毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

2017年 04月 04日 ( 1 )
猫の回覧板
先月、ひさびさに会ったイトコ、以前から、捨て猫や野良猫を世話して、里親捜しをよくしていると聞いていたので、「いま、何匹いるんですか?」と聞いてみたら、その数に絶句。

27匹おりました。

10年近く前に会ったときの3倍くらいに増えてる。

はなももさん家ですか!と、思わず私しか知らないネタの突っ込みを入れたりして・・・。

しかも全匹、室内飼い。

外を自由に歩けない分、家の中では自由にさせてるって言ってましたから、イトコの家の中がどんな状況かだいたい察しがつきます。壁も家具も、すでに猫仕様になってますねー。

テンプルで仕事をしているスタッフの1人は、イトコのことをよく知っているんですが、彼女いわく、そのイトコは、ずいぶん前から、里親を探しても里親になってくれる人が見つからなかったような身体の弱い猫や、あまりカワイクない猫を引き取って飼っていたらしい。。。そしてあまりキレイじゃなかった猫たちが、彼のもとでキレイになって最後は死んでいくのよーと。

イトコは、いま、毎朝病院に猫を連れて行くのが日課になっているとも言っておりましたが、その病院に払う金額も半端ない。

イトコ曰く「朝、玄関開けたとき、自分から家の中に入ってくるような仔は病院に連れていっても、あまり長く生きられないのが多いんだよねー」。

昔は、飼い猫や飼い犬は、最期、独りで死ぬために残った力を振り絞って外に出ていくって言われてましたが、ずっと独りで暮らしてきた猫たちは、最期は温かい家の中や人の手のぬくもりの中で死ぬためにイトコの家を探してくるのかも。

「病気になったらアイツの家にかけこめ」って近所中の猫に、猫の回覧板が回っていたりして・・。

猫の恩返しはまだないらしいですが、イトコが死んだときには、天国から、ミャーミャー賑やかな声でのお迎えがくることでしょう。

これははなももさんのところの食事前の風景。イトコん家は、この室内バージョンです。
c0125114_18375716.jpg

by hiroshimapop | 2017-04-04 07:12 | 日記 | Comments(0)