毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

カテゴリ:ソマティック・エナジェティクス( 25 )
認定プラクティショナーになった理由(RYOさんの場合)
『ソマティック・エナジェティクスの認定プラクティショナーになった理由』、3人目の体験談です。


RYOさんの場合
私は現在、岡山を拠点にキネシオロジー(筋肉反射)とソマティック・エナジェティクスのセッションをさせていただいています。ソマティックに出会う前は、キネシオロジーをメインに行うセラピストをしていました。

キネシオロジーでは、クライアントさんが抱えている健康や人生上の問題解決の方法を、クライアントさんの身体に聴きながらセッションを行います。最終的にどのような調整をしたらいいかも身体に聴いて行うのですが、ところがある時からその調整法を聴いても身体からは回答が返ってこない、自分が持っている調整法のリストでは間に合わないケースが出るようになりました。クライアントさんが抱える問題の糸口と調整法は遠くに見えている・・・。でもいま私が使えるテクニックでは、クライアントさんの魂の奥底にある何かに到達できない限界がある。そんなジレンマに陥っている時、自分の内側で「エネルギーを使え」という声が沸き上がることが何度かありました。

「エネルギー」が鍵になるようだけど、それが何か分からない・・・。そんなある日のこと。

実は私はテンプルビューティフルさんのご縁でキネシオロジーを学ぶことになったのですが、あるとき、ふと、半年ぶりにテンプルさんのブログを読みたくなりました。そして開いたページにはマイケルさんの来日記事が! しかもソマティックのトレーニングは残席1。速攻で申しこんだのはいうまでもありません。

それまでソマティックのセッションは受けたこともなく、それがどんなものか想像もつきませんでした。が、トレーニングの前日、運良くグループセッションにキャンセルがあり、パートナーと受けることができました。

セッション後、マイケルさんから「自分の中心からズレていたよ。君は自分の中心にいなかった。中心にいたのは彼だ。」と云われました。でもその時にはマイケルさんが云われている意味がピンと来ませんでした。セッション中は目を瞑っていますし、どんな調整をされたのか全く分かりません。・・・翌朝、目が醒めたとき、自分の中心に自分が戻っているのが分かりました。そして彼とかつてないほどの大げんか。それまでずっと彼に合わせていた自分が、その日、初めて自分に合わせたのです。結局、あまりの喧嘩に彼はそのまま岡山に帰り、私はトレーニングに向かいました。

トレーニングの4日間はカオスでした。私はキネシを学ぶ課程である程度、身体の仕組みについては学んでいましたが、それでもマイケルさんが云われている意味が全く分からず、セッションを受けに来られたテンプルの光田さんに泣きついたくらいです。実にマイケルさんが云われている意味が理解できるようになったのは、ようやく3回目のトレーニングの時。1回目、2回目は、ただただ言葉を聞き取るだけでそれが何を意味しているのか、全く分かりませんでした。

でも、ソマティックへの絶対の信頼と「これだ!」という確信は最初からありました。求めていたものだということに揺るぎはありませんでした。ですから意味は分からなくても、少しでも多くマイケルさんから吸収したいとくらいつきました。もしトレーニングを受けて「自分には無理」と1回で諦めてしまった方がいたら、また気持ち新たに学んでいただきたいです。今は、より理解できるような教材も用意されているので、私が学んだ時より遙かに内容が理解しやすくなっています。

ソマティックのセッションを岡山でするようになって数年。今ではキネシオロジーより、ソマティックのセッションをする方が多くなりました。キネシでは届かなかったところにもソマティックの慈愛のエネルギーが触れることで、クライアントさんの心や魂の深いレベルでの解放が生まれるようになりました。私が特に何かしなくても、準備が出来ているクライアントさんは自分で解放のボタンを押し、変容していくのです。ソマティックは数名のグループでセッションを行うので、参加者同士で変容の渦が発生しているのかもしれません。

ソマティックのセッションを受けられた方は、自分にかけていた制限を外しどんどん自由になられています。人間関係がガラリと変わった、仕事を辞めた、という声もよくいただきます。その方が本来持っていたTrue Color(本来の自分の色)が発色することで、自由なハート、自由な魂を取り戻し、輝いていかれます。

私自身も、ソマティックに関わるようになって、自分に起きること、やってくる流れに乗ることに絶対の信頼が生まれたので、将来への不安がなくなりました。何があっても大丈夫な私がいます。

私は岡山を拠点にソマティックのセッションを行っています。地方は都心よりも伝統や家族、社会に対する拘束が強い場所です。ですから、人、特に女性は無意識に自分を縛って生きています。本当の自分が誰か分からず一生を終える人も多いと思います。

でも、ソマティックの波動に触れることで、本当の自分に触れたり、自分の魂が求めていることに出逢えたりします。生きづらさを感じている人も多い日本。私のように地方在住のプラクティショナーさんが増え、ソマティックの慈愛の波動に触れられる方が増えることを願ってやみません。
c0125114_01394782.jpg
RYOさんは、ソマティックのセッションを受けたこともなく、マイケルさんのこともよく知らないまま、直観でトレーニングの参加を決めた方です。

RYOさんがトレーニングに参加されていたとき、私は会場でRYOさんと会ったんですが、「ナオコさーん、泣きたくなるくらい全然分かりませんー」と涙目になっていたのを今でも覚えています。だから、まさかRYOさんが3回トレーニングを受講し、認定プラクティショナーになっているとはユメユメ思わず・・・。それを知ったときには、心の底から驚きました!

「泣きそうにわからないと言っていたのに、なぜ、トレーニング、2回目も受けようと思ったの?」とあとで聞いたら「あまりにわからなかったので悔しかったのと、施術は信頼できたのでモノにしたいと決意はしていたんです」と。

キネシオロジーを学んだ時にも、上級のクラスを受けて施術者になるために、すぐに岡山に講師を呼んで講座を開催。あっという間にキネシをモノにしてしまいました。RYOさんの学ぶときの集中力には感嘆です。
すごいなぁー。

マイケルさんから「生まれながらのシャーマン」と呼ばれているRYOさんのセッションは、1月12日(金)です。この日は、SHIHOさんとのシャーマンコンビの日です!


by hiroshimapop | 2018-01-09 01:43 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)
認定プラクティショナーになった理由(SHIHOさんの場合)
昨日に引き続き、ソマティックの認定プラクティショナーになられた方の体験談をご紹介します。

SHIHOさんの場合
トレーニングを受けるきっかけは、最初、マイケルさんを日本に招へいされていたTya-Tyaさんから勧めていただいたからでした。

私はソマティックのセッションを初めて受けたときから、身体が自然に動きだす自動運動が起こり、時には、ベッドから起き上がってマイケルさんの近くで一緒にソマティックのセッションを半ばトランス状態で手伝う、ということもありました。 あとでマイケルさんから『君は僕と同じ星から来たよね』と云われてしまったのですが、私自身も過去世でマイケルさんの元で弟子として学んだり、サポートしていた時の記憶がよみがえり、映像で視えたこともありました。

こう書くとビックリされるかもしれませんが、実は私は子供のころから、皆さんが視えないものが視えたりする子どもで、そのため、現実よりもこの世とあの世の間の『あわい』の世界で生きているようなところがありました。友人とは仲良くしていましたが、知らない世界に独りで放り出されてしまったような寂しさと孤独感が絶えずあり、親からも目を離すとどこかに消えてしまうんじゃないかと心配されるほど、この現実世界に馴染めずにいました。 いつも想うのは『故郷に帰りたい、この肉体の制限から早く解き放たれて生まれた星に帰りたい』ということ。結婚して子供も生まれ、仕事も楽しく充実している反面、この絶対的な孤独感はどうにもぬぐい切れなかったのです。

東北の震災の後、生きたくても生きられなかった多くの方々のことを思い、地球に生まれたならちゃんと生きようとあらためて心に誓ったときがありました。でも子どもの成長や仕事のことなどで悩みも多く、どうしたら生きやすくなるのだろうという葛藤もあり、とても苦しい時期を過ごしていました。

マイケルさんと出逢わせていただいたのは、そのような時期でした。 でもソマティックのセッションの場に初めて行ったときに感じた『ようやくここに自分のことをわかってくれる人がいる、自分の場所がある』という感覚。それはマイケルさんだけではなく、Tya-Tyaさんをはじめとしたスタッフさんとの交流でもそうでした。

何度かグループセッションに通った後、マイケルさんの仕事ぶりを拝見したい、ちゃんとソマを学んで一緒に仕事をしたいと、トレーニングにも参加するようになりました。 トレーニングの4日間の場は素晴らしく、またそこで学ぶことが嬉しく、トレーニング中は毎日手から金粉が噴き出していたくらいです。 40代にして、この地球で生きていたいと魂が喜ぶ場所がようやく見つかりました。 そして、学べば学ぶほど、マイケルさんのように皆さんに、この溢れる光を届けたいという思いが強くなりました。

ソマティックは、言葉では伝わらないものをエネルギーにして皆さんの身体に届けている感じがあります。実際、マイケルさんはクライアントさんの身体と言葉ではない言葉でコミュニケーションしながら、セッションをされていらっしゃる気がします。

おかげ様で認定プラクティショナーとなり、多くの方々にセッションをさせていただくようになりました。 マイケルさんの来日時に開催されたリトリートやグループセッションでサポートに入った時には、クライアントさんの身体の上を流れる美しいエネルギーの波を追いながら、そのウエーブの美しさと感動をマイケルさんと目と目で伝えあったことも幾度となくありました。

クライアントさんは目をつむって横になっているだけですが、美しい癒しのエネルギーの波が皆さんの間を流れています。その高波動のエネルギーに包まれた肉体は、細胞レベルで癒されていると思います。 ソマティックが日本に紹介されてまだ数年。ほとんど知られていないセッションですが、この慈愛の波動が日本中に届くよう私も精一杯サポートさせていただきます。

一人でも多くの方が、ソマティックと出逢い、またプラクティショナーとなって、周りの方にその波動を伝える側になっていただけることを切に希望しています。
c0125114_08483791.jpg

SHIHOさんは、普段から妖精や天使がみえたり、ソマティックのセッション中に流れるエネルギーの波が視覚として確認できる人。ちょっと不思議ちゃんですが、愛いっぱいの人です。

今回、SHIHOさんには、1月12日(金)の認定プラクティショナーDAY、17日のKidsセッション、後半のトレーニングのチューターを担当していただきます。マイケルさんのグループセッションのサポートにも時々入られます。

SHIHOさんのセッションを直接受けたい大人の方は、1月12日(金)に、Kidsは17日(水)にいらして下さい。

グループセッションの日程はこちら

★マイケルさんが書かれた『ソマティックエナジェティクス』の本、テンプルでも扱っています。送料込みで3000円(代引き、時間指定はできません)でお送りできます。

by hiroshimapop | 2018-01-07 08:08 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)
認定プラクティショナーになった理由(Tya-Tyaさんの場合)
まだまだだと思っていたDr.マイケルの来日もいよいよ来週木曜日。ソマティックの一連のイベントが始まります。

今回は、日本人の認定プラクティショナーさんのセッションからスタートします。
認定プラクティショナーさんのご紹介を兼ね、ソマティックのトレーニングを受け、認定プラクティショナーになった経緯などを書いていただきました。

ソマティックのトレーニングを受けようかどうしようか迷っている方がいらしたら、参考になさって下さい。

Tya-Tya さんの場合
私は2012年にマウイでマイケルさんに出会い、15分ほどの短いセッションですぅーっと頭痛がひくという経験をしました。体のあちこちで扉が開き、「慈愛の波動が私に触れて、愛でないものが体から出ていく」という体験をしました。3.11後のことで、私はこの施術を日本に伝えてほしいとマイケルさんを日本に招へいするようになりました。

最初はセッションだけのはずでしたが、なんとマイケルさんは、日本でトレーニングセミナーもできると連絡をくれました。英語のテキストも書いたと。

その内容は素晴らしい写真入りの、知識と経験に満ちたものでした。
最初は翻訳家に依頼したのですが「英語はわかるけど、ここに書いてあることがよくわからない」というのです。マイケルさんのテキストに書かれていたのは、セッションを体験しないと実感できないこと、気功や体、心理学の知識が必要な内容でした。

マイケルさんの初来日とトレーニングセミナー。
トレーニングのテキスト翻訳に奮闘していた私には、わかりやすく体系づけられた4日間のプログラムでした。ただ、やはりマイケルさんの伝える新しい概念とツール、未知の世界を、いかに抵抗なく試せるかが必要です。

初期のトレーニングセミナーでは、マイケルさんが参加者に応じてチャネリングするように情報が伝えられたため、現在マイケルさんの来日イベントを主催されている光田菜央子さんが参加された2回目のトレーニングセミナーは、トレーニングのテキストにない情報ばかりの特殊な内容で、私には質問の言葉も浮かばないほどチンプンカンプンでした。

なにしろトレーニングセミナーは、理論や実践の他に、マイケルさんのセッションをディープに4日間続けて受けます。心身のデトックスや人間関係を含めた変化も起きてきます。気づかなければやり過ごせるものがやり過ごせなくなり、向き合わざるを得なくなる・・・。また、鉄が磁気を帯びるように、慈愛の波動を身体が帯びていくのです。これはマイケルさんが言うように、本当に宇宙に存在する波動の恩恵だと思います。

トレーニングセミナーもこの2018年1月で11回目となるでしょうか。テキストや学習ツールが整備され、再受講生が増えた今は初期のトレーニングセミナーと比べると、驚くほどみなさん、習得が早くなっています。

ここ数年はSEを学ぶ生徒仲間が増えたことから、マイケルさんの年に2回の来日の合間に、練習会も行われ、交流と実践の良い場となっています。ソマティック・エナジェティクスのセッションを受け取り、与えること。その癒しと愛に満ちた時間の喜びを分かち合っています。

ここまでは主催者としての経験を書きましたが、私の個人的な体験を書くのはさらに至難の業です。

セッション中にクジラになりました。宇宙空間を泳ぎました。過去生でしょうか、脳障害がある人のように、うまく動かない体も体験しました。ティラノサウルスにもなりました。大きな頭としっぽをくねらせて前に進む爬虫類。動くことは喜びそのものでした。私はあこや貝であり、尺取虫であり、蝶であり、ジュゴンでした。海の動物たちの力強さといったらありませんでした。私は、人間がとても力強い生命力と生命の種とつながる叡智をもって生まれてきたのだということを体感しました。

そして、私はトレーニングを通してたくさんの涙に触れましたし、私自身も涙が溢れました。今振り返って思えば、なんて多くの涙を隠して生きてきたんだろうと思うのです。湖を通り越して、ダムができていました。立ち泳ぎでアップアップしながら生きていることに、気が付いていなかったんです。

4日間のトレーニングセミナーを終えると、世界がきらきらと光って見えるようになって、日常に違和感を感じました。もっと優しくて、愛にあふれた自分、光り輝く場所を知りました。前よりも片づけができるようになったり、両親の前でいい子ではいられなくなったり。自分を大切にすることが、少しずつできるようになって、シンクロが起こりやすくなって、、、、。

霊的な体験もたくさんしました。
人間は人間だけで生きているのではないと知りました。生き物たちの種を超えた光のネットワークがあることを知りました。地球を包む光や祈りの力を知りました。

2017年10月にはマウイでアドバンストレーニングが行われました。アドバンスのトレーニングに降り注ぐ光を、ぜひ感じてほしいと思います。ベーシックのトレーニングで終わらせてしまうのは、もったいないように思います。個人の力ではたどり着けない場所があります。自分を運ぶもの、流れ・・・。

SEの変容の波に乗れば乗るほど、自分の知らない自分が現れてきます。それが私をどこに連れて行くかわかりません。

ただ、自分の選択として、今年もSEの慈愛の波動と共にいたいと思います。柔軟性と忍耐強さをもって、新しい自分に出会っていきたいと思います。

最後になりましたが、簡単なことではないにもかかわらず、世界各地で慈愛の波動を伝え続けてくれているマイケルさんに、心からの友情と感謝を込めて。
c0125114_17321442.jpg

Tya-Tyaさんが書かれているように、ソマティックの2回目のトレーニングは宇宙的な壮大な話が4日間続きました。初参加は私1人。そして再受講のTya-Tyaさんと麻奈美さんの合計3名のために開催されたトレーニングで贅沢な4日間ではあったのですが、何せ、マイケルさんの話が分からないー。

形而上学的な話をずっと聴いたあと「じゃぁ、セッションの実習をしようか」と、脚の長さチェックから始まるので、何故その話と脚の長さが関連するのか、その繋がりが4日目になってもさっぱり理解できず・・・。

もともと、ソマティックについては何も知らず、何故自分がトレーニングに申しこんだのか自分でもよく分からないくらいでしたから、その後、トレーニングを再受講することはなかったんですが、この時、トレーニングを受講したことがきっかけで、今、マイケルさんのイベントを主催するようになっているわけですから、世の中は分かりません-。あのチンプンカンプンの4日間は、こうして実になっておりますー。


TYA-TYAさんは、今回、1月17日(水)のお話し会とKidsセッションを担当していただきます。子ども達に何故、ソマティックのセッションが有効なのか、ぜひお話しを聴いてみてください。


Dr.マイケルの来日にあわせ、下記の日程でソマティックのトレーニングを行います。
【A】2018年1月13日(土)~16日(火)
【B】2018年1月23日(火)~26日(金)

まだ【B】の平日コースは余裕があります。
4日間連続で参加するというコミットメントをするのはハードルが高いかと思いますが、特にいま何か施術をされている方、人の心や身体に関係する仕事をされている方には是非体験していただきたいエネルギーワークです。

興味が沸いた方はこちらから詳細をご確認下さい。


by hiroshimapop | 2018-01-06 17:45 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)
1月12日(金)シャーマンコンビによるソマティックセッション
1月開催のソマティックのセッション。

Dr.マイケルのセッションは順調に予約が入っていますが、日本人プラクティショナー担当の日のご予約がまだスローなので、ここであらためて紹介させていただきます。

1月12日(金)は午前、午後の2回、日本人プラクティショナーによるソマティックのセッションを予定しています。

担当するのは、Dr.マイケルに生まれながらのシャーマンと呼ばれているRYOさん。今年の10月ハワイのマウイ島滞在中には、古い古いハワイのエネルギーと出会ったそうです。いつもは岡山を拠点にセッションをしています。

もう一人は、天使や妖精が見えてしまう不思議のSHIHOさん(ナイショですが、自宅には小さな宇宙人が住み着いてるそうです・・・)。マイケルさんとのセッションでは、二人でエネルギーの虹を飛ばし合ったり統合したりして楽しんでます・・・。

そんな二人のシャーマンコンビが行うソマティックのセッション。
いったいどんなセッションになるのか想像も出来ませんが、きっとワクワクな出来事が待っていると思います-。セッション費用もDr.マイケルのセッションが一枠18,000円のところ10,000円でお受けいただけます。
午前、午後と2枠(合計4回のセッション)受けて、一人リトリート状態というのもアリかと…。

Dr.マイケルの時とはまた趣きの違うゆったり静かなセッションで、心の深いところで目覚めを待ってる自分自身と出会って下さい。

ソマティックのグループセッションのお申込はこちら
ソマティックのスケジュールはこちらから

c0125114_18130744.jpg

by hiroshimapop | 2017-12-13 18:08 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)
2018.1月ソマティックセッション受付開始
テンプルで昨年からご紹介を始めたソマティック・エナジェティクスのエネルギーワーク。そのソマティックの提唱者であるDr.マイケルが来年1月に来日。

東京でのセッションとトレーニングセミナーを行います。

→ソマティックはどのようなセッションか、Dr.マイケルのインタビューはこちら


今回は初の試みとして、Kidsセッションだけの日(1月17日水曜日)を設定しました(Kidsセッションは0歳から中学生までのセッションです)。
平日ではありますが、心や身体の成長に心配のある子供さんには、1度お試しいただければと思います。

また、当日は、子供さんへのセッションを熱心に取り組んでいるプラクティショナー
さんのお話し会も開催します。過去、子供さんへのセッションで、どのような変化が
あったか、お話しいただく予定です。


過去の実例から4件だけご紹介させていただくと・・・(1回から数回受けた後の変化です)。

*普段から多動で、突然走り出すため1人で道を歩かせることができず、特別支援学校を勧められていた男の子。1回目のセッション後、行動が落ち着くようになり、セッションを重ねるたびにコミュニケーションがよりスムーズにできるようになった。

*自閉症の男の子。セッション後、語彙が増え、単語ではなく、繋がった文章で会話ができるようになった。

*授業中、椅子にじっと座ることができず問題児とされていた小学1年の男の子。背骨に問題があることが分かり、1回目のセッション後で普通に椅子に座れるようになった。その後この子供さんは、成績優秀となり私立学校に転校するほどになった。

*ひどい生理痛で生理になるたび鎮痛剤を飲んでいた小学6年の女の子。仙骨部と骨盤の開閉に問題があることがわかり、セッション後、生理中に薬を飲まなくてもよくなった。


前回、私が受付をしていたときに来ていた男の子は「頭がすごく軽くなったー」と言いながら帰っていってました。

日本人プラクティショナーによるKidsデイは平日のため、小学、中学のご参加は難しい日ですが、0歳からセッション可能です。未就学の子供さんなど、身体が出来上がってしまう前の調整がお勧めなので、ぜひお試し下さい。

日本人プラクティショナーによるKidsセッション 4,500円/最大50分
1月17日(水)10:30~11:20
1月17日(水)15:30~16:20
1月17日(水)17:00~17:50

Dr.マイケルによるKidsセッション  7,000円/最大50分
1月20日(土)14:00~14:50 満席
1月27日(土)12:10~13:00

*赤ちゃんや子供は反応が早いので、10分くらいでも、もうこれ以上の働きかけが必要ないということがあります。時間は短くても慈愛の波動はしっかり受け取っていますので、どうぞご安心下さい。

*どうしても日程的に大人のセッションの日程でなければ参加しにくい、という子供さんは、1枠2名まで大人のセッション枠でお受けいただけます。ただし、大人のセッションの雰囲気を壊すおそれのない子供さんに限らせていただきます。


お話し会は 2018年1月17日(水)13:00~14:30 です。
『問題を抱えた子供さんにソマティックのセッションが勧められる理由』
こちらもあわせ、ご参加下さい。
  →ご案内はこちら

Kidsセッション&1月17日(水)のお話し会の申込はこちら

Kidsセッションについて
Kidsセッションの体験談


★もちろん、大人のグループセッションも開催します!
前回は、耳鳴りで悩んでいる方がいらしていたんですが、セッションを受けるたびに
耳の中で鳴っている音が小さくなっていったそうです。

ソマティックのセッション中は、不思議な体験をされる方も多く、ブログでも何度か
ご紹介しています(例えばこちら)。
お時間のある方はブログをのぞいて見て下さい。


グループセッションは、大きく以下の3つの選択肢があります。
・Dr.マイケルからセッションを受ける日
・認定日本人プラクティショナーから受ける日
・現在トレーニング中のトレーニング生から受ける日

選択肢が増えた分、ちょっとややこしくなってしまいましたが、日程、価格等で
ご検討下さい。

大人のセッションのお申込はこちら(日程もご確認いただけます)
スケジュールはこちら


★ソマティックのセッションは何故あんな不思議なことが起こるの?その謎を知りたい、Dr.マイケルからその施術法を学びたい、という方にはトレーニングセミナーも開催します(4日間ソマティックの慈愛の波動に浸って体調を整えたいというご参加も大丈夫です。でも講義もしっかりありますので、頭も使いますー)。

トレーニングセミナー
今回は、週末を含むコースと、平日のみのコースの2つの日程からお選び頂けます。
【A】2018年1月13日(土)~16日(火)週末含むコース
【B】2018年1月23日(火)~26日(金)平日のみコース

学びながらセッションも毎日受けますので、深い癒しと変容の4日間になりますよ。

トレーニングセミナーのお申込はこちら
トレーニングセミナーの概要


皆様のご参加を心よりお待ちしております。

c0125114_17071971.jpg

by hiroshimapop | 2017-12-05 17:08 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)
ソマティックの会場はトーン7で溢れている
昨日でDr.マイケルのソマティック・エナジェティクスの全スケジュールが終わり、今日、マイケルさんは都内観光。夜の飛行機でマウイに帰られます。

ちょうど1年前から引きついだソマティックの主催。マッサージベッドが1度に20台以上必要ということも含め、何から何まで初めて尽くし。スタッフ総出で2か月前くらいから準備を始めましたが、それでも去年はアップアップのバタバタでした。

その主催も今回で3回目。ようやく進行にも余裕ができてきた感じです。

それにしても、何度体験しても不思議すぎるソマティック。

エピソードは数々あれど、今日は、トレーニングセミナーで毎回ランチボックスをお願いしているAKIRAさんの体験談をシェア。

ソマティックが、肉体を扱いながら、肉体を通して肉体以上の何かにアクセスし、癒しを起こしていることを想像していただけるのでは?と思います。


さて、毎回美味しいベジタリアンのランチを作って持ってきてくださっているAKIRAさん。いつも会場のドアの前でお弁当を受け取っているので会場の中に入ったことは一度もないのに、こんな体験をされていたそうです。

ある日、AKIRAさんがソマティックの会場となった代官山の地下駐車場に着いたとき、ビル全体に白い光の柱が立っているのに気がついたんだとか。そして上のほうから、白い光が滝のように地下駐車場に流れ込んでおり、光の柱がビルに対し結界のような役割をしていた…。

いったいこれは何だ?と思って上階に上がり、ソマティックの会場を開けたところ、まさしくそこが光の柱の発信源。さらに、ランチを配達した帰り、車で10分ほど走ったところで、突然、異言が自分の口からこぼれはじめ、身体の内側からも歓喜が溢れて止まらなくなり、その歓喜のエネルギーで車の運転ができなくなってしまったそうなのです…。

ランチは運んでいたけれど、そこで何が行われているかをよく知らず。
家に戻って検索して、ようやくソマティック・エナジェティクスなるボディワークを知って、興味を持った。

そんなお話しをして下さいました。

AKIRAさんはもともと高い直感力を持つ、宇宙的な方ですが、ソマティックの会場に入っても、セッションを受けてもないのに、ソマティックの慈愛のエネルギーに触れて、しっかり受け取られていたわけですから、なんとも羨ましい限りです。

部屋に入ったとたんに、涙を流される参加者さんも何人もいらっしゃいましたが、慈愛のエネルギーはビル全体を覆っていたんですねー。


そして・・・
私は今回、毎日休憩時間やセッション時間に更衣室に閉じこもってパソコン仕事をしようと、毎日重いパソコンを肩にかけて代官山まで通っていたのに、全くパソコン仕事ができない、という(私にはあり得ない)体験をしました。

パソコン画面に映る数字や言葉を読んだり書いたり解読したりということが、なんともやりにくく、こんなにパソコン仕事ができない期間はかつて体験したことがない、というくらい、パソコン仕事がダメ。

ちょうど、尼崎サロンの予約申し込みのスケジュール調整が2か月分あったんですが、この人は、この日時がOKでこの日時がダメ、この方の希望はここで、ここは入れられない、というジグソーパズルのような日程調整も普段は何でもなく出来るのに、今回はなんとも四苦八苦。

もともとパソコンを開けられる時間も少ないうえに、開けても仕事にならないので、ご連絡がずいぶん遅れてしまいました。

日本人プラクティショナーさんのYUKIさんが、今日のソマティックのセッションはトーン7に溢れて素晴らしかった~と云っている隣で、トーン4全開のパソコン仕事は出来ないのは当たり前だわと思ってましたが(トーン4、トーン7については、こちらをお読みください)、AKIRAさんの光の柱のエピソードを聴くにつれ、そんな光の柱と光の滝の中では、なおさら、パソコン画面見つめて、左脳重視の仕事はできないのも当然ですねー。

八ヶ岳のリトリートに、現役時代は、日本中に支店を作り、ビジネス界の成功という成功を手中に収めていた女性がご参加になっていたのですが、その方に、ソマティックを慈愛のエネルギーに浸って自分を解放できるのは、ビジネス界を完全に引退したからよ、現役だったら難しいわねーと云われてました。

トーン7のエネルギーを浴びながらトーン4の仕事は無理というか、もったいない。


次回のリトリートは、パソコンも仕事も手放して、十分、そのトーン7のエネルギーに浸るとします。

by hiroshimapop | 2017-07-19 17:09 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)
ソマティック参加者さんからのメール
マイケルさんのソマティック・エナジェティクスのグループセッションが始まりました。
毎日、代官山に通う日々です・・・。

ソマティックは初めて、という方が多いのに、今回は全体的に、変容の準備ができている方の割合が高い気がしています。初めてなのに、ふかーく自分の内側に入られ、セッションが終わっても、その「あわい」からなかなか意識が戻ってこない、戻りたくないという感じで、セッション自体は終わっているのに、皆さんのお目覚めをながーくお待ちしていたこともありました。

テンプルが主催するようになって今回で3回目。何か代官山のあの会場に「ソマティックの場」ができ始めているような気さえしています。もちろん、それにチューニングできなければ何も感じないのでしょうが、Michaelさんや日本人プラクティショナーさんと一緒にいることで、形成されているその場にすぐに皆さんが感応される、というか・・・。

何度も受けている方は、会場に入っただけで涙を流される方もいらっしゃいますし、Michaelさんがソマティックのセッションを始めると「エネルギーのウエーブに触れて泣きそうになる」という方もいらっしゃいました。

ハートが開いた方は、慈愛のエネルギーに触れると、それが涙となって溢れてくるんでしょうかね。

そんな今回のソマティックのセッションを受けられた方から、素晴らしい体験談が届きました。ご本人に掲載の許可をいただきましたので、以下でご紹介します。

こんにちは、7月2日にグループセッションに参加させていただきました。
とても素敵なセッションをありがとうございました。

セッションが終わった後はもうなんだか別世界に来たような....不思議な感覚があります。思考が静まり、ああ、これが自然で、中心なんだな~とわかり、日常でもこの感覚を忘れないようにしたいです。

セッションの初めに、マイケルさんに背中をチェックしてもらったときに、「ヨガをやっているね、神経系が開いている」とズバリと言い当てられてしまいました。ただ触れただけなのに驚きでした。

セッション中は意識はあるものの、意識とは別のところで体が勝手に動きました。わたしの場合は肩甲骨の関節や腰を動かしたがったりしました。また、お腹の底から何度も口で息を吐きたい感じで、「ふっふっふっふっ」とそれが連続して続いたのですこし頭がぼーっとしてしまいました。

周りの方と同調しているのが少しわかりました。セッション中、私はあまり声を発しませんでしたが、身体が動きたがっている時と、周りの方が号泣したり大笑いしているタイミングは同じでした。調整の仕方は人それぞれなんだと思いました。

エネルギーがどんどん入っていくのがわかり、眉間や頭上から抜けたがっているかんじで、もう、どうしようもなくなって第一チャクラのほうから頭上まで流れるように手で促していました。

マイケルさんに「高い周波数に合わせる準備ができている。エネルギーが波のように入っていったね。」というようなことを言っていただけました。

実は、セッション前日から感情の古傷が出ており、恥ずかしながら元彼に対して怒りと憎しみの感情が出ていました。
不思議なことに、セッション中は「もう、一緒に自由になろう!」という気持ちになり、わたしだけでなく、元彼の方も癒しが起きたような気がしました。

今回の体験を書いているだけでも、セッション中の感覚に引き込まれそうになり、身体がまた動きたがっているようです。初めてセッションを受けましたが、たいへん面白い体験でした!今後の変化を楽しみにしています。

マウイリトリートに参加できたら...本当にミラクルな体験になるだろうな~と思いました^^

また宜しくお願いいたします。

素敵な時間を過ごしていただいたようで、嬉しいです。ご感想もありがとうございますー。スタッフみんなで嬉しく読ませていただきましたー!

ソマティックのグループセッションは、受けられた方が、お帰りになるときに2回目、3回目の予約を入れて帰られることも多いのも特徴。

今日も「他にも色々なボディワークを受けてきたけど、ここでしか味わえない、体験できないことがある」と云って2回目の予約を入れてお帰りになられた方がいらっしゃいました。

2時間のセッション中、ソマティックのバイブレーションの中に全く入ることができず、「何も感じなかった」とお帰りになられる方ももちろんいらっしゃいます。マイケルさんは、頭を離れ、ハートで感じてみて下さいとよく云ってますが、日々、思考中心で生きていますから、考えるのではなく感じる、いうのが、なかなか難しいんですよねー。

今週末からはトレーニングクラスが4日間、来週はリトリートを代官山と八ヶ岳でやります。濃いスケジュールが始まるのは、これから。
まだまだ変容の旅は始まったばかりですー!

Michaelさん滞在中のグループセッションの詳細、お申込みはこちらから

c0125114_21205539.jpg

by hiroshimapop | 2017-07-04 21:23 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)
Tya-Tyaさんのお話し会(7月1日の夜)
7月のマイケルさんの来日イベント準備に、そろそろ、てんてこ舞いが始まりそうなテンプル社内。

そんな今月、マイケルさんとマウイで出逢い、マイケルさんを日本に招へいしてソマティックのバイブレーションを日本に広めるきっかけを作ったTya-Tyaさんの本が出ました。

Tya-Tyaさん、ソマティックを受けているさいちゅう、シホさんという不思議系の生徒さんに触れられたとたんに『宇宙語』としか呼べない言葉が溢れだしました。その言葉はどうやら、シフォアさんという高次元存在からのメッセージらしい・・・。

宇宙のバイブレーションを、日本語というあまり口の筋肉と舌を使わず話す言語で表現するのは、宇宙人も苦労してるんじゃないかしらと思いますが、それがどんな言葉なのか興味が沸いた方は、ぜひ7月1日の夜、代官山へGO。

Tya-Tyaさんのお話し会を開催します。

実はソマティックのセッション中、Tya-Tyaさんのように宇宙語を話し始めた人が、他にも数名いらして、微妙に違うその言語でお互い会話しあったり笑い合ったりと、なんともシュールな風景がときどきソマティックの会場では見られます・・・(苦笑)。いったい何が起こっているのか、鈍感タイプの私にはさっぱり分かりませんが、何かがクライアントさんのカラダに起こっているのでしょうねぇ。

当日は、宇宙語の話もきっと出ると思いますが、その前に、ソマティックの講座の1つとして、ソマティックを知ったあと、Tya-Tyaさんの心と身体に起こったこと、体験したこと、そして、クライアントの皆さんがどんな風に変化、変容していったのか・・・。そんなお話しをしていただきます。

お時間のある方はぜひ!

Tya-Tyaさんの『シフォア・コズミック・チャンネル』はこんな本です。
突如、宇宙語が降りてきた!
“シフォア"という高次存在が語りかける宇宙語とその通訳を介しての 驚くべき対話録。

宇宙語の時代が始まった! ? 宇宙船との遭遇や、ETとの交流に備えて、 読んでおくと役立つ日がくるかもしれない内容。

さあ、宇宙の無限の愛に耳を傾けましょう。
この本は物語でも小説でもありません。
この本はラジオみたいなものです。

光のネットワークを広げる同志への呼びかけ、意識変換のためのメッセージ。
「気づきや体感が人生にとっていかにパワフルか。生命の手ごたえを感じて生きている時間が、生活の中にどれ位あるだろう。
宇宙語のバイブレーションと共にもたらされたのは、ヨロコビのバイブレーションだけではなかった。ヨロコビを知り、悲しみを知り、葛藤を知った。
けれど「生」と「愛」の表現の世界の豊かさを、 宇宙に存在する多様な波動と恩恵を、この本を通じて伝えることができればいいなと思う。」

Tya-Tyaさんのお話し会はこちら
日 時:2017年7月1日(土)18:15~:19:45(開場18:00)
会 場:ヒルサイドウエストB棟 http://somaticenergetics.jp/access/
  • 参加費:3,500円(税込)/中学・高校・大学生は2,500円(税込)
  • 定 員:30名

  • お申込はこちらから

    Tya-Tya さんによるソマティックセッションを受けたい方は、7月11日(火)の
    セッション日がそれに当たります。(スケジュールはこちら



    by hiroshimapop | 2017-06-13 01:01 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)
    7月のマイケルさんの来日イベントスケジュール(予告)
    ソマティック・エナジェティクスのマイケルさん。次に東京に来られるのは6月末の予定。翌7月1日(土)から、東京(代官山)と八ヶ岳(山梨)でソマティックのセッションやリトリート、トレーニングセミナーを開催します。

    ふと気がつくと、もう4月。
    そろそろ7月の予定が入り始めた方も多いと思いますので、スケジュールだけ先にお伝えします。参加費や時間などの詳細や申込受付はGW明けくらいから。次回の来日イベントのWEBもそろそろ準備を始めないと、あっという間にGW突入ですー!

    7月1日(土)午後:Kidsセッション(約50分)、グループセッション×1        夜YUKIさんのお話し会(1.5時間)
    7月2日(日)Kidsセッション(約50分)、午前、午後:グループセッション
    7月3日(月)~5日(水) 午前、午後:グループセッション
    7月7日(金)~10日(月) トレーニングセミナー 
    7月11日(火)午前、午後:日本人プラクティショナーによるグループセッション
    7月12日(水)午前、午後:グループセッション
    7月13日(木)代官山リトリート(終日)
    7月14日(金)Kidsセッション(約50分) 午後:グループセッション 
    7月16日(日)~18日(火)八ヶ岳リトリート(2泊3日)
    ★7月1日(土)の夜は、マイケルさんではなく、日本人プラクティショナー第1号のYUKIさん(チャチャさん)のお話し会を予定しています。YUKIさんのソマティック体験、宇宙語を話し始めたエピソードなど興味深い体験が多数(現時点で、YUKIさんだけでなく、宇宙語としか呼べない摩訶不思議な言葉で会話しているクライアントさんが複数名。スタッフスイヅも、セッション中、ゴニョゴニョ言い始めてます)。

    ★7月は子供さんのセッションは大人のセッションと別に設けます。赤ちゃんや乳幼児は変化が早いので、セッションそのものは15分で終わることも。子供たちだけのセッション時間を作ることで、子供も大人もそれぞれがリラックスしたなかでセッションができると思います。

    ★7月のリトリートは、東京での1DAYリトリートと2泊3日の八ヶ岳リトリートの2パターンからお選びいただけます。

    ★ソマティックのプラクティショナーになるためのトレーニングセミナーは4日間。合計3回トレーニングセミナーを受講したあと、自分でも友人や家族にセッションを行い、準備ができたら認定試験を受けることができます。

    ★ソマティックのグループセッション中の様子は、こんな感じ。お二人ともトランス状態となり、海の中を漂っている感じですよねー。現在、ヨーロッパの方の方が日本人の動きよりもおとなしいそうで、日本でのセッションは、時に、もっと賑やかになります(笑ったり泣いたり、跳ねたりする方もいるので・・・)。


    そして・・・

    さらに秋の予定になりますが、マウイでのソマティックリトリートを企画中です。最初、マイケルにはエジプトかペルーでやりたいと云われたんですが、どちらも今の私にはハードルが高いです。なので、マイケルさんの地元でもあるマウイに決定!
    マウイはこんなに美しい島です。

    現時点のスケジュールは、
    10月7日(土)マウイの現地ホテル集合。
    10月8日(日)~11日(水)の4日間がリトリート。12日(木)に現地を出て時差の関係で13日(金)に帰国します。

    現地集合なので、飛行機代は自費。参加費は22~24万円くらいにはおさめたいと思っています。滞在中は、現地にお住まいの日本人シェフに地元野菜をたっぷり使ったベジタリアン料理を作ってもらうよう手配中です。

    会社勤めの方は、10日~13日の4日間の休暇申請をしていただくことになりますが、マウイの濃いエネルギーのなか、マイケルのセッション漬けの4日間になります。

    こちらもGW中旬までには詳細を決めたいとホテルやマイケルさんとやりとりをしている最中。興味がある方は、この期間の予定を空け、貯金も始めて下さいませー。

    c0125114_14545892.jpg

    by hiroshimapop | 2017-04-05 07:40 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(9)
    ソマティックのセッションその後の体験談
    先月、マイケルさんのソマティック・エナジェティクス(以下、SE)のセッションを受けられたという女性から、こんな体験談が届きました。
    SEのセッションを受けたのは、初めてだったそうです。

    マイケルさんのSEのグループセッションに参加してしばらく時間が経ってから、これはSE効果?と思える体験をしました。

    セッションは1月18日に参加しました。その後31日に「何か周囲の見え方がいつもと違う! 愛に包まれている」と感じていたら、パーンとハートが開き、私はクジラになっていました。

    ふとんの上に横たわると、自然に身体が波打つように動き始め、どんどん海の底に潜っていきました。そこは癒しの場で、クジラになって、初めて自分が予想していたより深く傷ついていることに気づきました。

    クジラになった私は、たまに海面に出て潮を噴いたりしますが、ほとんどは海の底にいて、それは今でも続いています。

    ゆっくりゆっくり癒されているように感じます。

    今まで心を閉ざしたまま生きてきたことにも気づき、自分を知ることができました。SE効果でしょうか?

    愛に包まれているっていう体感って、なんと素晴らしいんでしょう! それが約2週間後に起こり、今もずっと癒され続けているなんて。

    セッション中、同じような体験をされた方は他にもたくさんいらっしゃるようで、クジラやイルカになったというお話しは何名からかお聞きしました。自分が生まれるところを再体験したり、宇宙創世あたりを体験したり、あるいは天使や亡くなった家族と会話したりと、ふかーいふかーい魂の旅を体験をして戻ってきた方のお話しは興味が尽きないですねー。

    マイケルさんの次回の来日は7月。次回もぜひ楽しみにご参加下さいませー。

    by hiroshimapop | 2017-02-15 13:55 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)