毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

カテゴリ:セミナー・舞台情報( 165 )
山元加津子様 講演会&「1/4の奇跡」上映会 in 八王子

今月の27日(土)の夜、八王子で入江富美子さんが初監督した『1/4の奇跡』の映画上映と、映画に登場する山元加津子さんの講演会があります。


『1/4の奇跡』の映画ができてちょうど10年。

古今東西、毎年多くの自主制作映画が制作されますが、10年にわたって上映し続けられている映画はほんの一握り。そんな中、この『1/4の奇跡』は、人から人へと伝わり、いまだに定期的に全国で、そして世界で上映され続けている希有な映画です。


映画の出来映え、という意味では、大学の映画研究会の学生が作ったような映画なのですが、そんな映画の出来映えを超えて魂に訴える何かがあるんですね。映画上映が始まって数年のうちに20回以上見た、という人もいましたよ。


八王子という場所で、しかも夜ではありますが、まだこの映画を見ていない方は是非! 山元加津子さんの講演会も予定されていますから、Wで、是非ものです!


私はこの日の夕方まで風水の講演会なのですが、加津子姫にも会いたいし、行こうかなぁーとただいま思案中。


入江富美子さんが「へそ」に目覚めるきっかけにもなった映画です。魂に効きますよ。


【上映日】: 2017年 5月 27日(土)
【時間】: 18:00 ~ 21:00 (開場 17:40)
  18:00 ~ 19:40 映画上映
  19:50 ~ 21:00 講演

【会場名】: 八王子労政会館 ホール(八王子市明神町3丁目5- 1)

      ・JR中央線「八王子駅」北口下車 徒歩10分
      ・京王線「京王八王子駅」下車 徒歩5分

【会場定員】: 240
【日本語字幕】: あり
【入場料金】: 2000円
【割引料金など】: 中学生以下 1000円、未就学児 無料

【主催者(団体)名】: 1/4の奇跡の上映会実行委員会/斉藤 伸子(サイトウ)

【受付E-MAIL】: こちら またはこちらから
【受付電話】: 090-2430-5718




by hiroshimapop | 2017-05-16 16:10 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)
菊谷泰明さんの「聖母マリアの秘密」お話と祈りの会 in 中津川
2月11日という善き日に、聖母マリアに導かれて世界中を旅してきた菊谷泰明さんのお話し会が岐阜で開催されます。岐阜や周辺にお住まいの方は、めったにない機会だと思います。

菊谷さんのお話しは面白いですよー。神様に導かれている旅というのは、こんなにも奇跡とシンクロニシティの連続なのかとびっくりしますよ。1つ1つのエピソードがすでに奇跡のような出来事なのですが、その奇跡がずっと続くんですから・・・!

私は菊谷さんの「聖母マリアの秘密」を読んだことがキッカケとなり、今もなお聖母マリアのご出現が続いているメジュゴリエにツアーを組んで行ってきてしまいましたが、あの旅も奇跡のような思いで深い旅となりました。

予言に興味がある方もそうでない方も、ぜひご参加下さい。



☆ 「聖母マリアの秘密」の「お話とお祈りの会」in 中津川 ☆

不思議な導きによって書かれた「聖母マリアの秘密」の著者の菊谷泰明さんに「聖母マリアのご出現」という神秘的な出来事や「見えない世界」から伝えられている「メッセージ」と「秘密」、更にはこれから起こると考えられる世界的な動きなどについてお話を伺うと共に、お祈りの一時をもちたいと思います。

戦争、紛争、異常気象、政治・経済的な混乱など、混迷を深めている現代の世界。このような中、今も東欧の「メジュゴリエ」で出現されている聖母マリアは、私たちにどのような「メッセージ」を伝えておられるのでしょう?

ファティマに続いて、メジュゴリエで聖母が伝えておられる「十の秘密」や「祈り」はどのような内容で、どんな意味が隠されているのでしょうか? 見えない世界から届けられている大切なメッセージに心を向けてみましょう。

テーマ】:「聖母マリアの秘密」
菊谷氏は11年勤めていた県庁を辞め、“本当のこと”を求めて探求の旅を始めました。すると、いつの間にかイエス・キリストと聖母マリアの世界にたどり着き、現代に生きるすべての人々にとって大変重要な「見えない世界からのメッセージ」について学ぶことになりました。

今回、その探求の過程において実際に体験された「不思議な導き」や「聖母マリアのご出現」という神秘的な出来事、また聖母マリアから伝えられている「重要なメッセージ」と「十の秘密」、それに込められている「大切な意味」などについて話して頂きます。

これまで、1917年にポルトガルで起きた「ファティマの太陽の奇跡」や「第三の秘密」などが話題となってきましたが、それは100年前の出来事です。

しかし、菊谷氏の話は、今、現在、東欧のボスニア・ヘルツェゴビナで実際に起き続けている「メジュゴリエの聖母マリアのご出現」という「新たな奇跡」についてです。

菊谷氏は、ユーゴスラビア内戦が終わって間もない1997年にボスニア・ヘルツェゴビナに一人で行き、日本人として初めて幻視者たちにインタビューを行ない、「聖母マリアのご出現」に実際に立ち会って、その出来事が真実であること、そして「十の秘密」が存在していることを確信しました。

更に、メジュゴリエの聖母のご出現は、ファティマでのご出現と「密接なつながり」があるという、極めて重要な事実も確認されました。

菊谷氏は、1917年からちょうど100年目となる2017年の今年は「ファティマの聖母」から「メジュゴリエの聖母」へと、人々の意識がシフトしていくエポックメイキングな年になるだろうと言います。

「メジュゴリエの聖母マリア」が注目を受けるという、新たな時代の始まりを告げる本である「聖母マリアの秘密」に心を向けてみたいと思います。

大きな時代の転換点を迎えている今、私たちはどのようにして過ごしていけば良いのか、「聖母マリアの秘密」を通して伝えられている「見えない世界からのメッセージ」についてお話を伺いたいと思います。

お話の中では、幻視者たちが、出現された聖母マリアを見つめて、いきいきと会話をしている実際の映像なども紹介されますので、「聖母マリアのご出現」という神秘的な出来事をより深く実感することができると思われます。


【菊谷泰明氏プロフィール】

長崎県生まれ。公務員を11 年勤めた後、“本当の事”を求めて放浪の旅に出る。それがきっかけとなり、導かれるようにして世界各地を旅する。その途上において、不思議な出来事が次々と起こり、“見えない世界からの導き”や、聖母マリアから伝えられている「メッセージ」と「秘密」などについて伝えることになる。(HP:http://seibomaria.com)


「聖母マリアの秘密」お話とお祈りの会 in 中津川


☆ 日時:2月11日(土)11:00~17:00
     第一部:「お話の会」 11:00~13:30
     第二部:「お祈りの会」14:30~17:00

☆ 会費:第一部、第二部、それぞれ¥3,000-.両方参加¥5,000-
☆ 会場:にぎわいプラザ 6-1(開場時間:10:30)中津川駅から徒歩1分
☆ 申込先:奥村(Tel:090-8861-9921)   hanabu1979@gmal.com

☆ ☆ ☆
2017年2月11日(土)満月の、愛でたい日に、岐阜県 中津川市で、 「聖母マリアの秘密」の「お話の会」と「お祈りの会」を開催いたします。

2017年2月11日(土)は
1.日本の建国記念日(紀元節)
2.フランスのルルドで聖母マリアが出現された記念日
3.「神のささやき」の迫先生に光が降りてきた記念日
4.「聖母マリアの秘密」の出版1周年記念日
5.満月




by hiroshimapop | 2017-01-29 21:41 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)
2017年1月マーガレットさん来日セミナー情報
友人で、いつもマークが風水のアドバンスクラスを開催する際、通訳をお願いしている由美さんが「大好き!」といっているマーガレットさんが来年1月来日して、サイキックセミナーを開催されます。

由美さんは、スピリチュアル系のセミナーを中心に、ん十年も海外講師の通訳をされてますが、その由美さんが、「マーガレットのセミナーは毎回違うし面白いよー」と太鼓判です。この手の分野に興味がある方はぜひチェックしてみて下さい。

いずれも定員は少ないので、スケジュールがあえばソッコーで決断したほうが良さそうです。


2017年1,2月スケジュール

★ 1月12、13日  「チャネリングの夕べ」       定員各20名 参加費3000円
   すでに満席御礼間近です(11月18日現在)。お申込はお早めに

★1月 14、15日  「チャネリング・ワークショップ」  定員14名 受講料40000円
   自己のチャネルを開いてサイキック能力を養成します。
   絵や詩を書いたり、音楽を聴いたり、トランスワークなどを通じて練習します。
   入門クラスですので、どなたでもご参加いただけます。

    
★1月21、22日  「ルーン・ストーン・ワークショップ」 定員14名  受講料45000円
(キット付き、クリスタル、ローズクォーツ、アメジストの3種類から選んでいただきます。キットがいらない場合は43000円)

 一般的にルーンは占いに用いられますが、今回はクリスタルでできた美しいルーンを使ったリーディング法と身体へのヒーリング法を学びます。
  第1日: シンボルと意味について‐簡単なリーディング
  第2日: 深いリーディングとルーンを使ったヒーリング


★ 1月.28、29日  「パワーストーン・セラピー (レベルIII)」  定員14名 受講料50000円
  第1日: ビューティクリスタル 
  第2日: クリスタル・アキュパンクチャー (口、耳、鼻)

美しい顔の表情をつくることにフォーカスします。私たちを醜くするものや、バランスの崩れを生み出す原因を探ります。最後にテラグラムを使ってチャクラのバランスを整えます。

★ 『未知なる世界への旅立ち (レベルII)』              定員12名 15万円
     (『未知なる世界への旅立ち (レベルI)』を受講された方は13万円)
  2月3-5日:   Part1
  2月10-12日: Part2

第1日: 闇から光へのアセンション: 
各段階(プレーン)とそれぞれの7つのレベルについて。『未知なる世界(レベルI)』で学んだことをさらに深く探究する。

第2日: 低いプレーンにいる人間のスピリットと地縛霊を浄化し引き上げる。
第2プレーンのダークサイドからのプロテクション
低層アストラル界と魂の断片からのプロテクション
すべてのものが進化の過程で重要な場所をしめる

第3日: 憑依と精神疾患との違い
    精神疾患を見分け、それを変容させる
    アセンションを受け入れるために、地上の人間の視点に働きかける-精神的な闇に感情的な光をあたえる
    感情的な真実-識別と認識

第4日: 闇と光の次元での多重人格的特質
    地上における精神的な多重人格的特質
    治療と学び
    ライトワーク: すべての次元でのアセンションに関するレスキューワーク

第5日: スピリットガイド、エンジェル、アセンデッドマスターとは誰か?彼らの目的とは?
    アーキタイプのマスクの使用
    アーキタイプと機能のリスト

第6日: 断片化の重要性とロウアー&ハイアーセルフ・ゴッドの形成
    神の進化: 地上を超えた宇宙意識とは何か?

《このワークショップは『未知なる世界への旅立ちI』あるいはそれに相当する
  クラスを受講された方を対象としています。単発の受講は受け付けておりません》


☆複数受講の場合は5000円の割引を行います。
(例: チャネリング入門40000円とルーン45000円=80000円)


個人セッション
過去世から未来、人生全般におけるスピリットガイドの深いメッセージに驚かされます。
ヒーリングは肉体・感情のみならず魂レベルまで働きかけます。
毎回キャンセル待ちが出るぐらいの人気セッションですので、ご予約はお早めにお願いいたします。
このブログを読んで申し込まれた方は、1000円引きになります。必ず「テンプルのブログを読んだ」とお書き添え下さい。

  日程:   1/17、18、19、24、25、26、31、2/1、7、8
  参加費:   サイキック・リーディング中心 30,000円 /1時間
          リーディングとヒーリング 55,000円 /2時間

スマリスセンター・ジャパン



お問合せ・お申し込み drmargaretjp@gmail.com
担当:  竹永侑生(ゆう)


c0125114_16541287.jpg


by hiroshimapop | 2016-11-18 17:06 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)
舩井フォーラム2016 にGO!
今日配信したメルマガでもご紹介しましたが、10月15日(土)、16日(日)、舩井フォーラム2016が横浜のパシフィコ横浜で開催されます。

去年の横浜フォーラムは、テンプル主催でマークの風水講座を大阪で開催していたので、参加できなかったのですが(1年前のあの日、色々あったので、あれからもう1年、というのは個人的に感慨深いです)、今年は早めにチケットをゲットして楽しみにしております。

個人的に楽しみにしているのは
15日の大ホール:10:00-10:20 中山博さんの「あわうた」←(リンク先は中山さんのサイトではありませんが)
オープニングを飾るのが、主催者の挨拶ではなく「あわうた」というのが、いいですねー。
実は、友人たちと九州の神社巡りツアーをしたときにご参加して下さったのが中山博さん。各地で「あわうた」を聴かせていただきました。中山さんの「あわうた」はちょっと不思議な「あわ歌」で、神様との交信との時間でもあるんですよねー。
当日フォーラムに参加される方は、朝イチから是非どうぞ。

15日の午後、小ホールでは、14:10-15:00という短い時間ではありますが、兄(光田秀)が、ケイシーリーディングに基づく祈りについての講演を行います。ケイシーのリーディングはとても美しい! 魂に響くリーディングをぜひご堪能下さい。

16日は、参加したい講座がバッティングして、どこに行こうかまだ迷い中。


・・・そして、15日の夜の交流会・懇親会&赤塚さんたちのMCサクセションライブは、ある意味強引に誘われての参加ですが、楽しみにしてますよー。

ライブ前の交流会には、フォーラムに登壇される講師陣も参加されるようで(全員ではないそうですが)、お目当ての方がいらしたら、できるだけ近くでそのオーラを感じるため、すりすり近くに寄りたいものです。
現時点では青木勇一郎さんはご参加になるそうですよ。

青木さんのプロフィールを読むと『20 代より、心理カウンセリングや催眠療法や気など の一流の専門家に師事し、専門的な知識と技術を身につける。それと同時に徳の高い経営者たちと交流、成功の秘訣について聴く。20年以上の潜在意識と波動の研究より、驚きの脳力開発に成功。超能力者にしかできないと思われていたオーラを読む能力やアカシックレコードを読む能力や前世を読む能力を短期間で習得する方法を発見し、教育することに成功。フランス、オーストリア、イギリス、アメリカなどから一時帰国をして参加する受 講生もいる。受講生の中には、国立大学の心理学教授や医師などもリピーターとして参加し、好評を得ている』・・・と、とっても興味深い内容が・・・!
これは期待十分です!

19:20~の、赤塚さん、舩井さん、出路さんたちが組むMCサクセションのAKDライブ、たぶん、異次元空間が出現すると思いますー!

メルマガにも同じことを書きましたが、前回のステージでは、前日その赤塚さんたちの歌を聴いたという男性が、ホントに顔がスッキリして、あれ?と思っていたら、前夜のステージが素晴らしかったと。赤塚さんの歌と一緒になってシャウトしていたら、色んな悩みが抜けて昇華したと言われてました。いい年のオジサンたちが、本気で練習して本気で歌っていますからね。それに、赤塚さん、出路さん、唄、うまいんだな、これが。


・・・そして、今回のフォーラムは、「封印を解く」ということがテーマになっているようです。
「封印を解くこと」に関しては、こちらのページに説明がされています。ここでは国や世界にかけられた封印について語られていますが、ここ数年、過去生、前世で自分の魂にかけられてしまっている封印や呪いを、解き始めている方々、きっと多いのではないでしょうか?
次の次元にシフトするため、過去生からの呪縛を解いて、自由な魂になるタイミングが地球規模で来ているのかもしれませんねー。

舩井フォーラムの詳細、申込はこちら

15日夜の交流会・懇親会&赤塚さんたちのMCサクセションライブのチケット(6000円也)は、私も預かっています。
必要な方はお知らせ下さい。15日当日、会場渡しでも大丈夫です。

  16日に登壇されるセツさん(サイキックの方)は、なんと、テンプルのお客さまの1人でした!

by hiroshimapop | 2016-10-01 19:05 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)
『性のタブーのない日本』
日本人が性をどう捉えていたか、橋本治さんがその変遷を解説した新書です。

一言で感想を云うと「おもしろかったー!」

特に、高校の古文の授業では絶対に解説されない『源氏物語』の世界が個人的には興味深かく、あー、平安時代はそのような時代だったのかと。源氏物語の何気ない一文に含まれている男女の仲の暗黙のルール。光源氏はこういう人物だったと学校で解説したら、古文の時間はエロス満載の時間になりそうです。

昨年、東京で長期に春画展が開催されてましたが、行った人(女性)に聴くと、なんだかどの絵もアッケラカンとしてて、特に女性が楽しそうで見てて楽しかったわーと云われてました。かつての日本は大らかなエロスに満ちた国だったんですよねー。


まずは日本の神話、古事記から。イザナミ、イザナギの国生みはまさにダイレクトな描写です。
八尋殿が出来ると、イザナミの命はイザナミの命に「あなたの体はどういう風に出来てるの?」と尋ねます。《なが身はいかにか成れる。》です。自分と違う相手に対する好奇心が発動したんでしょうね。

それに答えるイザナミの命の《あが身は、成り成りて成り合わざる処一処あり。》は有名です。「私の体にはふさがっていないところが一ヶ所ある」と言うべきでしょうか。その答えを受けて、イザナギの命は《あが身は、成り成りて成り余れる処一処あり。》と答えます。そうなると話は簡単で、「私の余っているところをあなたのふさがっていないところに入れればちょうどよい」です。

だからイザナギの命は、《このあが身の成り余れる処をもちて、なが身の成り合わざる処に刺し塞ぎて、国土を生み成さむとおもふ》と、イザナミの命に提案します。「性器を表す単語」が登場しないだけで、言われていることは非常にストレートです。

(中略)

「まぐわう」とか「まぐわい」ということになると、現代でも十分にいやらしい意味があって「交合」という漢字に「まぐわい」というルビを振ったりしますが、(中略)「まぐわう」は「目交う」で、視線が合うことなのです。

昔は家族は別として、男女が顔を合わせることはありません。だから、他人である男女が顔を合わせてしまったら、もうそこに「性交の合意」が出来てしまうのです。そういう背景があるから、「視線が合うと性交渉」となるのです。


高校時代、お気に入りだった百人一首の1つ、『逢い見ての後の心に比ぶれば、昔は物を思わざりけり』は、高校時代習った解説はもっとソフトだったと思いますが、こちらもダイレクトな大人の歌です。
《逢い見て》は、ただの「逢って、見て」ではもちろんありません。女のいる簾の中に男が入って「逢って、見て」するのです。「女の簾の中」は寝室と同じです。だから当然、権中納言敦忠はやっちゃったんですね。だから、そういう経験をした後で思うのですー「やる前はなんにも分かってなかったな」と。(中略) 

うっかり見ればエロチックな表現なんかない、ロマンチックで優雅な歌に見えるかもしれませんが、《逢い見て》はしかるべき実行行為を表しているのですから、このロマンチックな「優雅」にはリアルな「肉体の重さ」があるのです。


源氏物語が書かれた平安時代、貴族階級の女性は、人に顔を見せることはしませんでした。結婚したあとも、当時男性は通い婚で、暗くなって女性の元を訪れ、夜明けに帰っていきますから、真っ暗闇の中で事に及び、朝日が昇るまで妻の顔を見られない。妻が夫にも顔を見せたくないと思っていたら、夫は自分の結婚相手の顔を知らずに結婚が続くこともあったらしい。。。。

日中、高貴な女性は人に逢うときも御簾をたて、さらに内側に几帳をたてて姿を全く見せないようにして人と対面し、会話も小声で自分に仕えている女官を経由。男性は、その見えない向こう側に女性が「いる」ことを想像して妄想を広げていたらしいんですよねー(さらに高貴な女性は滅多に外に出ないので、男性が女性とすれ違うチャンスもなく、当時は必然的に同性愛が多くなったそうです)。

人の噂話と御簾の向こうに女性がいる気配だけで、恋をし、そして和歌を交わしながら3日女性のもとに通う。3日通えば晴れて女性の御簾の中に迎えられるが、「逢う」も「見る」も全て暗闇の中。

気配と和歌と妄想で3日間で恋心をつのらせ、3日後、今度は一気に肉体関係(しかし顔も分からない暗闇のなか)。終わったあとは会話を交わしながら夜明けまでいるのが礼儀だったそうですが、それにしても、貴族が夜ごと夜ごと恋愛にうつつを抜かせることができた平安時代は、まさに平安な時代だったんでしょうねぇ。

そして、そういう関係を持つことが、人にとっては当たり前のことだったので、明治になるくらいまで日本人は大らかに性を楽しんでいたようですよー。世界一回数が少ないと云われる今の日本ではありますが。。。



by hiroshimapop | 2016-09-01 07:23 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)
映画『君の名は。』と『前前前世( RADWIMPS )』
学校帰りの高校生に囲まれながら、映画『君の名は』を見てきましたー!

以前、ネットでみた映画『言の葉の庭』。
見終わったあと何日も、心を静かに温かめてくれるような不思議な余韻が心に残ったので、その映画を作られた新海誠監督の、しかも、公開前から評判の高い映画だということで公開の日を楽しみにしてました。

男女が入れ替わる映画ということ以外、ストーリーは何も知らず見たんですが、そうか、こうくるかと。

あまり書くとネタバレになってしまいますが、時間と空間を超え、相手を想う心と願いと祈りが錯綜し、壮大なドラマになっていました。物語が進行していく舞台の1つが、神社やそのご神体。組紐や巫女舞といった古くから綿々と繋がっている日本の姿が描かれていて、この設定も個人的に好きでした。

お勧めです!

そして、この映画の音楽を担当していたグループ、私は初めて知りましたが、前世がテーマの歌詞なんですねー。私にとっては、松任谷由実のリ・インカネーション以来の前世の歌だわ。
胸きゅんの歌詞ですねー。


前前前世( RADWIMPS )作詞作曲 野田洋次郎

やっと目を覚ましたかい それなのになぜ目を合わせはしないんだ
遅いよと怒る君 これでもやれるだけ飛ばしてきたんだよ
心が体を追い越してきたんだよ

君の髪や瞳だけで胸が痛いよ
同じ時を吸い込んで離したくないよ
遥か昔から知るその声に
生まれて初めてなにを言えばいい

君の前前前世から 僕は君を探し始めたよ
そのぶきっちょな笑い方をめがけてやってきたんだよ

君が全全全部なくなって散り散りになったって
もう迷わないから探し始めるさ
むしろ0からまた宇宙を始めてみようか

どこから話すかな 君が眠っていた間のストーリー
何億何光年分の物語を語りに来たんだよ けれど いざその姿この目に映すと
君も知らぬ君とじゃれて戯れたいよ 君の消えぬ痛みまで愛してみたいよ
銀河何個分かの果てに出会えた その手を壊さずどう握ったらいい?

君の前前前世から僕は君を探し始めたよ
その騒がしい声と涙をめがけやってきたんだよ
そんな革命前夜の僕らを誰が止めるというんだろう
もう迷わない君のハートに旗を立てるよ
君が僕から諦め方を奪い取ったの

前前前世から僕は君を探し始めたよ そのぶきっちょな笑い方を
めがけやってきたんだよ 君が全全全部なくなって チリジリになったって
もう迷わない また1から探し始めるさ
何光年でも この歌を口ずさみながら
by hiroshimapop | 2016-08-31 07:04 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)
Dr.マーガレット・ロジャース来日イベントのお知らせ
1年中、数多くのスピ系の通訳を担当している埴原由美さんイチオシのサイキック、マーガレットさんがこの夏来日して、ワークと個人セッションをされるそうです。
昨年参加したサイキックの夕べは面白かったですよー。


マーガレットさんの講座案内が届きましたので、興味がある方は、チェックしてみて下さい。今回は、精神疾患に悩む方のための講座もあるようです。

以下、主催者から届いたご案内文です。
マーガレットは幼少よりサイキック能力にめざめ、亡くなった霊たち、そして生きている人々の魂を救ってきました。このような彼女の力や思いとともに、本当に必要な人たちにスピリチュアルな救いが届くようなセンターにしていきたいと思っています。

今回はうつ病などの精神疾患に苦しむ人たちにマーガレットがヒプノシスを行います。本当に必要で経済的に苦しい方のために寄付制度をもうけました。この寄付というのはその方が今払えるだけのお金を払うというものです。周りに苦しんでいる方がいればお誘いください。

次回から『未知なる世界への旅立ち』(Journey into an Unknown world)というコースを3回シリーズで行っていきます。これはマーガレットの思想の根本を彼女の著書にそってひもとくもので世界初の試みとなっています。ここには彼女のガイドとの出会い、魂の構造、地縛霊の世界、天使の世界、神の世界といったものが詳細に語られます。どこでも語られることがなかった未知なる世界への扉が開かれることとなります。

マーガレットがアメリカに帰ってからテキストを作ります。彼女のワークショップの集大成となることでしょう。

以下日にちごとのスケジュールです。皆さまとお会いできることを楽しみにしています。

スマリスセンター・ジャパン 竹永侑生



マーガレットさんの来日スケジュール

参加費は早割もありましたが、早割期間がすでに終了しているため、定価のみ表示しています。

●チャネリングの夕べ 参加費3,000円

8月17日(水) 19:00-21:00 (すでに満席でキャンセル待ち受付中)
8月18日(木) 19:00-21:00

マーガレットがガイドからのメッセージをおひとりおひとりにお伝えします。大変人気ですぐに満席になりますので、お申し込みはお早めにどうぞ。


●スピリットガイドとつながる方法 
8月20日(土)10:00-18:00
8月21日(日)10:00-18:00 

2月に開催した際に早々と満席になり、参加できなかった方が多数いらしたワークショップです。スピリットガイドにつながる方法をわかりやすく説明し、実際に体験します。さらに効果を上げるためにストーンを使ったワークを取り入れる予定です。

参加費:40,000円(これのみを受ける方)
   30,000円(他に1クラス、個人セッションを受ける方)
   20,000円(2クラス受ける方)
   10,000円(全てのクラスを受ける方)


●アカシックレコードにアクセスする

8月27日(土)10:00-18:00
8月28日(日)10:00-18:00 

すべての過去、すべての未来を見ることができる宇宙の図書館「アカシックレコード」にアクセスします。マーガレットが実際に体験したアカシックレコードの真実とその手法を学んで実際に体験してみましょう。

参加費:6万円 


●サイキックタロット

9月3日(土)10:00-18:00
9月4日(日)10:00-18:00

ボイジャータロットのメジャーカードを用いてサイキック的なリーディングをしていきます。タロットはサイキック・リーディングをしたり、教えたりする際の良い導入になります。このコースはタロット初心者の方にも、プロとしてすでに活用している方にも役立つことでしょう。

参加費:6万円 


●『ワンネス・コース-未知なる世界への旅立ちI』(The way to the Unknown world I)-序章

Part1 9月9,10、11日
Part2 9月17,18、19日

マーガレットのチャネリングの夕べに参加したとき、彼女が次々と的確なメッセージを伝えることに驚かれた方は多いと思います。マーガレットは「あなたたちもワンネスにアクセスすればできるわ」と言います。マーガレットの根幹をなす思想と哲学を、今後3回のシリーズを通して学びます。

2016年9月『ワンネス・コース-未知なる世界への旅立ちI』
(Journey into an Unknown world I)-序章
2016年2月(予定)『ワンネス・コース-未知なる世界への旅立ちII』
(Journey into an Unknown world II)-黎明期
2016年2月(予定)『ワンネス・コース-未知なる世界への旅立ちI1I』
(Journey into an Unknown world III)-新たなる次元への旅立ち

このワークショップではマーガレットの著書『Journey into an Unknown world』にもとづき、ガイドたち、地縛霊、スピリットや神など目に見えない世界の仕組みや私たちの魂の構造、人生の目的について深く学びます。そしてワンネスとつながって他者の魂のリーディングやカウンセリングを行う方法を習得します。

参加費:18万円


●特別ナイトクラス
9月1日 19:00-21:00 ヒプノシス・クラス(うつ病や精神疾患に対して) 

うつ症状や自殺傾向のある方に対してマーガレットがヒプノシスを行います。このような症状をかかえ苦しまれている方が対象ですが、そのような方の治療にあたられている医療関係者、カウンセラーやヒーラーの方、学習が目的の方も受講できます。

参加費:15,000円
    寄付(donation-ドネーション)今回からこの制度を導入します。
   現在このような問題で苦しまれていて経済的に参加が難しい方は、お支払い可能な金額をお支払いください。(100円からでも)
   
         
●パワーストーン・セラピー特別講座(うつ症状など精神疾患全般)

9月22日(木)10:00-18:00

9/1のヒプノシス・クラスに対応した精神疾患の方に対するアキュパンクチャー他の施術法を学びます。

参加費:3万円(補講代金も含みます)
  

●個人セッション

●過去世から未来、人生全般におけるスピリットガイドの深いメッセージに驚かされます。ヒーリングは肉体・感情のみならず魂レベルまで働きかけます。
●毎回キャンセル待ちが出るぐらいの人気セッションですので、ご予約は早めにお願いいたします。

日程: 8/23, 24, 25, 30, 31, 9/1,6, 7.13,14,15, 21

参加費 :
サイキック・リーディング中心 30,000円 /1時間
リーディングとヒーリング 55,000円 /2時間


マーガレットのクラスは情報量が多く、実習の時間が十分に取れないことがあります。鍼灸師である竹永が後日、マーガレットがおこなった施術についてきちんとツボがとれるように補講をします。その補講の費用も含まれたものになっています。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

お問合せ・お申し込み先: スマリスセンター・ジャパン 竹永侑生
E-mail: drmargaretjp@gmail.com
HP: http://drmargaretjp.wix.com/drmargaretjp#!schedule/c1f65

c0125114_16591821.jpg

by hiroshimapop | 2016-07-30 08:48 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)
『ラサへの歩き方~祈りの2400km』
日曜日、渋谷のイメージフォーラムで『ラサへの歩き方』を見てきました。BGMもテーマソングもない、ただ毎日、人が歩き、五体倒地で祈り、夜は輪になって話し、祈り、眠る・・・。

チベットの、とある貧しい村からラサへの1200km、そしてさらにカイラス山への1200kmへの巡礼の旅に出た、子供や妊婦を含む11人の姿を追った、ドキュメンタリー仕立ての映画です。

実は同じ日の夜『シチズンフォー スノーデンの暴露』も見てきました。こちらは数年前、アメリカ政府が行っている国民への監視とプライバシー侵害を暴露したスノーデン氏のドキュメンタリー。

最先端のテクノロジーを国民のプライバシー侵害に使っているアメリカ政府の闇の部分を描いたスノーデンの映画と、ただひたすら五体投地して祈る人達を描いた『ラサへの歩き方』という対極の内容。

国家安全の名の元に、膨大に国民の個人情報を盗み、集め続けている国があり、地球の一方では、ひたすらに他の幸せを祈って人々が旅をする国もあるという地球の面白さも感じます。


五体投地のルールの1つに、まずは他者の幸せを祈る、というものがあるそうです。

私は彼らの姿を見ながら、グラディス・マクギャレイ医学博士のお兄さんが、1960年代、ブータンに行ったときの高僧とのエピソードを思い出していました。

それはこんなエピソードです(博士とのインタビューはこちら)。

・・・カールは自分の考え、つまり僧侶達に栄養や衛生についての知識があれば・・・という話しをそのラマ僧に話したところ「それはとても良い考えだ」と一言言って、また瞑想を始めました。カールは心の中で「また、どこかに行ってしまった」って思ったそう。でもその時は前にもまして、あまりにも長時間だったから、ヒマラヤの高い山々のどこに行っていたのか分からないけれど、とにかくそのラマ僧の魂はかなり遠くまで行っていた感じだったようです。

長い時間待ち続け、ようやく意識を戻した僧侶はこう言ったの。「それはとても良い案だ。けれども、今は良い時期とは言えない」。「今は」というのは、1972年以前の話。つまり、ジョン・F・ケネディー、マーティン・ルーサー・キング以前の話・・・。

「今は邪悪の力が集結しつつある。もし今、我々僧侶が行っていること、つまり魂の業を、肉体や精神の業にしてしまうことは、宇宙に大きな空洞をあけることになる。そして、その空洞にその邪悪の力が入り込んできてしまう」と。そして「ふさわしい時が来たら出来る。しかし今はその時ではない」と言ったというの。

癒しを祈るという、あなたが行っている事は世界に影響を与えている、ということが理解できるわよね。ラマ僧が言ったように、僧侶のたとえ一人でも今行っている業、人の為に祈るという業から外れてしまうことは、邪悪な力が入り込める隙間を作ってしまうことになるの。


私達は今日も地球のどこかでなされている、もしかしたら私達より遙かに貧しいと思われている方々の祈りによって支えられているのかもしれません。国家安全のために国民のプライバシー侵害をしているアメリカ政府の人々も含め・・・。




さて、今週末7月30日(土)、テンプルでは祈りについての講演会を開催します。

登壇者の一人、野口法蔵先生は、チベットから帰国された後も五体投地を毎日10時間以上されていました(現在もそうかは未確認です)。

もう一人の登壇者、白鳥哲監督は、ご自身の脳腫瘍を様々な代替療法と祈りを実践することで完治させたという体験をお持ちです。

そして兄光田秀は、神の探求を翻訳する過程で、ケイシーのアファメーションと祈りを実践し神との邂逅を体験しています。

自分のためにする祈りもあり、そして人知れず、他者や世界平和のためになされる祈りもあり・・・

祈りとは何か考えたり、体感したい方はぜひご参加下さい。


【テンプルビューティフル創立20周年記念特別講演会『祈り・意識・行動』】

■日 時:2016年7月30日(土) 13:00~17:30(開場12:30)
     *進行状況により多少の延長あり。
■会 場:渋谷駅徒歩7分の会場
     *お申込の方に別途ご連絡
■講 師:白鳥哲監督(映画監督・声優・俳優)
     野口法蔵先生(チベットにて得度。臨済宗妙心寺派僧、座禅断食指導者)
     光田秀さん(日本エドガー・ケイシーセンター会長)
■定 員:150名
■参加費:7,200円
     ペア割 2名での参加の方はペアで13,500円(@6750円)
     *ご参加者全員に20周年記念のプレゼントあり(会場でお渡しします)

お申込はこちらまで



by hiroshimapop | 2016-07-26 08:21 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)
8月7日津で赤塚さんの住宅セミナーあります
少し前、いなくんと私あてに、津の赤塚さんから「8月7日にすごい住宅セミナーをすることになったから絶対来て!」とメールが届きました。

「え~。横浜から津は遠いのよ~。名古屋に住んでるんだったら行くけどさぁ・・・」とブチブチ思いつつ、このメール、読まなかったことにしようと、そのまま携帯閉じてたら

いなくんから「了解しました。ナオコさんと参加させていただきます」と返信が・・・。

「え~。そんな勝手に返事して~。私は横浜に住んでて、津までは片道3時間以上かかるのよ~」と、その返信も読まなかったことにして、そぉっと沈黙を保ってたんですが、再度赤塚さんから確認メールが・・・。

さすがにここまで来ると、行かないという選択肢が私には無さそうだと観念致しました!

ということで、横浜から馳せ参じることになった赤塚さん主催の住宅セミナー、8月7日(日)津で開催されます。

でも、ちゃんと告知文読んだら行きたくなりました。
これから家を建てたい、リフォームしたいという方はもとより、シックハウスや体調不調に悩んでいる方には、大切な情報のようです。しかも参加費は無料です。

8月7日の午後、まだお時間が空いているという方は、津の三重県総合文化会館へ(アクセスはこちら)。
150名会場ですが、私を見つけたらぜひお声かけ下さいね。


 告知します。

1ヶ月後の 8月7日、日曜日13:30〜17:00、三重県総合文化会館・大研修室にて超スペシャルなセミナーを開催させていただきます。

これまで赤塚建設は「住めば住むほど元気になる家」として、
「呼吸をし、調湿する壁」
「化学物質を出さない自然な素材」
「命の力を本来あるべき位置にもどす生体エネルギー技術」
この3つの柱で本物の健康住宅づくりを進めてきました。

そしてこの度、それにプラスして、

「免疫力を高め、身体の中に眠っている自然治癒力を上げ、病気や老化の原因を抑える」

そんな素晴らしい能力を持った空間を造る素材と技術に巡り会ったのです。
我が良き友のご縁です。

その技術を応用すると、病気の改善はもちろんのこと、体内の酸化が還元され、生命力が高まり、新陳代謝、健康増進に効果があることを多くの医師が証明してくださっています。

我が友、断捨離のやましたひでこさんと仲良しの帯津良一先生も顧問としてバックアップしてくださることになりました。

薬や、サプリメントで足りない何かを補うよりも、この部屋で過ごすことによって、自分自身に必要なホルモンや酵素を「自らの中から」作り出すことができ、そして、それは薬よりも安全で、効果があるということが、心ある医師たちの研究で明らかになっています。

「やる気が出ない、疲れやすい、目が疲れる、うつ、アトピー、胃腸が弱い、足の痛み、腰痛、肩こり、血糖値が高い、血圧が不安定」・・・様々な状況が、この部屋で過ごしていると、

「よく眠れ、食欲が出て、お腹の調子が良く、気持ちが前向きになり、笑顔で、肌が艶やかに、足腰が丈夫に、血糖値が下がり、血圧が安定する」・・・という本来あるべき状態へと改善されるのです。

信頼できる医師がお墨付きを与えてくださっているのですから、私も安心して前進できます。病気が治ると言ってはいけないようですが、治癒の事例が数多く報告されていることはお伝えしていいそうです。

これは、まさにコペルニクス的転換、日本のために役立つ素晴らしいことではありませんか。

膨大な医療費に歯止めをかけるのみならず、薬による害毒がなくなり、暮らす人の笑顔と健康に貢献できるのですから。

水素のお風呂に続き、まさに天恵と言えましょうか。

この部屋では低体温が改善されてゆきます。
それによって免疫力が上がり、酵素の働きが良くなり、ガンになりにくくなるということをも、医師が発表しています。実際にガンが消えた例も数多く報告されています。

医師が見放したガン患者さんが救われているのです。また、抗がん剤治療での恐ろしい副作用もありません。
福音です。

当日、素晴らしい先生方を何名もお呼びしています。
その中のお一人をご紹介します。

 「中村仁信(なかむら ひろのぶ)先生
1971年 大阪大学医学部卒業
1995年から大阪大学医学部放射線科教授
2009年退官後 大阪大学名誉教授
現在、医療法人友紘会病院院長としてガン治療に従事。」

中村先生は、国会でもこの技術を討議された方で、心ある本物の医師です。本当のことを伝えてくださいます。是非、話を聞きに来てください。

「住めば住むほど元気になる家」は「病気にならず、病を癒す家」へと進化します。

しかも、この技術、新築住宅でなくてもリフォームで応用できるのです!
ですから、今すぐ取り入れることが可能なのです!!

我が友が関東で立ち上げたこの奇跡の家を、三重県津市から全国へ発信し、新事業として発進させます。
縁ある方々に、その場に立ち会っていただきたいと願っています。

150名しか入れない会場なので、急ぎお申し込みください。ここから「8月7日セミナー参加」と表明していただければ、参加証を送らせて頂きます。
今回は、伝えたい思いが私にあり、一人でも多くの方に聞いていただきたいので、参加費は無料とさせていただきます。長時間のお話になるので、お子様連れの参加はできませんのでご了承ください。

体調がすぐれない、やる気が出ない・・・
いろんな悩みがあると思いますが、せっかくの人生、日々元気で暮らしたいですよね。いつも暮らす空間が、無条件で無制限にエネルギーを与えてくれたら素晴らしいことではありませんか。
私は、そんな家を夢見ていました。

「求めよ、さらば与えられん 探せ、そうすれば見出すだろう 門をたたけ、そうすれば開かれるだろう。

だから、何事でも人からして欲しいと望むことは、人にもその通りにせよ。これが律法であり、預言者である。

 狭き門から入れ
 滅びに至る門は大きく、その道は広い
 そして、そこから入ってゆくものが多い
 命に至る門は狭く、
 その道は細い
 そして、それを見出す者が少ない」

マタイの福音書にあるイエスの言葉が深く胸に沁みてきます。

病を癒す家、津でのセミナーでの火が全国へと広まってゆきますようにと願います。
500年、1000年先の日本がいい国であるようにと祈り、
500年、1000年前の先輩、ご先祖様に感謝して備えて参ります。


申込は、赤塚建設さんに直接お願いします。
メールではこちら
電話のお申込は、059-226-6627 です。
by hiroshimapop | 2016-07-12 08:08 | セミナー・舞台情報 | Comments(2)
山元加津子さん初監督映画『銀河の雫』
元特別支援学校教諭で、入江富美子さんや岩崎靖子さんが映画のテーマとした山元加津子さんご本人が、いよいよご自身で映画を制作されています。 

映画の舞台はネパール。加津子さんはこの映画について、こうサイトで書かれていました。
「銀河の雫」そして、サブタイトルは「はじまりはひとつ」
私たちはもしかしたらだけど、本当はみんな最初のひとつだったときの記憶を心の奥に持っているのじゃないかと思う時があります。私のその記憶はキラキラと光っていて、銀河の雫のようだなあと思うのです。

そしてネパールの人たちはみんな、全部がつながっていて、ひとつだということを、昔は100%の人が知っていて、今でも80%の人が知っているそうです。
ギータちゃんは言います。「あなたも素晴らしい、私も素晴らしい。どうして争うの? 受け入れればいい。みんな受け入れればいい。最初はひとつ。同じだよ」と。


映画の予告編が出来たところのようです。短い予告ですが、とても素敵な映画に出来上がっています。初上映会は9月3日(土)仙台にて。

仙台か~、遠いな~と思いつつ、いつもお世話になっている佐藤ご夫妻が主催なので、応援に行こうかなとチラリと思ったりしています。

1000人規模の上映会の申込が電話とメールということで、事務仕事は大丈夫かなーと少々心配してますが、その分、アットホームな温かい上映会になると思います。お時間のある方は是非!


ネパールの人たちの、昔は100%の方が、今でも80%の方が、とても大切な宇宙の約束事というか、しくみを知っていると言います。
それはどうしてなのか? いったいどんな約束事なのか?

そして本当は誰もが忘れているだけで、そのことを知っているのじゃないかとも思います。
9月3日に初上映会。仙台であります。ぜひぜひ、いらしてくださいね。

↓ ↓

あなたが痛いと私も痛い あなたが淋しいと私も淋しい あなたがうれしいと私もうれしい みんなでひとつの命を生きているから すべての人が笑顔でいられますように・・・」と、映画『宇宙の約束』の最後に山元加津子さんの言葉が流れています。その山元加津子さん(愛称かっこちゃん)が、多くの方のご支援で初めて映画を作りました。

 この映画は、ネパール大地震後の復興支援と、意識障害の方の回復、コミュニケーションの情報を広め、みんなで幸せになっていこうという『白雪姫プロジェクト』への支援を行っていきます。そして、この映画を、二回見て頂いたら二倍、三回見て頂いたら三倍、このプロジェクトの支援の応援をいただけるようにしくみに考えられているそうです。ぜひ何度もご覧になっていただきたいです。
 
 そして、第2部の山元加津子さんの講演には、宮田俊也さん(愛称宮ぷー)にも登壇していただくことになりました。
 
 宮田さんは、平成21年2月に脳幹出血で倒れ、3時間の命と宣言されました。でも、山元さんや仲間たちの支援により、今でも全面介助の状態ではありますが、一人暮らしをされています。その宮田さんが、病床後初めて飛行機に乗って来仙します。ぜひ宮田さんのメッセージも聴いていただきたいと思います。
 
 「どんな人にも思いがあり、あきらめなければ思いを伝え合えることができるし、回復する可能性がある」ということを情報発信しているのが『白雪姫プロジェクト』です。
 
 ぜひ『白雪姫プロジェクト』を知っていただき、この情報を必要としている一人でも多くの方にお伝えしていただければうれしいです。どうぞよろしくお願い致します。
 
日 時  平成28年9月3日(土) 11:00開場    
第1部  『銀河の雫』初上映会(12:00開始)
第2部  山元加津子さん講演会(15:00開始予定)
     宮田俊也さん挨拶(登壇予定)
会 場  電力ホール(仙人=1000人会場、全席自由)
参加費  4000円(第1部、第2部共通)買物券500円付
 ※収益金は白雪姫プロジェクトの活動費に寄付いたします

主 催  宮ぷーとかっこちゃんを心から応援する会
共 催  (社)ろばの耳
後 援  仙台市教育委委員会
申込方法  下記にお申し込み後、参加費をお振込みください
   入金確認後、チケットをご郵送いたします
TEL/FAX : 022-796-7430(石井美恵)
e-mail : miyapukakko@yahoo.co.jp(佐藤とよ子)


この映画についてのサイトはこちら
フェイスブックページはこちら
白雪姫プロジェクトのサイトはこちら

映画「銀河の雫…はじまりはひとつ…」を撮影する理由など・・・

by hiroshimapop | 2016-06-24 17:20 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)