毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

2016年 12月 12日 ( 1 )
田舎の神社もスゴイです
何だか色んなことがあり、何を書いていいのか分からない日々が続いてましたが、このまま書かない日が続くと、そのままズルズルとブログを更新しなくなりそう・・・。

ということで、11月初旬の旅の話題になりますが、友人たちと行った広島ー岡山でのエピソードを1つ書き残しておきたいと思います。


もともとこの広島ー岡山ツアーは、広島県の府中市で住職となった友人を訪ねる旅としてスタート。せっかく行くなら広島に近親者のお墓がある私と友人の墓参りも兼ねたものにしよう、それに付随して、いくつか聖地や神社を廻って帰ろう、ということになりました。旅のメンバーに修験の行者2名がいて、彼らは、とにかく先祖供養はしっかりしなさいと日ごろから言っていたこともあり、メインはお墓参りでしたが、神社、聖地も時間の許すかぎり廻る旅となりました。

府中の友人のお寺は、場所でいうと岡山との県境あたり。そして、テンプルでシルクの布ナプキンを仕入れさせていただいているあるでばらんさんのお店は、住所は岡山でも、友人のお寺から車でほんの40分ほどのところ。距離的にそれほど遠くないので、あるでばらんの中村ご夫妻とも会いたいねと、夜、ご自宅にうかがい、奥様の手料理をいただきながら、真夜中近くまでスピ系の話題で話が弾んだのでした。

さて、一緒にいった横浜の友人の1人は名字は「河野」。
瀬戸内海は村上水軍、河野水軍など、水軍が活躍していた土地柄で、彼女の先祖もかつては水軍にいたこともあるらしい・・・。そんな話から、中村ご夫妻が「それだったら、うちの近所に甲弩神社(コウヌジンジャ)というのがあるよ。正式にはコウヌと読むけど、こうの神社と云っているし、明朝、行ってみませんか?」という流れに。

・・・ということで、翌朝、待ち合わせをして、笠岡市の甲弩神社さんに参拝に行くことになりました。

甲弩神社は、田舎の神社ながら、手入れの行き届いた気持ちのよいところでした。

皆でパンパンと柏手をうち、参拝が終わったあたりで、弘美先生が、突如、くるりと我々の方に振り向き(本殿に背中を向ける形で)何故か突然、横綱の土俵入りのような動きや能のような舞をし始め・・・。

                     こういうの ↓
c0125114_1602632.jpg


私たちは目が点というか、いったいこれは何が起こったんだろう?と、しばしその舞が終わるのを待つしかなかったんですが、あとで聞いてみると、弘美先生、以前は神社などに行くと、そこのエネルギーなどに感応して、色んな動作や声、時には叫び声のようなものも出てたらしいです。でも、行者修行を本格的に開始した際、そのような能力があるとかえって修行の邪魔になるとその力が出ないようずっと封じられていたんだとか。だから身体が勝手に動き始めたのは久々だったそうですが、もしかしたらその封印が解け、その能力が少し戻ってきたんじゃないかしら? そんなことを云われてました。


それにしても、なんであの神社で横綱の土俵入りみたいな舞が始まったんだろう?と不思議に思っていたところ・・・

旅から戻ったあと、どうもあの動きが気になって笠岡市に問い合わせした人ひとり。彼女が教えてくれたところによると、あの動きはやはり力士の土俵入りでした。

というのも、あの神社には屋根を支えている木彫りの力士が配置されており、それは、秋田に多い建築様式で、建物の四隅に力士を配することで邪気を払うらしいのです。そんな力士像あったっけ?と私には全く記憶がなかったんですが、友人が抜かりなくちゃんと写真に撮影してました。

                   これです・・・↓
c0125114_15205119.jpg

                   拡大すると     
c0125114_15212388.jpg


この力士さん、ちゃんと神社を護って下さっているんですねー。


・・・そしてさらに、甲弩神社を参拝中、河野さんの頭に「おじゃった」という言葉が浮かんできたそうで、いったい「おじゃった」ってどういう意味だろう?とこれもまた調べてみたところ、「おじゃったもんせ」は南九州の方言で「ようこそいらっしゃいました」という意味だということが判明。

甲弩神社の御祭神である素盞嗚命(スサノオのみこと)は伊邪那岐命(いざなぎのみこと)を伴って、南九州を侵攻、統一をはかった、ということが神話のなかに書かれているそうなので、そうなると、このお二人の神様、はるばる東京から出向いた私たちを横綱の土俵入りとともに「ようこそ」と歓迎して下さったのかもしれませんねー。


実は先日もまた同じメンバーで岡山に行ってきたばかりなんですが、少し時間があるからと寄ってもらった葦守八幡で、弘美先生を通じて「よくぞおいでなさいました」「(ここの神様が)**をお伝えしようと楽しみにお待ち申されております」とお言葉を賜ったばかり(おそらく、この言葉を伝えて下さったのは、この神社の眷属さんたちかと・・・)。

葦守八幡は由緒は古いながら、岡山市内からちょっと離れていることもあり、地元の方以外にはあまり知られていない神社のようでしたが、大きく有名な神社じゃなくても、宮司さんが常駐してないような田舎の小さな神社さん(失礼!)でも、ちゃんと神様は働いて下さっているんだなぁと、なんだかしみじみ感動です。


神社は人が参拝に行けばいくほどそこにいらっしゃる神様にも力がつき、格もあがるそうです。有名な大きな神社ばかりに目がいってしまいますが、地元の神社さん、ぜひ大切にして、こまめに参拝してあげて下さいませー。人があまり参拝に行かない分、張り切って応援して下さるかも・・・です。
by hiroshimapop | 2016-12-12 22:11 | 日本の聖地巡り | Comments(0)