毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

2016年 07月 28日 ( 1 )
『選んだ理由』石井ゆかり著
東京の自由が丘に「ミシマ社」という出版社があります。本を読む人が少なくなった上に、ブックオフやAmazonで中古本の売り買いが広まったあおりで、出版業界は深刻な不況に陥っていると云われ始めてもう何年・・・。そんななか、若いミシマ社の存在は個人的に嬉しく、ときどきWEBで新刊本などをチェックしたりしてます。

そのミシマ社の新刊が占星術家石井ゆかりさんの『選んだ理由。』

石井ゆかりさんの、時になぞなぞのような、時に哲学者のような星読みが好きで、筋トレも必ずチェックしますから、石井さんとミシマ社のタッグ本、私は即買いでありました。

本のテーマは「選択」。本の帯には『職業、結婚、進学・・・。人生の岐路であなたはなぜ「そっち」を選んだのですか?』とあります。ただ、インタビューに登場する方、たぶん、誰も知りません。だって、京都のカフェのオーナーさん、合気道の先生、現役高校生などなどいわゆる市井の方々。

WEB会社「はてな」の人事に勤めている平松さんという女性へのインタビューもあるんですが、フツー雑誌やウエブのインタビューだったら、はてなの創業者や現社長をインタビューします。なのに、なぜに人事の人?? 私は思わず心の中で「社長を出せ、社長を~!」とゴネてしまいましたが、その人選もユニークです。 

インタビューを受ける人は、みんなミシマ社の人が選び、石井さんは当日その場に行くまで誰にインタビューするのか分からない状況だったらしいです。その設定も並ではありません。そして相手の言葉は書かれていても、インタビューのテーブルで、石井さんがどういう質問をして、どう返したのか、それもほとんど分かりません。インタビューが元になっていますが、石井さんのエッセイ本と云ったほうが正確かもしれません。


さて、この本には、7人の方々へのインタビューが収録されていますが、冒頭、京都で喫茶店をされている畑さんのこの部分に、私はとても共感してしまいました。
「それはね、ただただ店を続けていく、ということなんです。これは大変なことなんです。この大変さを、皆さんどうしてはるんやろ、と思うんです」

「経済的にというだけじゃなくて、精神的に、大変なんです。喫茶店というのは、ひたすら同じことをくり返すんです。くり返し、くり返し、同じコーヒーを淹れて出す、それが延々続いていくんです。(以下略)」

「商売は『飽きない』から『商い』、みたいな言い方あるでしょう、あれ、しょうもないダジャレやけど、本当だなと思います。飽きるんですよ。『すごい店』ってあるんです。いつも開いてて、何年もずっとやってはる店がある。そこはどうやって続けてはるんやろと思います。二十年も三十年も。そういうお店の方は、何回かそれを乗り越えてはるんでしょうね。でも本当に、どうしたら乗り越えられるのか、わからないんです。どうしてるんでしょうね?」


テンプルはおかげさまで、今年で20年。その前、会社帰りに机1つでやっていた通販も含めるとちょうど23年、ケイシー製品の通販をやっています。そんな私も、テンプルとして独立してしばらくした頃、私もこの「毎日同じことのくり返し」に呆然とした記憶があります。

最初はケイシーセンターの事務スタッフとしての仕事も兼用していたので毎日がバタバタと忙しく、テンプル自体はまだ軌道に乗る前で受注も少なかったので「お金に余裕がない」以外は、1年はあっという間。当時はアメリカのAREあて英語レター1枚書くのにも時間がかかってたので、朝起きてから夜中までやることが満載でした。

ところが、ケイシーセンターの仕事から卒業させてもらい、テンプルだけの仕事が始まってみると、本当に毎日が同じことのくり返し。

自宅で通販の仕事をしていたので、通勤はないものの、毎日、請求納品書を書いて、梱包して発送する。そのくり返し。しかも相変わらず毎月の支払いは余裕がなく四苦八苦。もしかして、私は人生この先ずっっっっと、この繰り返しと、毎月の支払の心配をし続けるのかと暗澹たる気持ちになったことも数知れず。

当時、1人でテンプルをやっているにも関わらず、海外から講師を招いて大きな講演会を開催したりして、チャレンジなこともしてましたが、いま思えば、時々仕事に高い山を作ることで『同じことのくり返し』から無意識に抜け出そうとしていたのかもしれません・・・。


この本で、私がワクワクして読んだのは、大阪大学医学部で研究をされる傍ら、僻地を旅している仲野徹先生のお話と、学校の先生から写真家となった吉田さんのエピソード(奥様に拍手喝采!)。最初興味ないなーと思った人事の平松さんのお話でさえ、石井さんがうまくすくいあげられ、ステキなインタビューになっています。

いろんな人のいろんな人生模様。それに石井さんのエッセンスが加わって、普通ではないインタビュー本になっています。


(余談ですが、喫茶店というのは、エナジーカラーが青の人のための場所かもしれないなと、このブログを書きながら思いました。私は喫茶店も含め、行きつけのお店を作ったことがありません。同じ場所に通うのが苦手、ということもありますが、通いたいお店との出会いもなく・・・。考えたら、私は喫茶店で寛げないのでしたー)


by hiroshimapop | 2016-07-28 08:25 | おススメBOOKS | Comments(0)