毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

カテゴリ:セミナー・舞台情報( 165 )
赤塚高仁さんの『聖なる約束』(11月1日、11月15日)
今週末、パシフィコ横浜で開催される船井のSAKIGAKEに、先日お亡くなりになった江本勝さんの代役として、急遽、赤塚高仁さんがつとめられることになりました。赤塚さんの講演会は、テンプルでも過去3回主催させていただいています。

登壇は11月1日朝10時20分から大ホールにて。タイムテーブルでは船井勝仁さんのお名前が書かれている枠です。おそらくテーマは、船井勝仁さんと共著で出される『聖なる約束』のことになるでしょう。本も先行販売されるそうですよ。

この日は、私は桐島ノエルさんのクンダリーニヨガの講座がスタートするので、さすがに10時20分にパシフィコには行けませんが、お時間がある方はぜひ。赤塚さん、生来の語り部ですから・・・。

ついでにいうと、この日は、大ホールだけでも、午後からはKan.さん、増川いづみ博士、そして夜は岩崎靖子さんが監督した『日本一幸せな従業員をつくる』の映画上映と続く、座っているだけで自動的に濃い1日になります・・・。

ノエルさんのヨガに参加しないけど、予定は空いているという方はご検討下さいね。チケットはローソンなどでも購入できるそうです。



そして、その船井さんとの共著『聖なる約束』の出版記念講演会が、11月15日の午後、京都であります。

先日入稿前の原稿を一部読ませていただいたのですが、背筋を伸ばし正座をして読みたくなるような内容で、この時代に日本人として生まれて来た意味を問われている気がしました。

お二人の魂が揺さぶられるお話の後には、魂に響く鬼太鼓座のライブもあります。ブログに時々登場する、不思議の伊奈さんによると、この日、赤塚さんはパウロから魂のメッセージをもらうらしい・・・。42才のとき、赤塚さんはシリアはダマスカスでパウロの声を聴くという霊的体験をされていますが、その後、地道に魂の旅を続けてきた赤塚さんに、パウロから、どんなメッセージがあるのでしょう?


講演会の詳細はこちらをクリック。私も駆けつける予定にしています。会場で見かけたら声をかけて下さいねー。
by hiroshimapop | 2014-10-28 10:55 | セミナー・舞台情報 | Comments(2)
玄海竜二さんの大衆演劇in大阪新世界
2014年8月5日の正午、大阪新世界。通天閣のすぐ近く。なんやらよく分からないままに津の赤塚さんに招集を受け、集まったのは日本中で洗顔洗心の講師をされている今野華都子先生、断捨離のやましたひでこ女史をはじめとする12名。大野勝彦先生と一緒に玄海竜二さんの大衆演劇を見るという、ただそのためだけに。
c0125114_23154753.jpg


かくいう私も赤津さんの招集を受けた一人。せっかく大阪に行くならと、ときどきお世話になっている整体を受けてから新世界に行こうと、早朝4時起きで始発の飛行機で大阪に。やましたひでこさんは真夜中まで執筆をし、1時間ほど仮眠をとっただけで早朝の新幹線に。そして今野華都子先生は年内は1日も休みがないというスケジュールをやりくりして1日だけの休みを捻出して大阪に…。
c0125114_23145047.jpg


集結したこのメンバーのこのフットワークの軽さはマジで驚異的! 忙しいを絵に描いたような人達を集結させた赤塚さんは凄いわ。

そして、生まれて初めて足を踏み入れる大衆演劇の芝居小屋。周りは串カツや立ち飲み、立ち食いの食堂が立ち並ぶ、これぞThe大阪!

そして約3時間の歌あり踊りあり芝居ありの舞台の前売りチケット代はなんと1000円!それに座布団レンタル代200円を加えても合計1200円也! 飛行機代とホテル代使って見にきた舞台のチケット代が1000円ってすごいなぁ。

玄海竜二さんの舞台を見るのはもちろんこれが初めて。美しい、色っぽい、華がある、そして上手い! 舞台がはねたあと、やましたひでこさんに『私たちにはあの色っぽさは無いわね』と言われてしまいましたが、見習わなくてはあの色気・・・。練習します!(はて、どうやって?)


c0125114_23213462.jpg

                  こちらが玄海さん
c0125114_23215486.jpg
c0125114_23221131.jpg


いつもは九州を拠点に活動をされており、数年前に腰を痛められたこともあって、大阪で1か月も続くような公演されるのはもしかしたら今回が最後かもしれない、腰に爆弾を抱えている身で毎回毎回、命がけで舞台をされているんだ、東京で公演をやったら歌舞伎役者がお忍びで見に来るほどなんだ玄海さんの舞台は…とは赤塚さんの弁。あまりに熱く語るので、そんなに小屋に通っているのかと思ったら赤塚さんも玄海さんの舞台を見るのは2回目だって。さすが、弁が立ちます、赤塚さん。


余談ですが、舞台が終わったあと、寄ったホテルのラウンジで飲んだグリーンジュースの値段が1200円。この1杯のジュースのほうが、あの玄海さんの熱演3時間より高いんだとしみじみ…。

これからは1000円は一玄海、2000円は二玄海と言ってみようかしら。1000円があの3時間に匹敵すると想像したら1000円はもうただの1000円ではなくなる。重いなぁ、あの1000円。

(ちなみに今回の芝居小屋の座席数は190だから、たとえ満席になっても一公演の売り上げは19万円。小屋の代金払って役者の日当払ったらいくら残るんだろう? 経営者視線からみるとチケット代を一人1500円に値上げすれば自動的に売り上げは1.5倍になるし、それでもまだ安いと思うけど、1公演1000円というのが、おばちゃん、おじちゃんたちが気軽に見に来れて、そして大衆演劇が続けられるぎりぎりの線なんでしょうねぇ)。

c0125114_23313944.jpg

c0125114_2332158.jpg


玄海さんの公演は8月30日まで続きます。場所は浪速クラブ。当日10時頃に行けばその日のチケットは購入できるようなので、関西在住の方は是非! そこは普段とは全く違うアナザワールド…

あ、一緒にいった不思議系の人が、玄海さんの踊りのときに、龍神が降りてきていたねと。私には全然わかりませんでしたが、昨日は舞台にも客席にも龍神様エネルギーが注入されパワーアップしていたのかも。
by hiroshimapop | 2014-08-06 23:44 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)
エハン塾(東京)のすゝめ
6月のスコットランドツアー中、各地でトリビアを披露して下さったエハン・デラヴィーさん。この7月から東京でエハン塾という塾を始められたというので、日曜日、旅の仲間と参加してきました。

金曜日の奥谷さんの話でもそう感じましたが、今日エハンさんの話を聞いていると、私たち日本人は、いかに狭い枠のなかで自分と自分の身の廻りのことにしか興味を示すことなく、また他の可能性を考えることなく生きているのかと愕然としてしまいます。

エハンさんは子供の頃から新しい情報に接すると『それは本当のことか』『それに反証はあるのか』という疑問形で物事を見ていたそうです。テレビや雑誌、あるは親や先生の話であってもすぐには信用しない。それはホントか?と、まず別の視点や背景を考えてみる。そして質問をしてみる。学校の先生にとっては質問ばかりする扱いにくい生徒だったようですが、そのMr.質問くんだったエハンさんの物事の追求の仕方は半端ではなさそうです。


日曜日のエハン塾で聞いた、私にとってはトリビアだったことを1つシェアします。

アメリカのゴア元副大統領が世界中で講演して廻った『不都合な真実』。本や映画にもなりました。地球温暖化は二酸化炭素(Co2)の排出量増加と明らかな因果関係があり、これ以上地球の平均気温が上昇してしまうと異常気象が続いたり、世界中の氷河が解けて世界は水没してしまう。ゆえに我々はCo2排出削減を個人レベルでも国家レベルでも取り組まなければならない。そんな主張だったかと思います。

私も、世界中の科学者が地球温暖化はCo2の増加が原因だと言っているし、きっとそうなんだろう、くらいにしか考えていませんでした。地球規模のことですから、私一人が考えても仕方ない、という思いもあり・・・。

ある人から空気中に0.04%しか含まれないCo2の増減がそれほど気象に影響を与えているんだろうか?と疑問を投げかけられつつも、ゴアさんによると、気温上昇のグラフとCo2の排出量増加のグラフは一致しているらしい、そして現実にこの何十年間で世界中の氷河や万年雪が解け始めている。だったら、0.04しか含まれてないCo2が要因の1つになってるんじゃないかなぁと、まぁ、どっちつかずで曖昧なまま、そして個人的にはCo2削減努力もすることなく数年を過ごしておりました。

エハンさん曰く、このCo2増加と地球温暖化の問題は科学者や気象学者の間ではとっくにフェイドアウトしており、現在は極端に暑かったり極端に寒かったりという気候変動や異常気象という問題にいつのまにかトピックは移行しているそうなんです。

Co2増加と気温上昇もリンクしなくなってきている。つまり現在も世界中のCo2 が上がり続けているけれど、ある時期から気温の上昇は横ばいになり、上昇はしていない・・・。そして地球温暖化ではなく、全体的には氷河期に入りつつある…(かもしれない)。

*しかし、いまだに飛行機に乗ると、飛行運賃の実に4.2%が炭素税(地球温暖化を阻止するためにCo2削減を目的として徴収されている)として課税されているという不可思議…。


ということは、ここから何が見えてくるかというと、地球温暖化を訴えることによって巨万の富を得ている企業が生まれた、Ecoというビジネスを自分たちで作り上げたということ。

経済、利益優先、ビジネスチャンスというキーワードを入れると、日本から原発が無くならないのも、世界でいつも紛争がぼっ発しているのも、アメリカが10年ごとくらいに戦争をしたがるのも、その理由がなんとなく見えてきます。

Mr.ゴアさん。映画を見て私は大感動したんですけどねー。今は何をされているのでしょう・・・?


もう1つ・・・
エハンさんは、リモートビューイングの講師でもあるんですが、そのせいか、次の時代の匂いをキャッチする嗅覚が鋭い。3.11が起きたとき、エハンさんはカナダ在住。時々日本に滞在するという生活だったらしいんですが、3.11の直前、2.29日の表参道、ショッピングにいそしむ人々を見ながら、こんなことを録音メモに吹き込んでいました。『いったいここにいる何人の人が、大変容の時代がもうすぐ来るのを感じているのだろうか』と。

そして3.11の数時間前にはご自身のブログに『今月から本格的な地球の大シフトが知覚できるようになるだろう』と書いています。実際、私たちは激しい地球の大シフトを身体で感じましたよね。

今もなお、大変容まっただなか。

クダラナイテレビ番組と会社のルーティンワークの往復だけの人生を送っている人は、おそらくこのブログを読んでくださっている人のなかにはいないと思いますが、ただ流されている人生から早く一抜けするためにも、エハンさんの最新情報にぜひ触れてみて下さい。昨日のそのほかの話題としては、今のイスラエル情勢、ペルーの古代遺跡などなど…でした。

普段の生活の中では考えたこともないことを考えたり知ったり、あるいは世界の最新情報に触れたりと、なかなか刺激的な1日を送れました。

エハン塾は、この7月の週末(土日)に開催されています。興味がある方はぜひチェックしてみてください。

スケジュールはこちら

c0125114_22374073.jpg

by hiroshimapop | 2014-07-14 22:50 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)
恒例 本棚の本プレゼント
テンプル恒例、本棚の本プレゼントです。


日々増殖しつづけるテンプルの本棚整理にご協力下さいシリーズ。
今回は8つの山に分けました。各山、先着お一人様にお送りさせていただきます。本の内容は、Amazonなどでチェックしてくださいね。
*全て行き先が決まりました。ご応募ありがとうございました。

c0125114_16273995.jpg



★応募方法
読みたい山があった方は、どの本の山が希望なのか(どれか1つに決めて下さい)と、お名前、メールアドレスを非公開コメントでお知らせ下さい。ご住所、電話番号などは、当選した旨のご連絡を差し上げたあとで教えて下さい。 (残念なことに、毎回、メールアドレス書き忘れの方がいらっしゃいます)

送料はこちら負担の宅急便で送ります。ただし、1年以内にテンプルでお買い物をして下さった方(自己申告)優先の先着順です。過去1年間にテンプルで買い物をしたよという方は、それも必ずお書き添え下さいね。
*カバーのない本もあります。それはご容赦下さい。

ブログのコメント欄を確認できない時間帯があります。当選された方にはお知らせいただいたメールあて、月曜日の夜までにはご連絡できるかと思います。どうぞよろしくお願いします。


【エッセイと詩系】
新しい行き先決まりました。矢野カツコ様に送らせていただきます。
上橋菜穂子さん『物語ること、生きること』 おおえまさのりさん『未来への舟』
坂村真民さん『詩人の颯声を聴く』 谷川俊太郎さん『生きる』

上橋ファンとしては、どのようにあのファンタジーが生まれたのか知りたいですよね。そのいったんが書かれています。おおえまさのりさんは八ヶ岳在住で自然農をやりながら執筆活動をされている方です。
c0125114_16282611.jpg



【食系】
新しい行き先決まりました。小倉様に送らせていただきます。
若杉友子さん『長生きしたければ肉を食べるな』 八藤眞さん『水を変えると健康になる』
リズ・ブルボーさん『からだに聞いて食べなさい』 南清貴さん『究極の食』

仕事がら食の本は増え続けます・・・。その一部を今回は整理。
c0125114_16353883.jpg



【読みごたえずっしりスピ系(1)】
新しい行き先決まりました。沖本様に送らせていただきます。
シュタイナー選集『いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか』
デヴィッド・ホーキンズ博士『パワーかフォースか』 七沢賢治先生『言霊はこうして実現する』

シュタイナーの本は、15年くらい前、訳者である高橋巌先生の勉強会に出席するために購入しました。が、難しくて挫折・・・。残る2冊も読みごたえずっしりです。
c0125114_163757100.jpg



【読みごたえずっしりスピ系(2)】
行き先決まりました。佐藤紀子様に送らせていただきます。
ホルガー・ケルシテン著『イエス復活と東方への旅』 辻麻里子さん『宇宙の羅針盤(下)』
エベン・アレグザンダー医師『プルーフ・オブ・ヘヴン』

『イエス復活と・・・』はたま出版の韮澤社長に勧められた本、辻麻里子さんの本は上巻は友人にあげてしまったので、下巻しかありません。上巻はご自身で買って下さい。数字と図形が好きな方はハマルと思います。
c0125114_16443112.jpg



【アナスタシアと天使系】
新しい行き先決まりました。あくつ様に送らせていただきます。
ウラジミール・メグレ著『アナスタシア』 『響きわたるシベリア杉』
エヴリン・ベンス著『天使の証明』

アナスタシアシリーズの1&2が入っているこの山が一番人気なのではと推測しています。ただ、スタッフも、もれなく読んでいるので、本としてはかなり年季が入ってます。少し中古なのはご容赦下さい。
c0125114_16505411.jpg



【自己啓発系】
新しい行き先決まりました。片倉様に送らせていただきます。
チャールズ・デュヒッグ著『習慣の力』 スーザン・スミス・ジョーンズ著『フィットネス・バイブル』
中村俊輔さん『夢をかなえるサッカーノート』 蓮村誠博士『毒を出す部屋 ためる部屋』

この山の中でオススメは『習慣の力』。これはかなり面白い1冊でした。ビジネス書としても秀逸です。中村俊輔さんの本は、サッカールールをよく知らないこともあり、結局読み通せず・・・。
c0125114_16532821.jpg



【ビジネス系】
行き先決まりました。原様に送らせていただきます。
稲森和夫会長『成功への情熱』  マダム・ホー著『世界一愚かなお金持ち、日本人』
高橋朗さん『黄金のおにぎり』 小阪裕司さん『失われた売上げを探せ!』

ビジネス本いろいろ。マダム・ホーさんの本は結局未読のまま。
c0125114_171255.jpg



【旅に行こう系】
行き先決まりました。川村様に送らせていただきます。
坂本政道さん『ベールを脱いだ日本古代史』 司馬遼太郎さん『街道をゆく 壱岐・対馬の旅』
鏡リュウジさん『京都&イギリスパワースポット巡礼』 ヒサクニヒコさん『サファリへ行こう』

坂本さんの本以外は旅行に行くために購入したもの。対馬・壱岐はまだ訪れていないのですが、2000年前くらいに住んでいたことがある、と言われたこともあり、いつか訪れたい地です・・・。
c0125114_1743824.jpg



お申込、お待ちしています!
by hiroshimapop | 2014-06-28 17:30 | セミナー・舞台情報 | Comments(21)
7月にマイケルさん再来日!セッション受けられますよ~!
ソマティック・エナジェティクス(SE)のマイケルさんが7月初旬に来日し、SEのグループセッションやトレーニングセミナーを開催されます。

マイケルさんについて書いた昨年12月のブログ

主催の由紀さんがマイケルさんのインタビュー動画を作られました。興味深いインタビューです。ぜひご覧下さい。

このインタビューをみたら、マイケルさんに直接会ったり、グループセッション受けたくなること間違いなし!


                    ソマティック・エナジェティクスとは何か?


                          セッションで体験したこと


  マイケルさんのプロフィール



グループセッションは、すでに週末分は満席で、平日分のみ少し空きがある状態だそうです。
以下、グループセッションのスケジュール(1セッション2時間/子どものセッション枠は1時間)。

グループセッション
7/7(月) 
グループD 09:30受付 10:00-12:00
グループE 13:45受付 14:15-16:15
グループF 17:15受付 17:45-18:45(Kid’s)

7/8(火) 
グループG 09:30受付 10:00-12:00
グループH 13:45受付 14:15-16:15
グループI 17:15受付 17:45-18:45(Kid’s)

7/9(水) 
グループJ 09:30受付 10:00-12:00
グループK 13:45受付 14:15-16:15

7/11(金) 
グループL 09:30受付 10:00-12:00
(生徒合同懇親ランチ会     -13:30)
(生徒合同練習会     13:30-16:00)
グループM 16:00受付 16:30-18:30

施術代金:19,200yen (Kid’s 9,900yen)

会場:スタジオBliss

*0-14歳までの子どもさんのセッションを希望される方はKid’sグループになります。
*各グループ定員16名(Kid’sグループは8名)、要予約。
事前振込みをもって予約確定

<参加者の感想紹介>
・過去のため込んだ(我慢していた)感情が浮き上がってきて、自分のインナーチャイルドと対話することができ、解放することができました。とてもさわやかな気持ちになれました。ありがとうございました。(I.Eさん 東京都 女性)

・身体の中からエネルギーが変化していくのがわかりました。
最近、自分の課題が「自由・解放」だとわかっていたのですが、「release」という文字がハートに現れた時、涙が出て、内側にある「しこり」がこびりついていた事がよくわかりました。今、心がとても軽く感じています。今後「自由」であることをこれからも、もっと体感できるのが楽しみです。ありがとうございました。(T.Hさん 女性)


グループセッションを受ける前に、マイケルさんに直接会って話を聞きたいという方は、イブニングセミナーがあります。前回参加したら、テンプルのお客さまと大勢お会いしました。

イブニングセミナーを受けると、きっとすぐにグループセッションを受けたくなると思うので(前回そういう人が続出してました)、私は最初からグループセッションに申し込んで、予約枠を確保しておいたほうがいいんじゃないかな~と思います。。。マイケルさんの暖かい笑顔とハートに直接触れたくなってしまうのは必然・・・。

イブニングセミナー
7月6日(日) 16:00開場 16:30-18:30
受講料:3,200円
定員50名、要予約
会場:スタジオBliss

詳細、申込みはこちらから

プラクティショナーになりたい方のためのトレーニングコースもあります。そちらの詳細も、上記のWebサイトをご覧下さい。
by hiroshimapop | 2014-06-22 00:28 | セミナー・舞台情報 | Comments(1)
有澤七梨さんの占星術講座開催
開運女子会で毎回、宇宙からのメッセージダウンロード状態になる占星術家の有澤七梨さんが、西洋占星術を入門レベルから学ぶ占星術講座を開催します。

自分で占星術チャートを読み解けるようになりたい方、占星術のイロハから学びたい方にはぴったりです。以前は、自分でホロスコープチャートを作成できるようになるところから占星術の勉強はスタートしましたが、今は自力でホロスコープチャートを作らずとも、ソフトを利用すれば、一瞬でチャートが出来あがってきます。

・・・ということは、あと必要なのはそのチャートを読み解ける読解力。

週末を利用して、占星術を学びたい方はぜひお申込下さい。


『有澤七梨の西洋占星術講座』

占星術はまったく初めての方でも大丈夫。基礎からしっかり学べます。
通常は、1回2時間で全12回の初級講座と、その後に中級講座が続くのですが、今回、遠方の方も通いやすいように、ベーシック4日間+アドバンス2日間の全6日間の講座となっています。
*6月開催の“開運縁結び会”の参加者および過去の女子会の参加者の皆様には割引き特典があります。

【日程】
時間はすべて午前10:00~午後5:00

第1回 7月5日(土)
第2回 7月26日(土)
第3回 8月2日(土)
第4回 8月23日(土)
第5回 9月13日(土)
第6回 9月27日(土)
*都合により変更の可能性もありますが、基本的にこの日程です

定員:8名
会場:原宿「アコスタジオ」会議室(JR原宿駅から徒歩4分)
受講料:全6日間で87,000円
 優待割引きあり
 ★開運女子会、開運縁結び参加者優待価格:78,000円
 ★2人以上でお申込の方: お1人78,000円

お申し込み
有澤七梨 nana.arisaw(あっと)gmail.com (あっと)を@に変更して下さい。

有澤七梨(ありさわ なな)プロフィール
西洋占星学研究家。実占歴20年以上。西洋占星学を石川源晃、松村潔の各氏に師事。タロットを大沼忠弘、フィリップ・カモワンの各氏に師事。
1996年より東京アナウンス学院にて占星術講座講師。2001年より松村潔氏の主催する「占星術虎の穴」にて占星術初級講座、2003年より中級講座を担当。2003年より旧・タロット大学(現・イシス学院)にてタロット初級講座講師。以降、西洋占星術講座、タロットリーディング会を主催し、個人鑑定も積極的に行っている。
by hiroshimapop | 2014-06-20 19:34 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)
商品購入=自分の意志の反映として
昨日の『ソウル・オブ・マネー』の続きです。

本には、リンさんがお金の使い方について息子から学んだ時の出来事が紹介されていました。

あるときリンさんは、生後3ヶ月になった孫のためにベビー服を買おうとショッピングに出かけます。そのとき、孫の父親である息子からこんな電話がありました。

「母さん、今日ハリマとショッピングに行くよね?そのことで言っておきたいことがあるんだ。それは、僕たちが納得のいく方法で製造された製品を娘のために買うことが、どれほど僕たち夫婦にとって大切かってことなんだ」

そして息子は、私たちに服を購入して欲しくない店舗の名前を挙げました。流行の某チェーン店は、インドネシアの児童労働で知られていました。また評判のよい某デパートでは、毒性のある染料の使用を禁じていませんでした。ザカリーとハリマは、自分たちのお金を、そのような企業をサポートするのに使いたくなかったのです。

ザカリーは続けました。アヤが必要とする以上には絶対に買わないように、とやさしく、でも力強く念を押しました。彼は、自然で持続可能な製造と公平な労働条件を実施している店舗かブランドからのみ購入するように言いました。息子夫婦は、彼らの娘のために購入するものは、自分たちの価値観と一致する物にしたいと願っていたのです。


この姿勢こそ、私達の日々の購買行動が私達の意志を反映となる、社会に対する1票になる行為ですよね。

普段の買い物って、値段と素材と製造メーカーくらいしか気にとめないことが多くないですか?私も「きゃー可愛い~」っていうノリで商品を購入してしまうことが多々あります。でも、製品が作られるその工程までを考えて商品購入をすることが、これからは、もっともっと大切になっていく気がします。

私自身は商品を購入するときのポリシーとして

*野菜やお米や調味料などの食料品は、可能な限り作っている人の顔や姿勢が分かっているものを買う
*100円ショップや廉価がウリの衣料品を買わない(東南アジアや中国での搾取が想像できるので)
*IKEAなどで安い家具を買わない(IKEAはマークが大好きなお店なんですが、リサイクルに出そうとしたら引き取り業者の人に、安い家具はすぐにゴミになってしまうと言われたことがあり、実際、長持ちしないことが多かったので)
*ネットワークビジネスの製品からは距離を置く(反発を感じる方も多いかもしれませんね)

ということを決めています。


ニンジンには変わりがないじゃないか、コットンには変わりないじゃないか、同じ木から出来ているし、販売方法が違うだけじゃないかと言われそうです。でも、その商品を作っている人、関わっている人々の思いや志、エネルギーといったもの全て総計すると、実はとんでもなく違った製品になっている気がします。

食べるもの、身につけるもの、身の回りに置く物、その1つ1つをこんな感じで吟味していったら、おそらく半年後、1年後には、大きく自分が変わっていることに気がつくのではないでしょうか?

ちょうど来日中のポール・マッカートニーさん。彼は厳格なベジタリアンで動物愛護者でもありますが、ポールさんは常々、もし屠殺(とさつ)場がガラス張りだったら、誰も肉を食べる人はいなくなるであろうと言っています。


同じく厳格なベジタリアンで動物愛護者でもあるデザイナ-、ステラ・マッカートニー(ポール・マッカートニーの娘)は、自らのブランドでは、毛皮を使わないというだけではなく、バッグや靴でさえ動物の皮を使わないという姿勢が貫かれています。お値段がとっても素晴らしく高いので、私はお店に行ったことさえ無いんですが、おそらくは彼女が作る製品は、ウールやコットンでさえ、動物や環境を痛めることなく作られたものなんだろうなと思います。


ついでに書いてしまいますが、モッツァレラチーズがどうやって製造されているかご存じの方、いらっしゃいますか?あれは水牛のミルクから出来ているチーズですが、あのモッツァレラチーズが日本中のスーパーで手に入るようになった裏側には、こんな残酷な生と死があるということを知ったら、それでもモッツァレラチーズを食べ続けられるでしょうか?

以下、こちらからの転記です(写真も掲載されています)。
このチーズのためにモッツァレッラの産地、イタリア・カンパニア州では、年に5万頭の水牛の雄の子牛が『死ぬためにだけ』に生れてくると、ナポリ大学の教授が発表しました。

水牛の子牛は、肉牛としても使いものにならず、子牛は口を縛られ啼く事も出来ないのだそうです。啼くと母親に聞こえるから....。こうして縛りつけられた子牛は、生きたまま捨てられ、渇きと飢えで衰弱し、死んでいくのだそうです。

ようするに食いすぎ作りすぎ以外の何物でもありません。フォアグラも残虐の食べ物ですが、今の食べ物というのはすべて同じ背景もっているといっても過言ではありません。


大量生産のモッツァレラチーズを買わないことで、あるいは水牛に対しこのような扱いをしていないメーカーを見つけて(そういうメーカーがあることを祈ってます)、そちらの製品を購入することで、私達の意志を社会に伝えていくことができます。


フェアトレード商品というカテゴリーがありますが、ということは、フェアではないトレード(商取引)の商品がある、ということでもあります。


大切に作られている製品を吟味し、それを大切に使っていくようになれば、家の中には必要以上のものは置かなくなりますし、断捨離なんてことは特に必要なくなってくるでしょうね。

これからは二極化の時代だってよく言われていますが、大量に作って大量に廃棄されるものを使い続けるか、そうではないものを選ぶか・・・。毎日の購入行動からも、それが分かれてくる時代かもしれません。



by hiroshimapop | 2014-05-20 13:45 | セミナー・舞台情報 | Comments(1)
開運縁結び in 湯島食堂ファイナル!
ある日本道佳子さんから連絡が・・・。『実は、湯島食堂を閉じることになりまして・・・』

え~、残念~! でも日本各地はもとより世界中を飛び回っている本道さん。どこか一箇所でじっとしていられる人ではありませんよね。

ということで、急遽やります。開運女子会 in 湯島食堂ファイナル! しかも、今回は湯島食堂ファイナルにふさわしく(?)、そしてテーマにふさわしく(?)、男性のお申込も受け付けます! 

男性参加も歓迎なので、今回は女子会ではなく『開運縁結び』!
開催日は、6月3日(火)、13:00~16:15、18:30-21:45の二部制。 下記にも書きましたが、今回は抽選! 期限内のお申込から抽選となりますので、奮ってお申込下さい!



気学でいうと四緑木星という星回りになる2014年。この四緑木星が司る年間テーマはずばり『ご縁』です。とくに6月は月盤も四緑木星という、ダブルでご縁を意味する星が重なるタイミング。というわけで湯島食堂で開催できる最後の開運女子会(湯島食堂ファイナルの今回は、男性のご参加も受け付けます)は、恋愛や仕事、お金etc.……など、自分の最も望む分野に関する『良縁をつかむ』ことを主旨に、運気を強力に上げるための縁結びのヒントをお伝えします。

何故なら、仕事であろうと、金運であろうと、恋愛であろうと、人生は人との出逢いで大きく変わってくるから・・・。どこでどんな出逢いが待っているのか、その出逢い運を強化するために何が出来るのか・・・?

もしかしたら『良縁』をつかむために、一時的にはマイナスに思えるようなヒントをお伝えすることになるかもしれません。例えば、本当は自分の心が満たされていないのに、変化を怖れて現状にしがみついている・・・、今の関係を清算し新しい関係性を求めたほうがより幸せになれる・・・。そういった場合には、何かを手放す覚悟を促すことになるかもしれません・・・。

しかし! これまでの窮屈な箱から飛び出し、本来の魂の欲求に目覚めて生きるべき時がきています。パラダイムシフトを起こすきっかけとなるような『ご縁』のヒントをこの会でつかんだら、あとは実践するだけ!適切なタイミングがきた時に人生は大きくあなたの目の前で拓いていきます。


6月3日は平日(火曜日)になりますが、ピンときた方はぜひこの機会をお見逃しなきようお申込下さい!湯島食堂で開催できる最後の開運女子会(開運縁結び)です(開運女子会は、良き場所が見つかれば、まだまだ続きます・・・)!



ただし、ごめんなさい。
今回は、申し込めばもれなく参加していただける、という会にはなりません・・・。

●受け身で御宣託を受けて白馬の王子様を待つ人ではなく、また棚からぼたもち的にお金や仕事が転がり込むのを期待する人でもなく、あくまでも自分の人生のハンドルは自分で握るというような自立心を持った人、及び本気で運気を変えるために行動したい人のみが参加可能です。

●今回のご参加は、抽選(キネシチェック)になります!
毎回、ブログにアップと同時に定員に達してしまう開運女子会・・・。各回とも定員が16名ということもあり、ブログをみたら、もう満席という方も多いのも事実です。そこで今回のご参加は抽選とさせていただきます。

この『開運縁結び』に参加する『ご縁』がある方かどうか、必要かどうかをキネシオロジー(筋肉反射)で厳正にチェック。後日お申込の方にお返事させていただきます(*参加にもれた方は、単に今回のイベントが必要がなかったというだけのこと。決してネガティブな意味にとらえないようお願いいたします)。

●そして今回は男性のお申込も歓迎します。新しい人生のご縁をつかみ、さらなる飛躍をしたいと願う男性の皆さん、ぜひ果敢にお申込下さい!


6月の開運縁結びのメッセージは以下の2つの方法でお伝えします。

☆開運レシピ作成&タロットチャネリング (白木原雪乃さん)
キネシオロジーのテクニックを使い、お一人お一人の潜在意識に聞きながら、恋愛、仕事、お金など今年最もご縁を結んだほうがいいテーマを1つに絞ります。そして、その願いを実現させるべく、サポートしてくれる開運レシピを作成します。

そして選ばれたテーマに対し、タロットチャネリングで見えない世界からのメッセージもお伝えします。キネシオロジーを使って潜在意識の声を聴き、さらに見えない世界からのメッセージとWにあなたの背中を押させていただきます。新しい人生のドアを開ける勇気を持って帰って下さい。

(参加者全員にもれなく)

さらに、キネシオロジーで選んだフラワーエッセンスをその場でブレンド。どのエッセンスを何滴を混ぜるか、いつ、どのように使えばいいかもキネシでチェックしますので、あなたの運気を上げる世界でたった1つのボトルと処方箋をお持ち帰りいただけます。

オプションメッセージ(覚悟のある方、必要な方のみ)
*日本全国の主だった神社の中から、開運に導く神社をセレクト
本当に行動できる方(例えば鹿児島や北海道の神社がセレクトされても行く!という決心のある方)で必要だと潜在意識が反応した方にのみお伝えします。
*子供の遊びと侮るなかれ。開運のための有効な『おまじない』もキネシでチェックできます。こちらも、お伝えした『おまじない』を決められた期間必ず実践するという決意のある方で潜在意識が必要だと反応した方へのオプションになります。


☆西洋占星術のチャートから出逢いの運気を読む!(有澤七梨さん)
運とは、まさに人との出会いによってやって来るもの。人と出会うことで自身自身の運が開き、可能性が広げられるのです。生まれたときの星の図、ホロスコープチャートには、人と出会うことによって開くであろう運や可能性などが示されています。今がどういう時期なのか、自分自身の運気や内在する可能性について読み解き、生まれ持った星の力を活かし、高められる、そうした良いご縁がもたらされるタイミングなど、星から見た『出会い運』をトータルに解説します。


開催日:2014年6月3日(火)

昼の部13:00~16:15 受付開始(12:45~)
ミラクルシェフ本道佳子さんによるミラクルランチつき
開運縁結び価格:8800円

夜の部18:30-21:45 受付開始(18:15~)
ミラクルシェフ本道佳子さんによるミラクルディナーつき
開運縁結び価格:9800円


お申込にあたっての留意点
*今回は抽選になります。5月15日(木)の18時までにお申込いただいた方が抽選対象となります。ご参加の可否のご連絡は16日(金)~17日(土)の夜までに行います。

*3時間15分の予定時間は湯島食堂にいることができる方がお申込条件となります。会の進行上、15分以上遅れる、もしくは15分以上早抜けのが必要な方はお申込をご遠慮下さい。


【お申込方法】
voice(あっと)caycegoods.com までに下記を必ずご記載のうえ、お申込下さい。

件名【開運縁結び**の部申込み】(昼か夜か件名に明記して下さい)

本文中
*お申込の部
*お名前フルネーム(ふりがな)
*携帯番号(もしくは電話番号)
を必ずご記載のうえ、お申込下さい。

ご参加が決定した方には、後日、ご自身の出生情報など、ご参加にあたっての事前記載事項や振込先口座などをあらためてご連絡させていただきます。


あなたに開運縁結びのメッセージを伝えるのはこの2名

*キネシオロジスト、タロットリーダー:白木原雪乃(しらきはら ゆきの)
キネシオロジスト、インテグレート・ヒーリング・インストラクター、ホメオパス、アロマセラピスト、ブルースモーエン死後探索公認トレーナー、ヒプノセラピスト、オーラソーマプラクティショナーetc…と様々な資格を持つマルチセラピスト

*占星術メッセンジャー:有澤七梨(ありさわ なな)
西洋占星学研究家。実占歴20年以上。西洋占星学を石川源晃、松村潔の各氏に師事。タロットを大沼忠弘、フィリップ・カモワンの各氏に師事。
1996年より東京アナウンス学院にて占星術講座講師。2001年より松村潔氏の主催する「占星術虎の穴」にて占星術初級講座、2003年より中級講座を担当。2003年より旧・タロット大学(現・イシス学院)にてタロット初級講座講師。以降、西洋占星術講座、タロットリーディング会を主催し、個人鑑定も積極的に行っている。


ミラクルシェフ:本道佳子さん
ヒーリング料理人、ハリウッドの映画制作現場、来日アーティスト、アイリッシュダンス、トリニティーの専属ツアーシェフ、野口法蔵氏の料理人など他、国境なき料理団:湯島食堂にて運気上昇ディナーシェフとして活躍中。


会場となる湯島食堂はこんなところです。
●湯島食堂がある一角は、かつて岩崎弥太郎(三菱財閥創業者)の別宅があった場所。そこは、住まう人、訪れる人に幸運をもたらすという都内屈指の開運スポット。

●湯島食堂は龍神様のハブ空港・・・見えない世界が見えてしまう方々によると、湯島食堂がある土地は龍神様の通り道、というより、もはやハブ空港。ときどき風もないのに木々が揺れるとか。龍神様のエネルギーを細胞いっぱいに吸収してお帰り下さい。

●ヒーリング料理人、本道佳子さんの運気上昇料理をご提供中。植物性オンリーの開運デザート、丁寧に作られた無農薬の美味しいお茶で細胞の中から運気上昇。残念ながら、さらなる飛躍のために湯島食堂は6月で閉店となります。


c0125114_1034596.jpg

by hiroshimapop | 2014-05-13 10:38 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)
自閉症の子供がレストランに来て騒いだら・・・?
フェイスブックに紹介されていたこのページとyoutube動画。



自閉症の子供がレストランで騒いでいるのに居合わせたなら、周りの人はどう行動するするかを撮影した動画。8分ちょっとありますが、ぜひご覧ください。

昨日みて、私は非常にショックを受けてしまいました。そのレストランにいた人と私は明らかに違うところがあるなと。

撮影された舞台は日本ではなく、おそらくアメリカ。

日本だったら人々はどういう反応をする?と日本人論として問うことも可能ですが(もちろん東京と大阪でも反応は違うでしょうし、都会と田舎でも違う反応があるとは思います)、少なくとも、その場にもし私がいたなら、私はどう反応したか・・・? おそらく無視する、騒いでいるその子供がいないように振る舞うのが精いっぱいだっただろうと思います。

3月のある日、ホテルで朝食を食べていたとき、7歳くらいのダウン症の男の子を連れたご家族(両親と子供2人)が私のすぐ横で食事をされていました。同じ言葉を繰り返したり、大声をあげて笑ったりと始終騒いでいるそのダウン症の男の子と、あたかも彼がいないような感じで黙々と食事をされる残り3人・・・。

このご家庭では毎朝、毎食がこんな感じなんだろうなと思いつつ、私も横で黙々と朝食を食べていました、それ以上のことは何もなく、男の子の大きな声だけがレストランに響いていただけでしたが、もし、その場に『こういう騒ぐ子供は迷惑だ』とクレームを言い出す人がいたら、私はどうしたでしょう? 十中八九、私は何もせず、そそくさとその場を離れたんじゃないかと思います。


何かに対し声をあげる、『あなたの態度は不愉快です』と面と向かって他人に言う、あるいは『大丈夫ですか』と同情や慰めの言葉をかける・・・。

私はこういうことをしないまま、ただ『避ける』ということをし続けてきたなぁとこの動画を見ながら思いました。動画に映っていた方々と私は何が違っているのでしょう? なぜ私にはそれができないんでしょう?
国民性? 教育? 宗教? 単に私が腰抜けだから・・・?

いずれにしても、何もしない、声をあげない、何もないように振る舞っている私のような人間の延長線上に、政治不信があり、福島があり、子供たちの自殺増加があり、今の日本があるんだなぁと・・・。

声を上げることで私は何かを怖がっているんでしょうね。うーん、腰抜けだな、やはり私は。


以前紹介したドラマ『タッチ』。自閉症の男の子が主人公です。



この『タッチ』のモデルとなった男の子の実話。かつては一言も話さず、大きくなっても靴紐さえ結べないだろうといわれた少年が、今では天才少年として大活躍しています。

by hiroshimapop | 2014-04-24 16:20 | セミナー・舞台情報 | Comments(1)
北川八郎先生講演会(in名古屋)
名古屋に住んでいる友人が定期的に北川八郎先生を招き、講演会を開催しています。

なぜ定期講座を開催しているのか聴いたところ
『世の中は不安を煽りしながら、もっともっと!と言って色々な商売が成り立っている。しかしそんな世の中でも、先生の話を聴き不安を薄くして行くことを学び、この世での生活を生きやすくする方法やヒントを掴んでほしい。清貧ではなく清富をめざし、周りの方々・縁ある方々に良い影響を与えられる人間になるヒントを掴んでほしいからだ』と返事がきました。

東海地域にお住まいの方、今を生きる仙人のようにな北川先生のお話、いかがですか?

北川八郎先生
41歳で41日間の断食、43歳で46日間の断食に導かれ、「人としての小さな光明を得た」。宗教とは関係なく今世、人を許し、怒りを少くし、罪少く生きる事、いつも人の善の為に祈る事を命題として与えられた。

平凡な一人として平和感と安らぎの内に自然の中で暮らして行くために歴史が息づく南小国町で「満願寺窯」を開き、自然灰釉の器を創作する一方自作農業に勤しみ「七陶三農」の生活を送る。人々に「祈りを伝える者」として生きることが残りの仕事と感じている。

北川八郎先生講演会&瞑想会 (第17回名古屋楽心会)

長寿で豊かに生きていくための法則とは・・・
近頃とても多くの方々が、人間関係・心・健康面で大きな悩みを抱えて生きています。講師である北川先生は、40日間以上の2度の完全断食を通して、人生を豊かに生きる法則が人より少しだけ分かったそうです。 豊かに生きて行く生き方にも、法則があるようです・・・

今回私たちが、日々習慣としていくべき行動や考え方(法則)を教えて頂き、人生を価値あるものに変えて行きましょう。今の自分がいかに幸せで、どのようにしたら周りの方々ももっと幸せになる事ができるかを感じとって下さい。 

日 時 : 2014年5月18日(日)受付:13:15 ~
講 演 : 13:30 ~ 16:45 頃 (状況を見て、瞑想を行います) 
懇親会 : 17:00 ~ 19:00 頃
定 員 : 80名
場 所 : 名古屋市中村区名駅 4-4-38  1302号室
      ウインクあいち(愛知県産業労働センター)  (052)571- 6131
     御案内詳細は、担当 磯部まで  090-3303-1118
参加費 : ¥4,000円  
     (懇親会は別途¥4,000円で、近くの居酒屋にて開催予定。懇親会までご参加の方は¥8,000円です)
        *参加費・懇親会費共に 事前振込でお願いします。
申込みは FAX (番号:052 - 981 - 1179 まで)
または E-mail で ( nagoya.rakushinkai@gmail.com )





by hiroshimapop | 2014-04-23 08:15 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)