毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

カテゴリ:こんなものを買いました( 30 )
万歩計がこんなに進化してました
今年1月、メルマガで結局3回シリーズで書くことになったのが「座らない」ということ。
第1回目は、書籍「座らない」の内容を抜粋しながら、動くことの重要性をご紹介しました。


~以下、今年1月22日のメルマガより一部転記~
「座り続ける」ことが健康にとって最大の敵である、ということについて、著者はこう書いています(短く書き直しています)。

『運動するだけでは十分ではありません。スポーツジムで週3回汗を流してもやはり十分ではありません。健康維持の秘訣は、1日中ずっと活動的でいることです。

平均すると、私たちは1日9.3時間も座っています。眠っている時間よりも座っている時間のほうが長いのです。人間の体はこのような環境に適応するように創られていません。たとえ食事に気をつけて1日30分運動するのを日課にしても、毎日9時間以上の座位に伴う悪影響を相殺できません。

1日7時間以上運動する人のうち、1日の大半を座って過ごす「座位グループ」とそうでない「活動グループ」に分けて比べてみましょう。すると座位グループの死亡リスクは活動グループと比べ50%以上高くなります。

1日6時間以上座ると、早死にするリスクが大きく高まります。どんなに運動しても、健康的に食べ、禁煙しても、過剰に座る習慣を改めない限りは健康問題を誘発します。

車の運転、テレビ、会議の参加、パソコン・・・座らなければならない状況はいくらでもあります。

人々は座るたびに健康を害しているのです。座った途端、まず足の筋肉の電気的活動がストップします。消費カロリーは1キロカロリーへと低下し、脂肪燃焼を促す酵素の生産は90%減少します。

2時間座ると、善玉コレステロールが20%減ります。立ち仕事の人と比べて、心血管疾患の発生リスクは2倍になります』

ではどうすれば?と思いますよね。

著者は、まず1日の過ごし方を検証し、余分に動く隙間と瞬間を作り出すよう勧めています。

手の届く範囲に必要なものを配置し、全く動かなくても快適に過ごせるようにしているなら、あえて何かを遠くに置く。そうすれば、それを取りに行くために、立ち上がって歩くことになります。

その他のアイディアとして、こんなことも上げられています。
*時々立ち上がってストレッチする
*出来る限り体を動かす
*会社の内線は使わず、同僚の部屋まで歩いていく
*動きながらテレビを見る
*座らず立っておく
*エレベーターの代わりに階段を使う
*仕事の合間に休憩時間をつくり、歩く

~転記終わり~

私は基本ネコ人間ですから、時間があればゴロゴロしたいー。

なので、絶対的な運動量は足りてないのは十分自覚してます。1日の運動量を把握するのに、アップルウオッチはいいよー。動いてないと「立ち上がるよう」アップルウオッチから指示がでるよーと薦められたんですが、使いこなす自信がなく、どうしたもんかと思っていたら、先日、こんなものをAmazonで見つけました。

万歩計の進化版(?)。

いろんなグレードのものがあるようですが、とりあえず私は廉価版を購入。目が醒めてから寝るまでの間ずっと腕にはめてます。スマートフォンにアプリを入れ、ときどきアプリを立ち上げれば、同期してその日の運動量が分かります。

判明したのは、運動不足だと思っていた日も、1日6000歩くらいは歩いていたこと。そしてこれをはめているだけで、エスカレーターじゃなくて、階段を使うモチベーションが上がること!(なんと単純なことか!)私は現在歩数計算にしか使ってませんが、グレードの高いバージョンは、もっといろいろなデータが出るようです。
 *海外パッケージ用は日本語の説明書がついてないので、要注意です(ただ、だいた予測はつくのと、アプリを立ち上げれば日本語アプリと連動するので大丈夫かと思います)。

c0125114_1651460.jpg






by hiroshimapop | 2016-10-05 17:33 | こんなものを買いました | Comments(0)
対馬の赤米アイス
伊勢を巡っているときに、友人の紹介で知り合った佐伯悦子さん。「初めまして」と思ったら、テンプルで主催した『へそ道』に、絵本作家ののぶみさんと一緒に参加して下さってた方でした。

悦子さんは、ただいま映画制作中。伊勢神宮はもとより、全国の神社で古来より続いているお祭りや儀式を記録に残されています(このことはまた別のブログでご紹介します)。

悦子さんが映画の撮影で何度も通っている1つが対馬で赤米神事をされている神社さん。この赤米については、悦子さんが何度かご自身のフェイスブックに投稿されていましたが、それはそれは貴重なお米のようです。

そのご神事米である赤米のを使ったアイスクリームが発売されたそうです!対馬に住んでいなくても、私達のような一般人でも、御神事に使われる赤米のご加護をいただけます!

普段はアイスクリームは勧めない私ですが、こういうことなら大賛成。ぜひ大人買いして下さいませー。テンプルでもさっそくスタッフ全員でいただけるよう大人買いしちゃいました(とはいえ、赤米自体、それほど大量にないので、売り切れになってしまったらゴメンナサイ)。


<対馬の赤米神事と熊本の支援の『酒粕アイスクリーム』発売>
1300年以上続き、日本書紀にも書かれている対馬の赤米神事。赤米神事の赤米は、1300年以上品種改良されていない原種のまま。日本に初めて入ってきたお米と言われています。

3年前に天皇陛下への献穀米に選ばれ、昨年は伊勢神宮にも表彰された素晴らしいお米です。赤米神事が続いてきたからこそ、この赤米の存在が守られてきました。

しかし、会社で仕事をしながら、赤米を広い田んぼで神事のために無報酬で育てることが難しくなり、神事を続けてきた地域の方が徐々に退いていき、10年前から、たった一人の方が、赤米神事を継承しております。
年間13回以上の御神事を旧暦通りに行い、その都度振る舞いをしないといけません。

つまり、赤米神事をやるには、非常にお金がかかるのです。それをもう10年間もお一人で継承され、経済的にも危機的状況になっております。

そんな状況を地域応援協力隊の方が赤米神事の継続のため何とかしたい!と思って、完成したのが、こちらの「赤米酒粕アイス」です!!!!!

神事に使われる赤米でお酒を醸した時にできる酒粕を贅沢につかったアイス!!!これがめちゃくちゃ美味しいのです。美味しすぎて、わたしは3個連続で食べちゃいました✨

アイス好きの、アイス王の私としては、この赤米酒粕アイスは、今まで食べたアイスの中でNo.1の美味さです。もう、ハーゲンダッツの味をはるかに超える美味しさです!このアイスを1個買うごとに、赤米神事へ50円寄付されるシステムです!お中元にも発送してくださいます。

また、赤米だけでなく、そばの原種である、対馬のそばである対州そばを使ったアイス、対馬産ブルーベリーをこれでもか!と入れた、スムージーみたいなアイス、対馬のびわを入れたビワアイス、もあります。ミックスで、お送りすることも可能です。

また、製造は熊本の工場で作っているので、熊本の応援にもなっちゃうという二重にも三重にも幸せが循環するアイスです✨

ぜひ、赤米酒粕アイスを食べて、この国の宝をみんなで守りましょう!よろしくおねがいしまーす。

なお、わたしの映画でも対馬の赤米神事を2年間追いかけました!本来、赤米神事の赤米は、神事に関わるもの以外は決して口にしてはいけない門外不出の貴重な御米。

しかし、神事存続の危機的状況の中、そんなことを言っていられなくなりました!

みなさまには、幻の赤米神事の赤米を口にして頂けるチャンスです!
みなさん、赤米神事存続の危機を御助けください!そして、熊本も助けましょう!

皆様、ご協力お願いいたします!



赤米を使った酒かすアイスのご注文はこちらから

c0125114_16493060.jpg

by hiroshimapop | 2016-08-20 07:28 | こんなものを買いました | Comments(0)
折り鶴カップ&ソーサー
伊勢に移り住んで、伊勢神宮や日本各地の神社で古くから続いている御神事を撮影し続けている友人から、こんなメッセージが届きました。
『伊勢志摩サミット開催まで、あと100日を切りました。
伊勢志摩サミットでは、G7の各国首脳が集まり、これからの世界について、真剣な話し合いがされます。 緊迫した世界情勢の話し合いの際に、すこしでも平和への対話が進むように 「生きとし 生けるものが 幸せでありますように」と祈りの言霊の入った、平和へのメッセージをデザインしたコーヒーカップ&ソーサーで、首脳たちにお茶を飲んでいただき、それをプレゼントしよう!というプロジェクトが、伊勢で立ち上がりました。

デザインは、書家で詩人でアーティストの小林勇輝さんの作品です。 「生きとし 生けるものが 幸せでありますように」という文字が折り鶴の形を成し、稲穂の篆書の文字が入ったデザインです。

カップを作るには、100個単位で発注しなければいけず、制作費は1客12000円なので、合計で120万円必要です。 このプロジェクトを成功させるために、どうか皆様のお力を貸してください』


早速、寄付を呼び掛けるクラウドサイトに行ってみました。
そこには、このプロジェクトの意図と、カップ&ソーサーをデザインした作家の想いが書かれていました。
今年のサミットが伊勢志摩で開かれることには何かしらの意味があると思っておりましたが、同時期にフランスのテロの事件のニュースを知り、さらに平和とは何か、どうすれば平和へとつながるのかということを真剣に考えました。作家は作品で訴えてゆくことしかできません。しかし、それこそが世界に対する志事のひとつであると思っています。それは蝶のはばたきほどの小さな小さな力かもしれませんが、その平和への小さな祈りがやがて大きな平和へのうねりとなるようにとの想いからいくつかの言葉が生まれました。

「ホシハイマ 大イナル日ニ極マリテ セカイヲ救ウ ヒトツナギノ和」
「平和への 小さないのり 風となり 大きなうねり 歴史動かす人類の 意識のしんか 世界から 争いのひの とわにきえたひ」
「無垢で小さい ぼくのては 未来をまもる かのうせい  無垢にかがやく すいしょうの わたしのひとみ なかよしな  けしきをいっぱい うつしたい  こころふるえる はじまりの  はじまりはじまり  あたらしい きせきのとびら いまひらく」

これらの言葉は、世界のどこかの誰かが真剣に平和を祈るイメージが切り取られて生まれてきた言葉や、これから生まれてくるいのちの視点に立って、未来へ平和のバトンを渡したいとの思いから生まれてきた言葉です。

しかし、真摯に平和を祈る言葉として、もの足りなさや、言葉かずの多さを感じておりました。ある方にお会いして、お話を伺い、感じていたもの足りなさのひとつに気付かされました。それは、ひとという視点からだけで切り取られていた言葉であったからです。平和という状態を生み出している、ひと以外のもの全てへも「当たり前」ではなく「有り難い」という感謝を感じ、今だけではなく、過去、現在、未来、とつながる全てにも感謝できたとき、今回の作品の言葉は、私が詠んだ詩ではなく、いままで祈られてきた、そしてこれからも祈られてゆくであろう、普遍的な言葉から選びたいと思うようになりました。そしてたどり着いたのが

『生キトシ生ケルモノガ幸セデ在リマスヨウニ』という言葉でした。

そしてこの言葉を何枚も何枚も紡ぎ、何百枚、そして一千枚を越えるほど書き重ねることで、平和を祈る折り鶴のカタチへと結晶させてゆきました。 (以下略)

友人のメールにはこうも書かれていました。
陶器ブランドの「ナルミ」が製作するのですが、その工場が伊勢の伊雑宮の近くにあるんです。このカップには、有りえない、ある神仕掛けが完璧に幾重にも入っている、鳥肌もののカップです。

そのいったんは、このプロジェクトを呼び掛けるサイトでも垣間見ることができます。
ご参拝に行かれた方はよくご存じですよね、伊雑宮、ご神気あふれるお宮です。その近くで作られるなんてなんとも有難い!

様々な想いと祈りが込められたこの折り鶴カップ&ソーサー。

4月8日までに120万円が集まれば、いよいよ制作が始まります。各国首脳に手渡されるこの折り鶴のカップ&ソーサーを注文しておけば、同じものが、後日、自宅に届きます。

ですから、寄付というより、このプロジェクトにご賛同して、事前に折り鶴カップ&ソーサーを注文しておく、という感じでしょうか。

実は今日、私は、ずっと使っていた古いマグカップにサヨナラしようしていたところでした。
店先で見つけて可愛いなぁと買ってきたものや、人からいただいて集まっていたものなんですが、カップのサイズも色もテイストも全てバラバラ。そろそろ品質のいいものに買い替えようと思っていたら、このお知らせ。

いいタイミングだなと、私もさっそく2客注文させていただきました(広島県人は、折り鶴にももれなく反応する)。

春先、ちょうどそんな気持ちになっていた方は是非。

クラウドファンドなので、事前登録が必要だったりと、ひと手間必要ですが、
「五穀豊穣」の印である稲穂と、「生キトシ生ケルモノガ幸デ在リマスヨウニ」と世界の安寧を願う折り鶴と、太陽の光とで出来上がる世界が、このカップ&ソーサーでお茶を飲むたびに立ち上がってきますよ。

クラウドファンドへの登録(注文)はこちら
c0125114_14482446.jpg

by hiroshimapop | 2016-02-21 14:58 | こんなものを買いました | Comments(0)
浴衣の仕立て直しできる方はいませんか?
誕生日に友人が浴衣をプレゼントしてくれました。
自分でお店に行ったらおそらく選ばない可愛い柄なので、かえって新鮮で嬉しくいただきました。

が、なんせ5号サイズの身の上。
たとえば、旅館の浴衣はダボダボ。お父さんの浴衣を着ている子ども状態。標準サイズは浴衣といえども、裾がグルグル巻きになってしまいます。

東京横浜エリアにお住まいの方で、浴衣の仕立て直しできます!という方がいらしたらぜひお願いします。どこかで直接お会いして手渡しでお願いしたいので、近所の方だと嬉しいです。仕立て直しの費用もあわせて教えて下さい。
by hiroshimapop | 2015-07-10 15:40 | こんなものを買いました | Comments(0)
ベジドレを大人買いしてしまいました
これからの季節、サラダが美味しい。

ケイシースタイルの食事は、昼は大量の生野菜、夜はたっぷりの温野菜と、全体の割合からしても野菜率はとても高い。ケイシーでの主食は炭水化物(ゴハンや麺類)ではなく野菜。1に野菜、2に野菜、3.4がなくて5も野菜ですから…。

人参やセロリをスティックにしてポリポリ食べるのも美味しいですが、ロメインレタスやパクチー、小松菜や人参でボリュームたっぷりの野菜サラダをつくると、やはり欲しくなるのはドレッシング。オリーブオイルにレモン、少しの塩コショウをかけたり、すりおろしの人参を使ったりとドレッシングの工夫をしても、毎日となると、手軽に使える市販のドレッシングの存在はありがたい。

でもスーパーで売っているほとんどのドレッシングは、裏のラベルを読み始めると購入できるのは皆無。油の品質が分からないし(大手メーカーのドレッシングは確実にサラダ油などの精製油が主原料なのですでにNG)、砂糖や果糖ブドウ糖液糖、アミノ酸や増粘剤が使われている。
例えば、某社のイタリアンドレッシングの原材料
醸造酢、食用植物油脂、ぶどう糖果糖液糖、食塩、こしょう、調味料(アミノ酸等)、乾燥たまねぎ、オニオンエキス、増粘剤(キサンタンガム)、チキンエキス、乾燥ピーマン、乾燥パセリ、香辛料抽出物、(原材料の一部に大豆を含む)

ノンオイルドレッシングの原材料
醸造酢、しょうゆ、米発酵調味料、食塩、調味料(アミノ酸等)、梅肉、かつお節エキス、レモン果汁、オニオンエキス、香料、塩蔵青じそ、酵母エキスパウダー、甘味料(スクラロース)、香辛料

自然食スーパーに行けば、素材にこだわったドレッシングは見つかるものの、値段的にはちょっとお高いものが多く、毎回は買いにくい。

・・・と思っていたら、こんなドレッシングを見つけました。

ベジドレといいます。
例えば人参ドレッシングの原材料
人参、食用菜種油(遺伝子組み替えでは無い、低温圧搾油)、天然醸造酢、玉葱、オレンジ果汁、蜂蜜、醤油、塩

ごまドレッシングの原材料
たまねぎ、食用菜種油(遺伝子組み替えでは無い、低温圧搾油)、ごま、天然醸造酢、オレンジ果汁、蜂蜜、天然醸造醤油、塩


『ベジドレ』はこんなドレッシングです!
 ●原材料の半分以上が野菜と果物でできた非加熱の生ドレッシングです。
 ●合成保存料、合成着色料、化学調味料のほか、増粘剤などの添加物はすべて不使用。天然の素材だけで仕上げています。
 ●素材や製法にこだわった調味料を使い、材料となる野菜や果物は生産者を訪ね、栽培方法を確認しています。


スーパーで売っている市販のドレッシングより賞味期限が短めのようですが、吟味された原材料でこの値段はリーズナブルだと思います。最近、ごまドレッシングが新たに加わったので、ごま味好きの私はうれしい。春に大人買いしすぎて、実はまだ冷蔵庫にはベジドレが数本並んでます。次回はごま味をゲットの予定。バジルのドレッシングは十割そばに合うそうなので、今度試してみます。

店頭ではなかなか見つからないと思うので、通販でゲットしてください(メーカーさんの回し者ではないですよ。私も単なる消費者です・・・)。


by hiroshimapop | 2015-07-01 18:24 | こんなものを買いました | Comments(0)
重ね履きソックス
家に帰ると、真っ先に履いていたソックスを脱ぐ、というくらい裸足好きなんですが、先日の飛鳥イベントのときにずっとご一緒だったアルデバランの中村さんに、女性は下半身を温めるのはとても大事、ソックスの重ね履きはいいよ~とお勧めいただいて、買ってしまいました。重ね履きソックスセット。自宅用と会社用に2セット!

なんでも、ソックスを重ね履きしていると、人生が変わるらしい・・・? ホンマか・・・? よく分からないので、裸足好きではありますが、試してみます。

一番内側に履いているシルクのソックスが毒素を吸着して、次のコットンがその毒素を吸着するので一番内側のソックスはそれほど汚れないと聞きましたが、それも不思議です。
c0125114_1039134.jpg


スタッフに聞いたら、夜、寝ている間も重ね履きソックスをはいていたほうがいいらしいんですが、寝ている間はやっぱり素足が好きなので、とりあえず会社にいる間と自宅でゴロゴロしている時は、ソックスの重ね履き、やってみます。

薄手なので、4枚履いてもそんなに厚い感じはありません。8枚履いたらさらにいいらしいですが、とりあえず4枚からスタート。

私の人生(もしくは人生観)変わったら、テンプルでも登場するかも。まずは実験台。
c0125114_10392487.jpg

by hiroshimapop | 2014-10-25 10:50 | こんなものを買いました | Comments(4)
タローデパリのタロット
昨日、友人に誘われて、タローデパリというユニークなタロット講座に参加してきました。

タローデパリは、創設者であるフィリップさんがパリの空港についたとたん、宇宙からダウンロードされた『壮大なビジョン』がもとになってできたタロットだそうで、私たちがよく知る普通のタロットとはカードやコンセプト、使い方まるで違います。

フィリップさん曰く、そのビジョンのダウンロードはたった3分で終わったけど、それを形にするまで21年かかったとか。その21年の歳月をかけて、こんな特徴のあるタロットになりました(以下WEBから転記)。

【1】誰もが簡単に使いこなせます。
【2】見るだけで思考を解放し、想像力を呼び覚ます美しいタロットです。
【3】 タロー・デ・パリには癒しのシステムが組み込まれています。
 自然の要素「地・火・水・風」を用いて、光をモチーフに視覚化へアプローチします。
【4】過去や未来にとらわれすぎてがんじがらめになっている思考を解き放ち、「今」に100%存在することができます。
【5】 フォーカスは「今」現在のみにあります。「今」にいるからこそ未来を選択できるのです。
【6】 現代人が失いかけている「スピリット(魂)」を本来の状態に戻していきます。
【7】タロー・デ・パリはカード1枚1枚を無意識への「窓」・「扉」としてイメージで表現しています。
【8】タロー・デ・パリは「意識」と「無意識」の架け橋となります。
【9】タロー・デ・パリは独自の数字システムが組み込まれており、カード全てを循環としてとらえそのシステムは人生の流れを象徴しています。
【10】タロット自体に神秘やミステリーを持たせていません。 


人生が22年周期で巡っている、その22年は11年と11年に分けることができる、という考え方もタローデパリのユニークなところ。
c0125114_228198.jpg


考えてみれば、22年前、29才の時というのは、ずっと派遣社員だったのを会社勤めに変えたり、エドガー・ケイシー財団へのツアーに参加して、ケイシーと深く関わるようになった頃。そのため、生活だけではなく、人間関係も人生も大きくシフトし始めたのが29才、30才あたり。

今年の誕生日以降、私が通り抜けているエネルギーはタローデパリでいうところの「13」の1年(変化・大変容)ですから、まさに!ビンゴ!という感じです(←生年月日を全部足して出た数字を基準にして、今自分がどこにいるかを把握していきます)。

22年前の同じ「13」の1年の変化が大きかったことを考えると、これから次の誕生日までに起こるであろう新たな変化、変容に、今から心の準備をしておかなければって感じです。

そして、私の友人はただいま「15」真っ最中。
15、16は、どういう数字かというと、フィリップさん曰く『宇宙の洗車』の年なんだそう。

メモに残した「15」の1年の特徴
摩擦が生まれやすい、エネルギーの制限を感じる、これまで長く我慢してきたことが抑圧と感じられてくる、「我慢」をもはや心の容器に溜めておけなくなり、その容器のフタが内側からグラグラし動き始める

「16」の1年の特徴
洗車機に洗われているような1年、その洗車の水が流れでていくような感じ。これまで自分が積み上げてきたもの、パターンが崩れ始める
*追記:「16」の時期は削ぎ落としの時。不要なものを削ぎ落とすことで、次に訪れる光が受け取れるようになるんだそうです。そして受け取ったその光を持って、次なる22年間をスタートする。


え~! 
となると、いま私が「13」だから「15」はすぐ。

22年前どうだったかを考えると、たしかに「15」「16」の年あたりは、かなりの激震、命の危機さえあったあたり。13-14は嬉しいけど、その直後に来るのが『宇宙の洗車』の流れかぁ・・・。あれがまたやって来るのか~とかなりビビってますが、その後には『光』の年がスタートすることを見据えながら15-16の年も乗り切らなければ・・・!


昨日のタローデパリ講座では、ラッキーなことに、公開リーディングの最後の一人に当たって、2分ほどの短いリーディングをフィリップさんご自身から受けることができました。それを簡単に紹介すると、いま私は、こんな1年のまっただ中にいるらしいです(「13」だけではなく、他の数字の影響も加味されてます)。
『今年の誕生日前の1年間は、さなぎのように内側の変化があったけど、誕生日以降はその変化が表に出て来はじめる。そして、新しい仲間、新しい関係性を築き始める年。今までの仲間に新しい人が加わったり、あるいは全く新しい人間関係が出来たり・・・。積極的に表に出て、多くの人と関わりながら繋がっていったほうがいい。変化は探したり求めてなくても、向こうからやってきます・・・。』


実は、去年と今年では私自身を取り巻く状況が大きく変わりつつあります。あまりに大きな変化になりそうなので少々怖じ気づいておりまして、抵抗もしていたんですが、それは常に循環している宇宙の流れの1つだと考えれば、もう無駄な抵抗などしないで、流れに乗ってしまったほうが良さそうですね・・・。直後にくる『宇宙の洗車』の2年間に備えて・・・。


タローデパリの創始者であるフィリップさんの奥様は日本人。たまたまこの夏、友人が奥様であるMIKAさんと知りあいだということで紹介してもらい、居酒屋で友人たちと盛り上がったばかり。


昨日講座でお聞きできたのは、タローデパリの簡単な概略だけ。中身については、あまりよく分かりませんが、単にタロットを学ぶだけではなく、宇宙が私たち人に用意してくれているこの地球での体験や学び、人生の流れ、数字に隠された意味やエネルギーなどをカードを通じて感じられそう。

あ~、学びたいことがたくさんありすぎる。

タローデパリのカードはこちら
by hiroshimapop | 2013-11-13 22:30 | こんなものを買いました | Comments(2)
大坂に行ったのでメガネを買ってきました
マークの風水講座で大坂に行った際、帰りにメガネを買ってきました。

行った先は、吹田市の視覚情報センターさん。

いま使っているのは、千葉のとよふく眼鏡さんで作ったもの。でも、1つしかないので、バッグに入れ忘れたり、会社に忘れたりすると、不便なことこの上なし。それに、このメガネを作ったときは、朝、起き抜けにパソコンや本を見ると、文字が読みにくいなぁと感じる程度だったものが、この2年で一気に視力低下が進み、今では、活字を読むときにはメガネ無しでは文字が読めない・・・。

iPhoneのテキストメールも裸眼では読めなくなったので、携帯メールが届くたびにメガネ、メガネ・・・。食品の裏ラベルを読むためにもメガネ、メガネ・・・・。 メガネは生活の必需品となってしまいました。


そろそろ、今の視力にあった2つめのメガネを作っておきたい。でも、とよふくさんのある佐倉は遠い! メガネをつくるだけで一日仕事になってしまう・・・。

と、イトコの大輔さんにブツブツ言っていたら「大坂に行くんだったら、大坂にもいいメガネ屋さん、あるよ」と教えてくれたのが、視覚情報センターさん。

こちらも、単によく見える、というだけではなく、どういうふうに目を使っているのか、何のために良く見えるようになりたいかを検査して、メガネを作って下さるらしい。

サイトにはこう書かれてあります。

視力矯正検査:見えるかどうか、視力を基準にしたメガネ(普通のメガネ屋さんのメガネ)
  ↓
---眼心体統合検査---
眼を、心や身体と統合し、個人の能力向上や健康をサポートするために行われる視覚検査。 (当店の造語)


検査していただいた結果、私は視界に入ってくるもの全てを理解したい、知りたいと常に思考と直結させながら世界を見ているらしい。こんな目の使い方をしていて、よくこれまで普通に過ごして来られましたね、普通だったら、とっくにいろいろ体調不良を抱えていたでしょう、とも(大難が小難になったのは、ケイシー療法を実践していたおかげでしょうかね)。

え?そんなこと全然思いながら世の中見てないのに・・・と本人としてはちょっと抗弁もしたくなったわけですが、よく考えてみれば、思い当たることいろいろ。

例えば、整体に行くたびに、全然頭脳労働してないのに「脳の使いすぎ」「もっと頭を休めたほうがいいよ」と言われていたのは、この目の使い方が原因だったのかも、とか、すでに慢性化して、こっている自覚さえ無いほどのひどい肩こりも、目を使い方に問題があったのかも、とか・・・。


実は大坂からメガネが届いたのは、もう10日以上も前・・・。

ところが、使い始めてみると、あまりにこれまで使っていたメガネと視界が変わるので、最初の日はめまいを起こし、2日目もかけたとたんに、気分が悪くなったので、しばらくほったらかしてました。

新しく作ったのにもったいない・・・とお店に電話して相談したところ、これまでの目の使い方から、新しい目の使い方に移行するまでの期間、そういうことは、よく起こるらしい。

ようやく使用開始3日目にして、新しいメガネに慣れてきました。

でも、新しいレンズで見るほうが確実に脳は楽ですよ・・・ということで、このメガネを使っていたら、もう「脳の使いすぎ」って言われなくなるかもね。

だって、普段、なーんも考えず過ごしているんですから。

c0125114_13514876.jpg

by hiroshimapop | 2013-06-08 14:46 | こんなものを買いました | Comments(1)
美しい洋服ダンスを目指します!
今日で風水コンサルタント、マークの全てのスケジュールが終了し、明日マークはカナダへの機上の人となります。

今回は約3週間弱、マークと一緒。
一般向けのセミナーが2つ。風水コンサルタントの養成を兼ねたアドバンスクラスが3つ。そしてアドバンスクラスの生徒さん向けの実地研修が1つ。マークが提唱している風水はシンプルだけど奥深い。今回は私はアドバンスクラス中はずっと別室で仕事をしていたので、ほとんどまともには聞いていないものの、それでもモレ聞こえてくる話はどれも目からウロコなトピックが満載。

家の有り様は、ここまで住んでいる人の有り様を写し出しているの?と怖いくらい。2日間の講座だけでも驚きだったでしょうが、アドバンスクラスに来たらビックリしますよ。家のすみずみが、その人の心と身体と魂の有り様を翻訳してくれてるみたいに分かりやすく教えてくれてるんですから。


さて、毎回強烈な印象と実感を残してくれるマークの風水講座。
マークは本棚にしろ棚やクローゼット、物置にしろ収納にはモノを入れるのは7割くらいにして、空いたスペースは必ず残しておくことをクチを酸っぱくして言ってます。新しいエネルギー、新しい流れが入ってくるための「スペースを空けておく」ためで、これは断捨離のやましたひでこさんもおっしゃっています。

洋服ダンスも、マーク自身は洋服ダンスに掛けておくハンガーの数をあらかじめ決めておき、1枚洋服を購入したら今の洋服から1枚抜く。洋服ダンスにかかっている服の数は常に一定数。ハンガーも統一して、クローゼットを開けたとき洋服がいつも美しく並んでいます・・・。


実はこの習慣、もとはと言えば彼がコンサルをしたクライアントさんの習慣だったもの。その女性、いつもスタイリッシュで美しいのに、コンサルに自宅に行ってみたら洋服ダンスの中にかかっていた服の数が他の人に比べとても少なく、「1枚買ったら1枚は処分」の習慣を持っていたんだそう。

彼女の美しさに常々感心していたマーク。洋服の数がこんなに少ないのにオシャレな印象を人に与えていたことに感動して、彼女の習慣を自分も真似始めたんだとか。

マーク、日本にお気に入りのブランドがあり、おそらく今回もたくさん洋服を買って帰ると思いますが、帰国したら買った枚数分は処分。もちろんすぐにゴミ箱に捨てるってことじゃなく、バザーに出すとか人にあげるとか。ともかくも、この習慣はすごくいいよと今回何度も言っておりました。


この習慣が素晴らしいなぁ・・・と思うのは
*自分の洋服ダンスの中にどんな服が入っているか常に把握できる
*把握しているので同じようなテイストのものを買ったり、衝動買いがなくなる
*買い物するたびに優先順位を決めるのでタンスの中には「お気に入り」しかない

そして何より自分の洋服ダンスのすみずみにまで自分の意識が届いているので、自分の洋服と仲良し。エネルギー交換ができている。


このエピソードを聞いたうえで、私自身の洋服ダンスの中を見直してみれば、衝動買いの山。
もともとサイズが小さいこともあり「運良く見つけたら(特にセールで)、まずは買っておいてあとで考える」なんてことをしてきた結果、買ったのに一度も袖を通してない洋服が何枚も・・・。あるいは去年はよく着ていたけど、今年は持っていたことさえ忘れていたものが数枚・・・。

洋服って、その時気に入ってるものを洗っては着、洗っては着で、結局同じものばかり着てしまうので、シーズンが終わってみれば着たのは数枚だけだったってこと多いんですよね~。

だから私もマークの真似をすることにしました。

さっそく先日アドバンスの生徒さんとIKEAに行ったとき、8本セットを4つ、合計32本のハンガーを購入。数的にはもうちょっと欲しかったけど、あと8本は重くて持てなかったので、まずはこの32本でスタート。

洋服ダンスを美しく整理するには、使うハンガーも統一したほうがいいそうなので、いま使っているクリーニング店の黒いプラスチックハンガーは処分。全て新しい木製のハンガーにして、持っている洋服全てを見直し、美しい洋服ダンス、お気に入りだけが入っているタンスを目指すのだ!

とはいえ、来週末まで、ほとんど自宅にいないので、実行に移すのは11月に入ってからになりますが、その後どうだったかまたご報告しますね~。


余談ですが、このマークの習慣、モノの多さと片づけに悩んでいた約10人の方に早速ご紹介したら、反応は3つ。


1)「そんなの絶対無理!」と聞いたとたんに宣言する人
2)「なるほどね~」と感心はする人
3)「やってみる」とすぐに反応した人

私自身は、5月の講座のときには2番。そして今回は3番です。

2番は1番よりはマシですが、とはいえ、実際に行動しないかぎり、洋服ダンスはいつまでたってもずっと同じまま。

ここ数年、削ぎ落とす快感を感じながらも、洋服は手つかずだったので、ここでエイっと行動に移して、限られた数の洋服しか持たない感覚、自分で感じて味わってみます。
by hiroshimapop | 2012-10-18 20:55 | こんなものを買いました | Comments(6)
シトラス・ジューサー便利!
20代の頃から、私は半分冗談ながら、こう言っていました。
「私にも結婚したくなる瞬間がいくつかある。1つは瓶詰めのフタが開かなかったとき、1つは天井の電球が替えられなかったとき」

これに最近、もう1つ、新しい項目が加わっておりました。
「大きめの柑橘をジュースにするのに疲れたとき」

このジュースというのは、切り込みが入ったドーム状のレモン絞りに柑橘系の果物をギューと押しつけて絞って作るジュースのこと。

ケイシーは柑橘系の果物を勧めることがとても多いのと、グリーンスムージーに私はレモン果汁を入れているので、我が家では、レモン絞りは常に流しの水切りの上。柑橘系の果物は1年中、何か美味しい旬のものが出回るので、朝は柑橘系の果物の登場率がとても高い。

ただ、それでなくとも慌ただしい朝。ゆっくり優雅に食べている時間はとてもないので、ジュースにして飲むことが多いんですが、力がないので、ジュース絞りには時間と力が必要。もう1ヶ絞りたいなぁと思っても、腕が疲れてしまって1~2ヶ絞って終わることも。

ジュースを絞ってくれる力持ちがいない我が家には、贅沢だけど、外国みたいに柑橘専用のジューサーが欲しいなぁと思っていた先日、見つけました。amazonでお買い得なシトラスジューサーを。お値段、なんと980円!(さっき見たら1481円になってました。時々値段が変わるのね) あまりに興奮して注文したためか、届いてみればamazonの箱の中にシトラスジューサーが2つも入っている。間違えて2ヶも注文してました。

が、会社に1ヶ、自宅に1ヶあってもいいなと、早速自宅で使用開始。

見た目はとてもチャチイです。色も素材のプラスチックも見るからに安っぽい。でも、けっこう使えます。洗うのも簡単。

ジューシーな小ぶりの柑橘はすぐに。ハッサクや夏みかんで水分の少なそうな柑橘でも、自力で絞るよりはとっても楽。おかげで届いてから、毎朝、サマーフレッシュとセミノールのジュース。

自力で柑橘ジュースを作るのに疲れてため息ついてましたが、たった980円で解決。これでまた縁遠くなってしまいました~。

*追記:値段チェックしたら、また値上がりしてました(980円で買えたのはラッキーでした!)。
今は、こっちのジューサーのほうが安いです。


c0125114_1264091.jpg



ちょっと前から、私は三重県南牟婁郡の寺西農園さんにまとめて柑橘類を注文させていただいています。先日も無農薬のセミノールとサマーフレッシュが届いたばかり。この2週間だけで20Kgも注文してしまいました(もう、無農薬のものはないかも)。 美味しいうえに低農薬、無農薬、有機のものが中心なので、とっても安心。お値段もスーパーで購入するより安いので、柑橘好きの方は、お薦めです。注文先は → tamakiku@zc.ztv.ne.jp
by hiroshimapop | 2012-05-18 01:41 | こんなものを買いました | Comments(0)