってしまい、かえって良くないんだとか)。でも、複数の人が同じ場にいることで、場の力がものすごく上がり、他の人のセッションの変化が別の方に波及していくという現象が起こります。セッションを受けていないスタッフまで自動運動が起きたこともありました・・・。

これってホメオパシーみたいだなと感じましたが、コンタクトが多ければ良い、時間が長いほどいい、という世の中の常識とはどうやら次元の違うセッションのようです。


Dr.マイケルが世界や人をどう見、どう感じているのか、私にはさっぱり想像もできませんが、その世界を垣間みれたら・・・と思っています。

次回の来日は来年1月後半。寒い時期なのでリトリートはありませんが、それに代わるものを考えています。
秋には詳細が決まりますので、決まったらまたお知らせします。

次回の来日を楽しみにしてて下さいね。


      25台のマッサージテーブルが並んだ会場は壮観ですー
c0125114_1661791.jpg

           トレーニングセミナーのひとこま
c0125114_1663211.jpg

  Dr.マイケルとの最後の食事はマイケルさんお気に入りの回転寿司でしたー。
c0125114_16142776.jpg

by hiroshimapop | 2016-07-22 17:40 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)
エジプトの過去生
私とスタッフのスイヅは今、マイケル漬けなので、Dr.マイケルの話題が続いてしまいます。今日もマイケルネタです。

私は絶賛トーン4中で、ハートで感じるより思考とコントロールを手放せないでいることは昨日書いたのですが、Dr.マイケルは、そんなガチガチの私のセッション中、何故か、毎回エジプトの映像が見えてくるんだとか。

チラリと聞いた話だと、ある時は、私がかつてハトホルの神官(女性)だった時の過去生が見え、ある時は、ヒエログラフが映像でみえ、ある時はエジプトの音楽が聴こえ・・・。とにかく、毎回エジプトに関連するものが出てくるのが不思議なんだよねーと。


我が家も会社の私の仕事部屋もエジプトから買ってきた置きものや絵だらけだし(もちろん、ハトホル神もある!)、スピ系の人に会うと『エジプトの過去生、絶対ありますよねー』と云われるし、ケイシーはもちろん過去生でエジプトの神官だったし、何より、テンプルビューティフルという会社名は、ケイシーがエジプトで作った神殿兼病院兼大学のような場所の名称ですから、私自身、過去、エジプトで暮らした人生は絶対あっただろうなーと思っています。

おそらく数回はエジプトでの過去生があったと思います。でも、1つ、あまり思い出したくない辛い人生となった過去生もあったので、マイケルが見ているのが、どの人生なのか、私には定かではありませんが、もしかしたら、私が無意識でブレークスルーを強く拒んでいるのは、その辛い人生となったエジプト時代を通過しなければならないからかもーと、このブログを書きながら考えたりしたんですが、さて、どうなのか。

実際、古代エジプト時代で味わった艱難辛苦とその魂の傷は、12000年以上経っているというのに、いまだ私の現在の肉体と魂に残っており、時々その傷が浮上して疼いています(この2年でかなり楽になった)、あれは確かに再通過したくはないなぁー。


ともかくも、Dr.マイケルもエジプトが大好き。Dr.マイケルの来日セミナーを主催することになったご縁も、もしかしたらDr.マイケルと私の魂の繋がりから来ているのかもしれませんねー。

エジプトや中東の情勢が不安定なので、ツアーを組んで、というのはなかなかハードルが高いところではありますが、Dr.マイケルと行くエジプトツアーなんてかなりディープで得難い時間になるでしょうね。

近い将来なのか遠い将来なのか、エジプトツアーはきっと、そのうちに。



by hiroshimapop | 2016-07-11 09:03 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(6)
グループセッション始まってます
木曜日から、東京でDr.マイケルのセッション始まっています。

今回から主催がテンプルに変わったことで、セッションの来られている方のほとんどがテンプルのお客様。今回初めてDr.マイケルのソマティックに触れる、という方が多いのが今回です。

初めて受けられる方が多いということもあり、セッションは全体的に静か。ときどき身体が動いている音や嗚咽やすすり泣きが聞こえてきましたが、皆さん、しずかーに深く自分のプロセスに入られています。

日本人特有の「場に合わせる」「周りとそろえる」という無意識の遠慮で、初回のセッションでは、身体の不随意運動が起きたり感情の解放で号泣したり、大声をあげたり、ということはほとんど無いようです。でも、昨日、初めて受けられた男性に、セッションが始まってすぐ、身体の不随意運動が起きていました。

昨日私は、午後から会場に顔を出し、Dr.マイケルが皆さんの身体をチェックしている様子を椅子に座ってみていたんですが、その男性、Dr.マイケルさんのチェックが終わって、うつ伏せに横たわったとたん、身体の不随意運動が起きていました。普段の日常生活では、そういう姿勢はされないであろうという姿勢に身体が勝手にポーズをとったり動いてしまうようで、ご本人も、わー!どうしたらいいんだー?とびっくり顔をされてました。

そりゃ、驚きますよねー。うつ伏せで静かに横たわろうとしていたのに、勝手に身体が動きだしてしまったんですから。。。

Dr.マイケルは「おそらく、午前中のセッションがかなり深いところまで行ったので、部屋に満ちたそのエネルギーに彼の身体は反応したのでしょう」と云われていましたが、まだちゃんとしたセッションが始まってもいないうちに、しかも男性にそれが起きた、というのはとても興味深いことでした。

きっと制限の少ない、自由な魂の持ち主なんでしょうねー。


スタッフの水津も、どうやらDr.マイケルのセッション中に号泣したり、身体が勝手に動きだしたりしているようです。リトリートの時にはあまりに泣きすぎて、顔の上にティッシュの山が出来ていました。

が・・・。

私は、といえば、いまだしずかーに受けています。なんせ、感じるより頭で考えてしまう典型トーン4ですから・・・。

とっくに目は醒めているけど起きたくない朝の心地よい気怠さの中にいる感じの日もあれば、仕事のことを考えて、思考がグルグルしてしまう日もあり、その日によって全く受ける感じは違うんですが、感情解放もブレークスルーもいまだ起きておりません・・・(涙)。


私と同じ「絶賛トーン4をバリバリ生きてます」という方は、Dr.マイケルのセッション受けたけど、身体も動かないし、涙も流れないし、何より何も感じない!って思って帰られる人もいると思いますので、絶賛トーン4の先輩として、ちょっと書いておくと・・・。


トーン4が強い私のような思考重視、何でも頭で考えようとする人間は、いわば「ハートで感じる」というセンサーを切って生きている状態じゃないかなと思います。

子供の頃から「学校教育」や「皆と同じ」という縛りをうけて成長していますから、ここですでに自分のハートの声は全く無視されています。さらに、都会のコンクリートと鉄筋とアスファルトの中で24時間を過ごし、満員電車でギューギューになって会社に行き、パソコンの前に12時間も座る生活を続けるには、いちいち何かを感じていては苦しくなってしまいます。

日々、自分の感覚や感性より、常識や知識や情報に従って決めていくことが提唱され、そのほうが「頭のいい人」「出来る人」とされる社会ですから、それに従っていきていくうちに、自分のハートや魂の声を聴くセンサーも、感じるというセンサーもとっくの昔にシャットダウン。そのうち、そんなセンターを持っていたことすら忘れてしまっている・・・。そんな状態と云えるかもしれません。

もう1つ、おそらくは幼少の頃から10代にかけて、トーン4の多くの方は悲しい辛い出来事や思いをされてきたのではないかなと。その哀しみを感じないよう感覚を麻痺させたり、圧しこめたり、心ではなく頭で生きることを優先してきた・・・。そして何も感じないよう、少しずつ心に鎧をつけ生きることを選んできた・・・。そんな背景があるかもしれません。


そんな自分でも、それなりに楽しくちゃんと生きているので、この第三次元世界をつつがなく過ごしていくには、全く問題はないわけですが・・・。

・・・でも、
Dr.マイケルに出会ってしまったんですよねー。ソマティックに出会ってしまったことで、自分がいわば鎧を着て生きている、自分の心ではなく、情報や知識を優先させ、そして鎧を着たまま人や自然と交流していたことを知るわけです。

あー。そうだったのかと。

なので、今回Dr.マイケルのセッションを受けて何も感じず、何も起こらなかった方は、「自分はそういう状態で生きているんだ」と現在の状況を把握した今日を、新しい人生のスタートにされるといいかなと思います。

「薄紙を剥がすように」という表現がありますが、毎回のマイケルのセッションは、私には、まさに薄紙を剥がす感じです。鎧が厚いコートになり、ジャケットになった感じでしょうか。ようやく、今回ジャケットを脱げると思ったら、その中にさらに重ね着をしていたのに気がついたというのが、今日の私でありますが、それでも、Dr.マイケルの「前回よりはだいぶ良くなったよー」という言葉に励まされております。

私はDr.マイケルに会ってセッションを受け始めてまる3年。いまだ絶賛トーン4中ですから、どんだけ頑固なんでしょう、私の思考優位のコントロールマインドは。

Dr.マイケルのいう、セブンスヘブン(天国のようなトーン7)はいつになったら感じられるのやら。その前には、激流を通り抜ける必要があるそうですが、今回が初回で、何にも感じないまま終わったよー、という方もガッカリしないでくださいね。

何も感じなくても、ちゃんとDr.マイケルの慈愛のエネルギーは受け取っています。

普段から出来るだけ自然に触れること、笑ったり泣いたりと感情を動かす何かをすること(絶対泣くっていう本を読んだり映画を見たりでもOK)、心を動かされたり感動する出来事を自分の魂のために経験すること、そして頭ではなく心に従ってみること。

これからしばらくは、そんなことを普段、心にとめて生活されるといいのではないかなと思います。


今回から主催になったので、これからは私もDr.マイケルのセッションに触れる機会は増えていきますが、これまで私は、年に1度の健康診断、魂のメンテナンスみたいに思って受けてました。

だから、そんな感じで、次回また受けてみると、薄紙がはがれているのに気がつくかもしれませんよー。何より、Dr.マイケルの笑顔に触れるだけでも、幸せ度数は高くなりますし・・・



by hiroshimapop | 2016-07-10 06:42 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)
八ヶ岳リトリート(食事編)
Dr.マイケルとの3日間の八ヶ岳リトリートから戻ってきました。

私は裏方として、自己紹介の時間とクロージング以外は、ほぼずっとキッチンでジュースを絞ってたんですが、参加者さんの変容ぶりが素晴らしかったです。

私は、ノーウォークジューサーで絞った美味しくて栄養たっぷりの濃いジュースを参加者の皆さんに飲んでいただきながら、心と魂と身体の統合に結びつくリトリートをしたいとずっと思っていたので、今回、夢が叶った感じです。

参加者の中には、健康オタクなら誰でも知っている会社を立ち上げられた方が参加されていたんですが、あまりの内容の濃さに初日にすでに「このリトリート、採算度外視よねー」というご感想も。参加者12名、迎えるスタッフはマイケルさんも含め10名でしたからね。とっても贅沢なリトリートでしたのよー!


3日間のうち2日間は、食事らしき食事はなく、ジュースだけのご提供だったのに、栄養が満たされるのか、皆さん、身体だけではなく心も満足(*3日目の朝は、外界に帰るための食事でした!)。ジュースの味と濃厚さに、毎回感動の嵐でしたよー。


3日目、皆さんと朝食を食べながらお喋りしていたんですが、一人マイケルさんが瞑想状態となり、あれれ?と思っていたら、至福感と喜びにあふれた恩寵のようなエネルギーのシャワーの中にいらしたらしく、「愛のこもった素晴らしい食事や新鮮なジュースを1日に何杯もいただきながらセッションやワークをさせてもらって、とても幸せだし、さっきから、僕は、この至福のエネルギーの中にいる。いつか、ぜひ皆さんにもこの歓喜のエネルギーを感じられる人になってほしい」と感動の涙を流されていました。


そんな歓喜のエネルギーに満ちた3日間だったので、リトリートはまさに「変容」の3日間。スタッフのスイヅもマイケルさんのセッションを2回(ダブルセッションなので、合計4回)受け、1回目から号泣モードで滂沱の涙を流しておりました。

どんなことが起こったかはあらためて書きたいと思いますが、私には、人間の肉体、心の不思議をあらためて感じた3日間でもありました。


参加して下さったM様がフェイスブックに早速書き込みをして下さっていたので、今日はそれをコピペ。この方、とても忙しいビジネスウーマンなのに、マイケルさんの追っかけみたいにセッションを受けられています。1度は、朝東京から新幹線に乗って大阪でのマイケルさんのセッションを受け、すぐに東京に戻って仕事をしたという強者でもありますー!

この感動をどうお伝え致しましょう。
日曜から今日まで、八ヶ岳でのDr.マイケルのソマティックのセッションでした。
ソマティックとは、Dr.マイケルが開発した神経系をストレスから解放するエネルギーセッションなのですが、私たちは、たくさんの恐怖や固定観念に支配されて、本当の自分自身の声が聞こえなくなっているそうです。
私は、1年半程前、辛い心の縛りで眠れなかった頃に出会いました。

それからというもの、セッションの度にストレスから解放され、いやストレスというより、過去に経験した恐怖や悲しみや怒りや思い込みから自分をがんじがらめにした何かから解放され、愛の泉の中にいるような至福を味わっています。

今回は、素晴らしい八ヶ岳という場所、テンプルビューティフルの皆さんのサポートでジュース断食をしながらのセッション。

いつまでもいつまでも漂っていたい愛の泉から、日常へ帰る道、天使が大きく羽を広げたような雲に見送られたのでした。全ての存在に感謝です。



マイケルさんの次回の来日は冬なので、リトリートはできないと思いますが、いつものグループセッションより「少し深くセッションできる日」をいま考え中です。乞うご期待!

今回の来日中のグループセッションは、通訳なしのグループと、マイケルさんではなく、日本人の認定セラピストにセッションを受ける日にまだ若干空きがあります。認定セラピストさんも、すでに日本各地でご活躍の皆さんばかり。マイケルも太鼓判をおす、ソマティックのエネルギーに満ちたセラピストさんなのでご安心を!

グループセッションにご興味がある方はこちらをご確認下さい。


東京でのセミナー会場にて。日本語の本が届いてご満悦のマイケルさん。この日のためにスーツを持参。
c0125114_179324.jpg

     スタッフを含め、20人分のジュースのニンジンは半端ない量でした!
c0125114_17103659.jpg

2日目の朝はこれ。ホントは果物だけ、もしくは、ジュースだけにしたかったんですが、プログラムの進行上、ジュースと一緒です。
c0125114_16595357.jpg

ビーツ、セロリ、ニンジンが私のお気に入りの組み合わせ。ビーツのある季節は、この組み合わせでよく絞ります。
c0125114_171234.jpg

3日目の朝食  発酵4日目の酵素玄米のお粥ほか・・・。1日半ずっとジュースだったので、胃が少し小さくなったためか、美味しくておかわりしたいのに、これだけで満腹~という感じでした。
c0125114_17122895.jpg

        朝7時半すぎ。参加者の皆さんをお待ちしております
c0125114_17161813.jpg

by hiroshimapop | 2016-07-06 17:53 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(2)
自分のブロックを外すソマティックのセッション
7月は、テンプルにとっては、マイケル月間になりそうです。

来日中は、ソマティック・エナジェティクスの施術者になりたい方用にトレーニングコースも開催します。
主催がテンプルになったこのタイミングに、Dr.マイケルに頼んで、テキストブックを全面的に見直し、そして翻訳も全部しなおしてもらっています。

私はただいま、その翻訳を原文と突き合わせながらチェック中。1行1行読み飛ばすことなく全部読んでいることもあり、Dr.マイケルのセッションの奥深さと人間の不可思議さをあらためて実感。

そして自分だけが「そうだ」と思っていたことも、実は世界中の人が経験する問題や課題だったりすることが理解でき、人はその魂の学びを、何度も何度も転生しながら、1万年、2万年かけてようやくクリアしているんだなーと思います(そして人類全体では、全く成長はしてない・・・)。


ソマティックの大きなコンセプトである『トーン』のエネルギーについては、過去のブログで紹介していますが、全体的にソマティックがどのようなセッションかについては、マイケルさんがインタビューで以下のようにお話しされています(インタビューの約半分を書き起こしました)。
私がやっているワークについて理解が難しいという方もいらっしゃいますので、なるべく分かりやすく説明しますと、まずは、身体にチューニングして、どこにブロックがあるのかを見ていきます。

大体は背骨にあるのですが、その背骨にそって筋肉が走っていますから、それを見ることによって、その方が人生にどのような課題に取り組まれてきているのか、ストーリーがだいたい見えてきます。

姿勢や緊張がどこにあるのかによって、その方が人生で行っていること、どんな課題や問題を持っているのかが分かります。そのブロックを取り除きクリアにするために、エネルギー的に、感情的、感覚的に取りくんでいきます。

ですから、どちらかというと、問題や病気を解決していく技術というよりは、自己治癒力に働きかけるというものかもしれません。

あまり語ることはなく、エネルギーを動かすことに重きを置いていますし、どちらかというと誘導瞑想のような趣が強いかもしれません。瞑想を通して呼吸が深く入るようになり、特定のツボやポイントにタッチすることによってエネルギーが動きはじめ、その方の成長が始まったり、変容が促されていくのだと思います。

私自身の一番の目的は、その変容、変化ということですね。

その人をみれば、どこに詰まりやブロックがあるかが分かり、そのブロックを非常に優しい方法で外して体内を開いていくということをやっています。

あとは呼吸に意識を向けてもらったり、その人の感情を誘発するようなキーワードやキーフレーズとなるような言葉をお伝えすることによって自ら体の治癒力が発揮されていきます。


私はソマティックでいう、トーン4人間。
世界で最も多いのはトーン4のエネルギーを持っている人。私はマイケルに会って3年経ってもまだこのトーン4を手放せずにいます。

*常識や社会の中で自ら可能性に制限や限界を築いてしまっており、自分で自分を縛っている。
*神経的な緊張の中で生きている
*心や頭の中ではエンドレスなお喋りが続き、心の声が聞こえなくなってしまっている
*頭の中で繰り返される質問、分析、コントロール、判断などで思考はいつも活発
*鎧と抵抗が強く、誰かを受け入れるのが難しい


私のような典型トーン4人間は、ちょっとやそっとでは、頭の中のお喋りはなかなか止まってくれず、感じることも難しいのですが、今回はマイケルさんのエネルギーに触れる時間が長くなるので、薄紙を剥がすように・・・という言葉どおり、少しずつでも強い緊張がほどけていくといいなと思います。

ちなみに、トレーニングコースは、4日間にわたって、人間のエネルギーと体の不可思議さを学びつつ、Dr.マイケルから毎日セッションを受けることになります。

一応トレーニングコースなので、骨や体の構造も学びますが、自分の解放を促したい方にもいいチャンスだと思いますよ。

トレーニングコースについてはこちら


by hiroshimapop | 2016-06-25 17:08 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)
魂の扉を開くソマティック・エナジェティクス
先週配信したメルマガ592号です・・・。

ご縁があり、これまで他の方が招聘、主催されていたDr.マイケル・マクブライドの《ソマティック・エナジェティクス》というエネルギーワークの、日本サイドの窓口をテンプルが担当することになりました。

5月21日には、Dr.マイケルの本が初出版となる運びで、テンプルでは、7月2日(土)の出版記念セミナーから7月17日(日)のトレーニングセミナーまで、様々なセッションやセミナーを予定しています。
 *最後に、全体のスケジュールを載せていますので、ぜひご確認下さい。

まずは、Dr.マイケルの7月2日(土)の出版記念セミナーのお知らせです。


…では、そもそもソマティック・エナジェティクスとは、いったいどういったエネルギーワークなのか…? 文章ではなかなか説明しきれないところがあるので、想像をたくましくして読んで下さいね。

ソマティックのWEBにはこう書かれています。

『ソマティック・エナジェティクス(以下SE)は、Dr.マイケル・マクブライドが伝える体と思考、心と魂の変容の技です。それは新しいレべルの自由、より健康な状態、本来のあなたらしい自己表現を可能にします。

慈愛に満ちた優美な波動を伝えることで、首、背骨、骨盤の調整がエネルギー的に起こり、体を整えていきます。そしてあなたの神経系、ハートに向かう経路をきれいにしていきます。

古い感情のエネルギーを手放して、ハートにつながる経路がきれいになるにしたがって真実の様々な相が明らかになっていきます。本当の自分が見えてきます。

思考、体、心、魂がつながり、宇宙に満ちる知性(ユニバーサル・インテリジェンス)が流れ込み、内なる知性(イネート・インテリジェンス)として働くとき、あなたは生命に与えられた恩恵とあなたの中に眠る可能性を再発見されることでしょう・・・』


・・・と、説明されてもよく分からないですよねー。


私自身が感じているソマティックは…、ということになりますが・・・

私たちは子供から大人に成長し、そして社会生活を営むうえで、知らず知らず見えない鎧を身につけてしまっています。それは、親からの刷り込みや常識、古い感情やとらわれ、とも言えますし、自分の感情や気持ち、尊厳を守るために防御のために作り上げてしまったものかもしれません。

それがあまりに自分と同一化してしまっているので、そんな鎧を身に着けてしまっていることすら気づかず、私達は日々を送っているわけですが、でも、そんな自分は、果たして自由意志と自由な魂をもっている、と云えるでしょうか…?

無意識に作った制限と、足かせの中で生きている、とも云えますよね…


ソマティックのエネルギーは、そういった足かせや鎧が自分に張り巡らされていたことに気づく。そしてその見えない制限や限界を1つ1つ外していく・・・。

そのサポートになるエネルギーなのでは?と現時点では思っています。


面白いことに、ソマティックには、人は生きている中で、10パターンのエネルギー的なステージ(トーン)を体験し、そのトーンごとに、固有の振動を持っているというコンセプトがあります。


私は典型的なトーン4人間。
世界で最も多いのはトーン4のエネルギーを持っている人らしいですが、トーン4は、こんな特徴があります。


*常識や社会の中で自ら可能性に制限や限界を築いてしまっており、自分で自分を縛っている。
*神経的な緊張の中で生きている
*心や頭の中ではエンドレスなお喋りが続き、心の声が聞こえなくなってしまっている
*頭の中で繰り返される質問、分析、コントロール、判断などで思考はいつも活発
*鎧と抵抗が強く、誰かを受け入れるのが難しい


トレーニングテキストには、こうも書かれています。
『トーン4にしがみついているクライアントは、自動的に真の根本原因から注意をそらそうとする。部屋を見回したり時計を見たりして、感情のエネルギーが浮上し始めると涙を抑えようと震え始めます。

取り乱していることによって隠された感情や傷ついた気持ち、不適当だと考えられる重要な情報は表層意識の下に隠されています。それは幼少期から学んできた生存のための反応です』

これはまさに私に起こったこと。マイケルのセッションを一番最初に受けたとき、「あ、このままでは号泣してしまう」と思いっきり涙を抑えた記憶があります。

心の鎧と強い抵抗を手放せないでいる私は、いまだトーン4から脱出できずにいますが、トーン4を抜け出た方々の心と身体は本当に自由! 

ソマティックの施術は15~16名が一度にマイケルさんの施術を受けるので、周りのクライアントさんの様子が音で聞こえてくるんですが(基本、目をつむって寝ているので様子は見えない)、反応のいい方がいると、マイケルさんにちょんと軽く身体を触れられただけなのに、施術中、動きだす、踊り出す、歌いだす、泣き出す、意味不明の宇宙語のような異言を話しだす・・・!


昨年、ひさびさにマイケルさんのセッションを受けにいったら、私のお隣の女性が激しく反応をする方で、動きすぎて何度かベッドから落ちてました(落ちるといっても、ズリズリと床に降りたった感じのようです)。

「勝手に身体が動く」というのがどういうのか想像がつかない方はこちらをどうぞ。
 

前回の来日の際には、サンプラザ中野くんもお誘いしたのですが、中野くんの近くにいた女性は、最初のセッションでずっと号泣し、2回目のセッションの時には一転、ずっと大笑いしっぱなしだったそうです。

何か大きな魂の解放が起きたのでしょうか・・・?

今年の1月までマイケルさんの招聘をしていた、きむらゆきさんは、前回、施術台の上で頭頂部だけで倒立してました(身体がそういうふうに動きたがったので、動くにまかせていたら、そうなってしまったそうです)。


動きだすほうがいい、叫び出すほうがいい、ということではないかもしれませんが、動きたいという身体の欲求にすぐに応えられる準備ができている、そこに抵抗がない、ということは云えるかもしれません。


・・・というソマティック・エナジェティクスのエネルギー。
これは変化を促すというより、変容を促すエネルギーかもしれないと私はひそかに思っています(その変容を受け入れる準備ができている人には…)。

そんな変容を促すDr.マイケルの慈愛に満ちたエネルギー。
そのエネルギーに触れに、そして人間が持つ無限の可能性を感じに、ぜひセミナーにいらして下さい。

セミナーでは、デモンストレーションもあります。運良くDr.マイケルのセッションを受けられるかもしれませんよ。

日 時:2016年7月2日(土) 13:00~15:00(開場12:30)
場 所:東京千代田区永田町(詳細は参加者に後日連絡)
定 員:80名
参加費:3500円

申込はこちらから

   
同時申込割引

*リトリート(7月3日~5日)、もしくは、トレーニングセミナー(7月14日~17日)にお申込の方は、このアフタヌーンセミナーは無料でご参加いただけます。

*アフタヌーンセミナーの他に、2016年7月のDr.マイケルによるグループセッションに申し込まれた場合には、グループセッションの費用が5%引きとなります。
(18000円→17100円 15000円→14250円 Kidsの9000円→8550円)
*アフタヌーンセミナー受講後、トレーニングセミナーに申し込まれた場合は、3500円を受講費から差し引かせていただきます(すでに定員に達していたらごめんなさい)。


グループセッションは、基本的に、午前の部、午後の部の設定になっています。心が動いたものがあれば、早めにお知らせ下さい。仮予約を入れさせていただきます。

グループセッションのお申込フォームはこちら


全体のスケジュールはこちら

ソマティック・エナジェティクスの公式サイトはこちら


●7月3日(日)~5日(火) リトリートin八ヶ岳(2泊3日)
      場所:山梨県北杜市(八ヶ岳) 現地集合・現地解散
      参加費 138,000円(税込)2泊3日
      定 員:16名

●7月7日(木)~10日(日) Dr.マイケルによるグループセッション(通訳つき)
      2時間:18,000円(税込)/ Kid's(1時間) 9,000円(税込)
      午前の回・午後の回あり 
      定員:16名 

●7月11日(月)Dr.マイケルによるグループセッション(通訳なし)
      2時間:15,000円(税込)
      午前の回・午後の回あり 
      定員:16名 

●7月12日(火)日本人プラクティショナーによるグループセッション
      2時間:12,000円(税込)
      午前の回・午後の回あり 
      定員:16名 

●7月13日(水) SEトレーニング生のためのフォローアップセミナー
      28,000円 (SEトレーニングの生徒が対象)

●7月14日(木)~17日SEトレーニングセミナー(4日間)
      初受講  :194,400円 (180,000円+税14,400円 テキスト代金込み)
      再受講の方:155,520円 (144,000円+税11,520円)
      定員:16名    


●リトリートとトレーニングセミナーにお申込の方は
・ご参加希望セミナー名
・お名前
・連絡のつきやすいお電話番号

を明記の上、b-shop(あっと)caycegoods.com (担当:すいづ)までご連絡下さい。
   *(あっと)は@に変換して送信下さい。


Dr.マイケルのプロフィール
Dr.マイケルはヨガ教師、カイロプラクターを経て、現在は欧米を中心に世界各地で活躍するエナジー・ワーカーです。ドイツに招かれて18年、彼は長年の経験と愛情と思いやりのある施術で人々を助け、彼が発展させてきたこの仕事を愛して生きています。

彼は1970年代にマウイ島とヨガ・アシュラム(Mt.マドンナ・センター)でヨガのトレーニングと経験を積み、ヨガ教師をしていました。その頃からすでに骨格を動かす天性の才能があり、積極的に彼のヨガ教室に通う生徒の骨を調節し直していました。
その後カリフォルニア州サニーヴェールにあるカイロプラクティックの大学に学び、1985年に卒業しました。

Dr.マイケルがカイロプラクターとして開業していた時のことです。彼は大きなサロンを構える成功したカイロプラクターでした。しかしクライアントの体を調整して一時的に症状が改善しても、数ヶ月後には同じクライアントが同じ痛みを訴えて彼の元を訪れることに失望したといいます。
彼の関心は心理学や脳科学へと進み、ヨガの経験から彼がもともと持っていた霊的でエネルギー的な人間へと立ち返りました。そして最終的に真の源の中に彼の方法を見つけました。

彼は通常24人、最大で30人を一度に施術します。ビジョン心理学を確立したことで有名なチャック・スペザーノ博士もDr.マイケルの施術の大ファンで、スペザーノ博士のセミナーに招かれ施術を披露するなど一緒に働いた経験もあります。

これまでに8000人以上に施術し、解剖学、心理学、治療学の豊富な知識と経験を持つDr.マイケルは伝えています。

「体は地球という宇宙環境を生き延びるための遺伝的な宇宙服であり、わたし達はこの体を通してこそ受け取れるものがあります。美しい恩恵とつながることができるのです。」と。

c0125114_6135114.jpg

by hiroshimapop | 2016-04-28 06:14 | ソマティック・エナジェティクス
マイケルさんのソマティック・エナジェティクス
まだ準備中なのですが、ときどきこのブログでもご紹介しているDr.マイケルのソマティック・エナジェティクスの招聘&主催を次回の来日からテンプルがさせていただくことになりました。

料理家のサトケンさんから届いた「すごいセラピストが来日するらしい」というお知らせメールに、よく分からないまま、リトリートとトレーニングセミナーの両方を申し込むという暴挙におよんだのが約3年前。その後、ときどき、自分でもセッションを受けにいったり、このブログでもご紹介したりということをしてきましたが、ワケも分からず申し込んだマイケルさんのワークショップが、3年後、こんな形になるなんて・・・。

そして、一緒にマイケルさんのソマティックのトレーニングを受けていたきむらゆきさんは、その後すっかりソマティックのプラクティショナーとしてご活躍。

たしか今日も姫路に出張中とか。


来日イベントは、準備も来日中も、様々なお仕事や調整が山のようにやってきます。特に外人さんは送迎も含め、ちょっと手がかかります・・・

ソマティックの癒しのセッションを行っているときのモードと、招聘者として様々に処理しなければならない事務作業とのモードが全く違うため、ゆきさん、来日イベントの仕事との両立がだんだん難しくなってきたそうなのです。

この5月にはマイケルさんの本も出版される予定。ソマティック・エナジェティクスに関心をもたれる方はこれからますます増えていくでしょうから、一人ではなかなか手が回らなくなることも予想される・・・。

そんなこんなで、この夏の来日イベントから、招聘&主催探しの白羽の矢がテンプルに・・・。

急ですが、ただいまソマティックのお仕事を引き継ぎ中。新しいWEBページの制作にも入っています(今日も、そのWEB原稿をずっと作ってました)。


まだ参加費などは決まっていませんが、次回の来日スケジュールはこんな感じです。
正式に決まりましたら、あらためてブログやサイトでお知らせします。興味がある方は、スケジュールだけでも空けておいて下さいね。

7月2日(土)アフタヌーンセミナー (東京)
7月3日(日)~5日(火) リトリートin八ヶ岳(2泊3日)
7月7日(木)~10日(日) グループセッション(通訳つき) 
7月11(月) グループセッション(通訳なし)
7月12日(火) 日本人プラクティショナーによるグループセッション
7月13日(水) SEトレーニング卒業生のためのフォローアップセミナー
7月14日(木)~17日SEトレーニングセミナー(4日間)


私のお勧めは八ヶ岳のリトリート。
2泊3日でマイケルさんのセッションが何度も受けられるのと、様々なワークを行っていきます。私は初マイケルがリトリートだったので「いったい何が起こっているのー??」のカオスモードのままリトリートは終了してしまいましたが、その後、何度かマイケルさんのセッションを受け、ようやく自分の中の雪解けが始まりそうな感じです。

今回、八ヶ岳リトリートは、最初の2日間は、細胞からの変化もあわせて促進するために、ジュースだけの食事にしよかなと思っています(希望者には別途オニギリなど)。3日目は普通の朝食です。

7月12日(火)の、日本人プラクティショナーによるグループセッションは、マイケルさんはお休み。ゆきさん他、認定プラクティショナーさんのセッションになります。マイケルさんのセッションより少し安く価格を設定しますので、SEセッションがどんなものなのかの体験したい方、マイケルさんのセッションのフォローにこの日をご活用下さい。


マークの風水とマイケルさんのソマティック。海外からの来日イベントは、いったん来日したらずっとスケジュールが続きます。それが年に数回入ることになるので、私もスケジュールはカオス状態。

マークの風水DVDの字幕も、いまセッセと作っているし、水素風呂のサイトも制作中。もう1つ別のサイトの原稿も準備中ということで、私の頭の中も机の上もカオス中。

マイケルさんのソマティックのテーマは変容。
テンプルもなんだかここにきて一気に変容中。変化ではなく・・・!


        マイケルさんの笑顔に触れるだけでもハッピーになれますよー!
c0125114_17123610.jpg

by hiroshimapop | 2016-04-11 19:07 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)
Dr.マイケルのソマティック・エネジェティクス
新年あけましておめでとうございます。
元旦の横浜は青空。初日の出を見ようと、朝、外に出てみましたが、我が家の周りはビルや住宅が立ち並び、そのビルに紅く映る朝焼けで太陽が昇ったことを知った、みたいな初日の出でした。
でも、誰もいない静かな元旦は気持ち良かった!


昨日、『気の道』『化の道』についてちょっと触れましたが、そういえば、これは『気の道』というより『化の道』の施術かもと感じているソマティック・エネジェティクスのDr.マイケルが1月に来日して東京でセッションをされます。

ソマティックについて、WEBにはこう書かれています。
ソマティック・エナジェティクス(以下SE)は、Dr.マイケル・マクブライドが伝える体と思考、心と魂の変容の技です。それは新しいレべルの自由、より健康な状態、本来のあなたらしい自己表現を可能にします。

慈愛に満ちた優美な波動を伝えることで、首、背骨、骨盤の調整がエネルギー的に起こり、体を整えていきます。そしてあなたの神経系、ハートに向かう経路をきれいにしていきます。

古い感情のエネルギーを手放して、ハートにつながる経路がきれいになるにしたがって、真実の様々な相が明らかになっていきます。本当の自分が見えてきます。

思考、体、心、魂がつながり、宇宙に満ちる知性(ユニバーサル・インテリジェンス)が流れ込み、内なる知性(イネート・インテリジェンス)として働くとき、あなたは生命に与えられた恩恵とあなたの中に眠る可能性を再発見されることでしょう。


以前、ソマティックをブログで紹介したとき、私はこう書いています。
私にとってさらに面白いのは、ソマティックは、人は生きている中で、10パターンのエネルギー的なステージ(トーン)を体験し、そのトーンごとに、固有の振動を持っているというコンセプトがベースにあること。

例えば私は典型的なトーン4人間。世界で最も多いのはトーン4のエネルギーを持っている人らしいですが、トーン4は、こんな人です。周りに思い当たる人、いますか?

*常識や社会の中で自ら可能性に制限や限界を築いてしまっており、自分で自分を縛っている。
*神経的な緊張の中で生きている
*心や頭の中ではエンドレスなお喋りが続き、心の声が聞こえなくなってしまっている
*頭の中で繰り返される質問、分析、コントロール、判断などで思考はいつも活発
*鎧と抵抗が強く、誰かを受け入れるのが難しい

テキストにはこうも書かれています。
『トーン4にしがみついているクライアントは、自動的に真の根本原因から注意をそらそうとする。部屋を見回したり時計を見たりして、感情のエネルギーが浮上し始めると、涙を抑えようと震え始めます。取り乱していることによって隠された感情や傷ついた気持ち、不適当だと考えられる重要な情報は表層意識の下に隠されています。それは幼少期から学んできた生存のための反応です』


心の鎧と強い抵抗を手放せないでいる私は、いまだトーン4から脱出できずにいますが(涙)、トーン4を抜け出た方々の身体は本当に自由! 

ソマティックの施術は15~16名が一度にマイケルさんの施術を受けていきます。なので、周りのクライアントさんの様子が音で聞こえてくるんですが(基本、目をつむって寝ているので様子は見えない)、反応のいい方がいると、マイケルさんにちょんと軽く身体を触れられただけなのに、施術中、動きだす、踊り出す、歌いだす、泣き出す、意味不明の宇宙語のような異言を話しだす、といった、私からすると『いま、何が起こっているの~!?』と叫びたくなるようなことが起こるんです。

昨年、ひさびさにマイケルさんのセッションを受けにいったら、私のお隣の女性が激しく反応をする方で、動きすぎて何度かベッドから落ちてました(落ちるといっても、ズリズリと床に降りたった感じのようです)。

マイケルさんを招聘者であり、ご自身も施術する側となった木村ゆきさんは、前回、施術台上で頭頂部だけで倒立してました(身体がそういうふうに動きたがるので、動くにまかせていると、そうなるんだそうです)し、彼女自身も、ある日突然宇宙語を話しだした一人。天外伺朗さんが講師をつとめる天外塾の皆さんとゴハンを食べているとき、ゆきさんの天外さんへの宇宙語セッションが始まったことも・・・。

動きだすほうがいい、叫び出すほうがいい、ということではないかもしれませんが、動きたいという身体の欲求にすぐに応えられる準備ができている、そこに抵抗がない、ということは云えるかもしれません。

残念ながら、いまだ絶賛トーン4中の私は、セッション中、ただ気持ちよくて、心地よい感覚に包まれて寝ているだけですが(でも、周りのベッドでは、いろんな声やバタンバタンと音がしてうるさい)、マイケルさんの笑顔と大きな愛に触れたくて、年に1回くらいの割合でセッションを受けに行ってます。

以前私が書いたブログを読まれて、すぐにセッションを受けに行き、その勢いでソマティックの施術者になった方もいらっしゃいます。どの施術もそうですが、こればっかりは「百聞は一見にしかず」。なので、お時間のある方は、ぜひご自身で体験してみてください。いっけん何も起こってないように見えて、心や身体の奥底では何かが変わり始めるはずですから・・・。


アフタヌーンセミナー
日 時:2016年1月16日(土) 13:30-15:30(開場13:00~)
受講料:3300円(税込)
場 所:代官山 
詳細、お申込みはこちらから

グループセッション

日 程:2016年1月16日(土)~19日(火)
費 用:19440円(税込)/ Kid’s 9720円(税込)
場 所:代官山
詳細、お申込みはこちらから
by hiroshimapop | 2016-01-01 12:27 | ソマティック・エナジェティクス