毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

2018年 01月 09日 ( 1 )
認定プラクティショナーになった理由(RYOさんの場合)
『ソマティック・エナジェティクスの認定プラクティショナーになった理由』、3人目の体験談です。


RYOさんの場合
私は現在、岡山を拠点にキネシオロジー(筋肉反射)とソマティック・エナジェティクスのセッションをさせていただいています。ソマティックに出会う前は、キネシオロジーをメインに行うセラピストをしていました。

キネシオロジーでは、クライアントさんが抱えている健康や人生上の問題解決の方法を、クライアントさんの身体に聴きながらセッションを行います。最終的にどのような調整をしたらいいかも身体に聴いて行うのですが、ところがある時からその調整法を聴いても身体からは回答が返ってこない、自分が持っている調整法のリストでは間に合わないケースが出るようになりました。クライアントさんが抱える問題の糸口と調整法は遠くに見えている・・・。でもいま私が使えるテクニックでは、クライアントさんの魂の奥底にある何かに到達できない限界がある。そんなジレンマに陥っている時、自分の内側で「エネルギーを使え」という声が沸き上がることが何度かありました。

「エネルギー」が鍵になるようだけど、それが何か分からない・・・。そんなある日のこと。

実は私はテンプルビューティフルさんのご縁でキネシオロジーを学ぶことになったのですが、あるとき、ふと、半年ぶりにテンプルさんのブログを読みたくなりました。そして開いたページにはマイケルさんの来日記事が! しかもソマティックのトレーニングは残席1。速攻で申しこんだのはいうまでもありません。

それまでソマティックのセッションは受けたこともなく、それがどんなものか想像もつきませんでした。が、トレーニングの前日、運良くグループセッションにキャンセルがあり、パートナーと受けることができました。

セッション後、マイケルさんから「自分の中心からズレていたよ。君は自分の中心にいなかった。中心にいたのは彼だ。」と云われました。でもその時にはマイケルさんが云われている意味がピンと来ませんでした。セッション中は目を瞑っていますし、どんな調整をされたのか全く分かりません。・・・翌朝、目が醒めたとき、自分の中心に自分が戻っているのが分かりました。そして彼とかつてないほどの大げんか。それまでずっと彼に合わせていた自分が、その日、初めて自分に合わせたのです。結局、あまりの喧嘩に彼はそのまま岡山に帰り、私はトレーニングに向かいました。

トレーニングの4日間はカオスでした。私はキネシを学ぶ課程である程度、身体の仕組みについては学んでいましたが、それでもマイケルさんが云われている意味が全く分からず、セッションを受けに来られたテンプルの光田さんに泣きついたくらいです。実にマイケルさんが云われている意味が理解できるようになったのは、ようやく3回目のトレーニングの時。1回目、2回目は、ただただ言葉を聞き取るだけでそれが何を意味しているのか、全く分かりませんでした。

でも、ソマティックへの絶対の信頼と「これだ!」という確信は最初からありました。求めていたものだということに揺るぎはありませんでした。ですから意味は分からなくても、少しでも多くマイケルさんから吸収したいとくらいつきました。もしトレーニングを受けて「自分には無理」と1回で諦めてしまった方がいたら、また気持ち新たに学んでいただきたいです。今は、より理解できるような教材も用意されているので、私が学んだ時より遙かに内容が理解しやすくなっています。

ソマティックのセッションを岡山でするようになって数年。今ではキネシオロジーより、ソマティックのセッションをする方が多くなりました。キネシでは届かなかったところにもソマティックの慈愛のエネルギーが触れることで、クライアントさんの心や魂の深いレベルでの解放が生まれるようになりました。私が特に何かしなくても、準備が出来ているクライアントさんは自分で解放のボタンを押し、変容していくのです。ソマティックは数名のグループでセッションを行うので、参加者同士で変容の渦が発生しているのかもしれません。

ソマティックのセッションを受けられた方は、自分にかけていた制限を外しどんどん自由になられています。人間関係がガラリと変わった、仕事を辞めた、という声もよくいただきます。その方が本来持っていたTrue Color(本来の自分の色)が発色することで、自由なハート、自由な魂を取り戻し、輝いていかれます。

私自身も、ソマティックに関わるようになって、自分に起きること、やってくる流れに乗ることに絶対の信頼が生まれたので、将来への不安がなくなりました。何があっても大丈夫な私がいます。

私は岡山を拠点にソマティックのセッションを行っています。地方は都心よりも伝統や家族、社会に対する拘束が強い場所です。ですから、人、特に女性は無意識に自分を縛って生きています。本当の自分が誰か分からず一生を終える人も多いと思います。

でも、ソマティックの波動に触れることで、本当の自分に触れたり、自分の魂が求めていることに出逢えたりします。生きづらさを感じている人も多い日本。私のように地方在住のプラクティショナーさんが増え、ソマティックの慈愛の波動に触れられる方が増えることを願ってやみません。
c0125114_01394782.jpg
RYOさんは、ソマティックのセッションを受けたこともなく、マイケルさんのこともよく知らないまま、直観でトレーニングの参加を決めた方です。

RYOさんがトレーニングに参加されていたとき、私は会場でRYOさんと会ったんですが、「ナオコさーん、泣きたくなるくらい全然分かりませんー」と涙目になっていたのを今でも覚えています。だから、まさかRYOさんが3回トレーニングを受講し、認定プラクティショナーになっているとはユメユメ思わず・・・。それを知ったときには、心の底から驚きました!

「泣きそうにわからないと言っていたのに、なぜ、トレーニング、2回目も受けようと思ったの?」とあとで聞いたら「あまりにわからなかったので悔しかったのと、施術は信頼できたのでモノにしたいと決意はしていたんです」と。

キネシオロジーを学んだ時にも、上級のクラスを受けて施術者になるために、すぐに岡山に講師を呼んで講座を開催。あっという間にキネシをモノにしてしまいました。RYOさんの学ぶときの集中力には感嘆です。
すごいなぁー。

マイケルさんから「生まれながらのシャーマン」と呼ばれているRYOさんのセッションは、1月12日(金)です。この日は、SHIHOさんとのシャーマンコンビの日です!


by hiroshimapop | 2018-01-09 01:43 | ソマティック・エナジェティクス | Comments(0)